« だから、ゲームが長いって | トップページ | さよなら、僕を今日まで支え続けてきてくれた人 »

王子様の乱れ髪

ゴロバー、今回は違う意味ですごかったですね(笑) しょこたん・・・私のツボにはまった久しぶりの女性です(爆) 教えてもらって、しょこたんのブログを見たときに、「なんだ、こいつ(笑)?」と今まで見たことない生き物を見たようで、すごい嬉しかったんですが、ゴロバーでは少し抑えてるなぁ・・・と思っていたら、実演問題で大暴走でしたね(笑)

オープニングの「月に代っておしおきよっ!」のポーズ付きもすごかったしょこたんで、オーナーを反省させ、入店面接では初のオーナー自らの「カット!」をさせたというゲストです(笑) しかし、あのチョコレートすごいぞ・・・しょこたんのブログには、その後「吾郎さんは、しょこたんのケーキを食べたあと、胸焼けをしたみたいでずっとコーヒーを飲んでおられました」と書かれていたのが、悪いけど爆笑したよ(笑)

そんな、オーナー、新しく始まった「ゴローズビューティ」なるコーナーで、「DIET-END」なるマシーンに大きく反応して、「乗ってみたいっ!」とかわいく自己申告。まさか、あんな乱れるオーナーが見れるとは(笑) 最大レベルでの振動に「むずむずするぅ・・・」と、腰引けてかわいいお尻を突き出し、河本さんに「お尻がプルプルしてるっ!」とセクハラのような言葉を受け(笑)、髪乱れまくりです。前回の、ドクターフィッシュどころではありません。

鬼な私は、マシーンから降りるときに、ふら~っと後ろに倒れそうになったオーナーに激萌えです(笑) 倒れてしまえ、倒れてしまえ、倒れてしまえ・・・といや~な呟きを念仏のように唱えた私を許してください、みなさん。すべて、イってるヲタの独り言(爆) それでも、結構気に入った吾郎は、「これ、今度のうたばんの賞品にするぅ!」と満面の笑顔で言ってるかわいさに、今度は私がその場で崩れ落ちました。

・・・か、かわいい・・・こいつ、かわいすぎるぜ(笑)

|

« だから、ゲームが長いって | トップページ | さよなら、僕を今日まで支え続けてきてくれた人 »

コメント

ANGELさん、こんばんみ。
オーナーもギャグ4連発で「こんばんみ」って言ってたでしょ!ちょっと嬉しい(笑)

で、全然許します!だってヲタはSですから(笑)

投稿: よし | 2007/02/12 01:06

よしさん、こんばんみ(知らなかった、誰のギャグかw)
許してくれてありがとうございます(笑)
さらに言わせてもらえるなら、ふらっ~と倒れたあとに、女性のように綺麗に横たわり髪が床にさらっ~と流れて・・・とか、勝手に画を想像して大萌えだったんですよ。

すいません・・・私もしょこたんに負けないぐらい妄想女なもんで(爆)

投稿: ANGEL | 2007/02/12 04:19

Angelさん、ブロードバンドが壊滅状態の今、な~んにも見られなくて情報も全然入らなくてガックリしてましたら、ゴロバーの楽しい感想入れてくださって嬉しいです。

中川翔子さんは亡き中川勝彦君の娘さんですよね。私かつて彼と仕事関係で会ったことあるので、もう○○年も経ったのかと感慨に耽ってしまいました。当時、某事務所も勧誘したという本田恭章と双璧をはる美青年で、ちょっと吾郎と似てる容姿と雰囲気をもってましたね。本物の慶応ボーイで、singer &  song writer。まさに才色兼備でしたが、美人薄命の悲しさ、白血病で夭折されてしまいました。スマはみんな才色兼備だけど元気で30代を迎えてくれてよかったと思ったり。

 それにしても本当にゴロバー面白くなりましたね。最近どの回もはずれなし。視聴者の要望もたくさん届いて、スタッフも意欲が増しているのではないでしょうか。オーナーと従業員が楽しそうで、スタッフとも素晴らしいパートナーシップを築いている様子が伝わってきます。○マスマとはえらい違いだわ。
そういえばオーナーがシャカの大熊さんの舞台「店長と万引き犯と不思議な面々」を見に行ったと聞きましたが、大熊さんが舞台を作、演出まで手がけているとはびっくりです。是非、才能を開花させて吾郎に当て書きした舞台を是非書いていただきたいですね。

投稿: kim | 2007/02/12 08:55

吾郎さんの髪を振り乱した姿をみて、真っ先にANGELさんを思い出してました!きっと喜んでるに違いないと★むちゃむちゃ可愛いんですもの♪
キメ顔のかっこよさと可愛さのギャップが、いいんですよね~
ショコタン、ゴロバーで大丈夫か?と心配もありましたが、さすが吾郎さん!やさしい応対ですね。
そんなジェントルマンな姿もいいもんです。
おっと。。。私も妄想族なんですわ。

投稿: mimi | 2007/02/12 19:44

>Kimさん♪

そうでした、しょこたんは、あの中川勝彦さんの娘さんですよね。笑ったときの顔が、とくに父親似になるなぁと番組を見ていて思いました。ちょっと、余談になるんですが、私は外国のHRにハマる前、日本のロックにも触手を伸ばしていたんですが(笑)、今でも発売されているか知りませんが、「ARENA37℃」という音楽雑誌に、この中川勝彦さんや、本田泰章さんを始め、ストリートスライダース(蘭丸くんとかねぇw)やモッズとか常連でした。確かに、本田さんの華やかな雰囲気の風貌とは対象に、中川さんは少し影のある感じのする2枚目でしたよね。線の細いところも、吾郎とタイプが似てるかもしれません。

しょこたん、VIPルームでじっ~って吾郎のこと見てましたね。なんか、吾郎が自分よりひとまわりも違う女性たちとのトークで、珍しく目をあまり見つめられなかったみたいで残念でした。あっ、そう言えば、今回はしょこたん一人のゲストではなくて、安部麻美さんもご一緒でしたね(笑) あまりに、しょこたんがすごくてかわいかったので日記で書くスペースがなくなってしいましたけど。

シャカの大熊さんの舞台は、ゴロバーで宣伝したときに吾郎が「行きます」と言っていたとき、これは本当に行くかもしれないと実は思ってました。だって、私でも大熊さんがプロデュースまでした舞台、観てみたい・・・と思いましたし。 また、その辺の感想を吾郎から聞きたいですね。


>mimiさん♪

あんなにいつも気になる髪なのに、こういうときはお構いなしになる吾郎が好きです。私もmimiさんは、きっとこの絵が好きに違いないと思ってましたよ(笑) はらり・・・というよりは、ばっさばさでしたけどね、今回は(爆) 吾郎、やさしいですよね。胸やけしたぐらいだから、きっと食べた瞬回に「???」だったと思うのですが、悪いコメントはいっさい出さずに傷つかないよう言葉を選んでる優しさにやられました。あと、残したら悪いと思ったのか、結構あとあとまでもぐもぐしてましたよね? だから、胸焼けするんだよ(笑)

そんな優しい吾郎が好き。だから、周りからいつも言われ放題の吾郎が見ていられない。他人に優しく、自分に厳しい人なんだなぁ・・・と、つくづく思いましたね。

投稿: ANGEL | 2007/02/12 19:54

みなさんのコメント拝見してて、ゴロバー見直さなきゃって思いながらできてません・・・。私のツボは
ダイエットマシンに乗ったあとの「~お願いっ」ってとこですね。あんたいくつだよって突っ込みたい!しょこたんはおもしろいですね、梅図かずおさんが好きでしたよね?だけど、ほんとにどんなまずい物を食べさせられようと、作った人が傷つくようなことはいわないのはエライ。ていうか、好き嫌いがあまりないのがエライです。私はすっごく嫌いなものが多いので。
でも、ドクターフィッシュは全然平気!ってまだ言っておりやんした(失礼)

投稿: ミニラ | 2007/02/12 23:42

ANGELさんこんにちわ。本当にGoro's Barは、ファンにとっての癒しの番組になっていますよね。これは矢張りBBSを是非とも作って欲しくて、TBSにメールを送ってみました。以前の私にはとても考えられなかった行為なのですが、ハチドリに勇気をもらってやってみています。この願いが叶うと良いのですが。

投稿: kahoru | 2007/02/13 17:37

>ミニラさん♪

ミニラさんのツボは、あれですね。「誰かもう一人乗って。お願いっ」ってところですね。あの、息切れしながら、前髪を細い指でかきあげながら・・・ツボだわ、あれはツボだわ、うんうん(笑) しょこたんねぇ・・・どうしましょう。本当にかわいいんですけど。私、あのての女性、好きだったのかなぁ。知的な女性が好きなんですけど、ああいう180度好みのタイプと違う女性にも惹かれるみたいですねぇ。いえ、私、同性を愛する体質ではないんですが、好みってありますよね? 同性でも。・・・吾郎も、そうであってほしい(笑) なんとなく、しょこたんと番組をひとつ持って欲しいと思った。


>kahoruさん♪

こんにちはぁ。ゴロバーは、もう、最近さらにおもしろいですよね。掲示板がないのに、結構しっかり視聴者の声を拾って聞いてくれているように感じます。「エンディングは、ちゃんとボーイさんたちと絡んでほしい! オーナーがカクテルをカウンターに入って作るのは楽しくない!」とか、「VIPルームを復活してほしい!」とか。掲示板を設置してくれたら、お礼と感想を毎回山ほど送れるんですけどねぇ。ハチドリ活動、次回はこのあたり責めてみますか(笑)

投稿: ANGEL | 2007/02/13 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だから、ゲームが長いって | トップページ | さよなら、僕を今日まで支え続けてきてくれた人 »