稲垣吾郎さんBD企画

舞台『No.9 -不滅の旋律-』の初日が無事に終了しましたが、再演ということで前回とはまた違った魅力になっているようで、自分の中の初日は一週間後なので本当に楽しみです。

ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』の再演も決まり、吾郎が舞台や映画で活躍していってくれるのなら、多少テレビの露出が少なくともファンとしては嬉しい。きっと、本人も好きなお仕事ができているので充実しているのではないだろうか。いろいろテレビには思うこともあるけど、昨今、テレビの力は弱まっているし、吾郎には好きな仕事をしていってもらうほうがいい。

『No.9』の舞台では、残念ながらお花を贈ることができないので、お花企画を担当してくださっているサイト-さんとaquaさんとメッセージだけでも吾郎さんに贈りたいということで「No.9-不滅のメッセージ企画」を立ち上げています。一緒にメッセージを届けたいという方は、久留米での千秋楽に合わせて、こちらまでお送りください。

そして・・・その前に、吾郎さんのお誕生日がやってきます(笑)
恒例のお誕生日企画は、もちろん実施します。今回も、ぼ~るさんの全面協力によりフォームを作成して頂きました。
参加してくださる方は、下記のフォームからご記入願います。

2018年 稲垣吾郎さんバースデーメッセージ

Rosebokehheartlovemessagepreview

勝手ながら、文字数は140字まで(文字数オーバーの場合は、こちらで編集させて頂くことがございますのでご了承願います)、締め切りは11月30日(金)厳守とさせて頂きます。

今回は、お誕生日に吾郎さんは舞台『No.9』の大阪公演中のため、当日に劇場でお贈りできればと思っております。
いつものようにアンケートも添えておりますが、それも吾郎さんにお伝えしたいと思っていますのでご協力お願い致します。

皆で一緒にメッセージを届けたいと思われる方は、是非、気軽にご参加ください。

chateau de l'ange管理人
kazuyo

|

吾郎さんに贈るメッセージ

新しくスタートをきって初めての舞台に挑んだ吾郎。
京都劇場にて3週間公演となった『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』は、皆さん観に行かれたでしょうか?

こちらで、「京都に輝くお花企画」を立ち上げさせていただき、241名もの方が参加してくださいました。
そのおかげで暑い京都に色とりどりの上品なお花を飾らせて頂くことができました。
本当にありがとうございました。

最後に、恒例のバカラの贈り物も吾郎さんにお贈りすることができました。

83db8150693c6

掲示板でご連絡させて頂きましたが、こちらでお花企画に参加してくださった方へのお願いがあります。
こちらも恒例となっている吾郎さんへのメッセージを募集しています。
(詳しくは、こちらの掲示板をご覧ください)

文字数は140字以内、締め切りは8月31日(金)厳守でお願い致します。
申し訳ありませんが、日がないこともあり締め切りを過ぎたメッセージは受け付けられませんのでご了承願います。

是非、舞台での感動を140字に詰めて吾郎さんに贈ってくださいheart02
よろしくお願い致します。

chateau de l'ange管理人
kazuyo

|

『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』

2018年、暑い京都の夏を彩ってくれる稲垣吾郎のミュージカル舞台『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に』。

Photo

とても好評で連日満席のようで、新しくスタートをきったあとの初の吾郎の舞台が大盛況で嬉しい限り。今回、地元関西は京都での公演なのに、なかなかチケットが取れず少し残念な気もしますが、それだけ多くの方が観てくださっているのかと思うと良かったなぁと。千秋楽の週末は残念なことに仕事が入っていて行けないので、私の吾郎さんの夏の楽しみは終わってしまいました(笑) と、いうことで舞台の感想をUPしておきます。
(ストーリー構成がわかる箇所も入っているので、いまから観に行く方はご注意ください

今回のミュージカルは、鈴木聡さん演出で2012年から3回続いた『恋と音楽』シリーズに続き、音楽も佐山雅弘さんが担当されています。一度聴いたら、思わず口ずさめるほどのキャッチーな曲でありながら構成は複雑。キュートでいてダイナミック。今回、吾郎と出演されている女性陣3人(安寿ミラさん、北村岳子さん、中島亜梨沙さん)だけの大人の男女のそれぞれの恋愛模様が、一軒のホテル兼ダイナーの一場面だけで演出されている。シンプルなのに、ひとつの作品の中にギッシリとそれぞれの過去と未来が描かれていてさすがだなぁと。

吾郎の歌は、今回また一段と伸びていて低音が心地良いんですよね。今回、吾郎以外は女性というのもあって、さらに引き立つ感じです。初日は少し緊張しているかなぁと思うところもあったけど、その後は回を重ねるごとに伸びやかに歌っていたように感じます。今回、一度ファンではなく友人たちを連れて観劇した日もあったのですが、「吾郎ちゃんって、歌が上手なんだね」と言われたのは嬉しかった。どうやら、SMAPで歌っているときはそう感じなかったらしい(笑) グループで歌っているときは、自分だけのキーに合わせた曲を歌っているわけではないからねぇ。友人たちの中で、吾郎の歌唱力がアップデートできて良かったわ(笑)

大人の恋の物語と謳われているだけあって、コミカルながらもどこか上品さが漂っている舞台でもありました。出演している人たちが全員そうだったからかな。それぞれ、歌い方のタイプは違うのに見事に溶け合っていて素敵でした。第一幕と二幕の間に入るSHOW TIMEがまた素敵で、まさにブロードウェイのミュージカルのよう。4人とも足がスラッとしていて立ち姿が美しくて歌だけでなく、見た目にも華やかで見ごたえがありました。

ミーハーな目線からも感想を書いておくと、最後とても前方での席で観劇できたのですが舞台の上に立つ吾郎を見上げながら見ていたら、改めて吾郎はまさに二次元のようなスタイルで、瞳はキラッキラでちょっと同じ人間とは思えなかったなぁ(笑) それでいて、カーテンコールでのご挨拶は毎回とてもお茶目でファン弄りもしてくれてスマートな人ですよね。

舞台上での生演奏でのミュージカルはとても贅沢。そして、観終わったあとにとても幸せな気分にしてくれました。どの曲もとても好きですが、個人的にはジョージとビビアンの「note恋は謎めいて」の出だしのメロディがとても好きで、毎回チキンスキンでした(笑)

秋からは、全然違う吾郎が舞台の上に帰って来る。『No.9~不滅の旋律~』 こちらもとても楽しみです。

| | コメント (9)

今が一番楽しい

吾郎のミュージカル舞台『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』が、8月3日より京都劇場で公演がスタートしました。初日を観てきましたが、とても楽しく夢のような時間はあっという間に過ぎてしまいました。何度か観劇するので、後ほど舞台の感想はUPしたいと思います。

公演に伴い、いくつかテレビ番組で吾郎のインタビューが放送されました。

ニュースシブ5時 / おはよう関西
クリス松村さんが聞き役ということでどうなることかと少し不安だったけど(笑)、ちゃんと舞台の話や吾郎の心境を聞き出してくれて良かったですね。公演前の練習風景も拝めて得した感じでした。

吾郎 「僕の人生の中で思い当たることが(脚本の中で)いっぱい出てくるんですよね。あれ(ジョージ)、僕ですよ(笑)

自分を自分で演じているようで照れると話していた吾郎。確かに、男前でクールな面もあるかと思えば、とてつもなくキュートなジョージは吾郎と被る。女性とのシチュエーションの詳細は置いておいて、女性に対しての言動は吾郎らしいなぁと感じる部分が多かった。さすが、鈴木さんが吾郎にあてがきした脚本なだけはある(笑)

結婚観に関しては、40代になってからいつも同じようなことを話す。「出会いがなくはないけど、タイミングが合わなかった」
そして、結婚する=ずっと一緒にいたいという「結婚」の定義を考えると、そこまで思う人が現れていないという流れは、いままで吾郎とつきあったことのある女性が聞いたら複雑だろうなぁと思うと、吾郎さんって無意識に罪深い人だわねとも思う(笑)

吾郎 「中間管理職的な感じで5人の中でやってきたと、よく自分でも周りの人からも言われたんですけど・・・年が真ん中だったので、自分の感情をむき出しにしてはいけない、周りが決めてから自分も決めるっていうクセがついてきちゃってる」

確かに、SMAPでいるときと個人で出るときとは、吾郎のスタンスは違っていた。グループでいると決断力がない人のように映っていたかもしれないけど、誰もが「俺が、俺が!」だったら決まるものも決まらないし、一人グループで最後にまとまるように考えて行動するような吾郎のような存在はとても大事だったんだと今更ながら思う。

吾郎 「再スタートですから、ゼロになってもおかしくないという気持ちで始めたので、そういった中でお仕事にも恵まれて、好きなこともやらせて頂いて本当に楽しいです、今は

同じことを『おはよう関西』でも話していました。
吾郎 「ほんとに今、充実していますし、思っていたよりも本当にお仕事に恵まれて毎日が楽しいですね。いままで生きていて一番楽しいんじゃないのかなぁって」

今が楽しい。そう断言できる吾郎に安心した。「人生折り返し地点で、新しい道を切り拓いていくべきだった」とも吾郎が語っている。もう、そろそろ事務所に無理やり解散させられたとか、仕方なかったとかファンが言うべきではないんじゃないのかな。新しい道を吾郎が選んで、そして同じように考えた剛や慎吾と今、楽しくお仕事をやらせてもらっていると言える吾郎をただただ応援したい。そして、事務所に残ることになった中居くんや木村くんも自分で決めた道にしっかり進んでいる。それこそが、今のSMAPだと思う。

| | コメント (9)

吾郎さんへ贈る『京都に輝くお花企画』

Photo_2 吾郎さんが新しい地図として前に進みだして、初めての舞台『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』がまもなく京都にやってきます。
どんなときも、前を見てやるべきことを楽しんでしまえる吾郎さんの舞台が見ることができる。
吾郎ファンの私たちは、本当に幸せ者だ(笑)

と、いうことで、恒例のお花企画を実施致します。
題して・・・

tulip京都に輝くお花企画tulip

aquaさんとサイト-さんがお忙しい中で主催者のPARCO STAGEさんに何度も問い合わせをして頂き、恒例のお花企画を立ち上げさせて頂けることになりました。
HPの掲示板『ANGEL BBS』内にて、お花企画の新しいトピックを立ち上げました。
詳細は、こちらをご覧ください。
(このブログ記事ではご質問等は受け付けておりませんので、詳細が記述されている掲示板にてお願い致します)

2016年に公演された、吾郎さんのミュージカル『恋と音楽FINAL』にて贈らせて頂いた初日の参加人数の薔薇の画像。

Photo

参加のお申込みは、7月20日(金)までとさせて頂きます。

いつもご参加してくださる方、初めてご参加しようと思ってくださる方、吾郎さんの舞台に一緒にお花を贈りたいと思っている方はどなたでもお気軽にご参加ください。


chateau de l'ange
kazuyo(管理人)

|

«雨あがりのステップ