« 役者、稲垣吾郎20年の軌跡 | トップページ | DNAからしてアイドル! »

ムーンジェリー

月曜日の夜がまた忙しくなってきた(汗) 以前、『GIゴロー』が月曜日放送だったときの慌しさが戻ってきたようです。(これで、吾郎のレギュラー番組が月曜日の枠のままだったら吾郎ファンは火曜日死んでますね(笑)) 『スマスマ』もツボが落ちた日には、どちらもリピしてしまって、ブログの更新が大変(苦笑) でも、もう感動が新鮮なうちに書いておきます。


ドラマ『流れ星』③

ドラマにすっかり嵌ってしまった。秋のクールは、なかなか質が良いドラマが多いようですが、もう他のドラマをチェックする余裕は私にはありません(笑) 今回は、健吾の家族と梨沙がなんとなく良い感じになっているのがとても心地良い。母親と梨沙、健吾と梨沙・・・妹マリアの肝臓のドナーとして契約結婚しているわけなのに、なんだか本当に結婚したような良いシーンが入り込みます。

そんなシーンのあとに、必ず妖しいBGMをひっさげて出てくるのが我らが吾郎さま演じる修一兄ちゃん(苦笑) ファンであっても「出てくるなよ!」と言いたくなる絶妙な入り具合(笑) ものすごくウザい(爆)! ドラマのスパイスとしては良いとは思うのですが、この兄がとにかく金、金、金でちょっとイライラしてきました。そういう役柄だから仕方ないんだけど、健吾の妹との関係が家族という絆で上手く描かれているので、悪い役なら悪いでもう少し梨沙との関係を掘り下げてほしい。この二組の兄妹の対比が出てくれば、さらにおもしろいドラマになると思います。

修一兄ちゃんの出演時間としては今ぐらいでいいのですが、何かと言えば金のことしか考えてない薄っぺらなポジションのような気がして、だったらそんなに毎回出てくることないんじゃない?と思ってしまう。最初の数回はそれで面白いのですが、これが最終回まで同じような感じで兄を出現させるのなら確実に飽きてきますね。とにかくお金以外に何か妹に対する感情がわかればいいのですが、今のところまったく見えてこない・・・。また、そういう感じに吾郎が上手く演じているので余計に不気味なキャラに感じる。

予告を見ると、来週はいきなり話がまた急展開する感じなので期待したいですね。修一兄ちゃんに関しては、健吾の「梨沙は僕の妻です!」という言葉に対して何かしらの感情を出してほしい。もう少し、人間味あるキャラにしてほしいなぁ。(良い兄ちゃんになってほしいという意味ではないですよ) まぁ、いつものように、それでも修一兄ちゃんには萌えれるのでそこは別にUPしておきます(笑)

  • 梨沙の部屋からケータイに電話するも繋がらない。「ふ~ん・・・」と手をあごにおいて考えるようなポーズの後姿にプチ萌えです(笑)

  • 妹の働いていたお店に再度懲りずに出向いて、店長から手を簡単に捻りあげられる弱い修一兄ちゃんが大好き(爆) そして、梨沙が借金を返してやめたと言われ、心底驚く様子なんですが・・・ここも読めないですねぇ。うるうるの綺麗な真っ黒な瞳からは、本当に金づるちゃんどこへ?なのか(笑)、梨沙はどこに行ってしまったんだろうという兄の想いなのかわからん! しかし、吾郎の目の演技は、きゅんとしますね。

  • 梨沙の部屋で物証を探す兄ちゃん、頭いいです(苦笑) ゴミ箱から見つけた水族館のチケットの半券。女性が男性の浮気の証拠を探す手段だよ(爆) 探偵になればいいじゃん! (あぁ、金田一の続編が見たい・・・)

  • 青い水槽を眺める横顔の美しいこと、美しいこと。吾郎は、青いライトがとってもよく似合う。あぁ、普通にかっこいい役もやっぱり見たいよ(涙)

  • そして、健吾に会いにくる兄ちゃん。なんで、この二人は対面すると、無駄にいつも距離が近いんだ! 萌え(笑) 梨沙の借金を肩代わりしたんじゃないかとふっかけてみてビンゴ!だったときのいや~な顔(苦笑) うまいなぁ、吾郎。ぶっとばしたくなったよ(爆) あぁ、そうそう! 柵に肘着いているときの後姿で脚を交差するポーズがすごく格好良かったことは書いておきたい(笑)! 脚、長い!

とにかく、先が気になるドラマなのは確か。演じている役者さんたちが皆さんとても素晴らしいので、このままうまくもっていってほしいですね。


SMAPxSMAP

ビストロの試食で、吾郎の麻婆豆腐を「極上です!でも、坦々麺です♪」と楽しそうにおっしゃる渡部陽一さんに・・・吾郎の手首を取って、もう片方の手は吾郎の背中に添えて「やばい~(笑)!」と満面笑みの木村くん。二人が、子供のようにはしゃぐ姿にキムゴロ萌えでございます(爆)

最近のビストロはねぇ、個人戦で楽しさ半減なんですよ。でも、キッチンはいつもキムゴロ、座り位置もいつもキムゴロ。とにかく、毎回このご機嫌な木村さんが見れるのなら・・・それもヨシとか思ってはいけないですかね(笑) ジャッジするゲストの方が、今回のようにしっかり判断してくださる方なら不愉快な思いもしないですし。でも、メイン4食は食が細い人には厳しいですよね(汗) 

歌のコーナーは、以前も一度来られた西野カナさん。吾郎は、結構、普段から彼女の曲を聴いているのかなぁと思いました。歌詞もカンペそんなに見てなかったし、後ろになったときも口ずさんでいたみたいですしね。しかし、女性の歌は吾郎のエンジェルボイスにはよく合いますね。ちょっと、聞きほれてしまった。

EDトークでは、ナカゴロ(笑)! 

吾郎 「『君って』、いいですよね。これ、すごくいいなぁと思って」
中居 「稲垣さんっぽいですよね、これね」
吾郎 「えっ?!やっぱり、そんな感じしました?」
中居 (苦笑)
吾郎 「あっ、思ってた?やっぱり」
中居 「違う違う違う(汗) タイトルが・・・人になんか話すときに、「君って」って言うよね?」
吾郎 「だからかなぁ。自分の歌に感じたの」
中居 「(吾郎が)君ってって言うのすっごく見ますよ、廊下とかで」

これ、中居くん、思わず言ってしまったって感じだったんでしょうね。まさか、吾郎がこんなに喰いついてくると思わなかった、いわゆる計算外のおいしい振りだったわけです(笑) もう、ナカゴロが楽しそうなので、他のメンバーだ~れも口挟めませんでした。祈願!ライブDVDのナカゴロデート挿入(爆)!

|

« 役者、稲垣吾郎20年の軌跡 | トップページ | DNAからしてアイドル! »

コメント

Kazuyoさん、こんにちは!
すっごく久しぶりの書き込みですいません。今さらながら、いつもお世話になっております!

私も流れ星、ますます嵌まりまくってます。
修一があまりにも魅力的で梨沙にいっそ一緒に商売しちゃえ!とか思うほど思いいれが激しくなってます。
私的な解釈でいくと修一があまりにも梨沙を愛するあまり、お金でしばりつけて自分のモノにしておきたいのかな~なんて、妄想しております(爆)kazuyoさんがひとつ前の日記にあげてたプチ近親相姦?ってのもちょっと期待してたりして(笑)いや、いらなんですよね?

スマスマ。とにかくEDトークのナカゴロがあまりにも萌え萌えだったので何度もリピしまくってます!


投稿: えす | 2010/11/02 10:44

昨日はお手数をおかけしました。性懲りもなく,また書かせていただきます。 「めざまし」を見た後だったので,健吾と話す修一の目がとても気になりました。 でも今回は久々にドラマ自体にもはまってます。竹野内さんや上戸さんのドラマも割と見てるのですが,もう健吾と梨沙にしかみえません。改めて凄いなぁ,と思います。梨沙はほんとにきれいですねぇ。みかけだけじゃなく,たぶん心も。無愛想なのに実は誠実で。健吾が梨沙に少しづつひかれて行く感じが心に染みました。思わず修一兄さんそっとしておいて,って感じです。修一兄さんますます怖いです。何考えてるか分からない人ってこんなに怖いんですね。クラゲ見てても妖しすぎます。お金何に使ってるんでしょうね?ギャンブルって,パチンコとか競馬とかボートとか似合わない気がするんですけど。ラスベガスみたいなカジノなら何とかイメージ出来ますけど。 とにかく来週もとても楽しみです。                                   スマスマはビストロが思ったより楽しめました。渡部さんがこんなきちんとお仕事されてる方だったなんて・・ バラエティで笑われてるイメージしかなかったので。吾郎ちゃんは最初は受けてるというより珍しい物を見るようなリアクションに感じましたが,担々麺のくだりでは木村くんと大はしゃぎでしたね。  歌コーナーはkazuyoさんのいうとおり,私も女性ゲストの時が吾郎ちゃんの声が引き立つと思ってるので大満足でした。吾郎ちゃんは西野さんが前回出られた時もファッションの話をしていたので,普段から関心があるのかも。若い女の子に大人気の西野さんの歌が好きってやっぱり吾郎ちゃん乙女ちっくなんですかね?  

投稿: さっぴぃ | 2010/11/02 11:42

「流れ星」面白くなってきましたね。秘密を背負ってしまった主役のお二人と周りの人々との係わり合いとか普通に見てしまってます(笑)。そしてkazuyoさんと同じで(笑)修一兄ちゃん登場に「ウザッ」と思いながらも観ると「吾郎ちゃん上手い」と思ってしまう。修一兄ちゃん人当たり良いし勘も良さそう行動力ありそうなので探偵でもすればなんて思いますが本当に修一兄ちゃん解りませんね。今後もいろいろ引っかき回してくれそうですがお兄ちゃんの持ってき方でストーリーの展開も変わってきそうですね。そして話を追っていてもやはり吾郎ちゃんファンは美しいお兄ちゃん観てしまうとウザくても萌え頂いてしまいますheart01水族館のクラゲ水槽の青い修一兄ちゃんは綺麗ですよね!来週もお兄ちゃんの不気味さ全開そうですね、楽しみ。スマスマ、渡部さんって芸人さんではなかったのね、本当の戦場カメラマンなんだと認識。吾郎ちゃんの的確な質問に、ビストロのゲストはやっぱり芸人さんよりお話の聞ける方にしてほしいと思いました。私も個人戦よりペア戦がやっぱり良いです。そしてツートップに挟まれてチョコンと座って笑顔の吾郎ちゃんが一番好きlovely歌も前にもいっしょにカナちゃん歌をの歌った時も思ったのですが彼女の歌が吾郎ちゃんの声と雰囲気にピッタリ。「エンジェルボイスに聞き惚れる」解ります!ワチャワチャのキムゴロも最後の笑顔の二人の世界のナカゴロも好き好きです。ナイス!お兄ちゃんズhappy01

投稿: ピカチュウ | 2010/11/02 23:11

こんばんは~♪
『流れ星』もうついていけてないです(爆)
でも、本当にお兄ちゃんイラッとするんですよね(笑)
あんなお兄ちゃんが自分のお兄ちゃんだったら、もう私無理です(爆)

『スマスマ』個人的に渡辺陽一さんが好きなので、予告の時から期待してました(笑)
やっぱり渡辺さん良いです☆
キムゴロ萌えでしたね♪
やっぱりチーム制が良いです(涙)
メンバーが皿洗いしてるの見ると、何だか凹みます(涙)
『歌』友達が色々文句言ってきたのですが(笑)、『ゴローちゃんの声が一番歌にあってた!!』と素直に誉めてくれたので嬉しかったです☆
個人的には、5人ともめちゃくちゃかっこよくて、今回のコラボはめちゃくちゃ好きでした♪
トークではナカゴロ萌えありましたね☆

投稿: ☆虹☆ | 2010/11/02 23:50

moon3えすさん
コメントありがとうございます。ドラマは、嵌っちゃいますよね。少し考えたんですが、「それ、おかしいだろう?!」っていうところがあまりこのドラマないんですね。たとえば、梨沙とマリアちゃんが偶然病院のトイレで出くわすのもありえることだから自然に受け入れてしまった。杉本哲太さんご夫婦とのスーパーでの鉢合わせもさもありなんだし、松田翔太くん演じる医者が梨沙のドナーに疑問を持ってしまう流れも自然です。そして、修一兄ちゃんがゴミ箱から水族館の半券を拾って健吾まで行きつく過程も無理がない。こういうストーリーの根本となる流れに配慮があるから、すんなりドラマに入っていけるんだと思います。かなり脚本に力を入れているとみました。だからこそ、修一兄と梨沙の関係だけがいまだ気になるんですよねぇ・・・来週あたりから、その辺りも触れていってほしいと思います。だいたい、兄ちゃんがギャンブルで借金つくったことになっているけど、そういう感じまったくないですよね(苦笑) この兄妹の近親相姦はメンタルならアリだと思います。想いが強いというのならおもしろいかもしれない。


moon3さっぴぃさん
吾郎の瞳は、口ほどに物を言うのでね。まぁ、今回の役柄は「口が達者」な兄ちゃんなので、さらに翻弄されてしまいます(苦笑) 今回のドラマの中で、他のキャラはごく自然なタイプが多く、それを役者さんたちがすごくうまく演じてらっしゃるんですね。竹野内さんにしても、あのゆったりしたリズムが妹想いの素朴な兄の雰囲気がすごく良くて出ています。明るいマリアちゃんの妹もそう。梨沙は、生活環境で少しすれた感じを受けますが、元は優しくて礼儀が良い。(ちゃんと、挨拶もできる子ですよね) ところが・・・修一兄ちゃんだけは、このドラマでものすごい浮いたキャラなんですね。実際、ああいう人はいるとは思いますが、とにかく出番があまりない中でいかに厭味な兄を見せなきゃいけなければいけないかということで、出すぎずそれでいてインパクトが残るようにしなければいけない。だから、すごく浮いたように見える。キャラがあまりにも掴みどころがなく、怪しい雰囲気を出さなきゃいけないので、これは吾郎は難しいと思いますねぇ(汗) ひとりで汚れ役を一手に引き受けて、下手したらピエロのような役どころで大変だなぁと思いましたね。これは、リスクが大きすぎるわ、吾郎(苦笑) ドラマが回を重ねるごとに、普段の稲垣吾郎も見るのが嫌になるという人がきっと増えるでしょうね・・・それも、一人浮いたように演じているように必ず見られると思う。毎回、たった5分ぐらいの出演なのに、それだけ見る人に印象が残っているということだからやりきってください。あなたなら、できる(笑)!


moon3ピカチュウさん
ドラマがおもしろくなってきたのはいいのですが、個人的には修一兄ちゃんの置き所が心配になってきました。あまりにも、この自然なドラマの中で奇を狙いすぎじゃないだろうか? そろそろ、修一兄が出てくるたびに「キター!!!」と言われるキャラから脱出してほしいですね(爆) いえ、うわぁ~出たよ・・・っていうのはいいのですが、スパイスじゃなくて毒になったらNGでしょ(笑) そんなスパイスのあとは、スイーツが必要。もう「スマスマ」には、本当に頑張ってほしい。ドラマのあとには、可愛くて格好良い吾郎を思う存分見せて頂きたい。せめて、ドラマの間だけでもいいから本当にお願いしたいわ(笑) 今回は、ビストロでのキムゴロさん、歌前のナカゴロさんに、吾郎の甘いエンジェルボイスの歌でごちそうさまでしたと言えるフルコースを食せたのはありがたかった。渡部さんとのキッチントークでの、さりげない吾郎の素晴らしい質問が光ってましたね。これ、地味にわかる人にしかわからなかったと思いますが、こういう吾郎を見ると『忘文』の復活を切に願いたくなる。吾郎は、やっぱり真面目な番組にも向いています。是非、そういう番組にも出演してほしいですね。「スマスマ」では、もちろんはじけてしまう吾郎でいいと思うのですが、先日の『めざまし』の吾郎を見て、あぁ・・・この人は本当にいろんなことを考えていて、それを言葉に乗せるのがすごく上手だと思ってしまったので、その才能を発揮できる番組がほしいです。なくなってわかるありがたみ。『忘文』は、本当に良い番組だった。


moon3☆虹☆さん
ドラマについていけない(笑) ストーリーの展開が早いですか? それとも、修一兄ちゃんがあまりにもすごすぎてなのかな? 確かに、実際あんな兄がいたら毎日イライラしますね。言動が乱暴で心底悪い奴なら、怒鳴り散らして放っておけばいいんだけど・・・とにかく表面的にはすごく優しいし、お金の問題さえなかったら一緒にそれこそドライブにでも行きたいイケメン兄ちゃんです(笑) 「金の切れめが縁の切れめ」・・・昔の人は良いことを言ったなぁ(笑) 吾郎が演じているから、どうしても肩入れしたくなって、本当はすごく寂しがりやで一人にしたらいつも泣いているんじゃないかとかいろいろ考えちゃうんですよね(苦笑) 違う、違う!そんなことない!あいつは悪魔だ!って思っても・・・でも、泣いてたらどうしよう。あぁ~、本当に嫌な兄です(爆)! スマスマは、当分癒しの番組になってほしいですね。ここで、私が爆発するようなことだけはぜひとも避けてほしいと思います(笑)

投稿: Kazuyo | 2010/11/03 07:23

kazuyoさんこんばんは。風邪をひいていてコメント書くのが遅れてしまいましたが、「めざまし」とてもいい内容でしたね。「二十歳の約束」、「青春家族」は見たことのない作品なので見れてとても嬉しかったです。当時から色んな役を経験してるからすばらしいお芝居ができるんだなぁと思いました。舞台に意欲的に出演したことも大きいと思います。それにしても当時から端正な顔立ちですね。とても綺麗でした。実は私の兄の名前が「じゅんぺい」っていうんです少し嬉しくなりました笑その後に放送された「流れ星」もだんだん面白くなってきましたね。本当に、梨紗と健吾がいい感じの時に入ってくるんですね(苦笑)今週の回も、何かにつけて金の話だし、妹のことを本当に心配してるのかただ金ずるが逃げたと思ってるのか修一兄さんの心がわからないです。正直、修一には、金がすべてなのかよっ!!とイライラしています笑梨紗が出て行った後、どこに行ったのか証拠を探しているシーンはそこだけ刑事ドラマを見ているみたいでした笑吾郎ちゃんには、また刑事か探偵を演じてほしいですね。(金田一はとても様になっていました。)それと「月イチゴロー」は、今回も斬りまくっていましたね(汗)でも私は、やっぱり最初は辛口ばかりがクローズアップされていて不安だったんですが、褒めるだけが愛情だとは思えないので、今のままで良いと思うようになりました。分かってくれている人に分かってもらえればそれでいいと思っています。きっと吾郎ちゃんのことだから必ず良い所もいってるとおもうので。これからも色んな事に挑戦する吾郎ちゃんを見てみたいです。

投稿: さおり | 2010/11/04 02:13

moon3さおりさん
風邪のほうはだいじょうぶでしょうか? 吾郎のテレビ露出がガンガン続きますので、体調万全にしておいてくださいね。そうですね・・・『青春家族』はまだしも、月9の『二十歳の約束』がDVD化されていないのは痛いです。これも、声を出さないとなかなか動いてくれないでしょうね。他のメンバーのドラマは、過去作品も結構DVD化されているのはきっと皆さんしっかり声出されているからだと思うので。見たい、出してほしい!と言っているだけじゃダメなんですよね。ファンだけじゃなくて、今、吾郎の役者のお仕事に興味を持ってくれた世間の方たちが、「じゃあ、吾郎ちゃんの昔のドラマも見てみようかな」と思ってくれたときに、DVD化されていないとなかなか機会がないですから。

さおりさんは、素敵な弟さんだけではなくてお兄様もいらっしゃるんですね。私は、姉がいるだけなので男兄弟というものがどんなものかわからないのですが・・・お兄様、修一兄ちゃんみたいに後ろからくっついたりします(爆)? ないよね、きっと(笑) 姉でも、そんなことしないもん。お兄様がいらしたら、ドラマの見方も自分に置き換えて見るということもできますね。こんな兄がいたら嫌だ~って実感できるんだろうなぁ。吾郎の刑事役と言えば・・・黒木舜ですよ! これ、できたら本当にスピンオフか単発でいいので続編作ってほしいですね。修一兄とは真逆の正義感たっぷりのキャラで、同じ人が演じているとは思えないので。どちらも、間違いなく稲垣吾郎ですからね!

月イチゴローの件ですが、BBSにもいろんなご意見を皆さんが寄せてくださっていますが、おそらく「もう、やめてもらってもいい」と思っている方も必ずいると思います。なかなか、それは書きにくいだけで。それと同じように、『十三人の刺客』が概ね好評でもイマイチだと感じた人もいるだろうし、ひとつの映画作品の感想はそれこそ十人十色。月イチゴローを見てくださっている方は、そこをわかっておいてほしいですね。

投稿: Kazuyo | 2010/11/04 06:29

【流れ星】

第三回目の流れ星放送の朝、わざわざめざましTVで「吾郎の20年間の役者特集」をやってくれたというのは、やはり吾郎のこのドラマへの貢献度が高いのかなと嬉しくなりました。おまけに11月3日の祝日(水)の「いいとも」まで宣伝要員として出てきて。宣伝要員としての吾郎の仕事ぶりはいつも定評があるのですが、それでもドラマの本放送では毎回たった5分ほどの出演時間なのにこうやって番宣で担ぎ出されるのは、ドラマのなかでの存在感が強いってことの証明かもしれません(まあ吾郎オタの妄想ということで)。

  そういうわけで私としては、そのわずかな5分間にかけているわけですが、3回目はちょっとインパクト弱かったかなあと思いました。映像としての華はこぼれんばかりにあるのだから、くらげ水槽の前の「青い修一」などもっと長廻しで頼むよ~って言いたくなりましたね。健吾との再会場面もあれだけ?。修一のアップのワンカットが足りない!確かに「君の瞳に乾杯!」状態の竹野内君は見られたけど(笑)。TV誌でもまた竹野内君が「稲垣くんは黒目勝ちの瞳が綺麗でそれが逆に怖い」とのたまっていたとか。もうこうなったらあの瞳をもっと映さんか!とわめいているんですが、ここでわめいても誰にも届きませんね。

 ドラマのほうはまあ、なんとか脱落しないで観てるというか、、、。竹野内君の主役としてのぶれのなさ、ストイックな魅力はとても素敵だし、彩ちゃんは食事の仕方ひとつとっても生きてきた背景を如実に表現していて、皆さん、うまい役者ぞろいだし、演出も巧みだなと感じます。それなのにイライラしたり、たる~く感じるのは、やっぱり隠されていることが多すぎなんじゃないかなと思うんですが。例えばもうちょっと槇原兄妹の背景や事情を出していかないと視聴者が興味をなくさないかなと。来週はかなり話が進みそうなので期待していますよ。

【スマスマ】

全部見たわけではないんですが、戦場カメラマン氏は初めて拝見して、やはり「プロフェッショナルの覚悟」や「本物」ぶりに引き込まれました。「地雷を踏んだらさようなら」というのは、吾郎のアンアンでの映画評(シングルマン)の中にあった「人生は平均台の上を歩いているようなもの。一歩間違えると転げ落ちてしまう。僕達は偶然で生かされているだけかも」という吾郎の言葉を思い出されました。本当の戦場と比べるのはおこがましいですが、それでも芸能界という厳しい戦場で20年以上戦ってきた吾郎の言葉は説得力があります。最近、吾郎さんがちょっと悟った感じがするのはそういうことかしら。

>最近のビストロはねぇ、個人戦で楽しさ半減なんですよ。でも、キッチンはいつもキムゴロ、座り位置もいつもキムゴロ。とにかく、毎回このご機嫌な木村さんが見れるのなら・・・それもヨシとか思ってはいけないですかね(笑)

これメンバーもラジオやテレビ誌などで語っているところを総合すると誰も個人戦については心から賛同してないように思えますが、一回変えたものをまたすぐに戻すというのはどの世界でも難しそうですよね。そういえば個人戦なのになんでキムゴロ・シンツヨセット固定なんだろう? チームじゃないのにキムゴロさんたちがくっついて楽しそうなのは結構だけど、やはり私としてはメンバー混ぜこぜにしてほしい。個人戦なら中居君もシェフやればいいじゃないですか。調理師免許取るんでしょ(笑)。
  
歌やEDトークのビジュアルはスマップ5人ともとても素敵で、なんて偏差値高いんだと思いましたが、嬉しいのは、今週もありましたナカゴロ萌え(笑)

中居君に「君って」の曲が吾郎っぽいと指摘されて、すごく嬉しそうに食いつく吾郎がまた可愛くて。なせ吾郎が自分っぽい曲だと思ったのかはわからないけど、歌っている画面よりも歌詞をじっくり読んだほうがわかるような気がします。メッセージソングなので吾郎ってば誰に向かってこの歌詞を歌いたいのだろうとふと思ってしまいました。
  しかしそのあたりを追求することなく、中居君が「違う違う。 タイトルが・・・人になんか話すときに、「君って」って言うよね?」とはぐらかしたのかオチにうまくもっていったか、バラエティ的にはさすがだと思いました。
あと吾郎のことよく見てる中居君も萌えだったんですが、吾郎と中居君の間で複雑な表情の剛がちょっと気になりました。昔は吾郎のこういった「廊下で吾郎ちゃんが、、、」みたいなエピを披露してくれるのは剛だったのになあとふと思い出してね。まあEDトークも激減して披露する場所もないというもあるんでしょうけど。

  

投稿: kim | 2010/11/04 22:27

moon3kimさん
いきなり「めざまし」で、吾郎の役者特集をしてくれるなんて嬉しい驚きでしたね。ドラマの貢献度や宣伝の意味ももちろんあったと思いますが、やはりそこはテレビ局。映画やドラマでの好評に便乗したのもあると思います。注目されているタレントを自局で扱うのは当然だと思うので。でも、こういう便乗ならウェルカムですよね。是非、WSのワンコーナーだけでなくじっくり特番で見せてほしいと思います。

ドラマは、なかなか面白くなってきましたね。ただ、吾郎ファンとして修一兄に焦点を絞るといろいろ不安になるんですが(苦笑) ドラマの中での兄の出現シーンはいまだインパクト絶大です(笑) ただ、なんとなく個人的にワンパターンだなぁと感じてしまった。それこそ、ちょっと客寄せパンダ的な印象を受けます。初回は、それで大成功したわけで面白がって見始めた人もいると思うのでいいのですが、何せ連ドラですので今後はもう少し色をつけていってほしいですね。それでも、主演でもないのに「無駄」とも思えるクラゲの前の青いライトに照らされる美しい吾郎はありがたかったです。あれ、あのぐらいの瞬殺がせいいっぱいじゃないでしょうか。やっぱり、かっこいいカットとして印象に残ってはいけないキャラだと思うので。それでも、入れ込んでくれたのは感謝ですよ。

『スマスマ』のほうですが、なかなかビストロトークは良かったですよね。独特な話し方をされる渡部さんですが、人となりがわかり感銘しました。俳優さんや芸人さんだけでなく、こういった活躍している方たちをお呼びしてこそのビストロスマップだと思うので、今回はビストロコーナーがそんなに好きではない私でも興味深く拝見しました。

個人戦に関しては、やっぱりペア対決に戻してほしいですね。個人戦なら中居くんも入れたらいいのにとは私も思いました。ピンクシェフ(バナナシェフ)復活でしょうか? それに、中居くん以外のメンバーが進行するのも新鮮でしたしね。それができるのもスマップなんで。でも、中居シェフを入れてのペア対決が一番見たかったりします(笑) 毎週が難しいのであれば、SP放送のときだけでもすればおもしろかもしれない。

EDトークのナカゴロですが・・・中居くんが「君って、吾郎っぽい」というのは、吾郎が中居くん「だけ」にはたまに「君」って呼ぶからじゃないですか(爆)? あの、吾郎が中居くんにいきなり上から目線で話すのが結構萌えるんですが、中居くんも怒んないですからね(笑) 剛は、舞台稽古疲れがあったんでしょうか? 前回のパフュームのもときも珍しく踊りが一番バラバラだったのも、振りを覚える時間が彼に今ないんじゃないかと思ったので。いつも、誰かがものすごく忙しいスマップ。それでも、スマスマの収録はかかさず続けているプロ意識に感心します。できたら、ライブで披露したアルバム曲をスマスマで歌ってほしい。来月発売のライブDVDの宣伝にもなるんじゃないでしょうか(笑)?

投稿: Kazuyo | 2010/11/05 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 役者、稲垣吾郎20年の軌跡 | トップページ | DNAからしてアイドル! »