« 「悪魔の手毬唄」 | トップページ | 新年開けのスマップ »

「トライアングル」 第2話

第2話見終わりました。さらに、誰が犯人かわからなくなってきた(苦笑) これ、自分のお目当ての俳優さんが出演していなかったら、頭混乱するだけで疲れそう。いえ、私は、結構今後が気になってきてしまったので楽しんで見ているクチですが。

ストーリー感想

あれですか? 郷田は、勝手に独自で事件の真相を追う一匹狼なのかなぁ。これって、インターポールのやり方なんだろうか。丸さんが、「はぶんちょ」にしたから仕方ないのか(笑) サチの個展を訪れ、彼女に死んだ佐智絵の身代わりをしていることを告げたり、堀米(マギー)が狂言強盗を自分でやったことを突きとめたり、それを指示したのは富岡(谷原)だと推理したり・・・まぁ、すごい頭の回転の速い人です。

でも、そんな郷田でもまだわかっていないことがあった。それが、志摩野(堺)が郷田に聞かせるサチがどうして佐智絵の身代わりになったかという理由ですね。しかし、この志摩野っていう人も一体何者なの? 単純に金持ちの道楽だけで、サチの絵を気に入ったわけじゃないですよね? それに、いつ身代わりの理由なんか知ったんだろう。母親(風吹)が取り乱したときに、家を訪れたときサチから聞いたんだろうか・・・でも、サチは「気にしないでください」って、詳しく話したがらない様子でしたよね。あっ、友達のマキちゃんから聞いたのかな?

なんか、頭の良さそうな人ばかり・・・そんな中で、黒スケ(爆)(爆)(爆)の単純バカが、私と同じレベルでほっとしますw あれだけ疑っていたのに、黒木パパの一言で郷田は容疑者リストからバッサリ切り捨てる舜。舜く~ん、視聴者でも頭から「郷田ではないな」って思ってたよー(笑) しかし、舜は郷田の妹の唯衣(相武)ちゃんに、何かと会いに行っては郷田のことを調べるのですが、単純バカなもんだから素直に会いたいことも言っちゃって「生理的に嫌われる」どんくさい奴w でも、吾郎の笑顔、このドラマ始まってはじめてここで見せてもらって嬉しかったです。

「大人になったあなたへ」というタイトルで、佐智絵ちゃん殺害事件が起こる直前にクラスの皆が書いた作文。これも、結構重要なファクターみたいですね。佐智絵ちゃんの手紙を本の間から見つけたサチが手紙を見て驚いているのですが、いったい何が書かれていたんだろう。(もう、疑問ばかり・・・) 母親とサチに電話してきたのは、あのサチを刺そうとした男?これ、誰(苦笑)? 初回同様、まったくわかりませ~ん。がんばって推理しようと思ったけど、黒スケレベルの私には無理だわ(笑) 

今回は、そんな中で丸さんと郷田、郷田と唯衣ちゃん、郷田と舜のちょっとした普段の会話も楽しかった。サスペンスだから、コミカルに仕上げるわけにはいかないだろうけど、ちょっと息抜きにこんなシーンを入れてくれるのは嬉しいですね。来週は、やっと大杉さんが登場するみたいだし、さらに混乱しそう(苦笑)

ヲタ的ツボ(ドラマファンスルー要)

今回の舜も、本当に一人でぐるぐるになっていて可愛かったですねぇ(笑) 「サチの母親に会いに行って来ます!」とか、「(志摩野のところに)行くなら、俺も行きます!」とか、素晴らしい行動力なんですが、話を聞くたびに「えっ?!」と驚く舜。そう言えば、前回でも「お前には、他にやることがあるだろう」と言われたのにもかかわらず、果敢に黒木パパに会いにいく舜も素敵です。(舜は「オヤジ」呼びより、「パパ」が合ってるんじゃないの(笑)?)

ちょっと、ライブ後で少し顔がふっくらなときの撮影開始だったので、早く今の吾郎の撮影シーンが回ってきてほしいのですが、相変わらず瞳きらっきらで、捨てられた仔犬ちゃんみたいで、そんなウルウルの目のUPに思わずどんくさくても「よしよし・・・」って言ってあげたくなる庇護欲をくすぐる子だわぁv それと、「何着、お洒落なコート持っているんじゃい!」とさすがにつっこみたくなったり、スーツやシャツも他の刑事より何気にお洒落だったり・・・スタイリストさんだか監督だか知らないけど(吾郎本人は、衣装に口を出す人じゃないので・・・)、GJですね(笑)

そして、今回の最大萌えポイントは江口さんとのやりとりだったなぁ。

郷田 「唯衣に会うのやめてくれないか?」
舜 「唯衣?」
郷田 「妹に会ったんだろ?」
舜 「あぁ、唯衣ちゃんね」
郷田 「黒っちゃん」
舜 「黒木です!」
郷田 「黒スケ!妹はな、お前みたいなの生理的に受け付けないんだよ。会えば会うほど嫌われるぞ」

ここ、今回の最大のリピシーンです(爆) もう、ファン目線としてのこのドラマの楽しみ方は、毎回どの俳優さんと絡むのかがポイント。来週は、何やら谷原さんとの対峙シーンがあるみたいで楽しみです。芸達者な方や個性派俳優さんから、このドラマで吾郎には俳優としていろんなことを得てほしい。そして、吾郎からも共演者に何か与えられるような演技をしていってほしいですね。

|

« 「悪魔の手毬唄」 | トップページ | 新年開けのスマップ »

コメント

やっぱり萌えポイントは一緒なんすね(笑)@吾郎ヲタ

ちゃんとチャプターで何度でもリピできるように
してしまいましたよ。
江口さんの「黒スケ」がはっきりと聞き取れなかったんだけどね(ーー;)
「黒っちゃん」呼びでもよかったのになぁ…(笑)

投稿: ももぷぅ | 2009/01/15 15:22

kazuyoさんheart01

こんばんは~。^^
フフ・・・、すっかりドラマに嵌ってますねー。
今日、挙げられてた疑問符は、大抵これも近々解決しますよ~。
今後は「手紙(作文)」に書いてた佐智絵ちゃんの内容がポイントです。
これが全て判明する時が事件の全貌も分かる時・・・とだけお知らせを。(笑)
言いすぎましたかね?
って、分かっていながら、ずーっとドキドキしながら見てますけど。
あと、コートですよね。(笑)
きっと「大田西署のファッションリーダー」なんですよ。(笑)
それを楽しみに見るってのは、やっぱり間違った見方でしょうか・・・。(汗)
とにかく、男前がたくさんいるので、目の保養にもピッタリです・・・heart02

投稿: めろん | 2009/01/15 17:44

こんばんは~♪

事務所へのお願い、私がちょっと落ち着いたら、頑張ってお願いしてみます!!

BBS立ち上げて下さってありがとうございました♪
早速書いて来ますね☆

『トライアングル』まだ見て無いのですが(笑)
今回も複雑そうですねぇ~!!
舜くんの黒目は、凄く可愛いですよねぇ♪
本当、羨ましいです♪

投稿: ☆虹☆ | 2009/01/15 23:41

dangerももぷぅさん

SMAPSHOP「フォトブック」の件では、お手数おかけしました。皆の気持ちを代表として最後まで面倒みて頂いてどうもありがとうございます。ご苦労様でしたv 
ドラマを追っていくのとは別に、「トライアングル」は、結構ヲタのテンションを上げてくれる舜ツボが散りばめられていますね。舜は、今までのところたいして目立つ演出もないのですが、なんでしょうねぇ・・・わかってくれているなぁというのが感じられるのでしょうか(笑) 「黒スケ」聞き取りにくかったですか? 結構、はっきりと江口さん、「黒スケっ!」って言ってますよねぇ。しかし、これからずっとあの呼び方をされるんでしょうか。歳の差が素敵だわ~v


dangerめろんさん

ドラマに嵌っているのか、舜にはまっているのか・・・どうやら、私は吾郎が演じるキャラにすぐに惚れてしまうようです。昔は、そんなことなかったんですけどねぇ。演じている役者稲垣吾郎が好きであって、吾郎が演じているキャラに惚れることなんてなかったのに。どの作品からだろう・・・キャラに惚れているなと強く感じたのは「ブス恋」からだったのかなぁ。まさしく、あれはドラマよりも「おさむさん」に会いたくて毎回見ていました(笑) 前回の「佐々木夫妻」でも、法くんのような旦那様いいなぁとか。今回も、舜がかわいくてずっと傍で見ていたいっていう・・・ヲタ丸出し(爆) そして、刑事なのにお洒落なファッションリーダー(まさしくw)。なのに、合コンは好きじゃない。ちょっと、一度ドラマを離れて「黒木舜」を徹底的に追いかけたノートでも作って、日記にあげようかなw


danger☆虹☆さん

受験中だから、ドラマをリアルタイムで見るのが大変ですよね。まぁ、犯人探しは難航の一途を辿ってますよ。きっと、来週はもっと複雑になると思います。すでに、予告をちらっと見ただけで大杉連さんも怪しいです(爆) 吾郎が、「僕(舜)だけは、違うよね(笑)」と江口さんと対談中@TV Japanで話していますが、まだ出演者誰も犯人を知らないのなら断言はできないですよねぇ。まぁ、舜自身は本当に白なのは明確ですが・・・。
サイトのBBSでの雑談トピでは、いつでも軽く話題を振ってみてください。スマ友さんをたくさん見つけるのにもいいかもしれませんね。

投稿: Kazuyo | 2009/01/16 06:39

kazuyo さん、こんにちはsign01
kazuyoさんの舜君評、「どんくさ熱血刑事」や「単純バカ」にかなり受けましたhappy02sign03
まさしくその通りですねwinkもちろん愛ある言葉heart01
ますます、舜君が愛しくなりましたlovelyheart04
舜君のキャラが脚本ではどこまで設定されているかわかりませんが、吾郎演じる舜は、育ちのいいおぼっちゃまで、品があって、お洒落で、格好よくて、スタイルが良くて、素直ないい子で、真っすぐで、どこか抜けていて、疑うことを知らなくて(これダメじゃん!刑事なのに)、女にやさしい、母性本能くすぐり系sign02
そのまんま吾郎じゃんsweat01
でも、そんな吾郎に萌え萌えなので、これから毎週、舜君に会えると思うとテンションチョモランマですhappy01
もう完全にヲタ目線でしか、このドラマ見れなくなってしまいましたcoldsweats01

投稿: 北風 | 2009/01/16 09:43

こんばんは~♪
受験生って嫌ですねぇ(笑)
何か、私の学校は『受験生らしくない!』と怒られてます(笑)
『トライアングル』友達が見てました♪
誰が犯人?!
と悩んでました(笑)
段々複雑になっていくようですね…。
でも、本当舜くんは違いますよね!!
江口さんとの対談ですか♪
あのお2人早速仲良くなられたのでしょうかね??

BBSは、気軽に楽しんできます♪

投稿: ☆虹☆ | 2009/01/17 00:07

danger北風さん

言葉は悪いですが、もちろん「愛情」たっぷりですよーv だって、ものすごく可愛いんだもん(笑) 皆さん、何か秘密を隠し持った陰ある大人の男がわんさか出てきてウハウハなんですが、舜の存在は、しっぶいバーボンウィスキーロックの中に紛れる、アルコール度は高いけどスッキリ清涼感のあるジントニックみたいですなぁ(爆) 黒木舜というキャラは、原作にはなかったということなので、脚本家の水橋さんが吾郎ありきで入れ込んでくれたのでしょうか。重松Pも、「稲垣さんそのまま」とかおっしゃってくれていますが・・・まぁ、ちょっと吾郎とは違うよねw でも、あれだけ良い男たちがいる中で何故か可愛いのは当たっているかも(笑) ヲタ目線でもしっかり見れるドラマは貴重です!


danger☆虹☆さん

受験の真っ只中にいるときは辛いんですが、これが過ぎてしまうとどうってことなくなるぐらい人生って長いですよ(笑) やれることは、しっかりやって悔いが残らないようにだけはしてください。お友達も、「トライアングル」見てくれたんですね。どうなのかなぁ・・・中学生ぐらいの方には、このドラマどんな感じで受け止めるんでしょうね。「誰が犯人?」 ・・・まさしく良いリアクションだw 江口さんとの対談も2ショも素敵ですよ。

投稿: Kazuyo | 2009/01/17 07:23

「Kimさんの書き込みがないので心配です」なんてメールをいくつかいただいたので、あわてて出てきました。Kazuyoさんはじめ、皆さんがバッチリ興味深い感想あげてくださってるし(←おかげで見る気になりました)、すぐに見られる環境でもないので、年末年始の番組についてハチドリ活動にいそしんでおりました。昔なじみの方はよくご存じだと思うのですが、私は連ドラが苦手なんですね。自分の性向がノンフィクション系で「作りもの、フィクション」が苦手なので、吾郎のドラマくらいじゃないでしょうか、連ドラで最後まで見ることができるのは。だから私の感想はあまり話さないほうがいいと自覚してるのです。要するにオタ萌えだけしかしない。ストーリーなどは二の次(こりゃだめだ)。

今回のドラマも重松P曰く「今は、かける社運さえない」KTV制作だし、いろいろな問題もあって最初からまったく期待度ゼロだったんです。しかし昨日、やっと第一回を見たのですが、話の内容はおいといて(笑)、なかなか吾郎ファン的な萌えがあるじゃないですか。ビジュアルが「kimさんの嫌いな髪型で顔も丸いよ」と聞いていたのですが、魔法やノリ君よりは受け入れられる髪型です。確かにちょっと丸いけど、なんとかカメラと照明テクでクリアしてるし。はっきり言って黒ちゃんが出てくると一番画面が華やぐではありませんか(←オタだから許して)。今はかなり締まっているので、回を追うごとにかっこよくなるとふんでいます。だから1,2回目は出番も少ないのだ。きっとそうに決まってる!ファッションも刑事ドラマらしからぬ「着せかえ人形ゴロちゃん」(笑)にしているのもわかるので、他の男優陣と共に、男性ファッション誌的なお楽しみもでてきたし(ただしあのコートは可愛すぎだが)。

撮影カットもさすがKTV(←吾郎をカッコ可愛く撮ることにかけては定評あり)、なかなか美しくカッコよく撮ってくれてます。まあ最初のパリ部分は寝そうになりましたが、「ここはショパンで吾郎が歩いた道だ」「この市場はパリスマで中居君と剛がいたところだ」「この階段は木村君と慎吾が&Gを歌っていたところだ」とかまったく吾郎&スマファンとしては正しい見方でなんとか乗り切りました。

サスペンスにしては展開がモタモタしていてイライラすることもありますが、吾郎が主演じゃない分、気楽にドラマとして楽しめますね。とにかくあれだけの豪華男優陣なので、早く、くんずほぐれつ皆で絡みまくった芝居をしてほしいです。これまでも「危険な関係」「催眠」「Mの悲劇」などサスペンスはいろいろあったのですが、いつも不満なのは吾郎を男優さんと絡ませてくれないこと。女優さんと絡むと絵にはなったり、相手を綺麗に見せてくれるので、きっと女優さん側スタッフが吾郎とかからませたがるのだと思いますが、いかんせんフェミニスト(←日本語で使われる意味ね)すぎて吾郎のほうが引いてしまうのが不満のタネでした(お姉ちゃん子だからだろうか?)。そう「優しいだけじゃだめなんだよ、吾郎さん(笑)」。その点、「恋愛偏差値」はSの吾郎さんで良かったと思いました(あれは女性がPだったからでしょう)。
「危険な関係」でも豊川さんとがっつりいくぞ~~と思ってたら、あれだけ?ってほどの短時間で、がっくりしたことを思い出します。中江監督の吾郎の撮り方は素晴らしかったですけどね。私のなかで連ドラで好きと言えるのが「ソムリエ」と「陰陽師」なのはそういうところに理由があるのです(女優を目立たせる仕事しなくていいドラマ)。
2話はまだ見てませんが、クロスケと郷田さんもようやく相棒になりそうだし、コヒさんとはすでにいい感じだし、堺さん、谷原さん、佐々木さん、北大路さんと、一癖も二癖もある実力派俳優ばかりで、数打てば当たるでしょうから、きっとそれぞれと絡みがあるだろうと期待しています。

投稿: kim | 2009/01/17 08:36

こんばんは~♪

人生長いですよねぇ!!
悔いが残らないように頑張ります!!

『トライアングル』今日見ちゃったのですが、『黒スケ』という呼び方、良いですねぇ♪
気に入りました☆
中学生から見たこのドラマは、やっぱり大人向けで見てない人が多いのですが(苦笑)私的には、江口さん、吾郎ちゃん、相武紗季ちゃん、広末さんなど好きな人ばかり出てるのでそういう見方をしてしまうのですが、いつの間にか話に入り込んじゃって夢中になっちゃいますねぇ!!
私がドラマに入り込みやすいってのもあるのですが(笑)
今回の『トライアングル』、サチは引き取られた子だったのですね!!
亮二のお友達も嘘ついてて…。
舜くん素直な良い子ですねぇ♪(笑)
敬語で話してるのに『親父』呼ばわりするのが凄いツボなんですけど(笑)
皆さん演技とても上手いですよねぇ!!
風吹ジュンさんのパニックになるシーンも迫力があってドキドキしました!!
私的に、最初しか出て来てない佐々木蔵之介さんも怪しい(笑)
佐々木さんも好きなので、また出てくれないと困ります(笑)

投稿: ☆虹☆ | 2009/01/17 23:54

dangerkimさん

私は、kimさんが出てこないのはわかっていたので心配してませんでしたよ。もちろん、すぐに見れないというのもあると思うのですが、ドラマ自体があまり感想出てこない体質だもんねぇ(笑) ごめん、ごめん。kimさんのコメントが発揮できるスマ萌え感想は、私のほうがついていけなくなっちゃって(苦笑) 嬉しいかな、プチツボがあるものが多すぎて、日記でなかなかあげれなかったのです。あとで、まとめてUPしますので思う存分コメントしてください。って言うか、ここで出てきてくれないと心配するわ(爆)

まぁ、「トライアングル」は、なんせ主役じゃないっていうのは大きいですよね。特に必死になって見る必要もないから、私の視聴も軽い、軽い♪ もちろん、ドラマのストーリーがかなり複雑化しているので頭は使って楽しんでいますが、やはりキャラ萌えしているのが一番大きい(笑) 数字が出なければ、なぜかあまりまだ重要でない役を演じている吾郎がアンチにめった叩きされていますが、ファンの方は気にしなくていいですよ。そこまで叩かれるほど、何もしてないですからw ちゃんと、ドラマを見て感想を書いている方は、吾郎のことなんてスルーできるぐらいの段階です。叩くこと自体が、すでにおかしい。ある意味、アンチって吾郎のことものすごく目で追って見てくれているんですよね(笑) そんなこと気にするより、やはりファンとしては可愛い黒スケを見れる楽しさを充分味わったほうがいいです。そう、それがこのドラマの「正しい」見方です(爆)
主役じゃないから、回によってはあまり出てこなかったりするのですが、郷田と事件を追うという役割のため、これだけの豪華俳優と必ず一騎打ちで話すシーンが出てくるのは嬉しい。加えて、北大路さんが父親役となれば、もう総当りですよ(笑) 主役の江口さんだって、まだ画面に一緒に出ているシーンがないのに。あとは佐々木さんと大杉さんと絡めばパーフェクトなんですよね(谷原さんとは、すでに予告で少し流れてましたし)。そして、そのシーンは近いうちに見れると思います。いやぁ、いいドラマだなぁ、これw


danger☆虹☆さん

黒スケって呼ぶ江口さんも、呼ばれる吾郎の表情も良かったですよね。黒パパには、どうやら弱いらしい黒スケちゃんとか可愛いじゃないですか。父親から「(10歳の少年には)無理だ」と断言されて、ウルウルになる黒目ちゃんにきゅ~んとなって、ここもリピ率が高いです(笑) そうですかぁ、やはり中学生の方たちには、あまりひきつけられる要素がないドラマなのかな(苦笑) 最近ヒットするドラマは、若い世代を掴まえなきゃなかなかヒットしなくなりましたよね。そうなると、学園ものドラマは強いわけですが・・・私にはきっついわぁ。吾郎がゲスト出演した北浜せんせは、ものすごい萌えキャラでしたが、だからってドラマ見る気にはならなかったので。佐々木さん、来週は出てこられるのでしょうか。いろいろ、まだ楽しみがありますね。

投稿: Kazuyo | 2009/01/18 04:33

今頃のコメントお許し下さいドラマのストーリーに嵌まり1度見ただけでは「舜くん萌え」ポイントわからないのでとても助かります。これからも皆さんよろしく!ちなみに私の印象に残ったシーンは、志摩野さんのところへの行き帰りのエレベーターのシーンです。劇的なシーンではない郷田さんと舜くんがお兄さんの事を聞いたり話したりしているだけです。テーマの1つ「誰かの身代わりの人生・・・幸せ?」について郷田さんにしゃべらせてます。舜くんは聞いてます。二人の表情が心に留まりました。何気ないシーンよかったです。あと、Kazuyoさん「舜くんノート」楽しみにしていますsign03

投稿: ピカチュウ | 2009/01/18 17:17

dangerピカチュウさん

第2話では、郷田と舜の関係性が微妙に変化していますよね。それが、二人の会話、表情から読み取れてなかなか見ごたえがありました。ピカチュウさんが良かったと言われているエレベータ-内の二人の会話ですが、サチの境遇を自分と重ね合わせて話す郷田の過去の話に、驚きつつも郷田への気持ちが変わったであろう舜の表情が良かったですね。舜は、決して「単純バカ」な熱血刑事だけじゃないんですよ(笑) もしかしたら、後半は郷田のそんな辛い過去を救う役割にもなるかもしれませんね(希望的観測w)

投稿: Kazuyo | 2009/01/19 05:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「悪魔の手毬唄」 | トップページ | 新年開けのスマップ »