« スクープ!!! | トップページ | MFLはまだまだ続行中! »

人間の不条理

ちょっと、ここのところ日記がヒートアップしていたので一旦リセットしてクールダウンします(笑) 萌えも大事ですが、吾郎の役者の仕事を追うのはもっと楽しい。そういう部分も、ちゃんと記事にしておこうと思いました。こんなこと言っていて、明日の「スマスマ」で萌えがあったら即効でまたおかしな人になると思いますが(笑)、ちょっと「稲垣吾郎ファンらしい」ことも残しおきます。ここが原点なんでね。


もう、すでに他の吾郎ファンの方から絶賛の感想があがっているし、手にとられたファンの方も多いと思うのですが、ただいま発売中の雑誌『acteur』に吾郎のインタビューが掲載されています。インタビュー自体もとても興味深く、吾郎らしい言葉で綴られていますがグラビアもこれがなかなか素晴らしい。役者の仕事が入ったときの吾郎は凛としている。全身ショットの吾郎は本当に格好いい。もちろんスタイルも良く見た目も申し分ない人ですが、醸し出す空気が「役者」だ。

このインタビューは、3月に控えている舞台『象』を前にしたものですが、吾郎ファンなら是非読んでほしいのであまり詳細は書かないでおきたい。読めばまた吾郎に惚れ直すことは間違いないです(笑) 吾郎は言葉の使い方がすごく上手だし、自分の考えを相手に伝えるのも心得ている。喩え話は秀逸だし、彼が何を考えて役者という仕事に取り組んでいるのか手に取るようにわかる。

ちょっとグッときたのが、自分が幼少のころに感じていた孤独を今回の舞台の脚本を読んで思い出したと語っているところ。昔のほうが、もっとアーティスティックだったとか、傷つきやすく繊細だった気がすると話す吾郎ですが、今は大人になってそういう部分も乗り越えていけるほど強くなったけど無神経になったのかもしれないと。それが、あのアンニュイ時代の吾郎の持っている雰囲気だったのかと思うと、ちょっとまた昔の映像を引っ張り出して「繊細」だった吾郎を堪能してみたいとも思いました(笑) でも、心に重荷を背負ったときに、自分は世間からどう思われたいかという部分では切なくなり、結構いまでも稲垣吾郎という人は繊細なんじゃないかと思ったり・・・。

そして、やはり人前に立つのは好きじゃないと、これだけ舞台を経験しているのにもかかわらず吾郎は断言しています(笑) 小さい劇場だと余計に恥ずかしいということですが、演じているときは微塵もそんなところは見せない。たまに、街中で目撃されると声かけないでオーラを出すのもきっとこんな部分を持っているからなんだろうなぁ。それでも、舞台の仕事は好きだと語る吾郎。彼の中で、今回の『象』をどう捉えて、どう演じてくれるのか本当に楽しみです。

|

« スクープ!!! | トップページ | MFLはまだまだ続行中! »

コメント

kazuyoさんが、正真正銘理想的な稲垣吾郎ファンであることは誰でも承知なので、大丈夫です(笑)。
グラビア、凛としていながら(こう思うのは私だけかもしれませんが)ふんわりと飛んで行きそうな所が、役に入っている?と思いました。
今回のインタビュー、私は感想も書けない位感銘を受けました。
いつも思うのですが、いつにも増して「この人のファンで良かった」と思いました。
舞台、どんな作品になるのか、本当に楽しみです。

投稿: サイトー | 2010/02/22 13:02

私も読みました~
幼少時代のうんぬんのくだりが、すっごく良かった。
なんかすっごくよくわかるっていうか、共感できました。
普段は理屈っぽい吾郎さんってなってますがヽ(´▽`)/やっぱり、感性の人だなあってつくづく思いました。

投稿: とんぼ | 2010/02/22 15:34

Kazuyoさん、ご無沙汰しておりましたが我慢できずに出てきました(笑)

自分の内にあるものを深く見つめ、「象」の中の男と対比させて語っているところは、さすが稲垣吾郎!と感銘を受けました。文中にもあるように、これだけ冷静に自己分析出来るって素晴らしいことですよね。ファンでいることの幸せをしみじみ感じています。

吾郎さんの「・・・じゃじゃ馬を手なづけることは出来るわけだから」のコメントを読んで「象」への期待がさらに高まっています。

投稿: さやか | 2010/02/22 20:11

いつもはあまり雑誌を購入しない私ですが、Kazuyoさんのコメントを読んで都会の本屋さんで中も見ずに購入致しました。買ってよかった!まさに「俳優」の吾郎さんがそこに居ましたね。Kazuyoさんの表現された「凛」としたお姿に、紡ぎだされる言葉に「うっとり」です。インタビューは何度も繰り返し読みたい言葉がたくさんあって読み応えのあるいい文でしたね。月1でもハッとさせられる事が多いですが改めて文章で読むと益々吾郎さんに嵌っていきますね。「吾郎さん素敵」です!

投稿: ピカチュウ | 2010/02/23 00:24

kazuyoさん、みなさん初めまして。
初めてコメントします。
「acteur」よかったですね。
久々に「稲垣吾郎」を感じました。
可愛い吾郎ちゃんとは別のまた好きな吾郎です。

舞台は、正直私の好みとは違う重いテーマなのですが、
吾郎の舞台への姿勢を感じるとると、
すごく興味深い舞台になりそうで、楽しみです。


投稿: 千夜 | 2010/02/23 00:25

久しぶりに読み応えのあるインタビュー記事でしたね。
表紙の記載された雑誌価格を見た時は一瞬買うのを躊躇ったんですが、中を軽く読んだしまったら、自然と足がレジに向いてしまいました。

吾郎ちゃんの今回の舞台に対する意気込みはもちろんですが、難しい内容にも関わらず「是非とも観たい舞台だ!」と読み手を思わせる説明の上手さというか、作品の捉え方が素晴らしいですよね。個人的には非常に好みなジャンルの作品ですし、吾郎ちゃん自身がどう捉えて舞台で表現してくれるのか益々楽しみになりました。

去年撮影された映画の時もそうでしたけど、今まで演じたことのない役柄を得て、演じることの喜びを噛み締めているように感じたので、また役者として一段と奥行きのある存在に成長してくれそうですよねっ。

投稿: ななんぼ | 2010/02/23 00:56

bookサイトーさん
素敵なフォローありがとうございます(笑) 心配しなくても、今夜の「スマスマ」は萌えどころなんて歌の吾郎のヴィジュしかなかったわ(笑) EDトークでの最後の嫌な終わり方も心狭い私はムッとしただけだし。(Twitter内でのファンの皆さんのリサーチのおかげで、共演ではなくただ「一緒のドラマに出演した」ということが判明しただけでも安心しました) 今回のグラビア写真の吾郎は、凛とした中にもどこかへ飛んで行きそうな儚さがあるというのはさすがよく見てらっしゃる。陽の光が磨きぬかれた床に反射して吾郎にあたり、思わず「行かないで!」と手を伸ばしたくなりますよね。だからなのかなぁ・・・吾郎が紡ぐ言葉が切なく感じたのは。とてもつもなく遠い人に感じて嬉しくもあり、寂しくもあり(苦笑)


bookとんぼさん
吾郎の子供のころの話ですが、どうして彼はこんな文学的に言葉を操れるんだろうと思う。吾郎が言っていることを頭で理解して考えると、あぁそうだ・・・と子供ってそういうことがあるよねと思うのに、自分で語ろうとするとこういった表現は出てきませんよね。だけど、吾郎が話すことは理解不可能どころか、すごくわかりやすく自然に頭に入ってくる。これは、簡単そうでなかなかできないと思いますね。とんぼさんが言われた「吾郎って普段は理屈っぽいけど、感性の人だなぁと思う」というのは、すごく共感します。吾郎を表現する根幹かもしれない。皆さん、さすが吾郎ファン(笑) 鋭いですね。


bookさやかさん
上手くあぶり出し成功でしょうか(笑) お忙しいとは思いますが、我慢できないときはいつでも出てきてくださいv きっと、吾郎にしてみたら、こういう風に言おうとか考えてないんでしょうね。これは、もう生まれ育った環境と「天性」だと思いますね。自然に感じたことをそのまま語っているだけだと思いますが、ものすごく私の心を揺さぶる人だ。吾郎の外見が好きとか、吾郎の文章が好だとか言っていても、きっと私は彼の感性そのものが好きなんだと改めて思う。こんな人に生涯のうちで偶然にも出会えた幸運に感謝したいと思います。「じゃじゃ馬を手なづける」ように、『象』を自身で掴み取って舞台の上にあがってきてほしい。待ってます。


bookピカチュウさん
雑誌は個々それぞれ好みがありますから、とりあえず中身を確認して購入されるのがいいというのが当然なんですが、今回ばかりは100%自信を持って吾郎ファンなら必ず手元に置いておきたい一冊になると思ったんです。もちろんファンになるきっかけや、好きになる部分というのは皆さんそれぞれ違うと思うのですが、彼のファンをやっていてこの文章に感銘しない吾郎ファンはいないと私が勝手に思っているだけなんですけどね(笑) 雑誌にしては少々値が張るので、学生さんには厳しいかもしれませんが、多少他の雑誌購入を我慢しても今回はこれを選んでおいて間違いないです(笑) 本当に素敵な人ですよね。


book千夜さん
初めまして。コメントどうもありがとうございますv 初コメントがこの記事というのが、吾郎ファンだなぁ~と。あっ、もちろん萌え記事に乗っかってくれるノリの良さも、私は大好きですが(笑) 今回の舞台演目『象』は、確かにテーマは重いですね。今夜の「ストスマ」で吾郎が舞台の話をしてくれていたのですが、吾郎自身もまだ完全に掴みきれていないところがあると話していました。見どころはこうですと言いにくい、とにかく観てほしいということだったので、吾郎がよく「月イチゴロー」で言う「ファンだから観に行くというには重い作品」なのかもしれませんね。ただ、吾郎の気合はものすごく入っていると語り口で感じました。期待していいんじゃないでしょうか。


bookななんぼさん
きましたね。読んだ瞬間に鳥肌立ちましたから、私(笑) すでに、舞台の板の上に立つ吾郎を想像できるぐらいの感覚を味わいました。こんなこと言うのはあれですが、今回舞台のために日本へ帰国するのは結構無理して帰ります(苦笑) きっと、『象』じゃなかったら今回の舞台は諦めていたかもしれない。演目が決まったときに、自分なりにリサーチをして「これは観ておかないとヤバイんじゃないか」と思ったんですよ。今回、チケットがまだ取れていないファンの方もいると思うのですが、売れ行きもすごかったですし追加公演とかできるのなら考えてほしいですね。吾郎は結構と正直な人なので、今回の舞台は雑誌のインタビューにしろラジオにしろ意気込みを感じるんですよ。貴重な時間を割いて観にきてくれる人の心に残る作品にしたい!と言ってくれた吾郎を信じて、楽しみに待っていることにします。

投稿: Kazuyo | 2010/02/23 05:23

私も萌え~ばっかり食いついていないで、ちょっと真面目なところも見せなくちゃ!と思って出てきたんですが、今回の「象」、不条理劇とかってずいぶん難しそうで、わかるんかいなと心配にもなってました(笑)。でも吾郎のインタビューを読んだら、別にわからなくてもいいのかな、自分の感性で受け止めればいいのかなと気が楽になりました。

  吾郎はちゃんとこのインタビューで今回の舞台についてファンにガイダンスしてくれてるわけですね。一回しか読んでないけど、わかりやすく読んでいる人を自分の世界の中に誘いこむ見事な言葉の紡ぎ方をしますねえ。先日の「忘文」、古川日出男さんの回でも作家に対する興味の示し方、聞き上手ぶりにも感心しました。吾郎も村上龍氏、島田雅彦氏、阿部和重氏など作家の方たちとの交流もあるし、エッセイも出版していますから、「言葉で」表現することへのこだわりが強いのでしょうか。
  余談ですが、私が日本にいた頃、ちょうど吾郎の少年時代に当たる頃ですが、板橋区に住んでいたことがあります。家は吾郎がよく行っていたという中央図書館のすぐそばだったのです。私もよくそこで論文書きをしていまして、ちょっと暗い図書館の廊下ですれ違ったり、吾郎が三島や乱歩やCDを手にカウンターに並んでいたその背後に私が並んでいたこともあったかしらと想像してはニマニマしてます(←ただのアブナイおばさん)。

>ちょっとグッときたのが、自分が幼少のころに感じていた孤独を今回の舞台の脚本を読んで思い出したと語っているところ

私もここきましたねえ。吾郎は過去の番組などでも、中学時代は図書館に入り浸り、テニス部はすぐに辞めて帰宅部だったとか、一人で壁に向かってキャッチボールをしていたなど、寂しげな少年時代の話をしています。そんな孤独の中で研ぎ澄まされた繊細な感性があり、それがジャニーズ、スマップという男の子ばかりの体育会系の世界と生き馬の目を抜く芸能界という厳しい世界の中で、「15歳でもなにげに穢れていたんですよ@メレンゲ」と言わしめるほど、傷つき、葛藤し、一方で自分を必要とする人達と出会い、愛され、守られ、いい意味で大人になったのだなと思いました。そういう過程を忘れずに自分を見つめることができるから、私たちが何度でも惚れ直してしまう現在の「稲垣吾郎」が出来たのだなあと思います。
  近年の吾郎の舞台に正直言って満足していなかったのですが、今回の「象」に関しては、吾郎のインタビューを読むだけでふつふつと期待感が湧いてきます。吾郎の「じゃじゃ馬ならし」ぶり、とくと拝見しようではありませんか。

投稿: kim | 2010/02/23 08:40

お久しぶりにコメントします^^;
私も「子供のころの孤独感を思い出した。」に魅かれます。これ、「象」の記者会見でも言っていましたね。
多かれ少なかれ、子供は孤独を敏感に感じる生き物だと思うんです。だからどんな人でも子供のころ孤独は感じたことがあるんですよ、きっと。でも、大人になるとそれを忘れてしまう。ずるい大人に対する反抗心だとか悔しさだとか、日々の生活で忘れてる・・・忘れてるふりをしてるのかもしれませんね。
吾郎はそれを忘れない人なんだと思います。
「ほん怖」での子供たちへの接し方を前に見たときにふと思ったことがあって、今回もインタビューを読んで、やっぱりと納得した次第です。
記憶がいいことはわかっていましたが、そのときの感情まで無理なく思い出せる人なんですね。
・・・深いわ!吾郎^^
魅力がうすっぺらじゃないからファンはますます深みにはまってしまうんですよねぇ。happy02

投稿: キャロリン | 2010/02/23 10:27

今回のインタビュー、今までになくほんとに心に沁みました。(といっても私は舞台は「謎の下宿人」からなので、それ以前のインタビューは知らないのですが・・・)
心惹かれる言葉の数々、分析力、考え方。
ほんとにファンは惚れ直しますよね。
皆さんのコメントを読んで、きっと吾郎のこの感性に気づいて、共感できる人達が吾郎ファンになるのかなぁ、なんて思ったりしました。
記者会見でも「自分に課せられた使命」と言っていたし、この舞台にかける大きな意気込みを感じます。
初日があくのが楽しみです。

投稿: ドルチェ | 2010/02/23 18:57

Kazuyoさんこんちにわ。
何かと物入りなこの時期、ちょっと購入を躊躇っていたのですが
吾郎の目力に吸い込まれる様にレジへ…でも買って良かったです。
不条理劇という不安もあったのですが、すぐ期待に変わりました。
容姿だけではなく、吾郎の語りとか醸し出す雰囲気が好きなんだなぁと改めて気づきました。
小説家になれるよ吾郎!

投稿: asami | 2010/02/24 00:45

bookkimさん
今回の演目『象』の戯曲本は、吾郎がこの作品をやると決まってから結構とすぐに購入したんですね。でも、冒頭読んで脱落しました(笑) 文章として読むのなら頭に入ってくるはずなのに、これは手ごわい! ちょっと片手間に読んでみるか・・・という作品ではないと感じたので、もう少し時間に余裕があるときに読もうと思っていて、いまだ手に取ってないです(苦笑) これは、演じる吾郎のほうは数倍大変だろうと思いました。kimさんが言う、「自分の感性で受け止めればいいのかな」という言葉に、私もその手でいこうとは思っているのですが・・・いろんな意味で観るのが楽しみですよね。

「忘文」でのお仕事は、吾郎の良さが非常に上手く活用された番組だと感じます。特に、リニューアルされたあとの対談になってからは、ゲストによって微妙に応対を変えて話している吾郎に感心してしまう。ひとつにコメントの巧さもありますが、やはり吾郎は聞き上手だというのがありますね。ゲストの方が気持ち良さそうに自分の考えを話しているのを毎回拝見して、自然にその人個人の良いところを引き出していると感じる。だけど、吾郎流は崩さない。バラエティの進行は難しいかもしれませんが、人をお招きして対談をするというのは吾郎に向いていると思います。「忘文」のスタッフは、そこを見抜いただけでもすごいですね。

吾郎の幼少時代の話を聞くにつけ、この人はもし芸能界に入ってなかったらどんな人になっていたのかなぁと考えてしまう。SMAPとしてグループに参加したときから、中居くんに団体生活を教えられ、木村くんを憧れとして真似をしてみたり、森くんに真の男を見せてもらい、剛に守ってもらって、慎吾に男同士のじゃれあいを教わる・・・そんな仲間がいなかったら、どんな人だったのかなぁ(笑) いろいろ揉まれながら、それでも基本的に持っているものを失くさないで、誰にも染まらずにここまできている吾郎を見ていると、強い個性ばかりが集まったSMAPに入れたのもラッキーだったのかな。自分だけが浮くことがなく、吾郎の魅力を持ち続けられたのかもしれません。
そんな吾郎が、いつも最大の魅力を出してきてくれるお仕事のひとつが舞台ですよね。海外にいると、舞台は毎回観られるわけではないと覚悟をしているのですが、やはりできるだけ多く入れ込んでいってほしいと思う。ドラマでは得られないものを、舞台では得ることが多いと思うので。97年に出会ったつかこうへい氏演出の『広島に原爆を落とす日』との出会いが、舞台の魅力を教えてくれたと今でも語る吾郎。今回の『象』は、偶然にもまた原爆がテーマの演目です。それに「運命」を感じたと熱くラジオで語っていました。心して観ようと思います。


bookキャロリンさん
吾郎は、「過去を忘れずに現在を生きる人」なんですよね。それが、きっと今回の舞台の役にも反映できているのではないかと思います。人間は、世の中で上手く生きていくために嫌なことは忘れてしまおうという傾向がある。でも、吾郎は忘れないで、それをずっと教訓として成長していける。だから、吾郎の言葉にハッさせられたり感銘を受ける。他人をまず受け入れる姿勢も、優しいだけではなくて個人の考えを尊重できるからなんだろうなぁ。いとも簡単なことのようにやってしまえる吾郎を尊敬します。子供たちは、素直に他人の気持ちを受け取るので、吾郎は無理して子供の目線に降りてこない。きっと、彼自身が子供のころに、大人のそういう部分を見抜いていた人だからだと思います。「来るもの拒まず」だけど、「無理して自分の懐に入れない」ところはありますね(笑)


bookドルチェさん
吾郎って、要求されていることを汲み取ってコメントできる人ですよね。ちょっとしたTV誌のインタビューでも結構と考えさせられることを話したりもしますが、仕事の話をじっくり語れるときの吾郎語録は半端ないです(笑) ファッション誌などのようにテーマがいろいろあるのではなく、仕事においてのインタビューはテーマがたったひとつですから、下手したらものすごく退屈なインタビュー記事になる可能性もある。でも、吾郎の中にはいろんな感性のひき出しがあるんだろうなぁ。毎回、新鮮な気持ちで読ませてもらえるのはファンとして幸せですよね。「使命」「運命」という言葉が吾郎から出てくる今回の舞台、初日からとんでもないことになりそう・・・。


bookasamiさん
グラビア写真の吾郎の表情は、舞台のことを話していた気合が入り込んでいるのかな。ちょっと、私もいつもと違う吾郎を感じました。今度の舞台が不条理劇だと聞いたときは、ファンの間でも賛否両論だったんですよね。吾郎の舞台を多く観ている方なら、だいたい自分がどんな感じの吾郎の舞台が好きか分かってきている頃だと思うのですが、私はこうやっていろんなタイプの演目を選んでいくのがベストだと思います。吾郎にとってはいろんなものをやったほうがいいと個人的には思うし観たいですね。「忘文」で小説家の方に興味があると言っていましたね。吾郎は作品を表現する側の仕事だけど、作品を作り出す側は未知のものだし・・・時間があれば挑戦してみるのもいいかも(笑)

投稿: Kazuyo | 2010/02/24 05:13

acteur誌、 high fashion誌読みました。acteurでは幼少時のとぎすまされた感覚や孤独感が自分には思い当たらず幼い頃から知性感性に大差あるなぁとガックリ!別役実の言葉にある解読出来ない部分が人間の豊さ、と受け取れる器が吾郎にはあり、自分はナイなとこれまたガックリ。
にしても「象」は原爆や戦争の悲劇を訴える作品と思い込んでましたが普遍的な人間のサガを突いた作品なんですね。そういう所があって戦争の悲劇実感出来る名作なのでしょうね。
ゴロバーオーナーは人前に立つのが苦手、には見えませんが、多くの古今東西のスターが似たような事言ってますね。いわゆる常に目立ちたがりの人より、スイッチon,off出来る分、強力なのかも知れません。
acteurの写真は役に入り込んだ姿が美しく記録されていて、舞台もいいけどより多くの人に時代超えて見て貰える映画もね〜!と願って止みません。
high fashionはクラシカルな黒の正装の二人が。こちらでは共演者と一緒ですが、相手役紹介する会話にしても、作品の理解助ける言葉と、相手の女性・女優喜ばす言葉が見事なハーモニー奏でてる(笑)。
high fashionは記者の短い吾郎紹介の一言も的確。そう、普通タレントが落ち着いて来るアラフォーにして吾郎は「開花」中。ウィットもオトナの魅力要素に無くてはならないもの。
ところでhigh fashion誌は歴史ある高級誌ですが50周年という節目の年に吾郎掲載のこの4月号もって休刊だとか。webになるそう。中の記事にもありましたがwebだけでは優れたファッション写真は存在出来ずカメラマンも文化も育たない。他の雑誌でも美容院で見たのでうろ覚えですが、「今は映画も音楽も本もベストテンが偏重され、人間は粗野になった・・デリケートなものの価値は無くなり・・デリケートなものこそ命を輝かせ・・女を美しくするのに」苦手なライターさんでしたがこれは同意。ベストテンや視聴率偏向て総中流時代の前世紀の遺物、いつまで続くのでしょうね…

投稿: ミカ | 2010/02/26 21:23

bookミカさん
「high fashion」の奥菜さんとの対談もいいですよねぇ。こちらのほうは、舞台の内容に沿ったインタビューでしたね。今回一緒に共演される奥菜さんの言葉を読ませてもらうと、彼女もなかなか頭の良い素敵な女性のようで吾郎を通じていろんな俳優さんたちを知れるのも嬉しいです。『象』は、ただ単に原爆をテーマとした作品ではなくて、人間の性と言う部分を掘り下げていて逆にそちらのほうがメインのような気がするのでいろいろと奥が深そうですね~。これは、本当に観た人それぞれいろんな違った感想が出てくる気がします。それを読ませてもらうのも今から楽しみです。

吾郎のスイッチは大きいのではなくて複雑なスイッチのような気がする(笑) ここで来る?!とか、今スイッチ替えた?とわかりにくいと言うか・・・ものすごく、あらゆることでアングラ的な匂いを醸し出す人ですよね。あぁ、そういうところも私きっと好きな要因なのかもしれません(笑) 日本の芸術が偏重されてそれが支持されると、文化は育たないと私は思う。それに、一本見事な矢を射てくれる刺客の存在が欲しいですね。それが吾郎に関わってくれることだと嬉しいのですが(笑)

投稿: Kazuyo | 2010/02/28 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スクープ!!! | トップページ | MFLはまだまだ続行中! »