« Never Landに住む青年 | トップページ | 「トライアングル」 第5話 »

孤独な愛の戦士

やばい、やばい、やばい・・・
かっこいい、かっこいい、かっこいい・・・


仮面ライダーG(笑)!


感想書く前に、ちょっとウチの事情を説明していいですか(笑)?

いつものように、ほぼリアルタイムで映像お裾分けして頂いたんですよ。まず、私がしなければいけなかったのは、いかにハズに隠れて視聴するかと言うことです(笑) 予告編、見せるんじゃなかった・・・海外のサイトから、リサーチを始めたうちのハズ、ライダーGが見たくて見たくて仕方ない(苦笑) 金曜日の夜、奴はなんと徹夜でサイト巡りをしておりました。アホちゃうん(爆) 起きた私にいろいろ説明してくれるんですが・・・そんなの、全部前評判で知ってるっていうねん。「外人は、ゴローなんて知らない。誰がやるんだ? SMAPってなんだっていうところから討論している」と。じゃあ、あんたが教えてあげればいいじゃんと思ったんだけど? それが、SMAPは以前「ガッチャマン」をやったと拾ってきたらしく、「見せてくれたことない!」と拗ね出した・・・うぜぇ(苦笑)

頂いた映像を早く見たいのに、「まだか、まだか」と待っている奴がいるため、ゆっくり見たい私はひたすら我慢・・・そう、敵が眠りに落ちるまで(笑) 徹夜で起きてたんですよ。絶対に眠くなるはず。邪魔者が眠りについてから、ゆっくりライダーGを堪能させてもらってリピが止まらず、感想が遅れました!

私は、昭和ライダー世代です。仮面ライダーV3までは、毎週テレビの前に必ず放送される時間にはいた子だった。V3以降、見なくなったのは何故なんだろうなぁ・・・周りの女の子が誰も見ていないことに気付いたのかなぁ。だから、平成ライダーとか、その違いとかまったく知識がありません。平成ライダー勢揃いを見せてもらって、すご~いというより、平成ライダーって「派手」なんだねっていうことでした(笑) だから、ライダーファンの方たちが、「G」をどう思うのかわからないのですが、個人的には昔見ていたライダーが、えらいCG駆使されて、ド派手で、さらにライダーに変身する人がものすご~~~く自分好みの男だということですか(笑)

ちょっと、幼少のときライダーを見ていたワクワク感を含みつつ、吾郎中心になると思いますが、萌えツボを頭から出していきますv

・ やばっ! 結構、本格的に作られたとは聞いていたけど・・・オープニングでいきなりチキンスキンになった(苦笑)
原作: 石ノ森章太郎・・・やば~い(汗) 吾郎: 稲垣吾郎・・・これも、感動、ちょっと泣きそう。

・ ご、吾郎キター! か、かっこいい~! グラサンしていると男前度あがるなぁ。あの、つぶらな瞳がやっぱり可愛さを増すのねぇ、きっとv
ちゃんと、タイトル出してもらってる・・・拘っていますねぇ(笑)

・ 三年前の思い出シーン
「結婚しよう。料理とワインが最高のマリアージュであるように、君と僕もきっと」 素敵ぃ、言ってほしいわ、そんなこと。
こら~、観客笑うな(怒)! いえ、これ、最初見たとき、前半のワインに絡んだところは、全部つっこみどころ満載で笑いまくりました(笑)>自分 

・ 「忘れはしないよ。あのワインの味と君の笑顔だけは」(笑)(笑)(笑)
だから、笑うなーw なんか、吾郎が言うと、こんなくっさい台詞でもアリかと思ってしまう吾郎マジック。そういえば、ライダーの台詞って、結構くさいよねぇ。子供のころは、憧れの眼差しで見ていたから気付かなかったけど。

・ 敵に前を立ちふさがれて、釈さんを脇に促す動作が貴公子w (これ、ライダー変身後も、中に入っているアクターの方が同じようにしてくれているのが嬉しかったですv)
なんか、噴出したくなるような掛け声と共に繰り出される必殺パンチ(笑) やっぱり、笑いどころいっぱいじゃん。
「食前酒は、何がいい?」
「食後酒は、夢の中で」
あくまで、いつもジェントルマンな「G」ソムリエ吾郎v

・ まさか、刑事役の黒スケではなく、「G」で銃撃ちまくりの吾郎を見せてもらえるとは思わなかったわ(爆) 吾郎、良かったねv

・ 屋上から落ちる吾郎・・・立てひざ着地だ~~~! 地面いっぱいに「G」! かっこいい~~~(笑)!

・ 「今、僕のヴィンテージが芳醇の時をむかえる!」 変身の決め台詞。これは、あり? ワインにワインオープナーに・・・いやぁ、いろいろ遊びがありますねぇ。

・ 変身直後、テレ朝のビルぶっこわして「G」の文字・・・これは、格好いいけどダメだろ~(爆)!

・ 武器が「G」のボトルオープナーのサーベル形? ものすごく、かっこいいv 
それと、アクションのアクターの方、どなたですか? 吾郎に合わせて、細身の方を選んでくださったのか、歩き方も優雅で、ちょっと立ち姿も吾郎に似ているのよー(頭を、少し俯き加減に立つところとか)。脚が長いのも一緒で、吾郎ヲタとしてはものすごく嬉しかったですv いえ、吾郎は、あんなに格好良く立ち回れませんがw

・ 火薬を惜しげもなく使っていますなぁ・・・「G」に、どれだけ費用かかったんだろう(苦笑) まぁ、スマップだけじゃなくて、石森プロから東映、テレ朝まで全面協力ですもんねぇ。

・ い、いやぁ~ん、吾郎さまが、「はぁ、はぁ・・・」と跪いておられる・・・萌える(笑) この、「G」とのダブル映像おいしいなぁ。

・ ディケイド登場??? ここで、平成ライダー勢揃い!
私、平成ライダー全然知らないのに、チキンスキンきた(笑) かっこいい!

・ 「受け取ってもらおう。僕の悪と正義のマリアージュ!」
このシーン、BGMと合わさってかっこいい、かっこいい。吾郎の出だしの台詞が、また少し震えいている声でゾクゾクするんですよぉ(是非、リピして聞いてください!)。

・ 最後の必殺技は、「スワリング・ライダーキック!」 
おいおい、カッコイイじゃないか(笑) 左のGの文字からワインエネルギーが流れて、足首のリストで右に流れ込み、右キックなわけですねw 

・ 最後の、夕日を背に悪と戦うことを誓う孤独な戦士「ライダーG」 マスクオフが、かっこいい~v
これ、普通に続編見たくないですか(笑)? 

つっこみどころ満載でしたが、そんなことよりやっぱりちょっと昔のライダー好きをくすぐってくれる出来だったなぁ。吾郎さん、格好良いしv 私は、まだ他のメンバーの企画を全然拝見していないのですが、かかった費用は確実に吾郎のが一番高いでしょうなぁ。まぁ、こんなことスマップ人生であまりないことだから、たまにはいいじゃんねw あの、ずっと映っていた小窓は、スマップファンとしては最高に楽しかったですが・・・きっと、特撮ファンさんには不評だろうなぁと想像に難くないです(苦笑) 

吾郎は、この撮影時は他のドラマ撮影が別に2件も入っていたので、おそらくかなり大変だったと思いますが、こんな豪華に真面目に取り組んで作ってもらえて嬉しいのではないでしょうか。だって、ライダーの真似をしたわけじゃないですもんねぇ。吾郎ありきで作ってもらったオリジナルデザインっていうのが、もうすごいことだと思います。歴代ライダーに入れてもらえるのでしょうか? す、すごいな、吾郎w 

・・・ちょっと、またリピしてきます(笑)

|

« Never Landに住む青年 | トップページ | 「トライアングル」 第5話 »

コメント

おはようございます!
最高のでしたよねっ、仮面ライダーG。
特撮ファンとしても最高の出来栄えで、感動ものでした!
あれ2時間の特番とかでちゃんと見たくないですか?!
というか、自分のブログをUPする前に、即効で公式に感想とお願いを出しに行きました。
事務所サイドと吾郎ちゃんがやる気になってくれたら、
作れると思うんですよね!
盛り上がりが消えないうちに、色々活動してみたくなって来ましたv

投稿: くろすけ | 2009/02/01 07:49

Kazuyoさん、大変でしたねー笑っちゃいけないけど、ちょっと笑ってしまいました。ごめんなさい~
見てないところも結構あるのですが、まずはテレ朝にありがとうございましたsign03と声を大にして言いたいです。
わたしだけが喜んでいるのかもしれないけど、衣装が白とピンクだったのがすごく嬉しかった。吾郎カラーですheart04

そして「仮面ライダーG」ですよsign03動きもカッココイイしセリフはちょっと面白いし、カッコイイ、カッコイイのエンドレス・・・
始まってすぐにわたしも昔、弟が好きで見ていて自分も見ていた事あったなぁって思い出しました。特撮、CGすごかったですね~
忙しい時の撮影でがんばったんだねーと思うと余計にぐっとくるものがありました。
最後夕日に向かって、悪と戦うことを誓うライダーGには「がんばってー!」って声掛けたくなって、ぜひぜひ続編が見たいです。「仮面ライダーG」っていうのは名前的にもなかなか決まっていると思うんですよ。
色々な意味でも癒された吾郎の仮面ライダーGでした。本当にありがとうごさいました~

投稿: 流星 | 2009/02/01 08:21

仮面ライダーG最高です。 是非とも続きが見たいです。テレ朝の深夜ドラマ枠なんて ならないかなぁ…
木村さんの拗ねぐわいが萌でした(笑)

投稿: ku_tyan | 2009/02/01 08:28

Kazuyoさん、コメント早っ!(笑)
詳細な萌えポイントを披露して下さってありがとうございました。
仮面ライダーG、素敵でしたね~!
放送終了後、もちろん何度リピしたことか・・・。
小窓でこまめにリアクションしてコメント(or ツッコミ)を入れてくれる木村君を見るのも楽しかったです。
本編と小窓、二度楽しめる作品でした(笑)

投稿: KYOKO | 2009/02/01 10:38

Kazuyoさん、こんにちは。こちらにコメントは久々ですが、日記は読ませて頂いてます。ライダーGホントカッコよかったです。地デジ剛くんの友情出演(?)も小ツボでした。
ネットブログを色々見ていたら、仮面ライダーマニアの方々にかなり好評だったみたいで、『短時間なのにクオリティが高い』
『稲垣吾郎がカッコよかった』『ぜひメイキングを含めたDVDを出して欲しい』などなど。
スマファン以外の方々にも評価してもらえて嬉しかったです。

投稿: 有紀 | 2009/02/01 11:20

3時間中のまだ一部分しか見てないのですけど、取り急ぎ「仮面ライダーG」良かったです! 大の大人、そしてプロの職人集団がたった一度限りのお遊びにとことん付き合ってあんな本格的な作品を作りあげる、あの「遊び心」がたまりません。スーツや小道具などすべてをワインで統一し(Gのオーラまでワインレッド)、細かいところも凝ってましたね。たとえば変身用のベルトにつけるゴローワインの年代が1973年だったり、わざわざ紫の薔薇を作らせたり。そして共演者は豪華で芸達者な人達が勢ぞろい、特撮は大量の火薬の使用、ヘリまで飛ばして、、、。

もちろんテレ朝的には自局の番組の宣伝にもなるので頑張ってくれたのだと思いますが、そんな入れ込み方に吾郎も負けてなかったのが嬉しかったです。あんな気障なせりふや仕草が決まるのはやはり稲垣吾郎だわと腰砕けながら見てました(笑)。スタイル抜群のライダースーツの上にちょこんと乗っかる顔の凛々しいこと。そして長い足でキックしたり、、あの細い指で拳銃を打ったり、ライダーが一堂に集結した時に振り向く顔がまた美しい(壊)。一介のソムリエが悪の組織に拉致されて拷問まがい(←これもっと見たかったって?)の改造を受けるも愛の力で改心、しかしヒロインを助けた後も孤独のヒーローという設定がまた吾郎にぴったりでした。やはり私が吾郎のドラマに求めているのは一般人ではないキャラなんだなあとつくづく思いました。吾郎の独特の雰囲気を生かせる役って大事なんだなと。

それにしてもストーリーも面白かったし、さすがに本物の戦闘部分は興奮しました。ライダーになってからもアフレコは吾郎の声でしかも上手だったし。真面目に作ってあればあるほど、羞恥プレイのようなセリフに大笑いしたり、スマメロドラマ「愛の真珠」も真っ青な展開に突っ込ませてもらったり。特撮ファンには申し訳なかったけど、私はスマメンの5人のワイプでの反応は、こちらが寒くなるのを防ぐ意味でも良かったと思いました。本気でウケているそれぞれのメンバーがまた面白くて。

 木村君が終了後に悔しくて子供みたいに拗ねてしまうのも可愛かったですね。特撮ファンには「木村が嫉妬するくらい仮面ライダーは憧れの的」というふうに受け取られて大好評でした。木村君わざとやってくれたのかしら。慎吾や他のメンバーもフォローたり、突っ込んでくれたり、とにかく楽しかったです。他のメンバーの企画も早く見たいですね。 あとこれ以上を望むのは難しいとは思いますが、メイキングをつけたDVD化は不可能ではないと思うので要望していきます。

最後に、なにげに一番嬉しかったのは社長の言葉でしょうか。「吾郎ちゃんはスマップじゃなかった」というのはかなり何度も言われたことだし、剛が言った「スマップの写真撮影に入ってきちゃった吾郎」も有名な話で、雑誌で吾郎自身も語っているくらいです。当時といっても20年も前の話ですし、すべてが曖昧だったのでしょう。ただあまりしつこく言われると不愉快に感じる吾郎ファンもいたはずで、そのことがここのBBSで話題になったとき、私自身も「青春家族」の撮影で忙しかったのでは、、?という話を過去ログでしたことがあります。メンバーにとってもたいしたことではないからネタにしていたのでしょう。

それでもたまにネット上で「吾郎はスマップじゃなかったのに勝手に入ってきた」というアンチの叩きネタになっていることがあったので、ここははっきりしていただけて本当に嬉しかったですね。しかも水戸黄門ではないけれど、「ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さん」というインパクトは相当大きかったことでしょう(会場もええーって声上がってましたね)。現在コメントなどほとんど出さない社長が、吾郎のためにこれだけのメッセージをこんな重要な席で発表してくださるとは(泣)。さすがに昔からジャニー氏と関係の深かったテレ朝だからこそ出来たことではないかと思います。日テレだったら絶対に無理でしたね(←なにげに毒)。つい最近も「週刊新潮」の「誰も守ってくれない」という相変わらずの吾郎落とし彼女の持ち挙げ記事に怒りまくってましたので、かなりスカッとしました。こちらのHPのBBSでもよく述べてますけど、あの辛い時期、ご自分もいろいろと大変だったにも関わらず、ハイエナのようなマスコミから吾郎を匿い、事件についての嘘八百の中傷記事を名誉棄損で訴えてくださったのは社長です。だんだん余計なことを喋りそうなのでこのへんでやめておきますが、ファンの一人として本当に社長のコメントは嬉しかったです。ここに書いたところで届きませんが本当にありがとうございました。
 

投稿: Kim | 2009/02/01 14:26

「仮面ライダーG」・・・かっこよかったですよね~v
いきなり改造シーンから始まったのには驚きましたが・・・。
アクションはしびれました!!
まあ、私もクサいセリフとかで、かなり笑ってしまいましたが・・・。
でもあんなセリフ、吾郎ちゃんしか言えないですよね~(笑)

どうやら、コメントを見ているとファンの方以外でも好評だったようで。本当にうれしいですv
あと、そのVTRのあとの剛くんが、「吾郎ちゃん」と言っていたのにも萌えましたv
でもコメントは何気に毒だったりして・・・(笑)

それにしてもすごいCGが凝ってましたね~!!すごくびっくりしました。
本当にお金がかかったんだろうなぁ・・と考えると、木村君がすねてたのもわかる気がします(笑)
あとメンバーも口々に「かっこいい!」と言ってくれて本当にうれしかったですね~v

投稿: シオリ | 2009/02/01 15:40

はじめまして。あんまりにも吾郎君がカッコ良かったので…

仮面ライダーG、とんでもない出来でしたね。
今回の企画の中ではずば抜けてよかったんじゃないでしょうか。
こんなに他のメンバーに比べて吾郎君がオイシイ企画って、
まず昨今のスマスマでは…(以下自主規制
冒頭の悪役吾郎君も、他のドラマではそうそう見られない感じで個人的に好きです。
あまりの出来に途中SMAPファンであることを若干忘れて真剣に観てました(笑)

ネットであちこち調べると、ホントびっくりするくらい好評ですね。
小窓と(主に木村君の)ツッコミはかなり賛否両論ですが、
放送全部通して観てると、あれは予算の差とカッコいい吾郎君に嫉妬しているようにしか…
と、いうことでもしも続編を作るのなら(…と、いうか映像見る限りやる気満々な気もしますが)
二番手ライダーか悪役で木村君にも出てほしいなぁ…。

投稿: phantom | 2009/02/01 16:04

こちらでははじめてのコメントです。どうぞよろしくお願いいたします。

kazuyoさん、私も昭和ライダー世代です。子供の頃住んでいた地方ではネットワークにテレ朝系列がなく、
おそらく数週間遅れの(あるいはもっと?)しかも夕方4時からの放映でした。「ライダー」のある日は
わくわくしながら、急ぎ足で学校から帰った記憶があります。初代からV3まで毎週テレビにかじりついていました。
「迫る~ショッカー♪」いまでもフルで歌えますもん(笑)

いやー、そんな私にとってGは神でしたね。燃えました。痺れました。
ここ何年かは吾郎愛が強すぎるゆえ?諸々のことが気になってドラマに集中できなかったり、
純粋に楽しめなかったり、なんていうか、作品やキャラに対する愛が吾郎へのそれを越えることはあまりなかったのですが、
(耕さんや飛鳥パパは別格として)
ソムリエ吾郎=仮面ライダーGには完全にやられちゃいましたね。
はあぁぁぁぁぁぁ-カッコいいーーーっ!(おっと、初コメなのに乱れてしまった、失礼)


スーツの中の方はさすがプロですね。吾郎の所作を研究してよく特徴をとらえ、優雅にしかし強く振る舞いまるで違和感がない。
本当に吾郎が中に入っているような錯覚さえ覚えました。
また、吾郎のアフレコが上手い。タァーッ、トォーッ、グヮッ!んもうー、すってき~♪
ワンピースや声優セイミーなどで才能は実証済みですので、また声優のお仕事もしてほしいと思っていたのですが、この手があったか!
俳優と声優の両方の魅力が堪能できて、なんておいしい。

ぜひ次回作をお願いしたいですね。ていうか、制作スタッフは続編ありも視野に入れているのでは?
エピソード0といった仕上がりになってますし、「これで終わりだと思うなよ」「戦いははじまったばかり」など
メッセージがあちこちに…。なんといっても哀川○さんの最後に残したセリフと紫の薔薇が。
期待しすぎての空耳ですかね(笑)
実際に作るとなると多くの利権が絡んで難しい面もあるとは思うのですが、ネックはアノ事務所の肖像権への執着くらい?(軽く毒)
なんとかクリアにして、SPドラマ(映画でももちろんOK)などみたいですね。

公式にはすでに感謝と要望のメールを送ったのですが、FCにもはたらきかけてみようと思います。

投稿: きいポン | 2009/02/01 17:34

初めてお邪魔させて頂きます。

昨日のG、とてもよかったですよね!
5人揃っている時にここまで吾郎をフィーチャーしてくれる放送がここ最近あっただろうかと(苦笑)
一緒に見ていた普段アイドルって何というくらい興味のない母も、続編を大プッシュしていました。
最初は気障なセリフに笑ってしまうのに、気づけばストーリーにどっぷりとハマっていて、視聴者を真剣そのものにさせる制作スタッフの皆様に感動です。
そして何より吾郎が素敵過ぎです。
番組途中で木村くんが話していた「CM中D-1や全力坂だとメンバーが席を外すのに、ライダーだけ皆残っていた」という発言が、仮面ライダーGの素晴らしさと面白さを表現していると思うので、続編やって頂けるといいですね。

投稿: matsuri | 2009/02/01 21:22

こんばんは~♪

旦那様本当に仮面ライダー系大好きですねぇ♪(笑)
男の人の憧れですよねぇ!!

『仮面ライダーG』ご飯食べながら見ちゃいました♪
すいません(汗)
笑っちゃいました(笑)
でも、最初から格好良過ぎて何回も萌え死にしましたよ(笑)
本当細いですよねぇ♪
格好良過ぎる~☆
絶対1人で見てたら笑わなかったのに…(笑)慎吾くんが一生懸命褒めてくれたのに感動しました!!吾郎ちゃんをフォローしてくれてましたね♪

全然勉強にやる気が出なかったので『ゴローズバー』見たら、やる気出ました!!(笑)
今日は、頑張りましたよ(笑)(←自画自賛(爆))
成宮くん格好いいし、歌うまいし♪
吾郎ちゃんテンションおかしかったですよねぇ??(笑)
いきなり怒ったりでも、可愛かったですねぇ♪
何かいきなり笑いだしてビックリしたのですが、可愛かったです♪

投稿: ☆虹☆ | 2009/02/02 00:02

Kazuyoさん、ライダーGに不安いっぱいの時のお返事ありがとうございました。ライダーG拝見して素敵過ぎてため息ばかり「カッコイイ!こんなに美しいライダー見た事ない」私もライダー勢揃いには思わず歓喜の声あげちゃいましたheart01宝塚ばりのワイン絡みの台詞には最初皆様同様笑いましたが見ているうちソムリエ吾郎なら有りでさまになっちゃうのが流石吾郎ちゃんsign03いかにもジェントルマンらしい所作と変身の時の爽やかなライダーGには今までのライダーイメージを覆してくれて感激。ライダー役って20代前半の若い俳優さんがやっていると思うのですが吾郎ちゃんが演じて全く違和感がなかったのが驚きました。上地くんの野球絡みの台詞と大下さんにも笑いましたが、イイ共演者にもめぐまれ制作して下さった石森プロ・東映・テレ朝には素晴らしい作品に感謝ですやっぱりテレ朝は吾郎ちゃんに優しいありがとうsign03(某年末年1度の局とは雲泥の差(毒)全体感想もSMAP5人誰一人落とす事なく見せてくれたテレ朝の制作力には良識を思い、つよぽんのチャレンジには慎吾ちゃんの優しさと三人のお兄ちゃん達の心配そうな温かい見守る眼差しがSMAPの深い絆を感じ素晴らしい3時間でした。

投稿: ピカチュウ | 2009/02/02 00:37

こんばんは♪

入試後のおたのしみ仮面ライダーG!
(けれどまだ受験生活は続きます(泣))
皆さんの感想読んだら凄く楽しみになって帰って早速再生しました。

なんだこれ。
カッコいい×∞!(爆)
めっちゃ細い!
初めのほうは笑っちゃいましたけど(ほんとすいません(汗))
最後のほうは大真面目に見てました。

孤独のライダー…。
なんか続編があるてきなラストでしたよね?
これ期待しちゃっていいのかなぁ(笑)
本気で続編が見たいです♪

私的に記憶飛んで悪役吾朗ちゃんも好きです♪
こんなに悪に染まりきってるの見たことないですから(笑)
ナンバーファーイブ!と上地さんに呼ばれてゆっくりと背後から現れグラサンをとる吾朗ちゃん…。
このシーンも好きです(笑)
あと、爆発すごかったですねぇ…。
仮面ライダーとかって全く見たことがないんですよ。
だからどれくらい制作者の方々が本気だしたかはわからないんですけど…
一人で騒いでました(爆)
凄すぎですよ!あれは!
一番制作費かかっているのも納得(笑)
スーツも素敵でした♪

投稿: ピノキオ | 2009/02/02 01:02

こんばんわ~。
仮面ライダーG最っ高~!!でしたね。
超かっこよくって、よくって、最高によくって…
まだまだ興奮さめません。

私も仮面ライダー1号、2号、V3大好きでした。
なぜ観なくなったのかは、アマゾンライダーのデザインが
私的にショックだったから、なのを覚えています。
しかしながら、今年の初めまでやっていた
仮面ライダーキバを観ていたので、
CGなんかは、最近はあのくらいはチョチョイッって
できるのね。と思ってました。
ですが、最近のライダーは改造人間ではないんですね。
次に、ライダーなのにバイクに乗ってるシーンがほとんど
無かったんです。そういう風にシリーズが進化しているんだなぁ。
と思っていたのです。
しかし、仮面ライダーGには原点回帰ともいえるポイントが満載で、
木村君がつっこんだ点もすべてノスタルジーすら感じさせてくれる。
吾郎さんの颯爽とした仮面ライダーGは言うまでも無く、
設定や展開にも完全にやられてしまいました、バキューン!

中居くんなんかも、少年のような顔で
画面に釘付けになってた気がします。
木村君もうらやましがってないで、
もう、皆でやっちゃいなよ。
ガッチャマン…。

とにかく、吾郎さんかっこ良すぎです。
あまいマスクの仮面ライダーにキューン!
シュテキでムテキです。

投稿: mick56 | 2009/02/02 04:26

gasstationくろすけさん

特撮ファンですか(笑) 続編も、特別編も是非見てみたいんですが、どうなんでしょうねぇ・・・これが、「スマステ」内の特別企画で、あれだけ凝縮されていたから面白かったのかなぁとも思うので。でも、DVD化は激しくお願いしたいので、公式の「ご意見箱」のほうにお願いしてきました。できたら、メイキングやインタビューなんかもいれてくれると嬉しいんですけどね。特撮ファンとしては、フィギュアとか変身ベルトとか武器とかもお願いしたいというのを、あちこちのブログで拝見しました。確実に、ヲタ心をくすぐる作品だったみたいですね。続編は、吾郎サイドから出ないだろうけど(もう、仕事いっぱいいっぱいですよね、今)、ディケイドの作品に「G」を特別出演させるので、アフレコだけお願いしますとかあるかもしれませんね(笑) 


gasstation流星さん

ハズに見せましたよ。一発目が、「What a hell xxxxxx」(小窓を指して)と、スマファンに聞かせられない罵倒を浴びせられました(苦笑) でも、始終感激されたようで、やっぱり変身のところと、武器、ライダー勢揃いは例外なくヲタ萌えされてました(笑) 日本語が全部わかるわけではないので、「何て?」って聞くから説明してあげようとすると、萌え映像が出てくるので「しっ~!!!」とか言われて、逆ギレしそうになりましたw 
スマさんたちの衣装、華やかで素敵でしたよね。白系を着るのは、歌の衣装以外珍しいので嬉しかったです。胸のポイントアクセが違うのも、それぞれに似合っていて良かったです。吾郎には、「孤独」なヒーローという言葉が似合いますよね。決して、万人のヒーローじゃない。陰のある孤独なライダーっていう設定が、もう製作側の吾郎への認識度がわかって嬉しくなりました。


gasstationku_tyanさん

やっぱり、皆さん、続きが見たいんですね(笑) とりあえず、DVD化のお願いからやってみると、反応の良さでそれぞれの事情もあると思いますが、考えてくれるかもしれません。私も、深夜枠に同意です。お子様には申し訳ないけど、あの設定で進めるとなるとゴールデンは今のご時世無理ですよね。それに、陰のあるヒーローなんて子供向きじゃない(笑) 是非、大人向けライダーで! 木村くんは、吾郎のことに関してはつっこみたくて仕方ないから(笑) あの拗ねっぷりは、かわいいですよねv


gasstationKYOKOさん

早いですか? これでも、リピのしすぎであげるの遅かったなぁと思ったんですが(笑) 萌えポイントは、あげた以外にも本当にたくさんあります。つまり、全部ツボ! だから、とりあえずリピしまくっているところだけあげてみたんですけどねぇ。小窓での、木村くんのリアクションですが、一部でものすごく叩かれているみたいで・・・あれは、アリでしょう(笑) もちろん、特撮番組の中のことだったら責められても仕方ないけど、あくまでスマップの番組の中ですからねぇ。それに、ちゃんと台詞を言っているところでは黙っていたし、何気に的確なコメントの入れ方だと思いました(笑) とにかく、吾郎のやることはつっこみたいんだから、放っておいてあげてください! あれがなければ、ちょっと初見辛かった吾郎ファンとしては、ありがたかったです。


gasstation有紀さん

地デジのポスターの中の剛には、思わず私も笑ってしまいました。と言うか、変身するまでは笑いどころものすごくありましたよね(笑) 私も、いろんな方のブログ巡りをして、この週末が終わっていきました。だから、今頃ここにもレスしているわけですがw まぁ、一部を除いては、ほとんどの方が楽しめたようですね。特撮ファンの方にしたら、そこに吾郎がいようがいまいが、たいした問題ではないと思うのに、アフレコが上手だった、結構格好良かったと書いてくださる方もいて本当に嬉しかったです。吾郎は、どうでもいいとは思いつつ、「G」が思い切り吾郎のキャラありきなので、無視することができないっていうのもありますね(笑)


gasstationkimさん

いや、本当にこれだけ「G」の映像のリピが止まらなくなるとは思いませんでした(笑) もう、あらゆる意味で、この製作、企画に関った方に吾郎じゃないですがお礼を言いたいですね。特撮ファンの方のブログを巡っていると、いろいろ「へぇ、そうなんだ」と思うことを学ばせてもらったのですが、昭和ライダーと違い、平成ライダーというのは「改造人間」ではないそうですね。理由が、ちょっと某所からクレームが来たということでなくなったという説があるそうで、今回、一回だけという企画だったのでGOだったのでしょうか。火薬の使い方や、ライダースーツのデザインとかも、いろいろ最近は規制があるのだとお聞きして、今回の「G」が昭和ライダーに近かったというのは、作り手にしても楽しんでやってもらえたという感じがあるのがまた嬉しいです。自由に作るにしても、しっかりそこには「稲垣吾郎」ありきで、変身アイテムや武器から、台詞、アクションの細かいところまで、ちゃんと「吾郎」を感じさせてくれるものだし、とにかくあちこちに出てくる「G」の文字(笑) ライダースーツや武器はもちろん、背景、エフェクトにもガンガン入れ込んでくれる。これでもかっ!というほどの、「G」のイメージオンパレードに、キャラに対する愛を感じましたね。
この企画に関ったすべての方が、吾郎を始めとするする役者さんたちも含め、誰もが真剣にやってくれたから感動したのはありますね。これで、冗談半分のような演技を誰かが一人でもやっていたら、大失敗で終わっていた企画だと思います。哀川さんも、あれだけのショットで威圧感を出して演じられ、上地くんにしては熱演でしたね(彼のブログを伺ったら、この撮影のあと喉が嗄れたそうで、ものすごく集中されていたんですね)。釈さんも、ヒロイン役がとても素敵でした(彼女の吾郎の呼び方は、「ゴロー」で可愛かったですねv)。

ワイプの件に関しては、同意です。あれが、あってこそ楽しめたのはありますね。でも、やっぱり作品だけを見たいと思ったときは邪魔というのはわかる(笑) 特に、あのワイプで見切れている映像もあるので、あれはちょっと厳しいですねぇ。なので、DVD化はそういう意味でも強くお願いできるのではないしょうか。木村くんの見ているときのコメント同様、映像が終わったあとの態度も嫉妬だとか言われているみたいですが・・・あれは、そういう振りですよねw 彼が真剣に吾郎の企画に嫉妬していたら、あんな風な態度はとりませんよ。まず、苦笑いで無言です。もしくは、笑顔もなく「なんだよ、この制作費の違いは・・・」となってます。あの、可愛い拗ねたような笑顔を見る限り、まったく問題ないですね。
ただ、私もまだ他のメンバーの企画は見ていないのですが、木村くんの企画は時間も体力も使ったわりには、3時間という尺のために後半は画面割りで編集されていたようで、感動された方も大勢いたと思いますが、思ったよか伝わりにくかったのではないでしょうか。そのあとに、「G」でしたからねぇ。本気で拗ねてないとは言え、冗談交じりで愚痴るぐらいはいいじゃないかと思いますね(笑) でも、一部の心無いファンの方に「吾郎は楽して・・・」と言われるのは腑に落ちません。もともと、何かにチャレンジするという企画であって、どれだけ大変なことをするかということではないのでね。それに、それぞれの企画を比べるものじゃない・・・というのは、某番組でCCB@新宿前をやらさられた吾郎ファンとしては、肝に銘じてますので(苦笑)

「吾郎は最初からSMAPであったか?」という質問に、ジャニーさん自らが取材に応えて発表してくれたのは、私もすごく嬉しかったです。もちろん、メンバーが言うにはネタだというのはわかっているのですが、kimさんが言うようにだからと言って何度も出されると、世間もそうだと信じるし、それでバカにされているのも見ていたので、社長さん自らの回答には思わず拍手でしたね。本当に、いつまでもお元気で長生きしてください。真剣にそう思います。


gasstationシオリさん

あの、短い時間の中で、これでもかというぐらいの背中がムズムズする台詞は、最初は恥ずかしくて笑ってしまったのですが、リピしていると全然ありでしょと思えました。もう、メンバー全員でつっこんで見てほしかったので、それも大成功でしたねw 木村くんのつっこみは、間違っていない。吾郎がはにかむたびに隣で笑ってくれるのに、お礼を言いたいぐらいでした。剛のVのあとのコメントですが、正直に書かせてもらうと、最初聞いたとき「そんなこと言うか?」と少しムッとした人です(笑) 前述したように、企画の意図を考えると、吾郎の企画はあれで成立していますからね。でも、私は吾郎の映像だけ見せてもらったからなんですよね。木村くんのを見たあとでの、剛の言葉があったのだと思うと、ものすごく思いやりのある言葉だったんですよね。やっぱり、番組はちゃんと見なければいけません(苦笑) そんなことより、やっぱり剛の「ごろちゃん」呼びは嬉しかった。生放送だと、たまに剛はポロリと「ごろちゃん」と言いますよね。そして、誰もつっこまない。結構、オフではそうやって呼んでくれているのかなぁと希望的観測発動中ですw


gasstationphantomさん

どうも初めまして。コメントありがとうございますv あまりに吾郎が格好良かったので、思わずコメント残してしまいましたという言葉に、非常に嬉しく感じた吾郎ヲタでございます(笑) どうせなら、大勢のファンの方と萌えを共有したいのでv 私が、初めて吾郎の企画は「仮面ライダーG」だよと聞いたとき、ファンの方が盛り上がっているのとは余所に微妙だったのは、まさしく「吾郎に、そんなおいしい企画をふってもらえるわけがない」という、ものすごいネガ志向が働いたからです(苦笑) どうせ、オチ担当なんでしょ・・・なんて考えていたのがノリきれなかった理由なんですね。どこまで、腐っているんだ、私はっ! ところが、予告を見せてもらってから、「これは、もしかしたら・・・マジかもしれない」となって、放送が待ち遠しくなりました。結果は、見てのとおり。本当に、ありがたかったですね。リピが止まらなくて、私もファンを忘れて孤独な戦士のエンディングシーンにじ~んときました。続編・・・なんとでもできそうな終わり方になってますよね(笑) これは、期待を持ちつつ、とにかくDVD化からお願いしていきたいです。


gasstationきいポンさん

ブログへの初コメントありがとうございます。こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますv
私も、主題歌は今でも覚えてます(笑) 「ショッカー」なんて言われて、それ何?って思う人のほうが多いんでしょうね。あの、彼らの独特な鳴き方(?)は、学校で皆真似してませんでした(笑)? 最近の吾郎が演じるキャラの中で一番萌えたということですが、それもある意味間違ってないですね。なんせ、「孤独な愛の戦士」と言われる、正義のヒーローですよ。萌えないわけがありません(笑) もう、いろんな意味でやられますよね、あのキャラは。アクションシーンのアクターさんが、吾郎のこと研究してくれたのか、監督が研究して指示してくれたのか、本当に吾郎がアクションしているんではないかと錯覚に陥りそうになりましたから。吾郎のアフレコは、さすが名声優でしたねw 続編の件は、私も作れるように終わらせているのは感じました。それが、吾郎をまた起用するのかは別として。でも、吾郎ありきのオリジナルライダーですからねぇ・・・なんとか、いろんな問題をクリアして実現することを願っています。


gasstationmatsuriさん

初めましてv コメント、どうもありがとうございます。初めてコメント残しますというのを拝見すると、それだけこのライダーGにはやられたファンの方が多いということですよね。う~ん、なんて罪深いキャラなんだ、G(笑)! この役のクレジットが、「吾郎」だけなのは何故なんだろう。「稲垣吾郎」じゃ、何か問題があるのだろうか・・・と考えたときに、続編作れるようにしてあるが、スマップの吾郎さんでは無理なときのために「吾郎」だけなのかな?とか、そこまで考えてしまいましたよ。吾郎のスケジュールや、いろんな制約を考えると難しいとは思いますが、もし将来「G」を吾郎以外の方が演じたら・・・それはそれで複雑ですねぇ(苦笑) だって、本当に「G」の吾郎は素敵でした。まさか、特撮キャラでここまで萌えれるキャラになるとは考えもしなかったです。恐るべし、ライダーパワーw


gasstation☆虹☆さん

やっぱり、基本はライダーは男性のヲタ心をくすぐるものですよね。最近は、男女あまり関係ないとは思いますが。男性が、月野うさぎちゃんに嵌れる時代ですから(笑) ライダーGなんて、正味15分強ほどの特別企画番組ですからね。勉強の合間に見るのは問題ないでしょう。萌え死にして、燃え尽きてしまったら大変ですがw そのあと、エネルギーとなるなら必要なことですよね。・・・一人で見ても、きっと笑ってますよ(爆) 私、大笑いしましたから。でも、リピするたびにそのシーンも大事で、そこがあるから後半感動するんだなぁ・・・というのもわかります。あの、気障な台詞が吾郎さんにはピッタリでしたねv ゴロバーでの成くんとの放送も見られたんですね。あれ見ていたら、本当にどっちが年上かわからなくなりますよねぇ。逆に、成くんが甘えたりするときもあるんだろうなぁとは思いますが・・・あるのかな(笑)?


gasstationピカチュウさん

いえいえ、私も最初は不安でしたから一緒です(笑) でも、予告を見て「これは、本気なんだ!」と感じられてからは萌え一直線です。それは、間違ってなかったですね。「こんな美しいライダー見たことない!」 ピカチュウさん、これ名言ですなぁ。確かに、若く格好よく、元気なライダーは数あれど、人生の酸いも甘いもそれなりに経験し、愛する人がいるこの世界を守るため、誓いを立てる孤独な戦士が、いまだかって存在したでしょうか!・・・くぅ~、たまりません(笑) 俯き加減に孤独を見せるライダーの美しいこと、美しいこと。これが、一番の萌えどころなのかもしれませんね。ライダー役を演じるのは、最年長だというのも聞いたのですが、確かに違和感ないですね。普通に35歳のライダーって聞いたら「えっ?!」って思うのに、吾郎だからおかしく思わない。スマップって、やっぱりすごいですなぁ。


gasstationピノキオさん

試験はどうでしたでしょうか? 実力発揮できたのかな? まだまだ、受験生は続くということですので頑張ってください。 
ライダー「G」は、「なんだこれ?」でしょ(爆) 格好良すぎて感想もちょっと出てきませんよね。だって、「かっこいい~v」しか言えないんだもん(笑) もう、あらゆるところに萌えが散らばっています。ライダーヲタとしても、吾郎ヲタとしても申し分ないですよ。ライダーは、見たことがないということですが、これを機会に最新ライダーの「ディケイド」でも見てみます(笑)? あの、「この世界を救えるのは君だけだ!」と、ものすごい綺麗な斜め姿勢の立ち姿のピンクの彼がそうです(爆) いや、ディケイドの中の人も、ちょっと他のライダーと違って優雅だったなぁというイメージがあるのでw それだけで、ちょっと見たくなった私です。


gasstationmick56さん

私も、リピが止まりません! 中居くんが来てくれた「ゴロバー」以来です、こんなにリピする映像は(笑) 萌えの種類が違うんですけどねw mick56さんが書いてくださったので思い出しましたが、V3のあとってアマゾンだったんですね。あれは、いきなりデザインが変わったので、子供ながらに躊躇したのを覚えています。見た目があまり好きではなかったというのが大きいかもしれない。それで、ライダー離れしてしまったんだ。だから、「G」が初期ライダーのデザインに似ているから萌えれるというのはあるかもしれません。いや、本当にかっこいいですわ。目の回りの「G」も、何故か外にはみ出している部分が、吾郎の癖毛と同じに見える。そういう意図ではないのかもしれませんが、そう思うと萌え度が倍増です(爆) 中居くんは、声に出していなかったけど、要所要所笑いをかみ殺していたような笑顔で、ある意味吾郎ファンと同じ感覚で見ていたように見えました。ちょっと、気恥ずかしいんですよ。吾郎の台詞とかアクションがw 楽しんでくれてましたね、確実に。

投稿: Kazuyo | 2009/02/02 07:51

おはようございます。

スマステ3時間スペシャル、面白かったですね♪

仮面ライダーGは完成度が高いうえに笑いどころもあって、しかも吾郎ちゃんがかっこよくて良かったです。

木村君のツッコミ等は、別にいいんじゃないかなぁーと思いますね。

いくらタレントだとはいえ、タレントも人間ですから。
愚痴りたくなっちゃうのを押さえて無理な笑顔でいるより、よっぽど人間らしくていいと思います。

私は木村君のそういう正直な所が好きなんです!
進行しなきゃいけない慎吾君が大変そうといえば大変そうでしたけどね。

森君へのコメントは、あぁぁぁぁー・・・大丈夫!?と思いつつも嬉しかったです。
ナイス木村君!でしたね。
森君の存在を消そうとする事務所(?)への反発が見れた気がしてスカっとしました(笑)

つよぽんの番組復活はまずないでしょう(笑)
深夜12時間際で20%越えってねぇ、ちょっと無理っぽい気がしますsweat01

投稿: 愛奈 | 2009/02/02 08:39

仮面ライダーG 

もう最高でしたね~。もう何回リピしたことかわかりません(*^-^*)
もういたるところで撃沈でした。

制作スタッフ様たちは吾郎ちゃんをよ~く知った上でGのキャラを完璧に創り上げてくれましたね。 きっとすごく楽しんで創ってくれたんじゃないかと思うんですよ。 もうマニアの世界ですもんね。
そういう世界にぴったり嵌るのが吾郎ちゃんですよね。
一つ一つの台詞も萌え死にしそうで。
「悪と正義のマリアージュ」「孤独な愛の戦士」とかとか。。。
そういう台詞をサラッと美しく言ってしまう吾郎ちゃん。ステキすぎ。

もう続編つくらなきゃ勿体無いですよね。
シリーズ化は無理だとしても 特別篇とか2時間SPとかで。
ライダーファンの方々にも好評のようですし、是非是非お願いしたいです。

投稿: ミント | 2009/02/02 17:44

Kazuyoさん、こんばんは。
「仮面ライダーG」は吾郎ファンのツボを全て押さえた素晴らしい出来でした。こんなに吾郎の個性を上手く活かした仮面ライダーが出来るなんて感激です。今までの吾郎連ドラに感じていたモヤモヤが一気に消えてしまいました(←何気に毒)。それからライダーファンの皆さんにも概して好評だったのが嬉しかったです。
Kazuyoさんのハズ様は特撮ファンなんですね。ライダーファンの皆さんからすればあの小窓は要らないと思うでしょうし、私も画面右上の字幕は邪魔だと思いましたし、その点から言ってもDVD化は強くお願いするつもりです。「スマステ」公式とテレ朝の「お問い合わせ」のメールボックスには出して来ました。あとJ-netにもメールします。
私も続編を激しく希望しますが、連ドラよりは改編期の特番がいいのではと思います。連ドラでは今「ディケイド」がありますし、吾郎のスケジュールもありますから。哀川翔さんと釈由美子さんはレギュラーでお願いしたいですね。
それにしても我らが吾郎が史上最年長ライダーになるとは想像しませんでした。それだけ息長くやって来たのだと思うと感慨深いです。

投稿: はちミツ | 2009/02/02 21:37

はじめまして。
実はいつも、吾郎君愛に溢れてるサイトに日参しておりました。
あんまりにも吾郎君がカッコ良かったので…参加したくなりお邪魔致しました。当日私は会社で残業中だったのですが、社内でTVをつけてみんなで観ていたんですが、(仕事中なのに・・)もう・・・元少年達(笑)が仮面ライダーGに喰いつく喰いつく。
私は吾郎ちゃん。かっこいい!!!状態だったんですけど元少年達はやっぱり王道な設定(悪の組織に改造される+男心をくすぐるバイクでのアクション・・・)素敵ライダーベルトと大人の本気にハートわしづかみだった様です。吾郎ちゃんに関しても有りだ!!有り!今までのライダーの中では王子キャラだ!←?ととても好評で、なんで録画してこなかったのかと悶絶していていました。一気に男Fan獲得です。
本当に、メイキングを含めたDVD出してほしいです。
後、木村くんの「全力坂」はもちろん木村くんの頑張りには拍手だったんですけど、
「他の局がきっとやらない、あの木村拓哉に50本坂上らせたテレビ朝日 漢だな!」とテレビ朝日に感心していました。もちろん木村くんはいつも本気でやり遂げる男ですが、他局でそういう企画を勧めるかといえばすすめないと思うんです。なので普段Sな木村くんが、更にSな黄金伝説プロデューサーにやられてしまう所が私もちょっと萌えてしまいました。
吾郎ちゃんの仮面ライダーGといい、全力坂といい続編?が楽しみです。
某局には本当に・・・なので是非テレ朝さんで番組持って欲しいです。

投稿: ななこ | 2009/02/02 21:38

Kazuyoさん、こんばんは。

週末は、仮面ライダーGのリピートに忙しく、コメントが遅くなってしまいました。
初めて企画を聞いた時から期待が高かったのですが、さらにその上をいく作品の完成度に脱帽です。東映・石森プロ・テレビ朝日の仮面ライダースタッフの皆さんそしてキャストの皆さん本当にありがとう(涙)吾郎、良かったね!こんな素敵な作品に仕上げてもらって(感涙)
本当に吾郎がカッコよかった!!もうそれしか感想が出ないのは仕方がない。だってカッコよかったんだもの♪ぜひ完全版・DVDその他もろもろ東映さんにも送りたいと思います。
吾郎の映画が仮面ライダーGでも全然ありです、私的には(爆)。

うちの会社の男子社員も思わずずっと見ていたそうです。
こんなこと話しかけられたの初めてですよ。びっくりしました。
今回のGは特撮・仮面ライダーファン・お子さん・一般の男性に大いに好評だったようでそれも本当に嬉しいことです。

剛の「吾郎さんは疲れてないよね」は私も少しムッとしました(汗)し、今回吾郎が楽して一番豪華で・・・みたいな一部のファンのブログを読んで少し悲しくなりました。
剛の疲れてないよねは、アクションとかを吾郎がやらなかったことに言及したんでしょうが、あれは仮面ライダーとして本物の作りにするための制作手法なので、吾郎が楽したわけじゃないんですよね。剛もそのあとライダースーツが似合っていたと褒めてくれていたので特に大した意味もなく発した言葉なのでしょうが、最近はブログですぐ書かれてしまうので難しいです・・・
だからこそ、ジャニー社長が「吾郎は最初からSMAPのメンバーだった」と明言してくれて本当に嬉しかったです。ジャニー社長には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

森君へのおめでとうや、慎吾のバースデー、生ライブの吾郎の笑顔などまだまだみどころいっぱいなので、G以外も楽しんでください。

投稿: さんご | 2009/02/03 00:24

kazuyoさん、こんばんは。
いやはや、皆さん大興奮ですね。ワタクシも漏れなくその1人です。リピの嵐ですが、視界を手でさえぎって小窓を隠したり、逆に小窓だけ見たり…とマニアックな域に達しつつあります(笑)。

あの短さで作品の完成度の高さは、やはりスタッフの「ライダー」への愛情があってのことでしょう。乱暴な言い方をすれば、たかがバラエティの1コーナーなのに、本気で取り組んでくれたこと、感謝してもしきれません。
「ディケイド」の公式HPの方ではちょっと言いづらかったので(苦笑)東映さんのHPへ感謝とDVD化のお願いをしてきました。続編に関しては…私はそんなに希望してません。やはり1度きりだからこそ出来たクオリティというのも、あると思うので。
それに妄想する余地を残しておきたいというか…(爆)。

特撮ファンにも好評だったゴロさんのアフレコ。正直ファンとして、鼻が高かったですね。特撮ファンはその作品の世界にどっぷり浸かりたい人が多いと思うので、台詞回しとかアフレコの上手い下手に案外敏感ですよ。それと同じく、小窓やメンバーのツッコミに批判的な意見が多いのも仕方ないかと。

「G」に限らず「がんばりますっ!!」自体がよく出来ていたと思います。(細かい事を言えばきりがないけど)
木村くんをことさら特別扱いしなかったディレクターといい、スマタイでゴロさんがコメントしたように「お祭り騒ぎにおわらな」かったのも、テレ朝だからこそ出来たかもしれませんね。きっとお台場局だったら、ゲストを沢山呼んで、いつものようにゴロさんがオチ扱いなんだろうな…。

ところで何度か見返していて、ふと気づいた事が1つ。
D-1のニセCMの絵コンテをよく見て下さい。
男性のイラストが…ちょっと…ゴロさんぽくないですか?
いやいやいや…気のせいとは思いますが…。つい邪推してしまいそうです(汗)。

投稿: kino | 2009/02/03 02:09

gasstation愛奈さん

もう、どこを取っても吾郎ヲタ萌え満載の「G」でしたね。加えて、ライダー好きのツボも当然しっかり抑えていて、製作陣の熱意と愛を感じました。木村くんは、本当に全然気にしてなかったと思います。私たちと一緒でものすごく楽しんだのは、ワイプの中の表情とつっこみでわかりすぎるぐらい明確でしたね。まぁ、確かにだからこそ少し羨ましいところもあって、可愛く拗ねてみてくれたんでしょうねw 慎吾に関しては、私も驚くぐらいに上手く進行していたなぁと思いました。生放送で、てんでバラバラの性格の5人を取りまとめて、尚且つ自分は生で「欽どこ」と大変だったと思います。ものすごいパワーと集中力だったと思うので、最後に全員からBD祝ってもらえて本当に良かったと思いました。剛の企画は、20%いかなかったのかな? 順番が前半だったら確実にいっていたでしょうねぇ。年齢順だと思っていたんだけど、最後の慎吾と剛が逆だったのは何か意味があるのでしょうか(笑)?


gasstationミントさん

週末が終わっていったのに、未だにリピ続行中です。あらゆるところがツボで、本当にアホみたいにリピが止まりません(笑) 今回、実際のところどういった流れで吾郎は仮面ライダーにとなったんでしょうね。ある程度は、メンバーそれぞれの希望は聞いているとは思うのですが、テレ朝の番組に添ったチャレンジを選ぶことは必須だったわけですよね。だから、番組側からの振り分けもあったと思うのですよ。もちろん、番組側としては、この企画ならそれぞれがノッてやってくれるというのを出してきたと思うのですが、吾郎に「仮面ライダー」をと考えた人は神ですね(笑) おっしゃるとおり、吾郎はこういった異次元(?)の世界観の設定には、ものすごく嵌る人です。気障な台詞がこれだけ違和感なく「ライダー」のストーリーの中で言えるのは、吾郎だけですねw


gasstationはちミツさん

何気に毒を吐きたくなるぐらい、今回の「G」が本当に吾郎に嵌るように作ってくださったということですよね。もちろん、ドラマの場合は脚本が先にあってキャスティングをする場合もありますから、役者はその与えられた役を「演じる」ことが望まれるわけで、「G」とは比べられないというのはわかるのですよ。「G」は、稲垣吾郎で作りますという確固たる前提があって作り出されたものだから、吾郎が演じて嵌るのは当たり前なんですよね。でも、吾郎ありきでストーリーから細部に至るまでを作りあげていくときに、いかに吾郎のことをわかってくれているかの度合いで、出来上がりはかなり違ったのではないかと思っています。そんな感謝の意味も込めて、東映さんにも私はメールを送ろうと思っています。もちろん、DVD化のお願いも追記としてお願いしておきますが(笑)


gasstationななこさん

どうも初めまして。コメントありがとうございましたv いつも、吾郎萌えは変わらぬ愛で書いているつもりなのですが、たかだか15分程度の特別企画の「G」だけで、初めてコメントを残してくださる方が出てきてくれるというのはすごいことです。どんだけ、ヲタ心をくすぐったんでしょうねぇv これは、やはり続編も作ってもらったほうがいいのかな(笑)? 会社の同僚の男性にも好評だったと聞いて、大変嬉しく思いました。うちのハズの様子を見ているだけで、結構想像はしていましたが、世間一般の特撮ファンではない方にはどう映ったのか興味があったので、教えてくださってありがとうございます。「スマスマ」の最近のつまらなさを見ていて、数字を取らなきゃいけないんだから、海外ゲストの歌や番宣のようなビストロゲストは仕方ないのよねぇ・・・と諦めかけていた私。今回のテレ朝さんの企画と結果を拝見して、スマップが画面に出ているだけでも、いまでも充分企画さえよければ数字が取れるんだと、テレ朝さんに証明してもらったようで嬉しかったです。「スマスマ」のスタッフには、もう1度原点に戻って欲しいですね。


gasstationさんごさん

吾郎が「夢が叶いました!」「本当にありがとうございます」と言っていましたが、これはもうお宝ものですよね。平成ライダー勢揃いの場面で「すご~いっ!」と目をキラキラさせていた吾郎。私たちと同じで、完成作品をこの番組で初めて見たわけだから、他のメンバーと同様あらゆるところで驚いていたのが微笑ましかったです。シーンごとにカット撮りしているものの、どう繋がっているのかわからなかったでしょうし。ディケイドが出現したあとの「あれは・・・?」という台詞も、見るまでは何が「あれは」なのか知らなかったんでしょうね(笑) そういう意味でも、全編見終わったあとの興奮はよ~くわかりますw 剛のプチ毒舌の件ですが(笑)、彼のことだから特に考えて言葉にしたとは思わないのですが、結構これ以外もひっかかる言葉があったのでねぇ。まぁ、それ以上に褒めてくれたり、一緒に映像楽しんでくれたりしていたから引っ張らなかったんですけどねw 他のメンバーの企画も楽しみにしておきますv


gasstationkinoさん

リピする要因に、小窓抜きで通して見たり、はたまた小窓とコメント付きで楽しんで見てみたりを繰り返すことによって、いつもの倍はリピしていることになるんですよね(笑) そりゃあ、いつまで経っても終わらないわw 特別企画でオリジナルライダーを・・・という設定だったので、楽しんで作ってくれたのかもしれませんね。もし、DVDを出して頂けるのなら、メイキングでそんな企画会議も少し映してくれると楽しいかもしれません(笑) アフレコは、私も驚きました。一瞬、吾郎じゃなくて誰かプロが替わりにやってくれているんじゃないかと思いましたが、何度聞いても吾郎の声です。あの、「トォー!」とか叫んでいても甘い声だけは間違いようがない(笑) 普通の声のアフレコより、きっと難しいですよね。まず、照れるとできないわ。この辺は、ヲタ心満載で本人は楽しんでやっていたかもしれませんねw D-1の絵コンテの件は、手元に届いたら確認してみます。

投稿: Kazuyo | 2009/02/03 09:36

kazuyo様、こんにちは。
「G」は言うに及ばす、すべての企画が素晴らし過ぎて、どう感想を書いて良いものか、まとまらず、kazuyoさんや皆さんのコメントをじっくり噛み締め、悦に浸っていましたshine

なので、出遅れた上、話がちょっとずれているかもしれませんが…。

私は常日頃から「吾郎」という名前が、呼びやすいし、ロゴもいいし、「われ男なり」って本来とっても男らしい名前なのに「吾郎ちゃん」「ごろうちゃん」「ゴロー」と吾郎に呼び掛けると可愛いくなって吾郎にぴったりで本当にいい名前だなぁと思っていました!

剛もよく「いいとも」で名前を出していましたよね。
「新しいヒーローの名前は?」
「ウルトラマンゴロー」

「犬を買いました。名前を付けて下さい」
「ごろー」(そのままじゃん!)

そして今回またその良さが最大限に活かされたと思いました!
「仮面ライダーG」sign03
かっこい〜ぃlovelyheart04
「仮面ライダーGORO」でもありだと思いますが、「仮面ライダーM」「T」「S」じゃ、やっぱり締まらないですよねぇ(笑)
Gをデザインしたライダースーツも間違いなく格好よかった!今まで、全く特撮ヒーロー物に興味がなかったのですが、一気にはまってしまいました!

それから「全力坂」。
愛しの吾郎走りでチョット見てみたいと思いませんでしたかwinkheart01

投稿: 北風 | 2009/02/03 13:31

kazuyoさま、すご~く久しぶりに書込みさせていただきます。はい、私もGの素晴らしさにやられて出て参りました。
今回、吾郎ちゃんがこんなに素晴らしい企画をいただいたのは、やはり準レギュラーとしてスマステに関わってき
たからではないかと思いました。月イチでいつも冷静に映画を語る吾郎ちゃんが変身ものとかになると急に壊れて
しゃべりまくる。それを見て、スタッフは吾郎さんって本当にそういうのが好きなんだなぁと認識したのだと
思います。だったら50年の企画で吾郎さんにライダーを
やってもらおうかと。ま、私の憶測ですけれど。
で、プランを練りだしたら、吾郎ちゃんには”吾郎=ワイン”という広く知られたイメージがある。
今さら特別なことを考えなくてもキャラが立派に成立している。そこを膨らませていけば今までにないライダーが
出来上がる。名前もいいですよね。Gのイニシャルの日本人ってあまりいないし、響きも字面もカッコいい。
もう、吾郎ちゃんは仮面ライダーGになるべく生まれてきた人なのです!(って、ほんまか?)
ワイン関係とGの文字だけでこんなに素晴らしいライダーが誕生するなんて。
リピすればするほど、細かいところまで徹底的にこだわって作られた作品だなと感心するばかりです。
吾郎ちゃん本人が出ていないところでも、吾郎ちゃんを感じさせてくれるのも嬉しいです。
画面の小窓については私も最初はムッとしたことも事実です。でもドラマに見入る5人の表情を見るのは楽しかった。
ただ、音声はいらなかったのではと今でも思います。架空の世界を楽しんでいるのに「スタジオが笑ってる」とか
「釈さんは?」とかね。ツッコミは終わってからしてくれればよかったのに。
木村君正直すぎるのかな。
もうひとつ(文句ばっかりですが)、アクションをしていたのは吾郎ちゃんじゃないじゃない?という発言もありましたが、
特撮ヒーローものって、そういうことを大前提にしているわけで、それをひっくるめてファンはその世界を、
そのあり得ない世界を楽しんでいるわけで。そこもちょっとひっかかってしまいました。
でもそこくらいしか文句をつけることがないくらい素晴らしい作品と木村君が思ってくれていたと考えたら
そんなに腹立てることもないかな。
それよりも私の印象に残ったのはGを見終わった後の中居君の一言。「愛だね」って言ってませんでしたか?
何回リピしてもそう言っているように聞こえるのですけど。誰の何に対する”愛”なのか気になります。
一連の仮面ライダーを手がけてきたメンバーのGに対する愛なのか?スタッフの吾郎ちゃんに対する愛だと感じてくれていたら凄く嬉しいのですけれど。

そうそう、歴代ライダー登場場面で一番喜んでいたのは吾郎ちゃんだった。やっぱり吾郎ちゃんがライダーを
やって大正解だったと思いました。


投稿: みやっち | 2009/02/03 16:08

こんばんは
ずいぶん前に一度、書き込みさせていた
だきましたが、最近は拝見させていただ
くのみでした。
今回の企画があまりにも素敵でしたので
少しお邪魔させていただきました。
うまく、表現できないのが残念ですが
皆さんがおっしゃっている通り、
“G”はほんとうに吾郎さんのキャラを生か
してなおかつ、愛と職人魂を持って作りこ
んだ仮面ライダーだと思いました。
吾郎さんならではの台詞とか
シチュエーションとかスーツに小道具、
戦闘態勢等、悪バージョンのトギットギ
ッの場面とか
(それはそれで声にトロケル)
かっこ良さと“G”を盛り立てる特撮とか、
最後の方の横顔とか、もう感涙!!
想像以上にすごく練られていて
感動してしまいました。
しばらく、皆さんと同様、リピして
幸せに浸る予定です(笑)

また、エンディングの歌メドレーですが、
カメラワークが最高!
めずらしくテレ加減な吾郎さんも
可愛いいし、しかも歌っている
吾郎さんのバックに
“ライダーGマスクオフ”のアップが
映ったところでは、二重の効果で
卒倒しそうでした。
プロジェクターで見ていたので
ハート鷲掴み状態(キャー)
また、そのアップ映像のアングルが
何か「サイボーグ009」も
彷彿とさせて、最高にカッコイイ~!! 
ほんとうに、ヘビリピ間違いなし。

ちなみに、東映HPの仮面ライダー
ディケイドのところに今回の“G”の
スーツアクターを演じた 渡辺淳さんが
紹介されておりました。
この方も素敵な方でした。
感想を届けようかと思っています。

あと、いろいろ、吾郎さんはアクションは
やってないって言われているようですが、
私は想像していたよりは、顔が映ってい
るところのアクションは結構多く、
慣れない所作もがんばったんだなと
思っています。

投稿: ぴの | 2009/02/04 01:29

gasstation北風さん

確かに、吾郎を知るまでは「ごろう」という名前は、昔ながらの男っぽい名前のイメージがありました。きっと、世間でもそうなんじゃないでしょうか。SMAPが売れてから、いくつになっても「ごろうちゃん」と呼ばれる稲垣吾郎という人の存在で、「ごろう」というイメージはものすごく変わった気がします。また、「吾郎」という漢字があてられているのがいいですね。ゴロバーで、「すごくいい名前だ。100点満点!」と言われていた吾郎、ご両親に本当に感謝ですねv 今回の企画でも、「G」ってやっぱりデザイン的にいいですよね。Vの中でも、「愛のために戦うライダー!G!」と、歴代平成ライダーから言われているのも、音としてもかっこいいですv 「全力坂」を吾郎走りで? ・・・う~ん、見たくないかな(爆) あれは、やっぱり木村さんがやるから成り立った企画ですなぁ。マラソンなら、吾郎でも見てみたいけど。やっぱり、スタッフちゃんと考えて企画あげてますねw


gasstationみやっちさん

お久しぶりですv 「G」は、ものすごく吾郎ファンには萌えキャラで語りたくなりますよね。「スマステ」の準レギュラーで月イチゴローを担当しているのもあると思いますが、基本昔からテレ朝さんは、何かと吾郎をいろいろ素晴らしい番組に起用してくれますよね。マーメイドプリンスとしてスポーツ番組の進行という新しい試みを吾郎にさせてくださったのもテレ朝さんです。いろいろ、吾郎を使って冒険をしてくださるテレビ局というイメージが、私の中ではあります。だから、今回の「ライダーG」も本人が好きだろうから、やってみようと思ってくれたのではないでしょうか。みやっちさんが言うように、吾郎にはキャラが立派に成立しているから、やりやすかったのではないかというのはあると思いますねぇ。ワイン? ベタい気障な台詞?・・・あぁ、吾郎ちゃんだからで視聴者に納得してもらえるというのは強いです(笑) 
ワイプの件は、もう仕方ないんですよねぇ。吾郎のときだけ外したらおかしいですから。それに、結構と木村くんと同じつっこみやってて、私ユニゾンしていたかもしれない(笑) ただ、ライダー作品を堪能したいと視点を変えると問題はあります。だから、いろいろテレ朝さんから東映さんまでお願いしましたv 最後Vを見終わった後の、中居くんの一言ですが・・・これ、「アリだね」じゃないですか? 確かに「愛だね」とも聞こえるんですよねぇ。この企画も「アリ」だなという意味で、私は受け取ったのですが。何にせよ、吾郎自身が楽しんでVを見ていたのが嬉しかったですv


gasstationぴのさん

これまた、お久し振りです。感想って、感動すればするほど、なかなか言葉にできないですよね? 特に、今回の「G」は、「~が良かった」というより「全て」なので(笑) もう、吾郎ヲタの見たかったもの全部入れ込んでくれたんじゃないかと思うほど、ストライクゾーンでした。誰が見ても、ヒーローなキャラで、陰があって、とにかくひたすら格好良い・・・この15分の作品で、「こういう役を見たかったのよ~!」って叫んだファンの方も多いのではないでしょうか。吾郎が製作してくれたスタッフにお礼を言っていましたが、吾郎ファンからも最大級のお礼を伝えたい。そして、一緒に萌えて盛り上がってくれた特撮ファンの方にも、「ありがとうございます」と違う意味で言いたいですね(笑) 私は、吾郎企画と少し過去のエピを見せてもらっただけなので、歌は未見だったのですが、某所で拾ってきて見てみました(笑) まぁ、「マーメイド」で吾郎のUPがこれでもか!と映る様に感動さえ覚えました。もちろん、吾郎がマーメイドプリンスをしたときのテーマソングだったっていうのはありますよね。「弾丸ファイター」のときは、野球のテーマソングで中居くんがたくさん映っていましたから。珍しく、吾郎だけがスーツの前ボタンを外しているのにちょっと驚きました。普通は、逆ですよね(吾郎だけが留めている)。踊るたびに鎖骨がチラチラするのに大萌えしました(爆)

投稿: Kazuyo | 2009/02/04 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Never Landに住む青年 | トップページ | 「トライアングル」 第5話 »