« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

おもしろまゆゆ~(笑)!

今日はイギリスが祝日だったため、「スマスマ」も「GIゴロー」もリアルタイムで久しぶりに見ました。どちらも萌え落ちてきましたのでUPしておきます。


【SMAPxSMAP】

今夜はリアルタイムで見れるのに総集編とか残念すぎるアンラッキーさ(苦笑) ただ、世間一般には見やすい企画なのかもしれないですね。(なんだか投げやりな感想(笑)) ファンの方でも、見過ごした方が中にはいらっしゃるかもしれないので全否定はしませんが・・・もったいない。ベスト20とかいつ応募したのかもわからないし、どうせ視聴者のランキングなんか無視だろうから成立しているんでしょうか?(ここでも投げやり(笑)) 

未公開映像は、美輪さんがゲストに来られた分が放送されていましたが、こちらも諸事情があって遅れて入れ込むしかなかったのかもしれませんが、もう少し早く放送しても良かったのでは? なんで、今頃???とか視聴者が思ってしまったらNGのような気がしますがねぇ。でも、お蔵入りにせずに出してきてくれたことだけは感謝します。なんせ、貴重な「2TOP」並びだし(爆) これ、見せないと全国の2TOPファンが悲しむでしょ。

カニ蔵のコントはもうお腹いっぱいなんだけど、今回はシンゴロでロケだったしそういう意味ではおいしかったかも。本当は、二人ともキャラじゃなくてそのままTVガイドさんの事務所に訪問してほしかったですけどね。スマスマスタッフ、番組の編集の仕方をTVガイドの編集者さんたちに聞いてくれば良かったのに。聞かなかったのかな?←大毒(笑) あぁ、そう言えば、マリックさんがゲストのカニ蔵コントは、ボツった未公開映像のほうがおもしろかったんじゃない?←毒(笑)

いろいろ文句言っていますが、そんなに怒っているわけじゃありません。おそらく、事前に総集編だと聞いた段階で期待してなかったのもあると思います。お茶の間の視聴者が楽しかったのならそれでいいのではないかと。きっと、明日からの公式サイトのBBSには「面白かった!」という書き込みがずら~っと並ぶと思いますし(笑) こんなことぐらいでは腹は立たないんだな。なので、先週の私の怒りを察してほしい。

それに、今夜の小室哲哉氏と一緒の『グラマラス』がとても素敵だったので、終わりよければすべて良しになったしね。欲を言うなら、歌前に小室さんとの曲についてのトークを入れ込んではほしかったけど。あと、カメラワークが相変わらずイライラしますなぁ、スマスマは(苦笑) 踊りも素敵なので見せないといけないのはわかりますが、ソロのところはそのメンバーを映しつつ引きの画にするのを顔のUPと交互に入れ込めばいいのに・・・。

でも、吾郎は素敵だった。ものすごい低音のボイスにハートが痺れましたわ。吾郎って高い声だと思いきや、絶対に低音部分のほうがレンジが広いですよね。高いパートを歌うときのほうが断然辛そうだもん。以前、スティービー・ワンダーが歌のゲストで来られたときに中居くんが「一番低いパート担当は吾郎」と振ったときになんて無謀なことを!と思ったけど、あれ結構当たっていたのよね。(いえ、あの場面で振られるのは無謀ですが(笑)) 踊りも優雅だし、何よりスマップ踊り揃ってたよ! ターンするところがことごとく綺麗に揃っているので、見ていて惚れ惚れしました。やっぱり、ライブ中でダンスやっていると違いますね。

そして、吾郎の決めポーズがいちいち素敵。スタイル良いわ~。間奏のときに、横顔からす~っと正面に向けるクールな表情にゾクゾクと。5人が縦一列に並ぶ踊りは背の順でしょうか。08年の「モダスマ」ツアーの『青いイナズマ』のときを彷彿とさせたんですが、あのときは後ろのシンゴロ二人が手を絡めあって踊る姿がとってもセクシーでした。ライブDVDでは映ってないのが残念なんですよねぇ。何で見たんだっけなぁ・・・WSかメイキングか。しかし、かなり吾郎がダンスがんばってますよね。がんばっていると言ったら失礼なぐらい素晴らしかったと思います。今回も色気だだ漏れでしたね(爆)


【GIゴロー】

今日のGIゴローは、なんだかオープニングから勢いがあるぞ。グダグダじゃなくてテンポがいい(笑)! ついでに、スマップの「We are Smap!」ツアーの宣伝(?)もしてくれるありがたさ。GIゴローの皆がライブを見に来てくれるのは嬉しいけど、「オーナー!」とか「男爵!」とメンバーの前で言われるのが恥ずかしいという吾郎(笑) その前に、「吾郎~!」と呼ぶファンにも恥ずかしがってお手振りもままならいのをどうにかしてください(爆) いえ、今年はがんばっているみたいですが。

今夜のAKBメイドさんたちは、渡辺麻友ちゃん(まゆゆ)と峯岸みなみちゃん(みぃちゃん)。お若いかわゆいお二人です。この二人が、なかなか良い仕事をしてくれました(笑) そんな二人を交えてのオープニングの試食は、「パンかけ醤油」。トーストにこの醤油をかけて食べるとおいしいのだとか。「マンガみたいな驚き方」(by 山ちゃん)で身体を仰け反っているゴロー男爵ですが、アイスにかけるのはお気に召したようで。

ゴロー男爵 「これ、うまゆ・・・うまゆゆ!うまゆゆ!!!」

突如、壊れる男爵(爆)

ゴロー男爵 「うまゆゆだけど、この番組、意外と木村くんとか夜見ているから、「お前、なに言ってんだ、うまゆゆとか」って言われそうで怖い(苦笑)」
山ちゃん 「え~、木村さん。今日も男爵は浮かれておりますよ~」
(山ちゃん、ナイス振り(笑) 吾郎、カメラにうきうきリアクションで木村くんにアピール(笑))

木村くん、絶対見てるよ。この番組放送後(もしかしたら、すぐに・・・)吾郎に、「絶対」にメールしてるよね(笑)? なんせ、ライブ後食事に出ると必ず自分の真向かいか隣に座っている吾郎とラジオ「ワッツ」でお惚気・・・もといご報告してくれたぐらいなので(爆)

今回の放送は、AKBのお二人がかなり頑張ってくれたと思います。かわい子ちゃんペアで、ここまで芸人さんたちとうまく絡めたのは初めてかもしれない。当然、番組もおもしろくなります。みぃちゃんがすごかったわ。前回の大島一発ギャグをこともなげに皆の前で披露するみぃちゃん。男爵も一緒になって応戦。

大島 「アイドル(二人)やめてぇぇぇ(涙)!」

(笑) 素晴らしき破壊力。大島さんのギャグを一瞬にして自分の持ちギャグにしてしまいました(笑) まゆゆも負けてません。山ちゃんの「まゆゆ言葉」はさくっとスルーして、男爵には全てリピートして返すという咄嗟の高技術も披露してくれました。拍手もんのお二人の機転の良さでしたね。あっぱれです(笑) そんなまゆゆの好きな男性のタイプは、アニメ『ヘタリア』に出てくるフランシスお兄ちゃんだそうです。(私は、わかんないけどね(笑))

ゴロー男爵 「どういうタイプなの?アンソニーみたいな感じ?『キャンディ・キャンディ』の・・・」
チンッ! (トースターのタイマーの音)
(笑)(笑)(笑) ミラクル!トースターGJ(爆)
全員から指差されて笑われる男爵。でも、思わず額を抱えて悩めるポーズになる男爵はとっても素敵だわ~!

しかし、あまり食べ過ぎると太ってしまうのが心配だという男爵に、次週に持ち越された投稿アイデアは、前回の神投稿インドヨガに引き続きタイ古式マッサージとな。それも、「カエルのポーズ」?!

山ちゃん 「ヨガをやると言うと、なぜかですね、女性メイドたちがキランとするんですねぇ」
(テレビ前の女性視聴者もなってますよ(笑))
ゴロー男爵 「よ~しっ!頑張るぞぉ!」
(思わず、立ち上がろうとする男爵の腕を押さえる忠実な執事(笑))

そうだ!男爵がんばってくれ(笑)! 来週のGIゴローは、秋の1時間SP! これは、期待させて頂きましょう。すでに、予告映像で神映像が落ちていたような・・・(笑) 今週のGIゴローは間違いなく100点満点! 30分間笑いっぱなしでした。早く、全国放送になりますように!


【お知らせ】
TOP記事でご紹介させて頂いているアンケート企画ですが、締め切りが迫ってまいりました。すでに100名以上の方にご参加頂いているのですが、ギリギリ滑り込みのご参加も大歓迎です(笑) お手数にも管理人の私にまでメッセージを入れ込んでくださった皆様、どうもありがとうございました。全員にお返事返したくてウズウズするのですが、返すのが良いことなのか失礼なのかわからず申し訳ありません。未回答の方で便乗してくださるという方は、締め切り前までにどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (10)

怒涛のスマラッシュまとめ③

今日から、イギリスは3連休です。ちょっとリピせずに溜まっていた映像をしっかり見直してみました。記事にもあげていなくてもったいないので少しUPしておきます。ものすごく今更感溢れている上に長文なので、さらりと読み通して頂ければと思います(笑) 何気にツボは落ちていたので、しっかり記録に残しておきたいので。


【CDTV】

後列で木村くんと剛に挟まれてちょこんと立っている吾郎がかわいい。曲紹介を始める木村くんが、作ってくださった方の発表を肘で隣の吾郎をつついて促し、それに驚くこともなくすんなり発表する吾郎。素晴らしいコンビネーション(笑) 剛に「ねっ?」と顔を向けてかわいく同意を求めるかと思えば、「ちょっとマイケル(ジャクソン)のような・・・」と口走った剛が木村くんにつっこまれるのを横からなめるように冷たい視線を送るのはやめなさい(笑) 吾郎の剛へのアメとムチは相変わらずどこでスイッチが切り替わるのかわからない(苦笑)

このときの歌なんですが、吾郎の踊りがなぜにこんなに女性っぽいんだろう・・・。ステップの踏み方も、手の振りの様子もどう見ても女の子(爆) 他のメンバーと何が違うのか何度も見直すんですが、なんだかかわいいのですべてOKにしてしまった。このくりんくりんヘアにしてから、吾郎のユニセックス度が急激にUPしてきたように感じるのは私だけでしょうか。なんか、変なホルモン出ているんじゃないかと(爆) 個人的にはすごくウェルカムです(笑)


【僕らの音楽】

慎吾がLOVE PSYCHEDELICOのお二人と、剛が槇原敬之さんと単独対談。どちらも、とても素敵でしたね。デリコのお二人は大学の音楽サークルで知り合ったとお聞きしたんですが仲良いんですね。つかずはなれずのお二人が素敵なんですが、KUMIさんはご結婚されているとか。それでも、男女デュオのお二人がバンドを組んでいける関係性が素晴らしい。慎吾が本当にソロの曲も頂いたことを喜んでいるのが、見ていて非常に伝わりました。

槇原さんのテンションの上がり方は、剛と似ている(笑) きっと、本当に一緒にショッピングに行ける二人ではないかと思います。槇原さんが、日本人はブームが過ぎると見向きもしないというのに深く同意。これ、国民性でしょうかね。「世界にひとつだけの花」を作ってくれたマッキー。きっと、あれだけ売れたのにはスマップもご本人も驚いているとは思うのですが・・・「飽きた」とか言ってすみません! 良いものは良いし、間違いなくスマップのシングルの歴史の中でいまでも光り輝いている名曲だと思います。

対談のあと披露してくれた♪This is love♪も♪Love & Peace, Inside?♪もどちらも良かったですね。まったく違うタイプの曲なのに、どちらも今のスマップにとってもしっくりくる。ちゃんと表情を変えて歌ってくるスマップにきゅんきゅんしました。いつもより狭いスペースだったので、『TIL』の途中で吾郎と剛がぶつかってしまったときに、剛が紳士に吾郎の身体を支えてくれたところリピしちゃいましたよ。剛、かっこいい! 他のときと比較してみたのですが(最後のほうで木村くんのソロが終わったあとです)、あそこは剛が吾郎の後ろを通っていくところなので確実に剛の動きが合っています。なのに、剛の腕が背中にあたってジャケットが乱れたのを淡々と直す吾郎に女王様の風格を見た(爆)

『LPI』のほうでは、木村くんのソロの前にナカゴロ、シンツヨと歌うところがあるのですが、シンツヨが仲良く向かい合って歌っているのに、ナカゴロさんはお互いそっぽを向いてしまってもったいない・・・これも、もっとテレビで歌ってほしい。「スマスマ」のときは、槇原さんのピアノを囲んでという変則的だったので見れなかったし。吾郎が中居くんにしっかり向いて歌うヴァージョンも見たいぞ~(笑)

これで、とりあえず映像のツボでUPしてなかったのはあげれたのかな(苦笑)? あとは、雑誌やラジオでも書きたいことがいっぱいあるんだよなぁ。また、時間のあるときに突如UPするかもしれません。

| | コメント (2)

もっともっと吾郎ちゃん!

さぁ、気持ちを入れ替えて萌えツボあげていきますよ~(笑) SMAPマガジンも発売されますしね。昨夜の不愉快極まりないことから一転して、今日は午後からなんだか素敵なものを見させてもらった。やっぱり、私を癒してくれるのはスマップ自身しかいません!

【笑っていいとも!】

夜に放送される番宣として、吾郎が「いいとも」に出演。それも、中居くんがそこにいてくれるというだけで期待は大きくなります(笑) いやぁ、今回も二人とも可愛かったですね。吾郎が「吾郎さん」のキャラでの出演だったので、ちょっとヴィジュ大萌えというわけではなかったのですが(いえ、結構好きなんですが)、もう、ナカゴロに思い切り癒してもらいました。

毎回、吾郎が出てくるときには何かしらもったいぶる中居くんですが、今回は大喜利のコーナーからの出演でタモリさんが進行だったためすんなりきゃーきゃー言われて出てきた吾郎。それに、なぜだか一緒にはにかむ中居くん(爆) まず、ここだけで萌えなんですけど? ゲストはド゙すべりするという大喜利のコーナーに、「SMAPの大喜利担当」(by 中居)だと言われ、自信たっぷりな様子の吾郎「大喜利のパイオニア」(by 吾郎) 

中居 「今日、早いのにしっかり稲垣吾郎さんになってますよね」
吾郎 「あいかわらずラフだね、なんかね」

おや? 今日の吾郎は中居くんの振りに強気です(爆) 中居くん、思わず後ろ向いて笑いをこらえちゃったよ。

吾郎 「あっ・・・コンサートお疲れさま」
中居 「あっ!どうも、お疲れさまでした」

この流れは、ドラマフェスティバルでも見たぞ(笑) そこで、また中居くんの吾郎弄りアンテナが動き振りが始まります。

中居 「今週は(ライブは)ありますけれども・・・今週、稲垣さんは出ないですよね?」
吾郎 「最近、僕のことサポートメンバーって言うんですよ」 (それは、福岡ライブでキムゴロ仲良しお食事で甲斐甲斐しく木村くんの世話をする吾郎の様子を見て慎吾が言ったことじゃなかったっけ(笑)?)

ここで、放送後のトークでも中居くんが吾郎の悪口ばかり言っているよとレギュラー陣からのチクリが(笑)

中居 「悪口じゃないです! 全然、悪口じゃないです、ほんとに! 稲垣さんの魅力をほんとに違う側面から見たときにね、どんだけ視聴者の皆さんに届けられるか~! 届けられるか~!」
(タモリさんに、何言っているんでしょうね、この人みたいに首を傾げて微笑む吾郎)

おや? 今日はちょっと流れが違うぞ。中居くん、気をつけたまえ(爆)

中居 「今日は、マイケル風にね?」 (吾郎のくりんくりんヘアを指して)
吾郎 「ちょっと、癖ッ毛を最近出して・・・」
中居 「最近、どうしたんですか? ウェルカム癖ッ毛みたいになってますけど?」
タモリ 「もういいや! 癖ッ毛は癖ッ毛でって思ったんでしょう?」 (タモさんは、吾郎にいつも優しいですなぁ)
吾郎 「そうですね。楽ですし、このほうが」
タモリ 「これ、いいと思うよ、ねぇ?」 (会場に聞くタモさん。レギュラー陣たちも口々にいい、いいと言ってくれます)
(会場から、「かわいい~!」の連呼と拍手が飛び、嬉しそうな吾郎)

このあと、書いたフリップがシャッフルされてそれぞれアトランダムに引いていくと・・・どうやら、中居くんのところには吾郎の回答が渡った模様。もう、見た瞬間から吾郎の字だとわかった中居さん、嬉しくて笑いが止まりません(笑) 素で笑っているよ、かわいい。しかし、天然吾郎はいまだ気づかず(爆) そして、ミラクルにも吾郎の手元には中居くんのフリップが・・・しかし、これまた気づかない吾郎(爆)

中居くんが取ったフリップ(吾郎の回答)には、『くせっ毛 バンザ~イ!』。これには、周りもすぐに吾郎のものだと気づき、尚且つなぜ中居くんが笑いが止まらなかったか把握して、皆微笑ましそうに二人を見ているのがさらに萌える(笑)

中居 「こんだけ人数いるのに奇跡ですよ。お互い持ってました(笑)」
吾郎 「あぁ・・・そうなんだ」 (おいおい・・・)
中居 「これ、字見て、わぁ!稲垣さんだぁ!」 (吾郎思わずかわいく笑ってます)
吾郎 「でも、これ中居くんって気づかなかったなぁ」
(中居くん、ぷぅ~とふくれっ面)

中居さん、あなた確かこの間38歳になられたんですよね? なんですか、その破壊力満点のかわいい顔は(笑)! 吾郎が、また始終クールキャラで今回通していたのも、そんな二人の萌えに拍車がかかった。すごい、ミラクルなお二人でした。

その後、中居くんが進行する『100超えたら負けよ』のコーナーでも、吾郎がゲストシートに座っていていろいろ萌えが落ちたのですが、とりあえずナカゴロ萌えだけあげておきます。いやぁ、ほんと中居さん・・・吾郎のこと大好きだよね(爆)?

【ほんとにあった怖い話】

そして本編。毎年、恒例夏の番組になっていて嬉しいところですが、どうやら吾郎ファンは怖いものが苦手な人が多いらしく編集作業が大変みたいですね。私は、好んで見る人なので毎年本当に楽しみにしています。今回から、「はい、吾郎さん!」という子供達が新しく小さい子たちが選抜され可愛かったですね。吾郎と子供ちゃんたちが、こんなにしっくりくるようになったのねぇ~。

そして、今回のフィールドワークは浅草。すっぽん鍋をつついたり、風鈴作りをしたり、仏料理の暗闇ごはんを試したり、楽しかったですね。なんとなく、いつもよりフィールドワークの時間が短かった気がするのですが・・・また、除霊のシーンが多かったですか? (ここは拝見していないので) もったいないですよねぇ。もっと、下さんといろいろ検証したり、トークの部分が多いほうがいいなぁ。毎年、除霊の部分が必ず長く入り込むところを見ると人気あるのでしょうか?

再現Vでは、『叫ぶ廃病院』だけ全部見させてもらいました。なぜかと言うと、最後のシーンもおっかないのですが・・・ツイッター上でなにやら病院を3人が徘徊するシーンで、病院の窓の外から人間の顔らしきものが映りこんでいると聞いたからです。これがねぇ、怖い人は確認しないほうがいいですが・・・見えます(笑) もしかしたら、放送後にそういう話題が飛び交うようにわざとスタッフが仕掛けたのではないかと思うぐらいにわかる。はっきり顔だとわかるかわからないかぐらいのところがまた(笑) これは、もしかしたら後日番組側から問い合わせ殺到でコメントがあるかもしれませんね。

| | コメント (11)

アニメ祭り

月曜日、月曜日・・・腹立ったり、笑ったり、癒されたりと番組見ながら喜怒哀楽が出てくる月曜日(笑) すみません、今回思い切り思ったこと書かせてもらいます! (かなり、暴言吐いてますので不愉快になる可能性もあるとご了承の上で先に進んでください。また、きたかもしれない。勝手に一人で怒るびょーき(笑))

【SMAP x SMAP】

今週ビストロに来てくれたのは、堺雅人さん。キッチントークで、個人の役者のお仕事に加え、スマップのメンバーとも多々共演されたということでVTRが流れました。・・・『トライアングル』が流れない。えぇ、えぇ、このドラマはフジではなくて関テレ制作ドラマですよ。でも、スマスマも関テレ制作というのが基本だったはず。なぜにVTRに入れ込まない! 主演の江口さんとヒロインの広末さんがビストロに来てくれたときの、あまりにもあっさりとしたビストロも思い出して今回の扱いに本当に腸煮えくりかえったわ!

VTRを見ている段階で吾郎が腑に落ちない表情をしているのを見てしまった段階で、私の凹み具合が怒りに変わってしまった(笑) あぁ・・・今回も何も言えず黙っているしかないのねぇと思ったそのとき! 吾郎さま自身がスタッフにクレーム! 嬉しかったわ~。普段、こんなことスルーする吾郎が怒ってくれたのがすごく嬉しかった。そうですよ、たまには吾郎だって不満を表情や態度に表していいと思う。いつも大人すぎるんです。それぐらい、いいじゃん!じゃない! 毎回、そういう扱いを受けていたら「いつか、僕だって怒りますよ!」 by吾郎@Mステ(笑)

何よりも吾郎がキッ!とスタッフを睨んだときのスタッフのバカ笑いで、私の怒りの沸点が越えてしまった。

笑うなっ! 腹立つんじゃい!!!

なぜゆえ、こんな仕打ちをする必要があるのか、その何も考えてない脳みそ使ってたまには考えろ! まぁ、それでも普段見せない怒りをカメラ前で見せてしまった吾郎にとっては、その後の気持ちの持っていきかたが難しいと思うのでメンバーの緩和剤となるリアクションはありがたかったですね。(ちょっと、たたみかけコメントはむっとしたけど(笑)) しかし、堺さん良い人だなぁ。あぁ・・・吾郎ファンらしからぬ暴言、お目汚し申し訳ありませんでした(苦笑)

だが、「ワンピース名場面クイズ」ではツボがポロポロ落ちていた。ツヨゴロが良い味出してましたね。そして、木村くんと山ちゃんの二人へのツッコミが最高でした(笑) 吾郎は、映画『カラクリ城のメカ巨兵』でラチェットの声を担当していたにもかかわらず!・・・まだ、読んでなかったのねぇ(苦笑) 木村くんがラジオ『ワッツ』でも、吾郎に「お前、アテレコする前に漫画全部読めよ!」って言ってたのに。アテレコはものすごく楽しかったみたいだし、レギュラー声優さんたちとも和気藹々とお仕事したみたいですが・・・それと、漫画への興味は別物なのね(汗) さすが、吾郎。

そうそう、吾郎からの剛への膝ソフトタッチは、なんかすっごく萌えたぞ(笑)! 久しぶりのツヨゴロで、そんなに濃くないのになんか萌えたってば(笑)! この二人は、天然なんだけど結構ちゃんとコーナーが盛り上がるようにしっかり考えてコメントしていたと思います。吾郎なんて、またわざと厭味ったらしく言ってパネラーたちを煽ってましたね。

吾郎 「皆さんファンかもしれませんが、ONE PIECEファミリーと言えば、僕なんですよ」(ふっ)

ここでも、むかつき御曹司キャラ勃発です(爆) あらゆるところでテンションがあがるクイズ回答者に対して、始終「?」が頭の上に飛び交うツヨゴロさんたち。この温度差が最高でしたね。これ以上はないという、キャスティングです(笑) これ、ツヨゴロがいなかったら、漫画知らない視聴者にはまったくおもしろくなかったよね(笑) で・・・続くんだ。次回は、中居さんと慎吾もミニメリー号に乗せよう(笑)!

【GIゴロー】

月曜日に二本もレギュラー番組があるのは厳しいのですが・・・癒されるなぁ。内容うんぬんとは別に癒される。なんか、「スマスマ」で怒りまくったことがど~でもいいことのようにすでに感じてしまうこのヒーリング効果は絶大ですね(笑) 

率直に言うと、今回は途中あまりにものグダグダで笑いが止まってしまいました。アイデア投稿がどうこう言う前に、小芝居があまりにも長くてちょっと引いてしまい、個人的にはそんなに楽しめませんでした。もちろん、ところどころは笑いどころが入っていて、相変わらずのレギュラー陣の呼吸の合わせかたには感嘆しますけどね。ちょっと、私の楽しめる回ではなかった。

アテレコのコーナーは、もう少し全員真面目に取り組んでもらったほうが楽しめたかも。ゴロー男爵のジョーの声もちょっとぞくっとするものがあったので、もう少し真剣にやっているところが見たかったなぁ。あと、引っ張りすぎでしたね。きっと、今回発明品(アニめし:アニメに出てくるご飯)というのが難しくて、それ自体で番組を編集するとどうしても小芝居を入れ込むしかなかったんでしょうね。

ただ、ゴロー男爵のジョジョ立ちと言われる「キラークイーン」だけは、例外なく大萌えさせて頂きました。しずちゃんが言っていたように、吾郎はちょっとアニメや漫画の中に出てくるヒーローキャラクターっぽい風貌をしているんですよね。スタイルもいいし、こういうことさせたら天下一品です! バラエティ番組なのに、いきなり素敵な男爵になるところがたまらなく好き。この番組の良いところですよね。

ゴロー男爵 「キラークイーン!!!

ポーズもキマって声の張りもいいです(笑) 声を出す前に、一旦キャラをリセットして準備する吾郎が素敵(笑) 井上博士曰く、『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)のディオ・ブランドーにゴロー男爵が似ているとな?! ふむ・・・確かに、前髪のくりんくりん具合も似ているような。う~ん、なんか読みたくなってきたぞ(笑)! 次回、里帰りしたときに時間があったら満喫にこもろう(爆)

| | コメント (12)

予約できないバイブル本

この週末に、あげれなかった記事をまとめてみようかと思っていたのですが・・・宣伝マンとして『王様のブランチ』にVTR出演した吾郎の様子がとても素晴らしかったのでこちらをあげておきます。今回も、吾郎は良い仕事をしてましたなぁ。

来週8月25日発売の『THE SMAP MAGAZINE』。いろんな企画や写真を盛り込んで結成22年のスマップを深く掘り下げている内容なんだろうとは思っていましたが・・・なんだ、この素晴らしい写真の数々は(笑) 思わず、それだけでリピが止まらないんですけど? 今回の宣伝マンが吾郎だったために、他のメンバーのソロショットは映らなかったのですが、これはかなり期待していいのではないでしょうか。おそらく、全員モデル並みに格好良いと思います。

・・・これは、大人買いか(笑)? (鑑賞用、保存用、切り抜き用) しかし、それでなくてもネットでは予約締め切りで買えない。聞くところによると、書店でも予約できなかったというところもあるとか?! どれだけ入荷されて売り出されるのかが読めない。ファンの方は、間違いなく発売日に書店に走ったほうがいいですよ(笑)

『王様のブランチ』での吾郎の黒のスーツの衣装から察するに、これは映画『十三人の刺客』の制作完成披露試写会のときに撮影されたものですね。試写会の前なのか後なのかわかりませんが、えらくリラックスされてしっかり笑いも取ってコメント上手がここでも発揮されていました。吾郎に宣伝係の役割が回ってくるのはわかる気がするんですよね。ちゃんと宣伝もできて、咄嗟の質問にもちゃんと答えて笑いも入れる。素晴らしいと思います。

鈴木あきえレポーター 「稲垣さんが、これは見て欲しいぞというみどころってどういうところですか?」
吾郎 「僕らがファッションモデルに徹してる。ライブ前の皆引き締まった顔と肉体で出ているので、どのショットも素敵なんですよね。モデルの方と写真を撮ったり・・・」
鈴木 「すっごい。恋人同士みたいに撮られてますよね?」
吾郎 「もう、楽しかったですねぇ」

このフォトショットの吾郎の微笑みが本当に柔らかくて自然でとっても素敵です。外人の女性モデルさんと並んでいても、スタイルもまったくひけをとらないし美しい!この雑誌の写真撮影のときに、吾郎が一番引き締まっているときで本当に良かった(笑)

鈴木 「また、セクシーですねぇ、稲垣さん」(ソロ写真を見て)
吾郎 「僕、半袖着るってことはあまりないので・・・これは、僕の中で最大の露出です!」

確かに、胸元もがっ~と開いてて、吾郎にしては露出度が大きいですが・・・これが冗談抜きで吾郎の中での現段階最大露出だったら暴れますぜ(笑) この写真ですが、番組見た吾郎ファンは間違いなく全員堕ちたと思いますね。こんな、セクシーな表情を何年振りで見せてくれたことか。20代の頃の吾郎を彷彿とさせて、アラフォーになってもまだまだ吾郎さんイケますよ。どんどん、その色気を前面に出していってください!

鈴木 「皆さんの鞄の中身とかも・・・」
吾郎 「そうです。『おしゃれカンケイ』以来ですよ。基本的にそういうの嫌なんで・・・「嫌だ」って言ったんですけど、最初。でも、なんか大きな力が・・・逆らえなくて」

上手いですねぇ、この持っていきかたも。確かに、昔、『おしゃれカンケイ』での恒例鞄の中身チェックがあったし、Kinkiの『LOVE LOVE あいしてる』の篠原ともえちゃんの楽屋突撃コーナーでも鞄の中身を見られることを渋ってたなぁと思い出しました。

ファンにとっては内容ぎっしりのSMAPマガジンの価格が1000円ということで、「安っ・・・!」と思わず言ってしまう吾郎(爆) 「採算が取れないなぁ」なんて、ここでも笑いを取ることは忘れません。そんな吾郎の完璧な宣伝にSMAPマガジンへの期待が高まりました。スマップのバイブル本がまたひとつ増えそうですね。

| | コメント (11)

男爵とフィネス

嬉しくもあり、大変でもある月曜日がまたやってきた(笑) どちらもそれなりにおもしろかったと思います。

「スマスマ」のほうは、とりあえずビストロのキッチントークだけ見せて頂いたのですが我が目を疑いました。こんなに、キッチントークで吾郎とゲストさんとのエピを長く放送してくれたことがかってあっただろうか? 答えは「」です(笑) なんだか、慣れなくて他のメンバーにも話もっと振って~と落ち着かなくなるぐらい長かった。こんなこと、ほんと~にないので今回ばかりは喜ばせてください。

ゲストが06年に舞台『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』でご一緒した大竹しのぶさんということもあり、そのときの吾郎の様子をたくさん話してくれて感謝したいと思います。しかし・・・この二人のキスシーン、いや組んずほぐれずのラブシーンはすごかったですね。観客全員ガン見でしたよ。私が行ったときは剛が見に来てくれていたのですが、前のめりで鑑賞してくれていました(爆) あぁ、なぜにスマップの舞台はDVD化されないのだろうか(涙)

そして、もう一人のゲスト中村勘三郎さんも、『いいとも増刊号』を見て、中居くんや慎吾が吾郎の話を大きくした(中居くん自己申告w)エピがえらくツボに入られたみたいで、その話を出してくださるもんだからさらに吾郎の話が広がる広がる(笑) キッチントークは、ほとんど吾郎話で終わったんじゃないでしょうか?! きっと、編集できないぐらい実際この話の部分が一番盛り上がったんでしょう。←少し毒入ってます(笑) 

しかし、中居くんも慎吾もやっぱり吾郎の話をすると会場が盛り上がるってわかってて話すんですね。さすが似たもの同士だよ(爆) 二人とも「ごめんなさい」って可愛いですなぁ。でも、次回は良いことも言ってあげてね。でも吾郎は、「いいですよ、使って頂いて。ウケるんでしょ?」って言っているのを聞いて、この人には絶対に人間の器の大きさとして勝てないと思いました。稲垣吾郎、素敵な人です。


【GIゴロー】

そして、4週秋葉原ロケを終えての通常放送だった「GIゴロー」ですが、これがまたおもしろかったですねぇ。ロケであれだけ楽しませてもらったら、通常放送はパワーダウンに感じるかと正直思っていたのですがこの安定感は知らない間に培われていたんですね。

今回のAKBのお嬢さんたちは、口の悪いメイド二人に『崖っぷちAKB』のメンバーだと罵られる(そんなことないですよ~。AKBのメンバーっていうだけで選抜されたお嬢さんたちお二人です)、増田有華ちゃん(ゆったん)と佐藤亜美菜ちゃん(あみな)です。おぉ、「ゆったん」は秋葉原ロケでゴロー男爵と次課長のお二人に推しメンとして選ばれた(実は、今回出場するからという理由があったようですが)お嬢さんですね。それより何より、男爵から『マスカルポーネ』とニックネームをもらったゆったんは羨ましい(笑)

男爵がまたすごくヴィジュがいいんですけど? 衣装もちょっと伊達男風でくりんくりんのヘアにとってもお似合い。シャツの胸元を少し吾郎にしては大きく開けてスカーフの下に見えるペンダントがキラリ☆ 思わず、話を聞いているようでカメラで自分の顔をチェックするゴロー男爵には笑いましたが。まぁ~ねぇ、これだけ格好良くて美しかったから、自分を見つめているのが一番楽しいのはわかる気がするわ~(笑)

今回のアイデア商品は『辛いもの』ということで、試食するたびに辛さをリセットする必要があります。最初は牛乳、二つ目はお塩。この塩がまた良い仕事をしてくれました。お皿に盛られた塩を素手でひとつまみして自分の舌の先に塗りこむ男爵の仕草が色っぽくて、色っぽくて。はい、私の今回一番のリピポイントはここでした(笑) 男爵・・・これは危険です。色っぽくてエ○すぎますっ(爆) あぁ、幸せ♪

そして、今回のゴロー男爵の萌えキーワードは・・・

フィネス

『フィネス』とは、ワインなど上質で優雅なものを食したあとの後味を賛美する言葉だそうですが・・・まさに、ワイン好きの優雅なゴロー男爵にぴったり。あまりに、嵌りすぎて腹も立ちません(笑) 男爵によると、アイスクリームにカレー粉を乗せて食べるというアイデアには首を捻るものの、後味は悪くない。「フィネス的にはOK」(笑) はいはい、庶民の私たちは皆さん、メモしてくださいよ~(爆)

今回も、出演者全員がまんべんなく発言をしてそれぞれの良いところが出ていたと思います。理想的だったんじゃないでしょうか。そして、ゴロー男爵は麗しい。文句なく100点満点です。思うに、発明投稿アイデア番組とは言え、実は良い意味で投稿アイデアは二の次の番組なんだなぁと元も子もないこと最後に言っておきます(爆)

| | コメント (7)

これが愛だよ!

すべて記事のドラフトを書いた段階でなぜだかPCがクラッシュしました。一度長文記事を書いたあとにこれは厳しい・・・正直、心底萎えました。もう、今日UPするのはやめようかと思ったのですが、気持ちを奮い起こして思い出して書いておきます。(あぁ、なぜ記事を保存しておかなかったんだ・・・) 他にもいろいろ記事にしたいことがあったのですが、かなり遅れてUPすることになりそうです。


【Mステ】

ジャニーズタレントが三組も出演しているにもかかわらず、他の出演者も豪華となれば1時間ですべてどれもこれも見せるのは大変だと思います。いろいろ思うこともありましたが、とにかくスマップが格好良かったので個人的にはそんなに不満はありませんでした。後輩くんたちのトークもとても面白くて笑いましたしね。こうやって見せてもらうと、同じ事務所のグループとは言え、本当にそれぞれカラーが違うし良い味を出しています。そんな中で、やっぱりスマップが一番格好良いと改めて思わせてくれたのは収穫でした。

グループ内のリーダーがどう決まったかというトークのくだりは、スマップだけ聞かれなかったのは残念ですが、他グループとは違ってじゃんけんで決めたわけではなく、メンバー全員が納得しての中居くんだったので流れとしては違いますしね。(昔のアイドル番組のゲームコーナーで、2TOPがガチで戦って勝ったほうがリーダーになったという説もありましたが(笑)) もしかしたら、「俺には振らないで」と中居くんが言ったかもしれないとさえ思いましたよ。中居くん自身は、必ず「俺は、別にリーダーじゃないよ」と言いますが、他のメンバーも、周りの人間も世間でも中居正広がスマップのリーダーだということに異論を唱える人はまずいないと思います。そして、身内贔屓と言われようが、どのグループよりも「うち」のリーダーが一番頭がいいし、格好良いです(笑) 

歌前トークでは、全員それぞれ自分の役割を考えてトークしていましたね。今回も、吾郎は相変わらず良い「仕事」をしていました。しかし、まさかここで札幌初日のあとのキムゴロデート・・・もとい(笑)、お寿司屋へのお食事エピが出てくるとは思わなかった。昔からライブ後の食事の話が出ることはあったのですが、キムゴロさんに限ったエピではなぜか表に出てこないだろうなぁと思っていたので(笑)

吾郎 「僕と木村くんは、札幌ということもあっておいしいお寿司屋さんに行ってきました。ねっ?木村くん
木村 「なっ♪

・・・
ここは、ライブ会場ではないのでカミングアウトはやめてください(笑) もう、いつでもどこでも二人が一緒にいるというのは、最近どの番組を見ても映し出されるようになったのですが、ひっそりとキムゴロさんたちを応援していた身としてはちょっと複雑。まぁ、それで上手く回るのならいいことなんでしょうね(爆)

その後のシンツヨトークではいつもの流れで微笑ましかったですね。間に挟まれた中居くんがまったく話さなかったのは残念ですが、別に不機嫌だったわけでもなく今回はクールモードが入っていたので控えていたんでしょう。ずっとニコニコでご機嫌さんだったですしね。あっ、剛がキムゴロさんたちがお寿司屋さんに行ったのを知ったのは、出かけるときだったので乗り遅れたんでしょうね。ちゃんと、木村くんが剛にもお寿司のお土産を持って帰ってきてくれたのでメンバー愛はちゃんとあります。そこだけは、ちゃんと記録にここで残しておきたい(笑)

メインの歌のほうは、曲紹介のときにそれぞれスタンバイしている様子の数秒間でプロの一面を見せてもらえた気がする。ちょっとしたところで、各々歌モードに切り替える仕方が違うんですね。そんな中で始まった♪This is love♪ですが、生歌でもしっかり楽しそうに踊って歌っているスマップを見せてもらえて満足です。二番がバッサリとカットされていたのは非常に残念ですが(吾郎ソロの出だしもさることながら、慎吾の手にキムゴロさんたちがタッチするフリが大好きなので)、とにかく全員本当に格好良かった。リーダーは、始終渋くクールだったし、木村くんの即興アレンジのかっこよさはアイドルグループと呼ばれる中ではピカイチです。吾郎はいつでもプリンス仕様だし(最後のホッとしたスマイルに蕩けそうになったわ)、剛の始終変わらない笑顔は安心させてくれる。慎吾は場を盛り上げるのが上手いですよね。

全員が横並びになって振り返るところでは、思わずチキンスキンになった。かっこいい・・・なんて、かっこいいんだろう。きっと、今後どれだけ素敵な後輩くんたちが出てきても、私はスマップのファンでいることを止めないし、目移りもしないと思う。彼らのファンでいるのを止めてしまうには、あまりにも長い間好きで好きで堪らない期間を共有してしまった。売れることの厳しさ、トップでいることの辛さ、そんなものをすべて受け止めて今を走り続けるSMAPをこれからもずっと応援していきたい。あらゆる記録をアイドルというグループで塗り替えてきた人たちが、多くの出演者がいるスタジオの片隅でひっそりと固まっている。まるで、自分たちしか信じられないように。そんなスマップを私は愛しています。


【月イチゴロー:夏休みSP】

スマップの中にいる吾郎と、個人で出演している吾郎はまったく違う人になる。まぁ、個人でのお仕事のときは自由奔放です。今回の月イチゴローもとにかく自分の思うように辛口コメントも含めてしっかりレビューをしています。それも素晴らしかったのですが、夏休みSPということで思いがけず色っぽい浴衣姿でのお出ましですべてのことが記憶から遠ざかっていきますが・・・やはり、ちゃんとレビューは残しておこう(笑)

第5位 レポゼッション・メン
「結構、ひどい映画でした」
「ちょっと、血が多すぎた。アクション映画というよりもスプラッター」
「パッケージ感としてSF感を出してきただけ。SFスプラッター」

グロイ映像作品は、吾郎は苦手なので仕方ないですよね。「SFスプラッター」という言葉だけで、すべてわかってしまうところがすごい。きっと、慎吾もこの映画ダメだと思うよ(笑)

第4位 ストーンズ・イン・エグザイル
「ローリング・ストーンズよりビートルズ派なんで」

映画の話はまったくなくて、この理由だけで押しきります。(実際、話したかもしれないのですが編集でバッサリだったんでしょう) 吾郎自身は、実はロックが好きで、デビット・ボウイにすごく影響を受けたとか、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルやドアーズを高校生のときによく聞いていたと。それ昔は良く言っていたよねぇ。やっぱり、次回のソロはそのルーツを追ってブリティッシュロック調のものをやってほしい。慎吾がスタジオで、MAXの皆さんに吾郎がサウスポーなので右利きのギターを逆にして弾くとか話しているのももっと聞きたかったです(笑)

第3位 踊る大捜査線 THE MOVIE3
「ファンにはたまらない、ファン向けの作りになっている」
「当然、大捜査線はみんな知っているでしょ?っていうのが伝わってきてしまう」
「柱となるストーリーにも問題があったかもしれない」
「事件の面白さよりも、キャラクターの大集合みたいな感じになってしまっている」

きっと褒めている部分もあったと思いますが、印象としてはこういうコメントになったんでしょうね。ご自身も以前のテレビシリーズ『歳末SP』で鏡恭一というイッちゃっている犯人役を好演して、今回の映画でも少し出演しているにもかかわらずこの辛口コメントです。イチ映画ファンとしての率直なコメントに敬意を表したい。

第2位 トイ・ストーリー3
「良い映画だった」
「タイムカプセルを久々に覗いたみたいな気持ちになれる」
「おもちゃを捨てたときのこととか、子供のころのことを思い出して、大人のほうがグッとくる」

そして、話はまた吾郎のことに(笑) 14歳のころにアイドル雑誌に掲載されたプロフィールの質問で『大切にしているもの』というのに「小さいころのおもちゃ」と答えて事務所のジャニー社長にすごく褒められたのが嬉しかったと話していますが・・・このプロフィールの他の質問も大写しに出ていたけど、同じ質問を今の吾郎に聞いてみたいですね(笑)

第1位 インセプション
「なんかよくわかんないけど、すんげぇ作品だなという感じ」
「今までにない、何次元?みたいな」
「誰でも少し夢の中って考えると思うけど、そんな世界」
「ディカプリオが良い。渡辺謙さんもすごい」

1位の作品のわりには、あまり内容について深く聞けなかったのが残念ですが、今回は吾郎のことも入れ込むことに意義があったのかな(笑) 吾郎が必ず繰り返してみる夢は「エレベーターで果てしなくあがっていく夢」だそうですが、これは夢占いでは『欲求不満』だそうです(爆) 夢占いの本って昔読んだ記憶がありますが、なぜだか「性」のことに結び付けているものが多くて、夢ってそれだけが潜在意識じゃないだろうって思った記憶がありますが。それよりも、慎吾のコメントのほうが衝撃的でしたな。

慎吾 「うそぉ?! 結構満たしているんじゃないのかなぁ・・・」

真面目な顔でこっそり呟くのはやめてください(笑) 気になって仕方ないんですが・・・慎吾が言うんだから、それが正しいんでしょう。欲求不満というよりは、満たされ過ぎて見てしまうのではないかと。←大きなお世話だし、ここで書くことでもないですが(爆) だって、それほど今夜の吾郎は色っぽかった。毎回、女性のように襟を抜く着方がさらにその色気を増幅させて、色香だだ漏れでしたけど? 見ているこっちが欲求不満になりそうで困りますなぁ(笑) あぁ、でも毎回「スマステ」さんは浴衣姿のゴローさんを見せてくれるのでありがたいです。お礼出しに行かなきゃ!

| | コメント (19)

★ゴローの部屋★

まだまだ、番組ラッシュは続きます(笑) ←笑ってるwww もう、別に楽しめたからって記事に全部あげることないのですが記録は必要。そして、面倒なら長文記事にしなければいいのですが(見るほうにも迷惑(笑))、書き出したら勝手に長くなる・・・誰か、文章の上手いまとめ方を教えてください(苦笑)

もう考えても仕方ないので、とりあえず月曜日のレギュラー番組感想UPしておきます。

【SMAP X SMAP】

今回は、全体的に見て愚痴るコーナーがなかったと思います。「ほん恋」は、正直まだ続けるの?!とは思う反面、これがところどころツボを落としていくので完全否定ができない(苦笑) 企画うんぬんというより、真剣に演技するスマップのメンバーと、小窓に映るメンバーのリアクションが優秀なので結構楽しめたりするんですよね。(裏読みとも言う・・・) ただ、続けるのなら、吾郎にもいろんなキャラを回してあげてください。確かに、厭味キャラやらせたら上手いですよ、吾郎は(笑) でも、たまにはこう真摯な男の役柄も見てみたいのよねぇ。

それから、吾郎、点数でそこまで頑張らなくていいから(苦笑) あれ、他のメンバーが上手くコメントしてくれたから笑えるものになんとかなっていたけど、私ちょっと見てられなかったよ(汗) まぁ、これも私がイタいだけで、実際は吾郎は楽しんでやっていたのかもしれません。ただ、個人的には嫌な流れなのでやらなくていい(笑)

ビストロも歌のゲストも、今回のスマップのアルバムに曲を提供してくれたマッキーこと槇原敬之さんのご出演。彼がスマップのために作ってくれたダブルミリオンヒットの『世界にひとつだけの花』は、正直あまりにもいろんなところで歌うのでもういいよ(呆)と思っていたのですが・・・『僕音』での彼のコメントを聞いて、「ごめんね、マッキー」って思った(笑) 良い曲はずっと良い曲。そのとおりなんだよね。あっ、私はアルバムヴァージョンのほうが断然好きです(笑)

マッキーと一緒に歌う♪Love & Peace Inside?♪良かったなぁ。ま・・・相変わらず、UP率がメンバーによって違うのでイラッとくるところもあるのですが、最初の吾郎のソロでしっかりUPを抜いてくれただけでも良しとします(笑) 吾郎、すごく美しかったし。タイトルのサビのところの振りがかわいいんですよね。ここで、それぞれのメンバーの顔の前にカラーラインが入るんですが・・・えっ!ナカゴロカラーがちゃんとスマカラーになっている!!!と喜んだのも束の間、シンツヨカラーが逆でした(苦笑) そこは、ちゃんと合わせてきてほしかったわ。ことごとく、ちょっとしたところでツボ外してくれるわぁ、この番組(汗)

【GIゴロー】

夏休みなので太っ腹ロケ大放出! 秋葉原ロケ完結編! 井上博士研究所でも、「もう出すところないでしょ?」と三人が言っていたとおり、はい、グダグダです(笑) ところが、相変わらずなぜか成立してしまうGIマジック! ここは、もうあっぱれですね。本当に、「MFL」のNYロケ同様に全部出し切ってくれたんでしょうね。深夜番組で夏休みだからできることだったんでしょうか。本当にありがたい番組です。

今回のオープニングは、さらに特典がついていた! 

ゴローの部屋」

影の男爵の予告ツイートを見て、なんだかわからないけどワクワクする企画が入り込むらしいというのはわかっていた。これまたおいしいコーナーでしたね。ゴロー男爵が真ん中で、山ちゃん、次課長、ゆっきーなを集めてMCをするという上品な小芝居(笑) MCなのに、斜め座りの偉そうな男爵。でも、その姿さえもきまっていて格好良い(笑) トークでは、どうにも山ちゃん弄りが好きなようで・・・山ちゃんがAKBファンから自分は嫌われている、正直、この番組に自分はいちゃいけないとまで発言してしまって、思わず「そんなことないっ!」と画面に叫んでしまいましたよ。あなたしかいませんって。自由奔放のゴロー男爵を引っ張って、他のメンバーの鋭い突っ込みやボケを全部拾って番組を進行できるのは。それに、男爵が山ちゃんのこと大好きだからだいじょうぶですよ(笑)

今回の秋葉原ロケは、まずは「トイヘリ」。これ、結構とリモコン操縦が難しいみたいですね。がんがん床に叩きつけて、買取ヘリが増えていく(笑) 男爵、金持ちだからいいんじゃないでしょうか(爆) そして、男爵がいっきにテンションが上がったのが、次の「エアガン」コーナー。子供に戻ってましたなぁ。陳列棚に飾られている銃をひとつひとつじっくり見て、手に取り真剣な顔の男爵。

山ちゃん 「ここ、何がすごいって、射撃体験ができるんですよ!」
ゴロー男爵 「・・・」
山ちゃん 「男爵(苦笑) 集中しすぎて僕の大事なキーワード聞き逃さないでくださいよ」

でも、実際は、吾郎としては射撃体験よりも銃を手に取って楽しむほうが好きみたいで・・・山ちゃん、困ってます(笑) でも、いざ射撃体験ができるとなると、銃を構える姿がかっこいい! 何が他の人と違うんだろうと思ったら、吾郎って的を狙うとき片目を瞑らないんですね。だから、映画のヒーローのようでかっこいいんだ。あぁ、素敵。長い足を肩幅に広げて(それも、重心はちょっと右足寄りのモデル立ち(笑))、すっと伸ばした背中、くりんくりんの前髪(これは、射撃に関係ないが・・・)、どれをとっても格好良い!

そして、締めは秋葉原の夜の街中でのレッドカード。もちろん、男爵に選ばれたのは山ちゃん(笑) 4週にも渡って楽しいロケを見せて頂いて、本当にありがたかったですね。次週からは、通常投稿アイデア番組に戻るということで・・・ちょっと残念(笑) また、機会があれば是非ロケ敢行してほしいですね。

| | コメント (14)

職業は「アイドル」!

日本は、サマーホリデー突入でしょうか? こちらは、一年に一週間ほどしか祝日がない国におりまして、当然平常どおりです(笑) そんなわけで、この怒涛のメディアラッシュが嬉しい反面、ひじょうに大変でブログの更新も一歩一歩と牛車の歩みになっております。週末に、またまとめてプチツボ記事をあげようと思ったのですが・・・雑誌もテレビ出演もたくさんありすぎ(笑)! とりあえずひとつだけUPしておきます。

【新堂本兄弟:一人SMAP 稲垣吾郎】

今回は、新曲の宣伝を兼ねてのご出演ということですが・・・スマップの新曲なのに吾郎一人(笑) これは、トークだけならまだしも、歌は厳しいよねぇ(苦笑) なぜに吾郎が選ばれたのかはわからないのですが、いろいろツボを落としてくれた番組と楽しく進行してくれたKinkiのお二人、そしてマイペースな吾郎に感謝したいと思います。

まぁ、出てきたときの吾郎のジャケットにまず目を奪われましたが・・・吾郎、かっこいい(笑) オープニングの曲の最後で片腕をあげて締めるときに、ジャケットの下がノースリーブで腕の付け根までお披露目してくれたところで、男の色気バシバシで倒れそうになりました(爆) あぁ、くりんくりん具合もいいし、ヴィジュもいいですっ!

番組恒例の『一問一答』では、吾郎のサービス精神が全開になりまして、ノリノリで回答する吾郎(笑) Kinkiの剛くんと光一くんが、うまく合間に突っ込んでくれたりして楽しいトークになりましたね。吾郎はおしゃべりだし、トーク番組も実は難なくできる人だと思いますが、客前で自分ひとりだけ前に出て質問に答えるというのは実は苦手だと思います。途中、何回か大きく息を吐いているのを見て、「あぁ・・・結構、緊張しているんだな」と思いました。

ここでは、いろいろツボがあったので書きたいのは山々なんですが、もうこれまた全部ツボなんで拾い切れません(笑)! その中でも、ここは書いておこうという吾郎のコメントをUPしておきます。

吾郎 「家庭的ですよ、結構、僕は。炊事や洗濯も好きですし、料理もやりますし。なんか、良い主夫になれるんじゃないかって・・・」

Kinkiのお二人から同時突っ込みが入りますが(笑)、だいたいこの「意外と家庭的だと思うポイント」という質問自体が男性に聞くことではないんじゃないかと、そこにまず突っ込んでしまいましたけどね。料理の流れで、剛くんに自分が栽培しているバジルをペーストにして持っていてあげるという話になったこの流れもツボですが・・・目をそらさずに真剣な吾郎の顔がかっこよくて何度もリピしたところのひとつです(笑)

吾郎 「YOU!それダメだよ」

何も(仕事が)なければ早寝早起きだという吾郎の話に、光一くんが何もなければ夕方まで寝ていると聞いて発した言葉。ダメダメ・・・と本当にダメ出しをする横顔が素敵(笑)

自分が女だったら、スマップのメンバーの中で誰を彼氏にしたいか?というナイスな質問も出ましたが、もう吾郎が答える前から絶対に「自分」だと言うと思った(笑) だって、むか~しから、同じような質問で必ず自分を選ぶ人なんで。まぁ、自分のことは自分が一番良く知っているからつきあえるっていうことだと思うけど・・・稲垣吾郎を自分色に染めるのは、「絶対」に無理だと思います(爆)

スマップのメンバーを野菜に喩えてくださいという質問に、「大喜利(苦笑)?」と小声で言っている吾郎がツボ(笑) そして、回答は即興なわりには的を射てます。

中居 - 生姜 (元気になれる。かかせない存在)
木村
 - トマト (情熱の色の赤。旨みがあっておいしい) 吾郎 「僕は大好きv」 ・・・言ってろっ(笑)(笑)(笑)!
吾郎(自身) - ゴボウ (繊維が細くて繊細)
 - ブロッコリー (顔かたち) もしくは、モロヘイヤ (栄養があって長生きしそう)
慎吾
 - たけのこ (すくすくとまっすぐ育ったイメージ)

最後にキレッキレのターンをジャニーズとして見せてくれる吾郎。もう、むちゃぶりにちゃんと応えて、必ず笑いを取る吾郎はできる子ですなぁ(笑) 前髪が若干乱れてしまったあとの、次の『緊急調査』ではしっかり直していたのですが、これが抜群にかっこよくオープニング時より良かったですねぇ。すっごく、私好みのヘアスタイルになってました(笑) もう、足組んで座っている姿がマネキンだったよ、マネキン! 外人だよ、外人(笑)!

この意識調査は、わざと吾郎がポイントが取れるようなテーマを番組側が選んだのが見え見えだったのですが、3問中吾郎がトップになったのは1問だけだったというのも意外でしたね。慎吾の名前がまったくあがらなかったのは、吾郎のイメージと真逆の人ということでしょうか? ちなみに、私は「肝試しをしてまっさきに逃げる」のは慎吾、「鏡を見る回数が一番多い」のは吾郎、「無人島で一番に力尽きそう」なのは中居くんのイメージです(笑) これも、ひとつの勝手なイメージなので根拠も何もありませんし、悪気もないです。慎吾は怖いの苦手だし、吾郎は癖毛ゆえ髪が気になっちゃうし、中居くんは野生のもの食べれないと思ったので(笑)

そして、最後はスマップの新曲『This is love』を一人SMAPで挑戦する吾郎。いやぁ、初見緊張してよく覚えてない(苦笑) ただ、ブルーのライトに浮かび上がる吾郎がかっこいいことしかわからなかった(笑) だって、曲が始まった途端にあまりにものアレンジに「これは歌いにくいぞぉ(汗)」と思ったし、キーも少し高かった気がしました。この新曲大好きでかなり聞き込んでいるので、5人ではなくて吾郎ひとりの声で聞くのもすごく違和感。でも、スタンドマイクでロックする吾郎は格好良かった。今度のソロ曲、この路線でもいいよね? 

とにかく、始終ヴィジュもスタイルもいい吾郎に惚れ惚れして楽しませてもらった。番組の照明の加減で、少し俯き加減になるときの吾郎の睫毛が頬に影を落として美しいのなんのって。もう、それだけでいろいろとありがたかったですね。新曲の宣伝おつかれさま、そしてヴィジュ最高の吾郎を見せてくれてただただ感謝です(笑)

| | コメント (8)

スマップの原点(?)

私にはありえないブログ更新が、今週は続きそうです(苦笑) 嬉しい、嬉しいんだけど大変だ(笑)! もう、とにかく更新できるときはガンガンUPしていきますので、コメント残したいと思ってくださる方も後日あとから遡って入れ込んでくれてもいいですし、もう長文だし読むだけでもいいですのでついてきてください(爆) はっきり言って、記事なんて後回しにしてリピしたい衝動にかられるのですが・・・ここで溜めたらもう書けないなと読めるのでUPしていきますね。だって、萌えが落ちまくりなんで(笑)


【ザ・ミュージックアワー:特大2時間SP】

私は申し訳ないことに、この「Mアワー」は初めての視聴です。(つまり、スマップが「うたばん」から番組名が変わって初出場ということですよね) 毎回、「うたばん」よりこういった広いスタジオの客前で収録するようになったんですか(笑)? 一長一短ですが、メンバーの全身像が映り込むのは嬉しいかもしれない。とにかく、オープニングから楽しませてもらいましたよ。吾郎ファン、頑張ったねぇ(笑)

吾郎が大好きだという吾郎ファンのお嬢さんのひとり勝ちですか(爆)? メンバーが出てきたときに彼女以外にも「ごろーちゃん!」という声が聞こえるんですよね。今回、観覧に行かれた吾郎ファンに熱く御礼申し上げます(笑) そう、スマップは全員格好いい! その中に吾郎も当然入ってます。たまには、吾郎だって格好いいというのをこうやって見せてくれてもいいと思います! ここをカットせずに放送してくれたスタッフにもお礼を言いたいですね。

そして、「吾郎さん、カッコイイ~!」という声を無視せずに広げてくれた中居くんにも大きな感謝を(笑) 吾郎は照れていましたが、中居くんが吾郎以上に喜んでいるように見えたよ(笑) 握手やハグを促したのも、吾郎ならちゃんと男前にやるってわかっているからの振りですよね。リーダー、相変わらず読んでるよねぇ。そして、ああいうとき一番素直に一緒に楽しんでくれる剛のリアクションも私は大好きです(笑) 今回、もしかしたらジェラってしまった吾郎ファンの方もいるかもしれませんが、私は観覧で吾郎の名前を勇気を持って声を出してくれるファンは大好きなので、彼女が今回吾郎からハグをもらえたのはそのご褒美として当然だと思いました。私ぐらいの齢になると躊躇しますが(笑)、お嬢さん世代の吾郎ファンは今後も本当に頑張ってください。(ライブでは、お姉さま方ファンも頑張って声出してくださいよ~。私も毎回声嗄れちゃうぐらい叫んでますのでw) 吾郎だって、本当は声出してもらうと嬉しいんですよね。自信つくしね(笑)

メンバーからそれぞれアルバムの中の曲で何が一番好きか聞くことに・・・木村くんが、「う~ん・・・」とすごく悩んでしまったり、「その日によって変わるんですけどね」という剛のコメントもよ~くわかる。どの曲もいいから選びにくいんですよね。まさしく、私がアルバムの感想を総評という形でしかあげれなかったのと同じです。

木村 - We are SMAP!
吾郎 - Love & Peace Inside?
 - グラマラス(シングルのCP曲) (アルバムだっつ~のと突っ込まれる剛(笑))
慎吾 - Magic Times
中居 - ・・・ (タカさん、途中で遮らないで~(汗))

ファンとの絡みもおもしろかったですが、やはりメンバー絡みは外してはいけない(笑) タカさんが、中居くんがレコーディングしていたのを知らなかったと話すと、中居くんがあまりレコーディングに時間をかけない、一週間ぐらいで終わってしまうというコメントで吾郎が思わず言ってしまう。

吾郎 「中居くんの場合、毎テイク、何十回歌ってもだいたい同じ・・・」
中居 「こらっ!!!」 (おきまりのコント勃発w)
(吾郎が、じと~とした目で笑いながら中居くんを見ると、それに思わず微笑んでしまう中居・・・あぁ、ナカゴロ萌えv)

そのあとは、マイケルダンスを披露してくれたケント・モリさんとのスマップコラボダンスなどを挟み、その後ははるな愛さんがバスガイドの格好をしてスマさんたちをコーチに乗せて秋葉原の家電ショップ『石丸電気』へ・・・素の群れスマ! もう萌え全部なので記事にできませんので、その中で私らしく吾郎中心メンバー絡みだけ拾っておきます。とにかく、ここはキムゴロオンパレードでした(笑)

とりあえず、4階に下りてみることに・・・

吾郎 「ここは、美容系じゃないですか?」
木村 「吾郎、いいんじゃない?」
吾郎 「ドライヤー、ほら!イオンドライヤー」
木村 「吾郎、いいんじゃない?これ」 
(二回も吾郎に尋ねてくれる木村さん。特に大きなリアクションを返さない吾郎が、やけにいつもの二人のショッピング風景を覗かせてもらったようで得した気分に♪)

そこで、奥にマッサージチェアを見つける木村くん。

吾郎 「木村くん、気になってるね、これ」
木村 「気になってる」
(マッサージチェアがとにかく気になる木村くん)
木村 「ちょ、これ、吾郎、どう?」 (なぜか、吾郎に聞いてしまう木村くんv)
吾郎 「僕・・・ちょっと欲しいものがあるんだけど」
木村 「何が?」
吾郎 「あの・・・炊飯ジャーがほしいんだ♪」
(反論が来ることを覚悟で書かせてほしいんですが・・・ちょっと新婚さんの会話みたいだよね(汗)?)

このあと、炊飯ジャーコーナーに行き、気に入った商品を見つけ実際にご飯が保温されているのを何の躊躇もなく試食するツヨゴロ(笑) 「う~ん♪」と顔を見つめ合って試食を楽しむ二人(笑) それを見て、「お前らロケ慣れしているなぁ。お前はGIゴローで慣れているし、お前はぷっすまで慣れてるしよぉ」とぼやく木村さん。そこにお茶碗と自分のお箸を押し付けようとする吾郎(爆) ロケ最高ですね。

そして秋葉原ロケの途中にスタジオでのスマップの歌披露♪This is love♪が入り込みます。皆、ヴィジュがいい! これ、トークと収録は同じ日だったと思うのですが、吾郎のヘアが綺麗にセットされていてこっちのほうが私のストライクでしたね。カッコイイ~、吾郎(笑)! でも、場所が少し狭いのか、スマップさんたちの踊りの振りがちょっと遠慮がちだったような気がしました。

最後は、慎吾が行ったことがあるという「SMAPの原点に戻ろう!」という場所??? なんだか怪しいマスターのいる怪しい飾りつけのスナック『よ~かんちゃん』。何が何だかわからない様子のスマップの表情に笑ってしまいました。一人視聴者と同じ目線でメンバーの様子を見て満足気の慎吾、最初は乗り切れないのにツボに入って一番うけまくる木村くん、何とも言えない雰囲気に笑っていたのがついていけなくなるツヨゴロ(笑) 始終しっぶいリーダー(笑) スマップ・・・わかりやすい(笑)(笑)(笑) 

なんと、来週もスマップがゲストですか? ロケの続きでしょうか? これはまた・・・ブログ更新が大変です(笑) シングルが出るっていいですよね~。ライブも進行中でスマップ祭はまだまだ続きます!

| | コメント (8)

声を聞くことのできる番組

怒涛のレギュラー番組2連チャン月曜日。今夜は、まぁ、どちらの番組もいろいろ波紋を呼んだみたいで(苦笑) とりあえず、萌えツボどちらもUPしておきます。また、無駄に長い記事ですので、いつものごとく適当に時間のあるときに読んでやってください。

【SMAPxSMAP】

今夜の「スマスマ」は、もうこれしかないでしょう。『チキンハートNo.1』 中居くんもしっかり司会ではなくて参加して5人横並びの全員参加型コーナー。たったこれだけのことで、内容も大事だけど気持ちがUPするのは仕方ない。スマップ全員格好いいし。コーナーの主旨としては、メンバー全員に心拍測定器をつけてもらって、ホラー映画の恐怖シーンを見せて誰が一番心拍数があがるか・・・つまり、「誰が一番チキン野郎」かを調査しようというもの(笑)

いいんですよ、これで。こんな単純なことで5人全員が参加して、素のメンバーの様子が見れて、フリートークが聞けるだけで嬉しい。結果的に、ファン以外にもおもしろいコーナーになったのではないでしょうか。なんとなく、スマさんたちが日焼けしているように見えるのは気のせいか。(リハって屋内でやってたんですよね(笑)?) 若干、慎吾が疲れ気味なのが気になりますが、この収録時はおそらくライブ構成最後の追い上げ段階だったんでしょうね。お疲れさま、慎吾。

中居 「僕がチキンハートなわけないじゃないですか」
木村 「基本、スマップってチキンハートっていうよりもライオンハートなんで」
観客 おぉ~!
中居 「俺も、そういうコメントしたかった(笑)」

かる~く2TOP萌えです。最近、お互いのコメントを拾いあうようになったねぇ(嬉涙) しかし、吾郎のジャケットがまた相変わらず着こなしが難しいもので。ご自分で選択したのか、スタイリストさんに「今回は、吾郎さんこれで」と言われるのか知りませんが、一般人があまり着ないジャケットをよく着てますよね。

一本目は、『エルム街の悪夢』 吾郎以外は、何気に平気な表情。吾郎は「ほん怖」のときと同じく、怖ければ怖いほど笑う人ですが・・・笑ってます(爆) (しかし、この映画に映画初出演のジョニー・デップとか・・・知らなかったわぁ) 終わったあと、「ドキっちゃった(苦笑)」と言う吾郎と、「びっくりしたぁ・・・」という剛。それに反して「今のカット割りはどっきりしない」と言い切った木村くん。・・・言わなきゃ良かったのに(笑) 結果、吾郎が一番心拍数が高くなったのは想像どおりでしたが、次に驚いていたのは実は木村さんという結果が。

 「全然びびってる!」→木村に
 「あららら~(笑) 超、びびってるじゃん!(指差して)」→吾郎に

おいおい、剛、コメントおもろいやんか(爆) 一本目の結果に「ヤバイ!」と言い合う素直にリアクションをするO型コンビ、キムゴロさんたち。こんなことまで、仲良くなくていいのにねぇ~(笑)

そして、二本目は『スペル』。監督が『スパイダーマン』を撮った監督らしいですが、聞いたことなかったし、このシーンも知らない。結構、80年代はホラー映画いろいろ見たんだけどなぁ。(ロンドンで夜から朝方まで4本連続ホラー映画を格安で見れるというのがありまして、友達と2回ほど行ったことがあります。若かったのよねぇ(笑)) またもやキムゴロさんが良い反応だったみたいですが・・・結果は仲良く心拍数「100」。思わず二人で握手。私も中居くんと同じで、窓のカーテンが気になったので外から何かくるか、女性のお腹から蝿が出てくるかとか想像しました。一緒、一緒♪

 「全然、二人ともそんな感じ(怖がり)に見えないけどね、外見は・・・」
慎吾 「ハートだけがチキンなんだね」

優しい言い方のわりには、きっついコメントの慎吾です(笑) 下二人、今日特攻兵みたいだな(爆) しかし、慎吾は月イチゴローのセレクションでもわざと吾郎にホラーを見させてレビューさせますが(笑)、自分は怖いから見たくないと言ってるし、「ほん怖」も怖いから絶対に見れないと言っているわりには・・・吾郎より図太い(笑) もしかと思うけど・・・疲れすぎて脳に映像入ってきてない?

三本目『リング』に入る前に、木村くんが隣にいる中居くんに「わっ!!!」と驚かせるガキん子のようなことをしますが、心拍数は中居くんより上だったという事実が、木村さんらしくて笑ったよ。

中居 「やろうと思ってドキドキしちゃったんだよ。しかけてやろうと思ったら(笑)」

しっぶい中居さんと子供のような木村くん(笑)

貞子の目のUPは、実はまつげを3時間かけて全部抜いた男性の助監督さんだったというエピも初めて知った。今度、こっちでパブトークとして話してみよう(笑) 結果は、やっぱり吾郎が一番驚いていたということで、当然トータルでもチキンNo.1に選ばれました。最後に両腕振り上げて「いぇ~い♪」としている吾郎がかわゆす(笑) ほんと、素直な人なんだろうな。「GIゴロー」での男爵の天然もわかる気がしました(笑)

最後のコメントも笑ったわ。

吾郎 「ちょいちょい、木村くんと近い感じは嬉しかったですね」 何でも『木村くん』なんだね、吾郎(笑)
(木村くんも、ちょっと嬉しそう(笑))
 「いいともチームが強かったですね。やっぱり、日頃生放送とかもやっているんで、鍛えられているのかもしれない」
中居 「関係ないだろ、それ(ぼそっ)」 リーダー渋いwww

それとは別に、吾郎が椅子に脚を組んでいる姿が格好よくて、格好よくて。脚きれいだよね、やっぱり。

歌♪This is love♪の前に、スマップからお知らせが入ります。今回のシングル限定発売にはジャケットにそれぞれシリアルナンバーが入っていて、なんとこれが9/15の東京ドームライブのバックステージご招待という抽選番号になっているそう。当選人数は50名。もちろんメンバーにも会えるし、当日のライブチケットももらえるし、交通費もついてくるという太っ腹企画!

ところが・・・これがファンは手放しで喜べるかと言ったらそういうわけではないんだな(笑) だいたい、そんな狭き人数に当選するはずがないと頭から普通なら考えるので、当選した人はいいよね・・・という一抹の寂しさが漂うわけですよ。もちろん、50名の中に入ればそんな愚痴もひっこむんだろうとは思いますが、FCでのチケットGETも落選してしまった人が多い中、ちょっと厭味な企画ではありますな(苦笑) 発表は、8/16の「スマスマ」の中であるみたいですね。まぁ・・・考えたとは思うけど、ほんの些細な人たちが喜ぶ企画ってスマップレベルのファンやっていると素直に喜べなくてごめんね(笑)

【GIゴロー】

笑った、大爆笑した。先が読める小芝居ではあったが大笑いしました。GIゴローのメンバーって本当に癒されます。今回は、ずっと続いている秋葉原ロケ第3弾ということで、あのAKBファンには聖地であると言われる『AKB劇場』へ一向は向かいます。迎えてくれたのは、メイド姿の才加ちゃんと佐江ちゃん。「男爵!お待ちしてました!」と、二人が劇場内を案内してくれます。上を見たり、周りをキョロキョロしたり好奇心丸出しのかわいい男爵は今夜も健在!

入ったすぐに、メンバー全員の顔写真がパネルで掲載されていたり、MVPとして劇場に100回見に来てくれたファンの方のネームプレートが飾られていたりと、私にも未知の世界で興味津々で見てしまいました。ちょっとした小さな昔の映画館みたいなのも、わざと雰囲気を出すためでしょうか?

山ちゃんのテンションが半端なく、正直(あぁ、これがウザイと言われる根源かぁ・・・)とは思ったけど(笑)、ファンなんて周りから見ればどのヲタも同じようなもんです。山ちゃんが、AKBの歌前には『MIX』という独特な掛け声があると教えてくれます。これを、GIゴローのメンバーでやってみることに。楽しくなって上着を脱いで「もう一回やろう!」という河本執事。こりゃあ、嵌ったかな(笑) ノッた振りをする男爵(笑) 「静かにせんと」といたってクールな井上博士。「(掛け声)気持ち悪い」という友近姐さん。皆、キャラを守ってます(笑)

そして、ファン投票で1位になった大島さんが舞台で待ってますと劇場内に足を踏み入れると・・・思ったとおり、「大島美幸」を筆頭に春菜、はるか、ゆっきーな、しずちゃんが舞台上で待機。そこに、才加ちゃんと佐江ちゃんが加わって歌って踊ってみたり・・・ものすごく大きく出た小芝居が(爆) このあと、AKB以外は立ってはいけないと言われている(?)舞台上に、男爵を始めGIゴローのメンバーがふつ~に入っていくことに山ちゃんがビビってます。そこで、全員で踊ってみて大掛かりな小芝居は終わり。

男爵が、同じ舞台を演るものとして、舞台の照明の様子などを話しているときの一瞬「稲垣吾郎」に戻ったのが大ツボでした。来週は、最後のアキバロケとして、全員で銃を撃ちに行っている様子などが予告で流れていました。的を狙う男爵=吾郎がとってもとっても格好良かったので、来週も楽しみです♪

ところが・・・その後、一部のAKBファンから「あの舞台にAKB以外が立つなんて!」というクレームが結構ダメ出しで来たみたいですね。この辺は、同じAKBファンでも寛容の人もいれば、ものすごく怒っているファンもいて影の男爵が朝方近くまで返事を返していました。ツイッターでダメ出しをすると決めたからには、クレームも真摯に向き合って返す姿に、この番組はきっと今後も大丈夫だと思いましたね。もちろん、私もダメ出しを入れながら応援していきます。

| | コメント (5)

SMAPありきの曲

延ばしに延ばしていたSMAPのニューアルバム「We are SMAP!」の感想をここらで入れ込んでおこう。今日から、初日札幌でのライブが始まったことですしね。やはり、ここれで入れ込んでおくのが最後の機会だと思うので(笑)

最初は、一曲ずつ感想を書こうと思ったのですが、なかなかこれが難しい。それに多く語れる曲のほうが好きだというわけでもないことに自分で気づいてしまったので。だったら、やはりアルバム全体的な概要を書いておこうと思います。

今回のアルバムは、とにかく質が高い。スマップのアルバムは有名なミュージシャンが参加することが多く、以前からもかなり話題にはなるアルバムではありますが、私としては今回のアルバムがベストだと思います。別に、有名な方に頂いたからすごいと言っているわけではないです。(いや、確かに顔ぶれ見たら驚くんですが・・・) その完成度が半端ないということと、スマップが自分たちの曲にしてしまっているところに感動したわけですね。あまりにもすごい人に頂いて歌いこなしてないなぁ~と感じた曲は、ここだけの話過去あったので(笑) 

おそらく、今回参加してくださったアーティストのファンの方たちやスマップのファンでなくこのアルバムを聴いた方の中には、「SMAPじゃなくて、作った本人たちが歌っているのを聴きたかった」という人も多いと思う。でも、私が言いたいのは、これはスマップが彼らの曲をカバーしたのではなくて、スマップありきで彼らに合った曲を皆さんがわざわざ書き下ろしで提供してくださったんですよね。私は、誰が何と言おうとSMAPが歌わなきゃ意味がないと思います。以前、「スマスマ」に歌のゲストで来てくださった小田和正さんが、「『夜空ノムコウ』は、ここ数年出された歌の中で一番良い曲。5人が歌っているのがグッとくる」と、スマップが歌ったからこそ、ここまで世間に受け入れられたことを語ってくれたことがありました。私は、今回のアルバム曲は全てそんな感じを受けますね。

もう捨て曲(捨て曲と言ったら語弊があるのですが、通して聴いていてスルーするような曲)がないです。全曲、どれもこれも秀作。吾郎も言っていましたが、これだけいろんなアーティストの方に提供してもらったのに、なぜかテーマが似通っていてイメージも同じものがあり一枚のアルバムとして成立しているんですよね。これは、やっぱり「SMAP」というファクターがあっての作品が集まったからだと思います。この良質のアルバムをひっさげての今年のライブは、きっと素晴らしいんでしょうね。参加できなかったのが非常に残念です。

ただ、少し個人的に残念に思ったのは、一曲の中でのメンバー歌割りが細かすぎじゃないですか? ちょっと、気持ちよく聞いているとガラリと変わるところが多々あって、初聴きは曲に入り込めないときがありました。だから、最初は二人、もしくは三人で歌っている曲のほうが完成度が高い気がしたんですよね。この辺は、個人によって考え方も違うと思うのですが、私は今後も別に一曲の中に平等にメンバーの歌声を入れる必要はないと思います。彼らは性格だけでなく歌声もそれぞれ個性があるのだから、それを活かせる曲でソロを多く入れるメンバーを決めて作るほうがいいのではないでしょうか。全員のソロパートが入っていて今回のほうがいいというファンもいるでしょうね。あくまで、私の意見です(笑) そこだけが、残念だったかなぁ。

Disk2となる、それぞれの曲はノーコメントでいいですか(笑) これは、今回すごく私の中で評価が大きく分かれるので書くと不愉快になるファンの方もいると思うので止めておきます。吾郎のソロに関しては、可もなく不可もなくといったところでしょうか。一押しがゆえに厳しくコメントしてみましたが、実際はサビの部分が頭から離れず結構口ずさんでしまうキュートな曲だと思います。でも・・・そろそろ、吾郎のソロはセクシー路線をまた見せてほしいんですよ。だから、次回はそこんところ吾郎にはよろしくお願いしたい(笑)

| | コメント (3)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »