« 6番目の男 | トップページ | Secret Message »

「佐々木夫妻の仁義なき戦い」⑥

このドラマは、いろんな事を考えると本当に楽しめなくなりますね(苦笑) それは、後ほど書くとして・・・普通にドラマを見るという意味では、しっかり今回も楽しめました。でも、法くんは、相変わらずダメな夫として描かれるのねぇ、主役なのに(涙)

前回の律っちゃんの涙が、「コンタクト」にゴミが入ったというオチだった。そのオチはどうよ?とは思ったけど、あの場面であの律っちゃんが泣くよりは、数倍よかったと思います。もう、最初から、法くんの空回り開始!みたいな始まりでしたね。紗枝から、キスを突然受けて固まる法倫。謝る紗枝さんに「そんなに謝るなよ」という法くんは、天然で女殺しですよねぇ・・・彼の性格からしたら、問題ない発言なんだけど、「今まで我慢してきたものを取り戻す」と言う女性には間違った態度でしたね。ここで、ちゃんと「俺、奥さん、愛してるから」と言っておくべきでした。追い討ちをかけるように、懐中時計は紗枝と一緒だから持っていたという法くん。確かに壊れるまではそうだったけど、今持っている時計は違うよね・・・ダメダメです(苦笑)

家に帰ってから、律っちゃんを待つまでの法くんの挙動不審が最高に笑えましたけど、これ「ゴロレオ」だよね(笑)? ちょっと、コントっぽすぎたかな・・・とは思いますが、笑えたからいいのかな。大体、なんでそんなに悩んでるわけ? 私なら、キスの件はもちろん黙っておきます(笑) だって、別に自分からしたわけではないし、わざわざ言うのも変でしょ? 言わないのも思いやりっていうときもある。わざわざ、喧嘩になるようなこと夫婦で話すはずないじゃないですか。「断片的な真実を語る」というのは、間違ってないぞ、法くん。

「吉田」という大学のときの友人が、お父さんの病院に見舞いに行くほど仲が良かったのか?と、律っちゃんに聞かれ、「そうだ」と答えるか、「そうでもない」と答えるか悩む法倫。あっさりと、律っちゃんが「どっちみち、(コンサートへは)行けなかったんだ」で終結。つまり、律っちゃんは細かいことにそう気にしない人なんですよ。これ、律っちゃんの良いところが自然に出ていましたね。大正解です(笑) 久しぶりに「なんでも焼き」(これ、おいしいのかなぁ・・・)を作ってくれる律っちゃん。ソースとマヨネーズさえかければ、なんでも美味しく食べれるという律子に、会ったときのことを思い出す法倫。ここ、じーんときました。そうそう、この二人は、性格もまったく違うし、お互いすれ違ってばかりの夫婦だけど、基本はここだったんだよなぁって。そして、その夜一戦を構えることになる二人(笑) ・・・おーい、次の場面は、すでにしっかり着込んだベッドの中の二人。いくら、日曜劇場と言えども、サービス悪すぎ、このドラマ。キスシーンですら、しっかり見せてもらえないのは、最近のドラマでは普通のことなんでしょうか? すごい不服です、私(笑)

かわいい奥さんの寝顔を見て、ちゃんと紗枝に言おうと決断する法くんですが、最後の一言がまずかった。「僕なんかでいいのかな?・・・って」 なんで、この一言を付け加えたんだよ、バカ法倫(笑)! これで、紗枝がまた輝くように顔をあげて「佐々木くんがいいの」と言ってしまい、法くん俯いて撃沈(苦笑) 結局、遺産相続の件は、律っちゃんが見つけ出した松子さんの手紙を梅子さんに見せることで解決。この夫婦、しっかりやっているようで、いつも弁護士らしいことで解決していないですよね。これなら、別に弁護士じゃなくても友達で充分やん。まぁ、また泣いてしまった私が偉そうに言えるポイントではないのですが(笑) そもそも、そんな大事な手紙を隠す律子の弁護士としての行動に疑問符だし、今回は法倫がしっかり片をつけてくれると期待したのが、最後は律っちゃんが手紙を持って走ってきたことで片付いたのも不満です。

最後は、懐中時計のことで、馬場さんの言う「二兎追うものは、一兎も得ず」になるわけですが・・・確かに、法くんも悪いところはありましたが、奥さんに回し蹴りされるほどのことでもないし、奥さんのいる男性にキスしてくる女性からひっぱたかれるほどのことでもないです。この辺が、女性の脚本家が書いた描写になるのかなぁ。ちょっと、あまりに感情むき出しの女性の描きかたで私は好きではないです。あそこまで、男のようにサバサバした女性なら、別にどうってことないですよね? 昔、同級生だった女性とお揃いの教授からもらった時計。だから、何?ですよ(笑) それも、この段階で、まだキスしたことも知らないのにこの剣幕。ありえません。この夫婦って、基本的によく話し合ってないんですよね。だから、感情が湧き出てくると相手の言うことも聞かずに、「離婚だ!」とか「ふざけるな!」とかになるんですよ。ものすごく愛し合っているのに、寂しいことですよねぇ。

来週も、なんだかとんでもない展開になるようで・・・このドラマ、最初から律子のキャラを普通にかわいい焼餅焼きの妻という設定にすれば、もっと共感を得られたのではないでしょうか? だったら、違和感の半分は消化できますよ。手紙を隠す律っちゃんの妻としての立場もわかるし、最後回し蹴りは抜きにして、時計を叩き投げるほどの嫉妬心も理解できる。おおざっぱな、仕事のできる女性弁護士なんて設定にするから、わけわかんなくなるんです。暴力的な妻の見せ方も、今回のワイングラスをかじって割るぐらいの可愛さで留めてくれるともう少し楽しめるんですけどねぇ・・・なのに、次回は法倫の方がDVで訴えられるっていうのも理不尽だわ(苦笑) 今回も、救われるのは脇の絶妙な出演シーンですね。紗枝の相談事を聞く佐々木夫妻の様子を、それぞれドアの外でパソ持ってきてまで聞き入る面々には大笑いさせて頂きました。悩み相談する馬場さんも、相変わらず口が軽い桜庭や、友人を思いやる小川と猪木。この人たちがいなかったら、相当イライラします、このドラマは(爆)

それでも、法くん=吾郎のツボは今回もありました。これは、もう、吾郎ファンの癒しです。この部分がなかったら、きっと見続けていられないかも(笑) だから、今回も楽しめたということで、最後に羅列しておきます。

・ 紗枝にキスされたあとの、どういう意味なのか考えるような法くんの表情。
この辺りの吾郎の演技は、すごく上手いですよねぇ。しかし、いきなりあんな不躾なことをして、「そんなに謝るなよ」で許してくれる法くん。じゃあ、もし会えたらやっていい?って聞きたくなる。いや、吾郎じゃないんだけどさ、法くんは(笑)

・ 律っちゃんが「なんでも焼き」を作ってくれたときに、「食事を作ってもらうの何年ぶりだろう・・・って」と言ったときの、右人差し指を顔にあてるポーズ。

・ 一戦を交えた後の、「ちゃんと断ろ・・・」と呟いたときの、前髪パジャマ吾郎
童顔で、吾郎が34歳ということを忘れました(笑)

・ 律っちゃんに回し蹴りをされたあと、怯えたように見上げるカマボコ目
これは、ドラマの中の理不尽さとは別に、S心をくすぐられた私(爆) あれは、いかんだろう。あの目は・・・もっと、いぢめたくなる目でしょ?

・ 紗枝に頬を叩かれる法くんの、堪えた様子
はい、これまたS心くすぐられる第2弾です。叩かれたあと、横を向いたまま俯く表情が・・・素敵(笑) 吾郎は、なんでいつもこう虐げられる役ばかりなんだろう・・・と嘆いてみても、こういったシーンをリピする私がいる限り、大きな声で反論できない。ごめんなさい、吾郎さま(笑)

|

« 6番目の男 | トップページ | Secret Message »

コメント

こんばんは。
今週も更新早!さすが、ANGELさんですね~

6話は私的には楽しんで見ましたよ。娘も一緒に見たんですが、脳内変換あたりは二人で大笑いでした。フツーに面白かったです。

ただねえ、やっぱりりっちゃんが強すぎるんです。折角「夫婦は理解しなくっちゃ」なんて言いながらご飯作ったりして可愛いとこ見せたのに、手紙を隠して挙げ句の果てにのり君蹴っちゃうし・・・あれでは共感できないなあ。りっちゃんが反省して「このままじゃ人間駄目になる」って手紙持ってきたんだから、あそこは「のり君、隠しちゃってごめんね」で抱きついちゃって一件落着!にして欲しかったです。先週のブーツで蹴るのもだけど、あそこまでやりますか?のり君はやられっぱなしだし・・・私は絶対やりません!(吾郎が女性に手をあげたことがないのと一緒)

山本君、今週はスーツ姿と上半身裸!でのご登場でしたね。なんだかファンの方に申し訳ない使われ方・・じゃないですか?(裸が拝めるからいいのかしら・・)でも結構胸板が厚くってス・テ・キでした。なんでマッサージなのにいちいち脱ぐ?と思ったけど、吾郎様、貴女も脱いでくれ~~で山本君を勝手に吾郎に変えて、ニンマリとしておりました(萌え)

投稿: そよ | 2008/02/25 20:52

どーしよ!どーしよう(><)
普通に楽しんでらっしゃる皆様が多いと思われますが、もう限界です。ANGELさん!ごめんなさい(涙)配役が吾郎ちゃんでなければ、既にリタイアかと。
ドラマにはうるさい奴。。。
バトルを楽しむドラマなのか、おふざけを笑うドラマなのか?焦点があわず、毎度イライラします。初回は結構楽しかったですよ。回を重ねる事に次が見えちゃうんです。細部が楽しめないんです。だから△△なんでしょ?って先回りして、自分の中で話は完結。旦那をあんな風に蹴る。。。いや、吾郎さんをあのシーンで蹴るのは泣きそうだった(バカですね)律子さんも服のブランドを見せびらかすのは、演出としても笑えず。私の心の余裕がないのでしょうね。
うん!個人的なドラマ趣味のテイストが合わない事と思うので、しょーもないお茶の間ファンということで流してください!
そんな中、今回の前髪パジャマゴローにも撃沈した夜でございました(〃▽〃)
あの表情はずるいわ♪

投稿: mimi | 2008/02/25 23:09

初めまして。
結構長いことROMしてたんですが、書き込みは初めてです。

ここではドラマの感想を書くべきだとは分かっているのですが、
まとまらなくてうまく書けそうもなく…すみません。
ただ…吾郎ちゃん、可愛かった!!

ならナゼ出てきたのか。というところなのですが、カウンターの
数字が「1000056」(百万の吾郎?)だったのです。
これは背中を押されてる~と勝手に思い、書いてみました。

また必ず伺います。
1000000HIT、おめでとうございますcatface

投稿: ちこ | 2008/02/25 23:30

angelさん1000000HITおめでとうございます。
そして、ちこさん、おめでとうございます。

angelさん!私は、ついに、りっちゃんが平気になってきました(万歳)。りっちゃん先生は、とにかく自分がどう思うかが判断基準な人で(人の気持ちを深く考えない)、なかなか難儀な方ですが、のり先生目線の私は、もう紗枝さん、かわいい!とか思ってしまいつつ、のり先生が、りっちゃんをほっとけない気分に同調してきているようです(笑)
のり先生の馬鹿正直さや優柔不断さ、結局、人を裏切れないところ、なんか大好きです(またまた少数派)。
おかげでドラマが楽しくって仕方がなくなってきました。
(周囲にも結構好評なので、ネットを離れると、このドラマ話で盛り上がれます(笑)おまけに仕事で疲れきった身体にはちょうど良かったり。)
その上、吾郎くん、ほんとに演技が上手くって、コメディを一手に引き受けてるのに、そこここで、うならせてくれるから、うれしい限りです。
で、個人的には、小川くんと猪木さんの「もみ処いのき」のシーンはちょっと苦手でした(笑)
angelさんは大丈夫そうですねhappy01

投稿: カルニ=マグイッチ | 2008/02/26 01:15

bananaそよさん

こんばんは。私の場合、ドラマを見終わってもまだお昼だから気力があるんですね(笑) 皆さんは、何度もリピしたあとだと真夜中過ぎになるから、すぐにUPするのは大変ですよねぇ。結局、私もそのあと何度もリピして、いつも真夜中過ぎまで起きているはめになりますが。
今回のりっちゃんが爆発的にかわいかった所は、料理をしてくれるところも可愛らしい奥さんでしたが、ホステス嬢になりすましてバカっぽく話すところですか(笑)? あれ、小雪さんだから、バカ女に見えないんでしょうなぁ。吾郎がどれだけ乱暴な言葉を使ってもヤンキーにならないのと一緒です(爆) りっちゃんの回し蹴りですが、あのシチュエーションでは、私も絶対にしないです。まず、あんなこと全く気にならないし。ただ、喧嘩したときは平気で出来ます。先日、ハズが大事な約束を破ったのでブーツで頭を叩いてみた。見事に同じような音がして笑えましたw (但し、寝ているときではないですよ) 山本くんの今回の出は、私も「これで、いいのか、山コー!」と思いましたが、ファの方が「嬉しくて、何度もリピしてしまったv」と書かれているのを見て、吾郎ファン贅沢過ぎ・・・と痛感しましたです(爆)


applemimiさん

少し前から、かなりドラマを見るのが辛くなってきたとおっしゃってましたもんねぇ(汗) お聞きするところ、ちゃんと通しでドラマが見れなくなったとか・・・。吾郎の扱いがどうこうではなくて、ドラマファンとして内容が酷くてついていけないという感じでしょうか? 今月の「月イチゴロー」で吾郎が「アメリカン・ギャングスター」において言っていたのをそのまま引用させて頂きますが、「何が見せたいのかってことだよね。アクションを見せたいのか、人間ドラマを見せたいのか、主役のふたりを見せたいのか。ちょっと散漫な気がしたんだよね。凄いものをたくさん使ってかえってバラバラになっちゃったっていう感じだよね。何がいいたいのか、ブレてたと思う。」 ・・・これ、吾郎「佐々木夫妻」のこと思って語ってたわけではないですよね(苦笑)? 私は、この言葉そのままTBSさんに横流ししたいです(涙) mimiさんは、もう、ドラマを見るときは早送りで、萌え吾郎さんだけ引っ張ってきてどうにか最後まで頑張って乗りきってください。吾郎の演技は、素晴らしいですよ、このドラマでも。


cakeちこさん

どうも初めまして。コメントどうもありがとうございました。ROMして頂いていたということで・・・「1000056」HITおめでとうございます(そんなに回っていたのか・・・皆様、どうもありがとうございます) ゴロバーで、確か吾郎の顔が印刷されているお札が賞品で「百万ゴロー」ではなかったでしょうか(笑)? そんな素敵なものを出せなくて恐縮ですが、いつも見に来てくださっている御礼に。
吾郎 「ちこさん、いつも応援ありがとう。ドラマ「佐々木夫妻」は楽しんでくれているでしょうか? 愛すべき佐々木夫妻を最後まで見守ってください。ドラマの主題歌になっている「そのまま」は、もう聞いてくれたかな? 来月にはスマップ全員でテレビの前で披露するので、こちらも是非楽しみにしていてください。」
なんて、言ってくれるのではないかと思い、うちのブログに引っ張ってみました。ありがとう、吾郎(笑) どうぞ、またコメント残しに来てくださいませ。お待ちしております。


cherryカルニ=マグイッチさん

コメント及び1000000HITのお祝い、どうもありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
おぉ、乗り越えましたか? これぞ「りっちゃん越え」ですね(爆) 私は、先週あたりから文句は言いつつも、その矛盾もひっくるめて楽しもう!、CGのバカさ加減も「もう、やってしまえ!」と割り切ってみたところ、数字もまったく気にならなくなり(某匿名掲示板は今回封印しましたw)、自分の思ったように楽しませてもらってます。もちろん、言いたいことは山ほどあるんですが、ドラマ見ているときだけでも楽しもうと思うようにしました。なんせ、おっしゃるように、吾郎の演技が申し分ないし、格好いいし可愛いし・・・DVDが早く欲しい。皆さん、最終回が終わったら、公式にどーんと特典映像のお願いは一緒に行きましょうね。もう、これだけ我慢して見続けている吾郎のドラマはないですから(ヴィジュがいい分、余計に・・・)、最後のわがままぐらいは絶対に聞いてもらわねば(笑) 主役は吾郎というのを特典だけでも、はっきり示してもわらないとやっとれんw あっ、カルニさん、小川と猪木は、いくら腐った私でもちょっと・・・(爆) どうせなら、小川と法くんで美しいコメディのノリで見せてほしかったわん。

投稿: ANGEL | 2008/02/26 05:27

まずは「ただいま~!」。なんとか無事に帰ってきたけど、体中サロンパスだらけ。毎年の恒例行事にも関わらず、1週間滑った後の筋肉痛が毎年酷くなる(泣)。そうそう留守中に百万アクセス超えましたか。凄いですね、これからも頑張って!>ANGELさん。

それにしても地球のどこにいても頭の中はいつも吾郎とスマのことばかり、特に連ドラがある時は気が休まりません。それでも有難いのはPCからまったく離れていたので精神状態は絶好調。数字のほうは、あの裏を見れば一度離れた視聴者を取り戻すのは困難と覚悟してましたし、六話がかなり初回のテイストに近くなったと聞いて満足し、もうこうなったら何が来ても最後までつきあってあげるわよと開き直ってます。匿名掲示板などを見なければ自分のドラマへの満足度だけで幸せになれるんですね。
  「佐々木」はMimiさんのように「ドラマにうるさい奴」にはあまりの整合性のなさにイライラされて本当に気の毒だと思うのですが、私のようにまともに連ドラを見ないような奴には細かいところはあまり気になりません(もちろん内容が素晴らしいにこしたことはないですよ)。スマップ内人間関係のようなノンフィクションを分析するのは好きなんですが、フィクションに対しては実は感想を言うのも苦手なんです。だから脚本や演出がどんなに破綻していても個人的な「萌え」があれば大丈夫です。私の場合その「萌え」は吾郎の演技とビジュアルなので今回は大満足。もちろん次のことを考えて攻撃の手は緩めませんが(笑)。

 もう連ドラは局を問わず全体的にだめですね。これだけ好みが多様化し、HDDや有料TVなどが発達した現在、連ドラをリアルタイムで見る人は中高年層。家族で気軽に見られるバラエティやドラマしか数字が出ないので、優秀な制作スタッフや役者は映画やBS、舞台に流出する一方。そのためますます連ドラの質は悪くなり、漫画原作やリメイクに頼ってしまう。
 それでも連ドラに出るのは顔を売るため、露出のためと割り切っている役者も多いし、以前よりはずっと「数字≠主役」「キャストより脚本や内容が大切」という当たり前のことが認識されてきました。また視聴率の精度については以前から疑問視されていますが、ネットの発達とともにまた違った形の視聴率を量る試みがなされています。ブログやってる方は是非頑張っていただきたいです。
  時期を同じくして中居君の映画、木村君のドラマが発表されましたが、両者とも制作陣、共演者など最高の布陣でそろえてますね。月9は話題性と数字を取るためには最適でしょうし、「貝」のほうは本当に質のいい映画を作ろうという意気込みが伝わってくるスタッフ、共演者です。「佐々木」を見てると、やはり良い作品を作るには制作側に愛があるかどうかなのかなと思います。「笑の大學」の時、何度も壁にぶつかっても頑張ってくれたスタッフや「飛鳥」の中江監督の地獄の本直し、吾郎を生かすために自分で脚本まで書いてしまった落合監督、そして稲Pや重松P、星監督の手がけた一連の作品の力の入れ具合とか(他にも枚挙のいとまがないのですが)、こうやって見るとやはりCXや共同TVのほうが安心できますね。次はまたあっちでの仕事が見たいです。

ところで私の機嫌が良い理由のひとつは、この留守中に「萌え燃料」がかなり投下されたことです。TVジョンのスマップ特集、メンバー全員美しく、お互いへのコメントも群れスマ不足を補って余りある内容でした。中居君は吾郎だけ相変わらず「ちゃん」づけ、しかもまだ可愛いと思ってくれてるのねえ(笑)。剛も吾郎の個性(柔らかさと知性)を認めてくれていて、よく言われる言葉ですが、なぜ「稲垣がいるからこそ、スマップは他のグループと違う」のかを端的に表現してくれたのが嬉しかったです。ビジュアルではキムゴロツーショの空気感はやはり他の追随を許しません(笑)。そういえば森光子さんへのスマップからのお祝い(舞台)の5色風船、木村がピンクに、吾郎が赤にと反対にサインしてありました。わざと間違えて二人でサインしたのかなあと妄想するだけで楽しいです。
また月イチゴローのコメントも冴えまくり、慎吾も完全にゴローの信奉者になってしまったの?(悪態ついてる頃が懐かしい)。「問い合わせNO1の月イチゴロー」のテロップまで出たとは!映画関係者の中だけでなく一般にも吾郎の映画評じわじわキテるようですね。GORO’S BARでのプリケツと自由人っぷりもなんともまあ愛らしい。「忘文」は痩せた分、さらにアップが美しすぎる。
 さらに山本君との対談も読みごたえありました。吾郎の芝居に関してはもちろんですが、さらに「自分から仕掛けなくても周りから愛される存在」と看破してくれたのはお見事。公式での小出君の「吾郎さんの家に行っていっしょにお風呂に入った夢」はかつての慎吾や剛の発言とも被るし、Mの時の成宮君の「プリン合宿したい」を思い出してしまいました。ほんとうに共演者にも慕われているようで嬉しいです。これからは新曲PRによせてスマップの露出もあるので楽しみが続きますね。

投稿: kim | 2008/02/26 19:18

penkimさん

お帰りなさ~い。ホリデー楽しまれましたか? 体中が筋肉痛というのは仕方ないですよねぇ。普段、パソの前が公私共にほとんどだろうし。良いリフレッシュになったのではないでしょうか。百万HIT激励ありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いしますね。

ドラマを楽しんで見ようと思ったら、kimさんのように見るのが一番いいです(笑) 深く考えないと、このドラマ結構普通に楽しめるんですよ。吾郎がシリアスに演じているところも萌えるし、コメディの演技センスも彼は抜群です。楽しまないと損ですよね。最近、ファンでない友人に今までの「佐々木夫妻」を見せたら、「ものすごくおもしろかった! 早く先が見たい!」と言われました。最近、彼女には吾郎のドラマをいろいろ見せているんですが、「Mの悲劇」の上を行くかもと言われた。(つまり、一般にはやはり「M」は好評なんですねw) いろいろでもあるのよーって愚痴を聞いてもらうと、「なんで、そんなこといちいち考えて見ているの? 吾郎ちゃんはかわいいし、格好いいし。確かに小雪さんが活躍しているけれど、すぐ泣くくせにダンナを鼻であしらうあのとんでも妻ぶりが楽しいんじゃん。ドラマとしては最高におもしろい。案件も身近なことや話題になっていることで興味があるし、アホほど笑わされるのに、感動もできるし最高やん!」と言われました。やっぱり、素直にドラマは見るべきだと思いましたよ(笑)

確かに「佐々木夫妻」だけでなく、今期の冬ドラは、どの局も苦戦を強いられていて、結構おもしろいと言われているドラマが一桁続きだったり、だんだん視聴率自体の意味がわからなくなってきてますよね。リアルタイムで見る番組が、ケーブルTVも含めると視聴者はものすごいチャンネル選択がある今、普通にドラマを見続ける人も少なくなってきたのかなぁと思いますね。録画率が、どのドラマも高いと言われているのもそのせいかもしれません。そうなってくると、kimさんが言われるように、やはりダイレクトに反応がわかるのはファンの声になります。視聴者がひとつのものに拘らずに広く浅くなら、ファンが深く応援すれば効果は抜群です(笑) 私も、T○Sさんは、ちょっと間いいかなぁ・・・なんてネガ意見になってしまいます。番宣は本当にありがたかったんだけど、今ひとつ詰めが甘いというか、わかってくれないというか・・・共同さんは、そう思えば、吾郎ファンからしたら神ですよね、本当に(笑) 愛が半端じゃない。深すぎて引くときもありますが(爆)

TV誌すごかったですよね。ちょっと、こちらで萌え爆発しようとも思ったんですが、なんかすごいこと書きそうで控えました(笑) どうにもこうにも、ツーショの選択は誰がしたんだというところから考えるだけで楽しいし、スマさん全員ただいまヴィジュ絶好調ですし、コメントもおいしかったですね。ナビの山本くんとの対談は、非常に新鮮ですごく癒されました、私。なんか、本当に纏っているものが似ているかもしれませんね、この二人。新曲がそろそろベールを脱いで姿を見せてきてますよね。これから、楽しいスマップ全員揃っての番組出演があるかと思うと、それだけでワクワクしますよ。楽しみです。

投稿: ANGEL | 2008/02/27 06:51

1000000hitおめでとうございます~。Angelさん。
夕べやっとビデオを見たんですが、本当に作る側の完成の人間として、吾郎ファンとしての欲を入れてみなければ、ただただ笑えるおいしい作品なんですよね。
その証拠にとなりで一緒に見ている相方は自分が入浴のために退席するもんだから、ビデオ止めてっていうんですよ(笑)
本当にもう屈託なく楽しみましょう、でも後何回と数えるのも寂しくなりますね。

追伸、Kimさんおかえりなさ~い。


投稿: mikiko | 2008/02/27 15:10

1000000hitおめでとうございます。
ANGELさんのお友達やmikikoさんの相方さんがドラマを楽しんだというお話を読んで嬉しかったです。
確かに「弁護士夫婦が法律用語を駆使してするバトル」などと煽られ、共演者も実力派の方達ばかり、おまけにいろいろコラボまで付いちゃって、極めつけはあのポスター。日本の連ドラだという事を忘れて期待しすぎてしまいました。

残りのあと4回、もう修正は不可能ですから、応援はしっかりと後は気楽にドラマを楽しもうと思いました。何と言っても共演者の方々も個性的で素敵な役者さんばかり、吾郎のビジュアルと演技も最高ですものね。

投稿: サイトー | 2008/02/27 20:57

ANGELさん、1000000HITおめでとうございます。
そう、もっと単純に楽しめば良いんですね。
今回は一応ノリ君のお仕事シーンがあり、それなりにデキル部分も見せて貰ったので満足しました。りっちゃんはおそらく最後まであの調子でしょうからそれ以外の所で萌えポイントを探せば楽しめますよね。
りっちゃんをカッコ良く見せようとするあまりノリ君を実際以上に情けない男に描いていますが、このドラマ、ストーリー自体はいつも面白いんです。脚本家の森下さんは構想力が優れた方だと思います。6話で言うと遺産相続問題の遠因として昔の五十万円紛失事件を設定するなど、毎回案件の中にもう一つ別のドラマを仕込んで、一粒で二度楽しめるようになっているのはさすがです。
だから、りっちゃんのキャラ造形さえブレなければ・・・。まあ、深く考えずに次回を待ちます。

投稿: はちミツ | 2008/02/27 23:08

cafemikikoさん

ありがとうございま~す。これもそれも、いつも見に来てくれる方たちのおかげ。ありがたいです、本当に。
「佐々木夫妻、おもしろいよ」って一般の方から言われると、そうだよなぁ・・・私、なんだかんだ言って、毎回笑ってるわと思いました。もちろん、つっこみどころはたくさんあるんですが、それもひっくるめて楽しもうという気があれば、完璧ではないにしてもラブコメとして気楽に見れるドラマなんですよね。このドラマは、一人で見るより、家族や友人と「それはないやろ」とか、「あほらしw」とか言いながら見ると、日曜劇場としては間違ってないと思います。それに何より、あと数回で法くんとはもう日曜の夜に会えないのね・・・と思うだけで寂しくなるのは、しっかりキャラとして愛してしまった証拠。最後まで、楽しんで見たいと思います。


barサイトーさん

百万HITお祝い、どうもありがとうございます。思えば、サイトーさんは、このブログを始めたころにすぐに来てくださったんですよね。懐かしい(笑)! 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
そう・・・このドラマは、前宣伝が吾郎のドラマとしては異例中の異例ですごかったんですよね(笑) だから、嫌でもファンは盛り上がって期待が大きくなりすぎたのもあるかもしれません。もちろん、そこそこ楽しいドラマ作りはしてくれてますし、現場は本当に毎回大変だと思います。でも、公表が早かったこともあり、みんな自分でいろいろドラマを頭の中で演出していたんですよね。弁護士なんだから、毎回吾郎のカッコイイお仕事シーンが見れる。小雪さんという素晴らしい相手役で、素敵なシーンがたくさんあるに違いない。脇の配役がすごいので毎回どう吾郎と絡んで楽しませてくれるのか・・・。それが、ことごとくひとつづつ削られいくもんだから、第4話の「なぜ、こんな・・・」というところで爆発してしまった(苦笑) いつものように、ふつ~に始まっていたら、案外楽しめたのかもしれない・・・とは思いつつ、あのありえない番宣の凄さはTBSさんには、やっぱり感謝したいと思います。できるだけ、楽しんで最終回まで応援していきたいですね。


beerはちミツさん

どうもありがとうございます。これからも、今まで同様ご愛顧のほどよろしくお願いします。
いちど芽生えた不信感って、なかなか拭いきれないもんなんですよね(苦笑) 某バラエティ番組が、何を出してきても信用できなくなったことを考えると(来週のビストロしかと見届けたいと思いますw)、今回のドラマで「なぜ、こんなことに・・・」という愕然とした気持ちを奮い起こして、純粋に楽しむことができなくなったのかもしれません。回を重ねるごとに、つっこみどころが細かくなってきているのを自覚します(汗) 一番の難点は、りっちゃんの描写ですよね。これさえ克服すれば、結構楽しめますが、これができないと、法くん自体のキャラもあやうくなってきます。1時間が結構早く感じたり、気付いたら笑ったり泣いたりとしっかり嵌ってドラマを見ていることを考えれば、これって楽しんでるんじゃないか?!と思うようになりました(笑) 吾郎は、素敵v これは崩れようもない確固たる自信を持って、このドラマを語れます。ファンとしては、それだけでも嬉しいことですよね。日曜の夜が、待ちきれない・・・これは、やっぱり変わらないなぁ。

投稿: ANGEL | 2008/02/28 08:45

ANGELさん
1000000HITおめでとうございます。
100万になるのを気にして見ていたにも拘らず
あっという間でお祝い遅くなってすいません(汗)

「佐々木夫妻」は私のように人生長く生きている
者にっては?が多く、見ていて疲れるドラマです。
それは逆に、それだけドラマの中に入り込んで
見ているという事にもなるのですが・・・

凹んでばかりもいられないので、吾郎さんをはじめ
その他のキャスト、ゲストの皆さんの演技を中心に
見ていると、こんなに安心して見ていられるドラマも
そうないと思いました(笑)
救いはやはり吾郎さんの美しさと演技のうまさですね。
細部にわたっての表現力は見事で、それだけで次を
見たいという気持ちになります。

何時も「日曜洋画劇場」を見ていた主人がこのドラマは
見ていて面白いと言っています。我が家も似たような
所があるそうです(爆)

ANGELさんのブログと皆さんのコメントを読んで、何時も
元気をいただいています。これからもよろしくお願い
致しますね。

投稿: ホロンママ | 2008/02/28 10:43

ANGELさん、100万HTおめでとうございますheart02
ANGELさんやみなさんの書かれている通りだと思うので省略して、一言追加するなら「このドラマはコント」と思って見ています。そう思うと心穏やかなんです。
今回、雑誌各紙で色々楽しませてもらえたので、出版社には感想とお礼、また載せてもらえるようにお願いすること、もちろん投票など、営業活動にがんばります。

投稿: 流星 | 2008/02/28 11:44

遅くなりましたが、ANGELさん、1,000,000HITおめでとうございます!
書き込みはご無沙汰でしたが、いつもロムっていてANGELさんはじめ皆さまの熱い意見を読ませて頂いていました。
私もドラマについては色々思うことがありすぎて、中々感想を一つに纏められないのですが、ここまできたら楽しむしかないと思いました。確かにいつも律ちゃんにやられっぱなしの情けない法くんですが、視聴者に情けない男と思われるのも吾郎ちゃんの演技力が素晴らしいからですよね。
カッコイイ、可愛い、情けない、色々な表情を見せてくれる吾郎ちゃんはすごい役者だと思います。
最終回まで思い切り役者、稲垣吾郎を堪能しようと思います。

投稿: 有紀 | 2008/02/28 12:12

ANGELさん、Milllion Hit おめでとうございます!
私は昔から「キャー!吾郎ちゃん可愛い!」しか感想が書けないようなミーハーなファンなので、今回のドラマはビジュを堪能しながら楽しんで見ています。
でも、先日主人と見ていてドラマの内容について意見がぶつかり、あやうく大喧嘩するところでした(笑)
こんなに真剣に夫婦で見てるドラマって、実は初めてかもしれません。
それだけでも、すごい価値あることじゃないかしら?と思っています(笑)

投稿: KYOKO | 2008/02/28 18:36

皆さん、1000000HITのお祝いメッセージを残してくれてありがとうございます。これも、ひとえに皆様の熱い支援とありがたく噛みしめさせて頂きます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


basketballホロンママさん

ドラマのテンポが良くも悪くも早いんですよね。ひとつのテーマだけでなく、夫婦のこと、案件、周りの人間関係などが、ポンポンと場面を変わって出てくるので追いかけるだけでも大変なうえに、疑問符つけたくなるような描写もあることから投げ出したくなる人がいるのも分かる気がします(苦笑) でも、なかなかそう考えれば、それだけ詰めていて案件は無難に解決して、ストーリーも進んでいっているのであれば優秀・・・なのかな(笑)? ご夫婦で見られているところは、例外なくお互いに「うちも似ている」とか、「あそこまではしない」とか言いながら見れて、夫婦の会話が弾んで見れるドラマなようですね。やっぱり、日曜のドラマとしては成立しているんですねぇ。吾郎の演技は、本当に素晴らしいので、法くんが映ると嬉しいというよりホッとします(笑) そんな法くんを最後幸せにしてやってほしいですね。


tennis流星さん

そうそう、「スマスマ」のコントよりも作りこんで、CGを駆使して、俳優さんたちの個性を出してできあがったコントと思えば楽しめます(笑) (どちらも、いかんせん吾郎任せなのが気に食いませんがw) 流星さんの言われるように、要望だけでなく、そのあとのフォローも大事。「佐々木夫妻」をピックアップして吾郎をフューチャーしてくれた雑誌、番組にはお礼を、投票は頑張って裏技使ってでも駆使し(笑)、今後に繋げていけるようにしたいですね。そうやって、今度出てきたお仕事が素晴らしいものになると考えれば、少し時間を割いて頑張ろうと思えます。吾郎がポロリした「映画」はあるのだろうか・・・そろそろ、ドラマの終わりが見えてきたので、次のお仕事も気になりますね(笑)


soccer有紀さん

いつも、BBSで速報を流して頂いてありがとうございます。とても、助かってます。私は、なかなか拾ってくるのは苦手なので、こうやって皆さんで持ち込んでもらえると本当に助かります。今後とも、どうぞよろしくお願いします。
もう、最終回の撮りも始まっているようですので、いまさら「こうしてくれ、ああしてくれ」はあまり意味がないようですね。それならば、出来上がったものをなるべく楽しんで、面白かったことは引き続き公式に送って、なるだけたくさん吾郎の特典映像をDVDに入れてもらうように持っていくのが良策ですかね(笑) 前回のドラマのように、蓋を開けたら「あれ?吾郎の特典は???」とならないことを祈ります。公式BBSで終わったあとに、ぜひSPをという声も書かれてましたね。何事もお願いは無駄にはならないと思うので、私も頼んでみようかな。2時間ならここまで破綻しないでしょう(笑)


golfKYOKOさん

ヴィジュを堪能しながら見るというドラマの見方をすれば、このドラマは最高殊勲賞をあげれます(笑) これだけ、かっこいい吾郎や、可愛い吾郎両方をふんだんに散りばめてくれたドラマがあったでしょうか(笑) それだけでも、本当に「佐々木夫妻」が作品になって良かったと思います。ドラマの内容で、夫婦であれやこれやと言うと喧嘩寸前になるときありますよね。うちも、「君も、掃除しないよね・・・」って言われて、「あんたも隠し事多いよね」と反論してやりました(笑) 他人の振り見て、我が振り直せですか(笑)? 法くん、いいですよねぇ。料理も掃除も完璧。仕事もしっかりやる弁護士さんで、性格はやさしい。そして何と言っても「男前」だわ(爆) あんな完璧な旦那様いないいない・・・と思いつつ、夢見れる良いドラマですなぁーw

投稿: ANGEL | 2008/02/29 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6番目の男 | トップページ | Secret Message »