« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

「西遊記」イギリスでも放映決定?!

今頃、吾郎ファンは、「ワンピ」の舞台挨拶のチケットをゲットできたかどうかで盛り上がってるとは思いますが、遥か彼方イギリスからでは、到底生吾郎は見にいけませんので、いじけてるわけではありませんが(ちょっとね・・・(笑))、まったく違う話題をUPします。あっ、チケットをゲットされた方おめでとう~。生吾郎を堪能したら感想UPしてくださいね。

というわけで、私がUPするのはイギリスならではの話題ということで、慎吾くんが今月9で大活躍しているドラマ「西遊記」ですが、どうやら、ここイギリスにも海を渡ってやってきそうです。というのも、堺正章さんが演じておられた「西遊記」が、イギリスで1981年にBBCで放映されたときに、大ヒットになりカルト番組として位置づけられたすごい番組なんですよ。以前、ビストロに堺さんが来られたときに、うちのハズは、「Monkey!Monkey!」と叫ぶので、「そうだねぇ、この人猿顔だわなぁ」って言ったら、「ちがう!この人知ってる!『Monkey』を演ってた人だ!」と大喜びですわ。彼が学生のときに、毎回かかさず見ていたと聞いて驚いたんですが、つい2、3年前も再放送でやってました。吹き替えが、また同じような声の人で笑えるんです。

その人気があって、慎吾くんヴァージョンが、今、日本では3人に1人が見てるということで、アジアでの放送は決定済み、ロケをしたオーストラリアでも検討中、そして、ここイギリスでも、放映権が買い取られて、今年には放送決定とのことです。これは、楽しみ。慎吾くんのドラマがイギリスで見れるのもすごいですが、吹き替えどのようになってるのか聞くのが楽しみです。

ただ、BBCのニュースでは、辛口意見も掲載されてます。孫悟空が、岩から生まれるオープニングシーンがカットされてるのが納得できいないとのこと(笑) 新しいものより、古きを愛するイギリス人・・・そして、稀にみる批判好き。放映開始後、どのような批評になるか、また追ってUPしますね。ただ、ちゃんと、BBCのHPで、ヒーロー役の香取慎吾は、日本でもっとも人気のあるSMAP5人組の一人と説明があり、このドラマがヒットすれば、「SMAPXSMAP」放映も遠くない? 慎吾、プロモーションに来なさい!そのときは、吾郎も連れて、月イチをロンドンで撮って帰ってね(笑)

| | コメント (9)

麗しのバーテンダーくん

「スマスマ」を私が見れるのは、早くても1週間後なため、即レポやご好意で頂く画像だけで吾郎のヴィジュやらを先にBBSで一緒に叫ばせてもらってるんですが、今回だけはすんません! お願いだから表でも書かせてください(笑)

中居くんのドラマ仕立てコントに少しだけ出演された、吾郎さまのキャラは「麗しのバーテンダーくん」(笑) だ~れ~で~す~か~、あなたは(笑)!もしかと思うけど、今年は32歳になるであろう稲垣吾郎さま? どこの若いイケメン俳優拾ってきて使ってるのかと思ったわ(笑) 吾郎ファンと言っても、みんなかっこいい吾郎、色っぽい吾郎、かわいい吾郎と、それぞれツボに入るところが違うと思うんですが・・・賭けてもいい!(お金ないけど(笑))、このバーテンダー吾郎には、どの吾郎ファンも確実に落ちてるはず。それぐらい、ここ最近の中でも大ヒット、直球ど真ん中ストライク! いか~ん、もう、壊れてます(^^;)

何がそんなにすばらしくイケてるんだろう。前髪を薄くすいてるのがいいのか、肌のコンディションがいけてるのか、仕事忙しくてお顔すっきりなのがいいのか(え~い、吾郎、ずっと仕事のスケ詰め込んでおけっ(笑)!)・・・それ、たぶん全部だろうとは思うんですが、眉毛が整ってる? でも、ご本人は、いつも「何もさわらなくて、形が整ってる眉毛が自慢」なんですよねぇ。なんとなく、かる~くトリムしてるように見えるのは、前髪のせいかなぁ。

あぁ、もう、どうでもいいわいっ(笑)! これが、4月からの連ドラのおさむくんなら、高画質録画間違いなしだわね。・・・やっぱり、吾郎、映画撮ってもらって~、お願いっ!

| | コメント (4)

多忙な吾郎、がんばれっ!

まずは、少しだけ触れておこうかな。
今日は、忘れてはならない人のお誕生日。吾郎とは同学年の森くんの32歳のBDですね。スマップを抜けると聞いたときは、本当に驚きましたけど、彼がやりたいことがあるのなら送り出してあげたいって気持ちでした。森くん一押しのファンの方は、かなり辛かっただろうと思いますし、それでキッパリとスマップファンから抜けてしまった友人もいました。今でも、メンバーと少しはコンタクト取ってらっしゃるんでしょうかね。吾郎を「吾郎ちゃん」と名づけてくれた森くんには、吾郎ファンは感謝しても感謝しきれないなぁ。森くんが言わなかったら、いまでも剛や慎吾は、吾郎のこと「稲垣くん」って呼んでたんだよね。・・・想像できないもん(笑) ずっと、ずっと選んだ道でがんばってほしいと思います。おめでとう、森くん。

吾郎の舞台の詳細が、やっと公式サイトで掲載されたようですね。もう、みなさん、ずいぶん前から知ってはいたけど、なかなか書けなかったというね(^^;) チラシが配布されてる段階で書いても良かったんじゃないかとは思うけど、こういうところが吾郎ファンの慎ましさ?もしくは、石橋を叩いて渡る安藤衛タイプ(笑)?まぁ、なんにせよ、もう決定ですから今更感がありますが書いておきましょう。大竹しのぶさんと共演の「ヴァージニアウルフなんて怖くない?」。もとは、あのエリザベス・テイラーが映画で演じた作品ですね。脚色がなされるのかどうかは始まらないとわからないですが、吾郎のフューチャーの仕方を見る限りでは、映画よりはもう少し出番が多いような気もしますが、どうでしょう? 見に行ける方、がんばってチケット取って、久しぶりの板の上の吾郎をじっくりと堪能してきてください。いいなぁ~。ロンドン公演もやっちくれ(笑)

あとは、「ワンピ」の映画の試写会があったようですが、結構と吾郎がうまくお仕事されたようで、アニメファンの方にもそれなりに受け入れられたようですね。テンション高くなった吾郎のことだから、最初の慣れない声優のお仕事も結構と周りを気にせず楽しんでお仕事されたのではないかと(笑) あとは、ガンダムでのお仕事ができたら本望なんでしょうね。

4月からの連ドラの撮影も、順調に進んでるようですし、吾郎も休みなく大変ですが、ファンである私たちもいろいろと大変だ。まぁ、仕事おおいにしてくれて結構ですよ。鬼でごめんね、吾郎。映画撮ろうよ(笑)

| | コメント (4)

ほぉ~アイアンねぇ(笑)

BBSでUPしてもらった情報で、非常に楽しいことを聞きました。 ラジオ「ストスマ」でのキャッチボールは、木村くんからだったみたいですね。詳細も探しに行きましたが、前回木村くんが「ストスマ」担当だったときに、吾郎からのキャッチボールメッセージでゴルフの話を延々とされて、「吾郎って、一人だとよくしゃべるんだよな」とか感心していた木村くんですが・・・誰か教えてやれよ。これって、木村くんへのメッセージじゃなくて、ゴルフ話で本編で吾郎が話していたことだって(笑) 「この前は、キャッチボールでゴルフの話をしてくれてありがとう」というようなことをおしゃってた木村兄さんに対して、「どういたしまして」と相槌を打つ、いい加減な吾郎(笑)

しかし、木村くん自ら「BDに俺が使ってるのと同じアイアンをプレゼントしましたが」って話すところが健気だよねぇ。以前、木村くんのラインストーンだかでドクロをかたどったTシャツとか、ドラマ「エンジン」で来ていたジャンパーだかが気に入っておねだりをして、まんまとゲットした吾郎(笑) それ以前にも、むか~しから、なぜか木村くんには簡単におねだりして、そして簡単にゲットしてしまう弟気質満載の吾郎に、今回も木村拓哉は甘かった(爆)

きっと、「それ、ほしいなぁ」と言ったようなやりとりではなく、「その木村くんの使ってるアイアンいいね。使いやすそうだなぁ・・・」と呟いただけなのでしょう。結構、そういうところにマメな木村兄さんが、「ちょうど吾郎のBDが近いしな・・・」とでも思って買ってくれたんでしょうが、わざわざクレジットカードが使えなくて、一度店出て現金おろしにいって買ってくれたって(笑)? 甘いなぁ、とことん。

それより何より、その前の月の木村くんのBDには、何かあげたのかよ、吾郎(笑) その辺も、少し知りたいですよね? まぁ、きっとプレゼントもらって、また木村くんがこっぱずかしくなるような絵文字満載のお礼のメールでもケータイで送りつけてることでしょう。

| | コメント (4)

