« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

どうか届きますように・・・

長らくお待たせしました(笑) 大阪ライブの2日目に開催させて頂いたオフ会にて、参加者の方に吾郎に関するアンケートを事前に取らせて頂いたのですが、盛り上がったがためにオフ会の中では集計結果をまったく開示しなかったという最低な主催者です(爆) これでは、せっかく頂いた回答に失礼と思い、お披露目させて頂こうと思ったわけですが、せっかくなのでとブログでも募集してみたら、これがありがたいことにオフ会に参加してくださった方を含めると総合計100名以上もの回答が集まりました。改めて、皆様のご協力に感謝したいと思います。どうもありがとうございました。

オフ会の幹事の一人で裏方でご協力してくれたballさんが、その膨大な数の回答を集計してくださったのでこの度開示させて頂けることになりました。どの回答も非常に正直に書いて頂き、本当に素晴らしいので楽しんで頂けると思います。最後の、一言メッセージ項目は本当に感動で冗談抜きで涙ぐんだぐらいです。吾郎には、こんな素晴らしいファンの方が大勢ついているんだと思うと、感激で胸がいっぱいになりました。

ファンの方は、こちらからリンクに飛んでください。全質問分のアンケート結果が読めます。

08年オフ会アンケート回答(ファン閲覧用

そして、今回は別に関係者用結果も作らせて頂きました。ヲタ的質問は飛ばして、吾郎が関係している仕事に関しての質問のみを別に集めたものです。ファンの方は、上記の回答結果だけ見てくださればいいです。質問を選んだだけで回答はまったく同じですから。本来なら、各関係者に送ろうと思ったんですよ。でも、どう考えてもこんな多くの意見を封書で送ったら反対に読んではくれないだろうと思ったんです。なので、最近は業界の方々はファンのブログ巡りをして情報を集めるという噂を聞きましたので、できれば是非読んで頂きたくお願い申し上げます。公に開示するつもりで回答して頂いたわけではないので、多少言葉が厳しいところはありますが、これがファンの心の叫びだと思ってご理解頂けるとありがたいです(笑)

08年オフ会アンケート回答(業界関係者閲覧用

そして、ファンの方にもうひとつだけお知らせがあります。アンケート最後の質問回答「吾郎へのメッセージ」ですが、先日少しお話したようにできれば吾郎本人に見て頂きたいと思っています。そのつもりで書かれていないと思うので、HNなどの個人情報はいっさい書かずに、表記されている箇条書きのまま封書にて「ストスマ」にでも送らせて頂くつもりです。もし、反対の方がおられましたら、ご連絡頂けますか? 吾郎がファンの声をこれだけ一度に聞くことは、おそらく今までなかったと思うので、是非読んでほしいと思ったのですが、皆さんの承諾なしでは送れないのでご意見聞かせてください。

送らせて頂くことに決まりましたら、私がイギリスから封書で送ろうと思っています。きっと、インパクトはあると思うので、とりあえずスタッフの方には手に取ってもらえるのではないかと(笑) その後はスタッフを信じて吾郎の手に渡るかどうかお任せしたいと思っています。皆さんの考えもあるだろうから、少し送るまでに猶予期間を置きますね。ちょうど、吾郎のBDに合わせて送れるかな。アンケートに答えていなくて、吾郎への一言メッセージだけでも今から参加したいという方がおられましたら、コメントなりメールなりでご連絡ください。(メールは、サイドバーの「プロフィール」に記載しております) 吾郎へ、ファンからありったけの愛を込めて送りたい。ずっと応援していきたいから・・・想いよ届け(笑)!

| | コメント (29)

「実におもしろい!」

無事、イギリスに戻ってきた=現実を目の当たりにして軽い眩暈(笑) おいおい、明日から仕事だよ。社会復帰できないなぁ、スマップがあまりにも格好良かったので。日本では、本当にいろんな人にお世話になりました。戻ってきてからも、アンケートを始め、皆さんの暖かいサポートに胸を熱くしております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

さてさて、戻ってきて最初の書き込みは、久しぶりに見せてもらった「スマステ」の月イチゴローの感想から。それと、いろいろ雑多なことを織り込んで発信します。

月イチゴロー(10月)
なんだ、このヴィジュが最高にイケてる吾郎は。ライブでは、なんとなく体力が必要なために一時期より体重を乗せて取り組んだように見えたのですが(いえ、もちろん生吾郎は、そこはかとなく美しい生き物でしたがw)、いきなり見せてもらった最新の吾郎のスッキリしたお顔に卒倒しそうになりました。やっぱり、吾郎は顎や頬がすっとしてなんぼの人なんだと実感(笑) いやぁ、本当に素敵でしたね。映画のコメント同様、惚れ惚れさせて頂きました。

「も~いいかい?」
「ま~だだよ」
「も~いいかい?」
「も~いいよv」

オープニングでの、大下さんとのこの乙女小芝居はなんだ(笑) 34歳成人男子。誰が、これだけかわいいことができるだろうか。そして、まんまとその罠に嵌った女がここに一人(笑) やばい、やばい、やばい、可愛すぎる。そして、大下さんが吾郎に見せたものは・・・月イチ50回記念携帯ストラップ。「G」マークのストラップ・・・いいじゃないか。これ、視聴者プレゼントとか、そういった気の利いたことはしてくれないの?>スマステさん 吾郎ファンは、きっとストラップを持つ細い指にも萌えたでしょ? ヲタなら、絶対に萌えどころは一緒なはず(爆) 

そのあとも、栗とキャビアの炊き込みご飯を大下さんと舌鼓をうつ吾郎。きっと、ここ早送りだよとわざと動きを大きくするお茶目な吾郎。相変わらず、左で持つお箸の不器用さも愛しく感じてしまうヲタ目線丸出しの私。やっと、映画の順位に入るも、こちらは相変わらずあっさりと編集されていて残念なのですが、吾郎のコメントは今月も冴えてましたね。若干、セレクトされた映画に疑問が残るところはあったものの、納得の順位でしょうか? ただ、ananでもコメントした「ブーリン家の姉妹」が3位だったのは少し驚きました。間違いなく、今回のリストの中では、これが吾郎の趣味にばっちり合う映画だと思ったのですが。今回、きっとライブ、金田一の撮影と多忙な中での鑑賞だったと思うので、気持ちが軽く見れるものの方に重点が置かれたのかもしれないと感じました。いや、福山さんの決めポーズを真似する吾郎は素敵でしたv 「アレ」って何だ、「アレ」って(笑) 確かに見たくなる。吾郎すごいなw ゲストのトニー・レオンも、思わずこれが一番見たいとおっしゃってましたね。(トニーさんも、何気に毒吐いてましたがw)

諸々
ブログ更新をしなかった間に、シリーズ5作目となる金田一の撮影が始まったとWSで流れました。来年頭には放送されるであろう「悪魔の手毬唄」本当に楽しみです。なんせ、今回は温泉シーンがおそらく使われていると考えるだけで嬉しいじゃないですか(笑) 星監督が作り出す映像美と、毎回感心してしまうキャスティングの素晴らしさを堪能したいと思います。番宣は、今回は本当にフジさんよろしく頼みますよ。

大阪3日間ライブを楽しまれたkimさんが、ライブ全体の様子をレポに早々とあげて送ってきてくださったのですが、私が時間がなくまだあげることができないので、レポ部屋にあげる前にこちらでご披露させて頂きます。kimさんからも、抜けているところや間違いもあるかもしれないので、レポ部屋に移動する前に是非他の方からの記憶も追加して頂けるとありがたいという言葉を頂いておりますので、もっと気付いた点がありましたら、どんどんコメントなり、メールなどでご連絡ください。よろしくお願い致します。(下記をクリックすると閲覧できます。携帯電話からはワード書式はDLすると文字化けするようですので、携帯からしか閲覧されない方は、PDFファイルの方をDLしてみてください)

「08年大阪ドームレポ.doc」をダウンロード
「08年大阪ドームレポ.pdf」をダウンロード

あと、少しだけ・・・BBSでもご連絡頂いた万年筆ベストコーディネート賞の件ですが、いろいろとどこでも事情があるようで(はっきりした言い方をしなくて申し訳ありません)。 ただ、来年もファンが今年以上に頑張れば事態は変わるかもしれません。どうしても諦めたくないので、また来年も頑張りたいですね。

| | コメント (29)

あなたの声聞かせてください(笑)

怒涛のスマライブが終わりました(私の中ではw)。なんとか、日常の生活に戻りつつある今日この頃。まだ、日本に滞在中ですので、リアルタイムで番組を見て感想を書こうと思ったら・・・スマスマが2週も続けてぶっ飛んでいて、ある意味良かったのか残念なのか(笑)

と、言うことで、これを良い機会と思い、8日に大阪で開催したオフ会でのアンケートについてご報告を。今回オフ会に参加して頂いた方に、事前にメールにてアンケートを実地させて頂きました。オフ会の中で、結果報告と共に皆さんと語り合おうと思っていたのですが、フリートークが思いの他盛り上がりまして陽の目を見なかったという結果になりました(徹夜でアンケート集計をした私は、いったいなんだったのかw)。おそらく、参加された方も「あれ? あのアンケートどうなったんだろう?」と思われていると思います(爆)

オフ会に参加された方へは、幹事の一人であるKYOKOさんから後日メールにてアンケート結果のお知らせがあると思いますので待って頂くとして、せっかくですのでこちらを覗きに来て頂いている方にも是非参加して頂こうと。ballさんにお願いして、お忙しい中アンケートフォームを別に作って頂きました。こちらのアンケートに参加して頂くと、回答後今までの結果が見れるようになっております。よろしければ、是非、回答の充実のためにも参加してください。

アンケートへの回答は、こちらから・・・

08年オフ会アンケート

吾郎に関することが中心になっておりますが、他メンファンの方も楽しんで頂けるのではないかと思います。なかなか、回答は興味深い結果となりましたので、是非参加してくださいなv オフ会に参加してくださった方の回答も、それはそれは皆さん正直に書いてくださって、集計していて思わず「にやり」とさせて頂きました(笑)

お時間のあるときに、是非。

| | コメント (18)

s.m.a.p.ライブ@京セラドーム(大阪)第3日目 (09.OCT.08)

今夜は、大阪ファイナルでした。まず、すごく早くライブが終わりました(涙) きっと、スマップのスケジュール事情で、開演が早かったにもかかわらず、いつもよりアンコールの2曲も少なかった(よりにもよって大好きな、「Mermaid」と「オリジナルスマイル」が飛ばされました) そして、「どうか届きますように」が2番からだったので、キムゴロさんたちのハモリが聞けなかったのはショックだったかもしれない。

ライブ自体は、大阪3日間の中で見劣りがしたわけでもないし、楽しむことはできたのですが、「大阪ファイナルがこれ?」という思いがしたのは否めない。前2日間よりも、大きなアンコールの掛け声と拍手だったし、ダブルアンコールが「ダイナマイト」の一曲だけだったので、皆頑張ってアンコールと叫びまくったのに、その声は届かなかった・・・。

規制退場の案内のスタッフが舞台中央に出てきたとき、その方には失礼だったとは思いますが、大ブーイングまで起こったぐらいです。きっと、スマップも後ろ髪を引かれる思いで、ファンのアンコールの声を聞きながら東京に戻ったのではないかと思いますが、せめて歌ではなくとも挨拶だけでもいいから舞台にもう1度だけ戻ってきてほしかった。それぐらい、今日の観客はすごく熱かったんですよ。

MCもすごく短かったんですが、楽しいところもあったので、やはり覚えている範囲でUPしておきますね。

木村 「大阪ラストだけあって凄いね」
 「すごいねぇ」
木村 「最終回だから、身体ぶっ壊れるまでいきますよ」
会場 イェ~イ!!!

中居 「大阪最後だね。昨日何食べに行った? 行った?」
慎吾 「行った!」
木村 「行ったね」
中居 「どこ行ったの?」
吾郎 「あの・・・レストランに行きました。なかなか東京にいたりすると、こうやってメンバー同士食事に行くことができないですけど楽しかったね」
 「飲んだね」
木村 「飲んでたね、誰か」
慎吾 「飲んでたね」
 「皆、飲んでたよ」
中居 「何、飲んでたの?」
 「食べてたし、いっぱい」
木村 「皆、食べてたし飲んだけど、一人だけだったよ、最後にず~とグラス回してたの」
 「あのぉ、ごろさんが、ワインを選んでくれて・・・すごく美味しかったです。すごく食べるし飲むね、皆。すごい、やっぱり消費しているんだよ。あのねぇ、今日、ほんと消費してるよ。皆もすごいから、本当に」
木村 「あのぉ、具体的に何を消費しているか言ってくれないかな?」
 「皆の、あのねぇ・・・気持ち? 受け取って、バンッて返してる・・・カロリーって言うか・・・すごいカロリーなんですよね、このカロリーって」
木村 「そうなんだ・・・」

 「昨日は、オムライスとか美味しかったね」
慎吾 「あのぉ、皆、カロリー消費激しいから、ここの時間ぐらい座ったほうがいいと思う」
 「慎吾、良いこと言うね。すごい、とんちがきくねぇ」
木村 「この会話は、とんちじゃないから。一回、皆、立ったままだから、席に座ってもらおうかっていう提案? とんちじゃないから」
 「そうそう・・・皆、座って。あの、後ろの方も見えてますからね」

木村 「あのぉ、東京でもやらしてもらいましたけど、ここ大阪の京セラドームで、こうやって3日間、しかもアリーナ、スタンド、もう本当に信じられないぐらい、こうやって僕らのことを応援してくれているっていうのは、本当に珍しいらしいですよ、ここまで京セラドームがいっぱいになるっていうのは」
会場 イェ~イ!
慎吾 「アリーナの人たち、知ってる? あそこの一番上の席!」
 「すごいよね」
木村 「こうやって、ひとつの空間で、ステージがあってピンライトが当たって、そして僕らがステージングをして、ワァ~って盛り上がっているときはいいけど、これ人が全然いなくて、あそこの席行ってみな。ただの崖だよ。俺ね、行ってみたんですよ、あそこ。すげぇ~の(笑) たぶん、吾郎はヤバイよ」
吾郎 「絶対、無理だねぇ。だって・・・怖くないの~?(崖スタンド席の人にw) 僕ね、10m以上のところは駄目なんですよね。コンサート中にでもね、仕掛けで高く上がったりするところもあるんですけど、結構不安も出てきて、かなり命がけで。だけど、リハーサルはできないんですよ、高いところ。でも、お客さんがいると、できちゃうんだよね」
木村 「おぉ~」
会場 イェ~イ!
木村 「あのぉ、さっき固まっている奴が言っていた、客席からの熱意に・・・」
 「皆のおかげだよ。皆にすごく愛されているじゃん、僕たちって」
吾郎 「そうだよねぇ」
ここで、剛と吾郎がかなり近い位置で向き合って、お互い「ねぇ?」と、なんか女の子同士の会話のように見つめあって笑い合ってます。

木村 「昨日、飯の席でも言ってたもんね」
中居 「言ってた?」
木村 「スマップじゃなかったら、僕、やばかったね。これ、皆、言ってた。全員が全員言ってた。」
 「言ってたねぇ・・・」
木村 「良かったな」
 「良かったよぉ、俺」
木村 「俺、絶対ねぇ、スマップじゃなかったら、普通の古着屋とかになっているよ」
 「木村くんが? 良かったねぇ、スマップで」
会場 (笑)
中居 「あと、どんなの話した?」
 「吾郎くんが、スマップじゃなかったら・・・なんか銃屋(?)とか(笑)」
(申し訳ない、こんな肝心のところが聞き取れなくて、おそらく会場でも半分ぐらいが???でした。どなたか、わかる方教えてください)
吾郎 「昔話・・・最近、昔話が多いんだよね」
木村 「まぁね。今回コンサートの振り付けだのパフォーマンスだのを考えてくれているCHIHARUさんが、本当に俺らが・・・慎吾がまだ13のときに、CHIHARUさんやSAMさんにレッスンを受けてたんですよ、昔。そういうときの話になったりとか、いろいろしていたわけ。そんなときに、まぁ、客席には微妙かもしれないけど、結局、巨人と阪神どっちが勝ったの?」
会場 (笑)
木村 「なんか、ライブ終わって楽屋に戻ったら、「結果、ぜって~言うなよ。ぜって~言うなよ!」ってスタッフに言って、そんで、なんかスポーツニュースを楽しみにしていたんでしょ?」
中居 「あのぉ、各局の・・・朝日放送、毎日放送・・・」
慎吾 「ちょっと~! スマップと食事よりも、スポーツニュースだったの?! じゃあ、スマップとジャイアンツどっちなの?」
中居のものすごく考える顔が、スクリーンに大映しに(笑)
会場 えぇ~~~!!!
中居 「すみません! 明々後日までに(笑)」
会場 えぇ~~~!

中居 「結構、飲んだの? お酒は」
吾郎 「洋食屋さんだったから、おしゃれにシャンパンとか・・・」
 「楽しかったねぇ」
中居 「シャンパンとかワイン飲んで・・・」
 「でも、やっぱり、ライブが成功しているから美味しいんだよね」
会場 拍手
 「あっ、ありがとうございます」
木村 「さっき、成功しているって言っているけど、大体が反省会やってるからね。あそこは、位置、全然違うぞと。なんで、ステッキちょっともっと高く上げられね~んだとか」
 「何回、ステッキ落としたとかね」
木村 「なんか、すごいやたらそれを追求したがんの。あっ、木村くん、昨日落としたよね? じゃあ、これで全員もう一回落としたよね?(剛の声真似)」

そして、「とき夢」のフォーメーションに移動するスマップ。

 「あっ、慎吾、髪切ったね」
慎吾 「『黒部の太陽』っていうSPドラマの撮影があって」
会場 拍手
 「でも、これ、一応角刈りなんでしょ?」
慎吾 「うっせぇ!」
 「あの、今、ツンツンやっているけど、角刈りなんでしょ?」
吾郎 「短いねぇ」 吾郎、慎吾の前まで近づいて可愛い笑顔です。
慎吾 「短いでしょ? 格好いいでしょ?」
 「格好いいねぇ」

そして、木村くんが「とき夢」の紹介に入ろうとすると、会場から「短い!」と大ブーイング。でも、本当に時間がおしているらしく、MCは今日はこれで終わりでした(涙)

今夜のちょっとしたハプニングは、「あなたのためにできること」で剛がピアノ伴奏頭2小節あたりを間違えてしまい、会場から笑いが洩れ、剛が中断して「間違えちゃった(汗) 最初からやりなおします」と自己申告。ラスト無事にやり終えたあとの、剛の笑顔に会場から思わず暖かい拍手が沸き起こりました。

中居くんのソロでの恒例のぼやきは、「今、巨人3対0で負けてます・・・」という言葉に、京セラドームが大拍手になり、中居くん微妙な笑顔(爆) 大阪でそれを今言ったらこうなるとわかってての(巨人、阪神が首位タイになりました)、さすがの振りに感心したりして(笑)

吾郎は、少し大阪初日、2日目と比べると踊りに元気がなかったように感じたのですが、笑顔もキュートでとにかく良く歌声が伸びて素晴らしかったですね。そして、髪の毛のセットは、今日が一番良く男前でした(笑) そして、木村くんがすごくハイテンションで、ダブルアンコールでは「s.m.a.p.」の黒いTシャツを前から裂いて肩からずり落としながら歌う様子は、エロさ満載でした(爆) なんか、すごい色気垂れ流しだったなぁ、木村くん。

最後のスマップ全員の「ありがとう!」という言葉を胸に刻みながら、来年もまた素晴らしいアルバムと全国ライブを敢行してほしいと思いました。今年の大阪公演は、これで終わってしまったけど、まだまだツアーは最後の12月札幌まで続きます。スマップには、気合を入れて頑張っていってほしいですね。

引き続き、コメントありがとうございます。ちゃんと読ませて頂いております。また、レスがそれぞれに返せなくて申し訳ありません(汗) 今夜のMCは、短かかったし個人的にはそれほど盛り上がったわけではないのですが、いろんな話を聞けて楽しかったですね。また、必ずスマップライブで日本に帰って来たいと思った今年の「s.m.a.p.ライブ」。 たくさんのスマ友さんにお会いできて、本当に充実した私の久しぶりのスマライブでした。是非、来年も会いましょう!ありがとうございました。

| | コメント (20)

s.m.a.p.ライブ@京セラドーム(大阪)第2日目 (08.OCT.08)

大阪二日目レポをUPします。とりあえず、皆さんが気になっているMCだけは上げておこうと、「どうぞ、無理をされず」というご親切な言葉にさらにやる気を出して・・・ただいま、朝の5時過ぎ(笑) 

今日の、吾郎は昨日の弾けゴローほどではないにしろ、お手振りも大きく、歌声の伸びも良かったです。いろいろ、小ツボはあるのですが、それを上げているとキリがないので、とにかくMCを中心にお伝えしておきます。今日もMCは、東京に比べ長く楽しませて頂きました。また、少しだけでもお伝えできればと思います。

木村 「大阪、大阪、あっついね~!」
会場 イェ~イ!!!
木村 「本気にさせてくれる、あんたらが大っ好きや~!」
会場 イェ~イ!!!
木村 「いやぁ、やっぱ大阪の食いモンは、きっとパワーがあるんだね」
吾郎 「ちょっと、パワーついちゃったね」
 「ついたねぇ」

ここで、木村くんがスタッフから受け取ったバスタオルの中に柔軟材の紙が一緒に入っていたと暴露。

木村 「座る?」
中居 「座ろうっか」
中居 「大阪二日目ですよねぇ、二日目。皆、昨日の夜、何やってたの?」
吾郎 「昨日は、とりあえずライブ一日目が終わりまして、食事に行ってきましたね」
中居 「おっ、どこ行ったんですか?」
(中居はですねぇ、皆が食事に出かけている間、録画しておいた野球を肴にホテルの部屋で一人ビールでも飲んでいたのではないかというのが、kimさんと私の予想w)
木村 「いや、いつもねぇ、僕らが大阪に来たときにお世話になるお寿司屋さんがあるんですけど、「そこ、行きてぇ!」って話をしたのね。そしたら、そこのお寿司屋さんが、すでに予約が入ってて、「すみませんけど、スマップの皆さん、今日はできまへん」って言われて、それで、別のお寿司屋さんをスタッフが用意してくれて、そこに、今回振りつけとかステージングを総括してくれているSAMさんとかと一緒に飯食いに行ったんですけど」

このあと、そのお寿司屋さんのオヤジさんの話をする木村くんですが、お寿司屋さんというからには、にぎりとかを期待していたらしいですが、「頭からケツまでお刺身でした(笑)」by木村 だったそうです(笑)

吾郎 「僕はねぇ、木村くんの横にいてちょっと心配していたんですよ」
木村 「何(笑)?」
吾郎 「木村くん、ほら、ご飯好きじゃん」
会場 (笑)
木村 「そうだねぇ(笑)」
吾郎 「焼き肉とか行っても、結構、なんか僕と剛なんかはね、ちょっとお肉食べて、お酒飲んでっていうのは平気だけど、木村くん、最初からライス派なんでぇ」
会場 (笑)
木村 「おかしい、おかしい。なんで笑うの? そこで。焼肉屋さんに行って、最初からご飯食べちゃいけないんですか?」
 「あぁ、そうだ、心配だったんだよね、ごろさん、ずっと」
吾郎 「うん、横に座ってて」
 「心配だったでしょ?」
吾郎 「そうそう、俺、気になっちゃって」
 「絶対、すぐご飯って言うだろうなぁって思ってたんだ、木村くん」
木村 「そしたら、またおじちゃんが、一人一皿で渡してくれればいいのに、なぜか知らないけど、「はい、これ、二人にひとつな」って。二人でひとつってなると、俺はここに座っている吾郎と一緒に食うことになるわけ」
中居 「お酒飲んだんだ」
木村 「あれ、参ったねぇ」
吾郎 「二人組でいいですよ。僕、木村チーム」

 「でもさぁ、木村くん、僕のやつを少し間違えて食べてた」
木村 「7、8人でいるカウンターと6万人と、どっちが大事だ、お前? 7、8人のときに言えよ、それ」
 「気づいてないからいいかなぁって思って」
木村 「だったら、今もいいだろ(笑)! なんで、6万人の前で、お前・・・」
 「木村くんが、吾郎さんの皿をこう意識しているのにもかかわらず、僕の皿を間違えて食べてた」
木村 「お前、蓋した・・・何か・・・なんだ、あれ?」
 「ヒレ酒」
木村 「ヒャハハハ(笑) あれ、何やってたの? ヒレをずっとこうやってたでしょ?」
 「火をつけるのね」
木村 「それにすごい集中しているから、変にこう会話も特になかったし」
 「そんなぁ、寂しいなぁ」
慎吾 「いやぁ、でも、そういう間違いはそのとき言うべきだよねぇ」 (慎吾、スネ夫状態になりますw)

ここで、このお寿司屋さんで食べたあるものが、すごく美味しかったらしく、これをオヤジさんが作るのをずっと見ていた木村くんは、「これをパクってビストロで出します!」ということで、中居くんが「今日、この会場に来てくれた人しか知らないけど、またネットで・・・」と言ったので、敢えて何の料理かはここで隠しておきます(笑) 気になった人は、他で調べてみてください。スマスマで放送された後に、こちらで「これです!」と報告しますね。なんか、木村くんが黙っててほしそうだったのでw

中居 「お酒どんぐらい? 結構飲んだの?」
 「僕は、なんかねぇ・・・木村くんがしゃべってくれないからさぁ。(木村くんは)吾郎さんとばっかりしゃべってて、で、たまにしゃべると何か・・・」
木村 「席順がだって、お前・・・」
中居 「席どうなってたの?」
木村 「なんで慎吾、剛の横だったのに、お前いなくなってたの?」
慎吾 「いや、わかんない」
 「最初にSAMさんたちが来たときに、じゃあ慎吾、こっちみたいな感じで(笑)」
中居 「えっ、吾郎ちゃん、どこいたの? 吾郎ちゃん」
吾郎 「僕はねぇ、あの、一番左って決まっているんですよ」
中居 「一番左なんだ」
木村 「サウスポーなんで」
中居 「で、吾郎のすぐ隣に木村なの?」 (ナイスな振りw)
木村 「そう」
中居 「結構詰め詰め?」
木村 「距離的に言うとねぇ、これぐらい」と実際、木村くんがステージ上で吾郎の隣に立つんですが、ぴったんこv
会場 ざわざわ(笑)
そこへ、剛が木村くんの隣へと移動。そのときに、中居が慎吾に「お前、なんかしろ」的な動作あり(笑)
木村 「お前、そんな近くねーもん」と剛を押しやる(苦笑)
 「近かったよ(笑)」
木村 「近くねーよ(笑) SAMさん、いたろ?」
 「最初は、いなかったんだよ」
中居 「で、慎吾と剛の間は?」
 「ここに(二人の間)、あの・・・CHIHARUさんが」
中居 「じゃあ、木村と剛の・・・剛しゃべれないじゃん、SAMさんいたら」
 「えっ?」
木村 「って言うか、俺、お前の皿食えねーぞ」
慎吾 「そうだよ!」
吾郎 「あっ、嘘ついてたんじゃないの?」
 「違う、違う(汗) 最初はいなかったから、SAMさん。SAMさん、いなかったよ? 最初。」
慎吾 「SAMさんのせいなわけぇ? SAMさんに謝ってもらえばいいの? ここで」

ここで、中居くんが「なんで、剛、センターにいるの?」とかと言う話から、自分でバック転しますと言い出し、やっぱり座禅をしますといきなりステージ上で座禅をする剛。なんだか、おかしくなってきて、木村くんに「ドームの気温がだんだん下がってきた」とか、慎吾に「最近、自分で変なスイッチを入れる」と言われたりと剛弄りは続きます。

このあとは、東京D同様、剛バック転→バック宙という流れになるのですが、バック宙でかなり頭が床すれすれで吾郎が青ざめて固まる様子を木村くんが暴露。う~ん、一人女の子目線で可愛いなぁ(笑) 

 「吾郎さんもさ、景気づけに跳ね起きだけやっておけば?」
吾郎 「僕は、側転しますよ」
 「側転?」
木村 「できたら・・・皆、できたら目瞑っておいて(笑)」
吾郎 「目瞑るのなら、なんでやるのよ」
中居 「目瞑りながらやる?」
吾郎 「側転するんだよ? 俺、初めてだよ、側転するの人前で」

そして、吾郎の側転はへなちょこだった・・・だけど、会場からは割れんばかりの大拍手(笑)!

木村 「ドッと沸いたなぁ。側転やって6万人から拍手もらえるって凄いなぁ・・・ドラリオンの人が悔しがるよ」

ここで、いきなり京セラドームから二つの掛け声が・・・
ひとつは、大阪名物「もう一回コール」(苦笑) もうひとつは、「拓哉コール」 そして、東京と同じで、木村くんがバック転の挑戦をしようとすると、剛が「怪我したらマズイから、俺がやる」という流れ(笑)

ここで、中居くんが暴走する剛を止めようと引っ張ったら、剛の衣装の白いウエストコートのボタンが弾けとび、剛が変なスイッチ入りまくり。そして、マイクは中居くんに隠され、吾郎にも「剛、ごめんね、助けられなくて」と匙を投げられ、弄られまくりの剛(笑) 木村くんの「じゃあ、全員ボタンをわざと外して歌おう」ということで、本当に全員ウエストコートのボタンを外して、「とき夢」を歌うスマップがなんだか、大笑いしたあとにじ~んと来ました(涙)

今回も、皆さんの朝のお目覚めに間に合ったでしょうか(汗) 前日のレポへのたくさんのコメントありがとうございました。とりあえず、こちらでまとめレスでお礼の言葉を述べさせて頂きます。お一人ずつレスしたいのは山々なんですが、ライブレポをとにかく先にあげたかったので。楽しんで頂ければ本望ですv

| | コメント (16)

s.m.a.p.ライブ@京セラドーム(大阪)第1日目 (07.OCT.08)

スマップライブ08年、大阪ライブ3日間が始まりました。とりあえず、先ほど帰宅したのですが、記憶が散漫になる前にお約束どおりレポをあげておきます。構成などは、東京Dと変わらないので、違った点や気づいた点をUPしておきますね。

まず、これは言っておかなければいけない。京セラD、暑いです! 湿気なのか、冷房の効きが東京Dより悪いのか、始まる前から暑い・・・これは、スマップ大変だ(苦笑) 座席も東京Dより少なめですから、なんとなくステージに近い(これは、木村くんもMCで言ってました) その分、近くでスマさんたちが裸眼で見えるのですが、密集しているからなのか暑い(苦笑) これが、のちに吾郎の悲劇へと繋がる(笑)

まず、全体的な感想として、大阪の客は相変わらずクールだ。盛り上がらないのではなくて、ものすごくリアクションが正直(笑) 素晴らしいところの歓声はものすごく、普通は普通(笑) これほど、ステージングの反応をリアルに返してもらうと、やっている本人たちはどうなんだろう・・・嬉しいのか、怖いのかw 

まず、オープニングの吸血鬼の格好で、自分たちそれぞれの名前が書かれた白い紙を両手で前に差し出すシーンがありますよね? それで、笑いが起こる。なぜか、私も関西人だがわからない(爆) 曲の合間合間では、大きな声援も聞こえますが、結構「パチパチパチ」と拍手でシーンみたいなところもありました。怖い・・・(笑) なのに、アンコール前では、「アンコール」の掛け声と拍手がちゃんとあります。東京は2日間参加したけど、誰もしていなかった。当然のようにアンコールを待つ観客。ここは、大阪の方が気持ち良かったなぁ。

今日のライブでは、個人的な感想として、木村くんと吾郎が楽しそうでしたね。特に、吾郎は本当にご機嫌さんだった。ものすごく、頭から笑顔でどうしたのかと思うぐらい。お手振りも、すごく頑張ってやってました。汗だくでしたから、本当に。髪の毛すごいことになってて、見ている方がどうにかしてあげたくなった(笑) とにかく、最初の一人一人の挨拶でも、目をくるんと見張っておどけてみせたり、なんか吾郎らしくないほど弾けてましたv

とりあえず、気になるMCはあげておきます。ちょっと、若干違うかもしれませんが雰囲気だけでも・・・

木村 「来たぞ! 大阪っ!」
会場 イエ~イ!!! (大歓声です)
木村 「大阪のノリは違うぞっ!」
会場 イエ~イ!!!
木村 「昨日、生放送をやり、今日の笑っていいともをやって、ここに駆けつけました!」
(中居のUPがスクリーンに)
会場 イエ~イ!
中居 「スマップ忙しいからね。忙しい時間をぬって、やっぱり大阪に来なきゃ行けないと思って!」
会場 イエ~イ!!!
中居 「座りましょうか? 座っちゃえよ(笑)! この時間、座っちゃえよっ!」

 「久しぶりの大阪ですけど、皆さん、元気ですか?」
会場 イエ~イ!
 「いやぁ、大阪の人は本当にノリがいいですね。まぁ、ちょっと東京6日間終わって、時間は空いたんですけども、皆に乗せられてあげられちゃって・・・今日はヤバイですよ。ほんま、皆、覚悟しとけや」
吾郎 「久々に皆さんに会えて・・・めっ・・・(「めっちゃ」と言おうとして考えてるw) むっちゃ、嬉しいやんか」
会場 イエ~イ(笑)!
吾郎 「いや、でもね、東京とこうやってきて、個人的にはですね・・・今日が一番、ダンスが一番むちゃくちゃ綺麗です。注目してください」
会場 イエ~イ!(拍手)
吾郎 「36歳になって、歌も上手くなりました! 注目してください!」 (中居の方を見る)
中居 「何、言うてんねや」
吾郎 「ほんとのことでしょ?」
中居 「何がやねん」
吾郎 「僕も最近、踊りが上手くなって」
中居 「俺の歌とお前の踊りが一緒だって言うのかぁ?」
吾郎 「ちょっと、俺のほうが上? でも、中居くんいいよ♪ 今年の歌」

中居 「慎吾、どう?」
慎吾 「ほんま、最高やわ。めっちゃ、好きやね~ん!」
会場 イエ~イ!
慎吾 「あぁ、ほんと頑張った。東京1日目で怪我しまして・・・6日間やって、ちょっと間あって、その間に完治しようと思ったら風邪引きまして。最悪やわぁ~」
会場 (笑)
慎吾 「でも、あそこ好きなんですよ。『Still U』の最後のね、スマップ。「Still U!」(決めポーズをする) あぁ・・・(鼻をすする)」
中居 「あれ? 風邪引いてんの? 俺も風邪引いてるの。左の鼻水が、鼻血みたいに出てくんのよ(ティッシュを左の鼻の穴に詰めたまま話す)」
 「えぇ、どうしたの? 風邪、多いんだ? 耳鼻科行ったほうがいいよ」

中居 「どう? 木村? 2年ぶりって言っても・・・」
 「でも、大阪来るの久しぶりだよね? 皆でね」
慎吾 「何か、いいよねぇ」
 「ねぇ」
木村 「今日さ、ライブ前に皆で円陣組んだときに思ったんだけど、やっぱり、大阪の客席ってパワーあるから、それに負けちゃいかん!ってことを言って、尚且つ、もう思い切り楽しんでやろうっていうのを言ったんだけど・・・やっぱり、始まって、こう・・・スタンド席もそうだし、アリーナもそうだし、いろんな場所に行って、皆の熱みたいなのを体感するとヤバイね。自分では、これぐらいにしとこうって思うんだけど、それ以上の声を出してしまったり・・・だから、吾郎も一回分(ターンが)多いんでしょ?」 (木村、語ってますw)
吾郎 「SAMさん・・・「吾郎は、ほんとは踊りのセンス結構いいんだよ」って言うの。何がいいの?って言ったら、なんかね、バランスがいいって言うのよ、ラインが綺麗って。僕、踊りで生まれて初めて褒められて、今日テンション上がっちゃって♪」 (だから、ご機嫌さんだったのかな(笑)?)
中居 「そんなこと言われてても、羨ましくないのは何故? 俺もよく言われるのよ。声がいいって。「そのガラガラ声がいいのよ」って。ヤダって・・・」

吾郎 「そんなわけでテンション上がってますし・・・来る途中もね、木村くんと一緒に・・・飛行機の席が隣同士だったんですけど、大阪の町を見下ろして、あそこ東京ドームだね。このあと演るんだ俺たち・・・」
木村 「大阪ドームだよ!」
会場、一斉に大ブーイング(爆) 吾郎、満面の笑顔(なんで(笑)?)
木村 「今、話の流れがすっごい良い感じで・・・東京ドームじゃないよ(笑) ・・・そう、本当に良かった。飛行機でば~って着陸する前に、こうやって見たらドームの屋根が見えて、吾郎に「ほら、ほら、ドーム、ドーム」って言ったら、吾郎、ぜんっぜん違うところ見てるの(笑) 「どこ? どこ?」って・・・そっちの窓じゃなくて、こっちの窓。「あっ、こっちね。僕たち、あそこでコンサートやるんだね♪」(可愛い吾郎の声真似w) あのねぇ、毎回来てるんだよ(笑)?」

慎吾 「ほんと、いいよね、ここのドーム」
木村 「あのね、東京ドームよりも客席が近い」 
慎吾 「ひとつになっている感じが・・・すごい、するぜっ!」
会場 イエ~イ!
中居 「たまには、ドームのスタンド席に明かり当ててみてください。僕らからも、しっかり見えるように(格好よく言ってみる)」
木村 「要所、要所で、匂うんだけど(男前風の)?」
中居 「素だよ、素(笑)」
木村 「せっかく、スタンド席に明かり当てるのなら、こっちからウェーブを作ろうよ」

ということで、向かって左のスタンドから右のスタンド、そしてアリーナへとウェーブをやらされます。これが、皆上手くて凄かった。結構、チキンスキンになりましたよ(笑) スマップも「凄い! 凄い!」と大感激。

木村 「いいねぇ。結構、面倒くさいって立たない人もいるかもしれないって思ったけど、割りと皆立ってたね」
中居 「木村があっち向いて用意スタートって言ったら、あっちで何人か立ってた(笑)」
木村 「今日、(ウェーブ)初めてやったね。明日は、もっと上手くなってるんじゃない?」 (えぇ?! 毎回やらされるんですか(苦笑)?)

中居 「今日、ソフトバンクと楽天、王監督の親善試合(?)なんだよねぇ・・・6時プレイボールで、たぶん9時ぐらいにセレモニーがあるんじゃないかなぁ。8時40分ぐらいにライブ終る・・・」
会場、大ブーイング(笑)
木村 「すごいね。ウェーブをやっただけのことはあるね。一体感があるね」
中居 「皆がスマップを見たいのと一緒で、俺だって王を見たいんだよ」 (録画でええやんか(笑)!)

このあと、ちょっと野球に関係して、木村くんのセコムと剛の地デジのCMの話があったのですが、ごめんなさい・・・私は見たことがなく、ついていけなかったので割愛させて頂きます。

木村 「さっき普通に話していたけど、なんでこの位置に来ているのか? これはね、教えてあげるね。歌のフォーメーションです。もう、次の歌に行くスタンバイが俺たちに出来ているっていうことです」
会場 えぇ~?!
木村 「そして、注目してください。さっきから、スタンバイしてウズウズしている奴が一人います」
ここで、スクリーンに吾郎の後ろ姿が大写しになるのですが、姿勢が良くてスタイルが良くて惚れ惚れしましたv
中居 「な~んで、そんな頭チリチリなんだよぉ。それ、本当に頭の毛?」
そして、吾郎の後ろ頭が大写しになり、会場、そのチリチリ具合に騒然(爆) 吾郎、大慌てですw
木村 「もう、リアクションが女の子だからね。「やっだぁーん」って(笑)」
吾郎 「汗・・・踊っているから」
木村 「お前、後ろ姿、ねずみ先輩みたいだぞ(笑)」 (誰、それ(笑)?)

そして、ご存知「とき夢」へ・・・長いっ! MC、ものすごく長いっ! すぐにUPできると思ったのに、2時間以上かかった・・・これ、皆さんに朝には読んで頂けるでしょうか。明日も大阪参加しますので、頑張ってみますが・・・ちょっと脱落したらごめんなさい(苦笑)

あっ、そうそう、今日のハプニングは、トロッコで回っているときに、中居くんがソロパートをまるっとお忘れになっていて、ファンの子に一緒に歌ってもらおうと焦っているのが可愛かったです。あれ、何の曲だったっけなぁ(汗) 『Dear Woman』だったかな。いつもの、照れたときの片手で口を押さえる様子がとってもキュートでした。

とにかく、スマさんたちが、始終楽しそうだたったのが嬉しかったですね。帰りドームを出たら小雨が降っていて驚きました。だから、湿気があって暑かったのかなぁ・・・そして、吾郎の髪がすごいことになってたんですね(汗) 吾郎のソロは、着替えるのが精一杯で髪の毛くるんくるんのままでちょっと可哀想でした。その後の、木村くんのソロの間にしっかりセットされたようですが(笑) 

こんな感じで、ちょっとは大阪ライブ雰囲気掴めてもらえたでしょうか(汗)? すみません、こんなもんで勘弁してください(苦笑)

| | コメント (22)

あなたのためにできること

そろそろ、通常の萌えも書いていこうかと(笑) とりあえず、やはり今週の「ストスマ」の吾郎から木村くんへのキャチスマは、外してはいかんだろうということで(笑) まぁ、レポはすでにあちこちであがっていますので皆さんご存知だと思うのですが、私がいったいどういう思いで聞いていたかという・・・のなんて知りたい人もいないかもしれませんが(爆) 相変わらず、この二人には置いてけぼり感をくらうのは変わりません。

前回、吾郎が担当のときに木村くんがゴルフのお誘いをした分はこちらでもUPしましたが、本当にこの二人は「ストスマ」でしっかりキャッチボールをお互い返しますよね。主旨には合っているのですが、傍から聞いていると「もうこんなとこでボールを返さず、電話すれば?」と言いたくなるのは私だけでしょうか(笑)? いえ、そうなると、こんな可愛い二人の会話が聞けないので、それはそれで困るのですが。

木村くんからの真摯な吾郎へのお誘いに対する吾郎のお返事でした。( )内は、木村くんの呟き。

吾郎 「今夜は僕からのメッセージです。(あっ・・・ごろお) 稲垣吾郎です。これ、一瞬誰からのメッセージかドキドキするんですよね(笑)、いつもね (んふふ・・・)」

このあと、木村くんが全英オープンで石川遼くんとお会いしたお仕事が羨ましく、「どうだったの?」と可愛く木村くんに聞いている様子があります。

吾郎 「まぁ、このキャッチボールスマップでも、何度も何度もキャッチボールして(笑)、なかなか実現してないんですけどもね、ちょっと、ゴルフ本気で・・・木村くんが家に誘いにきてくれるっていうことはね、ちゃんとキャッチボールとして受け止めたんで・・・絶対に迎えにきてよ? (うふふ・・・) あの待っているから、普通に、もう道路でねv 待たせないからね。(こいつ、あっついなぁ(笑)) まあ、早く実現しましょうという感じです。」

この「絶対に迎えにきてよ?」のとき、少し声がかる~く裏返って力が篭っているんですが、かっわいくってねぇ(笑) いいなぁ、木村くん、いつもこんな可愛い吾郎のおねだり聞けて。 

木村くんのお返事は、ちゃんとまず吾郎が質問した石川くんのことを話してから、「あなためのためにできること」をかけるわけですが、「えっ、今回メッセージのお返事まじめ系?」と少し残念に思っていたら、全国マイナー萌えキムゴロ派にちゃんと応えてくれましたね、木村くんは(笑) 

木村 「この曲ねぇ、スタジオ行って僕びっくりしたんですけど、歌割り見たら主に俺と吾郎だけだったんですよ。ワァって思ったんですけど・・・もっとびっくりしたのが、「ハモ」草彅って書いてあったんですよ」

これもねぇ、なんで「ワァ」って思ったのかもう少し聞きたかったんですが(笑) 私も、ハモリに剛の声が入ってきたときは驚きましたが、きっと木村くんが驚いたというのは違う意味だったんでしょうね。これが、ライブでは剛がピアノ伴奏をするというもっと驚く演出になっていたわけですが・・・吾郎ファンとしては、1番を歌ったらステージから引っ込んでしまう吾郎が、ものすご~く残念でした。剛のピアノを囲んでキムゴロさんで歌ってほしかったなぁ。

木村 「今日は、ちょっと石川プロの話、ちら~と吾郎ちゃんの振りもあったんでしてみたんですけど・・・何よりも、キャッチボールスマップ伝言メッセージであんなに熱く語られると、今度返す方が大変なんだなぁといういことがわかりました」

えぇ、木村くんからのキャッチボールメッセージ、いつも熱いもんね(爆) でも、聞いているファンはものすごく楽しいしそのままでいてほしいです。吾郎なんかは、さら~りと照れずに答えていますけどねって伝えたいわ。それより何より、無意識なのかわざとなのか、「吾郎ちゃん」呼びにきゅんvってなりました。普段は、木村くんには吾郎のことは「ごろお」っていつもどおり呼んでほしいけど・・・なんか、きゅんってなったお安いファンです。

そして、選曲がこの曲っていうのが、すでに木村拓哉、熱いし(爆) 

| | コメント (17)

SMAPライブ in 東京ド~~~ム!

東京のスマップライブに、28、29日と参加させて頂き、さきほど大阪に戻ってきました。ちょっと、ものすごいスケジュール満載での東京滞在だったため、かなり大変だったのですが、ライブとファンの方にお会いしているときのテンションがものすごく、今頃疲れがどっとやってきました(苦笑)

東京に発つ28日の朝から、本当に計画通りに行かず、もういろいろといろんな方に迷惑をかけたのですが、この辺の詳細は、また後日改めてもう一つのブログにでもあげるようにします。とりあえず、会う予定だった方で私の計画性のなさで今回は会えなかった方、そして会えても本当にご挨拶だけですぐに次の場所へと移動する私を見送ってくださった方、ほんと~に申し訳ありませんでした。

せっかく、時間を割いてご挨拶だけでもと言ってくださった方たちに、まさか自分の方に来てくれとは言えず、ケータイメールで場所を確認しながらの大移動でした。1日目の28日は会場ギリギリ入りだったためほとんど会えず、参加2日目の29日は東京は大雨で、傘をさしている人の群れの中探し回るという無謀さ(苦笑) これなら、逆に私がここにいますので、お時間がある方は声かけてくださいとお願いしたほうが失礼にならなかったのではないだろうか・・・と後悔すること然り。ライブ後謝罪のメールに、どの方も「気にしないでください」と返事を返してくれた、その優しさにホロリですよ(涙) 次回、お会いする機会があるときは、必ずちゃんと計画を立てます。

そして、肝心のライブレポですが・・・もう、あまりにも遅いので、皆さん、いろんな方のブログやサイトに行かれてレポを読まれていると思うので、詳細は省略させて頂きます。ただ、参加して何もあげないというのは寂しいので、私の個人的なツボ、感想を羅列しておきますね。(その代わり、大阪レポは頑張りますよぉv)

【東京ドーム4日目(9/28)】

とにかく、今年の吾郎は格好良い! テレビを見ていても思うことですが、生で見させてもらう吾郎は半端じゃないっす(笑) ライブに参加される方は、思い切り吾郎の美しさに打ち震えてください(爆) この吾郎になら、たとえ声援が送れなくても仕方なし。それぐらい、美しすぎて倒れます。

吾郎がスタイルが良いのはファンなら誰でも知っていますが、もう感動しますよ、本当に。正直、今年のライブの衣装は、う~んと思うものもあるのですが(笑)、とにかく吾郎ヲタとして萌えれるのは、吾郎がトロッコに乗ってスタンド前を廻ってきてくれるときの白い衣装。長めの白いジャケットが、吾郎の美しさを際立たせてくれます。そして、「あなたのためにできること」などを歌うときの、毛皮のもこもこを首に巻いたワイルドな衣装。スマップそれぞれ、メンバーによってデザインが少しずつ違うのですが、吾郎のは上が短めで長い脚がさらに引き立っています。

そして、「アベ・マリア」がねぇ・・・ステージ上のスクリーンにゴシック調の絵画フレームの中、大きく映し出されるそれぞれのメンバーというステージングが圧巻でした。この曲は、アルバムの中でも異質で鳥肌ものなのですが、ライブでの構成と生歌でものすごいチキンスキンになります。そして、吾郎の出だしソロの歌声は思わず聞き惚れるほど声がよく伸びて、堂々と歌い上げる様子に会場のあちこちで溜息が零れます(笑)

吾郎のソロに関しては、ヲタだけ萌えていればいいと断言します(笑) 見る価値は充分ありますから。トイレタイムも、吾郎だけが特に多いとは、私が参加した2日間は感じませんでした。ただ、中居くんのソロを見たときに、やはり演出も大事だとは思いましたね。まぁ、吾郎もああ見えて頑固な人ですから(笑)、気に入ってくれる人だけが楽しんでくれればいいと思っているかもしれませんねぇ。何より、吾郎ファンとしては、「Keep on」であれだけ吾郎をフューチャーしてくれる構成に感謝しなければいけません。これは、必見ですよぉv

個人的な萌えとして、トロッコでメンバーが廻ってくれるときに、1塁側スタンドの前から8列目で吾郎ファンで3枚ウチワだったのですが、必死で吾郎ウチワを振り「吾郎! 吾郎!」と叫んだところ、吾郎が「あっ・・・」という口をされ極上の笑顔でお手振りをしてくださいましたv これだけで、疲れた長旅の翌日東京参加を決意して良かったと本当に心底思いましたね。ゴロ友さんと手を取り合って泣きながら喜んだことは報告しておきます(笑) だから、これから参加する方も、吾郎は吾郎ファンには(可愛い)お尻だけ見せて愛想を振ってくれないと諦めず、ウチワ振って盛大にアピールしてください。きっと、吾郎も応えてくれるはず。

【東京ドーム5日目(9/29)】

この日のライブは、何をおいても観客のノリがものすごかったです。スタンドにいても気づいたぐらいだから、きっとスマップのメンバーはもっと体感したと思いますね。東京ドームが揺れていました(笑) ビデオ撮りは、1日前の28日がメインだったけれど、3日間通しで撮っているんですよね。観客の様子はこの日にしたら良かったんじゃないのかなぁ。どのメンバーのファンも、全員に惜しみない声援を送りとても気持ちよく参加できました。

ただ、まぁ、「Still U」の音はずしは凄かったです(苦笑) これは、28日も心もとなかったけど、30日は大丈夫だったのだろうか・・・。仕方なく、この曲だけアルバムから音被せるしかないんじゃないかと、ファンとは言え正直な話そう感じましたね(汗) 

吾郎ツボとしては、ちょっと何の曲だか忘れましたが、花道で正面向かって右からセンターに戻るとき、いきなり屈みこんだ吾郎を心配したのですが、どうやら靴紐を直している相変わらずな吾郎を微笑ましく見ておりました(笑) あと、トロッコ途中でジャケットを脱ぐスマさんたちですが、吾郎が脱ぎ始めた・・・と思ったら、また着た?!と吾郎ファン唖然の中、何やらゴソゴソする吾郎。あとで、隣にいたゴロ友さんに聞いたところ、どうやら左手首に身に着けていたブレスレットがジャケットの袖に引っかかって脱げなくなったので、外してトロッコの側にいたスタッフに手渡していた模様。可愛ええのぉ。←こんなことでも萌えれるのが、ヲタというもんです(爆)

とにかく、吾郎のヴィジュが素晴らしくて、いろんなことが頭からすでに飛んでいます(笑) 全然、詳しいレポをあげることができなくて本当に申し訳ない! スクリーンに大映しになる吾郎のドUPに、お肌すべすべ、キラキラを確認して、「女優、稲垣吾郎」と弄られようが、どうぞそのまま吾郎の美意識を持ち続けてほしいと思いましたね。きっと、もうあと5年経てば、もっと如実に違いが見えてきますよ。

そして、ライブで見せてもらったSMAPのオーラと底力。誰にも何も言わせないほどの、5人から発せられるものすごいエネルギーとパワーに平伏したくなりました(笑) これぞ、SMAP! 私たちがずっと求めてきたものを、すべて見せてもらったような気がしました。待っていただけのことはあります。ライブが原点と、ずっと言ってきたスマップのメンバー。ファンのためにも、そして何よりもスマップ自身のためにも,ライブは必ず毎年やってほしい。全員三十路のメンバーで、これだけ「華」があるグループなんていますか? とびきりの笑顔をファンに見せてくれたスマップ。ドームからの帰路、とても幸せな気持ちにさせてくれました。「ありがとう」と伝えたい。

追記: 東京に行っている間に、コメントを残してくださった方、どうもありがとうございました。明日、必ずレスさせて頂きます。今夜は、ちょっと個人萌えレポで力尽きました(笑)

| | コメント (16)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »