« あれやこれや(愛や恋や) | トップページ | 殿に乾杯! »

迷走と壮大なるロマン

一週間で今、一番楽しみにしているのが月曜日。ドラマが終わったら、寂寥感漂うだろうなぁ(苦笑) いつもと同じように、「スマスマ」と共に感想ガッツリあげておきます。


【流れ星⑦】

なんか、いっきに話が進んだ。健吾と梨沙の間がぐ~んと縮まりましたね。涼太が亡くなって、マリア自身の病状も悪化し早急に手術が必要になったのもありますが、健吾の元婚約者の引き際の潔さに視聴者も安堵したと思います。やっぱり、邪魔するキャラは一人で充分なので(苦笑) しかし、美奈子さんには泣かされた。この人、もっと同情されてもいいよね(涙)

神谷医師も、全面協力態勢に入ったし。医者としては、ドナーのために契約結婚したことを認めるわけにはいかない。でも、梨沙がどれだけマリアを本当に助けたいと思っているかということに重点を置いたんでしょうね。そして、マリアが初めて自分で「生きたい」と言った言葉を医者として見捨てるわけにはいかなかった。ドラマの中でどのキャラも、自分のしっかりした意思を持っていて共感ができる。・・・ただ一人を除いて。

修一兄ちゃん(涙) もう、何がしたいのか、妹の梨沙をどうしたいのかさっぱりわからん(涙) わからなさすぎて涙が出てくる。吾郎の麗しいヴィジュだけでドラマを乗り切るには辛いものが出てきました。お金のためだけかと思えば、病院にFAXを送って手術をやめさせようとしたり(この行為は、岡田家をゆする種がひとつ減りますよね)。妹の身体に傷をつけさせたくないと本当に思っているのかと思えば、「手術が終わったら帰るから・・・」という梨沙に「信じているから。待ってるからな」と伝える。身体に傷がつくのはもういいのかよ?!ってツッコミたくなりました(苦笑)

今までは梨沙の気持ちが痛いほどにわかるのに、健吾のほうはハッキリしなかったのですが、この7話でしっかり描かれてましたね。この二人は、ここから急激に距離が近くなると思うのでもう心配ないです(笑) あとは、修一からもそうですが、梨沙からの兄への想いもハッキリしない。ものすごく腹の立つ兄なのに、戻るところは兄ちゃんが待っている元自分のアパートだし(嫌いなら、他見つけますよね?)。「梨沙のこと信じているから」と言われて、けっ!って感じではなくて約束守れずその夜戻れなかったことに少し罪悪感を感じてる風なのは何故? どうでもいいじゃん、あんな兄なんて。そう思えない理由をちゃんと描いてくださいっ! これ、ラストに向けて切実になってきました。

所詮は吾郎ファンですから(笑)、健吾と修一のイケメン兄ちゃんズ対決には、ちょっと修一に肩入れして見ましたよ。それは認める(爆) だからって、最後に良い兄になって修一もハッピーエンドなんて最悪のエンディングにはしてほしくない。悪いままでいいんです。最後まで視聴者に嫌われて終わりでいい。でも、最後に「結局、修一兄ちゃんなんだったんだ?!」っていうのだけはやめてほしい。吾郎が、しっかり修一の秘めた感情をうまく演じているからこそ、ちゃんと描いてほしいですね。もったいないんですよ、せっかく良い演技しているのに。イライラするんで、萌えツボあげておきます。

  • 利用するだけ利用した看護婦さんに、「今までお世話になりました」と爽やかにバイバイの挨拶を無情に告げ、ケータイを切ったあとの悪い顔。最悪な奴じゃん(笑)! なのに、ハーフコートとスカーフが似合ってて素敵すぎます。自分で「梨沙のお兄ちゃん」と言うのがなんだか可愛い。

  • 梨沙のアパートに自分のシュミでワインセラーwineを購入している、おしゃれな兄ちゃん(爆) 吾郎の趣味が、なぜかドラマに反映するのって多いですよね(笑) それと薄型テレビとか勝手に購入してますけど? あれ??? もしかと思うけど、お金持ってる? クレジットカード使いまくりなのかなぁ。あと、部屋のディスプレイとか何気に狭いながらも綺麗にしていて、整理整頓上手(笑)

  • 妹にお願いされると、いきなり捨てられた子犬dogのようになるのはやめてください! 反則、反則(苦笑)!

  • 健吾とのガチ対決の一連のシーンは、どこを取っても素敵。演技も目も表情も声のトーンの変化も秀逸なシーンでした。貫禄勝ちしていたよね(笑) このドラマ、健吾とのシーンは毎回いいですよね。この兄ちゃん、金の問題さえなかったら毎回正論ぶっこむんですよ(爆) 最後、健吾に言われて見せる表情からすると、何気に自分でもやっていることがわかっているんですよね。だから、そこのところをちゃんと見せてくださ~い(涙)

  • 「お兄ちゃん、梨沙のこと信じているから。待っているからな」 黒目、黒目、黒目(笑) 真っ黒!!! 白いところがほとんどないよ。怖いけど素敵。

最後に会っていた女性がどういった人なのかですよね。また、何か悪いこと考えたんだろうなぁ(苦笑) 本当にウザい兄なんですが、妹を苦しめているというよりは、自分の存在をそういう形でしか梨沙に表現できないんでしょうね。兄ちゃんに梨沙離れをしてもらわないことには、梨沙の本当の幸せはやって来ない。最後、どうやって締めてくれるのか楽しみです。放ったらかしはやめてくださいよ(笑)


【SMAPXSMAP】

なんか、すごい新コーナーが入り込んでいた。炬燵ならぬ和室スマ(爆)? とにかく、適当に座らせておいたら、勝手に群れるスマップなので設定は大成功ですよね。2TOPの二人も何度も一緒に笑いあったりして目頭が熱くなったよ(笑) でも、なんとなくもったいない感が溢れていたのはなぜなんだろう。

まず、私が個人的に一発芸のような芸人さんが好きではないのが原因です。吾郎みたいに笑い転げられたらいいんだけどねぇ(苦笑) なので、その時間があるのなら普通に5人のスマップだけでトークしてもらったほうが良かったというのがあります。トークはそれなりに笑えるところもあったし、もうタイトルも忘れたけど「あなたのお願い聞きます」みたいなのよりは全然いいです。あれ、どうしようもなかったので。でも、炬燵スマには到底超えられない代物だったなぁというのが正直な感想ですね。吾郎が、「無駄にイケメン」だったよ。外人さんに「男前」と言われて「あっ、ありがとう」も良かったですね(笑) ちょっと、吾郎どっかいってましたね。剛の「おちた」のとはまた違って(爆) いや、剛、最高だったよ。

ビストロは、木村くんの公開前の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の宣伝を兼ねて出演者たちの皆さんがゲスト。木村くん本人が言うように、そこまで見せていいの?!という大サービス振りですが、ちょっと宣伝しすぎ(苦笑)? なんとなくスタジオの空気がいつもと違った気がしたのですが、映画関係者の方たちが来ていたんでしょうかね。そんな中、木村くん以上に声張り上げて「ヤマト」を語る吾郎は可愛かったよ。そして、それを横から何も言わず嬉しそうにしている木村くんの姿を見れただけで、今回のビストロはOKです(笑) 吾郎、ちゃんと的を射たコメントまたしてたしね。なのに、料理は最下位・・・むくわれないよね、吾郎って(涙) もう、個人戦ほんと見たくないよ。吾郎が気にしてなかったし、最後の皿洗いでが「ゴローさん、クラムチャウダーおいしいよ♪」と言ってくれていたのがほんわかしたのでいいですけどね。しかし、いつもより皿洗いのとき照明暗くなかった?

オリビア・ニュートン・ジョンさんをゲストに迎えた歌のコーナーでは、吾郎のヴィジュがすっごく良かったんですが・・・UPが来なくてイライラしてしまったし。これ、いつの撮りでしょう? (私、こればっかり言ってますが(笑)、なんか吾郎がきゅっとしたりふっくらしたりの差が最近多いので) このときも、吾郎はどっかいっちゃってましたか? ぼんやりする吾郎も綺麗でしたけどね。 

結論・・・楽しめたのかそうでなかったのかわからんスマスマでした(笑)

|

« あれやこれや(愛や恋や) | トップページ | 殿に乾杯! »

コメント

こんにちは!
本当に月曜が楽しみですね~ これもあと3回と思うと 終わらないで~と叫びたくなりますが・・・

昨日のドラマ・・・ 私は 健吾とのガチ対決のところで なんで こんなに 吾郎の方が思いっきり年上に見えるんだろう 服装のせいかしらと ちょっと 腑に落ちなかったのですが そっか 貫禄勝ちしてたのですね♪ かもし出すオーラが違ったということですね。そのご意見がありがとうございます。朝から ほっとして 気分良くなりました。
そして アパートの件 ほんとにワインセラーとか薄型テレビとか まったくもってこれは 修一にいさんの役を飛び越えて 吾郎さん本人をしっかり主張してくれて ファンへの小さなプレゼントかしら ワインと一緒の場面だけで ドラマのことが一瞬 頭から吹っ飛びました(笑)

主役ではないので きちんと背景が描かれないのが 本当に残念ですが、これからも吾郎ならではの おしゃれなシーンをたっぷり入れてほしいな と思ってます。

スマスマは 前回の放送が最高だっただけに 本来は まあこんなものかと 思ってしまいましたが、 スタジオに椅子を並べるのより 座卓というところが 普段見れないリラックスした動きが楽しめました。 ただ 吾郎さんは お笑いより きれいな後輩君が来てくれた方が ずっと のりのりになれるということですね。 私もそうですけど♪

投稿: ka-ru | 2010/11/30 13:09

Kazuyoさん、お久しぶりです。
昨日の吾郎さんは超イケメンでしたぁ(>_<)
テレビ局により写り方が違ってみえて、時々「???」なのですが…。写り具合は日本テレビ、NHK、テレビ朝日、TBS>>>フジテレビ(当社比)で、ビストロSMAPにいたっては、わざわざ写りを悪くしているのかなぁと思う位なのですが、昨日は流れ星もSMAP×SMAPもステキ過ぎました。眼福でしたぁ。
多少のモヤモヤはありますが(爆)、非常にニヤニヤして、Kazuyo様のブログを読ませて頂き、「あっフムフム」で2度ニヤニヤ、何時もありがとうございます。
「痩せろ」にこだわるのは大事な事とわかりました(笑)。
流れ星もあと3回、修一お兄さんが血と肉のついた人となりが物語られ、ステキな最終回を迎えられます様に

投稿: YUKI | 2010/11/30 14:57

Kazuyoさん、こんばんは~
遅くなりましたけど、Kazuyoさん、ballさんバースディ企画ありがとうございました。
受け取ったら吾郎はすごく喜んでくれると思います。シャイな方ですから表立って言ってはもらえないかもしれませんが。それとイギリスから送るというのがお洒落ですね。毎年毎年感謝です。

「流れ星」このドラマは動く時はいきなり動きますね。わたしとしては昨日の放送で手術のところまで行くと思っていなかったのでちょっとびっくり!でもマリアちゃんの顔色、体調がいきなり悪くなっていて、ドラマ的にはまだひと波乱、いやふた波乱くらいあるのかな?
相変わらず今回も修一さんの背景は明かされないままですが、吾郎の衣装が一番高そう(笑)お洒落ですね~そんな格好やらワインセラーなどでいつも火の車状態なんでしょうけど悲壮感も罪悪感は全くない感じです。でも役的には修一さんひとりだけが離れ小島に放り出されたみたいでちょっと切ないですね。梨紗をあんな寂しそうに見つめているし・・・10話にまとめなきゃいけないから多くは望みませんがKazuyoさんが書かれた、最後に「結局、修一兄ちゃんなんだったんだ?!」っていうのだけはやめてほしい。>ここだけはお願いします!と思ってます。

ドラマの事を考えていたら切り替えがすぐにできなくてスマスマはポワーンと見ていたようで印象があまりないです(汗)新企画の時の名古屋デバサキのご主人に「一番男前」と言われて嬉しかったことぐらいかな~
ビストロのお料理は、きっと吾郎は素材を活かしてシンプルに食べるのが好きなのではないでしょうか?
だから印象が薄くなってしまうのではないかと・・・やっぱり吾郎をフォローしたくなります。洗い物していた時剛くんが声掛けてくれたのは嬉しかったですね。

投稿: 流星 | 2010/11/30 20:17

流れ星私もKazuyoさんと同じ感想です。イライラしてます。
見終わった後「訳わかんない」ってつぶやいてました。
修一が本当によく分からない人物になってしまっていて(悲)
妹が大事で妹の体に傷をつけたくないんだと思っていたら案外あっさり手術する事になっているし「あれ修一兄いいの?」なんてびっくりしました。
これ修一の背景やってくれなきゃ多くの視聴者の人が言ってるようなただの変な人、気持ち悪い人で終わりかねないと不安になってきました。
ドラマ前に吾郎ちゃんが生まれつき悪い人はいないそういう背景も考えて演じたいみたいな事を語っていましたが連ドラって本当に視聴者の意見で変わったりするんでせっかくそういう思いで演技をしていても最初の設定と変わっていってるなら本当にもったいないって思います。
実際ドラマ開始前の修一の設定はダメンズだったり優しすぎるとかだったはずなのに今の修一はダメンズ?優しすぎるってどういう所が?状態の人物に変わってますし…。
プロデューサーの話だとこれからのメインは健吾と梨沙の純愛らしいですし…。
修一の背景、こうなってしまった理由をこれからやってく予定があるかもしれませんが、Kazuyoさんが心配されるようなほったらかしで終わりかねないという不安もあるんでやっぱり公式には念押しの意味もこめて遠まわしにでも修一の事も描いてくれるよう書いていこうと思います。もう載る載らないは関係ないです(苦笑)
そうじゃないとせっかくの吾郎ちゃんの演技がもったいないです。
ウロウロ検索したりすると竹野内さんのファンの何人かの方は修一の事はいいから健吾と梨沙の恋愛に時間をかけるよう公式に要望している方たちもいるみたいですし…。
修一を訳分からない人物で終わらせないでくれるよう願います。


投稿: megumi | 2010/11/30 22:24

この前のエントリーなんかも書きたいことあったんだけどもう年末に近づくと忙しくて。今日はとても適当です。「流れ星」はざっと観て、お兄ちゃんが綺麗だったことは印象に残ってます。看護師と電話してるところなんて96年頃のビジュアル再び!の美しさでした。

さて(笑)次はスマスマ。先日、自分でも言ってた通りですが、そうそうスマスマ万歳が続くわけない。それでも「5人そろって」「こたつでみかん」「群れスマわちゃわちゃ」といったファンが山のように出している要望を聞いてくれているだけ有難いと思わなければいけないのかな。

メンバーが笑っていて良い画だなと思うけど、それ以上に「ほらこれだけファンの要望聞いたから、萌えー!って喜んでね。そのかわりこっちが押し捲りたい○○出すけど文句言わないでね。」っていうのが見えてしまって、無駄に人生経験長い(笑)と腹立つんですよ。
 それでも前半は楽しくて、メンバーの細かい絡みもそれぞれあって徹夜でBBSに感想いれようかなと思ったくらいだったんですが、後半がもう見る気失せてしまって、、、それで15分拡大かい!?ッて思うと余計憤りが、、。
  先の2~3週のスマスマが楽しかったのは、ゲストが賢くて空気読める人だったから。私が(特に流行りはじめの)芸人さんが苦手なのは、空気よまずにとにかく突出してくるからと、演出や編集でそれを助長してるから。後半の人たちを出さずに、楽しんごさんがスマメン5人全員にマッサージするとか、佐藤さんを囲んでもっとスマメンのわちゃわちゃを見せてくれていたらまた萌えの嵐だったと思いますよ。
 
 ビストロは吾郎の「ヤマト語り」に尽きます。中居君から振られてわざわざ前に出てくる吾郎。剛に「ゴローさん」と言われ、木村君に手をひっぱられてるし。でも抑えているようで、実は吾郎がテンションアップして語ってくれる嬉しさを隠し切れない木村君もツボでした。

先週の「ワッツアップ」でも、沢山の業界関係者からの感想が届くなかで「印象的だったのが、嬉しくもあり恥ずかしい話でもあったんですけど、うちの吾郎ちゃんが試写室に足を運んでくれて、、、、」の話だったんですね。それにしても関係者向け試写会を何回やってもワッツのディレクターでさえ入れないくらい人気の「ヤマト」を一人で東宝の試写室貸切って見られる吾郎も映画評論家としてえらくなったものだと(爆)。

「月イチゴロー」でも時間のない中で短くて的確なコメントと評価が高いけど、ビストロでも吾郎の語り口が冴えていて、みんな感心してましたね。こういう番宣ビストロで、まったくネタバレなしの紹介となると「ヤマトごっこ」と小物を見せるしかないし、あとは映像流しになってしまいます。一般視聴者としてはやはり少しは感想を聞きたいじゃないですか。自分が見るかどうかの参考になるから。ほとんどの人は絶対に見るぞ!って前売り券を握り締めているわけではないんですから。吾郎だけでも「ヤマト」を見て感想を的確に語れるから、中居くんもいじりやすかったと思うし、吾郎が言うと見たくなるんですよね。「アナライザー」のくだりも、ワッツで木村君が感動していた「怖い」という言葉から広がる感想も深くてとても興味惹かれました。
  
スマオタからは不評の「皿洗い」もメンバーが参加(剛の声かけ)するなど、一応スタッフとしてはファンの声は聞いているようですが、まだまだもやもやするのはどうしてなのかしら。やっぱり、ほとんど公開終了間際に「13人の刺客」コントやって「皆みてねー!」なんてやられても意味ないし、「流れ星」のビストロなどの宣伝や再放送がないことなど、ついつい考えてしまうのよね。例えば桐谷君や向井君がビストロで「13人の刺客」を見ての話をしているのに絶対に映画名を出さないとか、、、。たまにはスマップメンバーからの感想なども聞きたいけど無理な話なのかしら。

投稿: kim | 2010/11/30 22:25

こんばんは~♪
『スマスマ』見ました!!
最初のコーナー、ちょっと嫌いだった楽しんごが大好きになりました☆(爆)
吾郎ちゃんが笑ってたのがめちゃくちゃ可愛かったです♪
テストがあったので、長らく吾郎ちゃんを見てなかったのですが、やっぱり吾郎ちゃんの笑顔には癒されますね☆
でも、確かに5人で何か語ってくれればもっと楽しいですけどね(笑)
『ビストロ』ヤマト流しすぎですよね(汗)
ヤマトについて語る吾郎ちゃんは、本当可愛かったですね♪
何だかキラキラしてて、またまた癒されちゃいました☆
剛くんの『美味しいよ』の一言がめちゃくちゃ嬉しかったです♪
『歌』は、本当アップが少なくて私もイライラしました(爆)

投稿: ☆虹☆ | 2010/11/30 23:29

こんにちは。流れ星7話見ました。何か修一兄さんが段々可哀想になってきました… はじめはただお金にだらしないのかと思っていたけど、梨沙のこと好きで、離れては生きて行けないのかな …借金肩代わりさせたりしても梨沙と繋がってたいのかな…?後3話楽しみです。
今回のスマスマは楽しくて。新しいコーナーも長くは続かないかもだけど楽しかったし、歌も、こういうの似合ううようになったか〜ってかんじでした。 ビストロはヤマトの宣伝山盛りでしたね。1対1どうなのかな〜? 試食も大変だし個人的には4人でもてなすコース料理が見たいかなぁ
最近の吾郎ちゃん、綺麗です。時々、10年位前のような表情にはっとさせられます。今は肩の力が抜けて自然な感じですけど
吾郎ちゃんが楽しく自分らしくいられたらいいですよね。

投稿: riko | 2010/11/30 23:44

tvka-ruさん
修一兄ちゃんの描写だけは、どうしてもこのドラマはダメ出ししてしまうのですが、普通にエンディングはものすごく気になります。だから、きっと楽しんで最後まで見れると思う。終わってしまうのが寂しいのは、嵌ったのもあるけど吾郎が出演時間が短いのに美しいのが嬉しくて(笑) これで、もう少し顔がスッキリしていたら言うことないんだけど(笑)、今のままでもかなり妖しいお兄様で素敵ですよね。(はいはい、気持ち悪いとかウザいとかファン目線で見たら、まったく思わないわ!) ドラマの中での兄ちゃんの趣味が吾郎と被るところがあるのも、ちょっと素敵と思ってしまいますよね。ワインもそうですが、今回の最初の出のシーンなんて、あれ絶対に高価な服を買いまくってルンルンとショッピングですよね(笑)? 吾郎も好きじゃないですか。(当然、吾郎の場合は自分のお金だし、誰にも迷惑かけてませんが) 「スマスマ」の吾郎さんは、なんだか疲れているように感じました。ドラマ撮影で心身共に疲れていたのかな(苦笑) この役はきっついですよねぇ(汗)


tvYUKIさん
ドラマの吾郎は、少しお顔がふっくらしているように感じるんだけどものすごく美しいですよね。撮り方も照明の入れ方とか兄ちゃんのは独特なので余計かもしれませんが(笑) そう言えば、『トライアングル』のときも舜だけまるで女優のような撮り方をしてくれてたなぁと。まぁ、あれは重松Pが吾郎さんをお気に入りでしたから当たり前でしょうか(笑) 「スマスマ」は、すごく綺麗に映るときとぷっくらしているときの差が激しすぎます(笑)! まぁ、確実にライブ後ちょっと体重増えているとは思いますけどね。生で見ると、それはそれは美しいという目撃談があちこち落ちていますので、あまり言っては失礼なのかもしれないけど・・・やっぱり、ライブ時ぐらいには絞ってほしいと思ってしまう。だって、そのほうがさらに美しいでしょ(笑)? 昔ほど痩せろ!と言っているわけではなく、ちょっと絞ってもらうだけでいいんですけどね。そして、ドラマ最終回では見惚れるほどの兄ちゃんの姿を見せてほしいです(笑)


tv流星さん
前回、前々回があまりにもゆったりしていたので、今回の急激な展開に驚きました(苦笑) どうしても、涼太の死は丁寧に書かなければいけないのはわかるのですが、あと残った回数で詰め込むということになればちょっと最後ネガ感想になりそうですよね。修一兄の背景描写は、下手したら本当にこのまま引っ掻き回すだけのキャラで終わっていくのではないかとある程度は覚悟しています。だって、あと3回しかないんですよ(汗) どう考えても、健吾と梨沙で盛り上げていかなければいけない時期に入っていて、今更、修一と梨沙のことを入れ込んでくるとは思わないので。台詞でサラリと出してくれるだけでいいんですけどね・・・そこまでやってくれるかどうか。最後に、「あぁ、やっぱりキワモノ扱いで終わるのね」となりそうです。そうなったら、思い切りこのブログで修一兄ちゃんのバックグラウンドを自分で書き出して完結させたいと思います(笑) そうでなきゃ、吾郎の名演技が無駄になるわ!

「スマスマ」のほうは、私も実はドラマの修一兄ちゃんに惚れているのでなかなか集中できないです(苦笑) この私が、群れスマよりもドラマ、それも主演じゃないのにここまで嵌っているってありえない状況ですよ(爆) 今回のクラムチャウダー鍋は、おいしくても量はそんなにいけないかなぁとも思うので最下位も別に仕方ないとも思ったんですけどね(笑) もう、吾郎も「負け慣れ」しちゃっているのがどうにも複雑です(苦笑) BDブックへのコメント、ありがとうございました!


tvmegumiさん
イライラしますよねぇ(笑) なんとなく、健吾と梨沙がまったり距離を縮めるのに刺激が必要だから修一兄ここでお願いします!みたいな・・・芸人かよ!って(爆) そんな、もったいない使い方されるのがだんだん不愉快になってきました。これで、ラストにバシッと決めてくれたら「いいドラマだったなぁ」って言えるんですが、まさかの修一兄の描写ナッシングだったら物申してしまうかも(苦笑) よくできたドラマなだけに、本当に惜しいですよね。ドラマがスタートしてから、ずっと吾郎はこれだけの情報で(公式になんとなく背景が書かれているだけ)、演じるのはかなり大変だろうなぁと書きました。まさか、ドラマ終盤にさしかかってきてもこのままだとは・・・。これで、吾郎が台詞だけのまま演じていたら、それこそもっと変なキャラになっていたでしょうね。吾郎なりに、ちゃんとこの修一がどんな想いで梨沙と二人だけで生活してきたか、どうしてこうなってしまったのかを自分の中で消化して演じてくれていることに感謝です。そうそう、掲載されるかどうかにかかわらず、「修一をどうされるんですか?」とラストに向けて送ってみましょう(笑) だからって、もうほとんどラストまで決まっているとは思うんですけどね(苦笑) さ~て、吼える準備しておくか(爆)


tvkimさん
早々とドラマ放棄・・・わかります(笑) それでなくても、連ドラが苦痛なのに修一兄ちゃんをメインで見ていたらストレスが溜まるだけだと思うので(笑) ドラマでは少しお顔が丸く見える吾郎ですが、なぜにこんなに美しいんでしょうね。妖しいキャラなのもあるんでしょうか。

今回の「スマスマ」は、ファンの間でハッキリ意見が分かれましたね。「スマが群れて、最高に面白かった!」という人と、「う~ん、5人だけが良かった。つまんない」という人と。私は、どちらかと言うと後者の意見です。他のもっとつまらない企画のことを考えたら、一緒に固まって座って笑い転げているだけで合格点出せますよね。それに、ちゃんと笑えるところも結構あったし。ただ・・・やっぱり、スマップ以外の人間いる?と思ってしまって(汗) kimさんが言われるように、どうせスマップを弄って芸人さんと絡むのなら全員絡んでほしかったですよね。そうするとグダグダになるのかもしれないけど・・・だったら、もう芸人なんてゲスト呼ばなくていいじゃんと思っちゃうし。

吾郎に関しては、ちょっとドラマ引き摺ってますか(笑)? 笑いの沸点が低い人なので、それなりに楽しんでいたみたいですが、途中から完全に笑うのも疲れるっていう感じで体育座りでしたしリアクションも遅い、遅い(苦笑) それはそれで、ぼ~っとして可愛かったですけどね(笑) この番組のスタッフって、芸人さんと海外アーティスト大好きですよね。それほど、一般視聴者を引っ張れるとは個人的には思わないんですけど。それよりは、先週みたいに俳優さんをお呼びしてスマップとトークメインで回したほうが断然おもしろいと思うのは間違っているんでしょうか? まぁ、いろいろ試してみるのはいいと思いますけどね。

おや? kimさんにしては珍しく断言せずコメントですか(笑)? では、私が後を継ぎましょう。そう、全員がそうだとは言いませんが、吾郎ファンとしては絶対に引っかかっているのが『十三人の刺客』の雑な扱いだったと思いますね。比べてはいけないし、比べるものではないけど・・・スマップのメンバーが出演する映画をスマスマを使ってここまで番宣してくれるのであれば、別に事務所が絡んでいなくてもせめてビストロぐらいは扱ってくれても良かったんではないですか?と言いたい。誤解されると困るのですが、木村くんの「ヤマト」の宣伝に文句を言っているわけではないです。スマップの番組なんだから、当然だと思います。じゃあ、吾郎の映画は?吾郎だってスマップですけど?って言いたいんですよ。月イチゴローでもスマスマでも、全面応援体制でメンバーの出演映画には本人が何を陰で言われようが、毎回自分の感想を素直に語っている吾郎。でも・・・吾郎の作品を表で他のメンバーから語ってもらったことって今まであるかな? 

そういうものの積み重ねって、結構ネガになってしまうからもう言っておきます(苦笑) 「ヤマト」ほどの宣伝は期待しないにしろ、何かしらしてくれても良かったですよね? やっと宣伝?と思ったら上映終了間近にコントって・・・いらんわ(怒) 今回のビストロで、吾郎がすごく興奮して木村くんよりも宣伝マンになっていたのは微笑ましかったし、木村くんの嬉しそうな笑顔は何よりも嬉しかった。そういうの、逆でも見たいなぁって思いますね。ちょっと、話してくれるだけでいいんだけどなぁ。スマップのメンバー全員、吾郎の映画見てくれたんだよね? それさえもわかんないよ(苦笑) 


tv☆虹☆さん
テストお疲れさまでした。また、スマ断ちされていたんですね。クリスマス、年末に向けて特番も入ってくると思うので終わってホッとしたのではないでしょうか。楽しんごさんのキャラは把握していたけど、あんな感じなんだと初めて知りました(笑) 「スマスマ」は、本当に私が普段見かけない最近流行っている日本の有名人をチェックする番組になりつつありますね(苦笑) 吾郎の声を出さないで、ふにゃふにゃ笑うの可愛いですよねぇ。目をまん丸にしてじっ~と見ている様子が子供のようでした。この人、ものすごくピュアな人だと感じるひとときです。歌のコーナーは、本当に残念ですよねぇ。吾郎のヴィジュが半端なかったので(吾郎さん、これぐらいまで絞ろうよ!)、UPでちゃんと吾郎も取ってほしかったわ。しかし、EDトークはあの短さで良かったんでしょうか? 逆にせっかく海外からのゲストとしてお呼びして失礼のような気がしますが(苦笑)


tvrikoさん
吾郎ファンとしては、あんな悪いキャラでも肩入れして見てしまうのは仕方ないですよね(苦笑) 私も、ドラマに嵌っているときは、敢えてそういう見方は避けていたのですが、逆にもうそういう見方をしないと厳しくなってきました。吾郎ファンは、もうそれでいいと思いますよ。今から、修一兄ちゃん応援キャンペーン開始です(笑)(笑)(笑) このキャラであまり萌え目線で見ちゃうとマズイよね?とか遠慮してられなくなってきた。なんせ、あと3回しかないんです。ここから萌えていかないと、あっという間にどうでもいいキャラで終わっていくぜ!ってなもんです。あぁ、そうだ! 修一兄ちゃんがかわいそう!修一兄ちゃんのほうが絶対に正論!修一兄ちゃんのほうが男前!梨沙を幸せにできるのは修一兄ちゃんだ! ここまで、言ってしまってもいいかと(爆) そう割り切ったらイライラしないで済むでしょうか。 「スマスマ」は、とりあえず5人で群れてくれていたらそれなりにやっぱりおもしろいですよね。いろいろ言いたいこともあるけど、まぁ、以前のようにため息をつくほどではないです。出されたもので楽しめるレベルでとりあえずOKでしょうか(笑) 吾郎が、楽しんでくれていればというのは同意ですね。それが大事ですから。

投稿: Kazuyo | 2010/12/01 06:57

Kazuyoさんこんにちは。「流れ星」いよいよ健吾と梨沙の距離が縮まってきましたね。マリアも涼太が亡くなって、病気も悪化してしまって、顔の表情がとてもリアルでした。でも梨沙に心を開いてくれて良かったです。健吾の元婚約者の美奈子も本当は辛かっただろうけど潔くていいですね。私も、それぞれの役の気持ち分かってきたんですが、未だに役の描写がいまいちなのが修一です。梨沙に対する言葉が矛盾してるし、もう少しどうしてこのような行動、言動したのかも描いて欲しいなと思いました。修一のはっきりとした描写がないと少し頭の中がめちゃくちゃになります(笑)私も、修一には最後「本当は妹想いの良いお兄さん」的な結末は止めてほしいです。修一には、最後まで悪で突っ走ってほしいです。それにしても吾郎ちゃんの黒目は凄いですね(笑)梨沙とのシーンでも闇があって怖い時もあれば、子犬のように可愛い時もありますよね。吾郎ちゃんに子犬のような感じで見られるとなんでも許しちゃいそうで、危険です(笑)「流れ星」の展開も修一もどうなっていくのか楽しみですね。来週もまた懲りずに悪巧みするみたいですが(笑)「スマスマ」は、最初の新コーナーは個人的には楽しくなかったです。ネタも面白くなかったし。でも、5人で笑い転げているのを見れたのは良かったです。Kazuyoさんの言ってた「あなたのお願い聞きます」的なコーナーって5人がファンの子の要望を聞くってゆうコーナーですか?(間違っていたらごめんなさい)確かにあのコーナーは嫌だった記憶があります。あれよりは、今回のコーナーの方がマシですよね。5人が楽しんでいるコーナーのほうがいいですよね。ビストロは、「ヤマト」で盛り上がってましたね(笑)木村くんと吾郎ちゃんの電話の内容が面白かったです。でも吾郎ちゃん興奮しすぎ(笑)ここまでは楽しめたんですが、吾郎ちゃんがまた最下位であの暗い照明のなか皿洗いの場面はなんか悲しくなりました。吾郎ちゃん何気に最下位多くないですか?気のせい?(苦笑)照明も少し暗すぎですよね。あの暗さで皿の汚れとかちゃんと洗い流せられるんでしょうか(苦笑)吾郎ちゃん目悪いのに…でも最後に草なぎくんが「クラムチャウダー美味しいよ」と言ってくれたことが嬉しかったです。私も今回のスマスマは楽しめたのか、そうでないのかあやふやな回でした(笑)

投稿: さおり | 2010/12/01 13:09

こんにちは、kazuyoさん。
月曜日が楽しみなのか、疲れるのか、わかんなくなって来てるんですけど・・・でも、こちらを読ませて頂くと浮上します。(笑)
いえ、マジで修一の過去なんて、梨沙の一言で終わるんじゃないかなぁ~・・・て、すっごいマイナス思考に傾くんですよ。もっとも、恋愛ものは苦手でして、この間のスマステでのハリウッドSF特集の方が楽しかった!とか、ふとどきな事を考えてる私です。(笑)・・・だからといって「ヤマト」はねぇ・・・世代では、ありますけど・・・もちろん「ハイジ」派ではありません。(笑)むしろ嵌りまくった方です。だけに・・・(沈思黙考)
ビストロも吾郎さんがテンション高かったのが素敵でした。あっ、佐々木さんの「ヤマト」は、何度聞いても最高です。それと、吾郎さんの笑いのリアクションの遅さは、やはり気がついてらしたんですね。それなりに楽しんでるようでしたし、美人さんだったからいいんですけど(笑)

なんとも、複雑な思い出見たドラマとスマスマでした。kazuyoさんの「結論」がいちばん当たってると思った次第です。

投稿: かる | 2010/12/01 13:26

kazoyoさん、こんにちは。「流れ星」健吾と梨沙の間にゆっくりと愛情が芽生えてきて健吾&理沙ファンの方は、これからの展開が待ち遠しいでしょうね。でも私、健吾のキャラにあまり魅力を感じないんですよね。なんでだろう?みんな健吾が素敵っていいますが私は嵌れないの・・・。プロデューサーの話ではこれからは健吾と梨沙の恋愛メインになっていくみたいですし修一兄さんのバックグラウンドなんてまるで語られることなく、ただのひっかきまわし要員にされそうな予感がして、なんだかネガティブになってなす。吾郎さんの演技力の無駄使いです。ああ、もったいない。二人を結びつける起爆剤だけで終わらせるのはやめていただきたい。修一のキャラがあまりにも破綻しすぎなので今後、どう収めるのか気になりますが、吾郎さんは、いちいち素敵でした。Pコート似合うおしゃれさん!!看護師さんへの冷たい電話の応対がいいわぁ!!すてられた子犬状態のさびしそうなお顔は思わず拾って連れて帰りたくなります。健吾との対決のシーンは、どの表情も素敵で見逃せませんでした。なんかもう無駄に色気があってクラクラ、ドキドキしましたよ!吾郎さん今回お顔のラインがすっきりしてるせいか、色気倍増しで、もう美しくて綺麗でたまりません。今後もっと修一はエスカレートしていくようですが、修一と梨沙が何故これほど歪んだ関係になっのかを描いてくれないとほんとに吾郎さんが可哀想です!

投稿: なお | 2010/12/01 16:13

スマスマ、私の今週の一番!
『最後の皿洗いで剛が「ゴローさん、クラムチャウダーおいしいよ♪」』
何だか私は吾郎ちゃんに対して愛ある言葉がけをしてくれる人がとってもいい人に思えてしまい、お気に入りのシーンになるようです。

スマスマ、先週が良すぎてねぇ・・・ヤマトを語る吾郎ちゃんにも萌えなかったんです。いろんな場面でいつもの流れだったし。・・・ボソッ「ふつう」

投稿: JUN | 2010/12/01 23:46

「流れ星」Kazuyoさんや皆様の感想に頷くばかりです。あと3回修一兄ちゃんは最後のもう一盛り上がりの為の起爆剤要因で終わってしまうのでしょうか?まぁ~所詮主役を立てる脇の要ですから最後まで悪いダメンズ兄ちゃんでいいのですが梨紗が自殺までしようとしたり、肝臓を売り渡してまで新しい人生を掴む為健吾に貴方しかないんだと言わせる理由はちゃんと見せてほしいですよね。吾郎ちゃんの修一兄ちゃんの演技が上手いので短い出演シーンでも見入ってしまいます。もう出てくる度にウザくて怖いというより修一兄ちゃんがこうなってしまった原因をいろいろ想像してしまいます(刺客の殿のように)。私も何気に梨紗の綾ちゃんをはじめとする女優さん達より吾郎ちゃんの修一兄ちゃんの方が凄く綺麗に撮られている気がします。特に健吾とのガチの夜のアパートのシーンの麗しく色っぽい事lovely看護士さんからの電話で話しているシーンのピーコートにスカーフ姿は素敵heart04やっぱりコート姿の吾郎ちゃんに敵なし!(笑) スマスマ、「芸人さんと海外アーティスト好きのスタッフさん」と言うお言葉に納得!ワチャスマもSMAP5人が楽しそうに笑っている姿も大好きだから「シンプルにゲストさんとSMAP5人のトークでまわしてくれるだけで楽しい」本当にそうですね。今回はスタッフのバカ笑いが気になってしまい途中からダレてしまいました。最初が楽しかったので残念です。吾郎ちゃん今回もビストロ、ヤマトの的確なトークにしっかり番宣のお手伝いしてましたね。観たくなった方も多いのでは?歌のビジュ今回も麗しくハズレなしです。オリビア懐かしい~吾郎ちゃんとツヨポンの高音が優しくて好きですheart04

投稿: ピカチュウ | 2010/12/02 01:14

tvさおりさん
このドラマ、時間をかけて描写するところとそうでないところの差が激しいですよね(苦笑) それでOKな部分もあるんだけど、どうしても修一と梨沙のことははずせないと思うのに描こうとしないのがわからない。他のいらないところにかけすぎて、時間がなくなってしまったのもあるのでしょうか。全10話じゃなくてもう二回ほどあったらいいんですけどねぇ。臓器ドナーや臓器売買のことはメインではないと言え、前半あれだけ問題定義していてあっさり手術になったのには驚きでした。この辺りから、ちょっとこのドラマ疑問符ついちゃいますよね。まぁ、今から修一兄ちゃんが雑誌社に暴露するという行動に出るみたいなので、まだひと悶着あるようですが。しかし、本当にこのドラマで吾郎は良い演技をしていますよね。悪巧みを考えているときと、妹に接しているときや健吾に真っ向から向かうときと全部違う人みたいですからねぇ。それも、まったくその人なりを描写されずに(苦笑) たいした役者だと思います。

「スマスマ」は、群れているスマップはおいしく頂きましたが・・・どうにも、芸人さんの芸見せコーナーみたいになってしまったのが個人的にはNGです。芸人さんを呼ぶなとまでは言いませんが、別にスマップの番組で芸を披露しなくてもいいじゃないかと思うんですよね。時間延長にしてまで見せるほどのもんかってことですよ。そんなの、他のたくさんある芸人さんのバラエティでやってください(苦笑) スマップのメンバーが絡んだりトークで展開するところはおもしろかったので構わないのですが、4組も一度の放送で呼ぶということ自体が芸見せが趣旨だと思うと呆れるんですよね。スマスマは新人芸人発掘番組じゃないっていうの(怒) あれだけ、素のスマップがいてそれを活かさないなんてもったいなくて涙が出そうです。


tvかるさん
とりあえず楽しめるところだけリピするというのでいいと思うんですよ。スマスマでは癒してほしいのに、ストレス溜まってしまったら逆効果ですからね(苦笑) 修一の過去が梨沙の言葉で終わるだけでもマシかもしれないとさえ今思ってます(笑) まったく触れずにそのまま「あぁ、もずく兄ちゃんキモかった」って思われてチャンチャンみたいなね。なんかそういう雰囲気も感じるので。梨沙がひと言、「あんな奴でも、両親に捨てられたあと必死で私を育ててくれたんだよねぇ。今は借金作って嘘つきまくりでどうしようもないけどさ。だから、憎みきれないんだよ」って健吾に言うだけで、あぁそうなんだと納得できる。だから、梨沙は修一を拒みきれないんだねって思える。修一の梨沙への執着は、吾郎の表情だけで結構想像させてもらっているけど、ちゃんと描いてほしいですよね。健吾と梨沙のことしか気にしていない人たちには、兄ちゃんの設定なんてどうでもいいと思うけどないがしろにしてほしくないです。木村くんの「ヤマト」は、実際劇場で観てみたいですね。DVDでもダメだし、観ずに感想を言うのは到底無理そうなので(笑) きっと、きらっきらの瞳の木村くんがそこにいて、吾郎も嬉しくなっちゃったんでしょうね。吾郎が体感したことを体感しに行きたい(笑)!


tvなおさん
健吾にあまり魅力を感じないというのはわかりますよ。だって、このドラマは健吾の描写も実は薄っぺらいですから(笑) だから、おそらく竹野内さんも悩みながら演じておられるとは思うんですね。主演キャラなのに、健吾よりも梨沙のほうがものすごく丁寧に描かれているドラマだと思います。この辺は、女性の方の脚本が元になっているのが理由かもしれませんね。だから、男性二人も一緒に脚本に関わっているのに・・・なんとも惜しい感じがします。だって、あれだけ妹のことが大事で法ギリギリのドナー探しをしたのに、手術に入る前はどう見ても妹のマリアより梨沙を心配していた。気持ちが梨沙に入ってきているのはわかるのですが、なんだか私は居心地悪かったです。これが修一なら、ドナーはドナーで割り切り、妹である梨沙を涙目になって手術室へ送ったと思うと・・・妹愛という意味では別に健吾が修一より絶対にいい兄とは思えなくて、前夜の健吾の捨て台詞さえもうっとうしいわ(爆) えぇ、もうここまで修一兄ちゃん一人変な流れに持っていかれるのなら、逆目線で見たほうが楽しめると思ったので。吾郎と竹野内さんのシーンがいいだけに、次回は本当にガッツリ二人の作品が見たいですね。今回のようににらみ合ったり、そうかと思えば笑いあったり・・・そんなドラマが見たい。もう、気持ちは次に飛んじゃいましたよ(苦笑)


tvJUNさん
今回のビストロの皿洗いのときのツヨゴロさんたちよかったですね。ちょっと、複雑な気持ちで見てしまったので、剛が「ごろーさん」と出てきてくれたときはホッとしました。仕込みの小芝居だったのかもしれませんが(笑)、あれだけで確実に和んでしまったので。少し前までは、よくツヨゴロのこういった様子は見れたのですが、スマップの中のコンビ萌えというのは流れがあるみたいで(爆) 最近は、もっぱらシンツヨだし、吾郎は上二人と絡むことが多いです。もちろん、それはそれで微笑ましく見せてもらっていますが、たまには下三人のパリピアトリオも久々に見たいですね。あっ、でも私は「ヤマト」を語る吾郎はすごく楽しませてもらいましたよ。木村くんが喜んでいたのもあるし、何より吾郎の的確なコメントは聞いていて本当に気持ちが良く、ゲストの皆さんもすごく嬉しそうだったので。さすが、吾郎!と思ったもんです(笑)


tvピカチュウさん
最初に、吾郎が演じる修一はドラマの中のスパイスになると聞いていたのですが、スパイスどころか食事をぐちゃぐちゃにしてしまうなんかわかんないものにしてしまったことが残念で(苦笑) おっしゃるとおり、今回は主演ではないですから修一兄に時間をかけろと言っているわけではないです。メインの健吾と梨沙に関わる上で必要な背景は出すべきだということですよね。亡くなってしまった涼太のキャラはマリアと絡ませて丁寧に描いていたのに、修一兄こそもう少し時間をかけてそこは見せるべきなんじゃないの?!って思うわけですよ。このまま終わるのなら、何度も言わせてもらいますが別にこの役は吾郎じゃなくて良かったですよね。(まぁ、吾郎じゃなかったら、さらにわからんちんの兄になっていたとは思いますが) 出演時間の短さなんてまったく気にならないぐらい、吾郎の演技に見惚れてしまう。やっぱり、演じわけが上手い人だなぁとつくづく思う。そして美しい(笑) そういう意味では、吾郎がこのドラマに起用されて本当にありがたいので・・・なんとかしてほしいですよね。

スタッフというかADさん?がバラエティ番組で笑うというのは、どの番組でもそういうポジションなんだから仕方ないんですがKYすぎます(苦笑) 自然な笑いじゃなくてわざとらしすぎるんですよね。あと、笑うところじゃないところで笑われると殺意すら覚えますからね。歌の吾郎さんがとっても麗しかったのに、UPがなかったのが残念で。あぁ、もったいない、もったいない(笑)

投稿: Kazuyo | 2010/12/02 04:38

Kazuyoさま

「流れ星」は諸事情により5話から見ていないので語る資格はないのですが、後でまとめて見ようかと思っています(連ドラって1話抜けても付いて行くのに大変)皆さんのコメントと4話までの内容で感じたこと・・・ちょっと変っているかも知れませんが、健吾っていい人?という疑問です。それはお母さんにも言えることで、「どんな事情があるにせよ引き取って育てたからには重病の娘の病室には日参するでしょ」とか、表面は仲良く見せている家族の、夫々抱えている深い闇と孤独感が、いかにもこれだけ犠牲を払っています的に表現されていて嫌です。それに比べると修一兄さんの悪事は判りやすい(笑)ただそういう行為に走らせている修一の背景はきちんと伝えて納得する終わり方をして欲しいですね。それにしても吾郎さんの演技力と美しさは最高です!

スマスマは何時の頃からかリアルタイムでは見ず、ブログ巡りをして良かったと書かれている部分だけを早送りで見るようになってしまっています。今回も「ヤマト」の吾郎さんの的確かつ魅力的なコメントだけが唯一良かったかな(笑)若手芸人さんの登場ではその面白さが全く分からない年代なのでパス。後は怒ることが多くなりKazuyoさんのブログにご迷惑かけそうなのでこの辺で止めておきます。スマスマのモットーである「スマスマを見て一週間の元気を・・・」に早く改善して欲しいんですけどねぇ~。

投稿: さやか | 2010/12/02 07:00

kazuyoさん

遅ればせながら私もチョッと言いたいので考えた挙句出てきました。

☆その前に吾郎さん助演男優賞おめでとう!
映画を観て確信してましたが、現実になってとても嬉しいです。心からおめでとうデス。


それにしてもスマスマでの吾郎さんの映画、雑な扱いでしたね。ビストロのゲストにも呼ばず(吾郎さんが出ているのに!)しかも今ごろ?な時期にあのVは無いでしょう!引っかかっているのは吾郎さんイチオシの方達だけではありません、木村イチオシの私でも大いに感じています。随分前にkimさんが声を出すことの大切さを言われていましたが、木村イチオシのファンも疑問に思うとスマスマに投稿しました。(批判と受け取られるコメントは勿論載りませんが)
メンバー、特に木村君は吾郎さんの映画を観ていると確信していますが、それについての発言はカットされているような気がします。
これだけ5人が映画、ドラマで活躍しているのですから、たまにはメンバー同士がそれぞれのドラマや映画についてわちゃわちゃと話す様な企画をして欲しいですね。
これも要望しなくては。(ドラマや映画の番宣はファンとしては多いのは嬉しくもあり、物凄く怖いものでもあります。ほどほどがいいのですが色々な事情でそういう訳にはいかないのでしょう)
吾郎さんの月9、吾郎さんが出ていなければ多分見ないと思いますが、結構面白く毎回見ています。これからの吾郎さんがどうなるのか楽しみです。

投稿: mermaid・T&K | 2010/12/02 11:18

ご無沙汰してます。

助演男優賞の受賞を聞いて、Kazuyoさんの耳にいつ入るかな?とふと思いました。
もうご存知ですよね!!

ドラマを見るときは、話に入れるかが要な自分です。テーマは真面目だし、吾郎ちゃんはムカつく兄ちゃん役だが、話のアクセントには重要だし、ビジュOKってことでみてます。関西Jr.の子とマリアの話のくだりは切ないものがありました。全体のお話の締めが想像つかないです。

スマスマは、群れスマ部分は楽しかったです!嵐もそうですが、ジャニのバラエティは必ず芸人さんがでますよね。とりあえずジャニーズの番組で顔売ればいいって魂胆がみえるのですっきりしないんですよ。。

ヤマトは子供の頃、全く興味がなく、どーしても入り込めないです。ごめんなさい!
ヤマトの良さを共感できないのは残念ですが、木村君に吾郎ちゃんが盛り上がる姿をみるのは微笑ましくていいな~と。

今更ですが、Birthday企画、知った時には終わってました。出遅れすぎでした。。当日、自分の中でお祝いします★

投稿: mimi | 2010/12/02 21:12

tvさやかさん
健吾のキャラに関しては、思い切り入れ込まないで見ている視聴者には結構そこまで素晴らしい人だとは思えない部分が見えてきますよね(笑) 妹のことがすごく大事で、契約結婚をしてドナーの女性を見つけてその人が好きになる。この設定はラブストーリーとしておもしろい設定だとは思いますが、あまりにも自分勝手なところもある。美奈子さんは、彼女じゃなくて婚約までしていた女性なのに意外にあっさり振ってしまえるところとか(まったく躊躇がないですよね、最初から)、妹のためとは言え梨沙に思い入れが入って修一に喰ってかかるとか。あなたは、修一と梨沙のことをまったく知らないじゃないかと言いたい。(これは、ほとんどの視聴者もそうなので、修一兄ちゃんは嫌われ者を一手に引き受けてます) 修一もわっるい兄ですよ。どうしようもないです。妹が好きなのはわかるけど、お金をせびって妹に執着しても嫌われるだけだということに気づいてない。バカ兄ですよ(笑) でも、彼は「最初」から梨沙しか見てないんです。それを婚約者か妹か梨沙か誰が大事なのかわからなくなっている人から、あーだこーだと言われたくないと思いますね。あぁ、だんだん修一に肩入れしすぎる傾向になってきました。こりゃあ、最終回荒れるな(爆)

スマスマは・・・何とも感想あげにくいですね。楽しめるところだけ拾って感想をあげるのでいいとは思うんですが、複雑になるところも入り混じってていまいち萌え語りに集中できないんです(苦笑) もう、そういうところはいちいち記事にしないで軽くスルーしているんですが、きっとドラマが終わったらそういう部分も書いちゃうでしょうね。そのときは、どうぞ便乗してください(笑) こちらで書きにくいことがあればBBSでも結構ですよ。萌えすぎコメントもあちらに振ってもらっているし、愚痴もあちらでぶちまけてください(爆)


tvmermaid・T&Kさん
嬉しいコメント、いつもありがとうございます。今回の吾郎の助演男優賞の件では、ツイッターで吾郎ファンだけでなく他メンファンの方からもたくさんの「おめでとう~!」ツイートが流れているのを見て涙ぐんでしまいましたね。あぁ、皆さん、自分のいち押しのメンバーじゃなくても一緒に祝ってくれる。吾郎が賞をとったことも嬉しかったですが、そのファンの優しさにじ~んときてしまいました。昔は、いわゆるオンリーファンでいいじゃないかという流れがどのメンバーファンにも少なからずあったと思います。もちろん、今でもいち押しメンバーのことは皆さん贔屓で見ていると思いますが、スマップというグループとしても応援する人が増えたと思いますね。それを考えたら、ピーク時のスマップのときより私は現状そう悪くないとさえ思えます。同じグループのメンバーにあれこれ言う余裕がないほど、外部からの敵が大きすぎる。その黒いものから彼らを守るためには、ファン全員の結束が必要なんですよね。皆さん、それを肌で感じているんじゃないのかなぁ。スマスマで複雑になることは相変わらず多いです。それでも、スマップが全員楽しもうという気持ちが見えてきたのが救いですね。そして、それを見せてくれるだけでファンは嬉しい。だから、スマスマはファンにとって大事な番組です。


tvmimiさん
お久しぶりです。コメントありがとうございました。吾郎が日刊スポーツ映画大賞で助演男優賞を頂いたニュースは、速報をツイッターで日本時間早朝に知りました。こちらは、その時間まだ真夜中前だったので余裕でネットタイムだったのでリアルタイムで感動を体験しました。もう、そのあとはすごい勢いでニュースがファンの間に広まって感動ものでした。やはり、今は速報はツイッターが一番早いと思いますね。それとは別に、語りはブログやサイトというものが大事なんですが(笑)

ドラマですが・・・いろいろつっこみたいところも、イライラするところもあるのですが、とにかくラストがものすごく気になるドラマですよね。安易に主演の二人がくっつかないところも、不気味な修一兄の存在の行く末など気になるファクターを上手く残していると思います。これで、あと3回。どうやって終結してくれるんでしょうね。そういう意味で楽しみにしています。「スマスマ」はねぇ・・・もう、どうしましょう(笑) ゲストが無駄だと思うコーナー多いですよね。ファンじゃない視聴者の確保のためだとは思うのですが、それでおもしろければ文句ないんですけど(苦笑) 「ヤマト」は昔興味がなかった人のほうが、まっさらで楽しめるのではないかと思います。是非、劇場で観てきてくださいな♪

投稿: Kazuyo | 2010/12/03 05:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれやこれや(愛や恋や) | トップページ | 殿に乾杯! »