「ONE PIECE」アニメ版

今日の「スマスマ」最高だったようですね。唐沢さんがゲストのビストロも笑えたし、「裏切り者」での5人のコントがあったし(ゲストは次回いらないよね)、EDトークも踊ってる吾郎も爆笑(爆笑でいいのか・・・)もんだったらしいし。吾郎は、かわいいし、かっこいいし言うことないって? ちょっと、途中のキャラコントは、相変わらずこういうこと吾郎にさせるのには、イラッときましたが、それ帳消しになるぐらい良かったということで、やっぱりコントは5人全員っていいですよねぇ。

タイトルからそれちゃいましたが、週末、テレビで放映されている「ONE PIECE」を初めて見ました。姉が、毎週見ているんですが、「吾郎ちゃんが、映画で声優をやるんだから、予習として見ておけば?」と、わざわざお正月に放映されたSPを録画して送ってきてくれました。これさえ見れば、とりあえず、キャラの性格や生い立ちがわかる!と言われたもので(笑)

はぁ・・・なるほど、海賊って聞いてたからどんな漫画だと思いきや、こういうストーリーなんだ。やばいっ!泣いたよ、私(^^;) それぞれのキャラが、ルフィ率いる「麦わら海賊団」にジョインする前のエピソードと、一緒にいままでいた人たちとの別れが描かれていて、どのキャラのエピもぜんぶ、ず~~~~っと泣きっぱなしでした(笑) こういうとき、涙腺弱い私ってダメダメです。愛と勇気のお話なんだねぇ・・・ゲームのRPGのようだわ。

木村くんが好きなのは、こういうタイプのアニメなんだ。彼は、実はああ見えても子供の心を持ち続けている人なんですねぇ。吾郎が「MONSTER」が好きっていうのと、かなり違いますなぁ(笑) そんな木村くんが、ラジオで自分だったら、料理人のサンジ役がやりたいということですが、やっぱり、あの中であてはめるなら、誰もが言うように彼はゾロですよ。剣の使い手で男っぽくてかっこいいんです。サンジは、絶対吾郎だよ、吾郎(笑) あの後ろ体重は吾郎にしかできないって(笑) タバコぷかぷかで女好きで、言葉が悪いのは吾郎っぽくないんですけどね。あと、やっぱり、ルフィは中居くんだなぁ。海賊のキャプテン!やっぱ、リーダーにやってほしい。喧嘩強いしね(笑) で、ウソップが剛くんで(やさしいんですよ、この人)、トナカイでもあり人間でもあるチョッパーが慎吾ですね。・・・いや、これマジで「スマスマ」コントでやってほしいかも。

| | コメント (10)

「女王蜂」稲垣吾郎版

ほぼ確定だとわかってる情報が、なかなかオフィシャルで発表されないもんだから、いつかいつかと待っていたら、ブログが更新できないことに気づきました(笑) よって、ここでなんですが、だいぶ前に見てまだ感想をUPしてなかった「女王蜂」をUPしておきます。

タイトルに稲垣吾郎版とは書きましたが、他作品を見たことはありません。ただし、原作は読んだ覚えがあるんですが、犯人は何気に覚えていたけど細かいところは全然覚えてなかったのでおおいに楽しみました。

なんと言っても、今回は星監督の映像美が本当にすばらしかったですね。CG効果で出している部分も多々あったと思うんですが、あの島とか崖っぷちを上から映した場面とか。全然違和感もなかったし、映画で出しても良かったぐらいの出来だったと思います。それは、吾郎が感心していた時計台の中の場面もそうですよね。本当にセットなの?って思うぐらい緻密に作られていて、監督のこだわりが見えた気がしました。

ただ、個人的な意見を言わせてもらうと、「女王蜂」という作品自体が、私の好きな横溝ワールドじゃなかったのが残念。やっぱり、過去に出した「犬神家の一族」や「八つ墓村」のあのおどろおどろしていて、人間模様が複雑に入り乱れたストーリーの方が私は好きなんですよね。あと、まだ映像化されてないのを、オリジナルで是非撮ってほしいなぁと思います。

キャストに関しては、今回はまったく問題なかったですね。智子役の栗山嬢の人形のような美しさを筆頭に、ミッチーの嫌味なほどのきざっぷりもそうだし、それぞれが自分のキャラクターを丁寧に演じていたように感じました。ただ、杉本さんのは少し逸脱し過ぎていたような・・・すごく良い俳優さんなので、今回の役はもったいなかったような気がしたなぁ。あとは、「金田一と横溝氏」、そして「金田一と署長さん」という、いつものコンビがうまくストーリーの中に、笑える箇所として出ていたのが秀逸だった。個人的には、署長さんとのやりとりが好きだなぁ。これが、ドラマ「催眠」で、いつも嵯峨先生にいじわるをしていた刑事さんだったとは思えないわ(笑) このふたつの要素は、ぜひ次回でも引き続きうまく使ってほしいと思います。

吾郎の金田一に関しては、この3作目が一番安心して見れたかな。何気ない表情に、思わず引き込まれてしまったところがたくさんありました。1作目の「犬神~」のときは、はらはらして見ていたような記憶が(^^;) ただ、最初の30分に流れた「誰も知らなかった金田一」は、私のベストかもしれません(笑) あれは、いいわ。星監督だけが演出した部分だし、何より吾郎がきれいだった(結局、そこに落ち着きます(笑) やっぱり、地毛で金田一はできることなら演じてほしい)。4作目を製作することは決定されているようですので、次回作をおおいに期待しようと思います。

| | コメント (3)

スマスマ公式サイトへの投稿

え~とですね、やっぱりサクッと削除されてましたね(笑) ちゃんと、投稿がひと段落ついた木曜日あたりを狙ったんですが、3件しか新規投稿が掲載されてなかったにもかかわらず、私が吾郎ファン代表で投稿した文は、見事に玉砕!でしたわ(笑) まぁ、実は、投稿する前からわかっていたことなんですけどね。みなさんには、お時間を割いて頂いて投票して頂いたので、ここで公式では掲載されなかった幻の投稿文をUPしておきます(笑) 読んだあとで、「あぁ、なるほどねぇ、これは掲載されないわぁ」と、感慨にふけってくださいな(爆)。

「去年の暮れに放送された、拡大SPでの過去のスマキャラ大放出楽しかったです。また、こんな企画をどんどん考えて放送してください。ただ、吾郎くんのファンである私にとって、「殿リーマン」がTOPというのがどうにも納得できなくて。いえ、「殿リーマン」自体は、殿堂入りするぐらい爆笑もんだったのは納得いくのですが、吾郎ファンが見たかった過去の彼のキャラというのが、まったくもって出てこなかったのが不思議です。そこで、独自に、全国の吾郎ファンのご協力を得て、友人とアンケートを個人HPで募りましたので、今後の参考までにご連絡させていただきます。まず、だんとつで1位だったのが、「サンキューゴロー」です。スマスマ放送では、まったく放送されなかったのが、吾郎ファンの中では納得いかない、堂々の1位でしたよ。次いで、「Gショック」、その後に「職人シリーズ」、。その後に吾郎君のビジュアルが素敵だったということで「あの頃」、「ジゴロ」、「あんた」(STUDY ROOMという中のひとこまのようなコントで、吾郎くんがちんぴらのようないでたちで横山さんと演じたキャラです)と続きました。キャラではなくて、コーナーとしては、「8秒の壁」、そして、過去の中で一番安心し、尚且つほのぼのとさせて頂いた慎吾くんとの「オホーツク罰ゲーム」、次いで、「スマスマ的ソムリエ」、2000年新春生放送で放映された「慎吾くんとのあっちむいてホイ」が並びました。 仮にも、ファンに投票を募ったのであれば、私たちが見たいと投票したものは流してほしかったです。スタッフの皆様もお忙しいでしょうから、全部確認するのは大変だったとは思いますが、吾郎ファンとスマスマファンの意識に差があるとはいえ、「サンキューゴロー」は、そちらの結果でも相当上位だったのではありませんか?以前、キャラに扮して生放送S1スペシャルが放映されたときに、吾郎くんのナンバー1キャラが「イチロー」だったときは、全国の吾郎ファンがブーイングだったのはご存知でしょうか?スマスマは、忙しい5人が唯一集まる番組で、ファンとしては非常に楽しんで拝見させて頂いてる番組なので、これからもファンの声を聞いて、楽しい番組を作って頂きたく、少し辛口にはなりましたが投書させて頂きました。吾郎くんが、突飛なキャラをやらせると楽しいのはわかりますが、それは普段「サンキューゴロー」のような彼ならではの「格好いいけどちょっと変」というキャラを見せて頂いての話です。正直なところホストマンブルースのコントのようにいくら格好良くても、持ち上げるためのキャラばかりなのは、幾分、飽きてきております。どうぞ、全国の吾郎ファンの声を聞いて頂き、これからも楽しい番組作りをして頂けるようお願い申し上げます。」

どうでしょうか(^^;)? 掲載されないですよねぇ。最初は、冷静なんだけど、書いているうちにフツフツと怒りが湧き出てきて、最後の方かなり辛口になってるし。それに、これは掲載しようにも長いわ(笑)。ただし、あの数からいって、確かにスタッフの誰かが読んでくれたと思うので、今後の吾郎のスマキャラを興味深く見させて頂くことにしましょう。少しでも、反映されれば嬉しいですよね。最近の、コントでの吾郎露出が多いのは、みんなで投票した結果(笑)? だと、いいですよねぇ~。では、また何か投票をお願いするかもしれませんが、そのときは是非またご協力ください。よろしくお願い致します。

| | コメント (9)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »