『LIFE LIFE LIFE』観劇レポ

稲垣吾郎さんの舞台『LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン~』を観てきました。

Flyer


今回はチケットを確保するのが非常に大変でした。ファンクラブで外れてしまったのは大きかったかも。でも、いいんです。関西から赴くというのもあり、何度も観るつもりではなかったので一回でも観れただけで満足です。その代わり、席は最前列頑張った(笑)

なんの前知識もなく挑んだ舞台は、実は今回が初めて。周りからネタバレしようにも、なかなか感想を出すのが難しいとは聞いていましたが、観てなるほどなぁと(笑) これは、観た人がそれぞれ感じればいいという舞台ですね。タイトルどおり、構成としては同じシチュエーションで3つのヴァージョンを4人がそれぞれ演じる。言葉ひとつ、態度ひとつ違うだけで、少し流れが変わる。なかなか面白い戯曲ですよね。

舞台は、『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』のときと同じ劇場で、円形のステージセンターが回転する設定。観客は、その円形のステージを囲んで観劇するという、いわゆる観客も少し緊張する中(笑)、4人の熱量が伝わってくる熱い舞台でもありました。

吾郎演じるアンリとともさかりえさんが演じる妻のソニアが、子どもを寝かしつけるシーンから。そこに、段田安則さん演じるユベールとその妻のイネスを演じる大竹しのぶさん夫婦が訪ねてくるという設定。このシンプルな設定だけで、3つそれぞれパターンがある。

寝る前の子どもにりんごを食べさせたかで口喧嘩になるヴァージョンがあったり、「もう、寝る前にあげたらダメじゃない」あははうふふ的見ているほうがこそばゆくなるヴァージョンがあったり(笑) ユベール・イネス夫婦は基本的には、お互い皮肉に言い合ったりする関係性だが、アンリ・ソニア夫婦への絡み方が変化する。

結局、それぞれの関係性はどれが真実なのか・・・個人的には、どれもが真実だけど胸の内を表に出すか出さないかで4人の一晩の出来事が変わってしまうものを見せたかったのかなぁと思いました。どのヴァージョンが好きかも、観た人それぞれ違うと思うのも面白い。

とにかく、4人の台詞がテンポよく進み、間の取り方セリフの掛け合い。それだけで、とても惹きつけられる舞台でした。間違いなく、4人誰もがしっかり演技のできる人でないと成立しなかった舞台だと思う。2006年に公演された『ヴァージニア・ウルフ~』で見せてくれた4人の息ぴったりな様子が、この舞台をお洒落で粋な大人の舞台に仕上げてくれていた。

吾郎に関しては、フランス人に負けないぐらいのスタイルの良さ(笑)でステージを歩きまわり、噛むことなく流れるように難しい専門用語や、早口でまくしたてる言葉の数々に感動しておりました。いつものごとく、板の上に立ってスポットライトを浴びる吾郎は、神々しく美しくて✨
息をするのも忘れそうでした(笑) 

吾郎さん、また舞台に戻ってきてくださいね。次回は、どんな役を見せてくれるのかすでに楽しみだなぁ。

 

【お知らせ】

今回の舞台のお花企画にご参加してくださった方へ
いつもと同じように、吾郎さんにメッセージブックをお渡ししたいと思います。掲示板にて詳細を記していますが、140字以内で吾郎さんへ愛溢れる(笑)メッセージを送ってください。締め切りは、5月6日(月)ですので、お忘れなく💓

| | コメント (3)

映画『半世界』の世界

映画『半世界』の大阪先行舞台挨拶に行ってきました。チケットの抽選は外れてしまったのだけど、リセールで出てきたチケットを運よく手に入れることができ、それも前から3列目(実質一番前だった(笑))の席で久しぶりにじっくり吾郎のお顔を拝見してきた(笑)

Img_1407

劇場にはギリギリ入ることになり心の余裕がなかった中、吾郎さんと阪本順治監督が登場。お二人ともダークスーツに身を包みとてもダンディ。吾郎のスーツには細かいラメが入っていてとても素敵だった。進行役の方がいらしたけど、ほとんど吾郎のおしゃべりトークで回った30分間(笑) とても楽しませてもらった。

阪本監督とお会いするまでは、映画『座頭市 THE LAST』で一緒にお仕事をしていた慎吾からいろいろ聞いていたらしい吾郎。人見知りの慎吾が監督の話をするのはとても珍しいのでとても興味があったよう。撮影に入るまでは、役者さんと二人だけでまず話をするというのが阪本監督の常らしいですが、慎吾には焼き鳥屋さんの住所だけを教えて来るように伝えたら、ビクビクしながらやってきたというエピソードが監督から聞けました(笑) 

吾郎のときは、作品のプロットを渡したのが初めてで、場所はホテルの一室。吾郎がそのプロットを読んでいる間、お酒を飲んでゆっくり待っていてくれたという監督。吾郎は待たせているという思いから緊張したらしいですが、実は監督のほうが何を言われるか緊張していたのだとか(笑)

阪本監督は生真面目で怖そうに見えますが、とてもお茶目な方で冗談を交えながらいろんなお話をしてくれました。関西出身ということで、ご本人曰く大阪だから言える(通じる)冗談を混ぜながら、最後にはTwitterで呟かなくても町行く人にすれ違いざまに「半世界・・・」と呟いてくださいと(笑) 隣で吾郎が「あははは」と大笑い。可愛いぜ(爆)

上映前の30分ほどの間にたくさんお話をしてくれて、最後にメディア向けのカメラにポーズをとるお二人。観客からのお手振りに、手を下にしたまま振ってくれる可愛い吾郎(笑) そのあと、吾郎から「今日、劇場に来てくれた方も写真を撮ってTwitterでもなんでもいいので宣伝してください」とのお察しがあり突如撮影タイムに突入。

翌日、全国は期待していなかったけど、ローカルには流してもらえるのだろうかと思っていたら、読売テレビさんだけだった。スポーツ新聞でさえもとても小さい記事で、それならメディア撮影もっと短くて良かったよね(笑) ← えぇ、嫌味ですけど、なにか(笑)?

なので、動画撮影もOKだったので、あまり画質はよくないですがここでUPしておきます。行けなかった方に、少しでも雰囲気が伝わればなぁと。こちらからどうぞ。


作品の感想も少し書いておきたいと思います。ネタバレらしきものを含みます(ほぼないですが(笑))のでご注意を。

全体を通して、何か大きな物事が起こるわけでも大スペクタクルでもないです。でも、見終わったあとに、いろんなことを考えさせられる。友情、家族、とても大事なもののありがたさと大切さ。そんなことを、自分に問い直させてくれる映画ですね。最後のほうで、ものすごく驚く展開になると思います。これは、ここでも書かないでおこう(笑) それぐらい驚くと思うので。ただ、私は我慢できなくてノベライズを先に読んでしまっていて知っていたのだけど、泣いてしまいました。ハンカチ必須ですよ~!

吾郎に関しては、ご本人が『半世界』の話をするたびに「いままで演じたことのない役」と言っていますが、ファンとしては役柄というよりは「こんな演技をしている吾郎を初めて見た」と思いました。とても自然に、なんでもない一人の男性をとてもうまく演じています。家族への思いも、あぁ、男の人って息子にはこんな感じな人も多いだろうなぁって普通に感じられる。独特な世界観を演じる吾郎も好きだけど、何気ない一人の男性を演じるこの作品での吾郎・・・とっても好きだ。阪本監督は、すごいですね。

備長炭のできあがる工程も、三重の自然もとても美しく作品に反映しています。非常に良質の作品になっているので、是非、多くの方に観てもらいたいですね。

| | コメント (5)

「ココニイルコト」

2019年も明けまして、そろそろブログも更新しておこうと(笑)

今にいたるまでに、吾郎の舞台『No.9』の千秋楽久留米公演も無事終わり、しっかり久留米まで足を運んで観てまいりました。舞台の再演は思う以上にすごいことで、それもどの公演も素敵な劇場で公演されるというのは素晴らしいですよね。吾郎が「ライフワークになるように、また再演ができれば」と言っていたので、再び稲垣ベートーヴェンにお会いできるのも近いのかもしれません。

今や、吾郎の役者のお仕事がひとつ終われば次があり・・・という大変ありがたい状況でして、これは演じている吾郎が大好きな身としては、喜ばしく嬉しいことです。加えて、雑誌の露出も後から後から入ってきて追いかけるのが大変なほど。表紙になることも多く、3人はもちろん単独でも表紙になる。これは、あれだけ大きなグループに所属しているときでもなかなかなかったほど吾郎ファンは待っていたわけです。悪いことばかりじゃないというのを実感しています。

先ほど、ジャニーズ事務所の人気グループが活動休止をするというニュースが流れました。ファンの方の気持ちも追いつかないときだとは思うけど、SMAPのときとはまったく違う。比べるわけではないけど、こんな風に発表してもらえたらSMAPファンはもう少し気持ちの整理がついたのかなぁと思った。グループでいられなくなった理由も状況も違うから軽々しく言えることではないけど、SMAPが彼らよりファンに対して誠実ではないとかではないんですよね。言えなかった理由がそこにあったことは、しっかり受け止めようと思っています。

アイドルも40代にさしかかると、いろいろ思うこともあるんだろうなぁ。グループ活動がなくなっても、今、ファンの前にいてくれることだけで本当にありがたいことだと改めて思った。

SMAPの皆さん、今、楽しいですか? お仕事は充実していますか?

そう感じてくれているのなら、ファンとしてはいてくれるだけで嬉しいよ。

| | コメント (15)

『No.9 -不滅の旋律-』 2018 大阪オリックス劇場

舞台『No.9』東京公演に参加したあと、地元大阪公演も当然参加。
そして、今年は吾郎さんのお誕生日も重なり、全国からファンが集まったのではないでしょうか。

Img_1288

この日は、大阪にも寒波が押し寄せ寒い日となりましたが、吾郎さんと舞台カンパニーとファンとお客さんの熱気で劇場はぽっかぽか。
舞台は、ここで書くまでもなく大盛況。
大阪でのオリックス劇場は東京公演の倍のキャパとなりますが、広すぎるということがなく『No.9』の演目にとても適した劇場だったと思いました。
大音響で鳴り響くベートーヴェンの曲。
最後の「歓喜の歌」では、まさしく感動の嵐。鳥肌が立つほどのクライマックス。
涙して思い切り拍手して手が痛くなったほど(苦笑)

大阪は楽も参加しましたが、アンコールはお誕生日のソワレが一番多く出てきてくれました。
ファンがどうしてもお誕生日のお祝いの言葉を届けたくて、諦めずに何度もアンコールをしていたのでそれにささやかながら応えてくれた気がしました。
この日は、吾郎は共演者の方たちからもお祝いを頂いたみたいで良いお誕生日が過ごせたかな。

楽のカーテンコールでは、いつものように吾郎からコメントはなかったけれど、とてもご満悦の笑顔でお手振りされていて(笑)、満足のいく大阪公演だったのが伺えました。
このあと、横浜・久留米と続きますが、寒さを吹き飛ばすほどの熱量で乗りきってほしいと思います。


余談となりますが、皆さんから頂いた吾郎さんへのお誕生日メッセージを集めたBDブックは、しっかりお誕生日公演の日にプレゼントBOXに入れさせて頂きました。
吾郎さんが皆さんからの愛をたっくさん受け取って、来年からのお仕事の活力として頂けたらなぁと思います。

| | コメント (2)

『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』

日本のドラマが好きです。吾郎が出演しているドラマ以外にも、毎期ものすごい量で見ています(笑)
なので、面白いドラマはわかっているほうだと自負しているのですが、その私が言います・・・

東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』は、ものすごく面白いです!

20181205tokyobth_full

吾郎さんのお誕生日時期にAmazonプライムで全10話が配信されたこのドラマ。ファンの方は見たいけど、見る時間もなかなかないと思います。私も、とりあえず3話ぐらいまでは見ようかなぁと思っていたのですが、面白すぎていっきに見てしまいました。その結果、吾郎のお誕生日が重なった舞台『No.9』の大阪公演は朝方寝ました(爆) ドラマ観終わってから慌てて皆さんから頂いたメッセージが詰まったBDブックのパッケージ作業に取り掛かったぐらい(笑)

全部を見終わった感想を述べさせて頂きます。(ネタばれはないのでご安心を(笑))

どこまでが台本で、どこからかフィクションなのか・・・とにかく、吾郎要潤さんと勝地涼さん3人のかけあいがとても楽しく、3人の息はバッチリです。毎エピソードのゲストのバランスも良くて、ゲストから素の部分を引き出す吾郎はさすが「ゴロデラ」でMCをやっているだけのことはある。ゲストの方が安心してお話できる空間を、3人の人柄が引き出していましたね。

オンラインドラマだからできる新しい試みのドラマだとは思うのですが、これは地上波でも充分できる番組だと思います。ドラマ仕立てのトーク番組として成立するんじゃないのかなぁと。

これ、とりあえず「シーズン1」となっているんですよね。皆さんの感想が多く届けば、シーズン2へと続くのではないでしょうか。こんな面白いドラマをワンシーズンで終わらすのはもったいないです。ぜひ、Amazonプライムさんに感想を送ってください。レビューは、こちらから。

エンディングに流れるドラマの主題歌は、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが吾郎をイメージして作ってくださった『SUZUNARI』で、これもドラマに合っていて聞き惚れちゃいますね。

1話ごとの感想、のちほど少しずつあげていきますね。どのエピソードも見どころいっぱいだったので。 

| | コメント (0)

«稲垣吾郎さんBDメッセージBOOK 2018