妻と愛人の関係

今週の「ゴロウ・デラックス」のゲストは、映画監督でもあり作家でもあるという西川美和さん。吾郎と同じ42歳という若さで才能溢れる方なんですねぇ。

2003年、28歳のときに映画『蛇イチゴ』で脚本・監督デビュー。長編映画では、一貫して原案・脚本・監督を務める。兄弟の確執を描いた二作目『ゆれる』(2006年)は、9か月という異例のロングラン上映で大ヒット。以降、発表する映画は数々の映画賞を受賞。さらに、執筆した小説は二度の直木賞候補。

西川さんが映画監督になったきっかけ。幼少の頃から映画を見るのが好きで本もたくさん読んでいた。就活のときに最初に挑戦するのなら映画関係の仕事だと何社か面接するも険しい道。そのとき、この間番組に出演してくださった是枝監督の会社面接に行ったときに、後日監督自ら連絡をもらい一緒に仕事を始めたのが運命の始まり。

是枝監督から、何か自分で企画してみるように言われ書いたのが『蛇イチゴ』。20代でしか表現できない貴重な時間を使い、自ら監督をするように是枝監督に薦められ全部自分でやってみることになったのだとか。

小説は、最初に映画のシナリオがあって、そこに人物設定などの詳細を付け加えることで小説化する作業なので、とても楽しいとのこと。ご自身にとって、映画は「」で、小説は「愛人」みたいなもの。小説を書くことが楽しいのは、小説を軸にしていないからで、映画を軸にしていることで小説が自由で気楽なものに感じると言われていて、なるほどなぁと納得。

第二百二十二回課題図書 『永い言い訳』  西川美和著

Photo 初めて、小説から書き始め映画化した最新作。突然の事故で妻を亡くした小説家が、夫婦間が冷め切っていたことから妻の死を悲しむことができずにいた。しかし、同じく妻を亡くした男とその子供たちに出会い交流を深めていくことで、少しずつ気持ちが変化していく。

この作品は、2011年に起こった東日本大震災がきっかけ。西川さん曰く、どんな人にも突然生活が奪われたり、家族と別れることが本当に起こる。ドキュメンタリーとか報道では出ていないところで、後味の悪い別れ方をした人もいたのではないか。そういったとき、どうやって立て直していくんだろうなぁと考えて生まれた作品だそうです。これを聞いて、確かにそういう家族もいるだろうと胸が締め付けられる思いになりました。

映画では、本木さん主演で撮られた作品。吾郎は、映画も観たようで小説と合わせてコメントを出していたように思う。そんな吾郎に主人公の役を、妻を外山さんで朗読。自意識が強い主人公のセリフを、とてもうまく朗読する吾郎。朗読というよりは、演じているよう。(若干、自分の言葉で話している箇所も多々あったし)

(朗読後)
吾郎 「気持ちいいですね、これ(笑)」 セリフ朗読は、吾郎はいつも楽しそう(笑)
西川 「(こういうセリフ)言ってそう・・・稲垣さん(笑)」
外山 「言ってそうですよね、なんか」
吾郎 「言ってそうというパブリックイメージだけじゃない(笑)? 本当の僕のことなんて誰もわかってないよ!
外山 あはははは
吾郎 「世間のパブリックイメージどおりに演じただけだよ!」
外山 「こんな感じですよね、だって(笑)」
吾郎 「いいよ!どうせ、僕なんて!」 (吾郎さん、すでにこれも演じてるよ(爆))
西川 「怒りだしちゃった(笑)」
吾郎 (笑)
外山 「これ、読ませて頂いたときに(主人公が)なんか、吾郎さんっぽいなと思ったんですよ」
吾郎 「僕もちょっと思った」
西川 「かなり近いです」

すでに映画で撮ったシーンを他の方に読み合わせてもらうと新鮮だと、西川さんも楽しまれたよう。今度は、是非、吾郎で映画作品を撮って頂きたいですね(笑)

西川さんに、この小説を書くにあたっての創作ノートを見せてもらう。人物設定から家系図、家の間取りまでこと細かく書かれています。家から、出会った男の家に行く道のりの設定を電車マップ上で想定していたり、かなり楽しんで書かれていることがわかる。これからも、監督と作家という二足のわらじを履いて、どちらも手を抜くことなく良い作品を世に送り出してほしいですね。

| | コメント (7)

Carry On ~続けていこうよ~

SMAPのFCから、ものすごい分厚い写真集が届いたり(実際、うちにはまだ届いてませんが(苦笑))、ビクターさんからSMAPデビュー25周年を記念して、12月にベストアルバム「SMAP 25 YEARS」がリリース。そして、選曲はファン投票。加えて、「Clip!SMAP!」第二弾も!
(投票場所はビクターさんの特設HPとなるこちらから。)

ファイナルへのカウントダウンが始まっても、まだまだSMAPの勢いは止まらない。彼らがどのようにラストを迎えようとしているのかわからない。でも、ファンと一緒にSMAPらしいファイナルとしてほしい。解散してほしくなかったし、まだまだ続けていってほしかった。でも、SMAPはやっぱり彼らのものであってほしいので、個人的にはどういう形であれSMAPの決断を尊重したい。一人一人が素晴らしい才能を持っている人たちなので、きっと個人になっても活躍してくれると思っています。解散してもSMAPが本質的に終わるわけじゃない。そして、いつでも好きなときにSMAPのメンバーで集まってくれればいい。たとえ、それがテレビカメラが回ってなくてもいいじゃないか。メンバーそれぞれの幸せが一番の願いです。(その幸せを阻むものがあれば、闘う準備はできているので(笑))


SMAPxSMAP」は通常放送。今週のビストロのゲストは、本当に仲の良い広瀬姉妹。(アリスさん&すずさん) 私も、姉との二人姉妹なので、この関係性わかるわ~(笑) 下は、基本的にわがまま(笑) 小言を言われても「てへぺろbleah」でたいていのことは済ます(笑) 自分中心に動いているようで、姉のことは超リスペクトしている。妹ってそうじゃないですかね(笑)? ジブリ映画「となりのトトロ」を見ると、毎回、さつきとめいの姉妹の微笑ましい関係に自分たちと照らし合わせて泣きそうになったりね(爆)

SMAPのメンバーは、中居くん、木村くん、慎吾は男兄弟だけだけど、吾郎と剛はそれぞれ姉、妹がいるからなんとなくわかるのかな。あっ、でも木村さんとこは子供さんが二人姉妹だから、よ~くわかるのかな(笑) そう言われれば、ずっと笑顔で見守っていたような。

ビストロでのゲームは、スポーツはやめてくださいといつも思うんだけど、フリースローの吾郎がありえないぐらい可愛かったのでよしとした(笑) 
真剣な顔でゴールを見つめる吾郎・・・ボールを頭上にあげるときに、キャップ帽のつばの計算ができなかった?! 
中居 「(バシッ!と頭を叩く(笑)) なんだ!いまのはぁ(笑)!」
吾郎 てへっhappy02
すずちゃん 「なにやってるんですか(笑)?」
木村 ひゃはははは(笑)
なんで、そんなに可愛いんだ! そしてライン踏んだままだし(笑)

そして、試食では、中居くんの大好きな(笑)吾郎・剛ペア。木村・慎吾ペアの料理の後に終了する流れにもっていこうとしても、二人からはまったくツッコミに切れがない「おい!おい!おい!」が。ありがとう(笑)
吾郎 「僕らのチーム(料理)、もっと震えますよ。震えさせようじゃないか!
 「ねっ!」
広瀬姉妹 爆笑
吾郎 「ねっ!」(剛の顔を下からのぞきこんで)
 「ねっ!」
吾郎 「ね~heart」 可愛いんじゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ(爆)!

テンションがちょっと上のほうにあった吾郎。見事、剛のペアで久しぶりの勝利。良かったね(笑) 
慎吾の大きなバスケットボールbasketballが最高でした(笑)

S-LVIEは、ノラ・ジョーンズさん。彼女の歌は一緒に歌うのはかなり難しいです。それぞれ、自分らしさを出して歌っていた。とてもソウルフルだったなぁ。また、こちらの歌詞も、今のSMAPにピッタリで(苦笑)
SMAP5人で歌う姿は、やっぱりいい。これが見れなくなるのが、一番残念です。

| | コメント (6)

森の中の競技場

今年の夏に開催されたリオ・オリンピック。2020年には東京オリンピックが開催されるにあたり、「ゴロウ・デラックス」では競技場建築に携わっている方のご出演。本一冊で、いろんな分野の方がお呼びできるんですねぇ。

夜の東京に立つ吾郎さんと外山さんのロケがスタート。ゲストの方のお仕事場を訪問。

第二百二十一回課題図書 『なぜぼくが新国立競技場をつくるのか』  隈研吾著

Photo 今から14か月前、オリンピックのための新国立競技場のコストが大幅に予算を上回り、白紙になった中で「A案」と「B案」が最終段階で絞られ、隈研吾さんのデザインである「A案」に決定。「森と一体化した、融合した建築」と隈さんが言われたように、組木でデザインされた新国立競技場は、いろんな要素が組み込まれている。

東京、青山にある隈さんの設計事務所に案内されるお二人。ロケは夜となったため、昼間に撮影された映像と共に紹介。オフィスの屋上には、ガラス張りの部屋がひとつ。「自然の風を感じる」ことがコンセプト。昼間には、太陽の光をいっぱいに受け東京の街並みが一望できる。壁一面の本棚の仕切りは、それ自体が柱の役割を担う。

吾郎 「柱というものが絶対に必要なんだよね、建築は。普通は隠すんだけど」
隈 「そう、一枚の鉄板が柱の役割を果たしている」

この番組での吾郎のコメントは、いつもきまってゲストの方に「そうそう!」という同意を得ている気がする。吾郎ってひそかに博識ですよね(笑) そして、理解してもらっていることで、ゲストの方は皆さんとても嬉しそう。

隈さんの建築の特徴は、「木を使うこと」。代表作に、太宰府天満宮にある「スターバックス」表参道店。国内だけでなく、中国でも竹を使用した「竹の家」などで海外でも有名な隈さんの建築デザイン。

Photo_2

新国立競技場をデザインするにあたって、実際にリオのスタジアムで開会式を見てきた隈さん。オリンピックに関係する仕事をすると、いろいろ周りから批判も含め言われても、「火中の栗を拾う」覚悟で取り組んだ仕事。外苑の森に良い環境を残したら、何十年、百年経って「あのときやってくれて良かったなぁ」と言ってもらえるようなものを作りたいという隈さんの言葉が素晴らしいなぁと感じました。

隈研吾氏の新国立競技場のこだわりポイント

1. なるべく高さを低くした
目立つものではなく、森と同調して溶け合うものを作りたかった
(他にも、「空の森」という一周850メートルの空中遊歩道を組み込む)

2. 客席を三段式にした
登る高さを軽減しフィールドに近いことで臨場感が生まれる。尚且つ、どこからでも非常口に近い安全面としても有効。
(これは、最近手掛けた新歌舞伎座の改修を考えた際の教訓)

3. 素材に木を使用する
天井には堅いカラマツの木を使用することで構造面を重視し、表面は繊細なスギ中心を使用。
吾郎 「最初のうちは、すごい木の香りしますよね?」
隈 「そう!」 ここでも、隈さんは吾郎のコメントに嬉しそう(笑)

4. 緻密な計算で作った屋根
フィールドの芝生にまんべんなく太陽の光があたるように設計されたドーム天井は、コンピューターで導き出した最適なデザイン。

と、言うことで・・・昼間に吾郎だけが、隈さんがデザインされたある建物を訪問するVTRが。
新しいコーナーが登場(笑)
稲垣吾郎の建もの探訪』(笑)(笑)(笑) いや、これ、新コーナーにすればいいと思います。

09152mpg_20160918_003442051 やってきたのは、南青山にある台湾のパイナップルケーキ店「サニーヒルズ」。
外観だけで、かなり人目が集まるデザイン。一見、なんの建物なのかわからないのも探求心がくすぐられます。木の香りがそのままのこのお店の店長さんが自ら吾郎を案内してくれます。

二階では、このお店のメインとなるパイナップルケーキと台湾ティーを頂けます。そして、隈さんお気に入りのスペースは、三階にある女性トイレ。手を洗う水が木の板を滑るだけのデザイン。これは、斬新だ(笑)

最後に、三人で建築中の隈さんがデザインされた新国立競技場の様子を夜半に見に行ってみることに。子供のように、フェンス越しに中を覗いてみる三人が子供みたいで可愛い(笑) しかし、ものすごい蝉の音(笑) 真夏の収録だったのねぇ。親太朗くんの消しゴムはんこのあと、建立後にまた皆で見に来ることを約束して、今週の「ゴロデラ」は終了でした。

オリンピック後の再利用は、また、たくさんのライブが催されるんでしょうね。そこに、SMAPがいてほしかった。今から、4年後、特別に一夜限りのライブとかやっちゃってくれてもよくってよ(笑)

| | コメント (5)

秋にむけて読みたい本

祝!SMAPデビュー25周年shine

なにがあっても、いつまでも5人はSMAP。それは、森くんが脱退したあとも、ずっとSMAPの一員だったことと同じ。いままでと変わりなくレギュラー番組を続けてくれることに感謝。


ゴロウ・デラックス」は、恒例の芥川賞・直木賞受賞作家企画。そして、オープニングはこれまた恒例で吾郎から受賞者のお二人に花束贈呈。ほんわかとしたとても素敵なお二人。そして、吾郎さんは頭二つ分ぐらい皆さんの中でスッと飛び出ていることに、やっぱり背が高いのねぇと実感(笑) 

第二百二十回課題図書 第155回芥川賞受賞 『コンビニ人間』  村田沙耶香著

Photo ライフワークのコンビニ勤務18年目を迎える36歳未婚女性の主人公。これまで彼氏はおろか男性経験も一切なし。そこに、婚活目的でアルバイトを始めたダメ男を通じ物語は急展開を見せる。著者は、2003年『授乳』で群像新人賞を受賞し小説家デビュー。その後、数々の衝撃的作品を発表し、今年純文学作品としては異例の35万部を突破し芥川賞を受賞。

実際、今はお休みを頂いているけれどコンビにでアルバイトをしている村田さん。近すぎるものは書けなかったが、リアル小説を書きたくて始めたのが今回の作品。コンビにでしか生きられない主人公の心情の部分を吾郎が朗読。さらに、ダメ男から強烈なダメ出しを食らうシーンでのダメ男のセリフを吾郎が朗読。ダメな男を演じさせたらキラリと光る吾郎さんが生き生きしだした(爆) 最後にはカメラ目線(笑)(笑)(笑) とてもひどい言葉を主人公に発するダメ男になりきって楽しそう(笑)

吾郎 「あれ?これ・・・いいね(笑)」
吾郎さん(笑)(笑)(笑)

荻原さんの読後感想 - とにかくセリフ自体がすごく上手い
村田さんがこの作品で伝えたいこと - 読む人によって受け取り方が違うと思うので自由に読んでほしい

第二百二十回課題図書 第155回直木賞受賞 『海の見える理髪店』  荻原浩著

Photo_2 6つの短編集からなる読み心地の良い作品。タイトルになっている作品は、昔、伝説の理髪店を営んでいた店主が主人公。ある事件がキッカケでお店をたたみ、海辺の小さな町で再びお店を始めることに。そこへ訪れた若い男性。一見、店主と客に見えるが、実はかけがえのない関係であることが判明していく。著者は、1997年、コピーライターのかたわら発表したデビュー作『オロロ畑でつかまえて』で、第10回小説すばる賞を受賞。2004年に発表した『明日の記憶』は、本屋大賞2位で映画化。これまで4度も直木賞候補に選ばれ、今年デビュー20周年に5度目の正直で見事受賞。

コピーライターをやっていたので長い文章が書けなくて、「てにおは」にこだわり一個一個の言葉をちゃんと磨いて小説を書くことに。課題図書の中の、お客に何かを感じた店主が饒舌になっていく箇所を外山さんが朗読。

村田さんの読後感想 - 「人を殺めたことがある」という一行で短編の醍醐味を感じた
荻原さんがこの作品で伝えたいこと - 一編一編のどこかのシーンなりフレーズなりをどこかで思い出してほしい

吾郎が指摘したように、なんとなくおっとりしていそれでいて芯が強いところが似ているお二人。小説を書き始める前にまず登場人物のイラストを描いてみる、セリフの箇所は頭に映像や音声がまず浮かんできてから書くなどの共通点が多い。村田さんは可愛らしい絵で、荻原さんは漫画家のようにデッサンができあがっているイラストでドラフトを描かれている。

「とても楽しかった」とゲストの方に言われる番組。この芥川賞・直木賞受賞者企画は、「ゴロデラ」の目玉企画ですよね(笑) そして、毎回この番組で紹介されるたびに、受賞したからという理由ではなく読んでみたいと思わせてくれる構成に脱帽です。夏も終わり、そろそろ読書に没頭したくなる季節がやってきますね。

| | コメント (8)

ねぇ、お願い

今週の「SMAPxSMAP」も、いつもどおりの彼らがいてくれた。それだけで嬉しい。解散となっても、「スマスマ」が年内で終了と決まっても、やるべきこことはやる。それが、プロのエンターテイナーですもんね。SMAPって素敵(笑)

ビストロには、元大阪府知事の橋下徹さんが来店。中居くんが言っていたように、国会議員になる前までの橋下さんとは、発言力が強くなったように思う。こんなにしっかりしていた人だったっけ?!って思うぐらい(笑) 中居くんが橋下さんに質問していたことが、そのまま今現在のSMAPにも問われることで、なかなか興味深く拝見しました。政治家であれ、アイドルであれ、公共の場に立つ人はやはり考えが似ているところもあるのかもしれない。

ゲーム対決は、対橋下さんで個人戦なのも新鮮で楽しかったですね。

慎吾 - 腕相撲対決
ジャニーズでは強い慎吾(笑) 最近、ジムで鍛えるようになったという橋下さん。(木村くんが、後ろで「ほぉ」と感心していた(笑)) 慎吾が最後手を抜かれたんじゃないかと言われていたけど(中居くん曰く「持久力がない」(笑))、慎吾は全力だったと・・・お互いが謙遜しあっていい感じでしたね。

吾郎 - ディベート対決
SMAPの中では弁が立つ吾郎なので選ばれたとは思うのですが(笑)、基本的に相手を負かそうという考えがない人なのでこれは不利(爆) 吾郎は、相手の話をまず受けいれてから話すので、弁が立つとは言っても性格上難しいですよね。優しさが仇になる対決でした。

木村 - コインゲーム対決
ほとんど心理戦(笑) 木村くんもうまく騙そうとしていたけど、橋下さんはなかなか鋭かったですね。でも、最後は木村くんの粘り勝ち。最後まで諦めないことが大事(笑)!

 - イントロクイズ対決
橋下さんが好きなサザンオールスターズの曲のイントロを剛が生ギターで弾いて当てられるかどうか・・・これは、剛的には当ててもらったほうがギターが上手ということだけど、どうなの(笑)?! しかし、斜め上をいく剛(爆) もう、何をしたいのかわからない。そして、なんでそんなか細い音(笑)(笑)(笑) メンバー全員大受け。吾郎、泣いてます(爆) 最後、全部持っていった剛でした。

メニューは、「ダイエット中だけどおいしく食べられるカレー」ということで、おそばを選んだ木村・剛ペアの勝利。プレゼントは、大阪の「天満切子」。橋下さんは、なんと中居くんも含め全員の分をちゃんと選んで持ってきてくれた素敵な人だった。それぞれの天満切子を選んだポイントが、中居くんはリーダーなので中心的なオーソドックスなデザイン。木村くんと剛はエッジが利いたもの。吾郎は繊細で、慎吾は斬新。すごく考えて選んでくれたんですね。

橋下 「いつかどこかで、皆さんで「なんで、俺、これなんだろう?」とか話しながら飲んで頂ければ、ものすごく嬉しいですね」

橋下さん、粋な計らいをありがとうございます。もう、その画を想像してしまいました。5人でゆっくりお酒を傾ける日、きっといつか!

そして、「スマスマ」で優秀なコーナー、S-LIVEは矢野顕子さんとコラボ。とても難しい曲だし、矢野さん独特の歌い方があるのですが、全員自分らしさを出して歌っていた。吾郎は、女性の曲はハズレなく嵌る。そして、今回もヴィジュが最高だったheart 歌詞が、これまた今のSMAPと照らし合わせてしまってうるっときてしまった(汗) 「スマスマ」最後に泣かせるよね(苦笑)

| | コメント (9)

«監督と役者の言い分