« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

新曲「Dear WOMAN」

噂が飛び交ってる中、半信半疑だったものの、いきなりスマップの新曲発表のニュースがあり、今朝「めざまし」で一部紹介されましたね。みなさん、無事ゲットできたでしょうか?

私も、ありがたいことに、いろんな方からのご協力ですでに聞かせて頂きましたが・・・う~む、どう感想あげていいのやら。 まぁ、今回は資○堂さんとのタイアップ曲ということもあって、いろいろテーマや曲調も決まっていたっていうのはあると思いますが、初めて聞いたとき「・・・・・」になった私は、やっぱり素直なファンじゃないようです(^^;)

まず、歌詞がどうしても世の女性の応援歌ということで、大仰すぎないかい? 別にこんな風にしなくても、普通に素敵な恋をしている女性を書いた詩でよかったんじゃないのかなぁ。一番わからんのは、「ようこそ日本へ」という箇所・・・これは、万博のテーマですか(苦笑)? あと、メロディラインも、なにやら頭に残らないんですよね。流してくれたのは、サビなんですよねぇ・・・困ったもんだな、私。 きっと、最初に聞いたからだと思うんですが、何十回リピしてもどうも頭に入ってこないんですよ。こんなの私だけですか(^^;)?

まぁ、それでも、曲を通しで聞いたら「結構いいかも!」って言ってるかもしれないし、PVがおそろしくかわいいスマさんたちで、「なんでもええわいっ!」ってなってることを希望します(笑) すいませんねぇ、盛り上がってる方たちがいるっていうのに。私も、素直に喜びたひ・・・どうも、最初に「友達へ・・・」を聞いたときの感覚っていうか・・・ダメダメな私です。

それでも、歌番組に出演されるスマさんたちを見れるのは嬉しいし、最近出た雑誌を伺うに吾郎は、また少しお痩せになったようなので、すごく楽しみにしている私がここにいますけどね(笑) 結局は、曲を聴くだけでなく、スマップだから楽しませてもらえるっていうのは大前提ですよね。そういう意味では、彼らはやっぱりすごい連中なのだ。

| | コメント (10)

「月イチゴロー」の吾郎

すでに公式サイトにも、今夜の「月イチゴロー」のランキングがUPされてますね。今回の映画は、吾郎が声優でお仕事をした「ONE PIECE」が入ってるのが見所ですが、個人的にはお願いだから慎吾、「ブロークバックマウンテン」を入れてくれ!って思っていたので、慎吾のチョイスに大感激でした。

「ワンピ」を3位に入れたのは、一瞬???と思ってしまいますが、同時公開された子供向け映画の中ではトップなわけですし、吾郎が楽しんでこのお仕事をさせてもらったっていうのがわかって嬉しいですよね。今度は、やっぱり「ガンダム」のお仕事ができたらいいのにねぇ。製作者の方、使ってやってくれませんかねぇ。うるさいんで(笑)

その自分が声で出演された映画よりもランキングを上にしてしまう作品2つは、もうわかりますよね。吾郎が、どうしても上に持ってきてしまう理由が。ちゃんと、映画評論してるんだなぁっていうのと、吾郎の感性にただただ感動です。これを、上に持ってこないことには、吾郎ファンをやっていく自信がありませんもん。って、これ、なんか「皇帝ペンギン」のときの、吾郎の慎吾に対する感想と似てるな(^^;)

細かい部分は、ゴロ友さんのご協力でお聞きして(Sさん、毎度ありがとうございます)、ちょっとうるうるもんだったので、即効で感想あげておきます。

「やっぱりラブストーリーっていうのは、まずいろんな障害がないと成り立たない。この障害って凄い、究極のラブストーリーですよね、まさにね、認められないんだから。」
同性愛的なシーンがある映画には、必ず吾郎は、このような感想をあげる。その感性に心打たれる。自分が男性であるとか女性であるとかという観念を飛び越えて、究極の愛に感動する吾郎がすごく好きです。

「こういう感じが同性愛に行くんじゃないのかなって思う時ってありますよね。僕なんか、やっぱり俳優さんとか見てて、たまに女の人からの視線で見たりするんですよ。」
女性でもそうですよね。とても素敵な人生を歩んでる女性に出会うと惚れそうになるときありますからね。ただ、吾郎の立場で、公の場で、その素直な感想を言葉に出せる勇気と感性に、本当にこの人はすごい人だな・・・って思わされる。

そして、「こういう時あるなぁ、吾郎ちゃん。そういう目で見られてるって感じる時ってあるなぁ」と言ってしまう慎吾。それはね、慎吾。思い切り自慢してください(笑) 吾郎がそういう目で見てるということは、全国の女性も慎吾のことをそう見てるときだって確信していいから。

あと、今週の「スマスマ」もありがたいことに見れましたので、少しだけ・・・「ホストマンブルース」、絶対に「新宿の神様」よりおもしろい(笑) これなら、もういいよ・・・とは言わないので、デコ出し色気むんむんの優雅をもっと見せてください。「22才の別れ」を出だしで優しく歌う吾郎にも撃沈。 もう少し、最初から顔のUPで映してほしかったですけどね。中居くんの恒例ドラマでの、チョイ役吾郎も、白衣・・・白衣ですよ!お姉さま方(笑)! まぁ、そういう楽しみ方だったということで。

| | コメント (7)

「ハウルの動く城」視聴

昨日、某日系航空会社J○Lさんから、いつもメールで届くニュースメールで応募していた、映画「ハウルの動く城」のペアチケットの当選のお知らせがありまして、会社の同僚を誘い、仕事半休を取って行ってきました。 スクリーニングされた場所が、またとんでもなくすごい良い場所だったので(おそらく、このチケットに当選しなければ、一生入ることもなかったでしょうなぁ)、もしそちらも興味がある方がいれば、MY LISTから、私のロンドンブログ「LONDON LIFE」にとんで見てきてくださいな。 

B000ARV0FW 吹き替えを覚悟して観にいったのですが、ラッキーなことに、字幕上演でした。つまり、そうです。大音量でハウルの声を担当した木村拓哉の声を心地よく聞いてきました。 これで、当選した喜びが倍になりましたね(笑) 映画としての感想は、今回の作品は、愛でしたね。 ハウルとソフィーもそうだし、いろんなキャラの間に愛がちりばめられていて、思わず涙ぐんでしまったところがあって大変でした。当然、笑えるところもいっぱいあって、そのバランスが非常に良かった気がします。オープニングで出てきた、ハウルの動く城のアニメのCGが圧巻でしたね。頭から、わくわく感を煽られる感じです。

さてさて、ここは映画ブログではないので、やはり一番書かなければいけないことを書いておきます。スマップの木村拓哉、初の声優挑戦なんですよね? いろんなところで、木村くんの声じゃないようでびっくりしたという話を見聞きしていたのですが、もうしょっぱなから私は、木村くんの声を楽しんでました。でも、ドラマで出す声とは違いましたね。すご~く、優しい優しい木村くんの声でしたなぁ。私、このハウルが、木村拓哉をさっぴいても、すごい趣味(笑) いやぁ、かっこいいわ、ハウルぅ。髪の毛の色が違う色に染まったぐらいで、「美しくなければ、生きていく意味がない!」と言い切り、どろどろになる様が愛しいわ。ちょっと、そういうナルシストで弱い部分があるキャラということで、吾郎の声でも聞いてみたかったかなぁとは思ったけど(笑)、まぁ、ヘアスタイルが木村くんだったですね。 これを観て、吾郎ファンで、まだ「ONE PIECE」を観に行っていない人には、ぜひ映画館まで足を運ばれることをお勧めします。あとで、DVDで見ればいいと思っていても、絶対に映画館の大音量で聞く方が素敵ですよ。行ってらっしゃ~い(笑)!

| | コメント (9)

「スマスマ」「ゴロバー」のツボ

週末に届いた最近の「スマスマ」3本と「ゴロバー」3本を一気に見たら、頭痛くなりましたが、覚えてるうちに思ったことや感じたことをUPしておきます。

スマスマ

ビストロゲスト:
1.梨花&青田典子
うるさい、うるさい(笑) 「男が作った手料理」って、それがスマップだったら、何作られてもOKだわな。特筆すべき部分はなかったんだけど、中居リーダーが梨花さんに「めんどくせ~女だなぁ・・・」というあたりの、彼女とのくだりが好きです(笑) 結構、いいコンビなんじゃない(笑)?

2.倖田來未
彼女、いい意味で年より上に見えますよね。吾郎は、結構気に入ってるように感じましたけど。來未ちゃんが指を切ってしまったときも、すぐに「えっ?!大丈夫?」って声かけてたし、木村くんが飛んできたときも「いいのに、別に出てこなくても・・・」って言いたそうな顔だった(笑) しかし、あの、たこ焼きシュークリームすげぇな、おい。

3.荒川静香
この人、こういう女性だったんだ・・・すごい好きなタイプだなぁ。「金メダルを噛んでくれって言う意味がわからないから噛まなかった」なんてコメントは、手をたたいて同意しましたよ(笑) 全然、かわいい振りとかしないのに、おいしそうな顔はかわいいし、素敵な女性でしたね。吾郎のイナバウアーも、素敵だったわ(笑)

コント:
「おにいさんといっしょ」
もう、私、本当にナカゴロコント好きみたいです。普通に笑ってしまうんですよ。吾郎が出ていても笑えないコントっていっぱいあるんですが(最近だとゴロ麻呂とかねぇ)、ナカゴロコントは例外なく素で笑っちゃう。キリヌケトオルも大好きだし、これも笑える。彼ら二人のコントは、コントの内容がというより、二人が素で笑ってしまう部分が多くて、それ見て思わず笑ってしまうのよねぇ。今回で言うと、吾郎扮するADがカツどん持ってきて、中居くんの指が突き指しそうになったり、食べかけのサンドイッチ持ってきたりしたとこリピしてしまったわ。

「バレンタインデーSPドラマ」
これは、中居くんがメインのドラマ仕立てコントで、作り上げたコントですよね。吾郎は、ここでバーテンダー役で出てるのが秀逸だったので、キャスティングした人にお礼を言いたい。今回のオチは、ホモオチ・・・いいのか、こんなの、スマスマ(爆)?

あと、歌のコーナーは、吾郎はかわいいんだけど・・・いまいちどれもこれもリピ度低し。すんません。

ゴロバー

今回見たのは、ゲストに青田典子さん、山本梓さんの回と、杉本彩さん、井川遥さん。
ツボは、それぞれあったんですが、あの泣きのドラマだけで済ました回は、やっぱりいまいちなんだなぁ。いや、私はもらい泣きして大変でしたけどね(^^;) 杉本姐さんの回は、すごく見たかったので楽しめました。あんな素敵なお姉さまに興味を持ってもらえて良かったじゃないか、吾郎!今度、なんか共演してくれないでしょうかねぇ。「インモラルな扉」を開けた吾郎もすごかったですが、あれいいんでしょうか。まじ、おパ○ツ見えてたよね(笑)?最悪やな、吾郎(笑) 今度のドラマで共演される井川さんとは、もう仲良くされてるみたいですね。さすが、吾郎。共演者とすぐに仲良くなるのが彼の特技だとは思いますが、それでドラマでの現場の雰囲気が良くなるのはいいですよね。「Mの悲劇」は、吾郎にとっても、ファンにとっても、いろいろと大変なドラマだったけど、共演者との仲良しな感じは好きだったので、今でも連絡とか取り合ってるといいのになぁと思います。

なんか、すごいつまんねぇ~感想だなぁ(^^;) もう少し深く掘り下げた感想をすると、「ルーレットボーリング」で、相手チームなのに、いつも一緒に組んでた吾郎がリベンジボールで見事ゲットすると、「すごい、すごい!」と大喜びする剛とか、初めて同じチームになった木村くんが、見事ストライクを決めて吾郎とがっしり抱き合うとことかは、たとえいろんなところでスルーされても拾っていこうと思います(笑) あと、金メダルを子供のようにくっついて触らせてもらうシンゴロも、吾郎にだけは、「吾郎ちゃん、吾郎ちゃん」と子供扱いする中居も大好き。 つまり、こんだけ長文になって一番伝えたかったのは、この最後のところですっていうのは、ここだけの話(笑)

| | コメント (9)

「ブス恋」の共演者

本日、フジ火曜夜10時のドラマのあとに、すでに「ブスの瞳に恋してる」の予告が少し入ったそうですね。なんか、すごいコメディ(^^;)? いや、わかってたけどさ。今日は、ちょっと、あと1ヶ月で始まるこのドラマの共演者について。

森三中の村上さんが、吾郎の相手役というは最初のインパクトとしてすごいものがありましたが、いろいろ思うところもあるけれど、「スマスマ」特別編「小さな恋の物語」は、個人的にとても楽しんだんで、結構とこの二人の絡みがどういったラブコメになるか期待しています。ゴロバーで見せる、美幸ちゃんとの絡みが好きなんだけど、まさか本人とやるわけにはいきませんもんなぁ(笑)

あと、かなりおもしろい顔ぶれもそろっているようですが、今日書きたいのは吾郎の後輩くんNEWSの加藤成亮くんです。最初に、彼の名前を聞いたとき、NEWSのファンの方たちには申し訳ないけど顔が浮かばなくて・・・。なんせ、山下くんぐらいはわかっていたけど、錦戸くんも、この前の吾郎が金田一の番宣で「めざまし」に出演したときに、ちょうど彼のソロライブのニュースが流れて知ったぐらいですから。で、ここは、予習としてどんな子なのかリサーチさせて頂きました(笑)

まず、お顔を見せてもらって、「へぇ、ちょっといたずらっ子っていう感じの子なのねぇ」なんて思っていたら、なんと青山学院大学法学部に見事受かったそうですね。おみそれしました。この際、いろいろ調べちゃえ!と思って、サイト検索でチェックさせてもらいましたよ。この間の「ワンピ」のNEWSの舞台挨拶で、吾郎との仕事の様子を報告したり、ラジオでも「吾郎さんに弟子入りしたい」とかお話したそうで・・・かわええじゃないか(笑) 「うたばん」にNEWSが出演したときに、中居リーダーから踊りが苦手と自己申告すると、「NEWSの吾郎」と言われたとかで、俄然興味がわいてきました(笑)

そのあと、ファンの方のBBSにおじゃまさせてもらうと、この連ドラの話で盛り上がっておりました(笑) 「今度、吾郎ちゃんのドラマにシゲ(ファンの間では、こう呼ばれてるらしい)が出るよ!」とか、「吾郎ちゃんと、いろいろ話せたらいいね」とか・・・かわええじゃないか(笑) さらに、ブログなどもまわると、おもしろい比較をされてるファンがいらして、吾郎とシゲくんの共通点をあげていたので、少し引用させてもらいます。
1.左利きである
2.ギターが弾ける (シゲくんは、作曲もできるそうですよ)
3.「ガンダム」のファンである
4.映画が好きで良く見ている
5.踊りが苦手(笑)
6.メンバー内のいじられ役である(笑)

探せば、まだいろいろ出てくるかもしれませんねぇ。個人的には、出身地が大阪豊中市というところに「関西の子やん!」と反応しました。(そういえば、NEWSは関ジャニの子たちが入ってるんだっけ?!) ドラマでも、すでに何度か吾郎と一緒に撮影したみたいですが、吾郎を近くで見てどきどきしたとかも言ってましたね。吾郎も、そういう立場になったのねぇ~なんて感慨深かったわ(笑) 実際に、彼がどういう子か見たことないのですが、本人だけじゃなくて、ファンの子がかわいいのがお姉さんは気に入った(笑) まぁ、シゲくんがかわいくても、お姉さん、吾郎にベタ惚れだから浮気することはないけど応援してあげたくなったわぁ(笑) ドラマでの二人の絡みに注目ですね。

| | コメント (5)

SMAP LIVE AMIGOS!

最近、昔のライブ映像などを見る機会がありまして、少しずつ感想をUPしていこうかなぁと考えております。なんせリアルタイムで起ってることについてゆけないので(笑) (私信:あっ、KIMさん、そちらがよければ、やっぱり全部、買い取らしてもらいます(笑))

httpimages-jp 今回は、98年に行われたツアー「SMAP LIVE AMIGOS!」です。この年の初めにロンドンに移ったので、実は生では見ておりません。CDを日本から送ってもらったときに、「なんじゃい、こりゃあ。どんなコンセプトやねん」と思って、ライブも今に至るまでまったく見ることがなかった(笑) もともと、SMAPに限らず、ライブ映像というのは、あまり触手が動かない私なんですが、あれですね、アイドルのライブ映像は必見なんだね、やっぱり(笑) このころまでは、他のアーティストの方の曲をまだカバーしてライブで歌ってたんですね。最近、スマスマに出演されたEarth, Wind & Fireの「September」もこのときのライブだったんだということがわかった。結構、カバー曲もスマップのものとして聞けるのが印象的だった。 「YMCA」とかもやったんだ・・・うちのハズが一緒に見ていて、「彼ら、これゲイの歌だって知ってるの?」って言われて大笑いしましたけど。確かに、もと歌はVillage Peopleというグループが、それらしき格好で歌ってるPVがあるんですが、日本では西城秀樹さんが歌って大ヒットした青春歌ですよね?! これで、またうちのハズは、スマップをそういう目で見るはめに・・・(爆)

全員のソロ曲は、別にアルバム「La Festa」として出された中からで、どれも全部気に入ってます。ちょっと、中居リーダーのはずるい気がするけど、うちのハズは一番のお気に入り(笑) 吾郎のソロ「Beautiful」に関して言えば、アンニュイ吾郎全開! でも、これより「スマスマ」の歌のコーナーで歌ったときの方が、映りが良かったなぁ。ライブ映像では、照明がじゃまでじゃまで・・・。でも、モノクロの崖っぷちでギター片手に歌ってる吾郎は素敵(*^^*) extra bonus trackとして、最後にMCの様子が少し入ってるんですが・・・剛、このころよくしゃべったんだねぇ(笑) 吾郎が一番おとなしい。それでも、中居くんにふられて、へにゃへにゃ笑って、膝から崩れ落ちたりしてるのを見たときに、昨年のライブと変わってないなぁ、この人たちって嬉しくなりましたね。

そうそう、中居くんのソロの合間に、中居くん扮するマコちゃんが剛くんとキスするシーンが後ろのスクリーンに大写しになるのもファンサービスかな(爆) ナカツヨファンは、必見(笑)!

| | コメント (7)

次は舞台のチケ取りですね

映画「ONE PIECE」の舞台挨拶のチケ取りも大変だったとは思いますが、それとはきっと比べられないほど、6月公演の舞台「ヴァージニアウルフなんてこわくない?」は激戦ですよね。これは、もう東京公演のみなんだろうか。共演者などを考慮すると、過去の舞台に比べてもかなりチケット取るのが大変な気がするなぁ。

私の場合は、チケットが運良く取れたとしても(これも、他力本願になると思うんですが・・・)、その公演時にうまくホリデーが取れるか、そしてそれまでに日本行きのチケット、果ては実家が関西なので、東京まで行く旅費、ホテル代などの経費をどう捻出するかです。はっきり言って、私の場合、後者の方がおそろしく難しいであろうと(^^;) 親に、「もしかしたら、姉ががんばって吾郎の舞台のチケットを確保してくれたら、6月に日本に行くかもしれへんから」って電話で報告したら、母が「あら?じゃあ、楽しみにしてるわね」だと・・・だから、母上、吾郎ちゃんの舞台ってチケット取るの大変だって知ってる(笑)?

正直言うと、今回舞台の話があがったときに、う~ん、とりあえず今回は見送りするか・・・って思った。舞台でなら、もっと吾郎オタ的なものだったら、必ず飛んでいくだろうけど、そのあとの夏のライブとかもあるわけじゃないですか。普通に楽しめるのはライブの方だけど、今のスマップの人気を考えるとマメップになる可能性のほうが高く、だったらじっくり吾郎を鑑賞できる舞台の方がいいわけです。ただ、個人的に毎年日本に帰れる身分じゃないから、賭けるわけですよ(^^;) 昨年は、舞台がないってわかった時点で、久しぶりにスマコン参加するかぁ~って突発的に決めちゃったし。で、8年ぶりのライブですからねぇ・・・ありえない!ファンやめててもおかしくない状況にいるしなぁ(笑) とりあえず、チケット取れる前に悩むのやめとこうっと。

そうそう、実は、「スマスマ」の公式サイトに最近、がんばって投稿してます。HNや年齢を変えたりして数回投稿しましたが、ほぼ全滅(^^;) 同じような意見が載ってるのに、なんで私のは???って考えたら、どうやら私は、あそこの番組には何かひとこと嫌味を付け加えないと気がすまなくなってるらしく、それがひっかかるらしい(笑) 復習して、出すこと数回。見事に掲載されましたね。 敢えて、ここではどれか言いませんが、きっと見に行けば私のがどれかわかりますよ(笑) こうやって書けば載せてくれるのねぇ~・・・また、送ろうっと♪

| | コメント (6)

映画「ONE PIECE」公開

この土曜日より、とうとう映画「ONE PIECE」が公開されましたね。舞台挨拶に行かれた吾郎ファンの方のサイトやブログを読ませて頂きました。こちらのBBSにも、即レポを入れてくださった方もいて感謝です。みなさん、生吾郎をかなり目の前で見て、結構とんでしまったと思うのですが、うまくまとめてレポされてますよね。すごいなぁ・・・私、きっと、できないわ(笑) なんせ、映画「スパスキャ」の舞台挨拶の前に、コンタクトレンズをつけに化粧室に行ったとき、指に乗せるコンタクトがプルプル震えてるのを見て、一緒につきあってくれた友人が(当時、ゴロ友さんに知り合いがいなかったので・・・)、「あんた、大丈夫か・・・」と言ったのを覚えております(^^;)

で、舞台挨拶の内容・・・まったく覚えておりません(笑) 会場から質問コーナーを受け付けるようになっていて、質問がある人は挙手してくださいってことだったんですが、吾郎と目が合いたくて質問用意してないのに思い切り手を挙げたことだけは覚えてる(笑) いや、あたりませんでしたけどね。あたらなくて良かったわ。いやぁ~、美人だった、あの吾郎は(*^^*)

「ワンピ」の映画は、いろんな感想を読んで楽しみになりました。実は、姉から送ってもらったダイジェスト版のアニメを見て、何気に期待していたんですが、ラチェット吾郎がそこにいる、彼の声でアニメが見れる!もしかと思うけど、これって、すごい贅沢なことなんじゃないかと。できたら、劇場に響き渡る吾郎のラチェットを聞きたかったですが、イギリスにいては、それもできないので、ひたすらDVD発売を待つことにします。出るよね(^^;)?

| | コメント (5)

ドラマ撮り順調!

今週の「スマスマ」の感想が非常に書きにくいのに、BBSでは勝手に盛り上がりました。すいません(汗) ちょっと、久々だったもので・・・

まぁ、萌えポイント以外は、EDトークも歌もなしで、トークダウンになってしまいますが、発売されてるTV誌に、ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の写真が何点か各誌掲載されているようですね。ほぉ~、なかなか業界してる吾郎でないの(笑) 村上嬢と並んでフォーマルスーツに包まれる吾郎を見ましたが・・・なんだか、かわええのぉ(笑) もう、これしか言えません、はい。

個人的には、このニュースが飛び込んできてから楽しみにしているんで、ほんと4月が待ち遠しいです。原作と比べて、どのぐらい脚色されてるのか、共演者とのそれぞれの絡みの演技など、見所いっぱいですよね。すでに、1/3ぐらいは撮影撮り終わってるのだろうか・・・そのあと、吾郎は舞台があるし。で、毎年のことを考えれば、次にスマコンですよね。それで、金田一の第4弾の撮りがあるのが秋ごろですか?

・・・もう、ひとつぐらい単発ドラマかなんか、ぶっこんでくれんだろうか。希望は、映画なんだけどねぇ(これ、しつこいぐらい言ってますが(^^;)) まぁ、まだ2006年始まって2ヶ月経っただけだし、ファンが予想もしないお仕事が入ってくる可能性も無きにしも非ず。気長においしいニュースが流れてくるのを待つとするか。

| | コメント (8)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »