« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

もうすぐ舞台ですね

まだ、ドラマは後半にさしかかったところですが、吾郎自身は1週間後に控えた舞台に気持ちを持っていってると思います。最近の、彼が出演する番組を見ていても、あきらかに目の輝きやモチベーションが違いますものね。改めて、彼の役者としてのプロ意識を認識される思いがします。

それでも、まだまだドラマの宣伝は必要なわけで、バラエティで投げられたり(いやいや、あれは大変だと思うけど、おいしかったよ吾郎(笑))、いいとものテレフォンショッキングでも、舞台はもちろんだけどドラマの宣伝もしなきゃいけないわけで、「ブス恋」出演者繋がりが続いてますよね。 明日は、井川さんでしたっけ? ドラマよりも、舞台では役への気持ちへの切り替えがバラエティなどをやってると大変だとは思うんですが、挑発的なニック楽しみにしております。 私、個人的にもあと2週間ぐらいで板の上の生吾郎に触れられるかと思うと、今から日本への里帰りへの思いと一緒に非常に楽しみです。

「うたばん」の未公開の吾郎、いまさらですが拝見しました。なんで、本放送では、あの吾郎の質問がまるごとすっ飛んでしまったのでしょうか? なかなか、するどい突っ込みだったのに。 まぁ、こうやって後から放映されるなら何も問題はないんですが。さらに、亜子ちゃんのキャラが特出しておりましたな(^^;) オーナー、オーナーって、あちこちから最後の神頼みのようにふられる吾郎が素敵でした。 そして、それにしっかり応えてはずさない吾郎は立派(笑) せきこんでお茶すすってる人が不憫でしたけどね(笑)

| | コメント (2)

父親を出してくるのは反則(^^;)

ただいま、「ブス恋」を見終わりました。最後の最後で、泣かされて涙ガ~ガ~流しました(笑) いや、今までのエピの中で一番泣いたよ。どうやら、私は自分の境遇も考えて、今は家族愛に弱いらしい・・・(笑) では、感想あげておきます。

「ブスの瞳に恋してる」#07

美幸がすごくかわいそうになりますが、実は美幸のおさむに対する想いは思い込みのところがありましたからねぇ。それで、一所懸命サマーセーターを編んで、元カノとの抱擁を見てショックになるっていうのは、もうしょうがない。好きな人への失恋っていう意味では、泣きたくなる気持ちはわかりますけどね。それよりも、やっぱり友美ちゃんの方が、不憫で不憫で・・・(涙) つきあってるんだよ!美也子とのことを、ちゃんと話すのはいいけど、順番間違ってないか?まず、友美に言うべきじゃないの?美幸とは別につきあってたわけじゃないじゃん。それとも、友美と二股かけるつもりなのか? 予告で、友美が泣いてましたね。「ふられちゃった・・・」って。友美の立場を考えたら、あれはキツイなぁ。すっごい好きだもんねぇ、おさむのこと。

まぁ、でも、友美は、今売れっ子のモデルさんだから、おさむと別れることになっても、仕事も大事にしてる友美のこと、きっぱり忘れて新しい恋を見つけられると思います。そういう意味で言うと、この場合、美幸の方が辛い。夢である女優の仕事を諦めるという中での失恋だから、立ち直るのが厳しいですよね。しかし、事務所の方、結構美幸のことをちゃんと考えてくれてるんだねぇ。お笑いコンビB2の後輩たちも、心配してくれてるし・・・美幸の周りは、いい人でいっぱいです。それが、彼女の救いですよね。

おさむと美也子・・・お似合いなんだけど、きれいなんだけど・・・仕事中も家に帰ってからも、メールでの応酬の嵐。 夜のメール交換の勢いを見て思いませんでした? 「君たち、チャットにしろよ、じゃあ!」って(笑) 友美からの、かわいいメールはため息で無視して、美也子からのメールは笑顔で即効返し。 「誰が、彼女やねん!」 って叫びたくなったわ。 ああいう、いじいじしたのを見ると、美也子とは元に戻ってほしくないんだけど、美也子さんって性格もいい人なんですよねぇ(^^;) ほんと、今からどうやって美幸へと傾きつつあるんだろうか・・・しかし、予告でまた泣き所いっぱいありそうですね。大変だ。

最後に、おさむ演じる吾郎のツボも・・・
もう、二股だか三股だかしりませんが、元カノの想いが爆発して、中途半端な想いをひきずるおさむにはムカつきますが、吾郎がかっこよくて、かっこよくて。そんな怒りも吹っ飛びそうですよ(笑) 最初の抱擁から顔離したときの少し顔が前に向かったところで、美也子とのキスシーンがあるのかと期待した私はいったい・・・。あれですか?最後、美幸とのキスシーンにおいてるんでしょうか?どうせなら、きれいヴァージョンも見たいよ。ごめん、美幸(笑)

| | コメント (9)

管理人というにはアレですが(^^;)

今週末も、受け取ったバトンをUPしようと思います。頂いたのは、「minor change」という、かわいい吾郎がいっぱいのサイトを運営されてるRITZさんから。本当は、リンクにも掲載させて頂きたいぐらい、かわいくて楽しくて萌えれるイラスト日記を書いていらっしゃるサイトなんですが、表サイトでは公表できません(笑) この意味が分かる方で、気になった方は、自力で探してみてください。その手のサイトさんから、リンク巡りをすると辿りつけると思います。そんな素敵なサイトさんから、表裏中途半端の私が、恐れ多くもバトンを授かりましたので、しばしお付き合いを・・・

【管理人の輪を作ろうバトン】

※バトンを受け取った方は下記にHNの記載をお願い致します。
新空ちはら→ウサギ→晁宮ゆき→檜山くじら→クロダ→オカモト→弥助→飛燕リンドヲ→郷田もこ→つっかけサンダル1号→沖天十→ゆえ→しろ→あかり→寿→りゅうじろう→逝矩→天原泉→荷トロ→森みゆき→火鉢ゆき&燐寸さん→成瀬コウ→はるこ&あさひ→アワカ→優南→天野 哉→斎藤赤人→春→高瀬莉子→久保アユコ→やま→Azumai→RITZ→ANGEL

これ、どこらへんから、スマさんに関係ある方たちなんでしょかねぇ(笑) 最初からなんだろうか・・・すごく興味があるわぁ。

>貴方のHNを教えてください
ANGELです。 スマファンの方には、吾郎が好きなので、木村くんから命名された「エンジェルボイス」からと思ってる方も大勢いらっしゃるかと思いますが、実は、個人的に天使ものが好きで、書物や小物などを集めたことがあるのですよ。ただ、いまごろ気づいたんですが、ネットで交流を持っていて実際にお会いするときに、非常に不都合なHNだったと気づかされた。会って、「ANGELさん」は、周りから見て非常に怪しい(笑) お会いする方には、実名を後日知らせております。

>貴方のサイト名を教えてください
スマップは、稲垣吾郎を語るブログ「天使の呟き」です。 このブログを最初から読んで頂いてる方ならご存知とは思いますが、ブログを立ち上げたときに同時期に始めた英語での稲垣吾郎サイト(ブログではなく)を、中途半端に放ったらかし中(^^;) どうにかしないとなぁ・・・

>いつからサイトを運営し始めましたか?
2004年12月から始めました。 無理して買ったノートパソコンで嬉しくなって始める決意に(笑)!

>管理人歴はどれくらいですか?
ブログでも管理人と言わせて頂けるのなら、1年半ですか。 ブログから枝分けしたBBS「ANGEL PLAZA」の運営は、自信をもって(笑)管理人です。これは、2005年の10月31日(ハロウィーンの日)に始めました。

>サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明してください
まさしく、スマップの稲垣吾郎くんだけを、語るブログ(笑) スマップの他メンにも、愛を持って綴らせて頂いてます。もっと、吾郎と絡んで欲しいわぁ(笑)

>サイト訪問者様に是非行くべきだ!と貴方がオススメ出来るサイト様を5つ
表、裏サイトさんを含めて、とてもたくさんありますが、表サイトさんでは、LINKに張らせてもらってますんで、是非訪れてほしい。裏サイトさんは、申し訳ないけど、ここでは紹介できません。ほんと残念!

>貴方のお知り合いの管理人様に繋げるだけ繋いでください。ジャンルは問いません。
これが、苦手な私・・・では、今回はブログではなく、素敵なサイトを運営されている、「Color of Heart」のぶ。さんにお願いしようかな。日記としてブログはもちろん、もうひれ伏したくなるほど素敵な吾郎イラストを描かれておられます。
あとは、吾郎のファンだなぁと、その聡明なサイト運営の仕方に毎回感心させられる「稲垣文学館」のサヨさんへ。
どちらも、ブログではなく更新されるのにお時間のかかる素敵なサイトですし、バトン受け取りは大変だと思うので、ご迷惑でなければということでお願いします。

| | コメント (0)

いいところで終わりましたよねぇ、今回も

「ブス恋」第6話見終わりました。いやぁ、本当に吾郎が素敵ですね、このドラマは。今回も、最後に泣かされるし・・・どうも、はまってしまうドラマです。

ブスの瞳に恋してる#06

うわぁ・・・おさむ、3人(2人か・・・)の女性の間で揺れ動いてますねぇ(^^;)
普通に思いませんでした? 元カノの美也子さんって、できすぎた彼女だって(笑) あんなに良い彼女だったら、そりゃあ、忘れないだろうし、いきなりわからずに離れていかれたら、引きずってしまうのも分かる気がします。2人が、最後に抱き合うシーンは、きれいできれいで(今回の、泣きのポイントでした) この回は、美幸の影が薄くなるぐらい、美也子メインの話でしたね。

まぁ、ほんと、美也子さんの方が男らしくて、おさむの方が麗しいヒロインみたいで、このドラマの趣旨がわからなくなってきました(笑) 業界という中で、恋愛ごとはご法度みたいなものも、ちょっと良いタイミングで・・・(自己規制) いろいろ、裏ではいろんなしがらみとか理由があるんだよね、世間にはわからないところで(^^;)

しかし、おさむが美幸からもらった手紙を持って、「どすこいらーめん」に出向いてきたのを、めざとく見つける美幸。あの手紙で、きれいさっぱり忘れるって言ってたのに、全然だったのがちょっとね。 ちょっと、あそこで、もう少しさっぱりした美幸が見たかったんだけど、速攻舞い戻りだったのがねぇ(^^;) まぁ、そうでなきゃ、最後の美也子と抱き合うシーンを見る美幸という設定がなくなってしまうのでしょうがないんだろうけどさぁ。前回の終わりで、「美也子ぉ、帰ってくるなよ、ここで・・・」ぐらい、美幸に肩入れしていたのに、今回で「美也子の方に戻るわな、こりゃあ」って納得しちゃったもんなぁ(笑)

でも、予告の美幸のやせ我慢と号泣のシーンを見ただけで、次回の私の泣きポイント決定ですわ(^^;) 結局、最後には、美幸とくっつくわけだろうけど、美也子との決着をどうつけるのがポイントですよね。・・・で、エビちゃんは?っていう(苦笑) 彼女も、素直におさむのことが好きなんだよね。 BDプレゼントにテディベアを送って、「少しの間会えないから、代わりにかわいがってね」なんて、かわいらしいじゃないですか。 でも、そのプレゼントを受け取ったときの、おさむの無表情(^^;) そりゃあ、ないよな。冷たすぎるよ、エビちゃんに。

しかし、美也子とのレストランでのシーンは良かった。吾郎、いい表情するねぇ。あんなせつなそうな顔されたら、私だったら本当のこと全部話しちゃいそうだわ。って、その前にロンドンに行かね~よ。(いや、実際は、吾郎に後ろ髪引かれながら、ロンドンに来てしまいましたけどね・・・別の意味で)

ちょっと、予想なんですが、「どすこいらーめん」の年下の清水くん。相当、美幸のこと好きですよね?結構、モテるんじゃん、美幸(笑) あれも、イケメンだぜ。信じられない設定だわ(笑) 予告だと、「やっぱり、彼女ともう一度やりなおそうと思うんだ」と言ってたおさむ。でも、結局は、美幸に戻るはず(そうしなきゃ、最後の子供2匹は存在しません(笑))。 そうなったときに、この清水くんが、すごい怒りそう。「あんたは、美幸さんのこと、どう思ってるんですかっ!」とかなんとか。 どうよ、この予想は(笑)

では、今から「スマスマ」を見てきます。また、感想は後日UPしますです、はい。ちょっと、違った盛り上がり方で出てくるのでお楽しみに(笑) そうそう、吾郎は、「めちゃイケ」にご出演されるみたいですね。「めちゃいけ数取団」ってコント何(笑)?

| | コメント (6)

究極ってこういうことなのね・・・

今週は、テレビ番組の感想をいろいろとUPしたかったのに、疲れ倍増でUPできませんでした(涙)そんな中、sma Viewsの明野さんから、楽しいバトンを頂きましたのでトライしてみました。この「究極の選択」って、イチ押しくんがどうしても良くなるので、選択にならないんですが、そんなこと言ってると話にならないので、少し「吾郎が・・・」というのをさっぴくぐらいで考えました(笑)

究極の選択 【SMAPver.】

Q1.1日の始まりに起こしてもらうのは?
 A.「そろそろ起きないとダメだよ。」と朝から癒し声で、頭を撫で撫で。やさしく起こしてくれる剛君。
 B.「お~い。起きろ・・・」脇をくすぐり攻撃で朝からハードなジャレ合い。むりやり起こしてくれる中居君。

 ⇒ 私は、寝起きのすごい良い人なのですが、朝はやっぱり優しく起こしてほしい。ということで、「A」の剛くん。だって、眠りの深いときにくすぐられたら、キレるよ、私(笑)

 剛「そろそろ起きないとダメだよ。」
 私「えぇ・・・もう少し、寝させてぇ、つよしぃ」
 剛「しょうがないなぁ(笑)」

Q2.一緒に学校に行く人は?
 A.「・・・ん・・・。」迎えに来てくれたけど低血圧で「ん。」の一言が精一杯の挨拶。半分寝てる、ほっとけない感じ。手をつないであげないと前に進めない慎吾君。
 B.「いくぞ」迎えの来かたも絵になるクールさ。カバンの持ち方も完璧。手を強引につないでくれる木村君。

  ⇒ 朝から元気のない人とは、行動を起こしたくない(笑) ただ、これが、慎吾だったら面倒みてあげたいと思ってしまう。そうすると、選択の意味がなくなるので却下(T-T) だから、「B」の男前に引導してれる木村くんで。

 木村「いくぞ」
 私「手、痛いし・・・恥ずかしいよ」
 木村「恥ずかしくなんかねーよ。お前は俺のものって紙をお前の背中に貼りたいぐらいだぜ」 by 「さんスマ」

Q3.学校の隣の席にいるのは?
 A.「う~す」なんだかよくわからないがヤ○キー?今時な空気じゃない中居君。
 B.「あ、おはよう。」机の上には教科書と鏡。挨拶しながら鏡ばかりを見ている吾郎君。

 ⇒ これ、究極だなぁ・・・(^^;) まず、ヤ〇キーは、趣味じゃない。いきなり、教室で鏡見てる男も好きじゃない。どちらも、その後話しかけたら返事してくれるんだったらいいけど、どちらもしてくれなさそう(笑) 究極で、「A」の中居くん。 

 中居「う~す」
 私「おはよう~。今日も眠そうだねぇ」
 中居「うっせ~よ。おい、今日、帰り付き合えよ」

Q4.体育で一緒にする相手は?
 A.バスケの試合・負けず嫌いを発揮し、闘志みなぎる木村君。
 B.試合中・隙あらば力をぬきまくってる慎吾君。

 ⇒  これは、簡単。私、学生時代バスケ部所属だったので、こういのは経験済み(笑) つまり、上手だろうが下手だろうが、やる気のない奴は嫌。だから、絶対に、「A」の木村くん。

 木村「がんばっていこうぜ!」
 私「おしっ!」
 木村「お前と俺でタッグを、将来ずっと組んでいこうぜ!」
  (・・・だんだん、妄想会話が恥ずかしくなってきました(^^;) )
 
Q5.お弁当の時間一緒に食べるのは?
 A.「おっv美味そうじゃん」屋上で2人きりv返事をする前に手でオカズを口に。そんな食べ方も様になる木村君。
 B.「うまそ~じゃん。交換しね~」中庭で2人きりv人懐っこい笑顔でおねだり。クラスにいる時とは違う一面!中居君。

 ⇒ こちらの返事を聞かずに、他人のお弁当から取っていく奴なんて嫌だよ(笑) 中居くんとの方が、楽しくお弁当を一緒にできそうなので、「B」

 中居「うまそ~じゃん。交換しね~」
 私「しよう、しよう。中居くん、何が欲しい?」
 中居「う~ん、そうだなぁ・・・玉子焼きもいいけど・・・お前の方がおいしそう」

Q6.学校帰りに遊びに行く相手は?
 A.「どこか寄りたい場所ある?付き合うよ」よくいえば気遣いが出来る男。吾郎君。
 B.「行きたいとこあるんだ。付き合って。」よくいえば頼りがいのある男。慎吾君。

 ⇒ う~ん・・・これも、少し難しいなぁ。(真剣に考えすぎ(笑)?) そのときの気分にもよるよねぇ(笑)?自分がすごい行きたいところがあって、できたら好きな子と行きたい。もしくは、特に行きたいところはないけど、好きな子とどこか行きたい。基本的に、サプライズが好きなので、「B」の慎吾。

 慎吾「行きたいところあるんだ。付き合って」
 私「いいよ。どこ行きたいの?」
 慎吾「秘密。俺がきみを連れて行ってあげたいってずっと思ってたところなんだ!」
 私「慎吾・・・」←感動してる(笑)

Q7.帰ってきたのを迎えてくれるのは?
 A.「おかえり~、疲れた?」玄関まで急いでお出迎えv 笑顔でハグハグしてくる慎吾君。
 B.「おっせ~よ」ソファーで寂しそうに体育座りv かわいく嫉妬。嫉妬もソツない木村君。

 ⇒ 絶対に「A」の慎吾(笑) 仕事で疲れて帰ってきて、不機嫌な顔を見せられたくないわ。

 慎吾「おかえり~、疲れた?」
 私「疲れたよ~」
 慎吾「僕がきみのオアシスになってあげるよ」

Q8.おいしい晩御飯を作ってくれるのは?
 A.最高の洋食、洋装エプロン姿の剛君。
 B.最高の和食、和装エプロン姿の吾郎君。

 ⇒ 即答。「B」の吾郎(笑) 洋食よりも和食が食べたい。そして、コスプレ(違う(笑)?)として、和装の吾郎が見たい(爆)

 吾郎「今日は、きみのために素敵な料理を作ったんだ」
 私「ほんとに?嬉しい、吾郎」
 吾郎「ここが、きみのプライベートレストランさ」
  (だから、ファンの私までもが、吾郎をステレオタイプにするのはやめれ!っつ~の(笑))

Q9.食後のデザートのケーキを食べるなら?
 A.「これ美味しいよ!ほら食べてみて、アーンv」嫌とはいえない笑顔でおねだり剛君。
 B.「それ美味そう~!食べたい、アーンv」大きな口をあけておねだり慎吾君。

 ⇒ どっちもかわいいなぁ・・・。たまには甘えさせてほしいから、「A」の剛で。

 剛「これ美味しいよ!ほら食べてみて、アーンv」
 私「アーンv はい、剛もアーンv」
 剛「アーンv」

Q10.今日も疲れた、寝るとしますか。一緒に寝るなら?
 A.「え?もう寝ちゃうの?」バスローブ。ツボを押さえた大人な甘え方。吾郎君。
 B.「入る?」無邪気な笑顔でベットにお誘い。予想外に何かが待っていそうな布団の中!?慎吾君。
 C.「ほら」布団のあけた角度も完璧。夜のフェロモン放出な木村君。
 D.「・・・zZzZ」期待を裏切って規則正しい剛君。
 E.「先に寝てろよ」同じベットはどうやらテレるらしい。シャイな中居君。

 ⇒ これ、反則。メンバーの誰がとか考えないでと思っていても、夜は無理(笑) 掛値なしで、「A」の吾郎。

 吾郎「え?もう寝ちゃうの?」
 私「そう、もう寝るのよ」と言って、吾郎の腕をひっぱって、ベッドの中へ・・・
 吾郎「×〇×〇×〇」
 私「〇×〇×〇×」
 そして、夜は永遠に終わりを告げない・・・アホらしっ(笑)
 
Q11.次に回すヒト
 
いろいろ悩んだんですが、この究極の選択は、イチ押しさんへの気持ちが強ければ強いほど選べません(笑) よって、イチ押しさんが大好きなんだけど、ちゃんと5スマさんも考えてくれる人ということで、今回は選ばさせて頂きました。
Takuya VS Shingo」の、のりぴ~さんとさっちんさん。
そして、敢えて生ぬるい想いをスマさんたちに持ってくれてる「ミーハーかりん日記」のかりん姉に(笑)
私が追加して書いてる恐ろしいほど寒い妄想会話は、勝手にやったことなので追従しなくていいです(爆)

強制ではありませんので、こちらを読んで頂いて興味がおありでしたら受け取ってやってくださいませ。また、「私にもやらせて~」という方があれば、ぜひ自由に持っていってください。あの方とか、あの方のも、本当は聞きたいんですよ(笑) お時間のあるときにでも、どうぞ。

| | コメント (9)

GW中に見た映像

日本がGW中に、いろいろBBSで交流したかったのに、仕事でチェコに出張に行っておりまして、kimさんには、お忙しいところご迷惑をかけてしまった。私信ですが、本当に留守番担当ありがとうございました。それから、ほとんど更新できなかったのに、毎回足を運んでくれて、ここを覗いてくださった皆様、BBSであてにならない管理人不在の中、活発に書き込みをして頂いた皆様に、この場でお礼を申し上げます。どうも、ありがとうございました。

それとは裏腹に、チェコは、すばらしく綺麗な国だったので、少し興味のある方は、My Listから、私の別ブログ「LONDON LIFE」も覗いてやってくださいな(笑) もう、ほんとお勧めですよ。仕事抜きで行きたかったよ(涙)

戻ってきてから、いくつかGW中に流れたスマ映像を見ることができましたので、個人的観点のツボだけでも少しUPしておきます。

ブスの瞳に恋してる 第4話

今回も、おさむがとてもかっこよくて、どうしようかと思いましたよ。こんなに、吾郎のキャラに胸きゅんモードで見てるのは、本当に初めてかもしれない。今までも、かっこいいキャラはたくさんあったのですが、それは、その役を演じてる吾郎がかっこいい~という思いがほとんどだったんですが、今回は、「おさむ、かっこいい(*^^*)」って見てますからねぇ。前代未聞ですよ(笑)

後半の、美幸が「おさむさんが、好きなんです!」と思わず、告白してしまったのを見つめるおさむの表情が最高でしたね。「がっかりだよ」とおさむが言ったときに、思わず胸が痛くなりました。こんなかっこいい男性に、好きなのに言われたら悲しい・・・って気持ちが沸き起こって、美幸にシンクロというよりは、完璧におさむに惚れた女視点になってる私は、ドラマにどっぷり漬かっております(^^;) 来週も、厳しそうだなぁ・・・

今週ではありませんが、以下2件の感想も・・・

CDTV

紹介される前に、スーツや巻物・・・もとい(笑)スカーフを直す吾郎に少し萌え(笑) さわやかに新曲「Dear WOMAN」へのコメントをする吾郎が素敵。そして、「吾郎さんの、言うとおりです」と、そのまま受け答えをする剛がかわいすぎる(笑) そうだよね?とかわいい笑顔で、剛の腰を抱き、それに答えて吾郎の肩に手を置く剛の誇らしげな顔に癒されました。

スマステ「月イチゴロー」

どこまで、突っ走るのかイナガキ(笑) 素敵すぎて言うことありません。寝る時間をさいて、なんでこんな映画を見なきゃならないんだと、「とかげ女」に対して文句を言う吾郎に、珍しく素直に「すいません」と謝る慎吾が微笑ましかったですね。しかし、慎吾は、自分が見たい映画のセレクトというのも考えてはいるでしょうが、チャン・ドンゴンや、ジョニー・デップなど、吾郎の好みの(笑)男性の映画をよくセレクトしてくれますよね。そして、思ったとおりに、ジョニー・デップを1位にして、「犯されてるような気分」「貪られているような」「妊娠しちゃいそうですよ、男の僕が!」とのコメントを聞いて、ニカッと笑う慎吾を見て、私もよくやった慎吾と言いたくなりましたよ(笑) バックが真っ白でまぶしかったのか、目をずっと細めているのが痛々しかったですが・・・そういう吾郎も素敵やね(笑)

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »