« 「トライアングル」 第8話 | トップページ | 「トライアングル」 第9話 »

大人な僕の友人

今月発売された「ポポロ」の剛のインタビューは、スマップ全員とのことについて語ってくれています。すぐにブログにUPしたかったのですが、リアルタイムのラジオ萌えがすごくて後回しになってしまいました。これは絶対に書かなきゃと思っていたので、週末の時間のあるときにお付き合いくださればと思います。本当に、剛がそれぞれのメンバーとの関係性をたくさん話してくれているのですが、それは剛ファンの方が愛をもって全て書かれているのでお任せして、吾郎ファンの私としては「剛が語る吾郎」の部分だけ感想を書かせて頂きます。


歳の順で、中居、木村のことを語ったあとに「次は吾郎さんの番・・・」と剛に伝えた瞬間、剛の顔が緩んで、スタジオ内にリラックスした空気が流れたという冒頭部分だけで萌えました(爆) もちろん、剛はメンバーそれぞれに尊敬と仲間愛を感じているとは思いますが、やはり2TOPのことを語るのは別格なんでしょうね。あとは、吾郎と慎吾という剛には、友達とのことを話す感覚になれるのかなぁ。

吾郎さんは、メンバーの中でいちばん温度が近い人
スマップの中で身に纏っているおおまかな雰囲気で分けると、確実に吾郎と剛が他の3人と違うでしょうね。もちろん、細かい分け方をしたら、実は違っていて組合せが何通りもあるのがスマップのおもしろいところなんですが。温度が近いから、吾郎を語るときは自分のことを語るようで照れてしまうという剛。客観的に見れない部分もあるけど、自分とは確実に違う面を持っていて、そこに刺激を受ける相手なのかな?

いっしょにいて心地いい
いい意味で必要以上に他人に干渉しないで、遠くから見守ってくれる感じ
長い間、楽屋でいつも一緒なのがこの二人だから、空気のように気を遣わずにいられるんでしょうねぇ。お互いやっていることはそれぞれ違ったりするのに、変に干渉もしないから楽。一人でリラックスして楽屋にはいたいけど、誰か傍にいるとホッとする。そんなとき、この二人はお互いを尊重して穏やかな空気が作れるのではないかと思いました。こういう関係って貴重ですよね。特に、スマップのように忙しい仕事をこなしている人たちにとっては、本当にオアシスだと思います。

きっと誰にもで好かれる人なんだと思う
実はすごくシッカリしていて強い人
吾郎のいいところを、本当に惜しげもなく語ってくれているので、これはほんの一部(笑) ゴロバーで加賀さんに「ほわ~んとしている人」と言われていたように、吾郎のもっているものは人を安心させる。それが、誰にでも好かれる要因なんだとは思うのですが、でも、剛はちゃんとそんな吾郎さんの「強い」部分も見てくれている。『トライアングル』で吾郎が共演している佐々木蔵之介さんが、『Mの悲劇』でご一緒したときに、まさしく同じことを言っておられました。「弱い部分を演じることができるのは、吾郎さんが強い人だから」と。でも、剛も穏やかな面ばかりが最近はとりあげられるけど、芯が強くて負けん気もあってそれがあるから何事にも頑張っていけるのを吾郎もきっと知っている。そういう面では、やっぱり似たところがある二人ですよね。

メンバーとどこかに行くとしたら、まずは、吾郎さんとかな
食事やお酒の飲み方に関しては、僕と時間のかけ方も似ている
あれ?出かけるときは、まずは慎吾じゃないのかな(笑)?とも思ったけど、飲みに行きたい理由によって違うんでしょうね。慎吾とは、もういっぱいいっぱいになって、どうしても愚痴を聞いてほしいというときに親友慎吾の力が欲しくなるんだと思う。末っ子は大変なんだけど、そんな剛がきっと慎吾は大好きで頼られると嬉しいんでしょうね。剛が吾郎と行きたいって思うときは、自分の気持ちに余裕があるときじゃないとダメだろうなぁ(笑) 酒に溺れそうなときは、吾郎は誘わないと思います(爆) でも、この二人はお酒が強いんですよね。ずっと飲んでいられる。吾郎も言っていましたが、食事もおつまみ程度でいいという、いわゆる「外人飲み」だと思う。きっと、イギリス人とも一緒に飲めるよw

仕事を離れて、吾郎さんは僕を落ち着かせてくれる大切な存在
嬉しいですね。私が吾郎だったら、こんな風に言ってくれたらすごく嬉しいと思う。吾郎は無理をしない人だと思うし、冷たいかもしれないけど、「剛、俺に何かしてほしいって思ってもできないからね」というスタンスは、無言で見せていると思う。それは、慎吾の役目だ(笑) でも、いつでも、時間さえ合えば楽しい時間を過ごすのはウェルカムだと思う。仕事のことも忘れて、普通の友人としてたわいない話をワインやウイスキーを傾けて話せる人が同じスマップのメンバーの中にいるって幸せですよね。これからも、そんな二人でいてほしい。

あっ、もちろん剛からの事後報告レポはファンはいつでもウェルカムですので(爆) 誰かに何言われても、どんどんノロけちゃってくださいv 剛が吾郎に毒のある一言をぶちかますよりは、断然私は嬉しいので(笑)

|

« 「トライアングル」 第8話 | トップページ | 「トライアングル」 第9話 »

コメント

「ポポロ」の剛くんのインタビューの紹介をありがとうございます。
相変わらず、良い事を言ってくれますね。

>「いい意味で必要以上に他人に干渉しないで、遠くから見守ってくれる感じ」
仕事仲間で、こういう人が居ると本当に助かります。
あまり干渉はしないけど、見守ってくれる人が居ると心強くなって、仕事にやる気がでます。

>「食事やお酒の飲み方に関しては、僕と時間のかけ方も似ている」
食事やお酒に共通点が多いと、自然と一緒に出かける事が多くなりますよね。
一緒にいて、楽しいし安心するから。

仕事仲間としても友人としても、理想的な関係の二人だと思います。
羨ましいなぁ♪
私も、これからも二人で楽しい時間を過ごして、良い関係を続けていって欲しいです。

今度は吾郎さんが語る剛くんを読んでみたいですね。(他のメンバも含めて)

投稿: 雪実 | 2009/03/01 00:10

こんばんは~♪

『ポポロ』剛くんですか♪
メンバーの事語ってるなんて素敵ですねぇ☆
でも、買いに行く暇が無~い(笑)
秘密兵器として、姉に頼みましょう(笑)
吾郎ちゃんの事本当に尊敬してるんですねぇ!!
確かに、吾郎ちゃんは強い人ですよねぇ。
それに、あの雰囲気人に好かれるという意見同感です!!
何か、不安で一杯な時吾郎ちゃん見ると落ち着きます。
剛くんと2人でお出かけして欲しいですねぇ☆
でも、今お互い忙しいですよねぇ。

お尋ねですが、ファンクラブからいつもカレンダーきますよねぇ??
きました??
家だけきてなかったりして(笑)
と思ってたのですが(笑)

投稿: ☆虹☆ | 2009/03/01 00:29

つよぽんのポポロ読んで来ました(基本雑誌は買わないの)目に浮かぶ光景ですね二人の状況が。何時からなんですかね二人の雰囲気が変わったのは?前にKazuyoさんがつよぽんも吾郎ちゃんにきつい事言っていた時期があった事を書いてみえたと思うのですが。二人の心境の変化は歳と共に変わった(大人になりしっかりした、相手の事も重んじる事ができる等)のでしょうか?前につよぽんが「吾郎ちゃんは花が好きになってから変わった」みたいな事を書いてましたが、確か慎吾ちゃんも吾郎ちゃんが側にいると状況が厳しい時安心するような事を言っていたような(木村君も言ってた)。メンバーに安心感・安らぎを与える事ができる事はすばらしいですね。どんな状況に置いてもそのような雰囲気を与える事ができるのはなかなか難しいので見習いたいです。私もつよぽんとは今のまま楽しいお酒の付き合いを続けて頂き御報告お待ちしております。吾郎ちゃんってお酒で騒ぐ事って想像できないですが、あるのかなぁ?

投稿: ピカチュウ | 2009/03/01 18:01

Kazuyoさん、こんばんは。
剛くんのポポロ、アップしてくださってすっごく嬉しかったです。
私も、ほんとはメンバーひとりひとりのこと、もっと語りたかったんですけど、何といっても5人ですからね~。
この人書いて、この人は書かない、なんてこと出来ないし、今回は諦めてたんです(笑)

何よりいちばん嬉しかったのは、やっぱり吾郎ちゃんとの関係かな。
SMAPは基本みんな寂しがりやさんの集まりのようなグループで、あんまり干渉されたくないなって思ってても、誰かには側にいて欲しいみたいな贅沢なとこがありますよね。
剛くんは、吾郎ちゃんと楽屋がずっとおんなじだけど、すっごく居心地がいいっていうそこには、やっぱり吾郎ちゃんが必要以上に構わないけど、顔が見えるところにいつもいてくれるっていう安心感があるからなんでしょうね。2TOPだと、こうはいかないですもんね(苦笑)
だから、Kazuyoさんが、吾郎ちゃんは無理をしないって言われてたことが、すっごく逆に嬉しくって。
仕事のことなんて関係なく、ただ楽しくお酒を飲んだりご飯を食べに行ける人。剛くんに必要なのって、ほんとはそんな存在なんじゃないかなあってすっごく思うし、だから吾郎ちゃんには今のまんまの吾郎ちゃんでいてほしいなって思います。
ほんとにいいですよね。仕事も一緒だけど、それを感じさせないプライベートも持てる関係。
剛くんが大人になったなあって思えるのは、きっとそんな吾郎さんとの関係性があるからかもですね。
慎吾くんがやきもち妬いちゃうのもなんとなく分かる(笑)
剛くんには、そんなプライベートもどんどん話してもらいたいですね。
きっと語ってくれますよ。
メンバーのことを話してる時の剛くん、ほんとに嬉しそうだから。

投稿: ゆきちん | 2009/03/01 22:33

Kazuyoさん、剛のポポロインタを取り上げてくれてありがとう。全文を読んでないので、kazuyoさんの感想への感想になってしまうので的外れてるかもなんですが。
 剛の吾郎への言葉を聞いてると、ほんとうにこの二人の関係が昔と一番変わったなと思いました。05年だったかの「ぴったんこかんかん」で吾郎が「一番変わったのは剛」と言ってたけど、それは剛の内面的変化+ツヨゴロ関係の変化があったからだと思うのです。剛と吾郎は学年こそ違いますが、実際はたったの半年しか年が違いません。それなのに昔は相当年下扱いしてましたね。まだ堀越にいっしょに行ってる頃は「剛君は僕を守ってくれました」だったのに、吾郎が高校を卒業以後、外人女性とベッドシーンをしたり、ドラマで惜しげもなく全身ードをさらしたり(←若いファンの皆さん、信じられないと思いますが、これ吾郎のことよ)して、スマのなかで自分はパイオニア的存在と思っていたこともあったでしょう。そのころの友達ときたら坂本龍一、村上龍、島田雅彦氏など大人の男性ばかり。お菓子の取り合いで殴り合いをしているシンツヨがものすごく年下に見えたのか、バラエティでもお兄さん風を吹かした態度をとっていました。当時の資料を見ても吾郎がプラベでつるんでいるメンバーは木村君ばかりで、他のメンバーの名前がチラチラでてくるのは96年になってからですね。

そんな吾郎が剛に対して明らかに変わったのは、97年頃以降かな?剛が「いいひと」でブレイク、その後やった舞台「蒲田行進曲」以来、吾郎のなかで「役者剛」への尊敬の念が出てきたように見えます。そう、つか氏「腹に魔物を抱えた役者」(←正確な言葉じゃないです)と評され始めた頃ですね。これ以降も吾郎は剛の舞台に必ず行きますし、役者として一目置いてるのは周知の事実。私は内面的な部分で木村クンと剛がとても似ている部分があるので、吾郎も剛の「木村クンに似ている部分」を素直に尊敬しているんだろうなと思います。

Kazuyoさんのあげてくださったツボでもう十分語ってくださってるけど、ツヨゴロの関係というのは、一口でいうと長いこと(13年の楽屋生活?)連れ添った夫婦みたいですよね。剛は吾郎が強くて優しい人だと知っているし、そこに剛も甘えているので遠慮なく一口辛口も言えるし、言っても気まずくもならない。まあ吾郎曰く「みんな俺の優しさにあまえすぎ!」なので、剛だけが甘えているわけではないのでしょうけど(笑)。剛が一番幸せな時間という「好きな人と美味しいものを食べる」のにもよくつきあってくれるし、いやあ、剛にとっては理想的なパートナーだと思います。ただ吾郎が剛に求めるところと剛が吾郎に求めるところが違うから、二人にはちょっとだけ温度差があるように感じるのは私だけかなあ。

  それから人間というのは、その時の気分や置かれた状況によって求める人が違うから、このインタをよむかぎりは剛のまわりにいるメンバーはどの人もかけがえのない大切な人達だということがわかるし、スマメン全員に言えることだけど、これだけのメンバーをお互いに共有しているなんてなんて幸せな人達なんでしょう。そしてそれを自分でこういう言葉に表現していける剛もよくわかっているなあと感心します。確かにほんとに変わったわ、剛。
 まだツヨゴロ論序章を語っただけで物足りないんですが、もう出かける時間なのでいったん送信します。

投稿: kim | 2009/03/01 23:12

restaurant雪実さん

剛は褒め上手ですよね(笑) 素直にいいところを話してくれるから、聞いているほうも気持ちがいい。吾郎は、絶対に他人に干渉されるのが嫌いな人だと思うので、おそらく他人にも干渉しない人だと思うんですね。だから、楽屋で二人でいるときは、一人は台本読んで、一人は本を読んでいたりとか別々のことをしていると思うんですよ。でも、確実にお互いの存在は感じている。話さなくても気まずくないって、よく剛がテレビで吾郎の関係性を話したら周りは笑っていることがありますが、私はいつも「なんて素敵な関係」と思ってしまいます。剛と同じく、吾郎も「剛と僕は、食事の嗜好が似ている」って言ってましたね。だから、一緒に外食するのはベストな相手なんだと思う。加えて、お酒も好きで、剛は吾郎のワインの薀蓄を煙たがるどころか教えてほしいぐらいの勢いなので、そりゃあ楽しいでしょうね(笑) 私も、今度は吾郎から全員への語りも聞いてみたいな。


restaurant☆虹☆さん

剛の「ごろちゃん」呼びが大好きだった私ですが、今、「吾郎さん」と呼ぶ剛は、昔より吾郎に対する尊敬すべき箇所が増えたのかなぁと思いました。あまりに、「ちゃん」では失礼なぐらい、吾郎の言動が大人になったと感じたのかもしれません。ことあるごとに、「吾郎さんは、優しい」「吾郎さんは、大人」と言うようになった剛には、吾郎のそんな洗練された大人の部分を羨望も含めて好きになってくれたのかなぁと思いますね。どんなに忙しいときでも、この二人は外食をしていたので、今なら余裕じゃないでしょうか(笑) 剛からの報告を待ってみましょう。
FCのカレンダーの件ですが、会誌の中のことですよね(別にカレンダーが送ってくるわけではなくて)? それだったら、昨年すでに受け取ってませんか? ちょっと、会誌はいつも実家送りで(海外の住所では入会できないので(怒))、確認が取れないのですが。


restaurantピカチュウさん

以前は、二人で出かけるなんてことは、ほとんどなかったのではないでしょうか。吾郎自身が、メンバーの中では木村くん以外はプライベートであまり出かけない人だったので、剛とよく外食に出かけるようになったときは本当に驚きました。おそらく、ツヨゴロ疑惑(笑)がスマップ内で騒がれたあたりなんで、05年ぐらいからでしょうか? 剛は、吾郎に毒のひと言を投げかけることもありますが、きつい事を言ったことはありません(これは、吾郎に対してだけじゃなくて全員にそうですね)。ただ、昔は、剛は結構と「なんだよ」とか「いいじゃん!」とか普通に強い言葉を使える人だったのが、最近は滅多にないなぁと感じます。逆に吾郎のほうは、年下二人には結構きつい言葉を使うときがありますよね。「お前」を筆頭に(笑) 
吾郎は、良い酔っ払いの見本ですね。昔は、泥酔もしたことあるかもしれませんが・・・大騒ぎすることがない人なんで、醜態をさらすことがないんですよね。普通に、ワイワイ皆ととテンションが上がることはあるんじゃないでしょうか。


restaurantゆきちんさん

剛ファンとしては、全員へのメッセージを全部語ってたらものすごい長文になりますよね。それぐらい、剛がそれぞれにすごく語ってくれているので。スマップは寂しがりやの集まりっていうのはそうですね(笑) 「スマスマ」という番組には、私はいつも文句を言ってしまうのですが、スマップのメンバーにしたら個人の仕事をして5人全員で集まれる唯一の番組で、きっと大事なものなんだろうなぁと思います。だからこそ・・・という苦言になるんですけどね(苦笑)

メンバーの中で、剛にとって自分自身に喝を入れてもらえる役割もいれば、癒してくれる役割のメンバーもいるわけで、吾郎はまさしく後者なんでしょうね。一緒に穏やかに食事やお酒を楽しめて、「じゃあ、またね」と言える仲。「吾郎さんと一緒だと大人なお酒が楽しめる」と言ってくれる剛ですが、吾郎は剛との外食はどんな風に感じているんだろうなぁ。本当に、プライベートのことは話さない方なので想像するだけしかないのですが、以前キャチスマで「剛を連れて行ってあげたいお店があるんだよねぇ」と優しい声で言っていた吾郎。ただただ美味しいところに連れて行ってあげて、剛の喜ぶ顔が見たいという単純なことかもしれません。
慎吾は、そんな二人の関係性を妬いちゃうこともあるんですか?(なるだけ、他のメンバー間のこともアンテナ張っているつもりなんですが、吾郎関連でいっぱいいっぱいで・・・) 「つよぽんは親友だって言ってくれるわりには、外食はいつも吾郎ちゃんばかり誘う!」って感じなのかな。こっちはこっちで、「ゴルフ一緒に行こうというわりには、剛とばっかり外食に行く時間はつくりやがって」な~んて思っている人もいると思うのですが(笑) そんなハードルを乗り越えてでも、楽しくお食事会は続けていってほしいですねv とにかく、吾郎はファンへの連絡が希薄なので、是非、剛からの報告を待っておきたいと思いますw


restaurantkimさん

お時間のあるときに、是非このインタビュー全文読んで頂きたいと思います。kimさんなら、もうあらゆるところに興味が沸くと思うので(笑) 

吾郎が「一番変わったのは剛」と言っていた件ですが、kimさんが言われるように「剛の内面的変化+ツヨゴロ関係の変化があった」のは間違いないと思うのですが、私はそれに加えて、「吾郎が剛に対する態度も変化した」というのもあると思います。それは、剛が変わったから、吾郎が剛への見方が変わった=ツヨゴロ関係の変化があったと、見事に繋がるような気がするのですが。もう語り出すと、私もkimさんと被るところが多いのですが、昔は、剛なんてけちょんけちょんの扱いで、我関せず、興味なしの一辺倒でしたが、剛が役者の仕事に重点を置くようになってから、吾郎の剛に対する態度がはっきり目で見てわかるほど変わりましたね。吾郎は、一見わかりにくい人に見えますが、木村くんほどではないにしろ、結構と見ているとわかりやすい人です。きっと、吾郎にとっては、どこかしら尊敬できるところがない人とは深い関係を持たないんだろうと思います。それが、剛に関しては「役者、草彅剛」だった。そうなると、吾郎は門を開放する人ですよね。それまでは、ガチガチに鍵かかってたと思いますが(爆)

吾郎が、木村くんと剛の似ている部分をどこに置いたかは、まず勝ちに行くというところでしょうか。二人の負けん気は、表面に出てくるものは違うのですが、まず間違いなくスマップの中で負けん気が強いのはこの二人ですよね。そして、目標に向かって努力する人。ここも、木村くんと剛はタイプが違いますが、剛は最近本当にすごいですからね。特に本人が役者に目覚めてからはすごいです。そこは、素直に吾郎も尊敬しているのではないでしょうか。
剛の毒あるひと言ですが・・・これは、はっきり言って、私は嫌いです(笑) もちろん、吾郎にダメージを与えるほどのきつい言葉を剛が吾郎に言うわけないのですが、吾郎が真剣に嫌な顔するときがありますからねぇ。私は、毎回言いますが、吾郎の気持ちにシンクロして喜びもするし、腹も立つので(笑) 吾郎は、本当にそんな些細な辛口も言う人じゃないので、受けるのが不条理だと思ってしまうのですよ。ただ、剛が不憫なのは、吾郎がそんなひと言に対して感情を剛には出すことですね(苦笑) 他のメンバーも、吾郎にはもっときつい事も言っているのに、吾郎はいつもサラリと笑って流すのですが、剛にだけは嫌な顔をするときがある。おそらく、「いつも優しい剛がなんで?!」とイライラするんでしょうなぁ(笑) 甘えているのは剛だけじゃなくて、吾郎から剛へもあると思いますね。

ほら、語り出すと私も止まらない(爆) スマップのことを話し出したら、きっと何時間でも語れますね。それぐらい、素晴らしいグループなんですよ。基本的には、やっぱりファンは仲良い5人の関係を聞かせてもらうほうが嬉しいので、プライベートでの話は是非ファンに報告してほしいですね。吾郎は、「これからは、ファンの方にいろいろ伝えていこうと思います」なんて嬉しいことをラジオで言ってくれていたけど・・・やっぱり、吾郎は吾郎でしたな(爆) いや、今後期待しますよ、吾郎さんv

投稿: Kazuyo | 2009/03/02 06:14

こんにちは。
ツヨゴロ、やはりどうしても書き込みしたくなってしまいました(笑)
SMAPのファンになって、まず剛に堕ちて、吾郎にヤられた(爆)私としては、語らずにはいられなくなりまして…失礼致します。
この2人の絡みが目立ってきたのって確かに2005年からですよね。
しかし私、ツヨゴロのラブラブモードは2004年から始まっていたのではと思っています。(いや、それ以前に始まっていたかもしれませんが)
やはり私的に外せないのは&gですね。『僕と彼女と…』の主題歌を誰が良いかということで、剛は『吾郎さんがいい』と言ったんですよね。
そして、ほん怖番宣でいいともに来た時、ぴったりくっついてツヨゴロは、今も私の中でリピ率上位です(笑)
あと、剛が仕事で行き詰まって初めて泣いたのは吾郎の前でだけだったんですよね。
ポポロの話題なのに、何かズレてしまってすみません。とにかくこれからもほのぼの楽屋コンビにはSMAPの癒し系でいてほしいです。

投稿: 有紀 | 2009/03/02 14:36

こんばんは~♪
私がSMAPのファンになった頃は、既に剛くん『吾郎さん』呼びだったと思いますが、『吾郎ちゃん』呼び大好きです♪
本当まれに聞かれた時は、凄く萌えちゃいます(笑)
忙しい2人でも、2人でのお食事が良い生き抜きになるのでしょうね♪
そんな関係良いですねぇ♪

カレンダー既に届いてますか?!
何か、ショック…(笑)
どうしちゃったんだろ??
私(笑)
本当パニックです!!(笑)
ファンクラブ入会は、日本だけにとどまらないで欲しいですねぇ!!
ちゃんと海外でもOKになったら嬉しいですねぇ♪

投稿: ☆虹☆ | 2009/03/02 22:35

restaurant有紀さん

そうですよね。ツヨゴロ話には、有紀さんが出てきてくれないと(笑) お二人が大好きだというのは知っていましたが、剛から堕ちられたとは初耳だったかもw なかなか、優しい男性がお好きみたいですね。

有紀さんが、ツヨゴロの仲良しが始まったのは、04年の「&g」からじゃないかというご意見に「なるほど・・・」と感心してしまいました。そう言えば、何かと言えば、「僕のドラマの主題歌は、ごろちゃんが歌ってくれている」と自慢気に言ってくれる剛をあちこちで見かけたような。あれは、剛の推薦もあったんですね。私は、ドラマのPが「吾郎さんの声が合っているからお願いした」と言っていらしたのを聞いたことがあったんですが。
剛が、「ホテル・ヴィーナス」の映画で、韓国語の台詞は理解していなくて、ただそのまま丸暗記して言っているだけなんだと楽屋で泣き出してしまったときに、吾郎が「それでもすごいよ。僕だったら暗記もできない」となぐさめて、剛がとても嬉しかったと報告してくれました。役者の仕事で悔し涙を流す剛に、吾郎はきっと驚いたと思うけど・・・それ以来いっしょに食事に出かけるようになったのではないかと思うと、それだけ演じることに情熱を傾ける剛に感銘したからだと思います。kimさんも言っておられますが、きっと役者という仕事で何か剛と相通じるものを見つけたのかもしれませんね。熱い二人が、楽屋ではほのぼのしているのが、何とも素敵な関係だと思います。


restaurant☆虹☆さん

剛は、また最近たま~にポロリと「ごろちゃん」と言いますよね。生放送のときは、特に出てしまう。結構、楽屋で二人だけのときは「ごろちゃん」とまだ呼んでいたりするかもしれないなぁ~なんて妄想して嬉しくなってしまうのですがv 剛がワインが好きなら、詳しい人と飲みに行きたいというのはわかります。吾郎は、最近ウィスキーも詳しいと聞いて驚きました。この人、マジでソムリエ向きだなと思った。鼻が利くんですよ。好きだけじゃ、ダメなんですよねぇ。
カレンダーの件ですが・・・ちょっと、私、自信ない(笑) 確か、吾郎がメインの写真だけ、周りのメンバーが皆、吾郎のほうを見ているのに萌えた記憶があるので、それだけは確実なんだけど・・・これが今年の分かどうかはわからない。去年だったかも! BBSで聞いたら、どなたか教えてくれるんじゃないかなぁ。

投稿: Kazuyo | 2009/03/03 06:16

私はご存じのようになんでも面白がる人間なので、他のメンバーが吾郎にきついことを言っても気にならないし、反対にそういった発言の裏にあるものが見えるきっかけになるのでわりと楽しみにしているところがあります(笑)。そういう意味では最近の中居君と慎吾が吾郎に対してアマアマになっているのがちょっと物足りない(爆)。それなのにいまだに剛から吾郎に対する辛口発言が飛び出してしまうのはなぜなのか?

私は、昨日の「いいとも」での失言(?)でもそうでしたが、剛の日常的な言動をみるにつけ「辛口」とはまったく思わないのです。ただコミュニケーションテクニックの問題はあると思うけど、まあ失言しても彼のCMでのイメージやキャラとして「いいひと」あるいは「5歳児」が確立しているので、スルーされてますよね。それでもスマファンの中には剛が好きだからこそそういった発言に違和感を抱く人もいるようなので、そのへんをちょっと検証してみましょうか(これが私のツヨゴロ論)。ここでは以下に二つの理由をあげておきます。それ以上あるかもしれませんが、最近はメンバーもファンブログ巡りをしているようなので(?!)、このくらいが限界かな(笑)。

1)「吾郎ちゃんはお姉ちゃんだから」
慎吾は年下だし、もうシンツヨは二人でひとつみたいなところがあるので別にして、年上の3人のなかで、木村・中居に対するのと吾郎に対するベクトルはあきらかに違います。そしてかつて慎吾も、上二人には絶対言わないようなきつい発言を吾郎にはしてました。
同じ年上でも上二人と吾郎との違いはなんなのでしょうか。それはこのポポロのインタでも「『「次は吾郎さんの番・・・」と剛に伝えた瞬間、剛の顔が緩んで、スタジオ内にリラックスした空気が流れた」というエピや03年のスマスマリレートーク(レポ部屋参照)でもゴロツヨの組み合わせのまったり具合。また「あなたのためにできること」で剛のピアノミスは吾郎のときばかりで、木村君のときはほとんどなかった(全ステみたわけではないのでわかりませんが)こと。それだけ吾郎に対しては緊張しないでリラックスできるということでしょう。これは中居クンや慎吾も最近よく言うようになってきましたね。そのへんに答のひとつがあるような気がします。

これは私の説というよりも慎吾が先に言い始めたことですが、吾郎はスマップのなかで唯一の女性キャラ、「お姉ちゃん」なのです。95年のインタで慎吾がスマを家族に例えて「父=木村、母=森、中居、剛、慎吾が3人兄弟、吾郎=お姉ちゃん」と語ったことがあったのです。しかもご丁寧に「吾郎ちゃんはお兄ちゃんだったけどお姉ちゃんになっちゃった人」と。「お姉ちゃん」と言う言葉はとても象徴的でいろんな意味を含んでいると思うのですが、いやはや昔から慎吾の全体を見渡す目の確かさ、メンバーへの洞察力、空気を読む力には脱帽です。

  一応、スマというかジャニーズは体育会系で年上には絶対服従、年功序列は厳しいのです。呼称も、尊敬すべき先輩には「さん」づけ、年上には「君」づけ、年下は呼び捨てか「ちゃん」づけが規則です。だから森君が吾郎と同学年なのに吾郎を「ちゃん」づけすることに他メンが異議を唱えたのはそういう事情です。それなのになぜ年下のシンツヨから「吾郎ちゃん」呼ばわりされたのはなぜなのか。
  結論から言うと、吾郎は「お姉ちゃん」だからなのです(爆)。森君からも「吾郎ちゃんは女の子だから」と特別扱いされていましたし、芸能界でも「SMAPには一人女の子がいる」と言われたほど吾郎の存在はいままでのジャニーズのなかでも特異なもの(それがまたSMAPをジャニの中で特別な個性派集団にしたわけですが)だったとおもわれます。それゆえシンツヨにとっても怖い兄貴ではなく、気をつかわなくてもいい、暴言(慎吾に至っては暴力、、、、)を吐いたりしても怖くない、優しくて甘えさせてくれる、許してもらえる存在だということがあるのではないでしょうか。
 さらに男兄弟は口げんかでは「お姉ちゃん(吾郎)」にかなわないし(92年のストスマレポ参照)、精神的にも生物学的にも実は女性のほうが強いですね。そう、「吾郎ちゃんはなにがあっても食べるよね」@森と言われるようにメンバーのなかで一番精神的に強い人、実はとても男らしくて頑固でマイペースな人なのです(これは吾郎本人も他のメンバーも昔からよく言及している)。それゆえ何をいっても受け止めてくれるだろう、気にしないだろうという気持ちもメンバーのなかにはあるのではないでしょうか(上二人が殴っても言うこと聞きませんから)。他のメンバーではこうはいきません。例えば最近のワッツで「もっとメンバーが話し合わないと」と木村君が言いながらもなかなか今まで話しあいがもてなかったのは、やはりスマメンって小心者で、繊細な人達が多いので、ぶつかっていくのに気をつかいすぎているのではと思うのです(続く)。

なんだかやっぱり長いし、深い話になりそうなのでこんな目立つところで書くのは憚られますね。ここでやめようか、無難な方向にしようか(笑)。それとも場所移したほうがいいかしらね>kazuyoさん。

投稿: kim | 2009/03/03 10:23

いきなりですがもっと語ってくださいませ、kimさま(笑)
ワタシ速攻でついていきます(爆)

投稿: mikiko | 2009/03/03 17:06

☆虹☆さん>ここを見られるかわかりませんが、お尋ねの会報のカレンダーの件について、届いているのは「88+89」号でライブの話しが中心のものまでです。なのでカレンダー付きはまだ届いていないというか、この時期で届いていないので今年の分はもうないのでは?と思います。

投稿: 流星 | 2009/03/03 20:11

こんばんは~♪
確かに、生放送で『吾郎ちゃん』と呼んじゃう時ありますよね☆
確かに、楽屋では『吾郎ちゃ~ん、今日ご飯行こうよ!!』とか言ってそう(笑)
剛くんも、尊敬してるけど可愛いと思う事があったりして(笑)♪

kazuyoさんのおっしゃる『カレンダー』は、多分昨年のだと思います!!
何か、慎吾くんと木村くんにガン見されてる吾郎ちゃん(笑)
凄く可愛いです♪
ちょっとこの場を借りて、お礼言います!!
〉流星さん、カレンダーの件教えて下さってありがとうございました☆
二月に入っても来なかったので、『会費払ったのに何故?』などと多少イライラしてたんです(笑)
今年は、無いようですねぇ(涙)
残念です。
教えて下さって本当にありがとうございました!!

投稿: ☆虹☆ | 2009/03/03 22:34

restaurantkimさん

興味あるツヨゴロ論、どうもありがとうございます。
ブログで語って頂いてもいいのですが、やはり後にすぐに読み直せる意味でもBBSに書いてもらうのがいいと判断しましたので、そのまま雑談BBSの「群れスマ、コンビ萌え」トピックにUPさせて頂きました。
お時間のあるときに、続きを語ってください。お待ちしていますv
きっと、mikikoさん以外にも気になっている方が大勢いらっしゃると思うので(笑)


restaurant流星さん

虹さんのご質問に答えてくださってありがとうございます。
やっぱり、私が記憶していたのは昨年の分なんですね・・・今年まだもらってないのか(怒)!
虹さん、このような質問は、どうぞBBSの「質問」トピに投げてくださいな。
こちらで聞くと、皆さんきっと私に遠慮されると思うので。
BBSならすぐに返事が来ると思いますので、今後はどうぞBBSをご利用ください。

投稿: Kazuyo | 2009/03/04 04:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トライアングル」 第8話 | トップページ | 「トライアングル」 第9話 »