« 深夜の白糸の滝 | トップページ | ミスター麺職人の悩み »

史上初のどっきりドラマ

昨夜は、スマップの「毒トマト殺人事件」の前半部分(ドラマ前(笑))のリピが止まらず、とてもじゃないけどちゃんとした感想がUPできませんでした。とりあえず、テレ朝さんの努力とスマファンへの贈りもののような特番に敬意を表して即感だけUPしたのですが・・・1日限定感想読んでもらえたのかな(笑) 断言したとおり、昨夜の感想はひっこめて完全記事に差し替えます。

2時間がっつりドラマを放送するとは思っていなかったので、おそらくメンバーがドラマを見ているところもしっかり放送で流してくれるとは思っていたけどおいしかったですね。それも狭い部屋にスマップ5人を押し込めてプライベートで皆で見ているようなテレビスクリーン一台で見せるという設定も上手いなぁと。だって、必然的にスマさんたち群れてましたからね(笑)

スマップの特番と言えども、ヲタが喜ぶ編集にしても仕方がないというルールをあっさりと飛び越えて「バラエティ番組とはおもしろく作ればいいのだ!」というバラエティ部門の誇りと自信を見せつけてくれました。少しブログやツイッターでファン以外のコメントを覗いてみたら、ものすごく好評でしたね。ヲタが喜ぶ編集なんて作って数が取れるわけがない、一般の視聴者が見るわけがない・・・そんな考えでいらないゲストを放り込んで、スマップが群れているところはことごとくカットなんていう番組に挑戦状を叩きつけて結果を出してくれた「がんばりますっ!」のスタッフに心から拍手と感謝を贈りたいと思います。

2時間SPで、いろいろファンが喜ぶツボがたくさん落ちてきたのでそれを細かく書いているときりがないのでおおまかに感想あげさせてもらいますが、メンバーそれぞれのドラマの役設定を前半に入れ込んでくれて、尚且つその様子をメンバー全員に見せてリアクションを撮るという間違いない企画を放り込んでくれました。木村くんが「見なくてもいい(笑)」と言っていたのは、まんまとドッキリに引っかかってしまったのが悔しかったんでしょうね。とても彼らしいと思います。チャレンジの途中で、ドラマの撮影も入れ込むという荒業に対してのメンバーの感想もそれぞれで非常に興味深かった。


中居くんと慎吾は、撮影時にスタッフが冷やりとするところがあったのにもかかわらず、二人ともスルーしてくれたんですよね(笑) もちろん、中居くんが言っていたようにこれが後にドッキリドラマに繋がるとは思っていなかったとは思いますが、勘のいい二人のことだから「何かある」とは絶対に感じたと思います。でも、「わざと」気づかなかった、見なかった振りをしてくれたんですよね。この辺は、この二人は本当に考え方が似ています。

木村くんと吾郎の、「ぬっくん」のくだりは、こう言ってはなんですが・・・あれは完璧に「CG」処理だと思います(爆) この二人なら気づいた段階で、「何やってるの?」と必ずスルーせずに言いますから(笑) 空気を読まないとかじゃなくて、素直に思ったことはすぐに言葉に出しちゃう人たちなんで、まず気づかれた時点でOUTだと思うので、トマトのへたを木村くんが取るところも、吾郎の真横でぬっくんが顔を出すのもCGでしょ。(夢がなくて申し訳ないけど、そうとしか考えられないので) バラエティなんだし、最後に「CG処理をした箇所があります」とちゃんと出していたので「やらせ」でもないからこれぐらいはいいのではないかと(笑)

に関しては・・・間違いなく「本当」に気づいてなかった(爆) これは、剛の素直な性格と全力で走っているときに周りなんか気にしないという一本気の性格のおかげで撮影が続行できたんだと思います。木村くんが言っていたように、スタッフがちゃんとメンバーの性格をわかった上での撮影だったと思いますね。

後半のドラマ自体は、ありえない設定な上に良い意味で馬鹿らしいドラマ作りが、これはバラエティ番組ですよという意味でも成立していたのではないかと思います。なんだかわかんないところも、後日あろうことか未公開部分もさらに入れ込んでDVD発売をしてくれるというのが・・・はっきり言って本元スマップのマネージメントより頭がいい商売だと思います(爆) ファンが喜ぶことを、ファンが要望を出す前に考えてくれるというのは素晴らしすぎて言葉がありません。なんだか商売上手で嵌められた感もありますが、こんな嬉しいことならどんどん嵌められてもいいですよね。

ドラマ部分は、吾郎はカラオケの中で歌っているだけなのであまり絡むところはないだろうと思っていたら、まさしくその通りだったんだけど(笑)、もうこれは仕方ないです。理由がわかるから別に文句もない。でも、それじゃあ、あまりにもということでちゃんと「ぬっくん」こと温水さんが吾郎のファンになってくれるなんていうおいしいエピソードを入れ込んでくれたところに愛を感じます。

前半部分のところでは、吾郎の意外な(世間には)部分で、しっかり自分の意見を伝える、嫌なものは嫌と断る(決して吾郎はYESマンじゃないですよね(笑))、そして真面目で最後まで諦めることをしない人なんだというのをファン以外の人にも見てもらえたのは嬉しかった。ヲタ的には、吾郎が拒否る言葉を淡々とスタッフに伝えるところで、ぞくぞくするぐらい萌えさせて頂きました。これが、いわゆる私の吾郎に向ける「M」の部分なので(爆) ごろーさんに怒られてみたいってやつですよ(笑) そうかと思えば、ベリーキュートな満面の笑顔とかヲタにはたまんない吾郎が満載でしたね。

とにかく、群れるスマップ、ただそれだけを入れ込んでくれた「がんばりますっ!」のスタッフには感謝、感謝です。今朝の新聞にライブ前に出すアルバムの宣伝記事が掲載されて楽しそうに固まって微笑むスマップの写真に心底癒されました。吾郎が真ん中で2TOPのかすがい的役割をして(笑)、シンツヨが端でしっかりガードしている画が来るべきスマップのライブへの期待感を大きくさせてくれました。今年のライブも、きっとスマップ一丸となって素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるはず。地球のアルバムジャケ写は???ですが(笑)、変な平和スローガンとかぶっこまずにストレートで攻めていけ! それが、SMAPの基本だよ。アルバムもライブも楽しみにしています。ファンに「We are SMAP!」と大声で叫んでください。あっ!デビュー20周年は来年だから、そこんところは頼んだよ(爆)。

|

« 深夜の白糸の滝 | トップページ | ミスター麺職人の悩み »

コメント

kazuyoさん、こんにちわ
一日限定なのですね(笑)
私も同じくドラマに関しては「まあ、こんな感じで・・・」的な感想です^^
 スマ達を使って、ここまで遊んでくれたテレ朝さんには本当に感謝!!前半部分の彼らの素の部分が垣間見れて、とっても楽しかったです。
今までにないって、本当にこういうことですね。こんな企画を考えた人にも拍手です~。完全版、早く発売にならないかしら~。
 吾郎の拒否り方も、とっても凛々しくて・・・担当者には申し訳ないけど、面白かった「ヤダ」「嫌い」って(笑)

投稿: むっちー | 2010/07/02 19:03

こんばんは~♪
『毒トマト殺人事件』本当テレ朝さんに感謝です☆
最初の役設定説明、楽しかったですねぇ♪
SMAPさんマジで可愛いです☆
ドラマはちょっと『???』な所もあったのですが(爆)、楽しめました♪
吾郎ちゃんがスタッフさんに自分の意見をズバッと言ってる所は、もうキュンキュンしてました☆(笑)
今回の放送で、さらに吾郎ちゃんに惚れました♪
DVD発売もあるという事で、めちゃくちゃ嬉しいですねぇ☆

投稿: ☆虹☆ | 2010/07/02 23:16

むっちーさん
一日限定記事の段階でコメントを残してくださってありがとうございます(笑) 基本、そう言っていることは変わんないですが、昨夜はリピが止まらなくてとてもじゃないけど思ったこと全部は書けなかったので(笑) ドラマの内容は、スマップ本人たちにドラマを並行して撮影しているとは言えないわけだから、どうしてもおかしなところが出てくるのは仕方ないです。それを、スマさんたちが知らずに取っていた行動や言葉で繋げてあそこまで編集してきたことを考えれば及第点ですよ。これはドラマSPではなくて、バラエティの特番ですから間違ってないんですよね。何より、芸能界に20年以上もいるスマップが「やられた~!」と思ってくれただけで、スタッフはしてやったりだったんじゃないでしょうか。発売予定のDVDは買ってしまうんだろうなぁというのが自分の中で見えますね(笑) できたら、昨年の「がんばりますっ!」も入っていたら、「ライダーG」も綺麗な映像で見れるんだけど・・・これは、いろいろ別の意味でDVDに入れるのが大変なんでしょうね。発売される「完全版DVD」すでに今から楽しみです♪


☆虹☆さん
全員でドラマを見させられて「えぇ?!」とか「ありえないっ!」とかワイワイ言っているスマップがとてつもなく可愛かったですね(笑) この部分も、まさしく素のスマップがてんこ盛りで本当においしい映像をありがとうございますとテレ朝さんには伝えたいです。ドラマは、確かに「はぁ?!」と思うようなところもあって、そのあまりにものバカバカしさに逆に笑えたところが、バラエティとしては大成功だったのではないでしょうか。基本、この番組のスタッフはスマップだからと容赦をしない「S」発言が多いのですが、そんなスタッフに疲れてきた吾郎が素で「S」で返す様が・・・とてつもなく萌え萌えの宝物映像になりました(笑) 吾郎は、食事してるところや寝ているところなどの人間の動物的なところはあまり他人様に見せたくないと昔言っていましたが、この素でプチぎれするところなんかもそうですね。つまり、吾郎のそういう部分はセクシーで色っぽいんですよ(笑) いやぁ、ほんとうにごちそうさまでした(爆)

投稿: Kazuyo | 2010/07/03 07:16

おはようございます♪
毒トマトの毒はテレ朝の心意気とやる気(笑)
KAZUYOさんの語りにうなずきながら、読ませてもらいました。
前半のメイン部分だけでどれだけ語れるか!?はですね。
ドラマは・・・あれはあれでファンへのサービスなんでしょうね(苦笑)
完全版に期待しましょう。
もう今年はSMAPに心行くまで付き合うわ!

テレビを一緒に見る群れスマは、台本なしにこれだけおもしろいと再認識しましたし。
同じ編集やCG加工するなら超おもしろく、それも半端なく視聴者ファンをいい意味で手玉にとったやりかたをしてほしい。
やればこれだけできるんだよ、お台場さん(爆)
中居君の「8チャンではありえない」のおお受けしました。
わざとつまんなく・・いやおもしろさとかかっこよさに鈍感な製作やマネージメントに、ここしばらく待てふせ状態だったファンにすると、盆と正月が一緒にきたみたいなこの怒涛の露出にヲタフタしてます、ワタシ(爆)
吾郎もかっこよかったですねー
男前の表現しかできない・・❤
今日は鏡君のお披露目・・どんな感じになっているか楽しみです!
では久々出てきて長文しつれいしました~^^


投稿: mikiko | 2010/07/03 08:58

kazuyoさん こんにちは
昨日の1日限定記事も拝見しました(笑)

確かにドラマのストーリーはドラマとしては?でしたが(笑)バラエティーとしてはあれでいいんですよね!

VTR見るのに豪華なゲストはいらない、5人並んで見せる!
ドラマのキャストも少数精鋭!
どこかの(お台場の)局に見習ってほしいですね(爆)

ファンしか楽しめないんじゃないかと少し心配でしたが
職場で見ていた人が多くて意外と好評でした!
「SMAPじゃないと、あれだけ面白くならないよなぁ、やっぱSMAPすげーよ」
と言ってくれた人がいて嬉しくなりました。

吾郎ちゃんに関しても日曜日の完全版でも出してない更なる未公開シーンも出してくれて
テレ朝さまの素材を無駄にしないエコ精神に感謝☆です。
100点を出せそうにない曲は拒否する!それだけ、目標に対して真面目に取り組む姿と負けず嫌いなところが、格好良くてきゅんきゅんしました!
DVD化もしてくれるなんて!
是非とも100点のさくらをフルで聴きたいですね〜♪
あと、SMAPの曲も♪

アルバムジャケ写とドリンクの発売記事の5スマ写真見ました。
ストスマで写真の立ち位置について 真ん中以外ならどこでもいいって
先日聞いたばかりなのに真ん中にいる吾郎ちゃんと木村くんのお顔が接近してて可愛いですね!!

投稿: まい | 2010/07/03 16:03

>ヲタが喜ぶ編集なんて作って数が取れるわけがない、一般の視聴者が見るわけがない・・・そんな考えでいらないゲストを放り込んで、スマップが群れているところはことごとくカットなんていう番組に挑戦状を叩きつけて結果を出してくれた

まさに「毒トマト殺人事件」はこれに尽きるんじゃないでしょうか。いつもは番組の萌えを拾ってウハウハな私ですが、今日は萌えはちょっと置いておいてどうしても書きたいこと、特にスマップのマネージメントサイドと8chに言いたいことを書かせてください。

私はドラマ自体はまったく期待してなかったので、何も考えずに見ることが出来て(犯人なんか誰でもいいんです)、ものすごく楽しめました。制作の経緯からみてもドラマとしてはそれなりにハチャメチャ(笑)でしたが、どっきりのどっきり、スマップにも内緒でドラマを作ってしまうという実験的な姿勢と遊び心満載な企画をやり通してしまったことはあっぱれでした。

またテレ朝制作陣、そして友寄氏の意図としては、ドラマの内容よりは「スマップ」という最高級食材を持ち味を損ねないように料理して、骨の髄まで活用するということにあったと思います。一番出汁(「スマップがんばります」)2番出汁(「スマップがんばります完全版」)3番出汁(「毒トマト殺人事件」)まで絞り取り、さらに残り物でDVD発売と一切無駄がない。

しかも一般もファンも楽しんだことは数字やファンの反応を見てもあきらか。地方住まいで見られない「完全版」や「お願いランキング」など、本編より美味しい裏側や未公開映像もDVDで見ることができます。

これは他のグループのように多種多様のDVDやメンバーの群れトークが入ったシングルCD(もちろんジャケットもメンバーの写真)などあるわけなく、長年やっている冠番組のDVDすら出ないことに慣らされてきたスマオタにとっては、にわかに信じられない話ですね。

それにしても最高級食材をふんだんに使えるのに、一番美味しいところは味あわせてくれない(TVガイドでちらっとファンは知るだけ)某番組との違いを如実に感じました。TBSも、例えば「MFL」などのSMAP・NY密着取材を敢行。撮ったものは全部使ったというくらい未公開映像を出してファンを喜ばせてくれました。また古い話ですが、FNS歌謡祭の裏に「うたばん」があった頃、負け戦覚悟でスマップととんねるずでカラオケ大会をやったのも伝説でした。いかんせんTBSは数字につながらないから、せっかくの企画も次につながらないのが残念なのですが。

  その点、「テレビ朝日」はちゃんと結果も伴ってくれる、つまりファン受けだけでなく、一般も巻き込んでスマップの魅力を伝えられるというのが有難いし、おかげで次に、そう、第二弾・第三弾やDVD発売などにつながるわけですね。こういうのをスマップファンは待っていたと思うのです。
 
スマップ5人で映画やドラマなど、メンバー達も口々にやりたいと言ってますし、ファンの中でもよく出る願望ですが、実際に忙しい5人を集めてファンが皆満足するようなものを作るのは至難の業です。直近では2004年にフジテレビで制作されたクリスマスSPドラマ「X'smap〜虎とライオンと五人の男〜」がありました。これは企画・脚本・演出・スペシャルサポーターなどスマップのマネージメントサイドと縁の深い制作者がスマップという高級食材、さらに阿部寛はじめ超豪華ゲスト・ふんだんなCGと予算を使って、かなりアート性の高いマニアックな料理を作ってしまったのです。結果は数字も期待値の半分くらいでもちろんスマファンも一般も楽しめなかったように見えました。私は最後の歌のところ以外は一度も見直していません。せっかくスマップ5人が出ているのにスマップが主役ではない、メン同士の絡みが少ないという、まるで某番組のよう(それでも木村・慎吾のコンビファンは楽しめかな。そして他のメンバーと比較的満遍なく絡めた剛ファンもまあOKかも)。これは出番の少なかった吾郎ファンの僻みでしょうと言われるかもしれませんが、私は、制作側が自分たちの創作欲を満たすためにスマップを利用したのかしらと疑念が湧くくらい残念な作品です。 

そういった制作側の自己満足的、あるいはいろいろな裏事情だらけの仕事は、この「X‘map」に限らず、それ以降もスマップの映画やドラマ仕事で同じようなケースがあったように思えます。CDシングルにしても売り上げが低迷していますが、曲調やジャケット、PVなどに不満があるため、ファンですら買わないという現象が続いているからです。「花」でついた「良い子」のイメージにまだこだわって、ファンが置いてきぼりになっている感が拭えません。そんなスマップ側の変わらない戦略に今回のテレ朝のやり方は一石を投じてくれたという意味で、テレ朝と友寄氏に心から感謝したいと思います。長くなるので萌え処はまたあらためて書きますね。いったん送信。

投稿: kim | 2010/07/03 23:50

Kazuyoさん、「毒トマト」本当に楽しくまたまたビックリおいしいスマファンへのプレゼントにテレ朝さんには足向けられませんわ(嬉)。ドラマ部分は無理な設定だからバラエティ枠から考えるとよく1時間にまとめられましたよね。前半の神のような設定説明は何回リピしても楽しいし笑顔にしてくれてSMAPの魅力を十分堪能させて頂いてます吾郎ちゃんのところは吾郎ちゃんとスタッフさんのやりとりが最高「嫌」拒否る4連発は何回見ても素敵でKazuyo
さんの気持ちわかりますよぉ~綺麗な人が怒ると醜くならず色っぽいのね。慎吾ちゃんが良い事言ってくれるし、ぬっくんの所の吾郎ちゃんの驚きようの可愛い事ったら益々吾郎ちゃんの深みに嵌らせて頂き感謝です、テレ朝さま!中居君が言ってたように「本気でテレ朝でドラマ撮りませんか」ってスマスタッフにお願いしたいですね。最近のメンバーの映画路線からしても本格的な内容とがっちり演技を魅せる作品へのシフトも考えているならしがらみなくいろんなテレビ局の作品に出てほしいな(希望)。まずはテレ朝さんのDVD楽しみですね。

投稿: ピカチュウ | 2010/07/04 01:16

mikikoさん
「毒トマト」の毒は、そしてテレ朝さんの他局SMAPバラエティ番組への気持ちいいぐらいの嫌味と取ってもいいでしょうか(笑)? ドラマは、無理がある中で上手くドキュメンタリーを繋げた「世界初」のチャレンジドラマという点では優秀ですよね。最後のトリックへの持っていき方も、これが普通のドラマならブーイングでしょうがイチバラエティ番組のどっきりドラマの中でのことならOKだと思います。とにかく、スマップさんたちが驚いてくれたのならスタッフは大満足なんではないでしょうか。しかし、ぬっくんは良い味を出していましたね(笑) ツイッターで番組放送中検索で引っかかる単語のTOPに踊り出たと聞いて笑ってしまいました。それだけ、一般の人も見ていたということになります。DVDも期待してしまいますよね。木村くんに冗談で足蹴りにされていた某構成作家さんがチラリと映っていましたが、彼は今回の企画でどれだけのことに参加されたんだろう・・・おそらく、友寄氏がかなり企画編集で頑張られたとは思うのですが、彼も何かしら参加されたのなら他番組でも頑張ってほしいですね。スマップは、フジのドラマにしか全員で参加しないという薄い契約みたいなのもあるんでしょうかねぇ。唯一の5人のレギュラー番組がフジというのも関係あると思うのですが、確かに他局でも使ってもらってお互い切磋琢磨していってほしいですね。とにかく、スマファンからは当分はテレ朝さんが「神」断定キープだは確実です(笑)


まいさん
一日限定記事はサラリと即感を、そしてじっくりと後でいつものように長文感想に仕上げてみました(笑) 本当は、前半部分のスマップの様子のツボを全部書きたいぐらいなんですが、おそらくファンの方は全員見れたと思うしツボも同じだと思うので割愛させて頂きました。書き出したら止まらなくなると思うので(笑) スマップだけでこれだけ面白いものが今でも作れるというのを証明してもらったのはありがたいです。マスメディアは、なぜかスマップの暴落を記事にしたいらしく、やたら頑張っている後輩グループも持ち出して比較してみたり・・・どちらの賢いファンもそんなものに乗っかってはいけないですよ。同じ事務所でもグループごとで魅力も違うし比べること自体が間違っているので、メディアに踊らされてはいけません。確かに、スマップはもう三十路です(爆) だからどうした?!と言いたい。若いときには若いときのスマップの魅力があって、今は今で20代では見せれなかったスマップを見せてもらえるなんてファンにとっては最高の喜びですよね。アイドルとして売り出したときから、三十路になってまで活躍できるなんて、きっと本人たちも考えてなかったんじゃないでしょうか。スマップは格好いい。それは崩しようがない事実なんです。今見せれるスマップを惜しみなく見せてくれたテレ朝さんには本当に感謝です。ここ最近のスマ勢揃い番組ではだんとつで楽しめましたね。DVDどんな感じになるんでしょうか。楽しみです♪


kimさん
「とりあえず送信します」 ・・・萌え感想も待ってます(笑) 基本的に、私とkimさんはウザイ(爆) ちょっとしたことですぐに語ってしまう。そして、スマップに対しての意見はすごく二人とも似通っている。(たまに、逆論ぶっこみあいますけどねwww) 萌えだけで話していたら翌日声が出なくなるほどミーハーでもある(爆) イギリスに立ち寄ることがある人は、是非連絡してきてほしいですね。海外にいるとファンの方との交流はそれほどできないので、語り欠乏症になるのでこうやってブログで語ってしまうところもあるので(笑)

今回、爆弾を落としてくれたスマップのマネージメントとフジのレギュラー番組の件に関しては、実はこれだけで記事にできます。でも・・・表立ってブログでそこまでしてしまうとちょっとさすがに退かれるかなぁと思うので、こうやってコメント内で話してしまうのはいいですね(笑) 今回、テレ朝さんが未公開を番組を出してくるたびに出し惜しみなく入れ込んでくれたのはかなり嬉しかったですね。まぁ、特番として1月に放送された「がんばりますっ!」が世間にも好評だったのもあってできたことかもしれませんが、その元を面白く作ってきてくれたからこそできたことだと思います。

「スマスマ」だって昔は未公開映像はちゃんと放送してくれたんですよね。最近は、ラブアワードでさえなかなかやってくれない。とにかく、大物ゲストや大げさなセット、観覧客に頼ってばかりで企画自体を面白くしようという意図が見られない。今回のテレ朝さんのスマップ特番のようなものは、「スマスマ」では作れないと思います。それは、スタッフの企画案の優劣もありますが、番組自体のカラーが違うので。「スマスマ」には「スマスマ」の良いところがあります。以前やっていたように、未公開を出すときには、各メンバーが順番に料理をメンバーに振舞って和気藹々と番組を進めていた優秀な企画がありました。なぜ、ああいうスマスマらしい企画をひっこめてしまったんだろう・・・。確かにすごいゲストが呼ばれると、世間から「さすがスマップの番組だ!」と思ってもらえるのはいいときもあるとは思います。でも、そればっかりじゃあスマップの冠番組の意味がなくなる。最近はゲストによって数字に差が出るのも考えものだと思いますよ。一般の視聴者にすればスマップの番組として見ていなくて、スマップが出ている豪華な接待(番宣)番組にしか捉えられていないんじゃないでしょうか。頼みとなるコントも質が落ちてしまった今、何を楽しめと(苦笑)

マネージメントに関しては、どこまで愚痴っていいのか憚れますが・・・決して良い印象は持っていないのが寂しいところ(涙) 細部まで見えているわけじゃないし、自分のところのタレントを売り出さないなんてこと考えられないので、スマップに一番いいと思うことをやってくれているんでしょうね。でも・・・それがことごとく外れている気がするから困ってしまう(汗) グループとしての仕事だけでなく個人の仕事でもスマだけの某子会社が絡むといろいろ複雑です。コケたらまずい、どうにかしなきゃというのはわかりますが、あざとすぎて逆に世間には退かれているっていうことないでしょうか?(だんだん、言ってはいけない域にまで触れている気がしますが・・・) 企画を自分たちのところから出してくるのはいいですが、宣伝は別に任せたほうが上手くいくのではないだろうか。あまりにも身内で必死すぎて・・・。せっかくの良い作品も自分たちで潰している気がして仕方がない。とりあえず、今後はグループの仕事だけは「絶対」に外してほしくないですね。外からの企画をもっと取り入れるべきだと思います。


ピカチュウさん
どっきりドラマなんて企画があがったときはおもしろい!とスタッフの中でも盛り上がったとは思うのですが、メンバーには黙って台本どおりに進むように仕向けたり、膨大なVの中から編集でおもしろく繋げて見せれるようにしたりと・・・もう二度としたくないとスタッフは思っているかもしれませんね(笑) それだけ、精魂込めて出してきてくれたと思うし、中居くんが最後に言った「これも(全員で出来上がったドラマを見ている)、何かあるの?」との言葉どおり、最後のぬっくんの登場があったりと小ネタも満載でしたね(笑) 吾郎に関しては、もう本当に素敵だったわ~。どこを切り取ってもリピしたいところばっかりで、本当にテレ朝さんには感謝です。ドラマも見直すたびに「ぬっくん」を通してスタッフの愛を感じるのよねぇ(笑) 皆でドラマ見ているときの慎吾の言葉は、私も嬉しかったです。1月に放送されたチャレンジのときも、慎吾は何度も吾郎が苦しそうな顔で歌っているのが映るたびに「辛そう(汗)」と一緒に顔を歪めて言ってくれていたのも嬉しかった。逆に、慎吾がサザエを獲ったときに泣きそうになって涙をこらえていたのは吾郎でしたね。(最近、吾郎涙もろくなった気がする・・・前回の「がんばりますっ!」では剛のピアノのチャレンジで泣きそうだったし) テレ朝さんには、今後もいろいろスマップでバラエティを極めていってほしいと思います。

投稿: Kazuyo | 2010/07/04 10:19

萌えを拾っていこうと思ったんですけど、忙しくて見直す時間がない。そこでcainさんのレポを参考に思い出すところだけでも(なんだかいろんなことがいっぱいあるのって有難いのだけど萌えが流れていくのがもったいないなあ、これじっくり小窓までゆっくり見てレポかいたら面白いよね)。

萌え処はドラマ以外(元も子もない、、、)なんですが、制作側のほうもそこのところはわかっているのではないかと思うのです。ファンが期待しているのはメンバーが絡まないドラマよりもそのVTRを見てわちゃわちゃする群れスマなので。でもそれでは一般視聴者に避けられるので、どっきりドラマを投入するという大変素晴らしい企画だったことは前のコメで述べたとおりです。

 さてまず登場シーン。「俺たちをどこに連れていくんだよぉ。スマップになんかしたらただじゃおかねえぞ」って顔をしたちょっと怖いモードのリーダーが先頭で、後に木村・吾郎・しんつよ(←いっしょくた)が固まりになって順番に階段を上がっていくだけで痺れました~~~。「Birdman」のPVと似ていて、また完全に対極にあるの。わかりる?

 スマップが5人でいるときっていつも背後に派手なフラワーアレンジメントがあったり、高級ホテルのスイートだったりするのに、今回は狭くてゴチャゴチャした美術倉庫ですよ。このスマップを特別扱いしないテレ朝のSっぷりがいいんです。パーティの席でもお互いを守るように5(6)人で固まっていたという「SMAP」そのものですね。そして怪しげなくす玉のひもをひっぱるのは当然のことながら切り込み隊長の木村君。クス玉が割れてちょっとおののき、吾郎にくっつく木村君。これ完全版や予告などでもチラチラ映っていたけど、全編通じてだとキムゴロどれだけくっついてたんだと思いますね。しんつよは当然のことながら、中居君も剛や吾郎のいすの背に手をかけたりして、一人だけ離れてる感じがしないところがよかった。並びは木・吾・中・剛・慎吾というgolden positionだったし。これはさすがにテレ朝、わかってますよ。「がんばりましょう」のスタジオの時も同じでした。自然にこうなってしまうのか指定なのかわかりませんが、この並びが一番トークがはずみますね。配役発表は全メンバーの分書きたいのだけど、とても時間がないので吾郎のところだけになってしまうなあ。全部やりたいのに~。

それでも全体評としては、スマップメンバーも言ってましたが、制作側がよくメンバーの性格をわかっているし、メンバーの素の反応や行動も見せてもらえて実に興味深いものでした。乱暴なくくりだけど、木村君と剛、中居君と慎吾が似ていることもよくわかるし、吾郎はあくまでもマイペース(笑)。剛が「全力坂」を引き受けたのも木村君へのライバル心を煽れば一発だと読まれているし(←剛も裏の裏をかいてそれにのってあげたのかもしれないけど)。木村君も剛も真面目で一生懸命なんだけど、剛のほうが天然で、木村君はサービス精神のほうが強くでるから違いがわかって面白い。中居君と慎吾はどちらもバラエティをよくわかっているから、直感的に見てみぬふりをしたり、制作側の意図も汲み取れて、わざと乗ったりしてあげるところがやはり凄いと思いました。

  そんななかでやはり「天上天下唯我独尊」「君は君だよ」を地でいくのはわが稲垣吾郎でしょう。スタッフの誘い水をことごとく拒否する吾郎はもう最高だったんですが、それを見るメンバーも、木村「バラエティに逆行、、」「嫌って(笑)」慎吾「すごい!」「いいよぉ!」など爆笑したり派手なリアクション。剛は「ああいつもの吾郎さんだあ」って感じでずっと微笑み状態。そしていかにも参謀然として厳しい顔をしている中居君でさえ、我慢ならず笑顔がこぼれるのは見ていて、こちらも笑顔になってしまいました。
慎吾が吾郎を何度も擁護する発言をしてくれたのも嬉しかったし、中居君も慎吾の言葉に「そうだ」とつぶやいたりして、信頼して任せている感じがしましたね。また木村君も今回(笑)は、ジグソーパズルの例え話をはじめ、コメントが的確だったので、中居君も木村君の言葉に力強くうなずくシーンも多くて2トップ萌えもできました。最後の「点数とかも嘘だった!?」と心配になる吾郎に爆笑するスマップメンバー、ああなんて幸せ。

 さらに吾郎の仕事に対する真摯さや自分の信念を曲げない男前なところはもちろん、ビジュアルも良かったので、いろんなカットで静止させてしまいましたよ。Desireを拒否る前の唇尖らす吾郎、「何で?」、カーテンを開ける前の指を唇にあててるショット、女性刑事の「伝説の刑事、、、」のアップ、もっといっぱいあったと思うけどもう数え切れない。そして歌声は聞けるし、もう何回有難うを言っても足りません。
それにしても予定の「浪漫飛行♪」「少年時代♪」「未来予想図♪」は吾郎の好きな曲なのに食指が動かなかったのは残念でした。聞きたかったなあ。ああ、もう時間切れです。続き書けそうになったらまたいつか、出てきますね。

投稿: kim | 2010/07/05 23:14

kimさん
何気に萌え映像が続きますよね。今夜は「スマスマ」がお休みだったけど、来週は「GIゴロー」もろともSP延長放送だし・・・来週、もう絶対に当日感想あげれないと思います(汗) 仕事休まない限り無理(爆)! ありがたいことですが、ブログに感想書くのはこんなに偏ると正直・・・面倒(笑) まぁ、時間がかかってもあげていきますね。

第2弾萌え中心感想コメントありがとうございます。確かにこれだけ萌えが落ちていて書かずに流れていくのは偲びないです。でも、もう書いたらどれだけ長文になるかわかっているので記事にできないわ~(苦笑) 詳細レポはカインさんや他のレポ記事をUPしてくださるファンの方に任せましょう(笑) 

今回のドラマが完璧にはできないのは企画があがった段階できっとスタッフもわかっていたと思います(笑) でも、バラエティ番組として掴みはやはり「群れスマ見せますよ!」じゃなくて、「どっきりドラマ撮っちゃいました!」だと思うんですよね。そして、見事に世間一般の視聴者もそれに惹きつけられてチャンネルを合わした人がすごく多かったと思います。企画と編集と宣伝の3本柱を見事に揃えてきたテレ朝さんの勝利ですね。本当に、頭の良いスタッフが多いんだろうなぁと思います。どっきりドラマだけでは世間にも「なんだこのぐだぐだドラマ?!」と思われるし、ファンにも「これはちょっと・・・」と思われるのがわかってて前半しっかり笑いどころも流してくれたんでしょうね。本当に素晴らしいですね。けちをつけるところがないです。

登場シーンは、これもそれぞれキャラ出てましたね(笑) ここだけで、確かにいろいろ語れるし萌えれます。役紹介のときに小窓をずっと出していてくれたのもありがたかったですね。これだけで、かなり萌えの量が変わっていたと思うので。欲を言うなら、ドラマ部分もあとでDVDを出すのならずっと小窓出しておいてくれれば良かったのに(笑) ドラマは、結構全員黙って見てたんでしょうかね。ちょっと、複雑そうな表情してた方たちもいたし・・・。しかし、たったあれだけのメンバーそれぞれのVとそれを見ているメンバーの表情とコメントで、ものすごい勢いで語れそうなんですが・・・スペースがないわ(苦笑) それぞれの、今回のドッキリに対するスタンスの違いもかなりクリアに見れてそこも語りたいんですけどねぇ・・・吾郎だけで精一杯ですね。もう、萌えがすべてkimさんと同じなので語るところがないです(笑) だって、カーテンを開ける前の綺麗な指を口元に持っていくのまであげてもらったら、個人的プチツボ全部網羅してもらったも同然! ありがとうございました(爆)

投稿: Kazuyo | 2010/07/06 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜の白糸の滝 | トップページ | ミスター麺職人の悩み »