« 愛と自由に満ちた男 | トップページ | 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」⑤ »

「佐々木夫妻の仁義なき戦い」④

今回も、感想書っきにくー(苦笑) おもしろかったんですよ、4話目も。でも、今回初めて辛口も混ぜていいですか? ちょっと、だんだんわからなくなってきました。まず、今回の案件である「痴漢冤罪」をどうラブコメのドラマの中に入れて、どうやって1時間でまとめるのかが不安だったんですが、案外この2つはこれまでどおり無難にやりこなしていたと思います。もう一つ不安だった、吾郎の留置の件もそんなに痛くなる必要もなくドラマとして見れました。じゃあ、何が問題だったかと言うと、全体的に出演者のバランスが非常によくありません。今回、脇の使い方が初めて私の中で疑問符になりました。

まず、小川くん。期待しましたよ。弁護士役として4話から出てくるということで。ありゃ、なんじゃい? レスラーのように見せかけて、実は弁護士で御曹司という設定はわかったけど活躍されました? ただ、傍聴席で一緒に座ってただけですよね? もったいない。実にもったいない! 今回の法倫の弁護は律っちゃんではなくて、小川にやらせれば良かったんではないでしょうか。律っちゃんは、どちらかと言うと企業法務を普段担当しているということと、夫を弁護するというのは普通に見て不利ではないんでしょうか? 断然、先週の方が脇の出し方が上手かったですね。来週は、猪木の家族も焦点が当てられるみたいなので、このまま待っていたら他の共演者もしっかり見せてくれるんだろうか・・・。

そして、今回私が一番きつかった場面は、予告でもあった皆の前で律ちゃんが法くんに「あなたこそ、弁護士なの?!」と罵倒しているところですね。すいませ~ん、普通に自分がやってないことを不当に訴えられたら、人間誰でも何を置いても無実を訴えることを優先にするのは「当たり前」だと思いますけど? 確かに、土下座までしている桜庭くんに対して、「弁護士になるのなら、謝る代わりに頭使えよ!」は言いすぎです。桜庭くんは、法先生のことを思って必死だったんですよ。それを、あそこまで言ったらあかん。謝っている人間に対する態度じゃないです。そこは、律っちゃんが正解。でも、法くんがどれだけ正義に対して人一倍強い思いを持っているか、妻の立場である律っちゃんには汲み取ってほしかった。あれじゃあ、律っちゃんが格好いいデキる弁護士で、法くんは自分のことだけ考えるダメな弁護士に見えますよ(苦笑)

このドラマ、本当に吾郎への当て書きで、吾郎主役のドラマなんでしょうか? ちょっと、寂しくなってきました。今までも、律っちゃんが派手に動き回る分、吾郎が少し影になるのが気になっていたとは言え、必ず吾郎が活躍する格好いい弁護士姿を見させてもらえると思っていた。来週の予告を見ると、また律っちゃんを泣かせているだけのようで不安になってきました。まだ、4話終わったところ・・・でも、4話過ぎちゃったよと焦りが出てきました(汗) このまま最後までやられたら、ちょっとファンでも見るのが嫌になってくるかもしれない。ストーリー設定と1時間でまとめる秀逸さは認めますが、演出、キャラ設定にもう少し力を入れてほしい。

まぁ、そんな話とは別に、ファン的ツボは相変わらず外していません、このドラマは(笑) 辛口ばかりじゃ落ち込むので、最後はそのツボ出しておきます。

・ 実は、ものすごく律っちゃんとやりたかった法くん(爆) 
かわいい・・・ものすごくかわいい。 CGの天使とかちょっとうるさすぎたけど、かわいいから許す。

・ 夫婦的仲直りをしようと提案したのに、飲みに出てしまう律っちゃん
ICレコーダーをチェックしながら一人黄昏て、思わず枕をぎゅっとしてしまう法くん。ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ、むっちゃ、かわいい~~~(笑)!!!

・ 仮釈放になり、夫婦的仲直りをしようとする二人
襲われる立場の法くん(笑) 萌えv 小雪さんが、吾郎の頬を何度も両手で挟んで押し倒すところが素敵。小雪さんの指が吾郎の髪に埋もれるのがツボ。柔らかそう・・・いいなぁ、私も触りたい←あぶないw  「むにゅ」という言い方もかわいいですが、そんなの気にせず進んでいれば成就できたのに・・・馬鹿だねぇ、法くん(笑)

あとシリアスなところでも、取調官に「必死で思い出そうとしているんじゃないですかっ!」と怒鳴るところや、あちこちで見られる真剣な表情とか。被害者の事情聴取の矛盾点を拘置所で律っちゃんから「突破口になるかなぁ」と聞かれて「大丈夫」という笑顔を見せ、「いけるんだ!」と律っちゃんが喜ぶシーン。これは、法くんの方が弁護士として経験が豊富というのを何気に見せているシーンですよね。いかんせん、法くんがデキる弁護士というのは地味にしか表れないのが不満ですが嬉しかった(笑)

もう来週も、さらなる法くんダメダメコースまっしぐらのようで怖いですが、ドラマ本当に楽しみにしているので、TBSさん、よろしこ(笑)

|

« 愛と自由に満ちた男 | トップページ | 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」⑤ »

コメント

おはようございます。私も2話ぐらいから?と思ってました。(あれっ話がりっちゃん寄りだなあ・・・と)どちらかと言うと心情に訴えるドラマ作りですの、それならりっちゃん側から描いた方がいいと思われたんだか(あくまで推測ですが・・・)

りっちゃんもガーガー言ってますが、のり君がちょっとヒステリー気味に描かれているのも気になるところです。眉間に皺寄せてが多いなあ・・・桜庭君の事も彼の気持ちを汲んであげて、「僕のために有難う」「しょうがないなあ・・」位でもよかったかなと。あんなみんなの前で怒鳴らなくてもいいのに、と思いました。(最後に悪かったな~の一言があればよかったですね)

ただ今回の案件で「面倒臭いから示談にしようよ~」と言ったりっちゃんの言葉は???やってもいないのに罪を認めるの?おかしいと思います。まあ、ここでの解決策が京野ことみのお父さんへの話に繋がるんでこうしか持っていきようがなかったんでしょうが~それでもあそこは納得できません。お父さんも世間の目に、そしてやってもいないことを認めた自分に負けてしまったんでしょうか。もう少し、掘り下げて欲しかったです。

吾郎のビジュは最高調にいいので、もっと笑顔ののり先生を希望しますわ(吾郎が少しお疲れ・・に見えるんで)

投稿: そよ | 2008/02/11 10:04

こんにちわ
いや~、今回も、まあ面白かったですね。
でも、リッチャンがどうしても苦手な私は、やっぱり、そろそろ辛い(笑)
どんなけ、りっちゃんを良く見せたい演出やねん、と。
angelさん同様、桜庭君を叱咤している場面!。
あれは、とにかく法倫が悪者に見えますよね。
でも、リッチャンの言ってることは、クライアント(法倫)からの文句に対して、「そんなに文句いうなら降ります」ってことと同義で。ひどい弁護士ですよ。ただでたのまれてても、弁護を引き受けた限りは、最後までやり遂げないと。
桜庭君の失敗も、ほんとに一般のクライアントの場合でやってたら、その人に人生、ぼろぼろにしていたかもしれない。それほど、とんでもないミスです。
でも、視聴者のどれぐらいが、リッチャン側の問題点に気が向くでしょう?
これ、「よく出来る先輩弁護士のもと、律子が成長する物語」のようになっていて、「欠点も一杯あるけど頑張る律子を応援したくなる」って感じに仕上がっているような。
法倫、ほんとよく出来る弁護士なんですけど、いかんせん地味に表されすぎてて(泣)
脚本の段階で、こんな流れなのは、女性が書いた物だからか、あるいは、律子のほうが駄目駄目すぎるから、バランスをとったつもりでいたため、律子の見せ場が多いのか。はたまた、コメディ部分は法倫が一手に引き受けているためか。
まあ、吾郎君、ほんと上手くて、演技に関しては、ちっとも心配なく惚れ惚れしてるんですけどね~。
がんばれ法倫!って感じです。紗枝さんとより戻してもOKだぞみたいな。あ、少数派かな(笑)


投稿: カルニ=マグイッチ | 2008/02/11 13:29

ANGELさん、こっちにも語りに来ましたcat4話、ちょっと今回のはリッちゃんに比重大きすぎ!って思いましたね。 あれじゃ法倫の心がまったくわかんないじゃん!thunder 律子が結局昔の因縁に一人で片つけたってことになってしまってて・・・。 
あそこで法倫が馬場さんから聞いてる姿を途中で映さなかったのが原因だと思いますね。法倫だってそれを聞いてずいぶんショックを受けただろうし、また律子の解決の仕方に「彼女らしい」と思っただろうし・・・。そういう法倫の表情を出すシーンが、そ・こ・が、抜け落ちてしまっていたんですよ。pout
編集! しっかりしろよ!

