« 「トライアングル」 第10話 | トップページ | 世界中でたったひとりの あなたに出逢えたこと »

WILL MISS YOU・・・

見たい・・・オーナー吾郎が見たい、見たい、見たいっ!という悲痛な叫びを感じとってくださったのか、いつもご好意で海外にいてもすぐに見たいだろうと映像のお裾分けをしてくださるゴロ友さんが、「どうぞ、楽しんでくださいv」と手間暇かけて送ってきてくださった(嬉涙:Sさん、本当にいつもありがとうございます!)。当初、ドラマ化の話を聞いたときは、「ふ~ん、そんなことやるんだ・・・」と恐れ多いことにテンションも上がらず、でもオーナーの出るシーンはおいしく頂こうぐらいのノリでした。(ゴロバーが終了するっていうのも、このとき知らなかったし(涙)) 出てきたものは、素晴らしくヲタ心をくすぐり、そしてゴロバーを愛するファンには最高の贈り物であった。

ちょっと、ものすごく感想長くなるかも(爆) いろいろ、ゴロバーには思い入れもあるので・・・どうぞ、お時間のあるときに完読してくださいw

もう、ツボが書けません! それぐらい、頭から終わりまでずっ~~~と「オーナー萌え」ができます(笑) いちいち挙げていたらキリがないんだもん。でも、何も書かないとこれで感想終わりになってしまう。このドラマに関しては、吾郎ファン、オーナーファンなら、ツボポイントだけでなく全部見るべき(笑) とにかく、「全てがツボです」! 深夜のバラエティ番組をドラマ化にするということ自体が奇跡に等しいのに、細部に渡りスタッフの拘りが見え、そして愛を感じます。

TBSさんは吾郎に優しい! そして、ファンにも優しい! テーマソングが「世界にひとつだけの花」だと聞いたとき、たくさんのファンが「できれば、アルバムヴァージョンでお願いします」とBBSに書かれていた。そして、放送当日に生放送で番宣をした吾郎オーナーの笑顔のバックに流れるBGMがアルバムヴァージョンだと認識した瞬間・・・チキンスキンになった。そんなことで何が嬉しいんだ・・・と思う人もいるかもしれない。でも、この「花」がシングルカットされたときのパート分けを聞いたときの衝撃は、きっとファンでない人にはわからない(シングルにするのだから仕方ないというのは頭ではわかっていても)。今回、吾郎の冠番組でのドラマ化ということで、その願いを聞いてくれたスタッフがいてくれたことが、このうえもなく嬉しい。ファンの声なんて番組側が聞いてくれるわけがない・・・と、ずっと慣らされていたので本当に嬉しかったですね。

そんな素敵なスタッフが送り出してくれるドラマが、素晴らしい作品にならないはずがない! もちろん、「Goro's Bar」という番組を普段見ていないお茶の間の視聴者には、「何をやっているの?」状態だったかもしれないし、この「ぬるい」ストーリーは何?だったかもしれない(笑) でも、見ている人にはわかりすぎるぐらい、普段そのままのゴロバーの皆が存在していて笑えるところでも目が潤むぐらい感動しました。従業員の皆から一見バカにされているような吾郎オーナーが、実は「オーナー」「オーナー」と頼りにされて愛されているのも、子供のように拗ねる吾郎オーナーも、そんな皆のことを心から愛していて笑顔になる。木曜日の深夜の番組が、本当にそのままドラマになったんだねぇ・・・と思えて嬉しくなった。

経営不振っぽいゴロバーですが、オーナーのマンションはものすごくセレブ(笑) インテリアから熱帯魚の名前まで、オーナーの趣味が伺える。それなのに、キーホルダーはそれ?って思ったんだけど、オーナーの「初恋」が絡んでいたんですねぇ。黙っていれば、超男前! オーナーの部屋の鏡になりたい(笑) シャツのボタンを留める仕草が素敵v 細い腰つきが色っぽくて倒れそうになり、コートを着て颯爽と出て行く姿はモデルのよう。なのに、どこか抜けているオーナーw

そして・・・カメオ出演してくれた拓哉兄さんは、あれだな。むちゃくちゃ弟想いだ(笑) あんだけ美女引き連れて遊びに行くときも、吾郎を見つけたら声をかけずにはいられない。

「ご・ろ・おっ」

あぁ、木村くんの吾郎の呼び方だ・・・それだけで萌える(笑) ちゃんと最後の「お」を発音するのが、耳に心地よいw 女心をまったく分からない弟と違い、兄さんはどんだけ女心鷲掴みですかっ?!って言うぐらい引き連れて、なのに弟吾郎のことは気にかけている様子が、あんな短いシーンの中でわかっちゃったよw 木村くんのアドリブだという、吾郎への顎ぺっちん。ちゃんと、そのアドリブにリアクションを取る吾郎を見て、蕩けそうな笑顔を見せる木村くんに・・・私が蕩けました(爆) そして、お食事は・・・もつ鍋ですか? ・・・吾郎、木村くんも連れて行ってあげなよ(笑) 何気にこれもアドリブでリクエストされているんじゃないのぉ(笑)? 木村くん、こんな短い出演時間のために、わざわざ夜の撮影につきあってくれてありがとうございました。これだけで、ものすご~く幸せになれましたv 木村くんにもお礼を伝えなきゃですね。

ゴロバーの面々との絡みは、どれも良かったですねぇ。演技が上手いとか下手とかじゃなくて、素直に微笑ましく見れて感動させられた。カナエちゃんの初恋も素敵なエンディングでした。オーナーの初恋は・・・オチなのねぇ(笑) あらゆるところに萌え満載で、そしてゴロバーの皆さんとの仲良しが画面から伝わってくる素敵なドラマでした。

だから、痛いけど・・・そんな様子を見せてもらって泣けてきました。この愛すべきオーナー率いる「Goro's Bar」という番組が終わってしまうのが、本当に寂しくて堪らない。ドラマの中で、吾郎が皆から「オーナー!」と呼ばれるたびに、もうこの春からは聞けなくなってしまうんだ・・・って思うと、残念で仕方ないです。最近の通常営業では、「なんで、こんな整形のことばかり・・・」「ゲストの無駄使い」「オーナー、全然しゃべってないし!」とか、いろいろ愚痴も言ったけど、企画内容よりも何よりもこの番組に関しては、そこにオーナーを中心に優しい従業員の皆さんがいてくれる、中居くんが言う「ぬるい」空間が本当に好きだったんだと認識させられた。

来週で、「Goro's Bar」は終わってしまうんですね。・・・オーナー、寂しいですよ、やっぱり(涙) 萌え萌えにさせられた大事な宝物のような作品を残して去って行ってしまう吾郎オーナー。また、絶対にいつか何かの形で私たちの前に戻ってきてください!

|

« 「トライアングル」 第10話 | トップページ | 世界中でたったひとりの あなたに出逢えたこと »

コメント

ゴロバードラマSPの萌えどころだけのダイジェストを見せていただくことができました(いつもSさん有難うございます)。
もう吾郎ファンの皆さんがブログなどで書いてらっしゃるとおりですが、とにかく我々ファンが見たくて、でも連ドラなどでもほんの少ししか見せてもらえなかった「最上級、極上の吾郎、グランクリュGORO INAGAKI」をこれでもか~~と提示してくれたこのドラマ、本当に素晴らしかったです。
 住居、設定、ビジュアル、衣装、趣味に至るまですべてがあまりにもオタ向けすぎて涙が出そうでした。そして「ゴロバー」の人間関係、従業員や兄さんはじめ周りの人から愛されているオーナー、これはもう「そのままの稲垣吾郎」ではありませんか。脚本のマギー氏も「ブス恋」や「トライアングル」等々の付き合いで吾郎のことよく理解してくださってるなと感じました。
  最初このドラマの話を聞いた時は、吾郎が連ドラを撮っている最中であっただけに、どうせ芸人さん達が中心で吾郎はちょこっとだけの出演だろうと思っていたら、まさかここまで厚遇していただけるとは!。もっと具体的に「萌え」について語りたいのはやまやまですが、私はちょっと視点を変えて「数字」について思うところを話させてください。

これだけオタ向けに作ってしまうと、「ゴロバー」を見たことのない視聴者(特にこの時間枠の視聴者はほぼ100%くらいはみたことないのでは?)にはまったくついて来れない内容だろうとは思いましたし、数字にもはっきりとそれは現れてしまいました。クリスマスにスマップ全員が出演したドラマ「クリスマップ」と同じくらいの衝撃でしたね。あれは誰もが20%以上いくだろうと予測していたら、11%くらいで「スマップもう終わり」と叩かれた時です。あれも豪華メンバーだったにも関わらず、制作側がちょっと勘違いしちゃったかなと、、。さらにひどかったのはオタ向きでもなかったということ。

今回のゴロバードラマは煽り宣伝とかありましたか? 深夜のゴロバーや当日に生番宣したところで、ほとんど効果は期待できませんし。聞いた限りですが、ドラマ中のCMのいれ方や、スマップメンバーのCMが多かったことなどについて、低い数字は想定内だったのかとも推測してしまいました。つまり番組が終わってしまうにあたり、もう去ってしまったけどゴロバーを愛してくれた方達、また今は亡き亜子ちゃんなどを含め、愛してやまないゴロバーメンバーの「記念碑的作品」として数字は度外視で制作してくれたのかなと。だから吾郎が「神様からのプレゼント」と表現したのだろうか。この神様は思い当たるフシがありすぎるのですが、、。そういう心意気だからこそ木村君や小雪さんも特別出演してくれたのかもしれません。

 私のように海外に住んでいると、日本で放映されたものを見られる頃には「視聴率」がわかってしまいます。鈴木おさむ氏でさえ「内容より数字(が大事)」とおっしゃるわけですから、私のような小心者は吾郎やスマの作品ならばどうしても気になってしまい、ひどく数字が悪かった時はトラウマのように影響を受けることがあります。そしてその作品自体に愛着がわかなくなるという現象が起こってしまうことも。そしてあとから見直したときに、こんな良い作品だったのか~と自分の中に「数字」というバイアスがかかっていたことを反省するのです。
 
 そういう意味では今回のゴロバードラマはただただ、TBSやゴロバー制作スタッフへの感謝と純粋な萌え~があるのみです。匿名掲示板などの叩きはまったく気になりません。「叩かれているうちが花」ですし、「美しい男は正しく評価してもらえない」と 美輪明宏 様もおっしゃっていることですし、せいぜい妬みと嫉妬だろうと思ってます(笑)。
また、好きなタレントに自分を投影するわけではないので、数字や賞が取れる人を選んで、好きにはなりません。私が吾郎を好きになった理由は私の天の邪鬼にぴったりのマイナーさだったと思います。昔から一般人気のない人、でもマニアックな雰囲気の人を好きになりました。私は性格の良さ、可愛さ、カッコよさのミックスされた「稲垣吾郎」が本当に好きなんだなあと確認させてくれた「ゴロバードラマ」でした。

自分も含めてですが、ファンの人たちって連ドラやバラエティで自分たちの見たいものが見られないと「ファンでお金を出し合って作れるものなら…..」とよく言いますよね。そなんこと出来るわけないのに。でも今回は、一円も自分たちで供出しなくても、見たいものをこれでもかと作ってくれたわけです。深夜バラをゴールデンでドラマ化なんて無茶なこと、きっと反対も多くあったのではないでしょうか。
 情報BBSのゴロバー公式のお知らせにもちょっと書き込みしましたが、このファンの感謝を是非、TBSや制作側に伝えたいと強く思いました。こんなにファンを幸せにしてくれる素晴らしい内容の企画を世に出してくださって有難うございましたと。あ、日清さんにもお礼の意味で「ゴロバーラーメン艶白湯」をもっと買わなくては。こういったファンの満足度が制作側に伝わったら、また吾郎の次に繋がる手助けになると思うのです。

投稿: kim | 2009/03/14 08:09

ゴロバーSPドラマは本当に神様&赤坂からの贈り物でした(*^^*)
kazuyoさんもあげてましたが“すべてがツボ”でした♪愛されオーナー、パシられるオーナー(爆)全部が素敵です。
タクヤ兄さんは本当に弟想いだと再確認しました。あーんなに連れがいるのに弟のとこにすっ飛んじゃって♪何気に、オレの弟ってテロップ出てたのも嬉しいです。木村くんはじめゲストのみなさん本当にありがとうございます。
ゴロバーの従業員はみんな温かい人なのに終わってしまうのは本当に淋しいです。いつかまた再営業してくださいね(^-^)

あと、無事に高校合格しました!色々と我慢したかいがありました。
これからは心置きなくスマを応援できます(笑)

投稿: ピノキオ | 2009/03/14 09:57

木村兄、吾郎弟のシーンはもう見れないのかと思うとあの二人のシーンはまさにお宝です。
あの呼び方はまさに木村兄の具骨頂でした。Kazuyoさん同様頭から足先までしびれます(爆)
ドラマ見ていてこんなに癒されるドラマが一回切りなんて寂しすぎるわ~か思いながら見ていました。
数字は・・神様からの素敵なプレゼントの御礼が数字は無粋です。ここは私たちからのお返しとして多くの声と愛情の数でお返ししなくてはいけませんね。
さ、カップラーメン買ってこよ♪

投稿: mikiko | 2009/03/14 10:02

「花」のアルバムバージョンは、ほんとに涙ものでした!
出演者やスタッフの雰囲気、仲のよさがにじみ出ているような、癒された2時間でした。
ファンにとってもまさに「神様からの贈り物」ですよね。
これで終わってしまうなんてとても残念ですが、番組が始まってから4年半の間にボーイやFLの皆さんもそれぞれ売れっ子になり、スケジュールやギャラの関係で続けるのが難しくなったのかなあ、なんて思っています。
番組改変期に、深夜でいいからSPをぜひやって欲しいです!!

投稿: ドルチェ | 2009/03/14 11:27

丁度、地元に出戻りした頃からスタート番組。なので時の流れを感じております
一般のスマ好きさんからも「ゴロバー面白いよね」と評判もよく、もちろん自分も大好きで。
放送当初、ほとんど見てなかったのが悔やまれます。。
あれだけ吾郎ちゃんの魅力を引き出せるんですよね。
薔薇風呂だって熱帯魚だって、一歩間違えば色あせる演出も、上手に魅せてくれました。>どっかの局も努力して欲しいわ。
ドラマ見直したら、すっごく寂しくなりました。
大人の吾郎ちゃん★SPドラマ希望します★赤坂でキメテ欲しい~

投稿: mimi | 2009/03/14 14:59

今日やっとドラマを最初から全部見れました。

吾郎ファン、ゴロバーファンにとって本当に宝物になりますね。

こんなに素敵なドラマ、きっと沢山の人が見てくれてるはず!
と思った私が甘かった。
ゴロバーを知らない人には?だったかも。

でもゴロバーファンには、一生赤坂方面に足を向けて寝れないくらい、いくら感謝してもしきれないくらいの最上級のプレゼントになりました。

考えたら終わってしまう番組のドラマを普通作らないですよね?
しかもコラボラーメンまで。
視聴率はともかく、ゴロバーという番組が大好きで、ゴロバーに出ている出演者に、思い出に残る何かをしてあげたいという思う方がきっとTBSに居たんですね。
それを考えただけで、涙が出そうです。

投稿: なおなお | 2009/03/14 20:09

こんばんは~♪
卒業式は、凄く思い出になりました☆

『トライアングル』は、私もkazuyoさんと同じような見方してます(笑)
最初は、ドラマとして見てるのですが、舜くんが出て来たら、もう舜くんしか見てないです(笑)
最終回どうなるんでしょうね♪

『ゴローズドラマ』本当良かったですよねぇ♪
オーナーって、本当優しいなぁ♪って感じました。
それに、木村くんのアドリブ私もすぐ気付きました(笑)
本当、弟が可愛くて仕方無いんでしょうね♪
いつか、『徹子の部屋』か何かで『吾郎ちゃんは、可愛くて弟のような存在』と言っていたのを思い出しました☆
『もつ鍋~』も、『あっ~』と1人で意味不明なリアクションしてしまいました(笑)
オーナーがサックスひく所に感動しました!!
上手いし、格好いいし♪
あのお好み焼き屋の人に可愛がられてましたね♪
本当に、オーナーは皆に愛されてるんだろうなぁ♪
と思いました!!

投稿: ☆虹☆ | 2009/03/14 23:26

いやもう、リピがとまりません♪ 今日は艶白湯食べながら見ました! マギー氏の脚本をはじめ、関わった全ての人のこの番組に対する愛が感じられて、幸せな気分になりました。
薔薇風呂とかタクヤ兄さんとのシーンとか(木村くんありがとー!!)萌えどころ満載ですよね!! 個人的ツボは、井上くんとの「寂しく男2人でモーニングコーヒー」のシーンです♪ 「周りの人が幸せな方がいいじゃない?」「朝からキツイねぇ~」って言うときの表情がたまりませんです、ハイ。
あと、サックス吹いてるオーナーが観られて感激でした!! 自分自身 学生時代にサックス吹いてた事もあり、思い入れのある楽器だからってこともありますが。 ヴァイオリンとかチェロみたいな弦楽器もいいけど、オーナーにはやっぱりサックスが似合うわ~♪ …でも結局なんでもカッコいいんですけど(爆)
こんなに楽しい番組が終わっちゃうなんて…(涙)

投稿: しみこ | 2009/03/15 00:00

最初から最後まで、見たい吾郎ちゃん満載でビジュも最上級!!
こんなドラマ初めてです!本当に「神様からの贈り物」ですよね
これはもう吾郎ちゃんヲタが作ったと言っても過言ではないくらい、
素晴らしい内容でしたね
冒頭の薔薇風呂から始まって、これでもか!・・・って、
吾郎ちゃんのファンのツボを心得てますよね
数字の事は私もすごくショックだったんですが、kimさんのコメント読んで、
すごく気持ちが楽になりました♪
当分リピが止まらないです

投稿: みこりん | 2009/03/15 00:25

突然のPCダウンにあたふたしながら見たゴロバードラマ
集中力に欠けていた私でも大満足間違い無しだけは、認識いたしました。
もちろん吾郎ちゃん出演部分は質も量も想像以上の花丸、花満開サカス
そして何よりゴロバーレギュラーメンバーとの温かい空気感が漂ってきて、私もあったか~い気分になりました。

親戚からも「見たよ!面白かった~」との報告がありました。
その彼女が最後に一言「あの走り方は何?」と・・・
「あれはファンサービスです」と喉まで出かかりましたが、引っ込めました(^-^;

投稿: key | 2009/03/15 02:18

kimさん

吾郎オーナー最高でしたね。吾郎自身も演じていると言うよりは、いつものゴロバーの雰囲気をそのまま出そうとしていたのがわかります。それぐらい、スタッフのこの企画に関しての愛情が感じられました。ドラマとは言え、元は素の吾郎が出るバラエティ番組ということで、ファンが見たい稲垣吾郎をそのまま演出してくれたことが嬉しいじゃないですか。そりゃあ、一般には「何じゃこれ?!」と思われても仕方がない(笑) でも、ヲタには最高のドラマですよ。
kimさんが言うように、企画があがった段階で「これは、いつもGoro's Barを見てくれている人のために」・・・というのが、最初からあったのかもしれませんね。もちろん、結果としていろんな方が見てくれて、数字ももっと出れば嬉しいとは思いますが、それは「数が出れば儲けもの」ぐらいに思っていてくれていたかもしれない。だから、「花」のアルバムヴァージョンもファンの要望を聞いてくれたのかなぁと。一般をターゲットに絞っていれば、そこまでしなくてもいいわけですから。

数字に関しては、本当に残念な結果になってしまいましたが仕方ないかなぁというのはありますね。私も、吾郎が「これは神様からのプレゼント」と話していた段階で、彼は最初から結果を望むものではなくて、今までゴロバーを楽しんでくれていた人のためのものだとスタッフ同様思っていたのかもしれないと思った。数字が出なかったからの言い訳でしょ?と言われるかもしれませんが、正直言うとそりゃあ高い数字が出てくれれば嬉しいに決まっています。出なかったことも、本当に残念です。でも、それだけじゃないんですよね。今回のドラマ化に関しては、そんな思いがスタッフにも吾郎にもゴロバーに出ている芸人さんたちにも・・・そして、私たちファンにもあったから思えることです。

結果がおもわしくなかったことで、今回ファンの皆さんが落ち込んでしまったのは、結果うんぬんよりも「もっと多くの人に、この素敵なドラマを見てほしかった」ってことだと思います。テレビ業界は、結果が大事だという昨今の風潮があるから「数字」が一番わかりやすいのだと思う。でも、ドラマというのは作品ですから、それを数字だけで判断されるのは寂しいですよね。kimさんが言われるように、私たち海外にいる者は、数字を知ってからドラマを見ることが多く、その結果が見るときに左右されるときがあるというのはありますね。逆に数字が高いから見てみると「どこがおもしろいの?」というときもあります。
今回のGoro's Barドラマに関しては、数字、出来、ストーリーなど関係なく、愛を持って作り上げ、世に送り出してくれたことに、ただただ感謝です。だから、「神様からのプレゼント」なんですよね。数字だけで落ち込むには、あまりにも失礼かなと思ってしまう。この感謝は、必ず伝えたい。


ピノキオさん

まずは、高校合格おめでとうございますv 本当に良かったですね。これからは、心置きなく吾郎、スマ萌えにさらに力を注いでください。
ドラマは、まさしく全てがツボですよね。最初は、全部ツボあげていこうと思ったんですよ。冒頭の薔薇風呂からバスローブに生脚、部屋の広さにインテリア、洋服から赤坂に響くオーナーの靴音、ワインに笑顔に寝起きの跳ね癖毛、トランシーバーで指示するオーナーにサックス・・・どんだけページがいるんだ!って思って諦めました(笑) もう、どこを取ってもいつもの吾郎オーナーと従業員の皆さんがそこにいて嬉しくなりました。「パシリ」に使われるオーナーですが・・・おもしろかったですが、ここだけは違いますね。何を置いても、皆、きっとオーナーのために我先にと行ってくれるだろうし、オーナーが誘えば誰でも最後まで飲みに付き合ってくれると思いますw 


mikikoさん

今後も、スマップ全員出演ドラマ企画なんてものがまたあがってくるかもしれませんが、キムゴロさんで「兄弟」役なんていうのは、絶対にないと思うのでお宝ですよねv 「ごろお」「拓哉兄さん」・・・おいおい、これだけで針振り切りましたけど(爆)? 美女の群れを道端に放っぽり出して、吾郎のもとへ駆けてくる拓哉兄さん。それも、とびきりの輝くような笑顔でw 「ナンバーワンよりオンリーワン」 そんな、吾郎の気持ちをちゃんと知っている兄さん。コートの襟元を正してあげる優しさに、兄弟らしいお遊びも交えて、夜の赤坂へ美女引き連れて「じゃあな」 かっこよすぎるでしょ(笑) 「もつ鍋・・・」は、絶対アドリブですよねぇ~。とりあえず、ゴルフに一緒に行く時間がなければ、もつ鍋から先行っちゃう(笑)?


ドルチェさん

シングル「世界にひとつだけの花」が、ダブルミリオンになったのは喜ばしいことですが、アルバムヴァージョンがさらに歌われなくなったのは寂しい限り。ライブ「ドリスマ」で生で聞かせてもらった以外は、まったくないんですよね。今回、ドラマで使ってくれたことが本当に嬉しかったです。ゴロバーに関しては、最近の不評の企画を延々と続けていたことを考えると、いろいろ事情はあると思いますねぇ。バラエティ番組は、進化していかないと4年も続けていくには大変だと思うので、変わってしまうのは仕方ないのですがいろいろと複雑でしたね。だから、リニューアルというのもアリだと思うのですが・・・内容がどうも心配になる。楽しい番組になるといいですね。そして、オーナーは是非またどこかでお目にかかりたい。


mimiさん

深夜の枠で、これだけ長く続いたっていうこともすごいことなんですよね。毎年のテレビ改定期にいつなくなってしまうかも分からなかったのに、「吾郎の細道」から数えたら丸5年となるわけで、本当にありがたいです。今回、時間帯も早くなるということで、地方での放送遅れもなくなるところが多く、そういう意味では嬉しいことでもあるのではないでしょうか。内容は、本当に見てみないとわからないですが、できたら期待しておきたいですよね。ゴロバーを良い思い出として心にしまい、新たに素敵な番組をと思える番組にしてほしい。「オーナー、戻ってきて~!」と毎回泣かなければいけない羽目にだけはなりたくないですね。・・・いえ、すでにオーナーが恋しいですが。


なおなおさん

ちょっと数字が出なかったのは残念ですが、ゴロバーが大好きだった人は本当に楽しめたというのが一番よかったなぁと思いますね。これで、「別にドラマにするほどじゃなかったじゃん」というゴロバーの良さがまったく出なかったドラマだったら目も当てられなかったと思います。そういう意味では、ファンにとっては宝物ですよね。できれば、DVD化してくれると嬉しいのですが、数字だけ見ると難しいのかなぁ(苦笑) これで出してくれたら、赤坂に一生ついていきますが(爆) まぁ、いまでも感謝しきれないぐらいありがたいですけどねぇ。
ゴロバーが終わると聞いて、きっと皆「えっ、なんで、じゃあドラマ化なの?」とか、コラボラーメンにしても「新しくリニューアルされる番組とのコラボじゃなくていいの?」とか思ったと思うんですよね(笑) そう思うと・・・ゴロバー終わらないんじゃないかと淡く期待してしまうのですが。通常営業でも、「ついに来週で、ゴロバー閉店!」なんてこともまったく言われなかったのが気になります。


☆虹☆さん

ゴロバードラマは、まさしく人情味溢れるヒューマンドラマでしたね。こんなバーがあったら、結構儲かるんじゃないかと思うぐらい素敵な場所だと思います(笑) とにかく性格美人が集まるお店で気兼ねなく入店できる赤坂のバー。こんなところなら、きっと女性同士でも、ホステスさんにおしゃべりに行きたくなるんじゃないかな。そして、そこにはありえないぐらいかっこいい吾郎オーナーがいてくれる。常連になったら、挨拶ぐらいはオーナーとできるんじゃないかと・・・いそいそと通ってしまいまそうです(笑) ・・・いや、書いてたら、また寂しくなってきました。閉店するのが本当に寂しいわ(涙)


しみこさん

マギーさんは、吾郎ファンにとっては「ブス恋」の脚本家ということで馴染みがあるのですが、あのときはちょっと???だったところもあるのですが、今回は本当に感謝ですね。ご自身のブログで「吾郎さんとは、ドラマでもご一緒にさせてもらう機会もあり・・・」と書いてらして、「トライアングル」の掘米さんと舜の場面を思い出してしまいました(笑) あの舜の吾郎を見ると、吾郎オーナーの脚本を書くのは難しかったかもしれませんが、素敵なオーナーを演出してくださってありがとうございますですねv
私も井上くんとオーナーのシーンはお気に入りです。通常放送では、後半あまり絡むことがなかった二人なので、当初ガンダムオタ同士盛り上がっていた二人を思い出して微笑ましくなりました。もっと、ボーイさんたちとも通常営業で絡んでほしかったですよね。サックスは、吹くのは難しいのでしょうか? あれは、吾郎が演奏していたわけではないですよね??? ものすごく「サックスと吾郎」が似合っていたので、どこかでお披露目してほしいなぁなんて思いますが。


みこりんさん

芸人さんたちが集まってのドラマというのも珍しいと思うのですが、このドラマは、まさしく吾郎ヲタ、オーナーヲタのためへのプレゼントでしたねv そんなに、ヲタしか喜ばないシーン盛りだくさんでいいの?とか心配になるぐらいだったことを考えると、やっぱり最初から「そのつもり」で作ってくれたとしか思えません(笑) そりゃあ、たくさんの人が見れくれるにこしたことはないけれど、「とにかく楽しんで演じてくださ~い」ぐらいの指示があったのではないかと。だから、「プレゼント」なんですよね。ファンが喜ぶものを入れたら、一般には引かれるだけというのがわかってての演出ですから、とにかく結果は気にせずありがたく受け取らせてもらうというので間違っていないと思います。誰が何と言おうと、ヲタには宝物になりました。心からありがとうです。


keyさん

PCがとんでもないことになっている中、ゴロバードラマで癒されてよかったですv Goro's Barって、だってそういう番組でしたよね。ファンが他の番組で落ち込んでいたりするときの、オアシスのような番組だった・・・本当に、冗談抜きでこれがなかったら荒れ狂っていただろうなぁと思ったときも何度かあります。吾郎が、本当にゴロバーでは楽しそうで、笑いの沸点が低いオーナーを皆が弄ってくれて一緒に笑える時間だった。そんな雰囲気が、ぜ~んぶこのドラマで表れていました。だから、ドラマを見て暖かくなり泣けてくるんですよねぇ。ドラマ名物(?)吾郎走りは、ファンサービスですか(笑) あれ、ファンでも賛否両論だと思いますが・・・私は、結構直視できません(爆) いえ、オーナーなら可愛くていいんですけどねぇv

投稿: Kazuyo | 2009/03/15 10:59

みなさんの愛が溢れるコメントにちょっと洗脳されそうなくらいです(*^^*)
拓哉とのカラミも私以上に深い視点で見ていらっしゃって嬉しい限りですq(^-^q)
吾郎くんの癒しな雰囲気とあのワイルドな拓哉の雰囲気が絶妙でしたね!もぉ嫉妬してしまうほど演技を越えて、拓哉は吾郎くんが愛しいんだなぁって思いました。
番組終わってしまうんですか?
トライアングルもあと一回だしなんだか急に寂しくなっちゃいますね‥。
あと数字があまり良くなかったとありましたが、深夜番組でなかなか周知されてなかったので(実は私も以前拓哉が出ると聞いて初めて知った次第で‥(汗))
だからTBSさんもっと前からたくさん宣伝してくれてたら良かったよぉ(涙)と
残念でたまりません

でも視聴率なんか関係なくこれだけのFUNの皆さんが満足な出来上がりのドラマもそんなにないでしょうし(^^)d 私も拓哉狙いで見たんですが(すみません!)最後まで引き込まれるように見てしまいましたもん♪
最近SMAPのメンバーの一人一人の魅力を改めて感じさらに大好きになっているのです。だから今年は五人のドラマ絶対お願いしたいんですよね~!噂ですがI女史がそれに力入れてるって聞いたんで密かに期待しながらでもギャラかなり高いから難しいのかなぁ‥と諦めてみたり。
まぁ一番の望みはライブなんですけどね‥(^-^;
と、相変わらず拓哉目線ですみません(汗)

投稿: ひー | 2009/03/15 12:30

やっとゴロバーSPドラマ見れました。Kazuyoさん・皆さんの感想を確認した後でも心が温かく癒されました。「神様からの贈り物」吾郎ちゃんの言葉が全てを表してくれてます。制作に携わった方皆さんに感謝「ありがとうございます」一応ドラマだから演技をされているところもあると思うけど皆さんがおっしゃるように素の吾郎ちゃんかなぁと感じる表情もたくさん見れて、吾郎ちゃんって全てに本当に素敵な人だなぁ~、まるで「自然」って言葉がピッタリの方。歳を重ねる度に素敵な表情・表現・物腰を見れるにつけ、いちファンとしてうれしい限りですTBSさんには、吾郎ちゃんドラマではあまり良い印象を持ってなかったのですが今回は素直に感謝しております。素敵な吾郎ちゃんのドラマ私も作ってほしいです。しばらくトライアングルと共にリピします

投稿: ピカチュウ | 2009/03/15 15:38

ゴロバードラマに対する思いはKazuyoさんが書かれているものと全く同じ思いです。

これが神様からのプレゼントなら神様にもありがとうを言わないといけませんね♪

私も始めこの話を聞いた時「こんなドラマ(吾郎ファン以外に)誰が見るんだよ〜」と思い(ごめんなさ〜い)、脚本がマギーさんと知り、ますます不安を募らせました。でもその思いは、ドラマが始まり直ぐに飛び去りました。このドラマに関しては、マギーさんのベタな脚本がどんぴしゃでしたね(マギーさんごめんなさい&ありがとう)!久しぶりに心から楽しめ、暖かい気持ちにしてもらえたドラマだった

このドラマがどれだけ作り手さん達の愛で包まれていて、吾郎や吾郎ファンに優しいドラマだったか!それは「世界に一つだけの花」がアルバムバージョンだったことに一番表れていると思うのです。
たぶんこれは、吾郎ファンじゃないと気が付かない事かもしれないけど(ソロのない「オレンジ」も今一つ感情移入が出来ない歌の一つで…←心の狭いファンでごめんなさい)、とっても心に響いて嬉しかった

では、一番心拍数が上がったポイントを3つ
1.冒頭、オーナー自宅で、姿鏡に映る吾郎のスリムな身体(薔薇風呂とバスローブ姿はもう何度も事前に見ちゃってたから除外。拓兄との絡みも同様)
2.自宅で脚本を練る吾郎のシャツ姿←結局シャツ姿が好きなのか??
3.友近に身ぐるみ剥がれたピザ屋の兄ちゃんに衣裳を差し出す吾郎の笑顔←この最強にして最上の笑顔の相手がなんでピザ屋の兄ちゃんなんだよ〜

逆に残念なところ、
1.お店に泊り、ソファーから起き上がり…、上着は脱いどかんか〜ぃ←どんだけシャツ姿が好きなんだよ!
2.バラエティー的オチとしては正解だったと思うけど、私的には吾郎の初恋の相手は小雪さんであって欲しかったな。

人様のブログで長々すいませんm(__)m
あっ、最後にもう一つ。
先日偶然会った、スマファンでも何でもない友人が、ゴロバードラマを見てくれていて、最近のドラマにないちょっと懐かしくてとても暖かい気持ちにしてくれたいいドラマだったと褒めてくれました!ファンじゃなくてもちゃんと見てくれる人はたくさんいるんですよね(嬉涙)

投稿: 北風 | 2009/03/15 18:47

ひーさん

本当に木村くんの出番はあっという間でしたね。カメオ出演ということだったから仕方ないのですが、番宣では木村くんとのシーンは思い切り使われていたので、もっと彼が出てくると思った方も結構いるんじゃないかと、私なんかは冷や冷やしましたよ(苦笑) ご自分のラジオ「ワッツ」でも、「撮影はものすごく楽しませてもらいました」と木村くんが言ってくれたのが嬉しかったです。おさむ氏にも頼まれたのかもしれませんが、吾郎のドラマのカメオに快く引き受けてくれたのがさすがですね(笑)
「ゴロバー」は、あと1回の放送でとりあえず終了となります。4月からリニューアルされて水曜日に放送される「マイ・フェア・レディ」という番組になるのですが・・・これまた、吾郎ファンの間では不安でねぇ(苦笑) 感想UPしなかったら、喜んでないんだな・・・とお察しくださいw 

5人でのドラマの噂があがってますか・・・中居くんがラジオで「またあればいいねぇ」みたいなことおっしゃったんでしたっけ? う~ん、微妙(笑) もちろん、スマップ全員が出演するという企画は素晴らしいのですが、過去放送された全員でのドラマで楽しんだ記憶がないので(すみません・・・5人もいると、いろいろ配分が大変なんですよね)。全員が揃うというのであれば、私も断然ライブのほうが嬉しいです。あっ、同じく中居くんが「ストスマ」で言われた、「5人全員でドライブ旅行」。これは、ものすごく見たいですっ(笑)!


ピカチュウさん

吾郎オーナーっていいですよね。夜の街で働いている人とは思えないぐらい、物腰が柔らかいし性格もおっとりしている。Goro's Barの景気は「ぼちぼち」のレベルの下のようですが、初代オーナー(お父様)が大金持ちだったということで、住んでいるところは超高級マンション。薔薇風呂に惜しげもなくシャンパンぶっかけて・・・なのに、夜食はインスタントラーメン(笑) いえ、あのラーメンは美味しいらしいがv 世間はずれのおぼっちゃまで女心がまったくわからないけど、すれていなくて気立ての優しいオーナー。素敵すぎます(笑) 拓哉兄さんのほうも、マイペースでのんびりしているみたいですが、きっとやるときはやるというもう少し男らしい方なんでしょうね。そしてブラコン(爆) 夜の赤坂で自分の好きなことをして、毎日余裕をもって過ごす金持ち兄弟。今度は、こっちをメインでドラマ作ってほしいぐらいです。年に一度のSPとして、どうでしょうかね?


北風さん

ねぇ、ファンでも放送前から「だいじょうぶか?」と思っていたぐらいですから、結果は仕方なしとなりますかね(苦笑) 私たちでも思ったのだから、きっとスタッフの方も想定内だったかもしれません。それでも、最後にドラマ化しようじゃないかと遊び心を出して作ってくださったのなら、本当にありがとうございますと言いたいですね。まぁ、そんな事情もわからなければ、数字で叩かれて吾郎も大変かもしれませんが、彼自身が「神様からのプレゼント」と言ったぐらいですから、引き受けてくれたのだと思います。

北風さんがあげてくださった萌えポイントは、私も萌えましたよーv ひとつめの鏡に映るスリムな身体もそうですが、自分の姿を鏡でチェックする横顔をカメラが下方から撮っているカットはものすごく萌えました。なんて美しいんだ・・・と(笑) シャツ姿だと着やせするのも萌えポイントですよね。しかし、腰は細いし、吾郎ファンが大好きなプリケツちゃんも拝めて、冒頭のシーンは全部萌え萌えですね(爆) 私も最後は、できたら小雪さんが初恋の人であってほしかったですが、ゴロバーらしいオチと言えばああなるのかなぁw オーナーの驚いたクリクリのまんまるい瞳が可愛かったですし。ちょっとお茶目で抜けているオーナーですが、本当にカッコよくて優しくて素敵なオーナーですよね。性格美人を集めるGoro's Barというお店は、何よりも性格が最高にいいオーナーがいてこそなんだなと最後に思いました。こんなお店があったら、本当に遊びに行きたいですよねv

投稿: Kazuyo | 2009/03/16 05:25

kazuyoさんのブログを読んで、寂しさが増しました。最後にこんなにゴロバー出演者・スタッフ・ファンのための記念ドラマを制作してくれて赤坂様には本当にいくら感謝してもし足りないくらいです。
私、赤坂の吾郎ドラマはどれも好きなのですが、今回だけはバラエティの延長と思っていたので、いい意味でドラマの出来の良さに裏切られました。夜のバーが舞台ということで、照明・映像が良かったですね。舞台となるゴロバーの店内がとっても素敵で、そこに吾郎オーナーがいるだけで感無量でした。もう全てが萌え映像だったのですが、井上君とのシーンいいですよね。いつか吾郎の同僚役とかで本当にドラマ共演して欲しいものです。そして極めつけは「世界に~」のアルバムバージョン。BBSで書き込みを見かけてましたが、まさかもう変更は無理だろうとあきらめていたのですが、ドラマで流れた時は本当に涙・涙で・・・。こんなに愛情を感じるドラマは無かったなって。素敵な仲間と素敵な番組をやってこれて「吾郎よかったね」と声をかけたい気持ちでいっぱいです。いっぱい感想を送らないとですね。

投稿: さんご | 2009/03/16 11:35

こんばんわ~。
オーナーもステキでした。
バキューン!ズキューン!撃沈です!
舜ももうビジュアル最高潮で、萌え爆発しまくりです。
オーナーはキュートでラブリー、舜はカッコよくて、どっちも美しすぎです。
ここで極力努力して冷静になってみてみると、オーナーも舜も同じ役者が演じて
るんですよね。あたりまえですが。ましてや金田一さんも全く違うキャラクター
なのに。あらためて役者稲垣吾郎のすごさを実感しました。こんなにも違う
タイプの役を次々と半年という短期間で、演じている役者は稀なのではないでしょうか?
しかも、収録時期かぶってますし。
仮面ライダーGもありましたね。すごい!
でも私はやはりシリアスドラマの中の美しい吾郎さんが見たい、美しいものが美しい
情景が見たいので、結構書き込みをしているのですが、掲載されないんです。せめて
読むだけでも読んでくれてるといいのですが。
あしたの最終回が終わったら、どうしよう。。。寂しくてしょうがありません。
やはり週に一度のあの番組にすがってしまいます。(泣)

投稿: mick56 | 2009/03/17 04:03

さんごさん

今日、TBSさんの公式サイトの番組表をチェックしてみたんです。・・・しっかり、今週のGoro's Barのところに「終」マークがついていた(涙) 『卒業ソング。涙の最終回!』って書いてあって、それだけでもう涙出そうになりました(苦笑) カラオケで盛り上がるとは思うのですが、結構ご挨拶とかもあってしんみりしちゃうのでしょうか。笑ってさよならできるといいな。そして、オーナーから、「一年に一度、店をOPENします」というメッセージがあったら泣いて喜びます(笑) 
結構とファンの間でもいまいちの吾郎の赤坂ドラマですが、私も実は好きなんです。「Mの悲劇」もはっきり言って「トライアングル」より良くできたサスペンスだと思うし(まさしく、細かいところで筋が通っていた)、「佐々木夫妻」もそんな台詞言わせる?というところを除けば、楽しく見れて法くんに萌え萌えでした。「催眠」も、実は映画より断然好きです。髭ゴローもすごく萌えた人なんで(笑) また、何か吾郎で素敵なドラマを送り出してほしいですね。ゴロバーも最高だったんで。


mick56さん

オーナーの泣きそうなキュートな表情が、あちこちで見れましたね。本当に心に染み込んでくるようなドラマだった。これは、ゴロバーに思い入れがある人には、最高の贈り物だったと思います。できたら、本当にDVD化してほしいので、お願い出していきたいですね。特典でメイキングなどの未公開映像はもちろん、オーナーの衣装が毎回素敵だったので、4年半の集大成オーナーフォトブックも付けてくれたら、最高なヲタコレクションになるので、ちょっとTBSさんにはお願いしてみようかなぁって思ってます。
そうそう、このドラマを撮影したときは、「金田一」がクランクアップして、「トライアングル」が始まって、それと並行して合間にライダーGの企画も参加しながらの、非常に忙しい時期だったんですよね。おっしゃるとおり、全て演じわけてます。「トライアングル」の後半、吾郎が神がかってきたのは、まさしく舜に集中できるようになったからだと思うので、本当に大変だったんだろうなぁと思います。しっかり演じ分ける役者稲垣吾郎を見せてもらって、ファンとしては嬉しい限りですね。私も、リスクは背負いますが、次回の連ドラもシリアスでお願いしたいです。

投稿: Kazuyo | 2009/03/17 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「トライアングル」 第10話 | トップページ | 世界中でたったひとりの あなたに出逢えたこと »