« 「トライアングル」 第11話 | トップページ | 男前だよね »

美しさこそ武器

吾郎ファンが、期待と不安で待っていた新番組「MFL」(マイ・フェア・レディ)ですが、観覧に行かれた方のお話を聞いて楽しみにしていたのですが、今夜のSPを見てまた不安が再浮上してきました(苦笑) まだ、愚痴も不満も書く段階ではないと思うので、少し様子見しようと思うのですが、はっきり言って吾郎のおそろしいほどイケてるヴィジュ以外は語るところがございません。救われるのは、吾郎本人が楽しんでおられたということですか。とりあえず、番組紹介のようなものだったと思うので、次回からが本当の勝負かなぁ。とりあえず、もっと吾郎を映してください!楽しいトークはもっと流してください!というお願いは、TBSさんに今からでもお願いしておいたほうがいいみたいですね。

と、言うことで・・・語れませんので別のことでブログを更新します(笑) なんせ、私は、吾郎が仕事してくれないとまったくブログに書く気力がない人なんで。なんだかんだ言って、私結構オンリーファンだな・・・と実感しています(爆)

雑誌「anan」で、今週は吾郎が映画レビューを担当しました。映画のタイトルは、『ザ・バンク 堕ちた巨像』。監督は、ドイツのトム・ティクバで、月イチゴローでも吾郎が独特で気になったと評した「パフューム」の監督です。どうやら、そこがハリウッド映画とは違うテイストを感じて気に入られた様子。ストーリーは、かなり骨太な出来で、国家を巻き込んで裏工作を施し大きくなったドイツのメガバンクを相手に戦うインターポールの捜査官が主役。捜査は難航を極め、自分自身の命も狙われるはめになるという、どちらかというと男性が好むテイストな映画です。銃にこだわっているのも、ガンヲタには嬉しかったようで(笑) でも、非常に見たくなったのは、吾郎のこんなコメントがあったから・・・。

「ベルリン、ミラノ、ニューヨーク、そしてイスタンブールと舞台も次々と変わる」
「建築物に意味を持たせていることもよく分かる」

すみません・・・また、「トライアングル」と比べてしまいました(笑) なんせ、主役がインターポールの捜査員w ロケはいろんな国で撮っているけれど、お金かけました的要素ではなくて、ちゃんとそれがストーリー上に意味があるわけです。海外ロケをするなら、こうじゃなきゃいけません。ただ、吾郎は「人物像は、もう一歩深く描いてほしかった」と言っています。ニューヨーク検事局の役を演じたナオミ・ワッツとの関係にもう少しドラマがあっても良かったんじゃないかと。でも、わざとドラマ的要素を省いてエンターテイメントではなく、金融組織の裏の顔を描こうとする姿勢だったのかもしれないとも言ってますね。ただ単にナオミ・ワッツがもっと見たかったからじゃないのかい(笑)? つまり、私たちが「もっと、舜のドラマも描いても良かったんじゃないか」という思いと一緒だ(爆)

役者さんに関しては、「主演のクライブ・オーウェンは、噛めば噛むほど味が出るタイプでセクシーです。日本人の女性はもっとキレイな美形が好みかもしれませんが(笑)」と笑っておられます。

・・・ねぇ、ねぇ、やっぱりファンのブログ見てる(笑)? 前回の月イチゴローで「ヒュー・ジャックマンがセクシーだから身体鍛えようかな」というコメントに、吾郎ファンのほとんどが大ブーイングしたときに、私は「日本人の女性のタイプではない」と書いたのですが。では、読まれていることを前提にして書かせてもらいますが・・・

そう、だから、私たちは美しい稲垣吾郎がだ~い好きなんですv 身体なんて鍛えなくていいし、顔も身体もほっそりをキープして、儚い美しさをいつまでもキープしてください。それが、あなたの魅力。いますか? 日本人の俳優で、そんな雰囲気を持った男性が? 日本人男性なんてジャガ芋にしか見えなかった私が、唯一ときめいた男性ですからね(笑)! あなたには、あなたの魅力がある。それが、世間一般には多く受け入れられない要素だとしても、その美しさを生まれつき持っている吾郎さんはものすごく素敵v だから、そんな吾郎の魅力が最大限に生かせる作品にこれからもめぐり合っていけることを祈ってます。大作映画なんかじゃなくていい。その美しさを生涯フィルムに残してもらえる作品に出てくれたら泣いて喜びます。

あっ、「エレノア役のナオミ・ワッツはとにかくキレイ(笑)」とのたまった吾郎さん。一緒、一緒(笑) 私たちファンも、とにかくキレイな吾郎を見せてもらえたら嬉しい。やっぱり、どうせだったら綺麗な人を愛でているほうが人生楽しいじゃないですか。美しさをキープすること。それが、あなたに与えられた宿命です(爆)!

|

« 「トライアングル」 第11話 | トップページ | 男前だよね »

コメント

そうだっ。そうだっ。
激しく同意ですわ、Kazuyoさん。
あの華のある存在感こそが稲垣吾郎さんでっす♪
黙って立っていても品のよさが香るような雰囲気がいいんですよね~。
SP?最初の10分しか見てないけど、肝心の吾郎ファンの壷は一切無視した作りですね。
数字のためなんでしょうけど、タレント個人のファンの力が最後はものいうのだからサービス程度でも意識した作りを望みたいですね。
ブログ読んでるならなお更ですよね~(苦笑)

投稿: mikiko | 2009/03/26 08:11

今月のananの映画評も良かったですね。内容とは別にやっぱり同じ所に反応してしまいました(笑)。困ったことにこの先しばらくは「インターポール」という単語には自動的にwが付いてしまいそうです。

>どうせだったら綺麗な人を愛でているほうが人生楽しいじゃないですか
・・・私も、これこそが吾郎ファンになった理由です。
美しい吾郎をフィルムに残して貰いたい!!に激しく同意です。良い作品に出会える事を心から祈っています。
「私達ファンと共に素敵な充実した春にしたい(本日のおはスマより)」のでしたら、是非今のその美貌を映像で残して頂きたいですね。とりあえず写真集でも!というのが切実な思いです。

投稿: サイトー | 2009/03/26 08:18

もう「マイ・フェア・レディ」見たんですか。
吾郎のこととなると情報が早いkazuyoさん、素晴らしい。

「マイ・フェア・レディ」私は思いのほか楽しかったです。
木下ユキナちゃんの語録がわからな過ぎて目から鱗状態(笑)。
吾郎とは全く違う人種同士って感じですね。かみあわなそうでかみあっているようなトークが展開されると面白かも。
ママやハリセンボンとも仲良さそうで、女子アナのシルビアさんもきれいでいい感じです。
通常放送は1VTR+スタジオトーク企画だと吾郎ファンも楽しめると思います。
10代後半からF1層がターゲットだと思いますが、一般受けは悪くないと思うのですがどうでしょう。
今後の吾郎ロケ企画も期待しつつ、ワイプのサイズとスタジオトーク改善をTBSさんにお願いして、
ファンも楽しめる番組になるよう応援したいと思います。

最新吾郎はスリムで足長っ!ビジュアル最高!なんですか?あのお手ふりの可愛さは!
吾郎の最大の武器はあの美し過ぎるビジュアルです(役所さんも公認)。
やっぱり映画の語りだけではなく、スクリーンで堪能したいですね♪

投稿: さんご | 2009/03/26 16:14

KAZUYO様

「美しさこそ武器」というタイトルから、また何か美しい吾郎を見逃してしまったのか!と、
ハラハラ文章を追った私も間違いなくビジュアル吾郎FANです(笑)。

いえ、たどたどしいダンスもエンジェルボイスも、真剣な演技も勿論全て大切なのですが、
それが更に最強のビジュアルで行なわれている事が大切・・・。
細く長い指で憂悶する演技など、その物語と共にその姿に心撃ち抜かれてしまいますもん(笑)。
是非、日々その美貌と愛らしさを磨いて、素敵な男性として私達を魅了し続けて頂きたいですね♥

ちなみに東海地方は本日が「MFL」放送です。
賛否両論あるようですが、とりあえずその姿には間違いないようなので、今夜が凄く楽しみです。

投稿: カラー | 2009/03/26 17:51

>私たちは美しい稲垣吾郎がだ~い好きなんですv
・・・まさに、その通り!
このままスリムで綺麗な吾郎ちゃんでいて下さい。
私は、最近ちょっと吾郎ちゃんの睫毛に夢中です。
クリンクりンなんですよね~。
刑事なのに、銃を構えてるのに、険しい顔してるのに・・・
睫毛クリンクリンなんです~っ!
くせ毛ってこういうところにも反映するんですね(笑)

投稿: KYOKO | 2009/03/26 23:42

私もみなさんの意見に激しく同感ですheart01

やっぱり、美しい 綺麗な吾郎ちゃんを ずうっと見ていたいので、何時までも今の美貌をキープしてもらいたいですねhappy01

マイ・フェア・レディは今見終わったんですが、なかなか面白かったです。
ファン的希望はもっとトークを長くして、吾郎ちゃんのアップを沢山映して欲しいと思ったんですが、今回は一般視聴者を引き付ける意味では、良かったような・・・
客観的にはあまりみれないので・・・coldsweats01
ムカメンのワインのところで、ちょっとすね気味で・・
でも恐ろしくビジュ良しの吾郎ちゃんに、もうメロメロで
そこの所だけで、大満足でしたlovely

投稿: みこりん | 2009/03/26 23:49

こんばんは~♪
『マイフェアレディ』個人的には、楽しかったです♪
しかし、もっとあの格好いい吾郎ちゃんを映して欲しかったですねぇ!!
ユッキーナの熱い人生相談好きです(笑)
友近さんのコーナー面白かった(笑)
しかし、最後のグラビアの人は怖かったですねぇ!!
これ是非吾郎ちゃんのマネージャーさんに参加してほしいですねぇ♪
他も面白かったです(笑)

『anan』で映画の事語ってるんですねぇ♪
いつも読まないのですが、『月イチゴロー』見てて『本当凄いなぁ!!』と関心させられます。
凄い説得力がありますよね♪

投稿: ☆虹☆ | 2009/03/27 00:30

virgomikikoさん

賛同どうもありがとうございますv 今の若手の俳優さんたちをけなすわけではないのですが、どちらかと言うと雰囲気だけが男前という方が多い気がして、私のタイプではありません(笑) これは、もちろん個人的趣味になりますが、私は正統派美青年が好きなんです。どことなく儚げで、ひれ伏したくなるほど美しく、品がある男性が好きなんですね。吾郎の場合は、20代のころは本当にこの世のものとは思えないほどの美しさでした。それで、一目見て堕ちちゃったんですよねぇ。当時私は、外国人俳優では、今は亡きリバー・フェニックスや、エドワード・ファーロングがシュミのど真ん中だった人なんで、分かっていただけるかと(爆) 30代になって、もちろんそのときのような妖艶さは影をひそめたとは言え、まだまだ吾郎さんイケてますよ。だから、今のうちに何か残しておいてほしい。これは、結構切実ですね(苦笑)


virgoサイトーさん

わざと、この作品選んだんじゃないかって思ってしまうぐらい、何か吾郎言いたいことがあるのかなって(笑) まぁ、犯人が丸さんとは最後の最後までわからなくて、ものすごくショックだったらしいから、その点では納得されたのではないかと思いますが。いわゆる、吾郎の言うストーリーのオチが、吾郎の中では成立してますよねw 
映画ですが・・・見たいですねぇ、そろそろ(苦笑) 作品を選んでるのか、自分が演じたいようなオファーが来ないのか、その辺はもうファンの私たちにはわからないところですが、もちろん話題になって大ヒットになるような映画作品に吾郎が出れば、ファンも嬉しいです。でも、映画作品自体も大事だけど、ヲタとして喜べる作品とは別物なんですよね。別に映画なんて何本出演してもいいわけですから、作品を選んで出演されるものもあれば、ファンだけが喜ぶような単館上映作品もどんどん手を出してほしいと思う。耽美的作品には、もう30代が限度だと思うので、まさに今出ておいてほしいと本当に思ってしまう。吾郎には吾郎の考えがあるだろうから、待つのも楽しいですけどねぇ・・・。


virgoさんごさん

「MFL」は、相変わらずご好意でダイジェストだけ見せてもらいました。この神編集版だけ見ると、非常に楽しい番組です。ただ、ことごとくVは省いてくださったので、私は中だるみを感じなかっただけで、今回はSPだったから1時間半あったわけですが、30分番組の中で同じような流れでやると、確実につまらんバラエティ番組になると思いますね。少々、辛口であるのはわかっているのですが、せっかく吾郎をMCとして使うのなら意味のある使い方をしてほしい。中居さんのように、MCで最大限に番組を盛り上げる力は、吾郎には難しいと思うから、吾郎だからこの番組というのを見せてほしいんですね。ゴロバーがなくなったのが寂しいのは、まさにそこだと思うので。皆から「オーナー」と呼ばれるだけで、吾郎の存在価値があったわけです。でも、まぁ、今から進化していくかもしれないし、ものすごく楽しい番組になる可能性もあります。期待を込めて見守りたいですね。


virgoカラーさん

吾郎ファンって、思うに耽美志向が強いですよね(笑) だから、内に秘めて応援する方が多いのではないかと思うのですが、私はそういう吾郎ファンが嫌いじゃないです(笑) もちろん、声は出していかなきゃいけないけど、どこか控えめで上品なのが吾郎さんに合っているから。きっと、吾郎もそんなファンを誇りに思っていると思います。まぁ、私は、ただのうるさい奴でど~しようもないですが(笑) とにかく、そんないろんなファンがいても、きっとヴィジュだけは何より大事!と思っている方は多いと思いますねw だから、ちょっと顔がふっくらしただけで文句が出ちゃうし、腹回りが気になるとブーイングの嵐になる。実際、生で吾郎を見ると「これ以上、痩せたらやばいでしょ?」ってなると思うのですが、ファンが吾郎に永遠に求めているものって、そこに尽きちゃうんですよね。まぁ、ご本人にしたら大変だとは思いますが・・・吾郎が美しすぎるから悪いのよ(笑) もっともっとって、ファンが思っても仕方ないですよねーw


virgoKYOKOさん

吾郎の睫毛にまで、触手がいきましたか・・・それは、立派なヲタですな(笑) いえ、私も吾郎の睫毛は大好きですv 吾郎って伏目がちによくなるじゃないですか。そうすると、綺麗にまっすぐ下に伸びた長い睫毛が、目元に影を落とすでしょ? あれが、もう・・・たまらなく大好きです(爆) 癖毛だから、睫毛もクリンクリンというのは、私も今回の「トライアングル」を見て思いましたねぇ。ドラマ感想の日記内にも書いたのですが、第4話で郷田に宮部からの手紙を「俺にも、見せてくださいよ!」と迫り、手紙を見たあと郷田を見上げたときの下からのカメラアングル・・・睫毛が上に向かってくり~んとv やっば~い(汗) なんだ、あのお人形みたいな睫毛は!って思いましたから(笑) 顔だけでなく、箇所箇所も綺麗な方ですなw


virgoみこりんさん

「MFL」のSP番組ですが、今回は一般視聴者はひきつけておけたのでしょうかねぇ。そうでなければ、本当に意味がない。もったいないんですよ、やっぱり(苦笑) もちろん、ずっと吾郎のUPばかりが映っていたら、とんでもなく一般視聴者は引いてしまいますが、あまりにも映らなさすぎ。きっと、皆との楽しいトークの部分がことごとくカットされたのが、大きな理由だと思うんですね。吾郎だけを別にUPに頻繁に映さなくてもいいんです。引きの映像でいいから、もっと楽しい部分をクローズアップしてほしいんですよねぇ。まぁ、まだわかりませんからね。これから、ものすごい萌え番組になるかもしれません(笑) 私、結構と優樹菜ちゃんがお気に入りなので、もっと彼女と吾郎の絡みが見たいです(これ、少数意見(笑)?)。ヤンキーっぽい子って苦手なはずなんですが・・・なんでだろう。おそらく、ゴロバーにゲストで来られたときに、吾郎が不思議な生き物を見ているような目で見ていたのが気になったのかなw ス○ンヌさんがゲストのときは、まったく興味なさそうに脚組んであさっての方向を見ておられたので(爆)


virgo☆虹☆さん

番組楽しめたようでよかったです。できたら、楽しんで見れるほうが断然いいですね。私は、やっぱりオーナーに思い入れがありすぎるのかなぁ(苦笑) 違う番組だと割り切ればいいのですが、ゴロバーからのレギュラーの方が結構そのまま引き継いで一緒に出演されているのが、やっぱり思い出しちゃうんですよね。どうせ、リニューアルするんだったら、そこはもうバッサリと替えてしまうほうが良かったのではないかと思うのですが。でも、慣れ親しんだ人がいないと、吾郎は客前収録でまったく喋らなくなるかもしれませんね(笑) なんだか、皆さんが「オーナー」ではなく、「吾郎さん」と言っているいるのが不思議(笑) でも、トークは弾んでいるみたいなので、やっぱりいいのかな。そういう意味もあって、敵陣に乗り込んでしまったような優樹菜ちゃんには頑張ってほしい。私だったら、ものすごい疎外感で楽しめないと思うので(苦笑)

投稿: Kazuyo | 2009/03/27 06:39

私も美しい吾郎が好きです。
今回のドラマも1回目と最終回では、顔つきが違いますもんね。
ビジュ良好の今、映像に残さないのは、本当にもったいないですよ。
ドラマ、映画、舞台にしても、企画がたってから相当時間が経たないと、公開されないわけですから、年を取るのは早いですよ。
最近はバラエティで、おちゃめで可愛い吾郎が見れるわけですから、役者としてシビレさせて欲しいです。

投稿: asami | 2009/03/27 23:05

virgoasamiさん

ですよね? やっぱり、美しい吾郎が好きですよね。20代の頃は、同じような雰囲気のキャラを演じることが多かったように感じますが、今の吾郎は本当に演技の幅が広がったと思うので、それはそれで役者の吾郎をいろいろ見せてもらうのはありがたいです。でも、今だからこそ、昔のようなちょっと独特な役に回帰してもらって一度ぐらいまた見せてほしいなぁという思いは、やっぱりありますね。吾郎だからできるみたいな役を演じてほしいと本当に思います。
あの映画「笑の大学」も話があがってから4年ぐらいかけて出来上がった作品なわけですしねぇ・・・案外、もう話は入っているのかもしれませんね。昨年あたりから、「映画がやりたい」と言うようになったのは、案外企画がすでに入っていて吾郎なりのポロリだったらいいのにと願ってやみません(笑) 今年の頭にものすごい忙しかった吾郎なので、少しは充電期間も必要だとわかっているのですが、どうしてもファンは貪欲になりますね(苦笑) 新番組「MFL」も良い番組になっていってくれて、また新しい吾郎を見せてくれればと思います。

投稿: Kazuyo | 2009/03/28 08:14

「MFL」やっと見ました。深夜版「金スマ」?不安です小窓は吾郎ちゃん専用を作って欲しいのとトーク中心でお願いしたいけど・・・衣装はラフめでいくのかな?何着ても今のビジュなら怖いもの無しですsign03写真集もイイケド+αDVD付きがイイナァ~heart01映画も良いですねぇ~heart04Kazuyoさんがおっしゃる耽美的作品なら是非「アン・リー監督」でお願いしたい。日本人監督より吾郎ちゃんの美しさをより美しく撮ってくれそう(相手役どーしよう)もちろん舜くんのような「カッコかわいい」役もOKですよ!役者としての吾郎ちゃん、Kazuyoさんの意見に賛同です!コメディより吾郎ちゃんの持って生まれた容姿を最大限活かした役、今映像に残して欲しい。私、狂おしいほどの儚い美しさを纏った20代前半の吾郎ちゃん知らないですよ ね。でも今の上品な大人の美しい吾郎ちゃんの方が私は好きかも知れません。

投稿: ピカチュウ | 2009/03/28 22:04

予想通りMFLの放送がなくて淋しい一週間を過ごしたわけですが、今夜は月一で癒されそうです(*^^*)
20代の吾郎ちゃんはよく知りませんが最近SMAP008の歌詞カードの写真をみて、ウェスト細っ!と叫んだ記憶があります(爆)あと催眠の逃げ回ってる場面も好きです♪←話しずれてる。
映画は是非してほしいですよね。舞台なんて地方の私には超難しいことですから…。

投稿: ピノキオ | 2009/03/29 00:09

virgoピカチュウさん

ゴロバーからリニューアルしたわりには、新しい感じのバラエティ番組でないところがきついですよね(汗) これだったら、断然ゴロバーのほうがオリジナル感がありましたから。本当に今後がんばって練り直しして考えてほしいと思います。この面子なら、トークメインのほうがおもしろいので、本放送ではV一本で皆でいろいろトークで話を広げるというやりかたのほうが楽しいと思います。できたら、ゲストを一人毎回呼んでやると新鮮味もキープできると思うんですけどねぇ。(そのときは、男性のほうがいいなw)
20代の吾郎がすごく綺麗な男性で堕ちた私ですが、リピして何度も見たい吾郎はなぜか私も最近の吾郎です。やっぱり、人間って成長していくものなんですね。そして、今の吾郎が何よりも好き。見ているだけなら人形のような吾郎も素敵ですが、内面性も含めてとなると断然今の吾郎ですね。だから、ファンがやめれません(笑)


virgoピノキオさん

「MFL」はSPだけが見れないのでしょうか? 関西では、吾郎ファンが相当頑張ったみたいで30日に放送されることが決まったみたいですね。最初は関テレさんは、断固として放送はないと言い切っていた中での放送ですから、要望を頑張って出せば不可能ではないです。かなり遅れてでもいいから放送されるといいですね。
若い頃の吾郎の映像は、ゆっくりと探して見てもらえればいいと思いますが、きっと今の吾郎がピノキオさんも好きだと思いますよ。20代の吾郎は、それこそ宝物としておいておきたいものかなぁ。あぁ、こんな美しい男性がいるんだなぁって感じで(笑) 今の吾郎も美しいことに変わりはないので、是非スクリーンで!という思いはありますね。映画に拘るのは、作品が残るというのもあるし、地方の方にもやさしいというのもあります。舞台は、本当にどれだけ行きたくても行けない人が多すぎます(涙)

投稿: Kazuyo | 2009/03/29 02:28

激しく乗り遅れの書き込みなのですが…
Kazuyo様の「吾郎の場合は、20代のころは本当にこの世のものとは思えないほどの美しさでした」
のお言葉に激しく賛同です。あの頃の私は吾郎さんに堕ちたてで激しく舞い上がっていたので、
吾郎さんは和製ビョルン・アンドレセン(ベニスに死すのタッジオ役)だ!、と書いて
葉書をだしたこともありました(笑)。

妖艶さが影を潜めてしまったのは残念ですが、
(今でも微かに残り香のように漂うようには思うのですけど)
上品な雰囲気のまま綺麗で内面も素敵になった今の吾郎さん、大好きです。
綺麗で色々な姿を見せてくれる万華鏡のような方だなぁと思います。
で、今のビジュアルは、本当にずっとキープしてほしい!
(絶対太らないって馬耳東風に書いていたじゃないですか~っ)
そして今一度、少し生身の人間ぽくない役柄(美しいこと前提)を
演じて欲しいなぁと思います。

ちなみにMFLのSPは、見たいような見たくないようなで、
なかなか録画の再生に踏み切れてません…。

投稿: コオ | 2009/04/03 13:32

kazuyo様、こんにちは!

やっぱり私も吾郎の美については書かずにはいられませ〜ん。

私は、吾郎が30代になってからのファンなので、今の吾郎の美しさも可愛さも男前さも乙女さも潔さももへたれさも強さも気の抜けた雰囲気も大人な吾郎も子供な吾郎もその他もろもろ吾郎のすべてが好きになりました。
その後、好きになってから貪るように掻き集めたデビューからの雑誌やビデオで所謂Kazuyoさんのおっしゃるこの世のものとは思えない美しい吾郎に出会ったわけです。

前にも書いたと思いますが「この世の中にこんなに美しいものがあったのか!」とどの雑誌だったかビデオだったかは忘れましたが、激しい衝撃を受けました!

特に1996年前後だったと思います。なかでも私のお気に入りは、ライブビデオの「10」のロンドンストーリーの中の吾郎です。ベッドで寝起きに煙草を吸う吾郎。美しい顔は言うまでもなく、煙草をまさぐる美しい指先、乱れた髪、けだるい「お早よう」の声までありえないくらいの色気を身にまとっている吾郎。後にも先にも彼以上の人は、知りません!
ただ、残念なのは、Tシャツを着ていること!ベッドの中では全裸がお約束でしょう!重ね重ね残念だ〜!
まあ、とにかくこのビデオの中の吾郎はどれもこれもお気に入りですheart01

写真集「smap years book 1994・1995 revival&evolution」のモノクロ写真の吾郎の色気も半端ないですよね!
顔付きだけでなく、体付きまでエロい!!エロ過ぎる!
しばらく私の携帯の待受でした(現在は仮面ライダーG!)。
この写真を撮ったカメラマンに直接連絡して、吾郎の写真集を作ってもらいたいと本気で頼もうと思っていました(笑)

他にも一杯一杯ありますが、でももっともっとこの頃の吾郎を作品として残して欲しかった!
意外に少ないように思うのです。

だからこそ、現在の最高のビジュアルを残せる素敵な作品を切に希望せずにはいられませんよね。

トライアングルの後半や最近のゴローズバーやMFLスペシャルの吾郎のビジュは文句のつけようもないくらいいい男でしたshine           なんか若返っていませんかsign02

投稿: 北風 | 2009/04/03 18:41

virgoコオさん

乗り遅れコメント大歓迎です(笑) もう、○年前の日記のコメントでも、今だから言いたいことがあれば、皆さんいつでもどうぞw 特に、私は吾郎さんの露出がないとダンマリを決め込む人なので、まったく日記の更新しませんからねぇ。(何気に、吾郎に仕事入れてくれ~とお願いしていますw)
コオさんが吾郎に堕ちたときって、私と同じぐらいでしょうか。もう、本当に性別を越えて語ることができる美しさでしたね。まさに「美青年」という言葉があてはまる人でした。あのときの吾郎の魅力を最大限に出そうとしてくれた監督やPの方たちには、素直に感謝します。だから、今もとにかく役者の仕事をぶっこんで欲しいんですよねぇ。あと、写真集はまさに今出しておいてほしいと切実に思います。確かに、『馬耳東風』では、「僕は絶対に太らない」宣言をされてましたね・・・もちろん、いまだかって太ってはいないのですが、吾郎への基準はものすごくファンは厳しくなるので、『トライアングル』の初回辺りや、07年夏頃の吾郎のヴィジュは拒否反応が出るんですよね(汗) 勝手なファンで本当に申し訳ないんだけど、どうせなら美しい吾郎を見ていたいですしねw


virgo北風さん

私が吾郎のファンになったのは、94年なんですね。そのころの吾郎は、まさに天使。それも、今のような慈悲愛溢れる微笑を持つ天使ではなくて、何か禁断の匂いを感じる堕天使でしたね(笑) この人は、話さなくていい。黙ってそこにいるだけでいい。それこそが、彼がこの世に生まれてきた意味があるなんて思っていたぐらいw 今は、話してこその稲垣吾郎です。いつも、そつなくコメントを残して、日本語の使い方も綺麗で、相手を尊重しマナーもあって、その場の空気が読める人。そして、それに乗っかる柔らかい微笑みと庇護欲をくすぐるヴィジュですね(笑) 

そうそう、昔は吾郎もタバコを吸っていたんですよね。今は、もうタバコは止めて美容に気を遣う吾郎さんなので、健康のためにも非常にいいことだと思うのですが、あの頃の吾郎のタバコを吸う姿は私も大好きでした。吾郎って、左利きでしょ? だから、余計にかっこよく見えたなぁv ライブビデオ「TEN」は、間に入るロンドンの街並みに佇む吾郎がまた素敵でしたね。吾郎って、やっぱりヨーロッパが似合いますね。
でも、やっぱり今の吾郎が好き。それは、疑いようもなく私の中にありますね。ひとつは、言動が大人な男性になったのが大きいです。吾郎は、本当にスマップの中でも結構大きく成長した人だと思います。(もちろん、メンバー全員そうなんですが) 当時の吾郎から、今の吾郎が想像できなかったですから(笑) 話すときに見ているほうがハラハラした日が嘘のようです。今はとにかく、まったく不安になることがなくなった。ヴィジュは、確かに昔より若く見えるときがありますねw きっと、吾郎が穏やかになって、それが自然に表情に出るようにるなったからじゃないのかなぁ。今後の吾郎も、非常に楽しみですね。

投稿: Kazuyo | 2009/04/04 05:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トライアングル」 第11話 | トップページ | 男前だよね »