いつもなら、あぁ吾郎・・・また女優のアゲに使われたな・・・貧乏くじや・・・(←カゲキ?)と思うぐらいですが、今回は結構リキ入ってるから期待もするじゃない?

ポジティブGO,GO!の私もな~んかスキっとしないぞ! 
吾郎の・・・一番忙しい人間が番宣がんばってる姿をみると、もっとドッカーンと出したげたい!
がんばれ!吾郎!
って言わんでもがんばってるな・・君はcrying

投稿: Carolyn | 2008/02/11 15:08

大好きな人が出演しても、ドラマをリタイアする事が多々あります。(某○ッチー出演ドラマ、あまり見てない!!)脚本と俳優さんの使い方が悪いと辛いですよ。
エンターテイメントは楽しみたい派!

すぐに「離婚」という言葉を聴くのも耳障りに。
あんないい男に向かってよく言えるな~美人は特だな!と、ひがむ自分の嫌な面も見なくちゃいけなくて。
最近、法君のダメな面が多すぎも悲しいです。基本古い人間なので(?)律っちゃんがやりたい放題でムカムカする事も。小雪さんは、女優さんとして好きですが、回を重ねると役所がどーもわからない!
2,3話で飛び出した律っちゃんの過去がドラマの鍵になると思いきや、あっさりスルー!山本君の役も、お人形状態でもっと演技させてあげたいし。
なんだか支離滅裂になってました。
「Mの~」も我慢できなかった自分って、TBSドラマと相性悪いのかしら(苦笑)

一般視聴者は、普通に楽しんでる方多いので、吾郎好きのワガママなのかもしれません。

ごめんなさい!ANGELさんに甘えて、長々と書き連ねました。
吾郎さんに、役者としていいお仕事をして欲しいだけなんです★

投稿: mimi | 2008/02/11 20:22

ANGELさん、今回の感想も楽しく読ませて頂きました。
今回はりっちゃんのイメージが激しくダウンした回でした。今までは「だらしないけど可愛い所もあるのね」と思っていたのに・・・。公式BBSに感想を送りましたが、9割方りっちゃんをブッタ斬った内容です。
弁護士としての佐々木夫妻についてはカルニ=マグイッチさんの感想に同感です。あの描き方では伝わりにくいですが、より高い見識を持っているのは法倫の方です。桜庭君の事にしても、確かに言い方はひどいけどやってはならないミスだったからあんなに怒鳴ったわけで、弁護士を目指している桜庭君にとってはいい勉強になったのでは?と思うのです。その点が律子には分かっていないというか、依頼人より自分の部下を守ろうとする態度が近視眼的というか・・・。もし私に困り事があってもりっちゃん先生には依頼しません!私が信頼するのはノリ先生ですconfident
ただカルニさんと意見が違うのは、紗枝さんのこと。私は彼女とノリ君がややこしい事になって欲しくありません。だって離婚原因を作ってしまったら、ますますノリ君が悪者になってしまうからbomb

投稿: はちミツ | 2008/02/11 20:34

HPの掲示板に書き込む人と一般視聴者の間には感想の隔たりがあるかもしれませんが、さすがに今回は色々見に行く気力が湧きません。
もちろん完全「法先生派」で、今まではりっちゃんの方が正論のように見えたり、できる女という感じに描かれいる事もあまり気にしていなかったのですが、りっちゃんまで嫌な人に見えてくる、、、主役のふたりは本当にお似合いなのでもったいなくて仕方がありません。
台所で洗い物しながらドラマの事考えていたらなんか腹が立ってきて、そのせいでワイングラス一個割っちゃいました。
次回の予告ではノリくんの事全然大事にしないくせに、ノリくんと紗枝さんを見て泣いているりっちゃん、よくわからん!
もう離婚してもしなくてもどちらでもいいので「弁護士佐々木法倫」をせめてしっかり見せていただきたいものです。
なぜならあのナレーションを聞いていると何が何でも離婚させる雰囲気に聞こえて仕方がないのです。

投稿: 流星 | 2008/02/11 21:14

こんばんは、ANGELさん。
そして はちミツさん!
>今回は~
>9割方~内容です。
こちらに書く前に、そのままの事を思い、同じ事をして来てしまいました。(笑) 
律ちゃんの性格、嫌いじゃなかったんですよね。今までは。。。

私もあの場面は、桜庭くんが弁護士を目指すなら迂闊すぎるミスだと思いました。そして、律ちゃんが、私生活で法くんをあれだけほったらかしといて、事務所の人の擁護する姿に少し疑問を感じました。
その前に妻として法君の落胆を気遣い、桜庭くんへの怒り方を庇う姿がほしかったですね。
なんか、一番納得できない場面でした。

次回も律ちゃんと猪木さんの事が描かれるみたいですけど、法くんと小川くんの事も描いてほしいですね。
そうだ!お願いしてこよ~っと♪

投稿: かる | 2008/02/11 21:29

ANGELさん、こんにちは!
そうなんですよね~。第4話を見終わって感じていたモヤモヤの原因はまさにANGELさんの感想と同じことを思っていたからなんですよね。確かに、りっちゃんの行動や心情の描き方への比重が大きいですよね。のり君は優秀な弁護士で出来る人だから、そんなに描かなくてもいいって思われてるのかしら?

でも、一応今回もツボシーンはちゃんとリピしましたよ(笑)。私も一番は可愛いパジャマ姿で枕を抱きしめるところ。なんて可愛いんでしょ!それから、りっちゃんが押し倒すところ。りっちゃんが上なのね・・・って(笑)。そして最後の仲直りのベッドで、りっちゃんの可愛いキゃミソールといい、のり君のチェックのパジャマといい、やはり素敵な夫婦生活を送るためには、コスチュームも大切なのねと反省した私です(笑)

投稿: KYOKO | 2008/02/12 00:51

ど~んと不満というかもやもやしていたものが、いっきに出てしまいましたね(苦笑) ドラマ「佐々木夫妻」悪くないですよ。ただ、何か見たあとにすっきりしないドラマですよねぇ。今回の点以外にも・・・そこが、ちょっと数字的にも伸び悩んでいるのではないかと。今回、落ちても納得してしまいそうで怖いわ。


snailそよさん

こんばんは。4話以前は相変わらず分かりづらいとは言え、法倫が仕事ができる弁護士だというのが視聴者に伝わった箇所があったんですよね。1話で言うなら、最後病院から抜け出してでもゴミ処理の提案を最後に提唱して納得させました。2話では、家の登記変更は本人が知っておくべきだと法倫が諭しましたよね。3話でも、子供はタイヤじゃないんだ!交換すればいいってもんじゃない!と、律子が交換賛成な中で正論を説いていたのも法倫です。どんなに派手ではなくても、そういったシーンをちゃんと見せてくれるのなら、律っちゃんがどれだけ目立っても私は文句は言いません。今回は、クライアントのことも思っての裁判勝利を願う法くんの気持ちが、ただの孤立した自分勝手に見える演出が我慢できなかったんです。桜庭くんに対してのことは、そよさんが言うように最後のフォローがあれば随分違っただろうにと思いました。残念ですよね。


chickカルニ=マグイッチさん

いつも、感想コメントありがとうございます。
このドラマ、方向性が間違ってますよね? おそらく、BBSの書き込みを見ても女性が多いこともあるし、ドラマ始まる前から女性視聴者が多く見るだろうと考えていたと思います。だから、律っちゃんを格好良く演出すれば視聴者がついてくると思ったんでしょう。それを、この1回の放送でドン引きさせてどーすんねん(苦笑) 分かってない、本当に分かってないです。律っちゃんが家事のことはできなくても何事にも大らかで、法くんが口うるさくても思いやりがあり、その性格の違いから喧嘩もするけれど、二人が協力して弁護士という仕事に向かうときは爽快感を味わえるとなれば、多少欠点が目に付いても叩かれることはないのに。法倫も律子も両方、魅力がないように描かれたらおしまいですわ(苦笑) 吾郎の演技が今回半端じゃなくいい分、もったいないですよねぇ。


penguinCarolynさん

おっしゃるように見せ方が非常にまずかったですね、今回。痒いところに手が届かないと言うか・・・届かなすぎというか(苦笑) なぜ、法倫の良いところは全て律子が語ってしまうのでしょうか? 3度に1度ぐらいは効果があっても、いつもそれでは法くんの良いところが非常に薄っぺらに見えますよね。だから、余計に見ている方が律っちゃんの方が前に前に出てきているように見えてしまう。法倫の良いところも、ちゃんと吾郎に演じさせて見せるか、もしくは律子以外の誰かに語らせて律子に分からせるという方が、法くんの良さを律っちゃんが再認識するという描写になって愛が深まるのがわかるじゃないですか。どーして、こんな簡単な事がわからないんだ、あそこの演出家は。私は、脚本よりも演出家の腕が良くないと思いますね。


fishmimiさん

そうでした・・・もうひとつうざいもの。それは、毎回最後にお決まりのように流れる「これは、仁義なき離婚戦争の記録なのである・・・」っていうナレーションですね。視聴者にしたら、「どーせ、来週も最後には仲直りしてくっつくんでしょ?」というのが見えているから、とてもチープな言葉として聞こえて最後萎えてしまうんですよね。個人的には、毎回の案件を上手く1時間にまとめているとは思うんですよ。もちろん、難アリという部分も多くありますが、1話完結という展開で進むのであれば仕方ないかなぁと容認できる範囲です。ただ、それならここまで重いテーマを持ってこなくてもいいと思うんですよね。初回が違和感なく見れたのは、身近に起ることをきっちりまとめたからだと思います。別に、佐々木夫妻に毎回関連付けなくてもいいと思うんですよねぇ。法くんのクライアントの件とか見せて欲しいですよね。


horseはちミツさん

私も、公式BBSに出してきましたよ。辛口でも掲載するという心意気は感心します。加えて、ちゃんとひとつひとつ読んでらっしゃるんですよね。私、初回始まるまでに人物紹介の欄で記載間違いがあったので、応援するメッセージに追記して書いておいたら、しっかりその部分だけ消して掲載されてました。つまり、視聴者の意見をさらーと無視しているわけではなく、読んだうえで掲載されているというのが伺えます。だから、敢えてここはマズイと思ったことを正直に投稿させて頂きました。はちミツさんが言われるように、あの法くんが桜庭くんに怒ったところでは、彼ならきっとそれが自分のことじゃなくても同じように怒ったはずですよね? 言い方は少し考えなければいけなかったかもしれないけど、クライアントのことを考えて仕事をする法くんにすればありえないミスだったわけです。それが、上手く伝わってなかったのが本当に・・・悔しいです。


cancer流星さん

結構、熱いものを秘めた方だったんですねぇ・・・ワイングラスを思わず割ってしまうなんて(笑) いえいえ、その気持ちはよーくわかります。私、今回一般視聴者の方はどう思ったのか、ドラマ好きの方のブログを巡ってみたんですよ。ほとんどが、まったく気にされていないか、もしくはやはり律っちゃんが正しいという感想になってましたね。だから、ファンが思うほど、そう法倫が嫌な奴とは映らなかったのかな?とも思ったんですが、共通して言えるのは律子が前に出てくるドラマであるということですか。つまり、ひたすら法倫の弁護士としての陰が薄いということなんですね。どーも、最初に聞いていたのと違うようで・・・これは、もやもやするのは仕方ない。そして、夫婦の間のストーリーも法くんが律っちゃんを泣かせてばかりで割が合わないですよね。あれぐらい、はっきり言う女性なら、来週涙なんか流さずに格好よく自分から去っていける女でいてくれたらもう少し共感できるんですけどねぇ。


pigかるさん

律っちゃん、素敵ですよね。女性であそこまで事務所の皆から慕われて、いつも格好よくキメて、あまり細かいことは気にしないで。なのに、その魅力満載のキャラをあそこまで女性を敵にまわすような作りにしたのは罪が大きいわ。私も、皆さんが言っているように、吾郎と小雪さんのツーショが素敵で痺れていた一人なので、今、ちょっとそれが薄らいでいるのも残念で仕方ありません。4話にして、法くんの描写の乏しさもさることながら、律っちゃんを嫌なキャラと感じさせられたのは恨みます。公式の書き込みで慌てているかもしれませんが、脚本は書き変えられなくても、演出なら今から何とでもなります。TBSさんの腕の見せ所楽しみにしていますよ。


scorpiusKYOKOさん

ファンの欲目と言われようが、4話に至らないまでも律子寄りの描写が多かったのにそうたいして気にならなかったのは、ひとえに吾郎の演技の素晴らしさにあります。たとえ妻が毎晩飲み歩いて家事はいっさいしなくても、いつも優しい法くんの眼差しと、仕事のときの目の輝きの違いを見事に演じていた吾郎のおかげですね。あぁ、法くんは仕事がものすごくできる人なんだとわからせてくれていたから。今回も、律っちゃんに言われ放題でも、凛として自分の正論を説く法くんが格好良かったのは否定しません。そんな素晴らしい弁護士さんに対して、妻である人が罵倒するのが許せなかった。皆がいる前に夫を惨めな気分で放っぽり出して、自分は颯爽と闊歩して言い逃げされるのがたまらなく嫌だったんです。ひとつのベッドに一緒に寝るようになった法くんと律っちゃん。かわいいじゃないですか。どうして、ああいった描写にしないといけないのかわからない。

投稿: ANGEL | 2008/02/12 09:00

こんな大事な時にインターネットが動かないので情報が入りません。このブログも読めないので皆さんのご意見を読まず、的外れなこと言うかもしれませんがお許しください。

ANGELさんも冒頭でおっしゃってるけど4話目、感想書きにく~い。これはねえ実は皆さんの感想とはちょっと違うからよけいなんです。実は実は4話は1話の次に萌えが多かったんです。まだ一回しか見てないのですが、早くリピしたいと思ったのは1話以来。2話などは一回きりしか見てません、、、、、(この週末から留守をするので忙しくて)。
いやもちろん、公式やネットサーフィンしても皆さんの怒りはよ~~くわかりますよ。視聴者が共感できない登場人物、共演者のもったいない使い方など皆さん言い尽くしてくださっている。私もすでに2話の時点でこのことを感じて、いろんなところに意見出しました。近年のTBSは織田さんやさんまさんのドラマでもそうでしたが、素人でもわかる過ちをよくこれほど繰り返してくれるなと変な感心をしてしまします。個人的に「Mの悲劇」(←ビジュアルがまずNG)や「催眠」(←なにもかもNG)くらいいろんな面で酷い(好きな人はごめんなさいね)と、諦めもつきますが、今回は吾郎について萌えが多い、ビジュアルも演技も共演者も素晴らしい!だからこそ期待するし、もっと良くなるはず!と意見が多くなるのは当たり前ですね。私も「これまでの日曜劇場がお茶の間ファンの反発をくらうような内容で失敗してきたので、今度こそよろしく。4話は特に退かれるような内容なので考慮してください」と要望しましたが、不安の予感は的中でした。
 
話はそれますが、本当に公式BBSすごいですね。感動しました。吾郎ファンってこんなに熱かったのかと。他の共演者のファンの方はほとんど見放してるみたいだけど、吾郎ファンが頑張ってるから反響が多く感じます。本来は共演者のファンがいっぱい集まってる状態がベストなんでしょうけど、あんな共演者の無駄使いではファンは書き込む気がなくなるでしょう。でも寒い中がんばっている制作陣はこの反響だけでも嬉しいと思います。テレビ局が求めているものは数字か、あるいは応援し、DVDを買ってくれる濃いファンがつくことです。
 
公式も以前は演出や脚本へのダメだしは掲載してくれなかったのに、今はかなり辛口意見をちゃんと掲載してるし。これって内部告発?とまでは行かなくても制作側でも同様に感じている人が視聴者を味方につけようとしているのかなと思ってしまいました(それとも他局と違ってうちはどんな意見も載せるんですよというポーズかもしれませんが)。とにかく視聴者からそっぽむかれるようなものを好んで作っている制作者はいないと思うのですが、「佐々木」に限らず、今期のドラマ見てもどれもこれも外しすぎ。魅力的なキャストを生かせる脚本家や演出家が育ってないですよね(まあ裏事情はいろいろありますが)。どこのドラマ掲示板でも「なんでわざわざ視聴者が離れるようなことするかな?」と呆れている所がほとんどかも。そして数字が取れるのは無難なものばかり。
「佐々木」もここまで裏が強いと、もうスマスマの裏でやってた日テレドラマファンの気持ちで開き直って、とことん最後まで応援しますよ。匿名掲示板などはごく一部の人間が嬉しがって叩いているだけなので、凹んだら負け。これでファンの気持ちまで萎えていけばそれこそアンチの思うツボです。これだけどの局でもドラマ離れが進むと誰も主役が悪いなんて思いませんから。キャストで数字が取れないことはもう業界では常識ですし。それよりも萌えられるうちは吾郎に萌えたい、このドラマを楽しめるところはとことん楽しみたいです。こんなにビジュアル良くて美味しいシーンがそこかしこにある連ドラっていつ以来でしょう?。私など前髪おろしのパジャマ姿や押し倒されるノリ君をみるだけで嬉しくて(笑)。しかも面会室越しのノリ君のビジュアルなど「恋愛偏差値」の夏目君を彷彿とさせます。3話の離婚届をつかみあってのやりとりなどの台詞回しや表情など、演技うまくなったなあと思いました。以前は固いところもあったけどすごくナチュラルになりましたよね。こういうのは必ず次に生かされることでしょう。

数字では凹まされますが、番宣での露出やバラエティと違って映像に残っていくことを思えばやはりドラマはやはりいいですね。一度離れた視聴者を戻すのはあの枠からいって難しいと思いますが、ファンだけは最後まで楽しんでいきたいです。正直言ってこれだけ全体的にドラマ離れが進むと案外、吾郎ファンは気が楽じゃないですか?(笑)。それに今回はファンも粘り強いですよね。前はすぐに次の仕事は?って言ってたのにこの頃全然聞かないし、さいごまで応援し続けようという気持ちが強いですもの。少しでも良い内容にしてもらってDVDが楽しみになるようにしてもらいたいですし。

先日の木村くんのラジオでもメンバー間のメール話していましたね。また「キムゴロ女子高生メール」のように詳しく話してほしいものです。「華麗」の時に木村に励ましメールを送ったのは慎吾と吾郎だった(←他のメンバーもあったらすみません)と思います。またしんつよのラジオでも吾郎のドラマ見てるという話を毎回してくれてます。きっとメンバー同士もメールや食事やお互いの現場を行き来したりして励ましあっているのでしょう。現在、吾郎、剛、そして中居君も同じ撮影所を使っているし、ロケ場所も近いし。メンバー同士の接点が多いようで嬉しいです。スマスマがつまらない(笑)ので是非、ラジオでもいいからファンにメンバー同士のわちゃわちゃ教えてほしいです。ラジオにもメールださなきゃ!。

投稿: kim | 2008/02/12 21:49

snowkimさん

お互い、このイギリスのネットワークの悪さにはドラマ以上に腹が立ちますよね(笑) また、落ちないうちにレスしなきゃと必死ですよ、毎日。
皆さんのコメントを読む前に感想を送ってくださって的外れだったら・・・と心配されていましたが、やっぱりファンの感じたことは一緒ですね。皆さんも、文句を言いながらもちゃんと今回もファンとして萌えるべきところはしっかり抑えた見方をされていて、それは間違ってないです(笑) kimさんが言うように、吾郎のヴィジュが倒れそうになるぐらい良いし、それに演技の幅が広がった役者としての力を見せつけられたら、多少気になる点も飛んでいくぐらいの「萌えドラマ」ですよ(爆)

公式BBSでのかなり厳しい意見もそのまま掲載されているところを見ると、確かに現場のスタッフの中にも「これじゃあなぁ・・・」と思っている人もいるのかもしれませんね。それに、あそこに掲載されている書き込み全部読ませてもらいましたけど、しっかりドラマに愛がありますよ、みんな。それは、読んでいるスタッフにも伝わっているのではないでしょうか。言いたいことを自分の言葉で明瞭にはっきりと伝え、それでいて最低限のマナーでもって公式に書き込みをする(たとえ、本当は腹の中が煮えくり返っていてもw)。そして、その辛口の中でちゃんと楽しめたことのみを書いてエールを送る書き込みもバランス良く入っていてフォローも効いてます(笑) これぞ、アメと鞭を使い分ける吾郎ファンの鑑でしょ。
 
裏の「行列」も強ければ、映画も強いです。私も、正直もう離れていってしまった人は戻ってこないと思ってます。それでも、kimさんが言うように何事も反応がなければ制作している身としてはやりきれない。たとえそれが辛口でも、やはりあれだけ書き込みがあれば嬉しいと思います。ちゃんと見ていることを伝えて、期待しているんだよという声は私も送り続けるつもりです。吾郎が素晴らしい演技を見せてくれているドラマに結果が出ないと辛いですよ、やっぱり。いろんなところに八つ当たりしたくなって、もう勝手に視聴者の意見無視して作ればいいじゃん! 知らねーよ、もう! なんて(苦笑) でも、それでは、あまりに吾郎を始め、しっかり自分に与えられた役を素晴らしく演じている全ての出演者の方に非常に失礼だなぁと感じましたね。腹が立つのは一瞬でいいではないか、最後までしっかり応援したいと思いました。

脚本を頂いたときに、「普通に読み物として面白い」と感動したと吾郎が言っていましたね。それが、始まってから、「やり過ぎなんじゃないか・・・でも、やっていいって言うから」と苦笑する所も見られ、さらに「脚本家の方には、自分はこう見られているんだ・・・」という発言まで飛び出したときには、吾郎も撮影が進んでいくうちに考えるものがあったのかなと。ただ、彼もプロの役者だし、基本的に演じているのは好きだと思うんですよね。憶測で物を言いますが、「わりきった」かなと(笑) ならば、私も萌えは多いドラマなので、わりきって楽しませてもらおうと思います。まぁ、苦言は当然あれば呈していきますけど(笑) 今から後半戦。まだまだわかりませんよ。

投稿: ANGEL | 2008/02/13 05:50

こんばんは。ANGELさん

>脚本を頂いたときに、「普通に読み物として面白い」と感動したと吾郎が言っていましたね。~吾郎も撮影が進んでいくうちに考えるものがあったのかなと。

私も、その吾郎のコメントが気になりました。演出に違和感があるのかな?と。想像ですが。吾郎は「演出家が求めるものを提供する」と言うスタンスが昔からぶれない役者ですよね。演出と吾郎の役者としての感性に隔たりがあるとしたら、吾郎にとってはキツイだろうなと思うのですが、そこは流石プロ。吾郎は求められているものは、完璧に提供していますよね。願わくば、求めるものを間違えないで欲しいです。

しかし、最近の日9は本当にわざとお茶の間を敵に回したいのかと首を傾げてしまうようなドラマ作りをしますね。
「そこで、そのセリフ言う?」
「そのシーンを、そういう演出にしちゃうの?」
と、私のような素人でも唖然としてしまうような事を平気でする。ドラマに限らず、バラもでしょうか。あの、局のドラマ番宣番組。一体誰が見るんだ、とマジで思いましたもん(笑) どんな大きなボタンを掛け違っているのか窺い知れませんが、見る側が求めるものを早く思い出して欲しいと思います。

投稿: 冴 | 2008/02/13 10:04

ANGELさん、こんにちは!
ケータイからなものでいつもみたいにくどくどと書けないので(笑)、言いたいことだけ書かせていただきます。スミマセン!
私はスマステの公式サイトの吾郎さんのインタビュー読んだ時に引っかかってました。「これからもいろいろやっていくので、応援してください」みたいな。今思えば、吾郎さんはファンでさえも(ファンだからこそ?どっちだろう)引く人が多いだろうってこと、予想してたんでしょうね。私はラブストーリーなら女性寄り目線でも納得いってたんですけど…。
吾郎さんの心配が的中になってしまいましたけど、それでも吾郎さんが「応援してください」って言ってるんですもの。ドラマが終わるまでは「佐々木夫妻」応援し続けたいと思ってます。

投稿: ほたる | 2008/02/13 12:38

ANGELさん、お久しぶりです。
ここも公式BBSも皆さん熱い意見が多くて読み応えがあります。
私も何回か公式に意見送りました、こんなことは初めてです。
今回のドラマは期待が多きかった分、残念で脱力感が・・・吾郎可愛い、小雪さんとお似合い初回は満足でした
2話、吾郎出番少なっ 3話別れなくって良かった 4話さっさと別れな 今の所こんな感じです。
いくら意見を言っても今更何も変わらないと思うと悲しいですが、私も皆さんのように自分だけの萌をさがします。

投稿: asami | 2008/02/13 22:37

tulip冴さん

演出や脚本にダメ出しされる俳優さんもおられると思うのですが、吾郎のスタンスは冴さんの言うように「求められるものを提供する」ですから、もし吾郎が私たちが思うように疑問に感じたとしたら、それはそれは演じにくいだろうなぁと思います。それで、あの素晴らしい演技ですからねぇ・・・役者ってすごいお仕事なんですね。過去にも、はっきりとはご本人は言いませんが、「彼」の撮影中もどう演じていいのか悩み、「ブス恋」のときには雑誌で「僕自身は、おさむのような男性はわからない」とおっしゃってました。演じている吾郎がプロ根性を見せてくれる限りは、見させてもらうファンも楽しみたいんですけどねぇ・・・今後に期待したいです。


cherryblossomほたるさん

こんばんは。いえ、いつもくどくど書いているのは私の方ですから(笑) 書きたいときは長文でもなんでもぶっこんでください。
あぁ、確かに「スマステ」のインタでも言っておられましたね。これは、もしかしたらドラマのことなのかなぁと思いますわな、今回の放送見たら(苦笑) 吾郎の性格上、自分のことは「そこまで言う?」と心配になるのに、他人様に関ることはストレートに物を言われない方なので、ファンが憶測で何のことを言っているのか判断するしかないのですが、たまにこうやってあちこちでポロリされますよね。あまり言いたくないから、もしかしたら単独ラジオを持たないのかなぁとも思ったりして・・・これは考えすぎでしょうか。吾郎のファンやっていると、「脳トレ」なんか必要ないぐらい頭使わなきゃいけないですよねぇ(苦笑)


mapleasamiさん

お久しぶりです。コメントどうもありがとうございました。
BBSの書き込みを見させてもらうと、きっと「私も言いたい」と思われた方多いのではないかと思います。辛口なのに、思わず読んでしまうのは、皆さんの文章からドラマと吾郎への大きな愛を感じるからなんですよね。私なんて、思わず涙ぐんでしまうことが何度かあって、ちょっと会社で読むのは危険です(苦笑) これだけ反応があっても、もしかしたら改善は見られないかもしれないけど、これだけ多くの人が見て感想を伝えたいんだよというのは分かりますよね。それだけでも意義があると私は思います。それとは別に萌えどころは抑えていきましょうv

投稿: ANGEL | 2008/02/14 08:47

ANGEL様 皆様 初めまして。
いつもロム専で失礼してます。なかなか書き込む勇気が無くて、本当にすみません。
今回意を決して出てきました。4話大好きです。法倫とってもカッコイイです。それを伝えられたらと思って。
つたない私の文章では無理かもしれませんが、良かったら読んで下さい。
映画「それでもボクはやってない」でも出てきましたが、痴漢冤罪の刑事裁判は割が合わないんです。現行犯逮捕、勾留、起訴と言った流れはどんな凶悪犯罪とも同じなんです。否認を続ける限り約3週間の勾留が待ってます。会社にも行けないし、そんなに休んだら首になるかもしれないし、風評被害もあります。そこから初公判、保釈まで長ければ年単位で時が流れます。ところが、認めてしまうと初犯で有ればほとんどがその場で帰れます。罰金があったとしても、示談が成立すれば不起訴に持っていくことが可能になります。
これをふまえた上で、ドラマを思い出してみて下さい。智子さん?のお父さんも「やってない!」といいながら、横田弁護士の薦めで認めることを選択します。きっとふつうの弁護士で有れば99.9%この道を選ぶと思います。
だからこそのりっちゃんの「もしかして確認なんだけど、戦おうとか思ってる?」「めんどくさい~示談にしようよ。」はとても素直な流れだと思います。でも、法倫はあえてイバラの道を選択します。本当にイバラなんですよ。軽く描かれてますが。
批判の多かった桜庭君の土下座のシーンですが、痴漢冤罪で目撃者というのは有効であって、有効でないんです。ちょっと前のシーンで「大丈夫なのか?」という法倫のセリフがありますが、目撃者自体が間違いなくその場に存在したという証拠がないんです。被害者が見たと言えば別ですが。おもしろいドラマですよね。それを謝礼金で吹き消しちゃうんですから。法倫達の弁護の方針も痴漢行為を覆すと言うより、示談金目当てか怨恨かで攻めていたわけだし。
たかが痴漢くらいで、いろんなことを犠牲にしてめちゃくちゃにして、家族や仲間やまわりの人が信じていればそれでいいじゃない。と言うりっちゃんの意見よくわかります。「だからってやってもいない罪を認めろって言うのか」叫びたくなる法倫の気持ち痛いです。逆ギレじゃなくて悲痛な叫びです。それでも法倫の怨恨の事実を探し出す事務所のメンバー、愛ですよね。留守電にメッセージを入れる法倫の寂しそうな背中。え~ここまでがんばってきたのにあきらめちゃうの~ってハラハラ。最後の小芝居すごかったですよね。検事さんもグルですか?
法倫とってもカッコイイです。一つ一つのセリフが重くって最後無事に終わって本当にホットしました。
長々と本当にすみません。作者の真意はわかりませんが私の感じたカッコイイ法倫がすこしでも伝わればと思います。

投稿: ku_tyan | 2008/02/14 22:55

cloverku_tyanさん

どうも初めまして。コメントどうもありがとうございます。ロム専でもありがたいのですが、コメント残して頂けると非常に嬉しいので、いつでも言いたいことを書き残していってくださいませ。
映画「それでもボクはやってない」は、私も拝見しました。もちろん、あれは映画という作りこんだ世界ですし、こちらは連ドラのいちエピソードですので比べてはいけないのですが、あの映画を見て深く考えることがあった人は、「なんじゃ、これは?」と思ったかもしれませんね。映画は、最後まで本当に厳しい裁判での闘いでしたし。「佐々木夫妻」はラブコメですから、それこそ重く話を進めるわけにもいかず、いろいろ難点はありますがあれはあれで無難にまとめていたと思いますね。ただ、あちこちに見られる矛盾が気になるんですよ。律っちゃんの「面倒だよー、示談にしようよー」も、コメディとしては妻で弁護士であるはずの立場で「酷いな」と笑えるのですが、後半原告側の山田さんに「佐々木なら、あなたのお父さんと一緒に戦ったはずです」という律子のセリフが、法倫に「面倒」と言った人と思うと説得力がないんですよ。だから、視聴者は律子が口だけのいいとこ取りに見えたのではないかと思いますね。律っちゃんの良いところが出せてないんですよねぇ・・・。
桜庭の土下座シーンでは、私は実はあそこはものすごくリピしているところのひとつです。法倫の見せ所だったと思ってますよ。いかんせん、律っちゃんが最後歩き去るという格好いい演出のため、法倫が情けなく勝手な奴に映っていますが、法倫の弁護士としての信念を上手く吾郎が演じていて本当に格好いいです。思わず、言いたい放題だった律子をも黙らせる法倫の言葉でしたね。あのシーンが演出180度違って法倫寄りだったら、きっとあれほど非難の嵐になってなかったと思います。法倫の言葉に全員がハッとした表情をしている中、最後に歩き去ったのが法くんだったら・・・かなり、男前に映ったはず。勝手に視聴者が思うように見れば、私もku_tyanさんがおっしゃるように、物凄く格好いい法くんの回だったと思います。このドラマ、見ている人が全員自分なりに演出して見れば萌えだらけですね(笑)

投稿: ANGEL | 2008/02/15 05:37

Angelさんまた他のみなさんのドラマの感想をここで私なりに後学のために勉強させてもらってます。ありがたいです。
本当にたくさんの制約の中でものを届けるためにはい、きっと削除するもの足りなくなるものが出てくるんですよね。見ている人も千差万別だし。
でも吾郎ファンとして不満萌えもたくさんあるこのドラマ、最後まで応援する気持ちには変わりないです。

今朝車でSTAYがかかったら「これ何の曲?」と息子が好反応。わかってくれてありがとう~♪ハハは最高にうれしいっつ。
戯言をすみません♪

投稿: mikiko | 2008/02/15 12:46

初めまして、BBSにこの間書き込みさせていただいたさくらと申します。
3話までは楽しく見ていたのですが、4話で落ち込んだ口です。BBSやこちらでANGELさん皆さんの感想を拝見して、同じように感じた方が多くいらっしゃるのに勇気をいただきました。皆様の書き込みに、そうそう、そういうことが言いたかったのよ、と思うことがいくつもあります。
なんとか1話のような楽しいドラマに戻してほしくて、公式BBSに投稿したのですが、ここにきてちょっと反省しています。というのもドラマのランキング投票サイトで、「ファンは贔屓のスターが良い役でないと演出や脚本が悪いと批評する」というような書き込みがあったからです。自分の言葉が足りないせいで誤解を与えるような結果になったら、余計申し訳ない、これからは励ましのお便りも書こうと思いました。ちなみに、今週投稿した4件のうち掲載されたのは2件、批判的な内容だったせいかと思いますが、投稿が全て掲載されるわけではないんですね。それなのにBBSのあの賑わいは、このドラマへの関心の高さを物語っていると思いました。(公式BBSには別のさくらさんがいたので、別名で投稿しています。)

ANGELさん
>あのシーンが演出180度違って法倫寄りだったら、きっとあれほど非難の嵐になってなかったと思います。
そうなんです。あのシーンの吾郎君に実はやられてます。私も自分で勝手に脳内演出変更してリピしています。

投稿: さくら | 2008/02/15 16:19

Angelさん、お久しぶりです。一度しかお邪魔しておりませんので覚えていらっしゃらないかと思いますが。
今更で恐縮なのですが・・・、4話は私にとってかなりショックな回でした。
主役が主役として描かれていないことが決定的に思えました。


法倫は弁護士ですから、一般の方とは立場が違うと思うのです。
確かに裁判はいろんな意味で大変かもしれない。
でも、自分の無罪も立証できない弁護士に(前科がつくのですよね)誰がこれから依頼をしに来るのでしょうか?
それとも隠し通せるのでしょうか。
そして自分の正義を曲げてまで示談にした法倫は、その後弁護士としてやっていけるのでしょうか?
法倫の弁護士生命にもかかわる重大なことだと思います。

そういうことを考えると「面倒だから示談にしようよ。」という言葉は妻として同じ弁護士として決して簡単に言える言葉ではないと思います。
それどころか、普段は対立していたとしてもこういう時こそ、自分から戦おうと言うだけの法倫への愛情がなければ別れて当然と言う気もします。 

律子の冤罪を晴らすための持って行きかたも私は不快でした。 説得力ないし。 
法倫ならどのようにしたのかが見たかったですね。 当事者なのに蚊帳の外で。
そのあとの罵倒も含め何もかも受け止めて「これからもよろしく」と律子に言えるなんて、なんて法倫は男前なんだろうと思いました。

私にとっては、4話は法倫は男を上げ、律子は女を下げた回だったのですが、どうも演出の意図は反対にしたかったみたいに思えて本当に残念です。
それにしてもW被害者だった法倫に対して、いたわりや同情の言葉が何一つなかったですね。
律子にはありましたけど。
4話は主役であるはずの法倫に対しての愛が、律子だけじゃなくドラマ全体から何も感じられませんでした。
可愛いパジャマ姿は拝めましたが。 
5話がドラマとして楽しめる回になってくれることを祈るのみです。

長々とすみません。
最後に、昨日もう一度読み返したい投稿があったので、公式のBBSに行きましたが、その投稿が見つかりませんでした。(4話終了後のメッセージですが) そして批判?メッセージが減っているように感じました。 なぜあとから消すのかその意図がわからないですね。

投稿: エル | 2008/02/15 17:35

ANGELさんを始め、みなさんの感想を読んでこういう見方もあるのかと日々新しい発見をしています。私ももっと深く観る努力をしなくては!
エルさんのコメントを読んで公式BBSを覗いてみたら自分の書き込みが削除されていました。うーん、そこまでひどいこと書いたつもりはないのですが…。
1度掲載しておいてそれはないんじゃないかな?と憤りを感じてみたり。
土下座のシーンは、本当に演出が悪いですよね。
あそこで律子が法倫の正論に言い負かされることでこそ、法倫なら戦ったと思うという台詞が生きると思うので。

投稿: カイン | 2008/02/15 22:50

ANGELさん
わたしのも今見たら消されてました。これが局の答えなのでしょう!
脳内変換しなければ観れないというのが悲しいです。
期待度が高すぎたのかもしれませんね。

投稿: rico | 2008/02/15 23:26

私が午後イチでBBSを見に行った時はもう削除されてたと思います。 たしかに辛口だったかもしれませんが、きちんと礼儀を弁えた冷静なコメントだったと思うんですが、数が多すぎたんでしょうか?? 私のも消えていました(苦笑)。
2話と4話に関しては、ストーリーの流れからいってどう想像しても矛盾がありますもの。 
でも、作品をより良いものに…という私達の熱意はきっと伝わっていると信じて、これからも正直な感想を送りたいと思います。 

テレジャに8話までのストーリーが載ってるんですが、果たして凛々しい弁護士・ノリ先生は見れるのか不安になってきました。実は私はクールビューティーのオーラを纏った吾郎が好きなので、パジャマ姿の可愛いノリくんではあまり萌えがなくて。。。以下自粛 (*^-^*)


投稿: ミント | 2008/02/16 00:36

こんばんは。
4話は確かに色々言いたい事や批判したいこと、これからのお話が不安な気持ちになってしまう回でしたね。
公式にもたくさんの熱いコメントがよせられてびっくりしました。
でも吾郎ちゃん的にも色々いいシーンや、萌な部分もあってそういう良かった所も公式にコメントしてこのドラマを応援していきたいなーって思いました。(色々言いたい事も書いちゃったんですが…(苦笑))

ANGELさんが以前おっしゃっていたように負の感情っていうか、たとえばスマスマに対しての怒りだとか悲しみの気持ちを持ってしまう話題の時には書き込みが多いけど萌えに対しての時はコメントが少ないって言われていたのを思い出しました。

こちらの皆様のコメントを読ませて頂いて、私と同じ事を思っているんだー、そうそうそれが言いたかったのーと、スッキリさせて頂くありがたい場所を提供して頂いているなーっていつも感謝しています。ANGELさんも言いたい事を言い合ってすっきりしましょうって言って下さっていて本当に吾郎ファンの私にとってオアシス的な場所になっています。

ローカル番組ですが、以前俳優の方が視聴率が悪かったり、下がったりすると本当に現場の空気が悪くて苦しかったんですよーって話されていました。
スタッフさんも活気がなくなったりやる気がなくなったりで、仕事がしにくかったって…。
そういうのは本当にありありと伝わってくるって言われていました。
今のドラマのスタッフの方々がそうだとは思わないんですが、やっぱり多少テンションが下がる気持ちは分かるなーって。
批判や要望を読まれているという事は、よかった点での感想も読まれているっていう事で…。
批判や要望を聞いて頂いて、少しでもいいドラマにして欲しいなーとは思うんですが、その意見ばかり多くなり過ぎるのもどうなんだろうなーって思います。
批判や要望を書いたりしつつ、でもここは良かったですよーって書いていけたらなーって思いました。
4話にもいいシーンは色々あったなーって私は思いました。(もちろん納得いかないシーンもあるんですが 笑)

関東ではまたまたダイジェスト番組があるみたいで、TBSの方々もこのドラマを少しでもたくさんの人に見てもらいたいと思われているんだなーって思うとちょっと嬉しくなりました。

これから毎回色んな気持になると思うんですが、出来るだけ楽しんでいきたいなーって思います。

投稿: megumi | 2008/02/16 00:39

t-shirtmikikoさん

もちろん、ストーリーが支離滅裂になるつもりで書かれたわけではないですよね。とても優秀な脚本家さんですから。ただ、あれも入れたい、こっちも入れたい(プロレスも好きだから、その辺も導入したい)、日曜の夜にお茶の間で素敵な主役を演じてもらう稲垣吾郎さん、そして小雪さんの魅力で笑ってもらいたい、そして感動してほしい! そういったものを全部愛情を持って作られたと思うんですよ。そして、それを一身に受けてその希望をなるだけ入れてどうにかして良いものをと演出家の方が頑張ってくれているとも思ってます。そうでなきゃ、あれだけ番宣に力を入れないですよね。だから・・・そういった制作側の気持ちも分かるから余計に悔しいですね。願わくば、数字だけで現場が暗くならないように、感じたことは伝えるけれど頑張ってほしいからエールも送っていきたい。本当にそう思います。


ribbonさくらさん

BBSでは、情報を書き込んで頂いてどうもありがとうございました。
ちょっと、4話はいろいろと波紋を呼んでしまいましたね(苦笑) なかなか吾郎ファンというのは、賢い方の集まりで(私は、ただのグダグダ女ですがw)、普通に「きゃー、吾郎ちゃん、かっこいいv」と数字も気にせず、内容が少しぐらい疑問を感じても放っておけばいいのですが、ご本人と同様で質を求めるためいろいろ悩むはめになります(笑) 決して「贔屓のスターが良い役でない」から、脚本や演出にダメ出しをしているわけではないですよね。反対に、格好いい2枚目ばかりでなく、ちょっと偏屈だったり変人だったり悪役だったりと吾郎がそんなキャラを演じるたびに萌える集団ですよ(爆) でも、先にも書きましたが、やはり楽しんでドラマは見ているということも大きく声を出して伝えたいと思います。もちろん、ダメ出しはあれば書いていきます。でも、どれだけ吾郎ファンがこのドラマで萌えているかも伝えたいですね。矛盾じゃないですよ、正直な声を伝えていきたいです。さくらさんも、あのシーンは萌えられたんですね。あれは、法くんに惚れますよねー(笑)


moon3エルさん

お久しぶりです。こちらへも書き込みに来てくださってありがとうございます。(BBSに来てくれたんですよね? 覚えてますよ、もちろん!)
今回は、見方によっては、非常に律っちゃんが前に出てくる演出だったのと、法くんが孤立同然のような描き方をされていたので、ファン目線で見てしまったんですよね。一般の方がそんなに気にしなかったところを見ると、そういうことなんだろうと思いました。でも、普通に考えて、視聴者は主役の側でドラマを見ていきます。だから、主役が罵倒されるということは、とりもなおさず自分が言われているようで少々辛いんですよね。吾郎ファンの場合は、それをさらに吾郎が言われていると二重苦の悲劇を生み出します(笑) 女性の視聴者が多いから、律子寄りで・・・というのは、あまりに安直な考えでしたね。ちょっと、吾郎ファンの想いを汲み取ってなかったかな。これが、木村くん主演だったら必ず男性が格好いい演出になってますよ。木村くんが持ち上げられて、吾郎が虐げられてるという意味ではないですよ。あくまで作り手が事前に持ってる俳優の役者としての使い方ということなんですけど。いわゆるキャラ立てというやつですね。たまには見せてくれよと思っちゃいますよね、吾郎ファンが爽快になれるドラマ(笑)


kissmarkカインさん

皆さん、言っておられるので私も公式を再度チェックしてきてしまいました。 ・・・確かに、私の書き込みの辛口ヴァージョンが消えている(笑) 私もカインさん同様、そんなにひどい書き込みをしたとは思ってないんですよ。何より、一度はしっかり掲載されましたし。どうしたんでしょうね。BBS担当者がGOはしたけど、上から何か言われたか・・・もしくは、脚本家、演出家が傷ついた? それとも、相手役の事務所から「イメージが悪い」とクレームが来たか(笑) なんせ、こちらも大手事務所なんですけど、吾郎に関しては本当に構ってくれないのでねぇ←何気に大毒吐いておきます(笑) これも裏で何か動いたと思うのですが、理由を聞きに行った勇気ある吾郎ファンの方がおられて何か回答が得られましたら教えてください。場合によっては、私も動きます。まぁ、世間一般には計り知れないことがいろいろ業界ではあるので、一概にTBSさんだけ一方的に責めるわけにもいかないんですが、理不尽なことなら容赦なく声出しますよ。


boutiquericoさん

やはり、一度掲載されていたものが消されているというパターンが多いようですね。理由も明確にせず消去したということは、つまり言えないことなんでしょう(笑) うーん、まだまだ、テレビ業界は裏が真っ暗だなぁ。今回のドラマは、ありえないぐらい期待しましたから、落胆が半端じゃないですよね。前回のときは、最初から相手役の方にも少し不安があったし、ストーリー的にも萌えれるとは思ってなかったし、なのに評判は良くて複雑な思いで始まったから、途中でストーリーが破綻しても「しょーがねーなぁ」と吾郎オンリー鑑賞ドラマ化という逃げが出来ました。それが、今回は脚本もいい、共演者は全員素晴らしい、不安材料が枠以外(笑)まったくないと思っていたのが原因ですね。ドラマは折り返し地点に入りましたが、TV誌の予告あらすじを読ませてもらうと・・・なんだか不安ですね(苦笑)


sunミントさん

ここに来てくださっている方だけでこれだけ同じように一度掲載された書き込みが削除されいるということは、か~なり消しましたね(苦笑) 何かお咎めがあったんでしょうねぇ。楽しまれた方のクレームが来たというのであれば、どこかでそのような書き込みを見るはずですから。私たちは、別に律っちゃんを格好良い弁護士にするなとは言ってないですよね。1話で見せてくれたかわいい律っちゃんを返してほしいんですよ。だから、仕事がデキる姿がさらに際立つんです。法くんが、プライベートで律っちゃんに押されまくりの情けないダンナでもいいんです。だけど、法くんだってあれだけクライアントのことを思った熱弁を語れるんですよ。もっと見せてくださいよと言っているだけです。私達の言いたいことが全然伝わってないんですね・・・、悲しくなるわ(涙) 吾郎ファンの中では、格好いいところ、可愛いところとそれぞれツボが違うかもしれませんが、両方大好きな私としては、それを全部見せてくれるこのドラマは、それだけで見たくなるドラマです。それもちゃんと伝えていきたいですね。


ringmegumiさん

こんばんは。私が言いたいことを全部代弁してくれてありがとうございます(笑) 公式だろうが、個人運営だろうが、偏った意見ばかりではやっぱりBBSは上手く起動しないと思います。当然、褒め称える意見や感想があがるのがベストですが、そこに辛口意見も書いてくれる人がいないとダメなんですよね。大勢の人が集まる場所なんだから、いろんな意見があって当たり前です。それを、片方の意見だけ排除してしまったら非常にバランスの悪いBBSになります(マナーがないのは問題外ですよ)。
今回の公式BBSでは、4話が終わったあとですぐに書き込みに行かれた方は、もしかしたら自分だけが辛口意見かもしれないと思って書かれたと思います。それを読んだあとに、同じように感じた人があれだけいたんですよ。消去せずに残しておくべきだと思いますね。もちろん、「あれがダメだ」「ここがダメだ」ばかりじゃ、作っている方が今度は落ち込むし、やる気も出なくなるかもしれない。でも、彼らはドラマ制作のプロです。しっかり、視聴者の意見を聞いて考えてほしい。それが嫌なら、最初から公式にBBSなんて設けなければいいんですよ。私なんて、あの騒動のあとのBBSのバレンタインメッセージを読んで、普段の吾郎ファンなら公式でここまで甘いこと書かないのに、みんなちゃんとその辺も気遣ってエールを送っていることに感動しましたよ。同じようにスタッフは思ってくれたと思いたいですね。megumiさんが言うように、最後まで楽しんでいきたいから、良いことも伝えていきますよ。アメが欲しい時期でしょうから(笑)

投稿: ANGEL | 2008/02/16 07:08

これから8日ほど留守にしますので、その前に一言と思い、出てきました。
 公式BBSで一度アップされた意見が削除されたことについては、私個人としては受け入れられます。4回目の後に辛口意見が殺到したので、それに比して削除数が多くなり、目立つことになりましたが、確か以前もありました。
 公式BBSにあまりにも辛口意見が多くなると、興味を持って見に来た一般視聴者がひいてしまうかもしれません。反対の立場をとっているのは、スマスマの公式などですね。絶対に辛口どころかまともな意見も掲載されません(←毒吐きすぎ?)。
 それゆえ一度は載せて、こんな意見もありますと紹介した上で公式の雰囲気をアゲアゲムードにするために削除していくのなら、まだ誠実なほうかなと思います。 一応、その「声」は制作側やスポンサーにも届いていますから。それから徹底的に辛口でいきたいなら、公式BBSよりも番組やご意見所宛に文書で出したほうが効果的かもしれません。

 公式の意見を読むと、皆さん上手に書いてらして、辛口の意見もドラマに対する愛ゆえというのは、ちゃんと伝わってきます。確かに「萌え」書き込みは少なくて、「怒り」のときはよく出てくる吾郎ファンですが(笑)、まあこれは人気のある俳優さんのファンはみなそのような傾向があり、それだけ熱いということですね。この熱心さは「応援」の大事な要素であり、テレビ局が求める視聴者の姿のひとつです(視聴率が低くても熱いファンがついているとDVDや映画化など2次的に稼げますから。今はCM収入が悪化しているので余計です)。とにかく現場が少しでも励まされ、最後まで良いムードでドラマが作っていければ良いですね。とかく数字が悪いと現場の雰囲気が悪くなりますから。
 
そろそろ空港へ向かう時間が近づいています。PCも持っていけないし、日曜日を2回ミスするのは大変心残りなのですけど、その間、ゴロ友さんたちが、少しでもhappyになれますようにと祈ります。See you soon!
 

投稿: kim | 2008/02/16 08:32

skikimさん

明日、朝早いお出かけなのに大丈夫ですか(笑)? わざわざありがとうございます。
公式のBBSの件ですが、私はあまり事情を詳しくないので何とも言えませんが、一度掲載した書き込みを削除するのは意味があるのでしょうか? あまりに辛口意見が多いので一般視聴者が引くというのであれば、もとから制限すれば良かったのでは?と思うんですけどねぇ。反対に消去された側からすれば、何で自分の書き込みが?と気になりますよね。どうせ書き込みなんて流れていくもんだし、遡って全部読むのなんてファンぐらいじゃないんだろうか。一般視聴者なんて、一度読めばそれで充分だろうから、わざわざ削除しなくてもいいような気がするんですよ。それにご意見箱に入れるほどではないんですよね。だって、まさしくドラマの感想だからBBSでも問題ないと思うと何かここでもモヤモヤ感が拭いきれない私(苦笑) 
今回は、特に初回放送ではベタ褒めばかりの書き込みで、別に粗探しをして非難しているわけではないというのもわかります。だから、伝えたいことを言いたかったという皆さんの気持ちは私はわかりますね。ただ、やはりそれだけではなく、楽しんで見ているドラマであるのも事実で、辛口だけでなくそういった意見も放り込んでいかなければいけないというのは同感です。制作側とは別に、役者さんたちはたとえどんな出来でも、自分が関った作品はみんなに楽しんで欲しいしそういう声を聞きたいと思います。辛口だけでBBSが埋め尽くされていたら、やはり寂しいですよね。でも、ほとんどの書き込みが「でも、期待している」「楽しみにしています」とちゃんと書かれていたから、バッサリ削除というのは私はそういった感想をも切り捨てられたみたいで少し寂しい気がしましたね。

まぁ、次回放送が目前にせまってきました。あまり、「今回は大丈夫だろうか・・・」と考えずに素直に楽しみたいですね。リアルタイムで見て疑問に感じても、リピして見直したときに結構と萌えが拾えるドラマではあります(笑) 良いところもドンドン声を出していきましょう。Kimさんがホリデーから帰ってきたときに「楽しかった!」という声がたくさん聞けますように。Kimさんこそ、たまには吾郎のこと忘れて楽しんできてくださいな。(これが、なかなか難しいんだけどねーw)

投稿: ANGEL | 2008/02/16 09:34

ANGEL様

私の拙い文章に丁寧にお返事して頂いてありがとうございます。そうですよね。あえて一般受けしないような演出に疑問を持つのは当然だと思います。
ANGEL様を始め、ブログを書いている皆様を本当に尊敬します。私なんて、先のコメントに約5時間、これだってもう1時間以上書いては消して、また書いてます。(笑)
と言う訳なので、次いつ出てくるか?わかりませんが、お許し下さい。皆様の意見はいつも楽しく拝見し、楽しみに待ってます。

投稿: ku_tyan | 2008/02/16 14:15

何度もすみません。TV JAPANに8話までのあらすじが載っていると聞いて買ってきました。それを読んでハッとしました。
最終回の予想を尋ねられた吾郎の答えは「そういうの僕考えたことないんですよね、演じるのみに向き合っているから」
吾郎は与えられたものを全うする人でした。「魔法の万年筆」の時の某新聞の中でも、他の仕事をする自分をシュミレーションできない。他に何もできないのかなとも思う。だからこれを天職として、与えられたことに感謝しながらやっていきます。と語っていました。
だから何だって言うことですが、まあまたおかしいと思う事があれば公式に意見は送ることをやめる気もありませんが、4話の件では、おかしいと思うセリフの事から言葉遣いを改めて気をつけなくてはいけないと思ったし、起訴を取り下げることができない事を知らない自分の無知なことにも思い知らされたわけで、やっと冷静にそう言える自分の愚かさを吾郎の言葉で気付いたというところです。

公式BBSの一旦載せたものを消すというのはわたしも良い気持ちがしませんが、スタッフがいいと判断して載せたものが他でクレームがついて消したのではと推測しています(気のせいか消されているものには傾向があるような)これからは辛口意見はあんまり載らなくなるかも、、、

ANGELさん戯言なのでお返事は不要です。勝手なこと書いてすみません。

あと藤田まことさんが「明日への遺言」という映画に主演されたそうで、そのインタビューが新聞に載っていました。
「役者はいっぱいいるけれど、本当に素晴らしい作品や役に巡りあえる人はそう何人もいません・・・」どうでしょう?わたしは数は少なくとも吾郎は出会えているのではと思ったのですが。もちろんこれからもそれを願い続けます。

投稿: 流星 | 2008/02/16 18:10

virgoku_tyanさん

こちらこそ、わざわざお返事ありがとうございました。公式のBBSで書き込まれた数多くの辛口意見が、どれほど皆出さない方がいいのか、こんなこと書いていいのか・・・と悩んだと思うので、私はやっぱり掲載された書き込みを削除した理由が何であれ疑問に思ったんですよね。視聴者が何を書こうかは自由です。それを掲載するかどうかを決めるのは局の自由。それだけなんですけどね(笑) また、いつでも出てきてください。お待ちしておりますv


carouselpony流星さん

レス不要ということでしたが、ちょっと私も考えることがあったので便乗させて頂きます。
吾郎に限らず、今回ドラマに参加されている俳優さんは全員自分に与えられた役をどれだけしっかり演じるかということに力を注いでおられると思います。私、個人的な考えなんですが、今回の辛口意見の中では、見ようによっては、律子=小雪さんを責めているようにも取れたのではないかと思いました。断言は出来ませんが、そうなるとちょっとドラマ感想からは外れますよね。反対に、これが小雪さんのファンから、「稲垣吾郎が目立ちすぎている。もっと律子の活躍をみせろ」「あの法倫の夫としての態度はなんだ」というような書き込みばかりだったら・・・あまり良い気がしませんよね。主役は吾郎ということなので、今回の書き込みも納得はいくのですが、あまりそのような意見が続くようであれば、確かに見ていて良いものではないです。
ただ、視聴者はわざわざBBSを覗いて、バランスを考えながら投稿するわけではないので(笑)、それはBBSを担当している方にお願いしたいですよね。だから、今回軌道修正されたのかもしれません。最初から適当に抜いておいてくれればいいのですが、せっかく送ってきてくれたのだからと全部掲載されたのかもしれないですね。まぁ、もう過ぎたことなので明日の放送を楽しみに待ちたいです。これで、思ったことを書けなくなってしまった・・・というのではなく、声は確実に届いているのだから、これからも思ったことを書いて投稿してもいいと思います。ただ、ここが良かった!という感想も同じぐらい送っていきたいですね。だいたい、私たちはいち視聴者なんだから、深くそこまで考えることなく今までどおりでいいんじゃないかな(笑) さーて、今回はどんなカッコイイ、可愛い法くんを見せてもらえるのか楽しみですv

いやいや、いろいろ考えさせて頂いて皆様にありがとうですね。

投稿: ANGEL | 2008/02/16 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛と自由に満ちた男 | トップページ | 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」⑤ »