« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

舞台「THE LAST LAUGH」観劇後

観てきました。舞台「THE LAST LAUGH」
三谷さんが、イギリス舞台用に脚本を書き直したということで、そのあたりですでに吾郎が演じた一ちゃんは、吾郎のものになるのだなぁとは思いましたが、観てきて全然受け取るものが違いましたね。

240207_1404_3240207_1413_2Richmond Theatreは、なかなか赴きのある劇場でしたが、そんなに大きい劇場ではありません。外から見た外観と、中に入ってからのBOX席を撮ってみましたが、装飾もさもヨーロッパの劇場という雰囲気ですよね。(画像をクリックして頂くと拡大してご覧頂けます) 私は、スマファンではない昔からの友人と見てきたのですが、私たちが劇場入りしたのは2時半から始まる舞台の2時過ぎ。それでも、客席はぱらぱら状態。kimさんから、初日のWindsorは大入りだったと聞いて、大丈夫か・・・と不安になりましたが、始まる頃にはほぼ満席状態。そして、日本人は見渡した限り私たちと、後方にいたお姉さまお1人だけ(笑) この舞台が、2人芝居でセリフを読み取ることでのコメディという点からも、ちょっと日本人には難しいかもしれません。私も、何箇所かミスったところがありますね(汗) このあと、かなりネタバレしますので、もしイギリスで観に行く予定がある方は、スルーしてください。

舞台には、後方に天井から床までの大きな窓が設置されてます。この辺りは、舞台版よりも映画「笑の大学」の映像美を取り入れたのではないかと思います。シーンによって、その窓から外を眺める検察官の方の憂いある雰囲気がよく表現されておりました。あとは、左寄り中央に机、そして書類を保管しているキャビネットが右側にセッティングされています。コメディ舞台としての感想もあるのですが、私はせっかくだから吾郎が出演した映画「笑の大学」と比較しての感想をあげさせて頂きますね。

まず、喜劇作家が持ってきた「ジュリオとロメオット」という台本は、こちらの舞台ではそのまま「ロミオとジュリエット」を使っておりました。語呂遊びというのが、英語では難しいのかな? じゃあ、どういった笑いにもっていったかというと、「この脚本は、シェークスピアからの盗用ではないのか」ということになり、「死んでしまった方にお伺いはたてれないから」という会話があり、最終的にそのままではまずいから、他の作品と混ぜて「ヘンリー(5世)とジュリエット」にしなさいとなります。なるほどねぇ(笑)

ちょっと、違いを項目でUPしみます。

・台本は「ヘンリーとジュリエット」
・検察官へのお土産は、今川焼きではなくてチョコレート(笑)
・「お国のため」という言葉は、「God save our leader」という言葉
(こことてもおもしろかったんですが、一ちゃんは「お国のため」という言葉を入れるのに、「お肉」と掛け合わせたり、女性の名前を「お国ちゃんにして」連続でセリフを入れるという名案を出しましたよね。イギリス版では、この「God save our leader」というのを、馬の名前にして連呼するという方法にしています。この無理やりがイギリスっぽくて大爆笑でした。検察官に「えらく長くないか?」と言われて、「はい、でも入れろということでしたから」という辺りが本当にイギリスのコメディだなぁと思いましたね)
・お坊さんとお宮さんの衣装は、フランシスコザビエルのような牧師と、金髪ロングヘアーのジュリエット姿
(これも、吾郎のジュリエット姿が見てみたかったと舞台を観ながら考えておりましたw)

あと、いろいろあったかもしれませんが、印象に残ってるのはこの辺ですかねぇ。同じところもありましたよ。

・カラスのくだり(これは、日本舞台版のみで映画版ではカットでしたね)
・警察官が、キスをしようとする2人の前に何度も現れるシーンを2人で演じる
(このときの、検察官のアドリブ「あっちってどっちだ?!」というセリフもそのままでした)
・脚本家が、最後に検察官にお礼を言うと、いきなり「不許可」にしてしまうシーン

とにかく、舞台で観るとテンポが良くて、どんどん引き込まれます。個人的には、最初に比べないようにと心構えをして行ったので(kimさんのアドバイスによりw)、非常に楽しめました。中途に一度休憩が入るのですが、1日ごとに幕は降りずに舞台が暗転になって翌日というのが観客にわかるようになってます。毎日の終わりが、いつも検察官の「Hi,Darlin’」と奥様にお電話するという設定も笑いを誘っていました。

どんだけ観客が、このコメディに笑えるのかと思っていたのですが、最初に脚本家役の人が舞台に上がってきて、チョコレートを持ってウロウロするだけでくすくすと笑いがあり、話が進むにつれて大爆笑のオンパレードでした。最後は、お2人が舞台に3度も出てきてお辞儀をされてましたが、みんな暖かい大きな拍手と指笛ですごかったですね。なんか、吾郎が出てるわけじゃないのに感動してジーンときました。あぁ、映画も良かったけど、吾郎にこれで舞台もやってほしかったかも・・・と、今回の舞台を観てすごく思いましたね。きっと、やりがいのある演目だったと思います。

舞台のチラシの画像を前回UPしたんですけど、お2人とも写真映り悪いです(笑) 検察官役のRogerさんは、背が高くてすらっ~としていて軍服が似合っていたし、脚本家のMartinさんにしても、すごいチャーミングな方でした(あんな、太ったような写真はダメだわ)。 もう、最初から最後まで、お客さんは大笑いで・・・吾郎は難しいとしても、三谷さんは絶対に観に来たほうがいい! 絶対、感激しますよ。

舞台内容で、間違いがありましたら行かれた方ご連絡ください。なんせ、セリフ聞き間違いは多々あるかもしれませんゆえ(汗)

| | コメント (13)

嫌な汗かきました・・・

今週のスマスマは、コントがなくゲームが大半を占めた1時間でした。今回もまた、いろいろ喜怒哀楽入り乱れた鑑賞となったわぁ(笑)

ビストロのゲストは、映画「さくらん」にご出演の土屋アンナさんと夏木マリさん。アンナさんがお話しているのを初めて拝見しましたけど、どんだけガラの悪い子かと思ったけど、結構かわいらしかったなぁ。彼女、きっと損しているところあるかもしれませんね。まぁ、吾郎のタイプでは、絶対にないだろうけど(笑) それより、夏木マリさんとのショパン絡みのお話を期待していたのに、想像していたとおりばっさりとカットだったのが残念ですね。まぁ、今回はスポンサーの事もあるから難しいかもとは思ったけど、編集次第では共演話のエピぐらいは聞けたかもしれないのにと思うと、テレビ誌に少し掲載されたことが気になって仕方ありません。もう一生聞けないんだろうなぁ(涙)

ゲームコーナーは、新しく始まったフリースローですか。これ、1回きりだと思ったけど、BGMやら写真の使いまわしを見る限り、もしかと思うけどルーレットボーリングの後釜? 吾郎が投げるときだけじゃなくて、始まった段階から手に汗握った私(汗) 毎回、このゲームやるたびに、こんな思いをしなくてはいけないのかと思うと複雑です。シュートが決まったときの吾郎の笑顔や、ユニフォームから見える細い脚やら、おいしそうな二の腕とか(笑)、立ち姿が結構かっこいいとか、いろいろおいしいところもあるんですけどねぇ。なんせ、最近のライブでは絶対に見れない吾郎の肌の露出度ですから(笑) 

それでも、吾郎自身はさすがO型なのか、自分の番が来てもぽや~んとしてるし、木村くんがスパッと綺麗にシュートを決めたときに一番に大喜びして満面の笑顔とか・・・君、ぜんぜん緊張してない(^^;)?って聞きたくなりましたよ。ファンの私は、もう汗で手びしょびしょですけど(笑)? ルーレットボーリングもいい加減飽きてきてましたけど、このフリースローゲームは、もっと嫌かもしれない・・・いろんな意味でワンパターン化しそうで。慎吾が投げるときが一番緊張したよ、私。ちょっと、見てられなかった(汗) 楽しめない・・・。

歌に入る前のEDトークは、「最近すごいと思ったこと」。 吾郎、またゴルフ話ですか(苦笑)?  ゴルフに嵌ってるのはわかるけど、最近やたらとゴルフ話ばかりなので、他のことも聞きたいなぁ。マフラーにかわいい顔が埋まってて、お肌のコンディションはいいし、「夜空ノムコウ」での吾郎のお姿に惚れ惚れしましたよ。みんなの怒涛の勢いの公式書き込みが効いたのか(わかりませんがw)、今回は均等にメンバーのUPが映し出されて満足です。やっぱり、最後の歌のコーナーで楽しめると後味いいですね(笑)

| | コメント (4)

イントロ、ドンッ!

今週のゴロバーは、予告どおり全編通してFLの大島さんとりえちゃんの大食い競争。ここのところ、ファンがもだえ死ぬかと思うぐらいのゴロバーだったので、たまにはバラエティ中心で進められるのもいいかなと(笑) というのも、個人的に普通に笑ってました、私(笑)

笑いながらも、ずっと小窓に吾郎オーナーの表情を何度となく抜いてくれるカメラマンに感謝です。「もしもツアーズ」のときも思いましたが、吾郎ってこういうとき真剣に見てますよね。今回は、興味深々というよりは、呆れてたのかもしれませんが(笑) 思うに、大島さんは、すでにもう脂肪が飽和状態なんだと思いますね。しかし、りえちゃんが食べてたつけ麺おいしそうだったなぁ。ちなみに、私はデザートは別腹にならない人で、女性では珍しいかもしれませんが、あまりケーキは好きではありません。ケーキ食べる余裕を残すぐらいなら、おいしいものをもっと食べたい(笑)

今回の企画は、「太った女性のほうがモテる」というテーマだったのですが、河本さんが最初に男性陣に尋ねたところ、だ~れも同意しない正直者の集まりでした(苦笑) でも、吾郎はコメントで「平安時代は、少しは太ってるほうがいいとか言われてましたよね」と、こんなときでも、どんな女性に関しても否定しない姿勢がジェントルマンだよなぁ。

エンディングで、スマップのイントロ3連発を当てるというゲームで、「タイトルが出てこない・・・」と真剣に考えるオーナーが素敵でした。なんだかんだ言って、ゴロバーは吾郎のUPは多いし、素敵な吾郎が見れるのがやっぱり嬉しいですよね。吾郎、今回もヴィジュ最高だったなぁ。まだ見てない方へ。結構、楽しめますよ。ファンとしては、萌え度が低かったのは歪めませんが(苦笑)

惜しむらくは、せっかくしょこたん2週続けてのゲストだったから、もっと絡んでほしかったな。それは、残念。

| | コメント (12)

さよなら、僕を今日まで支え続けてきてくれた人

さぁ、どれから話しますか(笑) いろいろ、感情ごちゃまぜの今回のスマスマになりました。

ビストロゲスト、高橋ジョージさん、三船美佳さんご夫婦。24歳も歳が離れているんですねぇ。自分に置き換えて考えてみた。自分より24歳も下のダンナだったら・・・犯罪やん(爆) でも、とても仲が良くて微笑ましいご夫婦でしたね。変に番宣で来られるゲストより、こうやってご夫婦で「おいしい♪」と食べに来てくれる。これぞ、ビストロスマップでしょ!

ほのぼのとさせられたあとの新コント・・・「DEBU NOTE」 聞いてましたとも、吾郎の新コントがあるって。期待してましたよ。前回の日記にも書いたように。ふっ・・・、やっぱりスマスマには、何も求めん。美しさの頂点のような吾郎にあのコントを今、持ってくるか? そして、おもしければまだ許されるけど、つまんないは、無駄に長いは、香里奈さんは気の毒だは(笑)・・・それに、「ゴロクミ」とどう違うのか説明しろ。公式で、「おもしろかった!」という意見が載っていたので、これでまた放送されたらかなわないので、真の感想を伝えに行ってきます(笑) だいたい、吾郎のOL風「いそう大賞」は、お蔵入りですか? 来週の、バスケットだって、撮りがあったことも忘れるぐらい前ですよね。なんで、いまごろ出してきたんだろう・・・(正月に裏番組の番宣なんかに気を取られてるからだよ) 木村くんが、髪の毛長いんじゃないかと思ってますが(笑)

コントでは、他のことしながら流しておりましたが、EDトークしっかりありましたね。バレンタインデーのチョコをどうやって受け取りたいか。吾郎・・・それ、ゴロバーの麻美ちゃんの実演問題が頭に残ってた(笑)? 実際、そういう女性に惹かれるかい、君(笑)? 歌の「オレンジ」は、バックが綺麗でしたけど、今回もくら~かったですね、映像。でも、それぞれ映し出される顔がスマさんみんな綺麗で、三十路アイドル色気たっぷりです(笑) ちょっと、「オレンジ」は、ダメだね。個人的に、もう歌詞聞いただけで泣けちゃう。あのころ、大変だったよねぇ、ほんと。心なしか、キムゴロさんたちも目がうるうるしちゃって。木村くんの最後のソロで後ろに映り込む吾郎、ちょっと泣きそうだったときに、私は涙出そうでした(汗) 美しい男性たちは、涙目でも美しい(笑)!

| | コメント (18)

王子様の乱れ髪

ゴロバー、今回は違う意味ですごかったですね(笑) しょこたん・・・私のツボにはまった久しぶりの女性です(爆) 教えてもらって、しょこたんのブログを見たときに、「なんだ、こいつ(笑)?」と今まで見たことない生き物を見たようで、すごい嬉しかったんですが、ゴロバーでは少し抑えてるなぁ・・・と思っていたら、実演問題で大暴走でしたね(笑)

オープニングの「月に代っておしおきよっ!」のポーズ付きもすごかったしょこたんで、オーナーを反省させ、入店面接では初のオーナー自らの「カット!」をさせたというゲストです(笑) しかし、あのチョコレートすごいぞ・・・しょこたんのブログには、その後「吾郎さんは、しょこたんのケーキを食べたあと、胸焼けをしたみたいでずっとコーヒーを飲んでおられました」と書かれていたのが、悪いけど爆笑したよ(笑)

そんな、オーナー、新しく始まった「ゴローズビューティ」なるコーナーで、「DIET-END」なるマシーンに大きく反応して、「乗ってみたいっ!」とかわいく自己申告。まさか、あんな乱れるオーナーが見れるとは(笑) 最大レベルでの振動に「むずむずするぅ・・・」と、腰引けてかわいいお尻を突き出し、河本さんに「お尻がプルプルしてるっ!」とセクハラのような言葉を受け(笑)、髪乱れまくりです。前回の、ドクターフィッシュどころではありません。

鬼な私は、マシーンから降りるときに、ふら~っと後ろに倒れそうになったオーナーに激萌えです(笑) 倒れてしまえ、倒れてしまえ、倒れてしまえ・・・といや~な呟きを念仏のように唱えた私を許してください、みなさん。すべて、イってるヲタの独り言(爆) それでも、結構気に入った吾郎は、「これ、今度のうたばんの賞品にするぅ!」と満面の笑顔で言ってるかわいさに、今度は私がその場で崩れ落ちました。

・・・か、かわいい・・・こいつ、かわいすぎるぜ(笑)

| | コメント (8)

だから、ゲームが長いって

メンバーが忙しいのはわかりますよ。でも、EDトークの撮り溜めぐらいしてるだろうよ。せっかく、歌のコーナーでも、素敵な衣装を着ているスマさんたちなのに、そのときのトークとかどこにいったの?って聞きたいんですけど。

ビストロでは、劇団ひとりさんとおぎやはぎさん(?)をゲストに迎えての、イタリアンとカツカレー。聞いただけで、もうお腹いっぱいになりましたけど、ひとりさんすごいなぁ・・・全部たいらげちゃったよ(笑) 「基本的においしいものは、残さない主義なんで」って言ってしまった手前、たいらげなきゃいけなくなっちゃったんじゃないでしょうか。シンゴロチーム負けてしまいましたけど、今回は4品とも全部おいしそうでした。後になったチームの方が、やっぱり損だったような気がするなぁ、あんだけメインばかりだと。確かに、吾郎のクリームパスタは2品食べたあとは重いような気がした(笑) おいしそうでしたけどね。

先週の予告で柱に拳をぶつけた意味がやっとわかった(笑) 「吾郎っ!」って呼び捨てにされて怒るという演技が・・・中途半端(爆) そんな優しい吾郎が好きです。ゲストからも、「この人はいい人だぁ」と言われてましたね。木村くんが怒って上にかけあがったあと、剛が慌てて同じようにするのも笑いました。いいよ、いいよぉ、剛。何気に情けないのがいいよぉ(笑) 個人的にツボだったのは、吾郎に振る中居くんが、「吾郎ちゃんが穏やか・・・なのかな?」ってちょっと照れたような言い方だったのと、吾郎のリアクションに思い切り身体をのけぞって笑ってる中居が微笑ましかった(笑) 好きだねぇ、リーダー(笑)

久しぶりにPちゃんコントだったけど・・・パパのかつら、リニューアルされたの好きじゃない。吾郎、むちゃくちゃ肌のコンディションが良くて、「お前は、女優か!」と言いたくなりましたよ(笑) なのにあのヅラだし(涙) フルーツピンボールで慎吾と手を取り合って、きゃっきゃっやってる様子が二人とも女の子しててかわいかったですね。ジュースカウンターの不機嫌お姉さんたちより、よっぽど女子高校生みたいだったよ。いえ、あのお姉さんたち、私のツボにはまりましたけど(笑) ゴーヤ入りジュースを飲んで気分が悪くなる吾郎。「これ飲むと、老けそう・・・」 って、よっぽどすごい味なんでしょうねぇ。

歌の吾郎も少し前の映像とは言え、すこぶるヴィジュが良い。なのに、先週に引き続き全然アップで撮ってもらえないのは何故? 今回、本当に吾郎だけアップがなかったのを見て、ここまで徹底されてアップにしてもらえないと、笑うしかない。

はははははははは!

おかげで、吾郎のむちゃくちゃ良いスタイルを、思う存分なめまわしてもらったわいっ(笑)! あぁ、すっごい稲垣吾郎ってスタイル良い! スタッフの方、吾郎をアップにしないで引きで撮ってもらってありがとうございます。・・・これ、どうですかねぇ、投稿用に(笑) 

| | コメント (18)

イギリス時間に間に合った?!

とうとう、スマップ全員が三十路越え(笑) なのに、衰えるどころか、ますます活躍する5人に感謝します。そして、慎吾、今日はあなたの誕生日。

慎吾、HAPPY BIRTHDAY!!!

誕生日を迎える度に、きっと「またひとつ大人になった」と感じることもなく、末っ子は末っ子。そんな境遇が、たまには不満に思うこともあるかもしれないけど、だからあなたは子供の心を持った純粋なまま。兄ちゃんたちに愛されて、のびのびと自由に育った大きな子供は、誰からも愛される人になりました。それでいいのだよ。それが、慎吾の魅力。

他の人間がやれば、どうしようもないことも、慎吾なら許せるスマップのメンバー。かわいくて、かわいくて、どうしようもない存在。だけど、仕事面ではしっかり責任を果たしている慎吾を見て、きっとみんな「こいつは、すげぇ」って思ってるんだよね。慎吾には、慎吾のやり方がある。世間や周りに何と言われようと、慎吾の個性と時間の流れは、これからも大事にしてほしい。

吾郎ファンからひとこと。そんな末っ子気質、もっと吾郎にも見せてあげてください(笑) 「なんだよ、稲垣吾郎っ!」って言ってるのも、それはそれでシンゴロの魅力いっぱいなんだけど、たま~に吾郎は、甘えてほしそうな顔してるよね。まぁ、慎吾が言っていたように、反対に吾郎が慎吾に「抱きしめてほしい」って思ってるときもあるだろうけど(笑) いつまでも、じゃれる2人でいてほしい。吾郎に子供の顔をさせるのは、きっと慎吾が一番上手だからね。30歳、おめでとう。これからも、アーティスト香取慎吾、ぶっとんでいってください(笑)

慎吾のBDメッセを語ったところで、少しだけ今週のスマスマの感想を・・・

ビストロ勝利おめでとう! 妻夫木くんと柴崎さんに映画「どろろ」の感想を伝えるときの真摯な言葉に、お2人が真剣に聞いてくれていたのを見て、映画評論家「稲垣吾郎」もここまできたか・・・と思いましたよ。勝った瞬間に、思わず腕をあげてしまい、木村くんと黙って見詰め合って勝利を分かち合うのを見て・・・照れました(笑)

ウィル・スミスの玉様ビリヤード。さすが、ハリウッドスター、何をやらせても決まるし、ジョークもさすがアメリカ人! ビストロでゲストで来てくれたときに、吾郎にだけ2度ハグをしたウィルに、またもや映画の中のワンシーンを再現して抱きつかれてる様子に・・・照れました(笑)

EDトークでも、とてもヴィジュが良かったし、「show your smile」は、やっぱり良い曲だと認識したのに・・・吾郎だけUPがなかったのが不満です(笑) 明日の、ゴロバー未公開映像、期待します。

| | コメント (4)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »