« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

「スマスマ」・・・しか楽しみないのか(TOT)

リアルタイムでTVを見れない私としては、ドラマも終わり「スマスマ」でしか吾郎の感想をUPできるものがないのですが、姉が仕事で多忙らしくムービーも送ってもらえないので書くことがありません(笑)!何かあるまで放置しておくのは、私自身はいっこうに構わないのですが(笑)、こんなブログでも毎日チェックしに来てくれる心優しい吾郎ファンのリピーターの方もいるようなので、なにかUPせねばと思い出てきた次第です。

なんだか、最初からノリが悪いですが、夏にやる単発ドラマの情報が流れないのが悪いのよ。ちょこちょこと何気に情報をご本人が漏らしておられるようですが、ちゃんとオフィシャルで公表しないうちは、声を大にして言えないじゃないですか!

そんな中では、やはり「スマスマ」で聞きかじったことで思うことを書くしかなく、それもビストロでホモ疑惑にされたり(笑)、変なメークでファンでも誰だかわからなかったというのを聞いたり、果てはTV欄に「好評木村ホスト」なんて書かれた日には、「あのコントは、ホストクラブ「ヒカル」ではあるが、優雅がいなけりゃ成り立たないコント(店じゃないっすよ)なんだよ!」と見出しを考えた輩に言いたくなるのも事実でして。

それもこれも、早く新しい情報が流れてこないから根暗になるんだよ(笑)!慎吾くんと訪問したNASA宇宙ステーションの映像は、ちゃんと予定どおり放映されるのでしょうか?とりあえず、これだけは楽しみにしておきたい。

そんな中、「笑の大学」のDVDをやっとこさ予約しました。予約すると、なんだかワクワクしてきますね。どうやら、THXチェックもOKを頂いたみたいだし、なんとか形になっていってるのかな。手に取るのが、ほんと待ち遠しいです(*^^*)

| | コメント (2)

「ソムリエ」DVD化決定!

嬉しいニュースですよね。もう、何年前だ?!って考えなきゃいけないぐらい前のドラマのDVD化です。「ソムリエ」と言えば、「笑の大学」の星監督が始めて吾郎と一緒にお仕事をした記念すべき作品で、監督が役者稲垣吾郎に惚れこんだといういわくつきのもの。

このときの、吾郎は髪の毛さらさらの前髪たらりんの吾郎様(*^^*) アンニュイしてたときだよなぁ。細くて、繊細で素敵なソムリエさんでした。このドラマも、私は毎回泣いていた気がしますが(^^;) 吾郎のドラマ作品の中で文句なく好きな上位に入ります。

DVD化嬉しいのは嬉しいんだけど・・・どうします、みなさま(笑)?「笑の大学」に、「Mの悲劇」そして、この「ソムリエ」ですか。金がいくらあっても足らんっちゅ~ねん(笑)もうこうなったら、「嘘でもいいから」や何やら全部出してくれぇ~。

それと、どうしても実現しない舞台のDVD化!これは、待ってますよぉ。で、お金がなくても買いますっ(笑)!だから、どうか実現してくださいっ!事務所が悪いのか、何がひっかかってDVDにならないんだ!誰か教えてください(笑)

それとは、別に夏の単発ドラマの話も、また吾郎は具体的なことまでお話されたようで・・・専門的な仕事って・・・なんじゃい(笑)!ポロポロとお話されるから、気になって、気になって眠られへんわい!どうせなら、素敵な専門職が似合うヴィジュでお願いしたい。聞いて唖然になるのはやめてくれ(笑)

| | コメント (2)

吾郎ビデオのツボ出しII<3>

週末には見れる吾郎ビデオ(*^^*) 今週は、「ほん怖」ビデオを見ました。また、夜中過ぎに見たんでムードたっぷり(笑) 再現フィルムは、救急車のサイレンの音を聞くと助けが来たと部屋を横切る幽霊さんたち。最後のシーンは、びっくりしたって。思わず悲鳴があがりそうになったわ。怖いというより、驚かされた。霊道ができるって良く聞きますよねぇ。ああいう場合は、鈍感な人でも見たりするんだろうか。

私、怖い話にはすごく興味があるんですが、まったくそういった経験がありません。吾郎も言ってたけど、身体的金縛りは1度だけありますが、それはたぶん疲れていたからだろうと思う。忘れもしない、学生のころ真夏の暑い昼間にうたた寝をしていたら、扇風機の回る音がまるで戦闘機のプロペラのような音に変わり、目は覚めてるのに身体が動かなくなった。あれは、怖かったです。

芸能人の方の怖い体験の再現フィルムを見て、芸能人の人って結構体験してるんだろうなぁと思った。でも、来られる方みなさん霊能者の先生たちに、何らかの力があるとか生霊が憑いてるとか言われますよねぇ。あれ、ゲストで来てなかったら知らないままお祓いもせず生きていくわけですよねぇ・・・そう思う方がこわかった(笑)

再現フィルムでは、会社のトイレで必ずつまづいてしまう場所があるっていう話が一番怖かったです。あぁいう、日ごろ夜でもないのに起こる不思議なことって霊が関係していることがあるのかなぁって。見えてしまう人って、あまり怖くないんでしょうかねぇ。私だったら、見えているのであれば、絶対敢えてそのトイレには近づかないようにしますけど(^^;) あれ、見えてたら、むちゃくちゃ怖くないですか(笑)?

心霊写真で、子供たちより驚く吾郎さんが素敵(*^^*) 「わぁ~怖い!」って・・・かわいいなぁ(笑) 「ほん怖」の眼鏡吾郎さんって、眼鏡キャラなのに萌えれる。衛のキャラとどう違うんだろうか・・・眼鏡のスタイルですかねぇ。髪型かなぁ・・・素の吾郎だからか。何にせよ、この番組もシリーズは終わってしまったんですね。また、夏にSPで戻ってきて欲しいと思います。

ファンの人の中でも、この番組だけは吾郎のファンでも怖いからできれば見たくないって方が多いらしいですが、私は大変楽しんで見させてもらってます。真夜中過ぎに部屋の明かりを全部消して見ることをお勧めいたします(笑)

| | コメント (0)

お仕事情報

「Mの悲劇」が終わったら、吾郎もファンもいっきに脱力(笑) ご本人には、今後の活動のために少しぐらいはリフレッシュも兼ねてお休みしてもらったほうがいいのでしょうが、ファンはそうはいきませんよねぇ(笑) 鬼!と言われようが、早く次のお仕事の情報が欲しい。

いつものごとく、ラジオでフライングをかましてくれた吾郎さま(笑)夏の単発ドラマって何ですか? 金田一の新作でしょうか?それなら、それで嬉しいんですけど、できたらまた違う吾郎も見せてほしいと思うのがファン心理。できたら、今度はおっとこ前な吾郎を久しぶりに見せて欲しいところですがどうでしょう。

それから、なにやらファンの知らないところで慎吾くんとNASA訪問?どっちかと言うと、吾郎はほとんど素人さんのようにはしゃいでいるという報告があちこちであがっておりますが、素直に楽しい仕事なんでしょう(笑) それも、気心しれたメンバーの慎吾くんとのご訪問。また、スマステのロシア訪問のときのように楽しい絵をファンに見せてほしいものです。5月には、スマスマとスマステで放映されるとか?スマスマは、特別編か何かになるんでしょうか?それとも、番組の一環として放送されるのかな?どちらにせよ、たくさん2人の楽しい映像を送り込んでほしいと切に願います。4スマ in Paris リベンジ希望(笑)!

| | コメント (0)

吾郎ビデオの小ツボ出しII<2>

今回の吾郎小包のメインである、ドラマ「Mの悲劇」を1話から最終話までどどどっ~と見ました。週末と言えども、やることもあるしテレビを見たいハズもいるし、結局真夜中過ぎから見出したので、なんか記憶がぶっ飛んでるところもあるような・・・(^^;)

Mの悲劇

しかし、吾郎のドラマでこれだけヴィジュに萌えれなかったドラマは初めてだ(笑)!いや、いや、それでも眼鏡をはずしたときのうるるお目々とか、ファンサービスなのか上半身裸の吾郎が拝めたりと随所随所に萌えれるところはあったんですけどね。やはり、眼鏡もそうですが、髪型も私好みでないのが大きいのかもしれない。前髪吾郎は、たまにしてくれると「かばええぇ~(*^^*)」となるんですが、基本的には伊達仕様のすっきり前髪ななめわけ(センター分けは勘弁(なす吾郎は、ちょっと・・・))吾郎が好みなもので。

話をドラマに戻しますと、いっきょに見たせいもあるので、前半のいらいら度はそんなに感じませんでした。それよりは、あの最初の3話までの、衛がどうしても思い出せない昔の記憶というくだりは必要だったように思う。そうでなきゃ、後半の怒涛の勢いの流れがかなりごちゃごちゃになって見にくかったんじゃないでしょうかねぇ。

しかし、本当にあんなに大事なことを忘れるだろうか。20年前の給食費の一件は別にして、たった1年前の事件をあんなに保守的な衛が忘れるはずがない。「あとで、必ず連絡をします」と言っておきながら仕事に忙殺されて忘れてしまったのはしょうがないですよね。自分を助けてもらったあとに、あんな事件が起こってしまったと知らなかったんですから。亘だって、連絡なんていいですよ・・・と言っていたのに、何も連絡をよこさなかった衛を責めてあそこまで復讐されるというのは、やはりかわいそうだと思った。

しかし、無駄に良い人ですよね、衛(笑) 確かに、自分が証人として出向かなかったために亘が自殺するまでの境遇に陥ってしまったことに対しては、罪悪感も感じざるを得ないけど・・・私だったら、10年間必死に溜めたお金をあんな状態で焼かれたらキレますね。けっして、美沙の力になっていこうとは絶対に思わない(笑)

あと、さらに言うなら、衛と美沙を中心にして周りでいろんな事件が最終的には繋がっていたこと。明の衛への恨みの執着は、明自身が衛と同じ職場にという執念でということなのでまぁ、そういうこともあるかなとは思うけど、その明の父親が美沙の両親の店で彼女の両親を巻き添えにして焼身自殺、そのときの警備員だったのが衛の専務であったこと。さらに、チンピラにボコボコにされる現場を見ていた下柳くん。これも大目に見たとして、さらには借金取立てやが、そのチンピラ薮本と知り合いで、さらに取立てやさんは何やら美沙とは同じこどもの家で育ったらしい・・・・ありえねぇ~(笑)

でも、飽きることなく眠くても最後まで見てしまったことを思うと、そんないろんな矛盾をさっぴくほどドラマの質としては良かったんでしょうね。視聴者を上手く引き込ませるストーリーになっていたと思います。はっきり言うと、吾郎ファンとしては上位には持って来れないドラマだけど(ただ、ただヴィジュがねぇ・・・)、ドラマの本質としては上位間違いないですね。

最後に、最終話の明に関しては、賛否両論あったようですが、私はあれで良かったと思います。衛の母親が謝って、憑き物が落ちたように号泣する明。あの終わり方で良いと思う。その後を引きずると、ドラマのストーリー上さらにわけわかんなくなりそうだし(^^;) やはり、最後は衛と美沙がどうなっていくのかという終わり方で良かったんではないでしょうか?しかし、very lastのシーンのあれは、何なんだろう・・・あれは、いらなかったな。後味が悪くなった。続きを作ってくれるならまだしも(笑)

これと平行して、「Goro's Bar」の岡本綾さんがゲストのときの分も見ました。いい感じの女性ですねぇ。私、すごく好きなタイプかもしれない(笑)さばさばしていて、それでいて女性の魅力を持っていて。岡本さんは、男性の「鎖骨フェチ」なんだ(笑) 私は、男性の腕に浮き出る「血管フェチ」です(必然的に、ぽっちゃり型は苦手)加えて、細い「指フェチ」(笑) しかし、今回の「Mの悲劇」との共演者とも、かなり仲良くされていたような吾郎さん。引き続き、友好を続けていってほしいと思います。

| | コメント (0)

吾郎ビデオの小ツボ出しII<1>

先週に、姉が送ってくれた吾郎小包がちゃんと予定どおり会社に届きまして、たまたま本日お休みを取っていたため、6本も送ってくれたうちの1本を見ることができました。まぁ、とりあえず感想UPします。

Goro's Bar

超わがまま10代ゲスト3連発(笑)!
率直に言います。もう、10代のゲストは呼ばんでよろしい。だいたい、設定がBarなんだから、おこちゃまをゲストに呼ぶことないっしょ。マナーのある10代の方もたくさんいるんだから、そういう方を呼べばいいのに、なんでまた・・・(^^;)

まぁ、それでもファンの方はたくさんいらっしゃるだろうから、名前は伏せておきますけど・・・むかつくんじゃい(笑)!それに、なんだって彼女たちのときだけ「嫌いな男性のタイプは?」なんて、わざわざ聞くかなぁ。ちょっと反論させてもらいますけど、吾郎は俗に言うナルシストじゃないですよ。なんで、みんなナルシストって言葉が出ると笑ったり、カメラは吾郎をUPにするんだろうか。吾郎も、吾郎で適当にかわしておけばいいのに、そんな悲しい顔するなって(^^;)

ナルシストって言ってもタイプは、いろいろいるじゃないですか。自分だけを好きなナルシストと、自分が好きなナルシストは違うでしょ。吾郎は、後者ですよ。自分を愛して、その愛を他人に惜しまず分け与える人。はっきり言って、「俺が、俺が」のがさつな男性より、身だしなみをちゃんとしていて優しい男性の方が数倍かっこいいと思いますけどねぇ。私だって、自分だけがこの世の美みたいなナルシストはお断りじゃわい(笑)

もう少し付け加えると、○○○優さんですか?ナルシストって言葉だけならまだしも、いちいち吾郎がするポーズにけちつけなくていいじゃん。あんた、仮にも呼んでもらったんでしょ?私から言わせてもらえるなら、「場を読めてないのは、お前や(笑)!」後から、「オーナー、かわいそう・・・」なんて言葉が出てるの聞こえんのかいっ!基本的に、何でも素直に自分の思ったことをはきはきと話す彼女みたいな人は、実は好きです。ただ、TPOをわきまえない娘は嫌いだね。

ツボも言っておこうかな。最後のボーイさんたちとのシーンで、クワバタオハラさんたちの、飛び蹴り攻撃ですが(笑)、吾郎マジで驚いてましたね。自分にぶつかったというショックより、女性がそこまでプロ意識でするっていう行為が。それが、大阪の芸人やがな(笑) りえちゃんが、バレンタインチョコを口にくわえて吾郎オーナーに持っていったとき、まぁちゃんの飛び蹴りが入らなかったら、確実に吾郎はその半分先をくわえてあげたんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?そういう、さりげない優しさがすんなりできるのが稲垣吾郎であって、やっぱり私は誰になんと言われようが、そんな女性に優しい吾郎が好きです(*^^*)

| | コメント (0)

吾郎小包早く届いて!

姉から、「本日、吾郎ちゃんの出た番組のビデオもろもろ郵送しましたよ」と連絡を受けました。うれしい~。とりあえず、今回のメインは「Mの悲劇」のビデオです。もう、見たくて見たくてしょうがない。会社、有給取ってじっくり見なくっちゃ(笑)!

前回送ってもらったビデオは、ほとんど見ましたが、あとはX'smapミュージカルドラマだけ見ていない・・・なんで、私こんなにこのドラマに関してテンション低いんだろう。流して見たんだけど、「僕僕」同様に吾郎がど~でもいいような役になってるからなのかもしれない。設定としてはいいんだけどねぇ。あと、ミュージカル仕立てっていうのも足踏みしてしまう原因かも。それと、最初のコメントで、思い切り引いてしまいました(^^;)

話を戻して、「Mの悲劇」のDVDに映像特典が増えたよぉ~とゴロ友さんから連絡を頂きましたが、そういうのに弱いのよねぇ。買っちゃうかもしれない。ビデオで見て、すごく気に入ったら買おうかな。「笑の大学」も買うのに、ハラハラとお金が散っていきますねぇ(笑)。

その「笑の大学」のバナーも、しっかりUPできたし宣伝マンの一員になったようで誇らしいです(笑)。しかし、TBしたの15番目だったのに、頂いた番号は14番だった・・・どなたか、メールを送るの忘れてらっしゃったんでしょうか?そのおかげで、吾郎の「5」を取り損ないましたよ(笑)! きっと、みんな「56番」とか狙ってるんだろうなぁ。

| | コメント (2)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »