« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

幕末最大の密命!

なんともすごいものを見させてもらいました。

今日、世界に先がけて初の映像、映画十三人の刺客が日曜洋画劇場の始まりで流れました。正直、東宝さんの公式サイトで見れるスポットにおかずが付いたぐらいの映像かな(これだけでも、ものすごい衝撃的でしたけど)と思ったのですが、3分という長さもさることながら、しっかり我らが稲垣吾郎演じる明石藩主、松平斉韶の姿も初披露です。

本格的な時代劇
手に汗握る殺陣シーン
男が命を賭ける戦い

これは・・・男くさい(笑) ものすごく、男くさ~いんですが、見た瞬間に身体中ざざざっ~とチキンスキンになった。恋愛という乙女な部分の隙間が入る余地のないほどのこれは「男」の映画です! 女性や子供にどれぐらい支持を得られるかわからないですが、「クローズZERO」を撮った三池監督作品に共感を得られる女性なら間違いないでしょう(笑)

そんな中で、白馬に跨り、白い着物に身を包み、一人異質な殿の姿。「至上最凶の暴君」を残忍に美しく演じる吾郎に今から期待値をあげておきます。主演の役所広司さんの迫力ある演技に作品が引き締まり、スタッフ、出演者全員の真剣なる本気度合いに度肝を抜かれました。イチ映画作品として、これは期待していいと思います。

BBSのほうに、東宝やイギリスのプロデューサーであるジェイミー・トーマス氏の映画会社の公式サイト情報もあがっていますので、そちらも見に行ってください。

今秋9月25日、公開! 殿、映画館で見届けさせてもらいます!

| | コメント (8)

黒うさぎさんから差し入れもろた

昨日のうちに記事にしたかったのですが、寝不足続きでダウンしました(汗) しっかり、シンゴロキャッチボールも「当然」あげておきます。シンゴロは、映像としては二人だけにすると強烈な萌えを「必ず」落とす二人なんですが、ラジオでのメッセージはなぜか慎吾の照れが見えるんですよねぇ。それが、またシンゴロらしくて好きと言えば好きなんですけど(笑)

吾郎 「どうも、あなたの稲垣吾郎です。(おいおい・・・誰にでも言っているのか~、この魔性めぇ(笑)!) え~、香取慎吾くんでしょうか。あの~、ねぇ、慎吾は、あの~、まぁ、ちょっと前になるんですけど、舞台『象』のほうにも観に来てくれてて、嬉しかったですねぇ。あっ!そうそう差し入れしてくれたんだよね。ありがとうございました。なんか、舞台のキャスト、スタッフに差し入れをしてくれて、そのお礼をしてなかったんで(笑)、この場を借りてお礼をしてみたいと思います、はい。でも、すごいなんか、あの~、ねっ、あの~、結構、慎吾が意外と好きそうな舞台なんじゃないかなぁって、僕の中では勝手に思ってたんですけど。ほんとに、あの~、意外と評価してくれて嬉しかったなぁと思うんですけれども。ねぇ、でも、まぁ、慎吾もちょうど舞台やってて、終わって、ねぇ、今、逆にこの季節っていうのは、少しひと段落ついてるんでしょうかねぇ。まぁ、なんかあったかい季節、最近はまた時間ができてきたのならば、プライベートでどっか行ったとか、やったとかってことがあるんでしょうか。あとですねぇ、この間、なんか、前髪が・・・すごい長かったような気がするんですけど(笑) あれは、エクステかなんかなんでしょうかねぇ、ふふ(笑) 香取慎吾くん、そんなに前髪長かったかな~と思いながら、ちょっとチラ見をしてたんですけどねぇ。「その場で聞けよ!」って話だと思うんですけどねぇ、ファンの方ももしかしたら気になる人もいると思うんで、ヘアスタイルについてもお聞かせ願いますでしょうか」

えぇ?! 差し入れしてくれたことに今、お礼するわけ?!吾郎らしくない!と思ったのですが、これは慎吾のお返事で納得しました。しかし・・・吾郎は他メンのファンの方の気持ちはよ~くわかるんですね。確かに、些細なことすぎて聞きにくいので、吾郎が聞いてくれるとありがたいですよね。そうそう、ヘアスタイルが変わると本人の口から心境とか聞きたいもんなんですよ。吾郎のところには、舞台でのくりんくりんヘアのことすご~くおハガキがいったと思うのにスルーでしたよね(爆) 今度、逆に慎吾がメッセージ残しておいてくれないかなぁ。

慎吾 「はい、吾郎ちゃんからでしたが。まずねぇ、まず差し入れのことから言いますとマカロンをね、吾郎ちゃんのねぇ、『象』の舞台観に行ってねぇ。で、行くときは、こう、まんまと遅刻して行きそうなギリギリで、「やべぇ、差し入れもない、買ってきてない」と。で、(買いに)行けなかったんです。ほんで、終わって次の日かな。次の日にねぇ、ぜひとも差し入れたいなぁと思って、マカロン買ったの。『ピエールエルメ』っていうところの。うめ~のよ。俺、マカロン・・・マカロンってなんだよ!って思いながらさぁ、ぜってぇうまく感じたことなかったの。だけどねぇ・・・ここのマカロンはもうねぇ~、たっけ~んだけど、うめ~のよ!止まんないわけさ。やべ~よ、夜とか食ってたら。気づきゃ、ないよね。それ用だから、すごくいっぱいバァ~って買ってね、あの、マネージャーさんに渡しに行って、ふんで「吾郎ちゃんのところに届けてください」って」

つまり、なぜ吾郎がそのときに慎吾にお礼が言えなかったかと言うと・・・観に行った日は開演ギリギリに入ったもんだから差し入れを買う時間がなかった。舞台のあとは楽屋まで吾郎に会いに行ったわけですが手ぶら状態だったんですね。だから、わざわざ翌日の公演にマカロンを買ってマネージャーさんに「吾郎ちゃんに渡してください」って差し入れておいたんでしょうね。優しいよね~、慎吾。だから、吾郎としては慎吾から直接もらったわけではないので、お礼は次回会ったときにしようと思って機会を逃してしまったんでしょうね。慎吾の「吾郎ちゃんに届けてください」っていう言い方がすご~くかわいかったです。

そして、髪の毛に関してはエクステンションだそうです。座頭市の角刈りの期間が長かったので、伸ばしたくなってエクステにしてみたそう(笑) いろいろ髪の毛は冒険する子だよねぇ。慎吾もちゃ~んと吾郎の質問には全部お返事を入れてくれていい子ですなぁ。

今、慎吾は映画『座頭市』の半端ない番宣猛ラッシュで大変だと思うのですが、体力のほうはだいじょうぶでしょうか? たくさんの人が観に行ってくれるといいですね。番宣の中で何やら「とんねるずのみなさんのおかげです」での食わず嫌いで、スマップのメンバー全員の名前を出してくれた慎吾。が「俺は、慎吾の金魚のフンなんだ」と言ったため剛ぶっ飛ばし事件(爆) 中居くんがゴルフそんなにしているっていうのをタカさんと話しているのを見て初めて気づいた事件(笑) 「スマスマ」の撮りのときに雑誌を読んでいる横でキムゴロさんたちがゴルフの打ちっぱなしに行った話をしていて、「二人で会っているんだ・・・」耳ダンボ事件など(爆) ビールを飲むペースが早くなっていろいろ話してくれる慎吾に感謝でした(笑)

これだけ可愛いシンゴロを普段なら当日にUPするところですが、もう昨日はいろんなことが同時にやってきたのでリサーチに時間が潰れまして(汗)

・ 吾郎の日清食品さん『麺職人』のCM続行で、ハリセンボンのお二人のどちらかと共演! 日清の公式サイトで絶賛投票中!
・ 映画『十三人の刺客』のチラシが配布され、チラシ裏はしっかりカラーで明石藩主の殿姿の吾郎初披露!

そして・・・今日はさらに『十三人の刺客』の公式サイトがOPENされました。萌えが一度に全部やってきた。嬉しいけど、小出しにしてくれよ~(汗)! どれもこれも、吾郎のヴィジュはすこぶるいいです。ライブ前に、プチ吾郎祭りですね♪ とりあえず、この日曜の『洋画劇場』は、DON'T MISS IT!


【お知らせ】
ブログリンクをさせて頂いている、らいちさんの「ROOM No.560」でただいま、『ライブ「We are SMAP!」で歌ってほしい曲』を募集されています。前回は、Twitterのみで応募して盛り上がったのですが、Twitterにはあまり慣れ親しんでいない方も参加したいという声がありブログでも募ってくださっています。締め切りは、日曜夜8時! ほんの1分ほどで参加できますので、是非こちらに訪問して投稿してあげてください♪

| | コメント (8)

Maybe・・・モデルはあなたで

今夜も、「スマスマ」と「GIゴロー」どちらも楽しめたのでガッツリ記事にしておきます(笑) ・・・こりゃあ、本当に毎週大変だわ(苦笑) よって、今回さらにすごい長文記事です。携帯から閲覧の方ごめんなさいね~(汗)


【SMAPxSMAP】

まずは、「本当にあった恋の話」の第2弾後半。吾郎は、再現ドラマは中居くんの脇でチラリと出ただけなのでそこは語るとこはないのですが(笑)、今のくりんくりんヘアから見ると、ものすごい前に撮った映像のような気がするから不思議。こうやって見ても、やっぱり私は今のくりふわヘアのほうが断然好きです。なので、何もツボがないかと思えば・・・V後のコメントで先週と同じく本領を発揮する「薀蓄ゴロー」(爆) 加えて、先週のキムゴロ的と代わってナカゴロ満載!

(木村くんの再現V後)
恋人の携帯電話をこっそり見るのはよくないという流れですが、LINAさんが「見たことある・・・でも、怪しい人のは怪しいことが起こっている!」というのは同意(笑) 何でもかんでも気になる女性は別にして、女の勘ってすごいんですよ。疑ったら携帯電話で調べるのが昨今は一番手っ取り早いわけで、そして男性は「必ず」証拠を残す愚かな生き物である・・・人が多い(爆) だからって、やはり見るのはやめておいたほうがいいですが(笑)

吾郎 「セキュリティになってても怪しいんですかね?女性から見て・・・」
女性陣 「怪しい~!」
吾郎 「ちょっと、今、僕、危険な発言しちゃったんですけど(汗)」 木村くん隣で大爆笑www
中居 「セキュリティを?」
吾郎 「セキュリティに、普通するじゃないですか」
会場 「しな~い!!!」
中居 「あっ、皆さんはしないと思う。たとえばメンバーで言ったら、「拓哉」とか「吾郎」とか入っていたりするわけじゃないですか」 この二人の名前を使うか、リーダー・・・
吾郎 「そうそうそう!」
中居 「落としてしまったら、皆のがわかってしまう。だから、セキュリティをしているっていうフォローでよろしいでしょうか?(吾郎に)」
吾郎 「そう!いいよ!」 (中居に拍手)

これ、素で中居さん吾郎のことフォローしちゃいましたね(笑) そして、フォローしてもらって偉そうな吾郎(爆) う~ん、ナカゴロ最高!

(慎吾の再現V後)

中居 「なんで、あれ相談するんだろうねぇ」
吾郎 「僕、すごいでしょ?お母さん、みたいな」
中居 「お母さん?!」
吾郎 「いや、マザコン的なね。いや、この原理はマザコンの原理ですから」
慎吾 「吾郎ちゃんは、あれなんですよ。SMとマザコンに強いの」
吾郎 「ちょっ(汗)」

慎吾も絡んできます(笑) シンゴロ萌え~。このあと、中居くんが何か吾郎に振ったみたいなんですが残念なことに映像はここでカット・・・う~ん、このあと何かナカゴロ萌えがまだあったんじゃないのかなぁ。

(中居くんの再現V後)

中居くんのあまりにも迫真に迫った「怖ろしいストーカー」っぷりの演技に会場騒然(笑) 吾郎が、中居くんのほうを見て嬉しそうな笑顔。

中居 「今の、嵌り役だった(汗)」 自分で言っちゃう中居さん(笑)
吾郎 「演技的に素晴らしいよ、今の」 こういうときでも、必ず褒めてくる吾郎が大好きです。
中居 「いや、あるもん(自分の中で)、だって」 で、やっぱり照れてやんわり否定する中居くん。
吾郎 「『婚カツ』と『模倣犯』を足したみたいな感じでねぇ。良かった!」 月イチゴローのようですwww

照れて変な踊りをする中居くんに、声を出さずに「な~に、それ(笑)」と言って笑い転げる吾郎の様子もひっくるめて、やっぱりここもナカゴロ萌えです。そして、最後にストーカーにダメ出しをして「こうすればもっと信用が増したのに」と、黒い表情をわざと出す慎吾もおかしければ・・・ 剛 「皆さん、まったく忘れているんですけど、佐々木くんがかわいそうですよね?」 ごもっともの剛のコメントにも笑いました(笑)

そして、ビストロは慎吾の映画『座頭市』の阪本順治監督と、なぜか出演していないのにずっと撮影から打ち上げまで一緒にいたという佐藤浩市さん(笑) こちらは、監督からの心温まるエピソードも聞かせてもらったのに・・・剛、大暴走(笑)! なんか、またスイッチ入っちゃったんでしょうか? おもろいなぁ、剛。

吾郎は、『座頭市』の試写会を剛と待ち合わせて観たらしいのですが、昼寝して待ち合わせの場所に15分遅れてきたと暴露してしまい、「ダメだよ!言ったら(汗)」と珍しく吾郎に強気な発言が続く剛(笑) それを見て悪いと思ったのか、「いえ、僕がそれでイライラしちゃったんですけど(笑)」とフォローするも周りは吾郎の味方(笑) ここは、そういう流れだよねぇ。剛、仕方ないから暴走続行です(爆) いや、笑わせて頂きました。そうなると、逆に吾郎に素直になる慎吾が吾郎の映画の感想をさらに話してくれてプチシンゴロ萌えです♪

最後の歌は、AKB48の皆さんとのコラボ。いや~、華やかですねぇ。そして、その中に入って踊って歌うスマップがAKBの皆さんに感化されてか何割か増しでいつもよりキュートに見えたのは私だけではないですよね(笑)? 吾郎、はりきって踊ってたし、笑顔満載でかわいいのなんのって。極めつけは、縦2列になってカメラ前に順番に出てくるときに、列で待っている間に「どうする?」みたいに顔を寄せて相談しあうナカゴロさんがかわいくてかわいくて、見切れギリギリまで何度もリピしたことは報告しておきますっ(笑)! そして、二人で「あい~ん♪」 かわいすぎる。

何気に「GIゴロー」に来てくれた4人の子達(才加ちゃん、佐江ちゃん、ゆきりん、あきちゃ)を48人の中から探してしまい、全員見届けたときは嬉しかったです(笑) やっぱり、どうしても贔屓目で見てしまう。今後、この中からもっといろんな子が番組に来てくれて「男爵v」って言ってくれるのかと思うと楽しみですね。


【GIゴロー】

こちらも楽しかったんですが、男爵のツボとなると前回が「神」だったのであまりなかったんですね。でも、番組としてはちゃんと笑えるしぬるいグダグダ深夜番組が成立していたし問題なかったと思います。ちょっと、最後の罰ゲーム前あたりからは・・・まぁ、仕方ないですね(笑) なので、今回は後日頂くドルチェさんからのレポを読んでもらえばいいと思うのですが、ツボは何点か落としておきます。

今夜は、ドリンクミックス提案、名づけて『AKBのラブジュース』(笑)(笑)(笑) まぁ、深夜番組らしいサブタイトルだこと(爆)

・ 男爵の絞り器は瀬戸物
ゴロー男爵 「プロセッサーとかミキサーを使うよりも、実際生絞りで、こう瀬戸物のやつでギュっと絞ったほうが僕は好きですね」
河本執事 「かっこええなぁ、おい! 男爵、あの、絞り・・・ステンレスじゃなくて瀬戸物使ってるんですか(笑)?」
山ちゃん 「渋いっ!」

・ 「麦茶+豆乳+ガムシロップ」を混ぜるとコーヒーテイストのドリンクになる
ゴロー男爵 「味は結構いいんですけど、香りがやっぱり麦茶なんですよ」
河本執事 「その香りを何か替えれませんか?」
ゴロー男爵 「お酒として使えば・・・カルアミルクみたいな感じにする」

吾郎って、何気に優秀なフードコメンテーターですよね。別の番組からオファーが来ちゃうんじゃないかと思ってしまう(笑)

・ 「耳なし食パン+こしあん+牛乳」を混ぜるとあんぱんテイスト
ゴロー男爵 「パン焼けば?一回」
河本執事 「香ばしさ出ますか?」
ゴロー男爵 「うん」

すごいな・・・吾郎。もう、男爵自らアイデア投稿したほうがいいんじゃないの(爆)? もう、考えて投稿するの疲れてきたよ(笑) いや、頑張らねばっ!!!

大島 「はい!生クリームを混ぜてみまひょう・・・」
(笑)
大島 「めちゃくちゃおいしいんで!ちょっと、ちょっと・・・男娼(男爵)!」
山ちゃん 「男娼って(失笑)」
ゴロー男爵 「男娼?俺(苦笑)」 ・・・すみません、萌えました(爆)

・ 「カステラ+苺+生クリーム+水」を混ぜるとショートケーキテイスト
ゆきりん&あきちゃ 「せ~の・・・できました~!」
河本執事 「こんな娘になってほしい~」
山ちゃん 「ひなたちゃん!」 (先月生まれた、河本執事の長女)
井上博士 「無理だろう!」
河本執事 「無理だ・・・絶対こんなんなる(春菜を指差す)」
春菜 「(ものすごい変顔して)河本ひなたです!」

ゴロー男爵のけぞって大笑い(笑) 長い脚を投げ出して、まぁ、素晴らしい笑いっぷり(笑)!

ゆきりん&あきちゃ 「男爵!お召し上がりくださいっ!」
ゴロー男爵 「♪えん~きょり~ポスターぁ♪」 (片手振りつけ付き)
井上博士 「おっ!遠距離飲みや」

・ 大喜利イラスト 『今年流行そうな新作水着』
男爵のイラストは??? 一見普通のトランクス水着。
ゴロー男爵 「水着着るとさぁ、水着の跡だけ日焼けの跡がついちゃうじゃないですか。だから、これ、いちおう絵ではわかんないと思うんですけど・・・シースルーなんですよ」
(笑)
山ちゃん 「むき出しの状態になっちゃうんですね(笑)?」

・・・だったら、裸でええやろ!って言うね。自分で「元も子もない」発想を披露する男爵。おあとがよろしいようで(笑)

「GIGoro24052010.doc」をダウンロード

| | コメント (10)

「あなたの前髪、素敵よ」

剛のピンチヒッターで急遽、金曜日の「いいとも」に参戦した吾郎。レギュラーとしての代理なのに、しっかり今回も真ん中から颯爽とご登場。まず、その素晴らしいスタイルとくりんくりんでフワフワの外国人のような容貌に目を奪われ撃沈しそうになりました。思わぬ生出演、本当にありがたかったですね。

いつもは剛がほわわ~んと家族のように参加しているところにいきなり入っていくわけで、前回慎吾がNYでミュージカルをしているときに同じく代理で来たときとは、ちょっと吾郎の中でスタンスが違ったように感じました。・・・乗り切れてない(笑)? 昨年の代理のときは、レギュラー扱いと言えどもコーナーゲストのように参加させてもらったコーナーがあったので、テンションUPUPでいくしかなかったのが逆にハリキリゴローとなって盛り上がりました。今回は、家族の一員に入り込めない吾郎の姿を垣間見て、それもまた吾郎らしくてOKなのではないかと思いましたね。

月曜レギュラーの方は、ロンドンブーツの淳くんが一人で突っ込んで皆が乗っかる形だったのが、金曜レギュラーの方たちはそれこそ大家族のように全員が一斉にコメントを入れてくれる(笑) 吾郎、拾い切れない(爆) タジタジになってしまって苦笑いになるときが多し。いいのよ、いいのよ、吾郎はそれで。前回の代理のときとは、また違った萌えツボがいろいろ落ちてましたね。どっちかって言うと、今回は吾郎のリアクションというよりは「吾郎萌え」させてもらった。ツボもちろん落としておきます。

・ 剛が吾郎のことを「ごろうさん」と呼ぶからなのか、吾郎を「さん」付けで呼ぶ人多し(笑) なんか、癒される。

・ ルーレットを自分で回したほうがいいのではないかと吾郎に提案する春日。
「せっかくですから。あとからブーブー言われてもしょうがないんでね」 (笑) さすが、「MFL」のときに一度準レギュラーとして一緒に仕事しただけあって、吾郎に平気でこういうことを言える春日です(笑) 「おいっ(笑)!」と相方をたしなめる若林さんは、相変わらず優しい(笑) 

・ 「ことわざアレンジ辞典」の今回のゲストは、中尾彬さん。
中尾さんと言えば、97年に吾郎が『特命リサーチ200X年』が日テレで始まるときに、さんまさんの『踊る!さんま御殿!!』に番宣を兼ねてゲスト出演したときご夫婦で出演されていました。結構と吾郎とウマが合う人だなぁと思ったのが、そのときの印象。そのあとも、吾郎を役者としてすごく褒めてくれているのを聞いてすごく好きになった方です。今回も、吾郎の天然に頭抱えてたり、笑ってくれたり嬉しかったですねぇ。

・ 例題『月とスッポン』の「選外」になってしまった吾郎のことわざ作品は・・・『羽田と成田』(笑)(笑)(笑)
なぜ、こうも笑われるのかわからない吾郎。説明しても笑われる。剛とダブって見える吾郎ちゃん(笑) 照れちゃって可愛かったですなぁ。しかし、理由が、「同じ空港でも・・・遠いんですよ」 ゴローちゃんワールド炸裂(笑)!!! 

・ 罰ゲーム回避できず、吾郎も『上げ汁』を飲む事に・・・
中尾さんの「ネジネジ」を触ってのヨイショも不発だったしね(笑) 飲んだ感想は、「なんか・・・しょっぱい!」 これも、的外れコメントだったようです(笑)

・ ドラマアカデミーでの、マジ演技!
決め台詞を言う最後の役ではなくて、父親役で参加する吾郎。ソファに座る吾郎の、まぁ、スタイルの良いこと。膝下からが細くて長くて、黙って座っていると吾郎は「マネキン」のようですよねぇ。迫真の演技をここで見せてもらえるとは思わず、ちょっと感動。

・ 最後の選手権では、まさかの吾郎が最後に決めてパーフェクト!
絶対に、吾郎ファンのほとんどが「きっとダメだよね(笑)」って若干思ってたはず。でも、決めるときは決めていく吾郎。これは、フジの中居くんのドラフェスでのアーチェリーでも何度も見せてもらった。いやぁ、終わりよければすべてよし!がここでも成立しましたね。

とにかく、吾郎らしくレギュラー要員としてしっかり務めた吾郎。剛が、「良かったよ、ごろうさん!」と言ってくれればいいですね。ファンとしては、ヴィジュ上昇中の生吾郎を見せてもらえて非常に嬉しかったです。レギュラー扱いなのに、ゲストに来たときと同じぐらいカメラで何度もUPを抜いてくれたのも、非常にありがたかったですね。増刊号でも、何かおいしいトークが落ちるでしょうか。

| | コメント (13)

迎えにいくけど運転は君だよ

明日は、ドラマ収録でアメリカロケの剛のピンチヒッターで「笑っていいとも」ご出演だそうで、忙しい剛に代わって頑張って責務を果たしてほしいとは思うのですが・・・笑いの神がいきなり降臨する吾郎のことなので心配はまったくしておりません(笑) ありがたく生吾郎楽しませてもらいたいですね。なので、おぉ、ブログ記事が更新できると思っていたら・・・そうでした、今夜の「ストスマ」はキャッチボールスマップ。そして、必ず萌えを落としていってくれる木村さまからだった(爆) 今回もすごいです(笑)

木村 「もしも~し!こちら、T・A・K・U・Y・A、拓哉で~す♪ (すごっ(笑)!) ちょっと、今、DJっぽく言ってしまいましたが。すいません、ごろーさん。え~、まぁ、お忙しいとは思うんですが、あのぉ~、いい加減行きませんか、もう、今年あたり。こないだ、僕、あのぉ~、『ヤマト』で共演さして頂いた緒方直人さんと一緒に行ってきたんですが、はい。あのぉ~、ギリギリ一打差で、はい・・・やばかったですねぇ。吾郎ともし行ったら、どんな会話になるんだろう。それが今すごく自分の中で・・・今、勝手に妄想すると、(妄想(笑)(笑)(笑)!想像って言いたまえ!)うん、あのぉ、笑っちゃう部分ですね、うん。吾郎は・・・俺が迎えに行ったほうがいいか、吾郎が迎えに来てくれるか。で、飯はどんなものを食べるのか。で、昼のランチを入れるのか入れないのか。で、どんな、え~、うん・・・アテンドをしてくれるのか。うん、ちょっと、あのぉ、楽しみなんで、この場を借りて発表をお願いします」

知るかよ(爆)! まず、まだ行ってなかったの?というのと、早く行きなよ。もう何年ごしのお互いのキャッチボールメッセージなのよという♪思いが交差する♪ですよ(笑) 勝手に吾郎とのゴルフデートを「妄想」する木村さん(爆) どう聞いても、愛しの彼女とのデートの計画を話しているようにしか聞こえません! どれだけフォローしようとしても、今回ばかりは救いようがないぐらい「バカップル」の認定をさせてください(笑) 

大体、なんで木村くんが吾郎にここまで冒頭で下からお願いしなきゃなんないですか(笑)! 言えばいいじゃないですか。「ごろー、お前忙しいって言っても、一日ぐらいなんとかなるんだろ?いい加減、俺とゴルフ行く時間空けろよ!」って言えばいいんですよ。 それとも・・・何? 怒らすと、そんなに吾郎って怖いの(爆)? 音符とハートを撒き散らしながらの木村くんのハイテンションのメッセージには、いつもどおりの落ち着いた吾郎がいました(爆) あまりにも長いので全部はUPしませんが・・・この方も、本当にツンデレですなぁ(笑)

吾郎 「はい。そうなんですよねぇ~、なかなか実現がしないと言うかねぇ(笑) もう、ラジオを聴いている人も「まだなのかよ?!」みたいな、ねぇ、感じですよねぇ。(よくご存知で(笑)) (中略) ただ、あのぉ、この間ねぇ、あのぉ、ほんとに実際問題、実際、あのぉ、「スマスマ」のときに誘ってきてくれたんですけどねぇ。そう、まぁ、それが運悪く、ちょうど僕も次の日仕事だったので・・・運悪くっていう言い方も変ですけどもねぇ。まぁ、大事なお仕事なんですけど。な~んか、すごく心苦しい思いをしながら、丁重にお断りをしたんですけど(笑) ふっ(笑)」

笑ってるよ・・・木村くんのお誘いを断るはめになったことを心苦しいと言いながら笑っているよ、吾郎(笑) どんだけ女王さまなんですか?! もしかと思うけど・・・わざと焦らしているってことないですよね(笑)? そういう駆け引きとかしない人だよね!←誰に訴えてるwww まぁ、でも実際考えてみると、木村くんが「ヤマト」の撮影で忙しかったときは吾郎に余裕があって、撮影が終わる頃に吾郎が舞台に立って、それが終わったら木村くんがドラマ撮影に入ってしまったもんねぇ・・・つくづく、お仕事のタイミングが合わない方たちというか。

吾郎 「まぁ、またドラマ入っちゃっているんで、木村くんもねぇ。ちょっと夏ぐらいまでは、なかなか一緒にできないのかなぁ~なんて思うとちょっと寂しいんですけれども。うん、でもね、すごい僕としてはやっぱ嬉しいですね。あのぉ、すごい僕もゴルフが好きなんで、なんか、すごい木村くんもゴルフがすごい好きな・・・ムードというか温度みたいなのが伝わってくるんでね。 (中略) どのようなアテンド? う~ん、まぁ、でもきっと僕が迎えに行くでしょうね。うん、なんか意外と人を迎えに行ったりするの、僕は案外好きなんで。まぁ、僕が迎えに行って、ねぇ、どんな会話をしながらゴルフをするのかっていうのは、ちょっと想像はつかないんですけれども。う~ん・・・ま、なんか、「空気がいいね」とか、「あっ、なんか、花が咲いているね」とか、きっと僕はそんなことを言うんでしょうけれどもねぇ。まぁ、そういったものを木村くんが求めているかどうかっていう、僕のその会話を。ま、そこはちょっと置いておいて。うん、でも、まぁ、ほんとにまたこれ仕事場で会うときと全然違って、違った形の・・・うん、男同士のなんか友達のような雰囲気になるんじゃないかなぁとは思うんですけれどもねぇ。まぁ、一刻も早くこの番組で、ちょっとね、その二人でゴルフ行ってきた~っていう、ねぇ、こうエピソードをお話できる日が来ることを、皆さんも楽しみにしていてください」

結局、ほとんど省略せずに記事にしてしまったよ(苦笑) 最後にしっかり木村くんに優しい言葉をかけるところが・・・さすが吾郎というか何というか。このお返事を木村くんが聞くのかどうかわかりませんが、まぁ、聞いたらまた満面の笑顔になることは想像にかたくない(笑) こうやって、この二人は上手く昔からやってきたんでしょうねぇ。もうどこにも誰も入る隙間がないですもんね(笑) 「男同士の友達」なんて冠つける「友達」ってなんなのよ。吾郎にとってメンバーである木村くんは、どこをどうとっても「男友達」なんだから「友達」でええやん(爆)? まぁ、こんなところ拾ってつっこむのもアホらしいですけどね(笑)

今回の「ストスマ」は、吾郎の語りが短い、曲がフルでかかると私は愚痴りました。今回、ものすごく長いメッセージでそんな心配要らなかった。萌えさせてもらってありがとうですけど、なんか複雑になるのも否めない(苦笑) 木村くんに対する優しさと愛情のほんの何分の1でいいから、ファンにももう少し分け与えてもらえないでしょうか(笑)? 吾郎のお仕事のことやプライベートな事も吾郎の口からもっとたくさん聞きたいし、イケTELで選ばれたファンの方ももう少し話したいはず。吾郎のお仕事の中には、「ファンサービス」も含まれてのタレント商売だと思うよ。そこは、冗談抜きでわかってほしいわ。

まぁ、次回の「ストスマ」で木村くんとのゴルフ話を延々と2週間聞かせてくれるのであれば、こんな愚痴は引っ込めます(笑) あっ、もちろん中居くんとのゴルフも、剛との乗馬やお食事、慎吾との映画話も聞かせてください。そうだ! 吾郎の場合、ストスマは一週間全部「キャチスマ」にすればいいのよね(爆) 月曜から木曜メンバーそれぞれ日替わりで! 慎吾が一週間「イケTEL」やってるんだから問題ないと思うわっ(笑)

| | コメント (15)

♪アイドルなんて好きになると思わなかった♪

あぁ、月曜日のレギュラー番組が二つともツボが落ちたときはブログの記事をUPするのが億劫になりますなぁ(苦笑) 贅沢な悩みとは思いつつも、やはり曜日がずれていてくれたらと思ってしまう。でも、面白くないよりは萌えがあるほうが嬉しいに決まっている! 頑張って更新していきますよ~。

【SMAPxSMAP:本当にあった恋の話 第2弾】

ドラマのほうは、吾郎がメインのしかまだ見ていないのですが、嫌なキャラを演じきった吾郎に拍手~(笑)! あの最後の変顔はいらんかったですが、前半の本当のドラマのような演技を見せてもらっただけで満足かも。まぁ、そして突っ込まれる、突っ込まれる(笑) Vの中の役名までが「ゴロー」だったため、まるで吾郎が「最低な奴」のように言われ放題。まぁ、今回はおいしかったということになるのでしょうか。

そのあとの、木村くんのVでは反旗を翻した吾郎(笑) 剛の的を射たコメントにさらりと言った言葉が・・・

吾郎 「えっ、だけどぉ、拓哉は知ってたわけじゃん?」
 「そうだねぇ~」
木村 「(ちょっ、まてよ(汗)!おいおい、おいおい) 聞いてた?お前。聞いてた?」

観客席から、吾郎の「拓哉」呼びに思わず「きゃ~v」という歓声はどうなのよ?!と思ったけれどGJ!と思った私(爆) 木村くんのVの役名は「拓哉」ではなかったのに、吾郎はさも木村くんの流れで持っていこうとするのも面白ければ、それに怒ることもなく乗っかってきた木村くんも最高でしたね(笑) 

トーク部分が少なかったのはこれまた仕方ないのかもしれないけれど残念ですねぇ。ちょっと観覧の様子も聞かせてもらったのですが、いろいろ群れスマもっとあったみたいなので。しかし、キムゴロ率が多かった今回の収録。しんつよの絶妙なそれぞれ「らしい」コメントも良かったですが、吾郎は基本やはり2TOPに甘えた様子を見せますね。加えて、今回の吾郎の衣装が巻物がないのに襟ぐりが結構開いたインナーで、そこから見える白い肌が桜色に染まっていく様は「ウハウハ」もんでした(爆) しかし、吾郎のコメント絶好調だったなぁ・・・最後の「M男」の話は、自分が少し入ってたね(笑)

吾郎のヴィジュは、ちょっと太って見えたという人もいればそう見えなかった人もいたようですが・・・私は画像を見せてもらったときは一瞬「やはり、少しふっくらしてるか(汗)」と思ったのですが、映像見せてもらうと気にならなかったですねぇ。まぁ、それでも「あと3Kg」は減らしてもらうともっと色っぽいとは思いますが(笑) 気にならなかったのは、吾郎の色気垂れ流しに惑わされたのかもしれません。いやぁ、色っぽかったですね。くりんくりん吾郎も素敵でした。吾郎のドラマV終了直後のUPの表情が今夜一番の吾郎だったと思います。どうぞ、見直してください(笑)

【GIゴロー】

今回は、食べ物ではなくて便利な発明品特集。いやぁ、おもしろかったですね。やはり、食べ物発明紹介とは違って動きが入るほうが楽しくなるんでしょうね。なかなか、こちらの投稿は少ないということなのでどこかでおもしろいグッズを見つけたらドンドン皆さん投稿していってください。

オープニングは、ボツネタの紹介。あまりの「あるある」投稿にゴロー男爵が厳しい顔に(汗) 難しいのよ!案外、出てこないもんなんだって。それでも、皆、番組を盛り上げるためにボツかもしれないけど投稿しているのよ~(苦笑) わかってください、男爵! 井上博士が紹介された3件には「井上勲章」を授与。読まれた方よかったですね。

発明品のほうでは、いろいろ男爵ファンとしてもツボ落ちまくりでございました。まずは、しずちゃんと春菜の「演奏できるTシャツ」。食いついた男爵が試しにしずちゃんのTシャツ前面に大きく張り付いているエレキギターを試してみることに。必然的に、しずちゃんにくっつかないとギターが弾けないわけで、肩を抱いてもらうだけでも羨ましいのにコードを押さえるのに後ろから男爵の手が、手が、手がっ!!! 「あすなろ抱き」の数倍いやらしい(爆)! でも、これも人によるわけで、きっと男爵なら別にいいかも~と思ったファンがテレビ前でたくさんいたに違いない! 加えてその手を止めるために男爵の手を握れるもんねぇ。しかし、吾郎はああいうとき躊躇も見せずやる「フリ」をするのがバラエティを心得ています(笑) そして、女性から手を離すまでは自分から振りほどかないのが「ジェントルマン」ですよねぇ。素敵だわ。

そして、最強なのが最後の「強靭な傘」。男爵の悪ふざけスイッチが思わず入ってしまったら、誰も止められないし予測もつかないおもしろさ。これが、稲垣吾郎の本領発揮の醍醐味です。「スマスマ」でたまに見せるこの「スイッチON」がナカゴロコントではよく見せてもらえたんですよねぇ。いつもなら、髪に触られるのも嫌なのに強風で乱れる男爵の髪! それも半端ない「乱れ髪」(笑)! さらに、頼まれもしないのに「ょおーし♪」と二回目に挑戦して、強風の中のまさかの♪遠距離ポスター♪(by AKB)振りつきで全員大爆笑。昔の「Goro's Bar」時代から一緒のレギュラー陣が「外ロケでも乱れたことないのに」(by井上博士)と吾郎の乱れ髪を本気で心配するほどの壊れようでした(爆)

「S M A P(えすえむえーぴー)的にマズイっ!」 (by 河本執事)

吾郎はスイッチが入ってしまうと、周りが驚くほど自分を捨ててくる(笑) 稲垣吾郎の強みは、この「捨て身(実は天然)」とそんなことしそうにもない「ギャップ」です。これを知っているバラエティ畑の人間には、ものすごく魅力的な人だと思います(笑) 最後があまりにもすごい爆弾投下だったので、ファンとしては心配するも大笑いの放送となりました。周り全員が素に戻って爆笑しているのを見て、吾郎を誇りに思い、やっぱりすごい人だなぁと改めて思った夜であった(笑)

「GIGoro17052010.doc」をダウンロード

| | コメント (8)

それはないよ、ごろーさん

今週からラジオ「ストスマ」は吾郎が担当しています。ファンからのおハガキは今回もなかなか優秀なものばかりなんですが、吾郎ちょっとお疲れ気味だったのでしょうか。語りがいつもより短めで非常に残念なんですが(舞台『象』のおハガキは、すごく素敵な感想を書いてきてくださったのにあれはちょっと短すぎると思います(涙))、キャチスマは楽しみにしていました。今週は、久しぶりの剛からのメッセージです。

 「SMAPの草なぎ剛です。えっと~、吾郎さん、こんにちは(照) 乗馬、早く行かないといけないですね。馬、乗りたいです。連れて行ってください。あのぉ、あと・・・ご飯、どっか・・・豚しゃぶ食べたいんですけど(笑) あのぉ・・・連れて行ってもらえないかなぁって思っているんですけど、えぇ。まぁ、いつも吾郎さんには、いろいろとお世話になってて。あのぉ、まぁ・・・どちらかと言うと、僕、世間知らずのところがあるんでね。吾郎さんには、いろいろと、あのぉ・・・アドバイス頂いてて。ありがとうございます。まぁ、「SMAPxSMAP」の楽屋がいつも一緒なんで。えぇ、あのぉ・・・また、「スマスマ」のときによろしくお願いします。え~、そうだなぁ。その、『十三人のしきゃく』?だったっけ、ごろさん。え~と、タイトル間違ってたらごめんね(汗) あのぉ、映画。三池さんが、しかく、十三人のしきゃく・・・しかく、十三人のしかく。(「しかく」だよ~剛(笑)) あのぉ、三池さんが撮ってくれた映画なんですけど、役どころだったり、まぁ、乗馬だったり、なんかエピソード話を聞かせてください。それでは、じゃあ、またお会いする日まで。サランヘヨ」

むちゃくちゃ可愛いんですけどぉ~(笑) ちょっと、久しぶりに愛しい人にメッセージを残すような剛の話し方がかわいくて、かわいくて。すごく、吾郎に伝えたいことがいっぱいあるのを詰め込んでメッセージにしてくれて、前半のお願いだけでもいいのに映画の宣伝もできるように入れ込んでくれたりと考えてくれています。剛も言っているように、「スマスマ」の楽屋が一緒なのですでに直接話していることだとは思うのですが、こうやってメッセージとして残すとなると照れちゃうんでしょうね。その剛の優しさをしっかりありがたく受け取って、吾郎が映画『十三人の刺客』について語ってくれました。

吾郎 「はい。ということで、「しかく」と「しきゃく」が間違いやすいですよね」

このあと、いろいろ映画のことで語ってくれるのですが、詳細は他の方のレポを見に行ってください(笑) なんせ、私のブログは「萌え」重視なので。でも、とてもいいことを話してくれたので少し箇条書きにさせてもらいます。

・ 映画は完成披露試写会で拝見したが、非常に素晴らしい作品で、こんなに刺激的で引っ張ってくれる時代劇エンターテイメント作品は近年あまりなかったのではないか
・ 変わった役でインパクトのある役を頂いたので責任を感じながら演じた
・ 自分なりにやることはやった

短い語りながらも、殿を演じたこととその役を自分なりに演じきった自信と誇りを感じるコメントでした。これは、秋に公開される映画がさらに楽しみになりました。なので、それはいいです。ただ・・・今夜は「キャッチボールスマップ」だよ、吾郎(笑) 前半の剛からの可愛いお願いは全スルーですか??? 実は、一番吾郎に言いたいことは前半部分なのに、後半に吾郎のお仕事のことも入れ込んでくれるもんだから、吾郎は語ってしまって剛からの個人的なメッセージに返事を返すことを思わず忘れてしまったんだと思います(苦笑) 

おそらく、一緒にお出かけする話などは楽屋で毎回ちゃんと話しているからいいとは思うのですが、少々残念に感じたのは否めない。もちろん、映画の話を語ってくれたことは、吾郎ファンとしてはとっても嬉しいんですけどね。なんだか、剛が不憫で(涙) 韓国語はよくわからないのですが、最後に剛が吾郎に言った「サランヘヨ」って日本語では「愛してる」、英語では「I LOVE YOU」ですよね。たぶん、同性同士でも「大好きだよ!」みたいな感じで使われるのではないかと思うのですが、ちょっと剛の気持ちを考えると切なくなったりして。

せっかく、久しぶりのツヨゴロ間キャッチボールだったので、剛にもしっかりメッセージ残してほしかったなぁ。これ、反対に剛だったら、絶対にお仕事のことは軽く話して吾郎からのお願いメッセージに全力でお返事してくれたと思う(笑) (実際、そういうキャチスマ聞いたことあるし) なので、剛が照れるぐらいの甘いメッセージを残してくれていることを祈ってます(笑)

| | コメント (7)

LA LA LA...LOVE SMAP

なんか、今日は記事にすることがいっぱいあるような・・・


【SMAP LIVE 2010】

まずは、昨夜の段階ですでに流れ出したSMAPのライブのニュースですね。今年は5大都市ドーム公演となるようで、またチケット捕獲が大変だとは思うのですが、皆さん頑張ってくださいよ~。私は、今年のライブは見に行けないので皆さんからの速報お待ちしております。個人的には、来年がデビュー20周年で大きなライブをしてくれると思っているのですが・・・今年のツアータイトルが「We are SMAP!」ときて、「20年で動員数1000万人を超える9月15日の東京ドームにはセレモニーも行われる」なんていうのを読むと、おいおい・・・来年ライブやらない気じゃね~だろうなぁという一抹の不安がつきまとう。20周年は来年だぜっ! スマップの場合は、もう毎年ライブをやってくれる保証が「まったく」ないため本当に計画が立てれないわ(涙) とにかく、今年は無事早めにスケジュールも出してくれたことだし、行ける方は全力でチケット捕獲するべしっ(爆)!


【スマスマ生放送】

木村さんの月9『月の恋人』が今夜からスタートするということで、「スマスマ」も全面タイアップで盛り上げていきます。私が見せてもらったのは歌のコーナーだけなんですが、本番前生放送部分の群れスマも、ビストロもなかなか楽しめたようですね。歌は、もちろん木村くんのドラマの主題歌を歌ってくださっている久保田利伸さんとのセッション。吾郎が格好良くてさ。髪の毛は最近のくりんくりんから、さらにくりんくりんくりんくりんぐらいのパワーがあったよね(爆) いや、それが結構と何故か私のシュミだった。今までで一番舞台「象」のときの感じが出てたかもしれない。どうにも「月イチゴロー」のときのセットがあまり好きではなかったので、ここまでやってもらうと一種のファッションですよ。それは、久保田さんのヘアスタイルを見てもわかる(笑)

吾郎の衣装もまた素敵だったなぁ。私も、結構スカーフ好きなので思わず目がいってしまうのですが、吾郎が動くたびにひらひら、ひらひら・・・天使の羽みたいで。←痛いですねwww ここまでくりんくりんの頭だとまさにラファエロの絵画から飛び出してきた「天使」のようだっ! どうだ!痛すぎて退いちゃうだろう(爆)! それぐらい、今回の歌のコーナーの吾郎は、私のシュミのストライクを突いてきたんでしょうね。衣装も、薄手の長めのジャケットとこれまた長い丈のホワイトシャツの上に黒のウエストコートで変則3ピースですよ。どこぞのプリンスのようでした(笑) スタイルの良い吾郎にとっても似合ってましたね。素敵よ、吾郎v


【GIゴロー】

通常発明アイデア投稿放送に戻った今週のGIゴローですが、皆さんどう感じたんでしょうか。私は、正直、後半はちょっと何がおもしろいかわからなくて盛り下がったんですけどね(笑) ああいう、勢いの瞬発力がいる笑いは個人それぞれでツボが違うと思うので賛否両論になると思うのですが、私は笑えなかった。ちょっといたたまれなくなったというか・・・まぁ、面白かった人もいると思うのでそこは引っ込めておきます(笑)

私の今回のツボは・・・

・ オーナーの目も見張るような衣装(爆) 
あれが着こなせるというのは、相当吾郎はすごいですよね。いや、非常に似合ってました。

・ 相変わらずのぬる~いOPの小芝居。
井上博士のいんちき発明品(今回の商品は、『包真一くん』(笑)(笑)(笑)) しっかり、キャラに入っている井上さんとは真逆に、素の吾郎の対比がおもしろい。ツッコミのキレがいいのはさすが相方の河本さんですよね。

・ 「ひ~らめいたっ!」 (かわいい) 『庶民が喜ぶ新提案餃子』
ゴロー男爵 「にこにこ」 ←なんですか、このかわいい男爵は~。これ、誰かキャラにして投稿してくださいっ!

・ 山ちゃんからの「下克上」炸裂っ!
(その1)
それぞれ、餃子のこだわりの食べ方を披露。
山ちゃん 「私は、あの~、酢にコショウっていう」
河本執事 「あっ、しょうゆなし?」
山ちゃん 「はい、しょうゆなしです。酢にコショウ。これは、ほんと~においしいですよ。ツウの食べ方、酢にコショウ!」
ゴロー男爵 「なんか、こだわりのあるカッコイイ感じに見えない(笑)」
山ちゃん 「ちょ、ちょ、ちょ(汗) 男爵、ちょっと(汗) えっ?!」
井上博士 「人がね。届いてこない」
山ちゃん 「なぜ、俺を辱めるんですか?俺、『人による』って言葉、世界で一番嫌いですからねっ!」
(ゴロー男爵、身体揺らして笑ってますw かわいい・・・)
ここで、河本執事のこだわりの食べ方に移行するも、男爵は山ちゃんを見てまだ「ふっ」と笑ってます(笑)
山ちゃん 「ちょっと(笑)! なんで、話、一段落ついたのに、俺見てニヤニヤするんですかっ!」
ゴロー男爵 「話が中途半端なところで終わってるなぁって思って(笑)」
山ちゃん 「終わらせたのは、あなたですよっ!!!
(ごろー笑い転げ中www)

(その2)
AKBのお二人(ゆきりんとあきちゃ)が提案したのは、ポテトサラダ餃子。男爵に配膳する二人。
ゆきりん&あきちゃ 「男爵!お召し上がりくださいv」 かわいい(笑) もろに、アキバ系メイドさんたち(笑)
ゴロー男爵 「ありがとう」 思わずクールな表情から緩んだ笑顔(笑)

クレーマー友近も笑いましたが、ここでいきなりいつものゴロー男爵のひと言・・・
ゴロー男爵 「でもね、本当においしいコロッケと比べたら、本当においしいコロッケのほうがおいしいかも・・・(笑)」 
(途中から、すでに自分で笑っているごろー(笑))
山ちゃん 「そりゃ、そうですよっ!」
河本執事 「男爵(苦笑) なんだよ!今の?!」
山ちゃん 「もう~、これ、ちょっと・・・誰かね、大人が一回男爵に言って!元も子もないこと言うな!って!!!」
井上博士 「そうですよ。確かにそうですよ。精肉店のコロッケには勝てない」
河本執事 「そんなこと言うな」
ゴロー男爵 「そうでしょ?良いこと言うでしょ?」

吾郎と井上さんが、隣同士に座るとこういう流れも作れるというのは発見ですね。ウスターソースをかけたポテトサラダ餃子を食べたときの、うん?!と見つめ合って「おいしい!」というのも良かったですしねぇ。

あとは、後半の大喜利のようなイラストコーナーは楽しいのですが、今回はちょっと私の笑いのツボにはまらなかった(苦笑) まぁ、前半だけで充分楽しませてもらったので文句はありません。やっぱり、男性陣と絡むゴロー男爵が一番イキイキするかもしれない。女性も出してこその深夜番組だと思うので、いろいろ楽しく見せていってほしいですね。

「GIGoro10052010.doc」をダウンロード

| | コメント (10)

気になるあの子

今夜の「サムガ」はSPということで、いろいろハガキを読んでくれたわけですが、ナカゴロが落ちてきた。もちろん、こぼさず拾いますぜ、リーダー(笑) うちのブログでのタイトルは、「こんなところで、こっそり落とさずに今度はテレビでも話してね」SPです(笑)

トイレで小用を足すときは「手を洗わない」中居さん(笑) 触んないからというのが理由らしいが・・・いや、それでもトイレという場所に行ったというだけで洗ってほしい。おかしいなぁ、すごい潔癖症なところがある人なのにこういうところがあるんですね(笑) あと「朝、シャワーは浴びない」と言い切っているのを聞いて、吾郎が朝夜二度お風呂入るって聞いて「女優だな!」というコメントがわかる気がしました。そして、やっぱり吾郎の話に・・・

中居 「昔ねぇ、なんか、ライブとか終わって、俺、そっこーまず風呂入んのよ。シャワー浴びんないで。稲垣さんは、なかなか風呂入らないですね。で、稲垣さんは、終わったあと、すぐ、その、衣装がTシャツのままガウンを着るんですよ。ま、いいんですよ、ガウン着るの。ふんで、風呂入んねぇ、入りゃあいいのになぁ、気持ちいいのになぁって思って・・風呂は入んですよ。で、なんか、上がってきたらねぇ、なんか裸足でなんかウロウロしているんですよ。足きったねーなって思って。プラス、ガウン着るんですよ。風呂あがったらね。ね、お前、それさぁ、ライブ終わったあと、汗だくのとこにガウン着て、そのガウンもう汚いことになってるんだからダメじゃんって。そういうの稲垣くん、だいじょうぶなんだよね。あいつ、すっげ~ズボラ(爆) すっげぇ、ズボラ、ほんとに。な~んだろうって」

中居さんは、吾郎のおかーさんですか(笑)? 「吾郎はズボラ」(笑)(笑)(笑) 確かにねぇ、すごく綺麗好きなところもあるのに、いきなりそれ?!みたいなところは吾郎はあるかもしれない。でも、さきほどの中居くんのトイレの件を聞くとそっちのほうがどうかと思うけど(笑)、人それぞれ気になるところって違うってことですね。ライブのあと、中居くんに「お前、ダメじゃん」って言われて、「あぁ・・・」とかスルーして聞いている吾郎の画が簡単に想像できます(爆)

そして、最後のオマケはがき。先週に引き続きここがまたおいしかった。

おハガキ 「もし、絶叫マシーンに乗るとしたら、隣に誰がいたら安心しますか?スマップのメンバーから一人だけ選んでください」

これ、おそらく木村さんと答えてほしかったと思うんですけどねぇ(笑)

中居 「・・・稲垣くん。あのぉ、一番ビビってるから自分がしっかりしないとと思えば、怖がらなくて済むのかなぁって」

ほんっと~に素直じゃないのよねぇ、リーダーって。途中で、えらい吾郎のことで話しておいて最後に優しさを見せる中居くんにまたきゅんきゅんさせてもらいました。これがあるから、ナカゴロ好きはやめれません(笑)! あとは、「稲垣くん」じゃなくて、「吾郎」に戻してもらえば言うことないですね。

| | コメント (7)

ごろーの日のイベント♪

5月6日は「ごろーの日」でした(笑) 毎年、なぜか忘れがちになるのですが、今年はTwitterのおかげで準備万端になった。日本の夜中の間にアイコンを一日限定で吾郎にしておいたら、朝起きたら見事に吾郎アイコンばかりだった感動は言葉では言い表されません(笑) 皆、考えることは同じ。そして、無性に吾郎に見せたくなった。(吾郎さん、ついったーやってくれませんかねぇ。あなたが始めるのが一番の「GIゴロー」番宣力だと思います)

そんなついったーで盛り上がる中、うちのブログリストにも入れさせて頂いている「ROOM No.560」のらいちさんがスマップアンケートを実施してくれましてさらに盛り上がりました。ごろーの日には、吾郎出演のドラマランキングでしたが、その前日にもスマファンが選ぶスマップ名曲ランキングで盛り上がりなかなかこれが興味深い結果となりました。


SMAPファンが選ぶSMAP名曲ランキング

結構とマイナーかな?と思えるのも選んだつもりがほとんどが上位に食い込んでいて、結構スマファンの考える名曲って同じなのかもしれないと。とにかく、らいちさんのブログに行って頂けると一目瞭然。これ、メンバーにも見てもらってライブの選曲の参考にしてほしいですね。世間一般のランキングとは「微妙」に違うのがよ~くわかると思うので(笑)

好きな稲垣吾郎出演ドラマランキング

こちらのTOP1は、誰もが納得だと思います。あとは、結構バラけたのかな? なんせ、どれもこれも良くて選べない(汗) リアルタイムで見ていたときは「???」と思ったドラマでも、それぞれに必ず良いところがあったので本当に難しかったですね。見てもらうと、いかに稲垣吾郎という人が作品ごとに違うキャラを演じ分けている人なのかがわかると思います。役者さんにはいろいろなタイプがいると思いますが、これこそが吾郎の強みだと思うので。これ見ると、またいろいろドラマ見直したくなりますよ~(笑)

| | コメント (3)

壊れる男爵

なんていうものを、番組で見せるんだっ! 「GIゴロー」!!! 素晴らしい番組だな、おいっ(爆)!

すみません。もう、番組の構成がおもしろいとか、流れがどうとか・・・関係ないぐらい楽しめました。よって、ちょっと冷静に客観的に見ることができず、通常のアイデア放送と比べてどうだったのか判断できません(笑) ただ、この面子だとやはりこうやってトークで回すほうがおもしろい番組になるのではないだろうかというのは感じましたね。あと、男爵はやっぱり動かせたほうが天然でおもしろいです。座っているだけじゃあダメなのよねぇ。

ゴロー男爵のツボが、これだけ落ちたら今回はとにかく吾郎ファンは思い切り楽しめたと思います。よって、ツボはここに絞らせて頂きます(笑)

・ オープニングでスポンサーさん提供が流れている間の映像!
これ、本編で流れなかったじゃないですかっ! なんか、無駄においしい男爵の様子が映っていたような・・・。山ちゃんの「男爵!悪ふざけスイッチ、オフにしてもらっていいですか?」というのは、ものすごく男爵が「壊れて」いたのではないかと。見たい、見たい、見たい~! 蔵出しに期待(笑)!

・ 今夜のヴィジュは、くりんくりん吾郎さん(笑) 白い上下のスーツに白のスカーフ。
月イチゴローのときより、髪のセットの仕方が好みです。格好いい・・・。

・ 井上博士の「男爵~!」の声に、細い指を口元に添えくりっとした黒目で「あれ?これはこれは、井上博士」(笑) 素敵っ!

・ 片足両手上げの男爵。ザクッ!(効果音) かっこいい~(笑)

・ ゴロー男爵 「メロン凍らして、だんだん自然に溶けてきた中にちょっとブランデーかけてっていうのすごく美味しい」
   ゴロー男爵 「シーザーサラダ作ったときに、のりしおとかのポテトチップスをバラバラってやると食感も含めてよくなる」
男爵、お洒落すぎて庶民にはついてゆけません(笑) 吾郎って、本当に男爵のようなライフをされているんですね(笑) ぴったりのキャラだなぁ。

・ 後ろ向きで階段を上り下りするとヒップアップになるので男爵に試してほしいという投稿は、会議の結果「画が地味」「どうやら、男爵のヒップが見たいだけじゃないか」というあからさまなリクエストのためボツという結果に。
そのおかげで、スーツをまくりあげて形の良い小ぶりなヒップを見せてくれただけでなく、きゅっと締めてもくれるサービス精神旺盛なゴロー男爵。

・・・もっと、どんどん投稿しようぜ、皆(爆)!

・ 友近さんがやっているという仰向けに寝て腰だけ上に突き出すエクササイズ。
誰も頼んでもいないのに、いきなり実践してくれる好奇心旺盛なゴロー男爵。「連打」に眩暈が・・・こんなの見せてもらっていいんでしょうか(笑)?! 壊れていく男爵に、「エクササイズの募集はやめたいと思います」と報告する山ちゃん。

・・・かまわず、応募しようぜ、皆(爆)!

・ チーズがダメだという優樹菜ちゃん。
「あなた、ダメなもの多いわねぇ」「好き嫌い多いわよねぇ~」と、なぜかオネエ言葉になる男爵。どういうキャラですか、男爵(笑)?

影の男爵の郷土愛や笑い方まで教えてもらい(笑)、番組は終了。やっぱり、トークがいいなぁと思ったのは私だけでしょうか。吾郎がとっても素敵で面白くてエロくて(笑)言うことなかったですね。本当は、ちょっともう少しだけ痩せてもらうと顔がしゅっとして素敵だと思うのですが・・・番組はとても楽しませてもらいました。


「GIGoro03052010.doc」をダウンロード

| | コメント (12)

嫌いと言える勇気

「スマステ」は、月イチゴローGWスペシャルでした。今夜は「アリス VS 座頭市」ということで先週から引っ張っておりますが、吾郎のコメントを楽しみにしていました。

まずは、リニューアルされた月イチゴローのオープニング映像。こ、これは・・・吾郎さまのPVかなんかですか(笑)? ものすごく格好良くて、ここだけでもリピが止まらないんですけど。あぁ、テレ朝さんは、とにかく格好いい稲垣吾郎を前面に出してくれることではテレビ局内一番かもしれないっ! 眉間にシワを寄せるセクシーな吾郎のカットがたまりません! これを、公式の月イチゴローの画像にしてもらいましょう♪

今回のラインナップも、なかなか難しかったとは思うのですが(吾郎の中では難しくないのよ。世間のリアクションとか考えるとね・・・)、まぁ、男前でしたよ、今回も(笑) それゆえに、最後の慎吾の満面の笑顔がまぶしかったです。

第5位『ウルフマン』

「新しい部分はまったくない・・・今っぽさもないですね」
「何を見せたいのかなぁっていうね・・・観客に対して」
「すごく繊細な演技をするベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスが、この映画に出ているっていうのがよくわからなかった」
「(良いところであった)エミリー・ブラントは、すごく味方していきたい!」

頭から飛ばしていく吾郎(汗) 言っていることは間違ってないんだけど、冷や冷やしますなぁ。

第4位『第9地区』

「すごく興味あったのに・・・なんか気持ち悪くて。エイリアンって、あまり好きじゃない」
「監督がもう全部作為的で、(低予算ながら)すごく確信犯的な緻密に計算されたすごく評価すべき作品」
「ただ好きか嫌いかって聞かれたら、嫌い」

それでいいんですよ。月イチゴローは、稲垣吾郎が「個人的」にランクを決めるコーナーなんだから。人それぞれ感想なんて絶対に変わってくるので、これが正しいなんてランク付けは存在しないですから。へぇ、彼はそう思ったんだけど私は違うというのはいいですが、いちいち個人を批判されるという因果な仕事ですなぁ、吾郎さん(苦笑) 頑張れ!これからも応援するよ。

第3位『プレシャス』

「胸が苦しくなるような、とても痛々しい重い映画」
「アメリカで生まれて、アメリカで評価されるような映画」
「娯楽作品も大切だけど、こういった作品も大切」

エイリアンよりアメリカはハーレムの深い映画を上位に持ってくる吾郎。らしいですよね。そこに異議はありません。

そして・・・1位はどちらか! この辺りから、もう慎吾の表情がストレスで冴えません(苦笑) 自分の作品を1位にしてほしいけど、これまで吾郎はメンバーの中で慎吾の作品だけは1位にしたことがありません。これはメンバーの中での愛情とかではなくて、吾郎の映画へのリスペクトと慎吾への役者としてのリスペクトの両方を持っているから、毎回ちゃんと嘘を言わず自分の順位を慎吾に伝える。慎吾もわざと、自分の作品のときは「強敵」をかならずひとつはぶつけてくるのも彼のプライドですよね。

大下アナ 「ジョニー・デップ対香取慎吾」 大下さんも煽ってきます(苦笑)
吾郎 「これは、もう僕の基準でいいんですよね?」
大下アナ 「もちろん!」
(慎吾、吐きそうです(涙))
吾郎 「結構ねぇ、ほんとに・・・本当に自分の基準でいきたいなぁって、今回は思って。それが、ひとつの愛情なのかなぁって」
大下アナ 「そうです」
吾郎 「映画に対するね」
(慎吾、下を向いてしまってもう2位を覚悟しています(涙))

第2位『アリス イン ワンダーランド』

慎吾 「おぉ~、勝ったぁ~!!!」 慎吾、嬉しそう!
監督ティム・バートンと俳優ジョニー・デップの作品は吾郎は好きな作品が多いので、慎吾にとってはおおげさかもしれないけど賭けに出たわけです。(この作品をはずすわけにはいかないしねぇ・・・) そんな慎吾の男気に感動したのでどうぞその喜びは噛み締めてください(笑)

「ティム・バートンが好きで観に行くと、ちょっと物足りない感じはあるかも」
「もっと人間ドラマ、勇気や感動みたいなものがもう少しわかりやすくあっても良かった」
「何よりも、溜息つくぐらいな美しい映像と世界観。映画という美術鑑賞をしているみたい」
「(メイク好きみたいだが)素っ裸のジョニー・デップが見たい!」

ものすごく褒めている作品より、吾郎が感動した作品は・・・

第1位『座頭市 THE LAST』

「何よりも、よくやったな!と凄い!」
「本当に格好いい、男らしい、セクシーな香取慎吾」
「映画自体笑えるシーンがあるわけでなく、重い暗い部分が多い中、慎吾が演じるということで明るくなった、光を与えている」
「監督や主演の熱意が、周りの役者さんが引っ張られた」

次のコーナーに行く前に「よしっ!」と大きく肩で息をついた慎吾を見て、緊張していたのねぇと微笑ましくなり、初めて吾郎から1位をもらった喜びを大きく感じました。また世間では心ない人たちにメンバーだから1位とか言われると思いますが、吾郎のコメントにいつも嘘はないです。よく知っているメンバーだからこそ、素晴らしい作品を見せてもらったら感動は大きいし、1位になるべき作品と選んでもそこは文句を言われたくないですね。

それでも、今まで吾郎は慎吾の作品を1位にしたことは皆無です。だからこその今回の1位は大きいよねぇ。吾郎の素晴らしいコメントと、それをひと言も言葉を挟まず真剣に聞いている小窓の中の慎吾の表情にちょっとうるっと涙した私は痛いです(汗) 

最後に映画ではなく吾郎のことだけで言っておきたいことがあるので少しだけ。吾郎のくりんくりんの髪はとっても素敵なんだけど・・・やはりセットの仕方がちょっと中途半端? もう少し自然な感じのほうがいいと思いますねぇ。あとは、腕を組む癖、ほんとうに直してください! これ、髪やヴィジュなんかより切実です。少し前から気にはなっていたけど、最近はもういつでもどこでもしているので久しぶりにダメ出しします。態度が大きく見えるので、こういう自分のコメントをするようなときには本当に気をつけたほうがいい。敢えて、愛をもって苦言はしておきます。


今夜の中居くんの「サムガ」もなかなか面白かったのでUPしておきます。

GW中ということで連休があれば何をしたいですか?という質問に、「海外に行きたい」と言う中居くん。昔は、「俺は日本が一番!」と言っていたけど、彼の興味は和食の心配を置いておいても外に向いているようです。知的海外旅行コースなら、中居くんに向いてると思うな。ちょっと、吾郎と似ているところを持っている人だと思うので。あとは、「ゴルフ」というのも・・・吾郎と海外旅行すればいいのに(爆)

じもPとのゴルフでの不愉快話も、すご~くよくわかった(笑) なんか、奢ってもらえるから俺とゴルフ行くわけ?!って思うよねぇ、それは(笑) 芸能人の友達付き合いっていうのもつくづく大変だなぁと思いました。だから、吾郎と行けばそんなこと起こらないのにとここでも思った私(爆) 

「5人だけのロケで、中居くんが行く先を決めるのならどこへ行きますか?」という質問に・・・

中居 「5人だけで車に乗って、5人だけでひと部屋に泊まるみたいな。これだけ。俺、たぶんひと言もしゃべんないと思う」

最後のは、どうかわかりませんが(笑)、カメラが回っていたらとにかく仕切ってくれると思います。これ、何気に中居くんからの「スマスマ」はゲストなしでこれでいいじゃんかってメッセージのような気がするんですがどうでしょうか?

| | コメント (12)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »