« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ・・・ 

えぇ~~~?! せっかくのキムゴロさんのキャチスマだったのに、テーマは「石川遼くん」ですか(涙)?

吾郎 「石川遼くん、半端じゃないよね? 木村くんはメールとかでやり取りしたりとか、連絡を取り合っているとか話を聞いたことあるんですが、あ・・・いいなぁとか思ってたんですけど、ちゃんとメッセージとか届けているんですか? いちファンの稲垣吾郎も応援しているって言っておいてください。んふふふ(笑) では、では」

こうなると、ちゃんと真面目に石川くんのことやゴルフのことを話す木村くん。興味深い話もされていましたけど、確かそれ以前も吾郎がゴルフに関するメッセージを残したとき聞いたような・・・という話もあったよね(笑)? ちょっと、やっぱり残念です。

吾郎はゴルフが大好きだから、テンション高いメッセージだし、「言っておいてください」のあとの笑い方なんて可愛くてどうにかなりそうだったけど・・・ぶちぶち。木村くんは、自分の石川くんへの考え方は、「吾郎ほどいかない温度かな」と言ってたぐらいで、あとはまったく吾郎とは関係ないことだったし。毎回、約束をキャチスマで取り付けて何なのこの二人?!って呆れることも多かったけど、こういう真面目なメッセージを聞くと・・・いつものバカップルのようなキャチスマがやっぱりいいなぁと思ってしまう(苦笑)

何より、最初の「半端じゃないよね?!」と話す吾郎の後ろで、ぼそっと木村くんが・・・

木村 「・・・その話か・・・」

と呟いた事に集約されていると思います(笑) 木村くん同様、私もいきなりテンション下がったよ。聞きたかったよね? 可愛い声でおねだりとかしてほしかったよね? わかるよ、木村くん(爆)

こんなことなら、昨夜の「MFL」のエンディングで女性社員たちに説教たれてるドセクシーなオーナーのこと書いておけばよかったなぁ・・・今日、絶対に吾郎からのキャチスマだと思ってエネルギー蓄えてたよ! ばかっ、吾郎っ!!! ←勝手な八つ当たり(笑)

【追記】

今夜の「ワッツ」ですごいことを聞いてしまった・・・

来週の歌のゲストBON JOVIですが、なんと一緒に歌ったのは木村拓哉オンリーらしいですなぁ。なるほど、そういうことですかぁ。ホッとしたような、なんじゃ、それ?という両方の思いが交差した、昔バリバリのHRファンの私です(笑) しかし、木村くんがHRに嵌ったのって、彼らの曲を初めて聞いたのがきっかけらしいですが・・・HR好きとしては青いなと思いました(爆) 木村くんがJonと一緒に歌ったのは、♪It's My Life♪みたいですね。この曲は、確かにいい曲です。ファンの皆さん、期待していてくださいv

| | コメント (12)

気分上々↑↑

今夜の「スマスマ」は全体に楽しかったですね。何と言っても、注目すべきはビストロのゲストにKinki Kidsのお二人が来てくれたことでしょうか。実は、最初にこのニュースを聞いたとき微妙だったんです。もちろん、お二人がスマスマに来てくれるのは大歓迎だったのですが、ビストロに出演っていうのが引っかかったんですね。ビストロに芸能人の家族というだけで素人さんを呼ばれるのとは比べられないのですが・・・ちょっと上手く説明できないので申し訳ないです(苦笑) 


【ビストロ】

でも、期待どおりおいしいエピを二人は落としていってくれましたね。過去映像も、すごく懐かしかったです(これも、ちょっと引っかかる編集は相変わらずでしたけど・・・)。でも、なんかスタジオの雰囲気がちょっと緊迫していたのはなぜだろう? Kinkiのお二人は、バラエティ慣れしているし、トークも上手だし、スマップとも長い付き合いなので、とても楽しめたのですが、なぜあんなにおかしな空気だったんだろう? ジャニーさんがスタジオにでもいらしたのでしょうか(笑)?

そんな中で、吾郎の映像作品があったというエピ。「寮のベランダで、(アンニュイ丸出しで)外を見ている。白いTシャツに、黒のカーディガンで、(サンキューゴローのポーズで)東京の街を見ている」というセルフプロモーションビデオ(by吾郎)のような映像(笑)(笑)(笑) これで、スマさんたち全員が爆笑なのに癒されました。これ、誰がプロデュースなんでしょうか? 吾郎自身?それとも慎吾? これ、見せてほしいですねぇ。

こんなエピも含め、スマップ自身が覚えてないことが結構あるみたいで、ビストロではなくて普通にトークのゲストとして来てもらったほうが楽しかったんじゃないでしょうか。慎吾や吾郎が撮影したというVを探して持ってきてもらってとか盛り上がると思うんだけど。過去映像も、料理しているときにメンバー全員ちゃんと見たそうでしたよねぇ。別に、ビストロを放送しなきゃいけないってこだわらなくてもいいんじゃないのかなぁ。(正直、ファンはもう特に固執していないですよね)

【一生クイズ】

そして、以前も一度やった『一生クイズ』ですが、今回はゲストもいなくて大正解でしたね。前回は、吾郎がまったくコメントしなかったけど、さすがにスマップだけだと話す機会があったようで。でも、今回は剛の独断場だったな(爆) 

この天然剛のテンションUPに、素で笑う吾郎が可愛くて、可愛くて。まぁ、やっぱり群れスマは、いろいろとツボが落ちてきますね。

・ 第一問「一生激辛」「一生激甘」で、躊躇することなく同じ足取りで「一生激辛」に向かうキムゴロさんv
・ 第二問は・・・個人的にアホらしい選択と思うので語るところがない(笑)
・ 第三問「恋人が一生潔癖症」「一生汚し屋」で、迷うことなく「潔癖症」を選ぶ吾郎を見て、「そうだと思った」と頷いたであろう全国の吾郎ファン(爆)

しかし、これ中居くんの回答が意外でしたが、彼の言い分を聞くと思わず納得してしまいそうになった。相変わらず、コメントに力があるよねぇ。ここでも、剛がいきなりテンションがあがるのですが、キムゴロさんが同じ動きで笑い転げる様が最高でした。回答が出るまでに、まだしつこくブツブツ言う剛に、指差して笑う吾郎がキュートv 回答発表後・・・

慎吾 「やっぱり、汚し屋さんはヤだよ」
 「もうねぇ、お掃除とかできたほうがいいって!」
吾郎 「汚いよ、だって、この人んチ・・・」
 「俺、汚なくないよ。なんで、俺んチ汚いって言うんだよ!」(ドスのきいた声)

最初、これ驚いたんですよ。剛が、吾郎にこんな言い方するの?!って。よくよく見てみたら、吾郎が汚いと言ったあとに、慎吾がこそっと「汚い・・・」と呟いているんですね。暴露したのは吾郎なのに、ぼそりと言った慎吾のほうに向かって言っているのを見て、あぁ~なるほどねぇって(笑) ちょっと、吾郎の顔を見て、こういう言い方はしないよね。

・ 第四問「一生何を言ってもすべる」「黙っていても笑われる」の質問の途中から、ずっと「あはは」と笑い続ける吾郎。最後、のけぞってまで笑っている様子に、ちょっとオーナーを思い出した(笑)

この5人のスマップの回答が、今回一番興味深かったです。見事に、「ジャイアン」と「のび太」チームに分かれましたね(爆) 最後まで慎吾が悩んだのは、彼はどっちの立場にもなるからです。つまり、ツヨゴロは、スマップの中で弄られて笑われる立場が多いから、たまに結構本気で厳しいときがあるのではないかと思いました。いえ、そんな真剣な意味ではないですけどね。スマップ内の縦社会を見たようで結構チキンスキンになった(笑)

中居くんのコメントがねぇ・・・「緊張感があるときに、あいつがいると和むなぁ」っていうのは、そのままいつもツヨゴロを弄るときの中居くんの気持ちなんじゃないかと思って、私なんかは感心するというより何だか嬉しかったですね。

結果は、ツヨゴロさんが選んだ「一生何を言ってもすべる」で、ハイタッチするかわいい二人。良かったね、報われて(笑) やっぱり、誰だって意味もなく笑われたくないんだよ。

・ 第五問「一生貧乏なのに、ファッションセンスがある」「裕福なのに、ファッションセンスがない」 何の迷いもなく「貧乏」を選ぶ木村くんがらしいよねぇ。反対に、ものすごく悩むのが吾郎(笑) 

これは、おそらく吾郎の場合、ファッションセンスは人それぞれだから、周りがどう思おうと自己満足で着たいものを着れるほうが幸せだと思ったんでしょうね。ショッピング好きの吾郎なら、そう考えてもおかしくない。剛が、「慎吾なんて、洋服好きなんだからこっちじゃない?」と聞いていましたが、服が好きな人ほど「いろいろ」着たいんですよ。数着で着まわしとかつまんないのよ。だから、中居くんも吾郎もそう。木村くんと剛は、着まわしセンスがあるんです。

【S-LIVE】

ゲストmihimaru GTを迎えての歌は、5人それぞれの衣装が似合っていました。吾郎の衣装がまた、本当に素敵でねぇ。細身のジーンズに、黒のロング丈のちょっと変わった粗い目で編んだウール系のジャケット。脚が長い人にはピッタリの衣装でしたね。吾郎が、長い裾を翻して踊る姿が大好きなので堪能させてもらった。EDトークで、hirokoさんに「腰の揺らし方が良かったんですよv」と言われていた吾郎ですが、それだけでなく甘いエンジェルボイスのソロも聴かせてもらったし・・・なんと言っても、立ち姿がおそろしくセクシーでしたv

あと、慎吾のラップソロでの「十字固め」のときの振りをする前から、あたふたとするところがキュート。かと思えば、そのあとの剛のソロのときの後姿に、男のセクシーさが滲み出ていてきゅ~んとなりました。あぁ、格好いい~~~!!! いやぁ、楽しめましたね(笑) すっごい長文感想・・・書いた私もすごいですが、最後まで読んでくれた方ありがとうございます(爆)

| | コメント (11)

Sign of Love

今週発売の「anan」で堂々の巻頭カラー18P、スマップ特集。三十路アイドルが、いまだにファッション雑誌のトップを飾るという前代未聞のグループ(笑) そして、美しい。若干、手を入れてもらっているかもしれませんが(笑)、元が良くなければ全員こんなに美しく写らないですよー。ドUPに堪えれる、いえドUPだからこそひきたつ5人の美しさに脱帽です。

テーマは「恋のサイン」。三十路のそれも約1名すでにご結婚されている男性たちから、恋のサインを出されても手も出せないという虚しさはあるものの(笑)、なかなか興味深く読ませて頂きました。なぜにスマップの記事を読むと、いろいろ語りたくなるのか・・・彼らがあまりにも個人のオリジナリティを放出しているからですね。

とりあえずグラビアの感想から書いていこうと思うのですが、またすごく長くなりそうなのでその覚悟でお願いします(笑)

表紙の固まったスマップに「きゅん」となるどうしようもない私(苦笑) 吾郎が、しっかり隣の剛と前にいる慎吾の肩を掴んでいるのも「どきっ」としました。なんか、吾郎さん、男前・・・。目に付いたのは、それと右手の中指にされている結構しっかりしたリング。最近、吾郎がペンダントやブレスをするのは見慣れてきましたが、リングはあまりされていないのでこれも見ると「どきどき」しますね。吾郎らしい、シンプルでお洒落なリングで素敵です。決して、吾郎はドクロのリングじゃないわ(爆) まず、ドクロのリングは、細い指には合わない。

中居さん
アーモンド型の綺麗なつり目。完璧な瞳の形だと思います。眉毛は、少し自然に戻されましたか? 「断然」こっちのほうがいいです! ヘアスタイルも綺麗にセットしてもらって格好いいんですよねぇ。本当に、もったいないから、いつもこれぐらい綺麗な中居くんを見せてください。しかし、これほどニットの帽子と手袋が似合う三十路の男性もいないな(笑)

木村さん
格好いいなぁ、やっぱり(苦笑) 木村くんは、自分の魅せかたを知ってますよね。こういうときでも、器用な面が出てくるんでしょうね。ちょっと半開きの口元なんて反則だわ(笑) すごく動きのある人だと思うので、テレビでも木村くんのカットが多く映るのは実は仕方ないと思ってしまう。カメラマンが、ついつい追っかけてしまうんです。

吾郎さん

真っ黒な瞳に吸い込まれそうv 結構、一番男らしい顔をしているのが吾郎。なのに、そう見えないのは生来持っている柔らかいものが前面に出てくるからです。あぁ、でもジャンプ(?)しているときの顔はキュートそのものでしたね(笑) UPの写真より、断然ポーズを決めている流し目吾郎のほうが私は好きです。吾郎は、鋭い顔をしているほうが綺麗。こっちをUPにしてほしかったなぁ。


実は、剛も二重なんだよね(笑) 剛も男らしい顔と思いきや、実は鼻と口元だけを見ると非常に女性らしい顔です(顔かたちは男性そのものなんだけど)。今回の笑っている剛も可愛いんだけど・・・彦一に惚れた私としては、しっぶい剛のフォトも見たかったかな(笑)

慎吾
金髪が日本人なのに普通に似合っている不思議(笑) 慎吾ってごつく見えるけど、実は身体ががっしりしているわりには、顔も小さめで脚も長くて一番モテる身体つきだと思います(笑) まず、スーツがスマップの中では一番似合う人だと思う。なのに、可愛かったりねぇ・・・ほんと不思議な人。

5人それぞれの「恋のサイン」なんですが、本当はこれこそ一人一人語りたいのですが、それをすると何行に渡るか・・・と思い断念しました(汗) それに、吾郎ファンの私があまり他メンの気持ちをいろいろ書くと失礼かなとも思い概要だけにさせて頂きます。あぁ、吾郎のことは後でうざく語るので、吾郎ファンの方は身内ということで許してください(笑)

中居くんは、根が照れ屋なので自分からサインも出さなければ、相手からのサインも気づきにくい。木村くんは、サインを発信するのは大事だと思っていて、出してくれるとそれだけで意識してしまう。吾郎は、回りくどいことはせずにストレート。相手からのサインも計算であっても気がつく。剛は、アイコンタクトで伝えたい。相手からは気づかないことが多いかも。慎吾の出すサインは、わかりにくいかもしれない。相手からもいきなりストレートすぎるのは引く。

こうやって読んでいると・・・まず、自分が好きでサインを出しやすいのは、木村くんと吾郎。そして、相手も自分の事が好きならものすごく早く恋愛が成就すると思います。なんせ、リアクションがわかりやすいので(笑) 逆に相手が自分をどう思っているかわかりづらいのが、中居くんと剛。慎吾は、もしかしたら敏感な女性なら気づくかもしれない。そして、サインが出しにくく恋愛にいくまでに時間がかかりそうなのが中居くん(苦笑) リーダー、このぶんだとまだまだ結婚は先かもねぇ。

そして吾郎ですが・・・
インタビューを読んでいると、吾郎が一番夢見ずにちゃんと女性というものをわかっている気がします。ただ、アイドルの回答としては一番腹立つかもしれない(爆) 女性のことをわかりすぎてておもしろくないんですよ。もう少し、夢見させてほしいのに、あまりにも大人すぎる。そこが、吾郎らしくてまた惚れ直しちゃうんでどうしようもないんですけどね(苦笑) 

女性のことは、とてもよくわかっていらっしゃるはずなのに、なぜかファンにはどうしていいのかわからない稲垣吾郎(爆) ラジオ「ストスマ」のイケTELでもそれは伺いしれるし、テレビ番組の観覧などの様子からもよ~くわかる。最初は、「吾郎くんってファンに冷たい!」とファンに思われていたらしいですが、いまならすご~くよくわかる。実は、吾郎はファンには照れモードがものすごく入る。照れというより「恐怖」(笑)? 応援してくれているのは嬉しいし、何とかリアクション返したいけど、どうしていいのかわからない。他のメンバーのように、気軽に手を振り返したり、微笑みかけたりできない。ものすごいツンデレ吾郎さんで、堪りません!

吾郎ファンやっていると、そこがちょっと寂しいのですが、なぜかそれをも愛する吾郎ファン(笑) 吾郎って、芸能界にいたからああだけど、普通の一般人だったらプレイボーイだったかもね(爆) 女性のことをわかりすぎてて、ものすごい恋愛遍歴を重ねていたかもしれない。芸能人で良かった。そして、ファンの女性のことはわからない・・・という女性に対してミステリアスな部分も持っていたほうが、男としてもいいんじゃないかな(笑)

| | コメント (13)

Welcome Back MFL!

SoftBankのCMの新作更新やら、雑誌「anan」のスマップ特集も素晴らしかったのですが、やはり吾郎ファンとしては、ここだけは今夜外せない。これらの萌えは、後日UPさせてもらうことにして・・・

いやぁ~、ロケ以外での「MFL」を久しぶりに楽しめました(笑) MFLのスタッフの皆様、リニューアルありがとうございます!

少し「ゴロバー」に近いものになりますという松本アナの前情報どおり、小芝居からオーナーの特別登場、そして最後のゲストの方とスツールチェアでのトーク。そして、何を置いても、吾郎がとってもとってもとっても楽しそうだった。以前のどうしようもない悪口のようなバカ騒ぎのときの吾郎の厳しい表情を見ているのが辛かったので、これは本当に嬉しいです。そして、レギュラーの女性陣とも一緒に楽しそうに番組が進んでいくのを見せてもらえて癒されました。

まず、吾郎オーナーの登場シーンから萌えさせてもらいましたよ。いきなり暗転するスタジオ。ものすごい特別扱いの登場の仕方に、「あぁ、吾郎の冠番組だよ(嬉涙)」と身体が震えるぐらい感動した。だって、吾郎が格好いい~~~!!! 「オーナーvvv 大好きv 大好きv」って叫びたくなりました。脚長っ!としっかりそのスタイルの良さを堪能させてもらえるには、やっぱりオープニングはオーナーの全身を映してもらわないとね~(笑) できたら、ここは提供バックが流れるところじゃなくて、本編で流してほしいなぁ。

吾郎オーナー 「諸君、おはよう!

これ、これ、これ! これが、聞きたかったのよーvvv

吾郎オーナー 「そもそも、半年前に世の中の女性たちを応援しようと思って、君たちと一緒にこの会社を立ち上げたわけなんだけどぉ・・・そんなかで僕が唯一わかったことは、世の中の女性に必要なのは、『癒し』!癒しが必要なんだよ。だから、本日より、この『ヒーリングBAR』を開店しました!」

(笑) 
確実に、ファンの皆で提出した企画書アンケート読んでくれてますね(笑) どれだけ、同じこと書いた人がいたことか・・・そのまま使っちゃったよ(爆) そう、他人を馬鹿にしたような笑いなんて、私たちは必要としていません! 「癒し」をこの番組から頂きたいんです! 吾郎がエンディングで、「芸人として一番ダメなのは、下ネタとか臭いとかそういうことばっかり連発すること」と、本当に嫌そうに言っていた。絶対に、以前の企画は吾郎も嫌だったんだと思いますよ。もう、どんどん今後の企画にも他の案も使っていってください(笑)! 

「Goro's Bar」から、あさこさんが今回来てくれたように、あのときのレギュラー陣がたまに顔を見せてくれたりするのでしょうか。楽しみですよね。とにかく、ゲストの方をないがしろにせず番組が進行され、オーナーのコメントをしっかりカットせずに使ってくれて、可愛い笑顔をあますところなく見せてもらいました。「この番組に吾郎いるの(涙)?」って、今回一度も思わなかったなぁ。小芝居では、少しくどいかな?と思ったところも実はあったのですが(笑)、皆で笑って楽しそうにしているのが見ていてとにかく癒されるんです。このままの路線で、細かいところを調整しながら今後も進めていってほしいですね。

あと、ひとつだけどうしても聞いてほしいことがあります。

「やはり、男性レギュラーは入れてください!」

吾郎が進行して、松本アナがしっかりフォローをしてくれるのはこのままでいいのですが、フリートークになったときに女性だけではオーナーのいいところを今もうひとつ惜しいけど拾いきれていないと感じました。やはり、男性はオーナー以外に一人でいいので入れてほしいですね。もちろん、ちゃんと吾郎に上手く突っ込めて、コメントが入れれる人でなければ意味がないんですが。なんとか、これだけはお願いしたいかなぁ。

| | コメント (22)

馬はいいねぇ、うん

先週ゆったりできたのはいったいなんだったんだろう(笑) えぇ、今夜の剛の「ストスマ」は、吾郎からのキャッチボールでした。もう、この勢いでUPしておきます。今回も、しっかり二人の間で交わされた約束のお話で、ツヨゴロも期待を裏切りませんなぁ(笑)

剛のドラマ『任侠ヘルパー』は、吾郎が見ているというのはあちこちで話していたので知っていましたが、1話は生で見て2話以降はHDDで毎週録画に設定しておいたらしい(笑) まだ全部見ていないけど、まとめて必ず見ますということですが。剛のドラマだけでなく、メンバー全員のドラマは最近そうやって録画しておくみたいですね。

吾郎 「でも、結構大変そうだよねぇ、あのぉ、役柄のテンションをキープするっていうのは。だって、普段の自分と全然違うじゃないですか。こう、テンションとかしゃべり方とか。ねぇ、結構、現場で苦労しているのかなぁとも思うんですけど」

吾郎、優しいよねぇ。剛が、吾郎の言葉の合間にすべて「うん」って言っているのがまた可愛いんですよ。「ごろさんも、役者の仕事しているから、わかってくれるんでしょうね」ってすごく剛が嬉しそうだったのも印象的です。吾郎が『任侠ヘルパー』を気に入ってくれていると剛が言っていましたが、このドラマは本当におもしろかったです。私も1話見たときに、鳥肌が立ちましたから。「剛、かっこいいじゃん」って。あまり、剛のドラマでそう感じたことってないんですけどね(笑) これ、嫌味じゃなくて、そういう役柄の剛をあまり見たことがなかったので。吾郎も、同じように感じたんじゃないのかなぁ。

吾郎 「あとね、前に言っていた乗馬!ねぇ、草彅くんが、あのぉ、『BALLAD』のほうで、武士の役で、ねぇ、馬に乗って以来、ちょっとプライベートでも馬に乗りたいみたいなことを言ってて。僕が今度ね、やる映画の『十三人の刺客』で、馬の稽古で馬を乗りに行ったっていうことを話したら、是非、あの、吾郎さん、その馬場の人たちと仲良くなっといてよ(笑) プライベートで乗りに行こうよ!って言ってたんですけど。ねぇ、馬でも乗りに行きましょうか、じゃあ」

おぉ、おぉ、ここでも約束ですか(笑) このメッセージ少し古いんでしょうか。映画を今度やるって吾郎言ってますもんね。剛も、今回の『BALLAD』で初めて乗馬を本格的にしたみたいですが、かなり気に入ったみたいですね。私も、乗馬は大好きですからわかります。剛も言っていますが、生き物に乗るってうのが、もう車に乗るのとは訳が違いますから。車なら自分の思うように運転できますが、馬だと彼らの気持ちもあるから、なかなか思うようにはなりません。それが、またおもしろいんですよねぇ。

吾郎は、一度練習したことがあるので(NHK大河ドラマの『炎立つ』ですよね)、身体が覚えていたとうことですが、かなり馬と相性がいい人なんだと思いました。ドラマの撮影で一度乗ったぐらいでは、なかなか乗馬は上手くならないですが、結構今回の『十三人の刺客』でも上手に乗っていたという話を聞いたのでたいしたもんだと思います。まず、吾郎が白馬に跨っているだけで絵になるしなぁ(笑)

なかなかお休みが合わないかもしれませんが、市村さんの舞台も一緒に観に行ったみたいですし、是非乗馬も実現してください。できたら、私もご一緒したいわ。本当にそうなったら、ものすごい贅沢ですよね(笑) 二人ともイギリスに乗りにおいでよ。本場だし、乗っていても誰も有名人だと気づかないから外乗馬も楽しめると思いますが(笑)? あっ、剛は今週から「ストスマ」担当ですが、今のところ毎日「吾郎」の名前が出てきてます(爆) これ、来週も続いたらすごいよね。

| | コメント (13)

Life Walker

リニューアル前の今夜の「MFL」は、蔵出し未公開映像集だった。なんで、こんなおいしい映像を今まで放送しなかったのかなぁ(苦笑) これを見させて頂いて、おもしろくもなんともないのに、整形企画を延々と流していたのは裏事情があったんですねと確信しました。こういうときは、もうスタッフがどれだけ吾郎の可愛い部分を出したくてもできません。視聴者の声だけが頼りになるんだと思います。来週から、まだまだ大人の理由があるかもわかりませんが、皆さんドンドン正直な声を出していってください。

そんな思いで見終わった未公開映像ですが、萌えが落ちまくり(笑) ファンが、「うさぎさんとの原宿デートの未公開を放送してくださ~い(涙)!」とずっと言い続けたことを、しっかり受け取って今回放送に流してくださったスタッフの皆様に大きな感謝を送りたいと思います。番組の編集って怖い・・・この他にも、今回流してくれた映像を普通に放送してくれていたら、どれだけ毎回萌えていられたことか。某番組にも言えますが、バラエティ番組って企画だけではなくて編集ってものすご~く大事なんですね。


原宿デートwithうさぎさん

本放送で流れなかった、ヨーグルトジュースを一緒に飲む二人。クリームを顔につけたうさぎさんが、吾郎に取ってもらうというおいしい映像。すべて、最後に放出してくれたことに嬉し涙が止まりません(笑) ツボ拾っていたら数限りなくあるのですが、お礼を込めてUPしておきます。

・ 自分も高校生の制服を着る羽目になるときの、吾郎の微妙な顔(笑) 
うさぎさんに、「高校生に戻ってセッ○○するんでしょ!」と言われて苦笑いなオーナー・・・もっとそこは否定しておいたほうがいいんじゃないの(笑)? なんか、強く押されたら何でもOKしそうで怖いんですけど(汗)

・ 着替えたオーナーを下からカメラがパンナップするときの細い脚に萌えv
「全然、違和感ない」と女性社員からのコメントが飛ぶのが、もう三十路半ばのアイドル稲垣吾郎でございます(笑)

・ 吾郎と手を繋ごうと策略するうさぎさん。
でも、すでに吾郎はその行動が読めていて、自分から手をちょっと差し出すのがフェミニスト吾郎だよなぁと。いいなぁ~、普通に私も吾郎と手を繋ぎたいよ(笑) きれいな指っていうだけで握りたいわ。←これは、ちょっとフェチ入ったあぶない意見(爆)

・ 『Pure Berry』のVIPルームにての、大人の会話(笑) 
そんな会話のオーナーの上手なかわし方も大人でしたね。

・ 「原宿Pureドック」がサーブされたときの、吾郎の子供のようなきょとんとした顔が・・・可愛すぎるのよ~vvv
小さいお口で、相変わらずお上品に食べる吾郎が素敵v そして、少し口についたクリームを舌でぺろりと舐める姿に倒れそうに(笑)

・ 「Wヨーグルトマンゴー」を運んできた店員さんが何気にラブラブストローに。
それを見て、「?! こらこら(汗)」と言う吾郎が可愛い。そして、うさぎさんが躊躇するほど、平気にラブラブ飲みをする吾郎。こういときは、本当に男前ですよねぇ。

・ 大暴走うさぎ(笑) クリームをわざと口の端につけて「取ってぇ~んv」(笑)(笑)(笑)
後ろにひっくり返るほどのドン引きを見せつつも、ちゃんと拭いてあげる優しい吾郎v ここの指の細さにも萌えが止まりません!


激辛占い「魚ちゃん」

なんなんですか、この人(笑)? 有名な占い師さんなの? ものすごい言いたい放題なんですけど。当たっているのかどうか知りませんが、まぁ、占いなんて信じたいことだけ信じればいいですしね。女性社員がひどいことを言われるたびに、厳しい顔をしてフォローを入れる吾郎が大好きです。

そしてオーナー吾郎は・・・

「一人で生きてください」

(苦笑) 
何やら、「一人で生きていくことに何ら問題がない。今の自分に不満もないし、そのまま生きていけるが、結婚することによって全部崩れていく」・・・らしい。
まぁ、本人も結婚に執着はないみたいですし、一生独身でも別に構わないと断言していた人ですからそう本人はショックではないと思うけど、自分が決めるのと他人から言われるのではちょっと違いますよね。でも、何やら干渉しないはるかとは相性がバッチリらしいので、結婚しても問題ないらしい(笑)

そう考えると、将来干渉しない女性と結婚も可能ということですから、そう悲観的になることもないんじゃないかな。って言うか、たかが占いの結果のひとつですから(笑) それに、結婚しなくても、とても大事に愛を一緒に育んでいけるパートナーがいればそれで幸せだと私なんかは思いますが。結婚したければ、すればいいんだよ、吾郎。結婚するもしないも、自分で決めたことなら後悔はしないと思うので。

さてさて、来週からは「ヒーリングバー」開業をするというオーナー。どんな番組になるのか、楽しみにしています。

| | コメント (15)

『ほんとにあった萌えな話』

吾郎がリフレッシュしていると、ブログを更新しない私。一緒に休んでしまうのよねー(笑) そんな中、先週の吾郎の「ストスマ」のキャッチボールが慎吾からだったことと、今夜の「ストスマ」はすでに剛担当になっているのですが、イケTELが思わぬツヨゴロだったのでもらさずUPしておきます。

キャッチボールスマップ(慎吾→吾郎) @ストスマ

慎吾 「オッス、おら悟空!慎吾で~す。ごろちゃ~ん・・・ごろちゃ~ん、調子はどうですかぁ?一度も見たことありませ~ん・・・『ほん怖』」

という出だしから、結構『ほん怖』が十周年だとか、「ごろうちゃんは、怖い体験ないんですか?」とか、いろいろ話を広げて聞いてくれています。最近の慎吾の吾郎へのメッセージは、ちゃんと考えているのが多いですよね(笑)

吾郎は、「一回も見てくれてないの寂しいですよねぇ(笑)」と言っていますが、慎吾が怖いのは苦手というのは知っていますしねぇ。仕方ないよね。「その割には、ホラー映画とか僕に見させますよね、スマステーションとかで(笑)」とプチ毒も吐いておりますが、基本的に始終和やかにお返事を返す吾郎。そのあとは、霊に対して真面目な話をする吾郎が、らしくって(笑) 『ほん怖』の収録時にブレイカーが飛ぶことは結構あって、それは慣れてしまったみたいですね。すごく怖がりなように見えて、結構と吾郎は男前です(爆)

う~ん・・・シンゴロのキャッチボールは、最近安心して聞いてられるけど、萌えはものすごく少ないですよね(苦笑) もう少し、ウキウキするようなエピソードが落ちないかなぁといつも期待しているんですけどねぇ・・・この二人は、やっぱり実際目の前で絡んでいないとダメですね。そうなると、強烈な萌えを落とす二人なので。やっぱり、一緒にどこかに出かけてほしいなぁ。

イケTELスマップ(剛) @ストスマ

剛が大好きなファンの方へのお電話だったのですが、ファンの方がテンパっちゃって可愛かったですねぇ(笑) 若いと「きゃ~v」って言っているだけで会話が成り立つから羨ましい。でも、他メンのイケTELを聞いていると、すごくファンサービスが上手だといつも思ってしまう。吾郎も、吾郎らしいと言えば吾郎らしいんだけど・・・もう少しテンション上げてほしいよねぇ(苦笑) 

で、今回何がツヨゴロだったかと言うと、ファンの方が最後のリクエスト曲は、「つよぽんが最近気に入っているスマップの曲でお願いしますv」と言ったことが発端です。

 「あのねぇ・・・ごろさんのソロなんだけどねぇ。(ファンの方「さすがですね(笑)」) あのねぇ、『beautiful』っていう曲なんだけどねぇ・・・知らないでしょ?」

ところが、ファンの方は最近ファンになられたのか、この名曲をご存じない(笑) そこで、剛はメインのメロディを歌って聴かせてあげるほどのサービスを披露します(笑)

 「その曲が好きなの、最近。それにしない?」

ファンの方も、剛がせっかく選んでくれたので「それにします!」ということで、リクエスト曲はこの『beautiful』になりました。吾郎が聞いていたら、「あははは」とまた声出して笑いそうな、剛らし~いエピソードでしたね。・・・どんだけ吾郎のこと好きやねん(爆) もう、ほんとありがとう、剛v 充分萌えさして頂きました。

| | コメント (5)

吾郎 in 京都

日本にいる間に、ブログにUPしたいことがいくつかありましたが、まったく時間がなかった。通常の生活に戻ったので、記録用としてやはり書いておきたかったことは残しておくことにします。若干、話題が古いのでどうぞ読み流してください(笑)

『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』 @anan映画レビュー

この作品は、太宰治の短編ですが、映画ではその他の短編も入れ込んで作られているようです。吾郎自身も、結構と太宰治作品は読んでいるというのが、非常に吾郎らしいと嬉しくなりました。借金まみれで酒飲みで浮気性の小説家である大谷(浅野忠信)と、そんな夫を支えて明るくもたくましく生きる妻の佐知(松たか子)の物語。無駄な演出を省いて小説を読んでいるかのような作品で素晴らしいと吾郎は褒めています。吾郎が好きな作品に仕上がっているようですね。

最近、吾郎は映画レビューのあとにこのようなコメントを入れ込む。

「女性の方たちの感想が知りたいところです」 

やっぱり、ファンのブログを巡っているのではないかと疑ってしまう(笑) 今夜のラジオ「ストスマ」でも、剛の映画『BALLAD』の又兵衛ブログがあることを全く知らなかった様子で、「じゃあ、教えてよ。ブックマークに入れておくから」と言っていた吾郎。PCはあまり開けていない様子ですが、ケータイからネットでいろいろ見ているのではないかと思いました。なので、ご希望どおり感想入れておきます(笑)

吾郎の視点では、男に尽くす佐知の姿に女性は憧れを持つのだろうか、自分は可哀想に思えたということです。「大谷は、究極のナルシストだ。だけど、それが美しくもあり憎めない。でも、そういう人の周囲には犠牲者が出るもんなんですよね」と。吾郎は、それが佐知のような女性だと言いたいんだろう。私は、女性の中にはダメな男に惚れる人が結構いると思うんですよ。(かくいう私も、そういう女になったようなもんだし(笑)) 決して、それが幸せとは思わないけど、だからと言って不幸でもないんですよね。人間誰でも、良いところも悪いところもあるし、完璧な人間なんていない。自分が惚れるところが他人と違っても、そこがたまらなく魅力的に見えることがあると思う。人の幸せなんて、周りから言われてどうこうなるわけじゃないから、自分がよければいいんじゃないのかな。

きっと、この作品の中の佐知も、大谷が周りが言うほどダメな男だと思っていないんですよね。現代とは違う中で生きている女性だから、堪えることも女性は必要であったかもしれないけれど、明るく生きていけるのは惚れているからでしょ。女性が輝くのは、惚れた男と一緒にいるときもあるんじゃないのかな。吾郎は大谷のような男性にはなりたくないらしい(笑) これも吾郎らしくて、あぁ、ちょっと吾郎と付き合ってみたいよと思いました(爆) でも、吾郎にもきっとダメなところはあるんですよね。ファンサービスが物足りないところなんて、まさしくそうじゃん(笑)! それでも、ファンは心から吾郎を愛しているんだよv だから、写真集は出してください!

あっ、そうそう「大谷は、妻に甘えているんだなと思います」と吾郎は言っているけれど、甘え上手も惚れられる要素だと思うけど? 吾郎なら、そんなこと知っててやっているのかと思ってた(爆) 自分の胸に手を当ててよ~く考えてください(笑)


キャチスマ(木村→吾郎) @ストスマ

木村 「もしも~し、拓哉で~す。撮影終わったのかな?まだかな?え~と、京都でず~っと撮影をしているって聞いて、え~、大変だなぁって思ったんですけど。きっと、吾郎のことだから、撮影所の仕事ももちろんちゃんとしているとは思うんだけど、撮影以外の、その京都の時間もちゃんと過ごしていると思うんですよ。そんな、なんか、こぉ、吾郎in京都な感じの、えぇ、トークをここで是非皆さんにお願いします」

いつもよりは淡々とした話し方だったのですが、なんか木村くんの吾郎への忙しい撮影時の労わりをすご~く感じたメッセージでしたねv この人は、本当に吾郎のことをわかってくれてますよねぇ。仕事への取り組み方をさりげなくファンに伝えてくれるのも嬉しかった。あまり、メンバーから吾郎のお仕事に対する姿勢とかは聞けないので。

吾郎からのお返事は、木村くんに時代劇をやるということで殺陣のことを聞いたようです。「『お前、大丈夫?!』とか言われて。ふふ(笑)」というくだりが、すごく蕩けそうに甘い声で、またあてられてしまいました(苦笑) 「『お前、ちゃんとやらなきゃ、みっともないぜ』とか結構言われて。んふふふ(笑)」と続いて眩暈がしました(爆)

撮影以外では、一人で京都の街をふら~っと出ることが多かったそうです。三条とか四条のほうまで行って、帰り歩いて帰ってきたりとかしたらしい。夏の京都ということで、川床で食事はしなかったけど、一人でその辺りを歩いたと聞いて、おいおい・・・里帰り中にハズを連れて歩いたよと嬉しかったり、悲しかったり(苦笑) 川床のお食事は、最高でしたけどね。吾郎が一人で歩いたとそのとき知っていたら、もっと感慨深いものがあったかも(笑)

殿、映画を拝見するのが本当に楽しみですv しつこいようですが、写真集出してください(笑)! 京都で写メとか一人で撮っていたらしいですが、それは誰かに送ったりしたのでしょうか? なんとなく想像できるような(笑) 今夜の「ストスマ」で中居くんの私服写真集に関して、おもしろいけど自分は私服を公表することは考えてないと言っていたけど、普通の写真集なら出してもいいと取っていいでしょうか? 吾郎なら、京都の町並みなんか合うと思うんだよねぇ・・・一人何冊でも買いますから、出してくださ~い(涙)!

| | コメント (15)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »