« 「ほんとかな?」 | トップページ | 怒涛のスマラッシュまとめ① »

i+i+i+i+i=We

怒涛のスマップTV出演が続きます(汗) もう、放送された当日に記事をUPというポリシーがさすがに崩れてきました(笑) とにかく、萌えが落ちればあげていきますので記事を毎回読みに来てくださっている方は辛抱強く待っていてくださると助かります。ちゃんと拾っていきますよ~。

と、言うことでやっぱり外せない5人スマップ勢揃い歌番組「ミュージックステーション」。今回は、シングル発売はまだ来月なので来週発売のニューアルバムから同タイトル曲『We are smap』久石譲ヴァージョンのお披露目となりました。作詞は、爆笑問題の太田光さんが書いてくださり、ちゃんとそれぞれメンバーが歌うパートも決めてくださったということで、それを念頭に聞かせてもらうとまた感慨深い一曲になっています。

とにかく、シングルをあまり出さなくなったスマップにとって歌番組自体に出演することが少なくなったのでファンもスマップも初披露は緊張します(苦笑) 今回は、特に難しい曲で歌い上げなければいけないということもありドキドキだったんですが、そんな不安よりスマップの限りないオーラが今回は優ってましたね。感想は賛否両論が分かれる曲で(曲自体は当然素晴らしいのですが)、初聴きは微妙に感じる人も多いと思います。これは、ひと言で言うとテレビ向きの曲じゃないんですよ(笑) でも、今回Mステで披露してもらって、ライブではこの曲でスマップのオーラと凄さを最大限に魅せる曲になるのではないかと個人的に思いました。まぁ、スマップがとにかく格好いいわ。そして、三十路アイドルを惜しみなく超ドUPで撮ってくださる「Mステ」のカメラマンに深く感謝したいと思います。

トークでは、緊張している反動か吾郎がやたらおしゃべりだったような気がするのですが、ちゃんと笑いも誘って良い仕事をしています(笑) とにかく、吾郎のヴィジュがすこぶる良くて、これまたリピが止まらない映像のひとつとなりました。「スマスマ」での新曲ではラフな衣装でセンター分けくりんくりんヘアの吾郎で、外国の少年らしさがあって笑顔満載でキュートな吾郎だったんですが、今回の「Mステ」は黒スーツで決めて上品で美しい吾郎様がいましたね。とにかく、前髪縦ロールが個人的にすっごくツボでしてUPになるたびに楽しませて頂きました(ちょっと、ものすごい光の逆光で見えにくい箇所があったのは残念ですが)。うん、やっぱり吾郎ツボOPから小出ししておいていいですか(笑)?

・ 冒頭、一人一人のドUPはどれもこれも素敵ですが、吾郎の場合動き出した直後の俯き加減のUPが最高です。とっても綺麗!

・ 中居くんのソロのときに、横向きですっと横顔を見せる立ち姿の美しいこと、美しいこと(笑)

・ サビに入るときに、センターの吾郎から全員を映すときの吾郎のUPの憂いある表情

・ 間奏のダンスで5人全員を流れるようにカメラが追っているときの、木村くんが映る前に後ろで映り込む吾郎の少しお口が半開きになるセクシーな顔

・ そして、宇宙をイメージしたようなCGがバックになる吾郎ソロ。もう、ここはCGに溶け込む吾郎をまるごと楽しんでください(笑)

・ 剛の大サビで後ろに従うキムゴロ。吾郎が口ずさむ様子が映っていますが、ここはまぁ男前な表情でキュンときました。

・ 最後の壮大なエンディングに合わせて、フォーメーションを替え最後にバシッと決めるスマップの格好良さにチキンスキンになって終了!

とにかく、いちいち書き出さなかったんですが、非常にドUP率が多い映像でそのどれもこれもが美しく感動します。吾郎のくりんくりんヘアやっぱり好きだなぁ、私。特にこういう壮大な曲にはとってもよく似合う。ちょっと、世界観がある構成には吾郎の纏っている独特な雰囲気が際立ちますね。

シングル「This is love」は、とっても良い曲だし、この「We are smap」は今年のライブへの期待感を高まらせてくれた。スマップってやっぱり格好いいと思えたことを考えると、ちょっと目で見る前までは不安だったけど、選曲間違ってなかったのかもしれない。来月にはまた新曲をひっさげて「Mステ」に出演してくれることを考えると、わざわざこうやってライブ前にオーラを見せつけてくれたのはファンにとっては嬉しいことです。

とにかく、スマップのファンで本当に良かったわ。格好いいもん、やっぱり(笑) 彼らは、昔ながらのアイドルのくさいまでの(良い意味で)大げさなキメポーズもできるし、いまどきのアイドルのカジュアルさも両方持っているんですよね。一緒に楽しんだり、遠い存在に見えたり変幻自在の男前軍団。これからも、ずっと追いかけていきます。


【お知らせ】
少し遅くなりましたが、先週から頂いていた剛BD記事をレポ部屋にUPさせて頂きました。どうぞ見に行ってください♪

|

« 「ほんとかな?」 | トップページ | 怒涛のスマラッシュまとめ① »

コメント

Kazuyoさん、こんにちは。
MステのWe are smap 賛否両論なんですね(笑)
た、確かに、曲の終わりの盛り上がりの辺ではもうそのくらいでいいよ~みたいにちょっと恥ずかしくなってました(笑)
でもKazuyoさんも言われているように、あれがライブ会場なら超大盛り上がりだと思います。
ライブがますます楽しみになりました!!
オーラいっぱいのカッコいいSMAP。そしてくりんくりんの美しい吾郎。
シングルのThis is love も大好きです。スマスマで歌う吾郎も私の超好みでした。そうか~、「外国の少年らしさ」確かに~。
「外国の」もそうですが、「少年」ですよね、「少年」。若い頃の吾郎にタイムスリップしたような気持ちで見てました。
Mステでは吾郎がたくさんしゃべってくれました。「今日は吾郎トーク頑張れっ」て言われていたのかな~。
緊張して何をしゃべったか覚えてないって言ってたけど、私たちファンもかなり緊張してましたから~~(笑)
色々言う人もいるのかもしれないけど、関係な~い、そういうSMAPが好き~~。

あと2週間で札幌ライブ、おそらく私たちの想像をはるかに超える素晴らしいステージを見せてくれると信じてその日を待ちます。

投稿: よっこ | 2010/07/18 23:16

こんばんは~♪
『Mステ』リアルタイムで見ました☆
吾郎ちゃんトーク本当最高ですねぇ!!
何か『面白いなぁ』って普通に思っちゃいました(爆)
そして、今回もうスマさん達の衣装にキュンキュンです♪
スマさん達のああいう格好は本当ヤバイです!!
本当に皆30代か疑っちゃいますよ(爆)
『歌』は、太田さんがああいう歌詞を作られた事が意外でした!!
歌の吾郎ちゃんもイケメンさんでした☆

『レポ』見てきました♪
90年代のスマさん達を知らない私にとっては、すっごくありがたいです☆

投稿: ☆虹☆ | 2010/07/19 00:05

よっこさん
曲だけ聴くと今までにない感じの曲なんで戸惑いもあるかもしれませんね。良い曲なんだけど難しそうだし大仰だし・・・って考えると、スマップでこれ?!と複雑になるのは正直あると思います。でも、どんな曲も自分達のカラーにしてしまうスマップにはいろんな曲をやっていってほしいですね。「花」が売れたあと、同じようなシングルを出されて(テーマがねぇ・・・)、正直うんざりしていたので。この曲は、ライブで感動を呼び起こすような気がするんですよ。週末前にラジオで全曲少しだけ流してくれた番組がありますが、どれも違った感じの曲でおもしろいアルバムになっていると感じました。なかなか質が高いんじゃないでしょうか。ライブ構成も楽しみですよね。吾郎のヴィジュが、最近すごく好みでねぇ(笑) なんせ、色気もバリバリなんで最近の映像はもう何度もリピしてしまって他のラジオや雑誌やCMの感想がなかなかUPできません(汗) SoftBankのCMとかすごくいいのでちょっと書きたいし、雑誌もすごくいいので気にはなっているんですが・・・頑張ります(苦笑)


☆虹☆さん
吾郎は、最近バラエティ番組で腕も磨かれてコメントも冴えてますよね(笑) そんなに、本人はおもしろいこと話しているつもりはないと思うんですが、あの雰囲気で笑ってしまうところはあります。天然って最強です(笑) 「Mステ」のスマップのオーラは半端なかったですね。踊りもバラッバラだし、まだ曲も完璧に自分達のものにしているわけでもないのに、ただ黙って佇んでいるだけで絵になる最強の5人組だと思います。20代の頃の輝くような美青年時代のスマップももちろん格好良かったけど、今の三十路の大人の雰囲気を撒き散らすスマップも私は大好きですね。渋くて堪んないっす(笑) レポを読んでくださってありがとうございます。ちょっとこうやって書いてくれるだけで今後のレポ更新の励みになるのでありがたいですねぇ。きっと、kimさんも頑張ってレポ作成に精を出してくれると思います(笑)

投稿: Kazuyo | 2010/07/19 06:45

>感想は賛否両論が分かれる曲で(曲自体は当然素晴らしいのですが

これ「否」なのは私ぐらいだと思うよ(笑)。ちょっと感想見て回ったけど、スマファンは「賛」が圧倒的で、感動している方が多いので、ここで私が水を注すようなことは言わないでおこうと思ってました。しかしいや待てよ、どれも同じく絶賛というのも怖いことだし、「月イチゴロー」の勇気を見習ってこういう感想もあると書きとめておくことも大切かなと思い直して、、。「we are smap」大好きな方はスルーしてください。

Mステ自体はとても良かったんですよ。Kazuyo さんや他の方もおっしゃるようにスマップカッコイイし、オーラあるし、ビジュアル最高。トークも面白かった。でも曲は、久石譲・太田光という大御所、話題性抜群の方達が作られたにもかかわらず、私にとっては好みではありませんでした。以前も天下のエリッククラプトンに曲を提供してもらい、「スマップにはしっくりこない」と思いつつ、公には誰も何も言えなかったことを思い出しました(もちろんファンは水面下でいろいろ言ってましたが)。

  楽曲のほうは、久石氏がスマップがこれくらいの壮大な曲に値するくらい立派だと認めてくださっているということなので、有難いことなのですがちょっとスマップの身の丈にあってるのかな?と。また太田氏がこの曲を聞いて歌詞をつけたと聞いて、ちょっと太田さん力入りすぎたのかなと思いまして。そういえばこの作詞をするにあたって「滝に打たれた、、、」って話しておられますが。

  吾郎がTokyo Headlineで太田さんの作詞について「すごく新鮮でした。歌詞に堰を切ったような勢いがあり、ミュージシャンの方だと、こういう言葉は歌いにくいから使わないというのがあるんだけど、太田さんの言葉のチョイスにはそういうものが一切なくて(笑)音楽って常にリスナーを裏切っていかなきゃいけないし、それが結果、新しいことにつながると思う。太田さんの曲で、そういうものができたんじゃないかな。」と話しています。相変わらず吾郎の言葉は巧みです。上手に良いところを見つけて褒める。自分たちでは曲は作れない、あくまでも作ってもらうほう、表現者の姿勢としては完璧だと思います。こういうところにまた惚れてしまいます。

でも私は受け取る側だからやはり太田さんの言葉のチョイスにひっかかってしまって。最初の出だしのユニゾンとかはいいんですよ。「君・僕」を多用してメンバーの絆や心情をよく表しているから共感できる。しかし「権利」「勲章」「歴史」といった硬い、政治的な言葉と温度差ありすぎ、スマップには似合わなさすぎ。そして『トライアングル』と同じような匂いがすると思ったら、『トライアングル』が太田さんの好きな曲だと聞いて、やっぱり私と好みが違うのねと納得しました。それから言葉の並べ方がスムーズじゃないので、あまりポエティックじゃない私にはスーッと入ってこないんですよ。吾郎のパートも意味がわかりにくいので感動できない。なんであの歌詞を吾郎に振り分けたのかしら。

  やはり「夜空ノムコウ」や「世界にひとつだけの花」など一般ウケする曲って言葉が易しくて誰でも理解できる歌詞ですね。そういう意味では「we are smap」はもっとわかりやすい歌詞にしてほしかった。やっぱり私は「STAY」派ですね。

  でもまあ「たてながの自由」みたいに演出で化ける曲もあるし、「バンバンバカンス」のように初聞きのときはスマファンの間でも不安の多かった曲でもPVで萌え、一般にも大うけするような曲になることもあるので、この曲もライブの中では化けるかもしれないし、スマも歌いこんでいけばまた違うかもしれません。

Mステのトークは面白かったですね。話題性のある曲の初披露でガチガチに緊張しているスマップさんたちでしたが、そのせいか口の重い中居君を喋らせてくれたベッキーもGJでしたし、木村君のとっさのジョーク(ベッキーママが吾郎にメルアド渡した件)に阿吽の呼吸で乗って話を盛り上げる吾郎も良かったです。ミニステとか他にも面白いところあったような気がするのですが、見直してないので忘れてしまった~。また見直してから書きにきます。
ともあれ、ソフトバンクのCM、雑誌祭り、「十三人の刺客」チラシから予告映像など萌え要素が次から次へと出てくるので追いつかないですね。皆さんも情報どんどんBBSにお寄せくださいね。


投稿: kim | 2010/07/19 10:11

コメント遅くてスイマセンMステ賛否両論あったのですね。私の第一印象は「SMAP主演で(アニメでね)ジブリ映画の主題歌できるじゃん」とジブリ印象でした(笑)最後のフィナーレはちょっとTVでは引いちゃいましたがKazuyoさんがおっしゃるようにコンサートでは素晴らしく見せて頂けそうですね(頑張ってジブリっ子、慎吾!)吾郎ちゃんが最初顔色悪そうで笑顔がなくきつそうで心配したのですが、直前迄コンサートリハーサルと久々の出演での緊張との事で納得。でもいろいろトークで盛り上げたり笑顔見せて頂けてちょっと安心(ホッ)でも歌って踊るSMAPはやっぱり最高黒スーツでブルーライトの照明を背景に立つ5人が美しいですね!SMAPのオーラが違う。SMAPだけが纏うオーラなんですね。吾郎ちゃんが纏う品のある美しさとエンジェルボイス、クリンクリンヘアーに真っ黒な瞳。まるで歌う天使さま。やっぱりジブリ見てみたくなりました(笑)個人的報告でスイマセン、パソ壊れましてしばらく携帯でお邪魔します。Kimさんレポ直ったら拝見させて頂きますね。

投稿: ピカチュウ | 2010/07/20 00:04

kimさん
この曲が、初めてラジオで披露されたときには、ほとんどのファンの方が「微妙」と言ってました(笑) やはり、聴いた瞬間今までにスマップでは聞いたことなくて驚くんですね。それを受け入れるか受け入れられないかは個人差があると思います。正直、私も初聞きは「えぇ?!」だったんで(苦笑) だから、kimさんのコメントを読んで頷いている人も多いと思いますね(笑) でも、こうやってテレビで披露してくれて、じっくり聴いてみて案外好きになった人も多いんじゃないでしょうか。

とは言え、もしこの曲をシングルカットにしますと言われたら厳しいです。これは、あくまでアルバムの中のひとつで大きな会場でファンを前に歌うスマップありきでの曲だと思うので。「トライアングル」が好きではないという意見はわかります。ライブでいきなり披露してくれたときは感動だったんだけど・・・シングルとして売り出したときに、やたら世界平和を全面に出してきて萎えちゃったんですよね。そういうのを歌っていいのは、マイケル・ジャクソンかジョン・レノンぐらいでしょ(笑) けっして、SMAPが歌うテーマではないわ。エリック・クラプトンが作ってくれた「友達へ」も良い曲なのに、スマップじゃなくてクラプトンが歌えば良かったのにと思ったクチです。これは、でも歌詞がいいんですよね。だから、アレンジ次第では非常にスマップに合っている曲に成りえるものだったんだと思います。その良い例が、2年前の「モダスマ」ライブでのアレンジだった。

今回の「We are smap」に関しては、個人的には歌詞がこの壮大すぎる曲調にも浮いてないと思う。歌詞を追ってみるとちょっとアドベンチャーというかRPGのような世界観なんですが、実際はひじょうに身近なことを婉曲的に表現しているんですよね。あぁ、もしかしたら太田さんは、今までのスマップのことや現状いろいろ言われる彼らのことを歌詞に入れ込んでくれたのかなと思った。そう思うとなんだか聴いていると泣けてきて(苦笑) 「STAY」ほどストレートではないけれど、言いたいことはこの曲は同じだと思います。けっして、「トライアングル」のような世界平和がテーマではないわ。ただ、まぁ、やはり好き嫌いは個人差が出る曲ではありますね。私、結構ひねくれもんで複雑なものが好きだから(海外アーティストの曲でも様式美のハードロックとか大好きだし(笑))、気に入ったのかもしれない。

そりゃあ、万人受けしようと思ったら「STAY」のような曲を入れ込むことのほうが正しいと思います(笑) kimさん、違う意見としてコメント入れてくださってありがとうございました。私は、今回のアルバムは少し全曲聞きかじったんだけど、まさしくいろんなタイプの曲がぎっしり詰まっていて、この「We are smap」もその中のひとつなんですよね。以前、木村くんがラジオでスマップのアルバムについて「全部好きになろうと思わなくてもいい。自分が好きな曲だけ何度も聴いてくれれば」というようなことを言ってました。今回のアルバムは、きっとまさにそういった聞く人がチョイスして楽しめるアルバムになっているんだと思います。質は、間違いなく半端なく良いと思う。どれだけ自分が気に入った曲が入っているかは聞く人次第。ある意味、すごいチャンレジをしてきたのかもしれない。私は、心をまっさらにして全曲聞かせてもらいます。どの曲が一番心に響くのか楽しみ。


ピカチュウさん
きっと、ファン以外の方は今回の「Mステ」を見ていて、「どうしちゃったの?!スマップ?!」と引きまくりだったと思いますね(爆) 何がしたいのかわからないと思う。もしかしたら、これがニューシングル?って思った人もいただろうし、スマップどこに向かっていってるの?と思われたと思う。それでいいんじゃないでしょうか。スマップは、型にはまりきったグループではなくて、チャレンジしていくグループなので。(ただ、こういう冒険はシングルでは、「絶対」に持ってこなくていい) その答えは、今年のライブで結果を出してくれさえすればファンとしては彼らを誇りに思えるので。構成次第では、この曲は思い切り化けると思います。楽しみですよね。まぁ、いろいろ薀蓄並べてますが、何よりスマップ全員がヴィジュがいいのが嬉しいんですよ、私は(笑) これが、DVDになるんだと思うと嬉しくて、嬉しくて。(あっ・・・吾郎は、もう少しだけ絞ってくれたら言うことないですが。今でもお美しいですけどね(笑)) PCが壊れたということですが、まだ買ったばかりじゃなかったでしたっけ?! 早く修理されて戻って来ることを願ってます。

投稿: Kazuyo | 2010/07/20 04:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ほんとかな?」 | トップページ | 怒涛のスマラッシュまとめ① »