« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

欲求不満になりそう(苦笑)

は~い、また更新止まってますね、私(苦笑) 今週も、結構いろいろとあったんですが、仕事終わってパソに向かって日記の記事を書くというのは結構私的には、パワーが必要としまして、なんだろう・・・皆さんの更新の素晴らしさを見るたびに反省しております(笑) そして更新したと思ったら長文だ。

とりあえず、ざざざっ~と今更の今週の感想を書いておきます。

<スマスマ>
ビストロの吾郎の勝率のすごさに恐ろしくなってますが、やはり負けるよりは勝ってくれるほうが良いし、吾郎が喜んでいると素直に嬉しい。キッチントークで、あおいちゃんの吾郎と同級生の夢の詳細を知りたかったんですが、なんだっただろう。しかし、あのぐらいの年代になると、「夢でお会いしました」っていうのは、さらりと言えるんですね(笑) 夢というのは、昔からいろいろありまして、自分の潜在意識で深く思っていることを見るというのがあるような気がするんですが、どうなんだろう。勝利者のキムゴロさんが浅野さんから頂いたTシャツで、最後の中居くんの一言、「木村と吾郎みたい」という言葉に「ほしいな・・・」と素直に思いました(笑)

そして、吾郎がゲスト出演した「花君」から小栗旬くんと生田斗真くんをゲストに迎えた流鏑馬。木村くんの「カンニングが見つかっちゃうんだよ」という、吾郎ドラマチェッカーの言葉も楽しかったですが、斗真くんからの「吾郎さんに、もつ鍋に連れて行ってもらった」という話も、もっと詳細が聞きたかったですよね。観覧に行かれた方の話を聞くと、しっかり他のメンバーも参加されたことなどが話されていたのにもったいない・・・。こういうときこそ、歌のコーナーなんてバッサリ切り捨てても良かったのに。本当に、私とスマスマの構成者のツボが合わなくてイライラします。

<ストスマ>
キャッチーボールは、吾郎から慎吾へ。慎吾が伊勢丹メンズ館に行ったことないと聞いて、いつも流行の最先端は必ずチェックする慎吾なのに驚いたという吾郎。それを受けて、慎吾が「雑誌などで自分が気に入った服が、最近どれもこれも伊勢丹メンズ館のもので、吾郎ちゃんに伊勢丹メンズ館って行ったことある?って聞いたら、はぁ~?!お前行ったことないの?ってものすごく驚かれた」と(笑)

慎吾にしたら、デパートというのはおじさんおばさんの行くところというイメージがあって、デパートで服を買うという感覚がなかったみたいですね。何となくわかるわぁ(笑) でも、吾郎にそう返されて今年初めて行ってみたら・・・「しびれた!」の一言だったようで(笑) また、見に行きたいとおっしゃってます。是非次回は、吾郎と一緒にショッピングにでも行ってきてほしいですよね。

<ゴロバー>
・・・

<月イチゴロー>
すっごい強風の吹く中の撮りだったようで、時間が経つにつれて吾郎の髪の毛がとんでもないことになってしまってます(苦笑) ただ、ヴィジュはイケてる。ものすごく格好よかったと個人的には思ったんですが、皆さんどう感じられたでしょうか? 最大の理由は、顎のラインがシャープになったことだと思うんですが、見るからに少し痩せられましたよね。まぁ、本当に1週間かそこらで変わる人だと認識したんですが、髪がボサボサでも実にセクシーだと感じてしまった私もおやすいファンです(笑)

風で前髪が乱れるのを直す細い指や、その髪の柔らかそうな様子を見て「あぁ、触りてぇ」と思ったり(笑) ストライプのダークなインナーシャツのボタンを開けていつものクロスペンダントが見える胸元も色気たっぷりで、ランキングのコメントがあまりにも無難でテンションも低めだったのも忘れてしまいましたよ。だからって、「ナヌー」が全くのスルーだったのは忘れませんが(怒)

実は、金曜日に午前中からKimさんと1年ぶり(もっと?)にお会いしてスマップのこと喋り倒してきました(笑) 電話やメールは頻繁にしていたんですが、お互い仕事で会えなくてやっとという感じですね。まぁ、二人で会うと食べるものもロクに食べずにずっと喋り通しなんですが楽しかったですね。いつも吾郎のことやスマップのことで語っても語りきれないほど話すんですが、今回もとてもじゃないけど表に書けないオフレコ話ばかり(笑) その間にも、ずっとKimさんが私のリクにお応えしてスマ映像が流れているわけですが・・・

「あのとき、吾郎がさぁ・・・あっ、今の吾郎見た? すんごい綺麗」
「だから、木村くんが・・・うわっ、エロいねぇ、今の吾郎」

非常に器用なトークを繰り広げております(爆)

皆さんにご報告できる今回の私たちの最大のトークポイントは、「欲求不満」です(笑)
ライブがないから群れスマエピが生まれない。新曲も出さないもんだから、歌番組で群れるスマさんたちが見れない。頼みの綱の貴重な5人が集まる番組「スマスマ」はつまらない。今年は、スマップファンにとって不作の年であった(吾郎の舞台、各メンバーの映画の話はあがったとしても、5スマファンの私たちにとっては物足りなかったとなります)

ビ○○ーお家事情だかで広がる移籍問題の噂がありますが、真偽のほどは別としてライブはない、新曲は出さない状態がいつまで続くのか・・・下手したら来年も引っ張るんではないかとユウウツになります。その間に個人の活動に力を入れてというのもわかるのですが、スマップの凄さは5人が結束したときのオーラの素晴らしさだと思うので、それを見せてもらわないことには、ファンとしては盛り上がらないわけです。

ジャニショにしても今年の年会費返してほしいぐらいですよ。せめて、もっと会報の発行数を増やして情報を出してくれるなり、素敵な写真をたくさん載せてくれるなりするべきなんじゃないだろうか。ファンの私たちへと言うよりは、スマップへの愛を感じないですよ。もっと、スマップのためにファンの皆さんへ伝えたいという熱い思いを持ってるスタッフを雇ってくれないだろうか。番組を作ってくださる方にも、それは言いたい。いろんな理由があるのかもしれませんが、「スマスマ」始まった頃のあの全員で番組作りを楽しんでやっていたという感じを受けないんですよね。当初とスタッフがかなり変わったというのはあると思うんですが、何かが間違っている。数字を取るためにしてもおかしい。始まった頃は、まだそんなにスマップの知名度がなくても、なぜあんなすごい数字が出ていたのかもう1度考えてほしい。今、ファンでもリアルタイムで見てない方が多いんじゃないでしょうか。

どこがどう違ったのか、何をこいつは言ってるんだ?!って思う方もいるかもしれませんが、ちょうどスマスマを楽しんでいた時代のEDトークをレポして送ってきてもらいましたのでUPさせて頂きました。是非、レポ部屋を見に行ってください。知らなかった方は、EDトークってこんなんだったんだ・・・と思ってもらえると思うし、ご存知の方は懐かしくて涙しますよ。最近のスマスマへの愚痴が偽りでないことがわかるはず。楽しんでください。

| | コメント (17)

それは、ない・・・

最近、読まれる方も苦痛かもしれないと思い、極力愚痴は控えておりました。何かとスマさんたちの仲良しを見聞きさせてもらえれば書いていこうと努力もしました。それはそれで、楽しく日記を書かせてもらってます。

しかし、今回のことはスルーできなかった(汗)

BBSを覗いてくださってる方なら、もうすでに私が何を言いたいのか分かって頂けると思うのですが、大好きなスマップが出演している番組は、それはそれは開始時から大切にしてきたし楽しませてもらっています。でも、最近、何かと嫌なところが目に付いて愚痴も多くなった。そうなると最初のうちはブログに書いていても、放送があるたびに愚痴や文句になり、自分で読み返して見るに耐えなくなってきたわけですよ。解決はひとつだけ・・・率直な感想は、ブログであげずに無難なところだけを少し書く(苦笑)

今回は、例の「スマスマキャラクター」のアンケート企画に物申したい。大部分の吾郎ファンと一般の視聴者が楽しんでいるものは、基本的に食い違っているのかもしれない。でも、毎回毎回と吾郎だけがオチに使われたり、どうでもいいような扱いを受けるとさすがに怒るべ(苦笑)? CCBは、受けましたよ。あの最初に見たインパクトは、殿リーマン同様衝撃的でした。でも、これも勢いであって引っ張るものではないんだな。だんだん、見てるのが辛くなるのさ。

そして、まさかこのキャラでロケ敢行?と考えるだけで恐ろしくて、BBSで皆様にお伺いを立てていた矢先にロケ目撃発覚(苦笑)! まず、あんだけ吾郎ファンが嫌だと思っているCCBが選ばれたこと。 ・・・おかしい、断じておかしい。それなら、いっそアンケートなどと言わずに堂々と「吾郎くんには、CCBで行ってもらいました」と言ってくれたほうがいい。どう考えても、「投票の結果だから」と後で文句を言わせないためアンケートだった気がしてしょうがないんですよ。これが、のちの企画の参考にさせてもらうためというのも、最近の吾郎のキャラの酷さを考えるとどうにも考えにくい。そして、アンケート募集中にすでにロケということになれば、これは視聴者を無視した騙しです。

大人の事情・・・裏の事情? やるせない。無念でござる。
放送日も決まっているということで、他のメンバーのキャラも考慮してしっかりと拝見させて頂きますよ。とりあえず、出来を見ないことには大きな声で文句も言えない。もしかしたら、ものすごく可愛い吾郎の様子が見れるかもしれないし、スタジオでスマさんたち全員で大笑いで群れスマを見せてもらえるのかもしれない・・・だから、とりあえず保留。

だけど、凹まされたら飛んでいきますから覚悟されよ。

| | コメント (13)

16年育ち続けた微生物(笑)

9月9日、この世にSMAPが誕生した日。
奇跡のグループの誕生。

ちょうど日本では「HERO」祭りのようですが、木村くんがとても良いことをテレビで語っておられたので言葉をお借りしました。剛がナレーションをしているテレビ番組「僕らの音楽」。共演者の松たか子さんと淡々とお話をする木村くんの話を聞いて、彼も成長したなぁと感慨深いものがありました。昔は、自分の中では消化して話しているとは思うのですが、いかんせん何が言いたいのかわからないときが多く(それが、木村語録として楽しく残っているのもあるのですがw)、彼が言いたいことがストレートに伝わってくるようになりました。

「僕らは微生物みたいなもんで、湧いてきて発展してきた」
科学者たちが顕微鏡を覗いて「なんだ、これは!」と、ときめかせるようなものだと。相変わらず、喩え話が好きな木村ですが今回は「あぁ・・・」とすごく納得させられました。おそらく、聞き役にまわっている松さんの聞き方が、木村くんには話しやすい相手なのかなというのも感じましたが。

「いろんなフォーメーションを組む陣地です」
自分では、歌は趣味で仕事ではないというようなことを木村くんは言っています。以前、「スマステ」でゲスト出演されたときも、慎吾相手に「役者ではない」と言っていましたけど、ご本人は「パフォーマー」と言っているのを今回聞いて納得しました。そんな、いろんな才能を持った個人個人が集まる場所がスマップというグループで、個人の活動をしてもそこに戻ってくるという感覚なのかな。陣地というか基地という感覚に近いのかもしれませんね。

意気投合して集まってできたグループではなく、「YOUとYOU、それからYOU・・・」という一声で決まった6人のSMAP。きっと、最初はとまどいもあったと思うし、合う合わないというのもそれぞれあったとは思うのですが、お互いを尊敬して尊重しあって16年間。ある意味、意気投合してできたバンド仲間よりも続いている可能性もあるわけで、彼らのプロ意識を感じずにはいられません。

吾郎が「友達というよりは、兄弟に近い仕事仲間」と以前、テレビで言ってましたが、説明できない関係なんだろうなぁと。友情としてできた絆でもないし、兄弟ほど近いわけでもない、かといって仕事仲間というには堅い結束で結びついた彼ら。それぞれ、プライベートでも会うメンバーもいれば、プレゼント交換もしたり、男同士の集まりのわりには仲が良いですよね。そんな部分が垣間見えるから、ファンは離れていかない。これからも、ずっとたくましく育っていってほしいと心から思います。

・・・ということで、そろそろシングルぐらい出してくれないかなぁ(笑) ば~んと明るく盛り上がりたいですよね。

| | コメント (7)

SMAPご一行様♪

私にしては、またまた珍しいほどの更新の早さです。それも、これも、全て中居正広のせい(笑) まぁ、私が食いつきたくなるような事を「ストスマ」で話してくれてありがとう、リーダーって感じですよ。

今週の水曜日の、ファンの方から「テレビでV6の皆さんが、車で旅行に行かれていましたが、スマップだったらと妄想してみてください。スマップもどうですか?」(お嬢様、それは「妄想」ではなくて「想像」なのではないでしょうか・・・GJ(笑)!)というおハガキに、めんどくさそ~に答える中居くん(笑) 「スマップ、絶対ないよ」と言いきられていたのに、がくぅん・・・となりました。そりゃあ、そんなファン向けのおいしい企画は「スマスマ」だったら、絶対にやってくれないと思うけど(大毒)、単独でなんか企画しようよぉ、リーダー(笑)

何やら、V6ではリーダーの坂本くんが、ずっと運転をされていたようですが、中居くん曰く「スマップの中で運転するなら、この人しかいないっていう人がいますよ」。もう、この段階で私も「あの人だなw」と想像できたわけですが、うっれしそうに間をあけて答えた中居くんの回答は・・・

「絶対、木村! カカカ・・・(笑)」

テレビ的には、「えぇ?! 俺ぇ?」とかなっても、ずっと運転し続けるというのが中居くんの考えです。私も、そう思う(笑) そのあと、席順の話をされる中居くんは、「ワンボックスならまだしも、セダンだったらきついだろうなぁ(汗)」と言いながら、身体が大きい慎吾が必然的に助手席で、後部座席の真ん中が剛とのこと。吾郎ちゃんでも俺でも変でしょ?という中居くん。彼が言うのだから、これはきっと実現したらそうなるんでしょうねぇ。でも、なんか暑苦しそう(笑) で、助手席慎吾の後ろが俺で、真ん中が剛、運転席の後ろが吾郎と、まぁ、すごい現実的なお話をされる中居くん(笑) いや、想像できて笑えます。

これが、ワンボックスでも前に座る二人は変わらないだろうというのが中居くんの考えですが・・・私は、ワンボックスだったら、ぜぇ~ったいに助手席は吾郎が座ると思います。これ、賭けてもいいよ、リーダー(笑) もう、後ろで大騒ぎするシンツヨに面倒くさそうにときたま相手をしてやったりする中居という3人をよそに、何かと運転している木村と楽しそうにおしゃべりしたり、お茶入れてあげたりしている吾郎が目に見えるようですから、私(笑)

中居くん自身は、これが本当に実現したら、自分は物凄くしゃべり続けて気を遣うか、まったくしゃべんないかのどちらかだと言っておられます。私は、これがテレビ用なら前者、プラベなら後者と思いますが、どうですか? 当たっているかなぁ(笑) いやぁ、行ってほしいねぇ、スマップでドライブ旅行! もう、これだけで垂れ流し1時間放送でいいから。楽しい企画が思いつかないなら、こういうときこそスマ頼みでいこうよ。たまには、数字のことも忘れようぜ>○ジテレビさん

しかし、リーダーの最後の言葉がなぁ(汗) 「ありえないな・・・」(涙)

| | コメント (4)

稲垣吾郎に首ったけ!

(笑)(笑)(笑)
ananの「好きな男」投票結果の、吾郎への見出しですが大笑いしましたよ。こっ恥ずかしいような、嬉しいような、くすぐったいような・・・なんとも言えません。最高です。

ベスト10にさえ入ってくれればと親のような気分でいた私ですが、昨年と同じく9位にランクインされ、今回は2Pものグラビアとインタビュー付きというおいしいオマケ付きでした。吾郎、健闘しましたねぇ・・・と言うか、ここは素直に吾郎ファンに拍手~(笑) たかが雑誌の1年に1度の投票、だけど嬉しいのは嬉しい。今年の今までの大きな仕事が舞台だけだったことを考えると、本当によくぞ食い込んできてくれましたと感無量です。

実は、個人的にはあまり写真は諸手を上げて喜べるほどのものではないと思うのですが、吾郎の柔らかい笑顔は心底癒されます。(ちょっと、吾郎、頬から下は引き締めにそろそろ入った方がよろしいかと思われますぞ(^^;) ) インタビューも相変わらずそつなく自分の言葉で語っておられますし。しかし、どうしても、性格上いろいろツッコミどころを探してしまい楽しんでしまったのですが(笑)

・ 「今、ベランダではサルビアを育てています」
 どこまでいくんじゃい、吾郎(笑)

・ 「僕は自分が犬タイプなので(笑)、猫に憧れるんです」
 吾郎は、犬になったり猫になったりしますよね。本人は、犬だと思っているんだ・・・結構、意外でした。君、そんなに忠実になっているところ見たことないよ、私(笑)

・ 「(前記略)飼い主だけに甘える。それって、理想の女性像かも」
 へぇ~、へぇ~、へぇ~(笑)
そういう女性が好みなんだ。そうだよね、自分の見ていないところで他のところで尻尾振っているかもしれないって思うのは辛いよねぇ。ふふふ(笑)

・ 「年上の友人が娘に対してとろけそうな顔をして。愛があるなぁ、って感動しました」
 これは、すみません。そんな状況を少し羨ましいと思っているのかな?という微笑ましさと、個人的にちょっと痛い感情とごちゃ混ぜになりました(苦笑)

それでも、ご本人自身は、仕事も趣味もまだまだ経験したいことがあるから父親になるのはもっと先というような事を言ってますが・・・結婚して経験することもあるんだけどね。きっと、吾郎は専念したいんでしょうねぇ。そんな意気込みをファンに語ってくれる吾郎の次の仕事を楽しみに待っています。

| | コメント (8)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »