« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

テンション下降気味・・・

週末からのメディア感想を、少しあげておきます。あまり、テンションが上がらないんですよねぇ、個人的に(苦笑) でも、そうなると、それでなくても余り更新頻度がよくないブログなんで、無理にでも気持ちを上げていきます(笑)

まず、「27時間テレビ」ですが、全国の吾郎ファンの皆様本当にお疲れさまでした。事前に、吾郎だけ出演がないとわかっていても、「もしかしたら・・・」という思いもあっただろうし、他のメンバーが吾郎のことを何か話すかもしれない・・・という気持ちもあることから、ほとんどの方が何気に見ていたとかHDDにとりあえずベタ録りしていたと聞いて、「ご苦労様でした」と、あとで欲しい映像だけお願いするズルイ私なんか労いの言葉しかかけれません。「なんだかんだ言って、エンディングにはスマップ全員出てきてくれるかもしれない!」という淡い期待を抱いてチャンネルを合わせたというのもお聞きして、個人的にはもうこの手の番組には借り出されないほうがいいのではないかと思いましたよ。若い後輩Gに任せればいいんじゃないですか? 生放送だし、「いいとも」は仕方ないとして、他に今やるべきことがあるんではないかと問いかけたい。

でも、もちろん、出演してくれたメンバーの箇所では楽しい場面はあります。そこは、例外なく萌えておきたい(矛盾しているかもしれませんが、結果として出てきたものを楽しむのはファンとして当たり前なので)。 まずは、「いいとも増刊号」での、思わぬ吾郎の名前出現に驚きました。剛は、相変わらず吾郎の名前を出すのが好きだなぁと思えば萌えれるのですが、慎吾が吾郎のBDを忘れているのはネタだし、それは「うたばん」でも剛も同じようにネタ振りとして乗っかった身としては、慎吾には言えないですよねぇ。それに、そのネタが「どうしても許せない」ところだと思わないのは、いくら萌えが好きな私でもわかるわけですわ(笑) でも、敢えて萌えておきたいから素直に受け取っておきます。だって、その方が吾郎ファンとしては嬉しいでしょ(笑)?

中居くんの真夜中の話は、面子がすごかったみたいで、これはまだ見ていないので何気に楽しみにしています。なんせ、さんまさんと大竹さんが一緒にトークするっていうのは、別々になられてから初めてじゃないでしょうか? きっと、いまだに仲は良いんでしょうね。そこに、どう中居くんが絡んでいるのか興味があります。そして、「さんタク」ですが、きっと木村くんファンは「タクちゃんマン」がVeryキュートで楽しまれたと思うのですが、私はさんまさんの爆弾発言を楽しんだ嫌な奴です。すみません(笑)

そして・・・今夜の「スマスマ」 もう、本当にこの番組は学習をしない番組ですね(苦笑) あれだけ、「未公開」と煽るのなら、しっかり未公開映像を流してくれればいいのに、見たことあるシーンばっかりで、本当の蔵出し映像はつまんないとくれば語るところがないです。確かに、いままでの過去の楽しいコント特集としての保存版と思えばありがたいのかもしれませんが、その作業をする手間が省けただけ? ここ最近の「スマスマ」が結構面白かった分、やってくれたなスマスマって感じですよ。そして、言わせてもらえるのなら、スタッフはこの過去の素晴らしく面白かったコントを見て勉強して頂きたい。まぁ、おそらくほとんどのファンの方が、「期待してなかった」と思いますが(笑) たまには、逆にその期待していないという期待を裏切ってくれよ。過去の宝物を見せる気がないのなら、「未公開」という言葉を安易に使わないでほしいなぁ。

来週は、スマップのメンバーを迎えての恒例「LOVE AWARD」なんですね。こちらの方がまだ期待できるのでしょうか。ゲストがしゃしゃり出てくるのだけはやめてほしいし、特定の誰かが罰ゲームになるような流れも遠慮してほしいのですが大丈夫だろうか。見所は、少し映った予告の吾郎の恐ろしいほどのヴィジュの良さとスタイルの素晴らしさですか(笑) 本編が語るところがなかったときのために、ここだけは今萌えておきます。吾郎、格好いい・・・v

もう、テンション下がりっぱなしで申し訳ないのですが(暑いしねぇ・・・)、さらに吾郎ファンとしては追い討ちをかけます(爆) 今夜の「ストスマ」でのファンからのおハガキが、「朝倉総理として、スマップのメンバーを大臣に任命するなら、誰をどんな大臣に指名しますか?」という、なかなか面白いテーマでした。木村くんの回答は、「なんだ?! メンバーを大臣にする? しないだろうなぁ、たぶん。もう、任命責任がでかすぎると思うんで、これは、メンバーを大臣にするのは厳しいんじゃないですか?」という断りを入れてから、新しいポストを作っていいのであればということで以下のようになりました。

香取慎吾---芸術美術大臣 (世界遺産などの劣化を、次の世代に引き継げるようにポストを設けたい)
草彅剛---デジタル大臣 (デジタルテレビのチャンネルは多くの数と選択があるので、それを調べて何を供給するべきか考える)
中居正広---芸能大臣 (タレントだけでなく現場で働いている人も含め国として認める)

結構、真面目に答えてくれているわけですよ。ところが、吾郎のときだけ(慎吾の次に回答したのですが・・・)、なんだかなぁ~な回答(苦笑)

稲垣吾郎---癖毛大臣 (世の中で癖毛で悩んでいる方のため)

「いきなり、ど~でもよくなってきちゃったなぁ、ヤバイ!」、「ひとつ悔やまれるのは、癖毛大臣ですかねぇ(笑)」って言うぐらいなら考え直してくれよ(涙) まぁ、でも、この吾郎の任命のときが一番楽しそうでしたけどね、木村くん(笑) 軽く聞いていれば笑えるし、吾郎にだけものすごい特別任命なんだねとも思えますが、私は全然嬉しくなかったです。これも、聞く人の捉え方で変わると思いますが・・・なんだか、キムゴロさんがちょっと最近楽しくないです(苦笑) 次回は、盛り上げてください。私のテンションが恐ろしく下がるので(爆)

| | コメント (7)

労いと思いやり

全然、どこにも噂が落ちていなかったので知らなかった。新しい「ポカリ」のCM。今度はビーチバレーですか。これ、CG使って撮ったのだろうか、それともちゃんとロケしたのだろうか・・・それよりも、ちゃんと「5人」揃っての撮影だったのだろうか(笑) スマップが揃う映像は、何かと最近合成が多いのでねぇ。希望は、全員揃って海辺でのロケで、CM撮影後みんなで水かけっこして戯れるスマップの図というのが欲しいのだか・・・無理っぽいですね(苦笑)

さてさて、前回の吾郎担当から替わって、今週の「ストスマ」は木村くん担当。そして、今夜はキャッチボールスマップ。しっかり、吾郎からのメッセージが流れたときに、この人たちは、本当に「ストスマ」でキャッチボールをするのが好きだと認識しました(笑) 今回は、そんなに萌えれる話題ではありません。でも、なんか木村くんがご機嫌さんで、始終笑っているから楽しく聞かせて頂きました。

吾郎 「どうも!木村拓哉くん、ドラマお疲れさまでした。見てましたよ、『CHANGE』。ドラマ終わってぇ・・・ねぇ、ホッとしたねぇ。(木村「(笑)なんで、お前がホッとするんだよ(笑)」) 大変だもんね、連続ドラマってねぇ。ってことは、今、連続ドラマが終わって、あれかなぁ、少し楽になったのかなぁ。スケジュール的にもね、ちょっと時間ができて。しかも、夏で、これ、木村くんの季節じゃないでしょうか。海とか行きたいんじゃない? 全然行けてなかったから。(木村「んふっ(笑)」) なんか、やりたいこととか、ちょっと時間ができてこれからやろうとしていることとかありますでしょうか? なんか、テレビ誌の質問みたいでごめんなさい(笑)」

このあと、木村くんも笑っているのですが、最後の吾郎の笑い声と被って、一瞬同じスタジオに吾郎を目の前にして話している錯覚に陥りました。このあと、木村くんは、吾郎の言うとおり、ドラマが終わってすぐに「毎日」海に行かれたそうです。ドラマをやっているときは、海に行って腕が太くなるとスーツが着れなくなるのでスポーツはしないみたいですね。太陽が好きな木村くんは、鬱憤を晴らすように行きまくって黒光りになり、腕も太くなったそう。吾郎には考えられないことですよね。ゴルフでも、日傘を差してもらいながら回る人なので(中居談@ポポロ) 

吾郎への直接メッセージがなくてちょっと残念と思いながら聞いていると、最後にちゃ~んと話してくれる木村くん(笑) 

木村 「あ~、びっくりした。なんか、逆にねぇ、吾郎からのメッセージで、そろそろドラマも終わって時間があると思うから、一緒にカントリークラブに行きませんか?っていうお誘いのメッセージが来たら、ちょっと恥ずかしいなぁって思ったんですけど、そういうメッセージではなかったですね(笑)」 

これさぁ・・・吾郎からゴルフのお誘いだったら恥ずかしいという感覚がもうわかりません(笑) だって、あれだけ一緒に行こうねと話している二人なのに、言われたら困るんではなくて恥ずかしいって照れてるんですよ。私には、誘ってほしかったように聞こえましたが、何か(笑)? 吾郎、そこは誘っておくべきだったんじゃないのかなぁ。でも、夏だからドラマで長く行けてなかった海に真っ先に行きたいだろうと思う吾郎が、木村くんのことをよくわかっているのに萌えましたv ここは、ゴルフじゃなくて海に行かせてあげたいっていう吾郎の思いやりかとも思ったんですが。

木村 「いや、改めてこのキャッチボールスマップのね、重圧感をね、毎度毎度僕は感じてるんですけども。今日も何かすごくねぇ(笑) もう20年ぐらいやってきてるメンバーなんですけどね、すごい・・・他人っぽいですよね。ひゃははは(大爆笑) 初対面の人の会話かよっていう、キャッチボールですが(笑)」

このあと、きっとメールで、「吾郎、お前の今回のキャッチボール他人行儀だったな(笑)」なんて送っていたりして。そして2つめのメールで、「今度、一緒にゴルフに行こうぜ」と送って、吾郎を満面の笑顔にしてくれていることを祈ってます。

| | コメント (12)

ロック魂@吾郎ヴァージョン

「スマスマ」の感想をあげようか悩んだ結果、非常に吾郎のヴィジュが良かったので、そういう意味で記念に書いておきます(笑) それに、新曲と「ほん怖」のニュースだけでは、どうにもこうにも盛り上がれないので(苦笑) 今回の「スマスマ」は、どう考えても全体を通して特におもしろかったというわけではない。なのに、なぜかリピ率が大きくなりそうなのは、ひとえに吾郎が素敵だったからです。これぞ、ファンだけが楽しめた回でしょうか。

まずは、ビストロ。なんだ、吾郎。これ、いつの撮りでしょうか? そんなに前ではないですよね? ものすごく、お顔がすっきりされていて100%できあがっているときの稲垣吾郎じゃないですか(笑)? シェフ帽を被ると、ぷっくらしているときは強調されるので、あまりビストロでヴィジュが良い!と思うときの吾郎は数少ないのですが(厳しいなぁw)、今回ばかりはじっくり見てしまった。

ビストロのコーナー自体が、あまり好きでない私は、いつも結構早送りで見ることが多いのですが、今回はキッチントークでもしっかりゲストの高橋克実さんとの夜のデート(?)のエピが流れたしねぇ。最近、一緒にお酒を飲んだというお二人。中居くんが「何? そういう仲なんですか?!」と真剣に驚いていましたが、何かと思えばラジオでも話していた剛の舞台の中打ち上げに行かれたときの話なんですね。ここのツボは、私的には3つあります。一つは、剛がすぐに出て来れないので待ちぼうけをくっているときに、高橋さんがお声をかけてくださったと嬉しそうに話す吾郎の可愛さ。二つ目は、そんな剛に「なんで、待たせたんですか?」という中居くんの質問に、ちゃんと「剛くんは、大竹さんと二人で座長をされていたのでので、挨拶とかあってすぐに来れなかったんですよ」と丁寧にフォローをする紳士な吾郎。三つ目は・・・そんな様子を聞いて、なぜかおもしろくなさそうな方がおられたような・・・と思えた妄想癖女ここにあり(笑)

そして、お食事を出すときに丁寧にひとつづつ説明をする吾郎が、また素敵でねぇ(笑) ナベアツさんに、ものすごく高いキャビアを見せて「もっと欲しければ言ってください」と優しい吾郎。そして、勝利。やっぱり、吾郎が勝つと嬉しいもんですね。お土産の新潟産こしひかりを両手で抱えて笑顔になる吾郎が可愛いv 番組終わり近くの提供バックで、ナベアツさんからスマップへの新ギャグ提供に、相変わらず笑いの沸点が低くて「あははは!」と子供のように大声で笑うさまに萌えv ゴロバーのオーナーだよ、オーナー(笑) 本当に、芸人さんを喜ばせる王様ですよねぇ。何してもこれだけウケてくれたら、芸人さんも嬉しいだろう。

途中の「AGE CARD」ですが・・・これ、中居くんが司会をやらずに、スマップ全員参加のわりには、たいしておもしろくないのはどうしたらいいのでしょうか(苦笑) もったいないなぁ・・・さらに、吾郎いつもあまり映してもらえないし。久しぶりのデコ出し吾郎で、赤いスカーフの衣装も素敵なのに映らなくて、ストレスが溜まりそうなコーナーでした。そして、最後の歌のコーナーですが、期待してなかったからだろうか、ものすごく良かったと思うのは。いや、吾郎が格好いいからだな(笑) トークでは、「ロック魂がわからない・・・」と呟いてしまい、大島さんに「まず1枚脱ごうよ」と言われる吾郎。たまには、ええこと言うやんか(笑) 全部脱がずに、肩からずらすだけの様子が・・・エロいんじゃい(笑)! いか~ん、血吐く、吐きそう(爆)! いや、吾郎はそのチラリズムでいいよ。その方が、私が萌えるからw

女性だけの突発的に組んだ(笑)中島美嘉さん率いる「MICA3CHU」。森三中を選んだ基準がわからんが話題にはなるか(しかし、あのバンドロゴは、AC/DCに断らんでええのか(笑)?) そして、このヴォーカルラインが、吾郎にすごく合っているロックでしたね。いつも女性と歌うときは、女性のキーで歌うことが多い最近の吾郎なんですが、今回は地声でハスキーな歌声に聞き惚れてしまいました。いや、吾郎、そのノリでいいよ、今回のロックは。めっさ格好よかったから。静かに移動するたびに、長い衣装の裾が翻って、もんのすごくセクシーだったわ。画面に映し出された吾郎のUPのヴィジュの良さにぶっ倒れそうになりました(笑) VIVA! ROCK! 今年のライブ(あると信じているw)のソロ曲、こういう路線でもいいんじゃないかなぁ。激しく、お願いしたい。

| | コメント (5)

SMAP語り

今回の「ストスマ」は、吾郎は毎回語っていますねぇ。水曜日は、スマップのことを話してくれて、非常に興味深かったです。ファンの方のおハガキが、「スマップも、今年結成20周年ですね。最近、古いビデオの整理をしていたのですが、吾郎ちゃんはあまり変わっていませんね。髪型など容姿もそうですが、性格も大人になってきてはいますが、基本的にあまり変わっていない気がします。(吾郎、ここで大ウケですw) 吾郎ちゃんが身近にいて変わったなぁと思うメンバーは誰ですか?」というお便り。

吾郎は、いろんな人から「変わっていない」とやはり言われるようですね。

吾郎 「なんで、言われるんだろうなぁ・・・見た目も変わっていますけどねぇ。でも、10年以上前の写真とか見ると、やっぱちょっと違う人みたいですよね、自分自身も。違う目をしているみたいなね」

自分を冷静に見て話す吾郎。そう、不思議なんですよ。ファンの私たちからしても、昔のアンニュイ吾郎の切り抜きなんて宝物として持っていますけど、やっぱり変わっています。こう、とんがっている部分が前面に出ていましたね。良く言えば、妖しい魅力満載なんだけど、背伸びしているところも感じられました。ファン以外から、ちょっと変わっている人と捉えれることも多かったと思います。そこが、また長所でもあったけどねぇ。そんな時代から比べると、今は、ものすごく柔らかい人になって等身大の自分を出していますよね。どちらの吾郎も好きですが、やっぱり周りから言われる「変わらない」部分というのは、持っていますね、吾郎は。人間やっぱり持って生まれたものは変わらないと思う。それは容姿のことではなくて、その人なりのものですね。

吾郎 「変わったと言っちゃあ、変わってますけどね、皆それぞれ。でも変わってないっちゃ、変わってないしなぁ・・・うん・・・中居くんや木村くんは、特に変わってないですね(笑) なんとなく僕の印象では。草彅剛や香取慎吾の方が、僕から見れば中居くんや木村くんよりも変わった気もしますけどねぇ。長男って一番変わらないじゃないですか、意外と。兄弟とかでも(笑) まぁ、いい意味も含め、悪い意味も含め(笑)」

つまり、吾郎から見た中居くんは、変わらず面倒を見てくれる存在だってわかっているわけですねw

これだけで、またいろいろ語れるなぁ(笑) 吾郎から見る変わったメンバー、変わらないメンバー観ですが、私が思うにきっと吾郎がそれぞれのメンバーとの関係性から見るとこうなるのではないかと思ったんですよ。つまり、自分より上の二人にはむか~しから吾郎の接し方が変わらないから、相手も変わらなく見えるんじゃないでしょうかね。反対に、年下の剛や慎吾に対しては、彼らが上を見て育ってきたこともあって大人になっていくのもあるけれど、それによって、吾郎もシンツヨに対する態度が変わってきたんじゃないでしょうか。だから、彼ら二人が変わったように吾郎からしたら見える。まぁ、2TOPのお二人には、いつまで経ってもあの甘えた「吾郎ちゃん」のままですからねぇ(笑)

吾郎 「皆、変わったよねぇ。うーん・・・確かに、木村くんや僕が意外と見た目的には変わってないほうかもしれないですね。慎吾は・・・変わったもんねぇ。デカくなったしねぇ。まぁ、でも最近痩せてきて、ちょっといい感じだよね。一時期ちょっとプクプク、ちょっと肥えてましたけどね(おいおい・・・w) うん・・・でも、中居くんも変わったよね。昔の写真とか見るとね。うーん・・・あと、剛も変わったな。という事は、トータル的に考えると草彅剛が一番変わったのかなぁ」

何気にところどころプチ毒をさらりと言っていた吾郎ですが(笑)、トータル的に剛が変わっていると判断していたけど、それを言ったら慎吾もいっしょだよね? 何故に剛だと思ったのかと考えたところ、最近プライベートでも良くでかけるこの二人。おそらく、その度にいろいろ話すことや、お互い感じていたそれぞれのイメージが変わったのではないかと推測します。よって、吾郎からしたら、草彅剛は一番変わったと感じるのではないでしょうか。少なくとも、吾郎から剛のベクトルはものすごく変わったと私は思うんですよね。吾郎、昔、あんなに優しくなかったもん、剛に(笑) そして、おもしろいことに、性格も見た目も吾郎からしたら変わらないと思うメンバーが、「木村拓哉」なんですよね。これも、ちょっと語りたいのだけど、ものすごく長く濃くなりそうなので割愛させて頂きます(爆) 

吾郎 「でも、こういうのは僕にする質問じゃないですよね(笑) 一番わからないよね、身近にいるからね。逆にね、ファンになっている皆さんの方が・・・でも、皆さんも、僕らと一緒に歩んできて、同じ人生を歩いてきているわけですからね。もしかしたら分かりにくいのかもしれませんし」

いや、難しいと思うけど、ファンというのはそれぞれ、メンバーをどう見てきたのか聞きたいもんなんですよ。ファンの方もわかりにくいのかな?ということですが、そりゃあ、まったく真意はわかりませんが、想像するのはすごく楽しい(爆) スマップって、そういう楽しみをくれるグループなんですよ。今後も変わらず仲良く、一緒に歳を重ねていってください。

ちょっと、水曜日の話題が神だったので、今夜の「キャチスマ」の感想が短くなってしまいますが、慎吾から「マニアックなゴルフについて語ってください」というメッセージ。質問が、すでにファンの方のハガキで語ったあとだったので、あまり話すことがなかったみたいですが、スマップ全員でラウンドを回りたいとファンと同じことを言ってくれる吾郎。「スマップでゴルフ番組なんて、結構楽しそうだなー(笑)」とどこかにお願いしているような声が可愛かったです。しかし、「でも、慎吾は向いてないなー(笑) 球技苦手だからね、香取慎吾は。野球とかほんとダメだもんね(笑)」とお前が言うなー!というようなプチ毒をここでも吐く吾郎(爆) これ、あのゴルフ特集の「スマステ」の前の録りだと思うので、きっとあのシミュレーターでの慎吾を見て、「結構やるじゃん」と思われたでしょうね。ここは、是非スマップ全員で回ってください!

| | コメント (7)

萌え2連発

あぁ、幸せ。何がと言うと、土曜日に「スマステ」で可愛くボディタッチまで生放送でおっぱじめるシンゴロに萌え、日曜日の「いいとも増刊号」で、やっぱり剛はBDに吾郎とお食事だったか!と萌え、月曜日の「いいとも」で、吾郎が新しくメルアド替えるから聞くはめになった木村くんの話に萌えました。私の幸せなんて、こんなもんですよ(笑) 自分がどーしたこーしたより、スマさんたちが仲良いのがとてつもなく嬉しくて幸せになれます。あとは、ナカゴロだなぁ・・・今週のキャチスマ来いっ!

実は、「いいとも」2連発の感想は、もうブログではあげないつもりでいました。前述したように、とても嬉しかったんですが、私が書くと暴走しそうだったので今回はやめておこうかなぁと思ったんですよ。だけど、ちょっとある方に背中を押されました(爆) 久しぶりに日記が濃くなると思いますので、どうも苦手という方は回避してください。お好きな方はついて来てv 
注: よって、ものすごく主観と妄想が入ると思いますので、そこはお願いですから大目に見てください。語りたいのよw

まずは、やっぱり避けて通れない剛のBDの夜。「いいとも」では、誰も食事に誘ってくれないから・・・と前置きしていた剛ですが、「えぇ~?!」と会場は同情の入った声があがりましたが、どう考えても剛が言ったように「遠慮」してくださったんでしょう。最近は、「ごろさんとお食事に行きたい」とあちこちで公言していた剛。どんなに仲が良い慎吾だって、バリ燃え兄貴のBDには遠慮して他に予定入れた気がして仕方ないんですよねぇ。なのに、そんな素晴らしいセッティングが準備されても、ごろさんが連絡してきてくれないことには話にならない。「ごろさん、誕生日って知らなかったみたいなんですよ(笑)」と言っていましたが、吾郎も相当なマイペースですからねぇ。もうすぐ剛のBDだなとは思っていても、普通男同士の間ではっきり覚えていて何かをすることはあまりないですよね。逆に吾郎の立場から言ったら、それこそ遠慮すると思うし。

いや、そんな見てわかることはどうでもいいんですよ(笑) どうもねー、剛が挙動不審(爆) 放送後のトークなんて、緊張することなんかないのに、口数は少ないし、同じことばかり話しているし、話しながら何度も唾を飲み込むようなしぐさをするし、指を触って落ち着かなかったり。極めつけは、長いこと聞いていなかった「ごろちゃん・・・」 これは、思わず金曜レギュラーの皆さんが「吾郎ちゃん」「吾郎ちゃん」って言っているのでつられたのもあるかもしれませんが、ちょっと剛自身が焦っていた風にとれまして。実際、いつもより言葉がカミカミになっていたような。いや、剛の「ごろちゃん」ものすごく、きゅーんとしたよ、私はv

そして、一緒に言った場所は「もつ鍋」・・・この暑い夏の真っ盛りに鍋ですか?! よっぽど、二人が気に入っている場所なのか、ゆっくり話しやすい場所なのかわかりませんが、いろんな理由で一緒にもつ鍋。「ごろさんと、もつ鍋に行ったんですよ」と言う、剛の顔が嬉しそうでねぇ。そうか、そうか、ジャニブログで出すほどだもんね。思い出になる34歳のBDを過ごせたんだろうと微笑ましくなりました。

そして、木村くんの「CHANGE」最終回の番宣出演の月曜日。「今年、メルアドを交換した人」の中に、なぜかメンバーがリストに入る木村くん。慎吾も、「今年・・・?」と訝しげな顔。「いや、メルアドをころころ替える奴がいるんですよ」という木村くん。誰?誰?という周りの反応の中、タモさん「吾郎ちゃん?」 木村「ぐっ!」 慎吾「ごろちゃん?」 木村「ぐふぅん」(軽く頷く) どーいうリアクションなんですか、木村さん(爆)? 言いたいのか言いたくないのかはっきりしてくださいw 

ここで、慎吾が「吾郎ちゃんだぁ、良くそういう会話しているの見てます。『お前、(メルアド)替わった?』『いや、そうなんだけど・・・あっ、言ってなかったっけ?』みたいな」と状況を説明してくれます。もう、メンバー内痒い所に手が届くのは、慎吾と中居だなぁ。本当に、いつもありがとう。この会話の説明だけで、頭の中ですぐに想像できました(笑) その話を聞きながら、「ふふっ」と笑っている木村くん。自分では言えないことを、しっかり末っ子が話してくれるよねぇ。さすが、メル友(笑)! そのあとも、慎吾はそんな様子を見ながらも、俺は吾郎ちゃんのメルアドは知らないと言ったため、木村くんが「俺が知っているのは、慎吾と吾郎・・・」ということまで聞けちゃいましたしねぇ。

そう言えば、以前「ストスマ」でも愚痴っていましたね。「吾郎にメールしても戻ってくる。メルアド替えたのなら教えてください」って(笑) この様子から、木村くんは必然的に自分のメルアドが変更したときは吾郎にメールで「拓哉です。メルアド変更したから更新よろしく!」みたいなのは送っているんでしょうね。でも、吾郎はそういう気遣いができない(笑) よく変更するみたいなので面倒なのかもしれませんが、あなたが大好きなゴルフのアイアンセット一式を買ってくださる優しい木村くんに連絡しないのはダメだよ(笑) 

「ストスマ」で「BDプレゼント渡したいから、楽しみに待っていてください!」と吾郎にメッセージを残していた木村くん。あの後、すでに渡されたのかもしれませんが、もしまだなようだったら・・・今は、希望を聞かない方がいいよ。下手したら、47万円もするスイングマシーンを買わされる可能性が大きい(爆) それで、また甘いから買っちゃうでしょ? なぜか高額なものほど現金で買い物をされる木村くん。お金おろしに行く羽目になっちゃうから、吾郎に聞く場合はタイミングをくれぐれも計って行動してください(笑)

| | コメント (7)

ゴールドシャツのゴルフプリンス

2年振りの「スマステ」生出演の吾郎。もちろん、テーマはゴルフ特集(笑) 慎吾が、「初めてオーディションを受けに来たのがこのテレ朝。そのとき、小学生と中学生ですよ。まさか、ゴルフ特集いっしょにやるとは思いませんでした」と言っていました。そのとき、思った。吾郎ファンは、吾郎がゴルフに嵌り出したと聞いてから、まさかゴルフ関連の仕事を吾郎がするとは夢にも思わなかったと(爆) いまだに、手放しで大喜びしているわけではないのですが、ジャニーズでゴルフなんて今までなかったし、まさしく吾郎らしいと言うか・・・これが、他のお仕事も入ってきてのことなら、ものすごく嬉しいんだろうなぁ、と思いました。

今回、「スマステ」では、おしゃれなゴルフということで、女性の間でゴルフブームが起っているようですね。十数年前にも、その兆しはあったのですが、アッという間に消え去っていった。果たして、今回はどれぐらい続くのでしょうか。個人的には、おしゃれが出来るからゴルフをやってみようというのであれば、きっと長くは続かないだろうと思っています。他にもっとおしゃれなブームが来ればそれまでですからね。ゴルフとういスポーツが楽しいものだとわかるきっかけになれば、それはすごく良いことだと思いますが・・・私は、きっと一生嵌らないだろう(笑)

今回、一番嬉しかったのは、吾郎の生ゴルフスイングですね。ゴルフシュミレーションで上着を颯爽と脱いで、準備する吾郎の男前なことv 「生放送ですからねぇ」と、きびきびとした動きで上着を脱ぎ、スカーフを取り、グローブを付け、ウッドを取って構える吾郎。その、半袖のシャツから見える、結構逞しい男性らしい腕に萌えv スイングしたときにその腕に血管と筋が浮くのに激萌え(男性血管フェチなんでw) 構えるときの、姿勢の良さ、脚の長さ、腰の色っぽさ、全部に萌えました(笑) 「本当に構えが綺麗ね」と羽川プロに言われる吾郎のフォームは、本当に美しかったです。シンゴロがお互いのフォームに、お約束のようにいちいち口出しするところが、まさしくシンゴロの真骨頂で嬉しくなりました。

ただ、少しここからちょっとネガ入ります。少し皆さんの感想を読ませてもらっただけで、ほとんどの方が楽しまれたのがわかったのですが、個人的に「う~ん・・・」となったのも実は正直ありまして(苦笑) シンゴロで爆笑ゴルフというから、もしかしたら外に出て過去の神映像だったロシアロケのようなものが見れると思っていたんですよ。だから、ものすごく期待していたのかもしれない。今夜の放送は、まず、吾郎をゲストに生出演で呼んでくれたというだけで、文句を言うところはございません。もちろん、これからお礼をテレ朝さんには送ろうと思っています。ただ、個人的にテンションを上げ過ぎたのが原因(苦笑) ちょっと、最後の最後にも少し凹みましたし。これも、勝手な自分の期待からはずれたためなので、敢えて書きません。

まぁ、こんなこと書いてますが、感想であげたとおり、吾郎の格好良さは絶品。ゴルフバーが今やナンパに使われるに対して、「それは、ないよね」とクールに笑われる吾郎さまにもプチツボでした。そして、ほとんどの練習場制覇なのも、こりゃあ、本当にゴルフが好きで楽しんでいるんだなと(笑) 今後もゴルフ関連のお仕事が来るかもしれませんが、間違いなく吾郎自身は楽しんでやれるのだろうと思うと、ファンからは文句も言えず、そのときの吾郎の笑顔をおいしく頂くことにします(笑)

| | コメント (8)

総理、朝倉さんの悩み

今週から、吾郎は「ストスマ」のお当番ですが、何だかレポで言われていたとおり語っていますよぉ、今回は(笑) ゴルフや食器などで思わず延々と語り続ける吾郎を聞いて、彼にハガキを送るときは何か語れるテーマをぶっこんであげた方がいいみたいですね。いえ、それが何かわかっていれば苦労はしないんですが(苦笑)

今夜の「キャッチボールスマップ」は、木村くんからだと楽しいのにな♪とは思いつつも、最近彼らがそれぞれ担当のときは必ずキャッチボールをお互いに投げて受けて状態なので、さすがにもうないだろう・・・と思っていたら、やっぱり「木村くん」からだった(笑) これって、スタッフがとりあえず全員のを聞いて面白そうなのを選ぶのでしょうか? 順番でまんべんなく回すというのは、まず考えてないみたいですねw 

木村 「もしも~~~し。こちら拓哉です」 

これだけで、もう最高に嬉しかった(爆) 木村くんって、吾郎にメッセージ残すときに、自分を「拓哉」って言うことが多いですよね。

木村 「ドラマ『CHANGE』 役名が朝倉啓太と言いまして、設定上天然パーマなんですが。20年近くスマップを一緒にやらしてもらって、いろんな現場で天然パーマをいっしょ~懸命伸ばしている吾郎をず~っと間近で見ていましたが、実際に天然パーマの吾郎だったら、真実味なコメントをもらえるかと思って・・・ちょっと相談にのってほしくて、ここでメッセージを残します」

最初通して一回だけ聞いた段階で・・・結局、何を吾郎に聞きたかったんだろうと考えたのは読解力のない私だけですか(笑)? 何を相談にのってほしいのだろうか。天然パーマの大変さ?なのかな。そんな私の疑問を余所に、吾郎は「キャッチボール受け取りました。そうですねぇ・・・」と、何も疑問に思わず語りだします(笑) すごいわ、やっぱりキムゴロさんたちってすごいですね。私だったら、まず木村くんに「で、何が聞きたいの?」って言っちゃいそうですよw 

吾郎のお返事は、自分が天然パーマなので朝倉啓太にものすごく親近感が沸くそうです。朝倉さん(吾郎がこう言っていましたw)のすごいところは、その天然パーマを隠さずに堂々としているところらしい(笑) 自分の本当の天然パーマぶりは世間の人はわからない。いつもセットしたあとだからとのこと。「あっ、本当に癖ッ毛で天然パーマなんだねぇ、吾郎ちゃんは(これも、自分で「ちゃん」つけてましたw)」っていうことはわからないですよねと。そして、何故かここから変なスイッチが入ります。「

吾郎 「僕の癖ッ毛は、総理に負けないぐらいの(笑)癖ッ毛なんでね(笑)、まぁ、いつか僕が天然パーマのまんま(笑)、皆さんの前に(笑)出れる勇気を持ったときにね、朝倉さんのようにそのまま(笑)、外に出て皆さんに披露してもいいかなぁって思うんですけど」 

話す合間合間に笑い出して止まらなくなりますw もう、ものすんごく可愛かったです。何がツボったんだろう・・・いや、そのままの頭で一度出てきてほしいですね。数回、それっぽいの見たことありますけど、天使みたいで可愛かったよ。

そして、今週からハガキを読まれた方へのプレゼントが新しく変わったんですが・・・「ストスマ、むぎゅむぎゅ、にぎにぎ」 吾郎、毎回ちゃんと言えません(爆) 「これ、言えないんだよねー、毎回(苦笑)」「プレゼントまで言えなくなっちゃったよー」「草彅剛は絶対に無理」「草彅くんには、韓国語で書いておいたほうがいい」 来週最後の回までに果たして吾郎が完璧に言えるのか、それも楽しみです(笑) 今回、かけた曲は「STAY」 20年いっしょにスマップをやってきたという木村くんへの言葉もあったからかなとか思うと感慨深いものがありました。ちょっと、夏風邪をひかれたのか、何度か小さく鼻をすすっていましたが、いや、しかし可愛かったわ、吾郎v

| | コメント (7)

ワインで乾杯!

今年前半は、ドラマ、舞台、映画と大活躍だった剛。本人も、「今までで一番忙しかった」と公言するほどで、たまにものすごく疲れた顔を見せていた剛でしたが、少し体重を増やしてでも乗り切った剛に本当にご苦労様とありがとうをファンから送りたいと思います。そして、今日はそんな頑張り屋な剛の誕生日。

草彅剛、34歳の誕生日おめでとう!

これで、半年ほどは吾郎と「同級生」ですね(笑) 今年のメッセージは、私がファンになってからスマップを見てきて剛のことで特に印象に残っていることを書かせて頂きます。スマップよりも稲垣吾郎がいるからという理由で、最初は彼らを追いかけていた私にとって、吾郎以外のメンバーはあまり眼中になかったのです(笑) 特にその頃の剛は、今ほどバラエティ番組を持つわけでもなく、ドラマで主役を演じているわけでもなく、6人が集まるときでしか見る機会があまりなかった人でした。だからと言って、スマップの中で一番印象がない人ではなかったんですね。きっと、当時でも私は、スマップという6人が6人なりの魅力を出しているところは無意識に感じ取っていたのだと思います。それを考えると、やっぱりスマップってすごいグループなんですよね。

歌で言うと、当時は森くんと木村くんの独断場だったので、他の4人なんてアルバムで声を拾うのが大変でした(だから、私はアルバムも買わないファンだったんですよw) 森くんが抜けてしまったあと、他のメンバーにもソロの部分が回ってきても、剛はなかなかパートをもらえませんでしたよね。中居くんが、以前テレビで「『FLY』なんて、俺と剛が最初に声出すのは、♪(胸の扉開くときだ~)ぜ~♪だぜ?!」と言っているのに、失礼ながら大笑いさせてもらった覚えがあります。

今ではいろんなキャラで堂々とドラマ、映画で主役を務め、バラエティも数多くこなし、司会業までやってしまう。ぐだぐだになるのも、剛流でそれをわかってて起用してもらうんだからたいしたもんですよ(笑) 自分でも、スマップの中で一番売れてなかったと自覚していたと言う剛。そのときの気持ちもあるから、今はたとえ多忙になっても仕事を入れてしまう。そして、それは自分で決めたことだから文句は言わないんですよね。吾郎ファンの私からすると、反対に吾郎は売り出してもらっていた当時、一番スマップの中で忙しく、今は結構仕事を選んでマイペースでされると聞いています(ちょっと、今は休みすぎだけどねぇ(苦笑)) 吾郎が仕事でも快楽主義なら、剛は間違いなく仕事一徹がんばります!タイプでしょうね(笑)

「スマスマ」の放送日が、デビューの9月9日と重なった日に、「スマスマ」内で他のメンバーを集めてとくとこの重要性を説く剛。台本ありとは言え、他のメンバーが「だから?」という雰囲気の中、熱く語りすぎて本当に涙してしまった剛に、皆、笑っていましたけど、実は私はもらい泣きしてしまいました・・・笑い泣きですけどね(笑) 一見穏やかそうに見えるのに、内に秘めたものは案外スマ内一番熱いものを持っているかもしれない男。スポーツでは、木村くんに負けないぐらいの負けん気を見せて、結構男気のある方だと思います。そんな、いろんなものが一気に出てきたときに、深酒したくなるんでしょうね。そして、ライブ中は木村くんに怒られる(苦笑) 吾郎と飲むときは、自制心を保てる人のようですので(笑)、なるべく吾郎が近くにいるところで飲んだ方がいいですよ。

そんな剛は、「スマスマ」の罰ゲームで吾郎と槍ヶ岳登頂に挑戦し、足を痛め高所恐怖症に戦う吾郎を、最後まで面倒見てくれた優しい人です。私が、剛の「ごろさん」呼びも好きだけど、「ごろちゃん」が好きなのは、このときの剛の「ごろちゃん、大丈夫?」、「ごろちゃん、頑張って!」という優しい声を覚えているからです。楽屋コンビ、LOHAS兄弟といろいろありますが、私の中では静かに「槍ヶ岳ペア」なんだな(笑) 思い出に残る誕生日をどうぞ過ごしてください。案外、吾郎と外食しているかもね(笑)

なんだか、すごく語ってしまいましたが、これには理由があります。お忙しい中、kimさんが剛のBDに間に合うようにとツヨゴロラジオレポを送ってきてくださり、それを読んだら走馬灯のようにいろいろ思い出してしまって・・・。剛くんのファンだけでなく、スマップファン皆さんに楽しめるレポとなっておりますので、是非レポ部屋を覗きに行ってください。

| | コメント (12)

どんな恋愛をしていますか?

7月ですよー、夏がやってきたよー、スマップさん、ファンへ何か言いたいことがあるんじゃないのか~い(苦笑)

もうね、日本に帰る計画が立ちません! 同僚が、そろそろ夏休み2週間でいつ頃、どこへとか話し出しているのを端で聞いて一人寂しく泣いてます(涙) 「いつ、ホリデー取るの?」とか聞かれて、な~んにも応えられない我が身が辛い・・・。場所は、決まっている。「日本」(笑) なのに、いつ帰れるかわからねー(苦笑) 吾郎だけで話すと、「佐々木夫妻」がクランクアップしてから、なんぼほど待てば嬉しいニュースが聞けるのでしょうか? こんなことなら、続けて連ドラ出演できたやん! それは、ちょっと無理でも、単発ドラマとかゲスト出演とかで演じている吾郎が見たかったよ。吾郎さん、ものすごく3ヶ月間ヴィジュ良かったし・・・。毎年、恒例の舞台も観たかったよ(涙)

あまりにも、吾郎のお仕事の話が入ってこないもので拗ね気味の私ですが(笑)、レギュラー番組での相変わらず素敵な吾郎も堪能させてもらっているし、控えめながらも良いお仕事をされているのも実は感じております。この静かな時期だからこそ、「忘文」の良さも改めて感じたし、ゴルフのラウンドレポーターでの思わぬ才能も見せてもらった。今週の「anan」での映画評論のコメントも思わず、う~んと唸ってしまいました。吾郎やスマさんたちが忙しいときは、なかなかこういうお仕事は、私はブログでUPする機会がないので、まったく取り上げたことがなかったことに気付き、少し今回の吾郎のコメントでいろいろ考えたので私の感想をあげておきます。

「コレラの時代の愛」

今回、吾郎が取り上げた映画作品は、ノーベル賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの原作が映画化された作品です。ノーベル文学賞受賞作家の作品というと、格式が高くて哲学的な感じがするけれども、意外に大衆的で素直に面白く観たと言う吾郎。「古典的名作といわれる『源氏物語』が、実は昼メロ的な恋愛の話と感じるのと同じ」という、相変わらず非常に分かり易い喩えを出す吾郎にまずやられました。

ストーリは、1879年の港町を舞台に、貧しい電報配達員の一人の男が、裕福な商人の娘と恋に落ちるが、娘の父親に反対されて引き裂かれてしまう。しかし、彼女が結婚してからも、男は幾人もの女性と浮世を流しながらも彼女を50年間も思い続けるというロマンティックなお話。「愛至上主義の主人公の男性の姿に、ある意味うらやましくもある」と吾郎は語っています。この一言だけで、まぁ、私の脳内ではいろいろ考えるわけですね(笑) 吾郎は、すごく好きな人が結婚してしまったら、この主人公のように50年以上もただ待ち続けるということはできないと考えるのかなと。「うらやましい」とは、そこまで思える愛の強さに対してなのか、それだけ想える人に出会えることを言っているのか、その辺が判断がつかないのですが、確実に自分にはできないことを主人公の中に見たんでしょうねぇ。

この映画の中の主人公は、初恋の相手を待ち続ける間にかなりモテますが、女性からすると彼はどう映るんだろう・・・とも言っています。それは、またどういう意味だろう・・・と私は詮索するわけです。吾郎が語ると普通に映画の感想として聞けないんですよ(笑) 暴走しますが、吾郎自身も、そういう経験があるのかな?とか。つまり、ものすごく心に想い人がいたのに、傍目にはすごくプレイボーイだったときがある。こんな僕は女性からはどう映りますか?と(爆) もし、そうだとしたら、その想い人が私だったら、かなり辛いよとは言ってあげたい(笑) だって、自分のことを吾郎がどう思ってくれているかわからないじゃないですか。それでも、上手くいくのであれば、その人かなり吾郎のことを信じて愛してくれているんだよと伝えてあげたいかな。

「他の人と結婚した相手に愛を誓う。観る人によって、主人公に対する感想は異なると思います」と最後に話していますが・・・私は、吾郎自身は、どう感じたのか非常に聞きたかったですね。これ、「月イチゴロー」で慎吾、選んでくれないかなぁ。思い切り、語る吾郎が見てみたいです。やっぱり、吾郎の映画に対するコメントは独特で面白い。本出して欲しいですねぇ、本当に。

| | コメント (15)

悲運の幕末天才剣士へ・・・

先週の勢いのある「スマスマ」と比べると、全体的にまったりした放送だったのですが、始まったばかりの華道のコーナーで、何気に吾郎ファンが期待したとおりのウキウキ吾郎がいたので、すこしだけUPしておきます(笑)

この習い事コーナー(笑)は、なぜか吾郎ファンにはネックで、いろいろと過去に落ち込んだり、凹んだりさせられたことがあるのですが、今回は吾郎が大好きなお花を扱う「華道」ということで、結果うんぬんよりも吾郎がどんな花を選ぶのか、そしてどんな作品を作るのかを楽しみにしていました。吾郎自身、「僕、実は今日テンション高いです♪」と言うぐらい楽しんでいるのが見れて、それだけで嬉しかったですよ。

スマさんたちそれぞれ、とても個性が出ていましたね。どれもこれも、素晴らしい作品だったと思います。そして、非常にその個性が作品に反映されていたように思う。中居くんの場合は、自分で解説していたように「土に戻る」という彼らしい優しい作品だったし、木村くんは、大ぶりの花をアクセントに持ってくるという魅せる作品が彼らしい。剛は、カスミソウと紫の可憐な花を上手くあの難しい花器に生けたなーと感心しました。慎吾は、さすが緑をこよなく愛する子だ(笑) 彼らしい自然志向だった。

そして、吾郎・・・何が一番すごいかと言うと、薔薇を持ってくる辺りが吾郎ですよね。普通、「今から、生け花をしますよ」と言われて、洋物の花を選ぶ人は少ないのではないでしょうか。どうしても、華道というと「和」をイメージしますからね。吾郎の場合、その最初のとっかかりからして、すでにぶっ飛んでいます(笑) それも、白薔薇ですよ。確かに似合いすぎです。できたら、中世の服を着て生けてほしかったぐらい(笑) ところが、さらに驚いたのは、テーマが「沖田総司」という「和」そのものだったこと。これは、ちょっと痺れますよね。ゲストの石原さとみさんの舞台も頭によぎったかもしれませんが、白薔薇で沖田総司なんて・・・歴史好きの人間には鳥肌が立ちますね。

それが、石原さんのハートも掴んだのか、初回華道は見事に吾郎の勝利でした。今回、最後まで穏やかに見れたのは、吾郎が勝ったというのではなくて、順位をつけるということをしなかったからですね。一番好きなものを選ぶ・・・どうして、これが陶芸のときに出来なかったんだろう(苦笑) いやいや、吾郎、本当におめでとう。ありゃあ、マジで嬉しかった顔ですね(笑)

そして、最後に一言、「脳外科医」。
いいじゃないか! やっぱり、医者の役は吾郎は似合うよね。クールで、動じない脳外科医・・・激しく見たいv

| | コメント (7)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »