« 鬼門の番組終了・・・ | トップページ | 君だけに »

星屑の中

【流れ星 最終回】

思ったより、上手く最後まとめたなというのが実感ですか(笑) まぁ、健吾と梨沙は最初からくっつきそうでくっつかないという設定で(それが純愛ということで支持されたと思いますが)ラストも想定内だったので、特筆するところはございません(笑) それでも、ラスト二人がぎゅっと抱きしめあうところでウルッときた私は、もうどうしようもない泣き虫なんで放っておいてください(爆)

もう後半から、このドラマを語る価値のない人間となっているので(つまり、主演二人のキャラに思い入れがなくなったんですね)、最後に詰め込んできてツッコミどころ満載のあったところも多々あるのですが、そこを指摘するほど嵌ってないので省略させて頂きます(笑) それでも、毎週ドラマを楽しみにしていたのは、ひとえに・・・

槙原修一 (稲垣吾郎

修一兄ちゃん、ただ一人の最後の行く末と、吾郎の演技だけに注目するドラマになっていたので。ここだけは、思い切り最後語らせてください。今回は、もう最初に出てきた記者の振りをしてマリアと兄妹について語るシーンですね。マリアの純粋な兄への想いに、思わず自分と梨沙のことを語ってしまう修一。これ、いい場面ですよ。だって、修一は妹への想いを語る相手さえいなかったんですから。でも、それがいっそう修一を寂しく追い込んでしまうことになってしまうんですよね(涙) このシーンでの吾郎の表情の演技が圧巻です。マリアが「お兄ちゃんが困ったとき、今度は私が助ける」と言ったとき、梨沙が同じようなことを自分に言ってくれたときのことを思い出したときの悲しそうな表情に涙が出てしまった。どうして・・・どうして、自分と梨沙はこうなってしまったんだろうという自責の念も沸き起こったんでしょうね。「もう、(ここには)来ません」という台詞が、修一の自殺を決めた瞬間だったんでしょうね。もう、涙、涙ですよ(涙)

梨沙に最後に話しておきたいと電話するも、電話に出てもくれない。留守電に残すメッセージが切なすぎます。でも、あそこはストレートに自殺をほのめかす台詞じゃなくて、梨沙がもしかして?!と思わせる台詞を入れ込んでほしかったなぁ。しかし・・・ここだけつっこんでいいですか? 結構、高いところから飛び降りたみたいなのに、1年後には完治できるようになるってあり得るんでしょうか(苦笑)? (飛び降りたんですよね?!)

とにかく、最後はえぇ?!の連続で(笑) もしかして、竹野内さんが「衝撃のシーン」と言われていたのは・・・修一兄のことですか(笑)? リハビリをして良い兄ちゃんなところを見せておいて、梨沙の通帳持ち出して勝手に退院したと思ったら・・・歩けるんかいっ(笑)!って、きっとテレビの前の視聴者全員がつっこんだと思います(笑) 結局、病院にいればずっと梨沙が傍にいてくれると思ったんでしょうね。でも、通帳の裏のブルーとピンクのくらげシールを見て梨沙が健吾にまだ想いを寄せていることに気づく兄ちゃん。本当に梨沙のことが好きなんだな(涙) なんでもお見通しだよ・・・。

健吾の家のポストに通帳を入れておいてキューピッド役をして、さっそうとジゴロを気取って街中に消える修一。これで、完璧に妹離れができるといいですね。二人への最後の接し方としては、個人的には一番好ましいラストだったかなぁ。これ以上邪魔されても嫌だし、かと言って祝福している修一も見たくなかったので。

いろいろ途中から残念になってしまったドラマでしたが、吾郎が今回修一を演じたのはすごく毎週楽しませてもらった。ほんの数分の出演だったけど、その存在感と美しさだけで、毎週月曜日が待ち遠しくなった3ヶ月でした。最後まで手を抜くことなく、少ない台詞で視聴者に修一が何を感じてきたかを表現して演技してくれた吾郎に感謝。そして、またひとつ役者としてのパワーアップをファンに見せつけてくれたことに嬉しさを感じました。修一兄ちゃんがどれだけ世間にウザがられようと、私は愛していたよ。毎日、コブクロの『流星』をiPodで聞きながら通勤して涙していた(笑) 吾郎、おつかれさまでした。そして、ありがとう。


【SMAP X SMAP】

少しだけ、ツボあげておきます。「ゲゲゲのAD」という慎吾のビストロでの目玉オヤジキャラのコント。吾郎のヴィジュ良し。これ、吾郎が素っぽいリアクションだったんですが・・・どういうコントかわかってたのかな(笑)? 

ビストロは、キッチントークだけ見せてもらったんですが・・・なんだろう、新メンバーだいじょうぶか(爆)? ウォーキングに吾郎が特等席で見せられる理由は(笑)? 周りから「ごろちゃん!」と言われて、どうしていいかわからず思わず「(僕も)脱ぐの?!」と言ってしまう吾郎。そこまで、しなくてよろし(笑) だいたい、「じゃあ、お願いします」って言われたらどうするつもりだったんでしょうか?

脱ぐという流れで、なぜか木村くんが剛の去年の件に触れる。これ・・・NGでしょ(苦笑) もう、いちいち触れなくていいです。岡村さんが復帰されたということで(おめでとうございます)、復帰するときは緊張するという話を剛としていると慎吾が「それは、吾郎ちゃんも知っていると思う」と今度は振ります。もう、いい加減にしてください! 10年も前のことをメンバーがいつまで経っても話題にするから、世間も蒸し返すんだよ(怒) 勘弁してくださいよ(苦笑) 中居くんが、マジで止めてた空気読んで! これ、ツヨゴロだったからこのあと和やかに笑えたのを振ったメンバーは感謝してほしい。

あとツボは、歌のコーナーですね。「SMAPのポジティブダンス」で、これまたヴィジュ良し。ちょっと、照明が暗めだったのが気になりましたが全員カッコよかったですね。吾郎、ちょっと痩せた感じがするなぁ。これで、EDトークが入れば言うことなかったのに。

|

« 鬼門の番組終了・・・ | トップページ | 君だけに »

コメント

はじめまして、いつも楽しく読んでいます。

一点だけ思ったのは、スマスマで慎吾がごろちゃんの件を振ったのは、やっぱりごろちゃんだからという安心感があったからだと思います。
>これ、ツヨゴロだったからこのあと和やかに笑えたのを振ったメンバーは感謝してほしい。
ここは、もちろんこの2人だから振ったわけで(卵が先か、みたいな話になってしまいますが)。
個人的には、あそこでごろちゃんの件を振らないと、視聴者がもやもやするのではないかと思ったので、あれはあれでよかったのだと思いました。

投稿: はずき | 2010/12/21 12:58

ドラマ終わって寂しいです。
始まった頃は、情けないお兄ちゃん役にいろいろ心配したのですが、重ねていくにつれ、ドラマをしっかり支える吾郎ちゃんを誇らしく思えたり、惚れ惚れしたりしました。最終話、かっこよかったですね。
さっていく修一お兄ちゃんにグッときました。吾郎ちゃん、せつない顔が素敵です。
来年の吾郎ちゃんにますます期待でした。
吾郎ちゃん、今年もファンのためにありがとうございました!

投稿: みゆき | 2010/12/21 18:05

こんばんわkazuyoさん

ドラマ終わっちゃいましたね。私も基本恋愛ドラマとかには興味ないので、始めは惰性で観るだろう・・・と思ってましたが、なかなかのドラマだったと思います。kazuyoさんが書いてあるように、突っ込みどころも若干ありましたが、基本的にはハマっておりました(笑)
そしてスマスマの岡村さん復帰の件での吾郎や剛への突っ込み、私はあれはあれでよかったんだと思います。まったくスル―するのも、何もなかったかのようでヘンだし、10年経って笑って語れる日が来たんだな~って・・・私はそういう風に思いました。

投稿: むっちー | 2010/12/21 19:59

流れ星、終わってしまいましたねぇ。
登場人物の描きかたやストーリーの持って行き方には多々不満もありましたが
修一の演技見たさに月曜9時がとても待ち遠しい秋でした。

最終話のマリアちゃんとの病室でのシーン、素晴らしかったですね。
静かに淡々と対話する2人。
目の表情とわずかな口元のヒクッという動きだけで、修一の心の動きが感じられました。

梨沙の通帳を持って黙って退院していくシーンも私はけっこう好きです。
スッと変わる表情が好きなのもありますが、「ユージュアル・サスペクツ」のラストも思い出してしまいました。

スマスマでの岡村さん復帰から剛・吾郎の件への流れですが・・・
私は見ていて「またか・・・」ととても嫌な気分になってしまいました。
もちろんメンバー同士の信頼あっての展開ではあったのだろうと思うのですが。
それであっても、あの2人へ甘えすぎないで欲しいと思ってしまいました。

投稿: ペコ | 2010/12/21 22:15

はじめましてkazuyoさん。いつもkazuyoさんの日記に楽しませて貰ったり、納得しながら読ませて頂いてます。 今回の、事件のフリに対してのkazuyoさんの考え、私も全く同感で、思わずコメ致しました。 吾郎ちゃんは勿論、そもそもあの流れから剛君の事件に振る事自体、不自然過ぎて私は不快でした。 お正月に来たAKBの時は、まだ仕方ないにしても、昨日のあの流れから剛君の泥酔事件を彷彿した方はそんなにいないと思います。なのに、何故こじつけのように無理矢理その話題を引っ張ってくるの?ウケ狙いにしても完全に失敗ですし、それ以上の理由があったとしても、あの一連のやり取りからそこまで読み取る事は出来ません。そうなると必然的に吾郎ちゃんの事も話題に出さなくなってしまい、結局10年も前の事を掘り返されなければなりません。 確かに事件そのものを忘れてはいけないでしょう。っていうかファンにとって忘れることは不可能です。だからといって定期的に思い出させる必要もないし、ましてウケ狙いにするならば時と場所を選んで流れを読まなければ、私のように不快な思いするファンが増えるだけだと思います。 昨日は明らかに、そんな流れではなかった気がします。一緒に見ていた家族も、『性格悪いね』と呆れてました。
タイミングさえ間違えなければ、笑い飛ばせるネタでも、タイミングを間違えれば性格悪い人と思われても仕方ない。
大体ゴロツヨ自身も忘れようとしてるつもりはなく、自らネタにする事もあるというのに、何故第三者がそこまで思い出させる必要あるのでしょう?
やはりウケ狙いなのでしょうか?
確かにあの後のゴロツヨ+岡村さんの3人のやり取りは面白かったですが、それは彼の成功ではなく、あの3人の成功です。しかし、なんともヒヤヒヤした成功でした。
確かにゴロツヨと岡村さんに感謝すべきだと思います。
長々とすいませんでした。これからも更新楽しみにしています。頑張って下さい!

投稿: みぃな | 2010/12/21 22:34

初めまして。

あえて反論させて頂きます。
吾郎さんファンの方には(剛君ファンの方にも)不愉快かもしれませんが、そう言う見方もあるのかと頭の片隅にでも置いて頂ければと思います。

木村さんや慎吾君がちょいちょい話題にし、その度にファンは「いい加減にして!」となりますが、これでメンバーの誰もが二人の過去の事を一切話題にしなかったら、ファンは安心しても世間の悪意ある人たちは「都合の悪い事は隠すんだな」と言いふらすんじゃないでしょうか?
少なくとも私はメンバー以外の誰かに触れられる位ならメンバーに言って欲しいです。

それに大概この手の話題を出すと叩かれるのは木村さんですよね?吾郎さんや剛君は「反省してるのに可哀想じゃない!」って同情されるんですから、必ずしも二人にとって悪い事ばかりじゃないと思います。
私、事件の事を思い出して吾郎さんや剛君を嫌いになった!って言う意見、見た事ないです。言い出した木村さんの事を「性格悪くて嫌いになった」って意見はちょこちょこ見ますけど。そして不思議と木村さんほどは慎吾君叩かれませんけど。

私はメンバー全員割り切って、自分の役割を果たしているだけだと思います。
それって結局お互いに揺ぎ無い信頼関係があるから出来る事だとも思っています。

投稿: guri | 2010/12/21 23:52

こんばんは~♪
『流れ星』最終回でしたね(涙)
母が凄く絶賛してました!!
『吾郎ちゃん演技上手いね!!本当凄い!!』って☆
吾郎ちゃんがほめられると、自分の事のように嬉しいです♪(笑)

『スマスマ』ビストロ、今『めちゃイケ』の新メンバーの三ちゃんや敦士が好きなので嬉しかったです☆
敦士のあの姿は、めちゃイケで見慣れてましたが、まさかスマスマでやるとは思いませんでした(笑)
『ゲゲゲのAD』私も、吾郎ちゃんのリアクションが素っぽいと感じ、凄く楽しめました♪
吾郎ちゃん可愛い☆
『SMAPのポジティブダンス』好きです♪
本当、エンディングトークあったら文句無しでしたね(涙)

投稿: ☆虹☆ | 2010/12/22 00:00

kazuyoさん こんばんは
「流れ星」最終回
最終回はけっこう修一兄ちゃんが出るシーンが多くて良かったです!
職場の人に、月9の最終回の話題の第一声「吾郎ちゃん死ななかったね〜梨沙と健吾よりそっちが気になった」と言われたので
ファン以外にもかなりインパクトのある役だったようで
来週からもう見られないと思うと寂しいですね。
スマスマのゲゲゲのADコントの吾郎ちゃんの胸元が少し開いた感じが良かったです!
目玉のオヤジを見る目は素のリアクションに見えましたね(笑)
ビストロの復帰話の流れは岡村さんが口火をきってるので‥
まぁ誰がいいとか悪いとかじゃなく
平気な視聴者(ファン)もいれば、いまだに心が痛む視聴者(ファン)もいるってことですよね‥
完全スルーするのも不自然、かといって、あまり話題にするのも微妙、
過去は消せないし、2人もメンバーも私たちファンも、これからもこの件とは上手く付き合っていかなきゃいけない‥
ドリスマで一生背負っていかなきゃいけないって言ってたの思い出しました(涙)
あまり議論すると荒れるので
このへんで終わります。長文失礼しました。

投稿: まい | 2010/12/22 00:47

Oh, no....今回の記事のメインは断然『流れ星』の修一兄ちゃん語りだったんですが、そうですか、やっぱりこっちが気になっちゃったか(汗) 私が悪いですね。すみません。なので、このあとは愛すべき修一兄ちゃんの感想ドンドン残してやってください(笑)!

レスを返す前にこれだけは皆さんに伝えておきたいのですが、あくまで個人的な感想なので。吾郎ファンが全員、今回の件で不愉快になったとか気にしたとか思わないでください。私が個人的に、この件だけは本当にトラウマなんです。吾郎はおろか、スマップ落ち、ネット落ち、メディア落ちをしてしまったんですよ(苦笑) 今でも、よっぽどのことがない限り触れることができないんです。逃避しているのではなくて(当時、なぜもっと声を出さなかったんだと今では後悔なので)、もう本人がすでに社会的制裁を受け、充分反省して前に進んでいるのに敢えて触れる必要がないと思っているからです。その点だけは、ご理解頂けるとありがたいです。


moon3はずきさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。慎吾の発言の前に、すでに吾郎自身がきっと自分に振られるなと準備しているのが岡村さんの後ろに映り込んでいたので、本人はきっとそこまで気にしていないと思っています。当然、スマップのメンバー同士だから、シンゴロの間だけでなくどのメンバーにも信頼関係はあるのでそこは問題ないと思っていますしね。私が書いた「ツヨゴロだからよかった」というのは、起こってしまったことがこの二人だったからという意味ではもちろんなく、こんな話題でも傍受できて不愉快な顔をせずコメントできる二人だったからという意味です。視聴者も「そこは吾郎もだろ」って思う人って、現在どれぐらいいるかなぁ。言われて、あぁ、そうか・・・って思う人がほとんどじゃないでしょうか。別に敢えて思い出させなくてもいいんじゃないかって思ってしまうんですよね。仕方ないこととは、なかなか思えなくてすみません(笑)


moon3みゆきさん
寂しいですねぇ。たった1日経っただけで、すごい喪失感です。あぁ、もうあのトラブルメーカー(笑)の美しい修一兄ちゃんに来週からは会えないんだなぁって思うと、心にポッカリと穴が開いたようです。ファンだから最後に言わせてもらうと、ドラマのタイトルになっている『流れ星』は最後何も言わず幸せだけを二人に運んで去っていった修一のようだと思いました。健吾と梨沙は、どちらかというとキーアイテムは『クラゲ』だったので。(これは、原作が『クラゲマリッジ』だったのもあるかもしれませんね) それに、コブクロが歌っている主題歌『流星』は、健吾と梨沙じゃなくて確実に修一と梨沙で聞いてますからね(爆) そして、聞くたびに涙。おや?これって、ドラマにどっぷり嵌っていると言っていいのでしょうか(笑)? 吾郎の表情はどれも素晴らしかったですが、梨沙のことを想う兄の寂しそうな表情は秀逸でしたね。もう、この吾郎の表情の演技だけで毎回泣いてました。吾郎をキャスティングしたスタッフにもお礼が言いたいですね。


moon3むっちーさん
ドラマが始まる前は、演じている吾郎を毎週見せてもらえる、竹野内さんとどう絡んでもらえるのか(笑)と、そればかりでした。始まってみると、ドラマ作品として嵌ってしまったんですね。でも・・・後半戦に入ると、どうにも辻褄が合わないところや気になるところが出てきて素直に楽しめなくなり、最終的には修一だけで萌えまくることができるドラマと三段階ステップで展開していったドラマとなりました(笑) スマスマの件ですが、本当にすみませんねぇ(苦笑) 気になったことはツヨゴロのことだけでなく、実は岡村さんの復帰と重ね合わせるのも失礼のような気がしたんですよ。復帰自体はもちろんどちらもめでたいですが、微妙にニュアンスは違いますよね。なんだか、逆に岡村さんに気を遣わせたんじゃないかとも感じたんです。中居くんが今回止めたのは、きっとここだったんじゃないかと思いますね。ゲストに気を遣わせる振りはいらないと思います。今なら笑って語れるのは間違いないですが、それは流れによります。私は、変な汗をかきました。ツヨゴロの穏やかな表情とコメントに救われたかな。


moon3ペコさん
なんだかんだとストレスも溜まったりしましたが、やっぱり終わってしまうと寂しいですよね。それだけ、吾郎がすごく良い演技をしていたからだと思います。ラストに向かうほど、役に嵌りこんでヴィジュ度もUPしていったように感じました。(これ、『トライアングル』でもそうでしたね。ドラマのキャラに入っていくのは最後に向けてというのはわかりますが、ヴィジュは頭から準備しておいてほしいわ(笑) 舜の初回はえっ?!って思ったよ(笑)) 吾郎、最近涙もろいみたいなので、それも演技に幅が出てきたのではないかと思っています。役者って、年齢を重ねそのときそのときの表情を見せてくれますよね。今後の吾郎の役者のお仕事が楽しみです。スマスマの件ですが、確かにあるでしょうねぇ、この二人なら大丈夫という何かが。もちろん、そこに信頼関係があるからなんですが・・・弄られ慣れしている二人というのもあると思うと、この件だけは勘弁してやってくださいと私なんかは思います。


moon3みぃなさん
初めまして。コメントどうもありがとうございました。そう流れなんですよ。今回の敦士さんのウォーキングで、別に剛の件を振る必要性が私にはまったく感じられないので、ここは違うよ木村さん(汗)って思ったんです。思わず、剛も「えっ?!」となってしまった表情を見るといたたまれなくなってしまって。そのあとは、上手くやってましたけどね。剛は、こういうネタを振られたときの対処が非常に上手い人だと思います。最近は吾郎もなんとかやれる人ですが、復帰後数年間は本当に見てられなかったので(苦笑) そう思うと、しっかりご本人たちの中ではネタにされてもいいことになっているとは思うんですが、別にわざわざ振ることはないと思うんですよね。この流れを放送したのも疑問ですよ。事務所的にはOKなんですね。この辺は、スマップの凄さを逆に感じると言えば感じるので複雑なんですが(笑) 振られたお二人としては、自分たちが迷惑をかけた事実もあり不愉快な顔をすることもできないし、かと言ってあまりにのっかってしまっても世間は不誠実と捉えるので、実は非常にリアクションは難しいと思うんですね。そこまでさせて、何度も振るネタではないと思いますね。あぁ、ただご家族の方にはちゃんと「木村くんの性格は男前で、当時の二人をしっかり支えて守ってくれたメンバーの一人だ!」と反論しておいてください(笑) 今回、流れがおかしかっただけで、彼の性格に問題は露ほどもありませんので! もしかしたら、私がこうやってブログに書くことで逆にファンの方には余計に思い出させて不快な思いをさせてしまったかもしれません。本当にごめんなさい! でも・・・すみません、きっと今後も複雑になったら書くと思います。そこは、愛を持っての苦言だと思って頂ければ幸いです。


moon3guriさん
どうも初めまして。コメントどうもありがとうございました。そうですよね、もちろん反対側の意見も言わせろ!と思いますよね(笑) ただ、ちょっとだけ聞いて頂けますか? guriさんは、「メンバーの誰もが二人の過去の事を一切話題にしなかったら、ファンは安心しても世間の悪意ある人たちは「都合の悪い事は隠すんだな」と言いふらすんじゃないでしょうか?」とおっしゃいますが、私は吾郎も剛も当然他のメンバーも別にこの件に関しては隠してもいないししっかり受け止めていると思っています。当人たちは自虐ネタに回るときもありますしね(笑) ただ、物事には流れというものがあります。たとえば、今回復帰の話からしていて「復帰初日は緊張するよね?」とゲストの方が振られたら、そこはしっかり答えるべきだと思います。でも、芸人さんのお一人が服を脱いだから「そういえば・・・」という振りは本当に必要だと思われますか? そして、振らなかったら「なんで隠すんだ」と一般の視聴者は考えるでしょうか? 逆に、ここでそこに繋がる?!と思う人もいるのではないでしょうか。今回、たまたまこの記事を検索で引っ掛けてこられたのか、たまにうちのブログを覗きに来てくださっているのかわからないのですが、後者であれば私がどれだけ吾郎以外のメンバーも大好きかわかってもらえると思います。決して、木村くんを叩いているわけではないです。今回の件は、「木村さ~ん、今のは勘弁して~(汗)」という感じですか(笑) 親兄弟や友人にもたまに苦言を言いたくなると言えばわかって頂けるでしょうか。でも、私の書き方が不快にさせてしまったのなら申し訳ありませんでした。今度よければスマップに萌え爆走している記事にも覗きにきてやってください(笑) 


moon3☆虹☆さん
ドラマの最終回というよりは、修一兄ちゃんにもう会えないのかと思うと寂しくて寂しくて(涙) たった、数分の出演で視聴者に「もずく、出てくるな!」と言わしめるほどの圧倒的な存在感で、見た目も美麗となれば名残惜しいのは仕方なし。今回、吾郎の表情の演技が光っていましたね。これは、吾郎に限らず主演の竹野内さんも上戸さんも、台詞が最小限なため非常に上手く表情を使って演技されていたと思います。その点は、脚本は素晴らしかったなぁと今でも思いますね。スマスマにゲストで来られた新メンバーの方たちって、すでに有名な方ばかりなんですか? (ごめんなさい、本当に日本の流行には疎いです(汗)) ああいうの・・・おもしろい(笑)? あぁ、ジェネレーションギャップ(爆) 「ゲゲゲのAD」の吾郎はヴィジュもリアクションも良かったですね。しかし・・・慎吾は、毎回ビストロキャラがコントに使われて大変だな(汗) 一人でコント回してるよ。誰か、普通にコント書ける人いないんですか? もれなく吾郎がついてくるのはありがたいが(笑)


moon3まいさん
初回から通して、最終回が一番長いご出演でしたね(笑) そこは、主演二人に絞らなくて良かったのかな?といらぬ心配をしてしまいましたが、ありがたかったです。延長があればねぇ・・・じっくり最後に健吾と梨沙が岡田家で楽しそうにしている画なんかも入れ込めたんではないかと思うと残念ですよね。結構評判良かったのに、なぜ最終回延長にしなかったのか不思議です。なので、ここで終わっちゃうんだ・・・みたいな感じがありましたね。リアルタイムで見れなかった人が、「もずくはどうなった?!」っていう質問を一番多く引っ掛けました(爆) なんだかんだ言って、みんなしっかり予告に釣られて気になってたのね(笑) 釣り確実じゃん!と思ったけど、番組側としては大成功だったということになります。スマスマでの「ゲゲゲのAD」の吾郎の衣装は、私も何度も凝視してしまいました。どうなっているんだ?!と(笑) 胸元が開いているのかだらしないのか微妙だなと(爆) 吾郎がほっそりに見えたので、最近の撮りでしょうか。ドラマ撮影終わりにかけて絞ってきたって・・・ごろーさん(苦笑)? それとも、何かある? 言霊、言霊(笑) スマスマを楽しまれていたのに、変な愚痴で気にさせてごめんなさい(汗) 私の愚痴なんて、流れ星のように素早く通り過ぎてしまうので(基本、次に目の前にくる萌えに喰いつく人なので(笑))、適当に「おぉ、また愚痴ってるぞ」とかわしてやってください(笑) お気遣いありがとうございます。

投稿: Kazuyo | 2010/12/22 08:52

kazuyoさんこんにちは。イギリスはすごい雪とか・・ 大丈夫ですか? 九州は暖かいです。まだコート着てません。kazuyoさんのサイトは暖かいどころか,熱いですね(笑)ほんとに「怒り」のパワーってすごい! 私はさんスマの怒りは,なぜか「流れ星」とスマスマを見て吹っ切れました。なんか,吾郎ちゃんって,SMAPってやっぱりすごいっ!  「流れ星」kazuyoさんと同じく思ったより納得でした。吾郎ちゃんの演技も素晴らしかったし,マリアちゃんもいい仕事してくれましたね。結局修一が気持ちを素直に出せたのはここだけでしたね。すごく優しい表情でした。医学的な事や金銭的な事は山程のつっこみ所はありますが,周りの方といろいろ話ができたドラマは久しぶりでした。吾郎ちゃんお疲れ様。 スマスマは・・なんかいつもの「スペシャル」で,「エマージェンシーフレンズ」も含めてこれがSMAPだし,吾郎ちゃんなんだと・・再認識させられてしまいました。もう大丈夫です!(何が?) それから,さんスマですが,くやしくて書けなかったのですが,実は結構リピしてます。だって,吾郎ちゃんのキスが素敵で(腐?)ゴロツヨチュッ!も確認しました。アップで見たかった。あー,なんか悔しいです。年末の特番も楽しみにします。では,また。
 

投稿: さっぴい | 2010/12/22 09:11

kazuyoさん、こんにちは。
kazuyoさんにとっては、最終回の話の流れは想定内でしたか…さすがっすね(笑)
ドラマとしては、修一の妹への思いをもう少し前の回で入れ込んでいたら、主役二人の愛の結実?をもっとゆっくり見れて涙できたのに…と、残念でした。もうちょっと余韻に浸りたかった。ホントに、なんで延長なかったんでしょうね。でも、この最終回が無かったら、そこまで思えたかどうか…(笑)
しかし、吾郎ちゃんは「飛鳥へ~」を見た時と同じくらいすごいなぁ~って思いました。いえ、修一の内に秘めた悲しみが短い時間で一層伝わってくるのに目が離せませんでした。ほんとにパワーアップしてると思います。
そして、年末の吾郎ビジュは毎年楽しみです(爆)

投稿: かる | 2010/12/22 10:16

ちょっとだけ言わせて下さい。
木村君のあのフリは受けねらいか?
彼はそういうことを考えてあの発言する人ではありません。
そして性格も悪くない、第三者でも無いSMAPのメンバーの一員です。日ごろ彼の言っていること、書いていることをよく解っている人は、彼がいかにメンバー思いであるか、それは勿論他のメンバーにもいえる事ですが。
それが結束し強力な力となって20年以上もグループとしてやってこられたわけで。
人一倍アンチの多い木村君ですが、彼の素晴らしい人柄をわかっている人もいるのです。

流れ星、最終回はつっこみながら見てました。修一兄さんが生きてて良かった、そして吾郎さんの表情演技の素晴らしさに参りました。最後の吾郎さんのあの携帯をしながら・・は救われました。次はどんなドラマでどういう役柄をしてくれるのか楽しみです。
翌日夫の職場では流れ星、吾郎さんの話で持ちきりだったそうですよ。帰ってくるなり嬉しそうに言ってました。

投稿: mermaid・T&K | 2010/12/22 10:40

kazuyoさんこんばんは。「流れ星」良い感じでまとめましたね。でも、私的には、修一がリハビリしている時の梨紗と修一の昔に戻ったような、仲良しだったころの二人を感じれたことがうれしかったです。(自転車の事を覚えていた事とか…)きっと本当はもっと良い兄妹になってたはずなのに、なんだか悲しいです(涙)でも、修一が、リハビリ用の杖?を置いたのにはびっくりしました。おいおい、とても無理があるぞ…(苦笑)と思いました。病院でちゃんと診察もしてるので嘘はつけないと思いますが…でも、あまり突っ込まないでおきます(笑)修一兄さん最後はキューピットみたいになってましたね。(改心したと見せかけて、そんな…とは思ってしまいましたが(苦笑)私はこの終わりかたで満足です。梨紗と健吾も幸せになったので、修一にも本当の幸せが来るといいですね。私は、吾郎ちゃんが言うように皆幸せでいればなぁとおもいます。修一が生きていて良かったです。「スマスマ」のポジティブダンスかっこよかったです。吾郎ちゃんの声も全部よかったです!!あの歌私大好きです。もうすぐ、クリスマスですが、イギリスはイルミネーションすごいでしょうね。私、海外のクリスマスの風景やイルミネーション見るのが夢なんです。やっぱり日本とは違いますか?kazuyoさんも良いクリスマスをおくってくださいね。

投稿: さおり | 2010/12/22 21:15

すいません訂正します。私がいいたかったのは、修一が梨沙の自転車の練習のことを覚えていて少しは昔のようになったのかな?ということを伝えたかっんです。誤解されていたらすみません。

投稿: さおり | 2010/12/22 21:33

「流れ星」終わってしまいましたねweep修一兄ちゃんにもう会えないのは淋しいですね。いろいろ脚本とか設定とか役回りとかでちょっとなぁ~とツッコミ所はありましたが私も修一兄ちゃんの最後のもってき方はあれでよかったと思います。変にいいひとで幸せになられてもねぇ~(笑)ペコさんの「ユージュアル・サスペクツ」のラストを思い出すとのお言葉に「そうそう!!」と頷きました。あの終わり方が意外で、やられた感があり、悪いヤツのカッコ良さが素敵ですよね。吾郎ちゃんの年齢と演技力と美しさを備えた今この時に観たい画ですね。(スイマセン、勝手に想像膨らましました)今回のドラマ、吾郎ちゃんの演技力の凄さに心奪われました。特にラスト2回は惚れ惚れします。できれば少しおいて2月頃からでも「耕さん」撮ってもらえないかなぁ~heart01なんか一段とパワーアップされ素敵な耕さんに会えそうな気がするのです。演目は何でも良いので続けて俳優・稲垣吾郎が観たいですよねsign01 スマスマは芸人アレルギーでチョットへたばり気味、Kazuyoさんと同じで勘弁してねでした。こちらに伺うようになってからいろいろな方のご意見を拝読させて頂いてとても勉強になります。言葉のチョイスや心使い、状況に応じての話題の持ってき方等々なかなか大人になっても難しいですね。SMAP君達は皆本当に素晴らしいですね。お互いの信頼関係や思いやり、人に対する優しさ。さんスマやスマスマを観て決してメンバー誰のせいでもありません。受け留め方で辛く感じる事も人なのでありますのでお気にさわられた方がみえましたらごめんなさい。

投稿: ピカチュウ | 2010/12/23 00:29

再度、コメントすいません。KazuyoさんKimさん、イギリスの大寒波snowで生活に支障きたしてみえませんか?寒さも一層厳しくなりますのでくれぐれもお体にはお気遣い下さい。良いクリスマスをお過ごし下さいねxmas

投稿: ピカチュウ | 2010/12/23 00:36

moon3さっぴいさん
先週末、イギリス吹雪になりまして(笑)、いえ~い、週末だから仕事行かなくていいし楽勝!なんて思っていたけど、10cm近く積もった雪は気温が上がらないこの時期まったく溶けず、毎日ひーひーで通勤するはめに(苦笑) お気遣いありがとうございます。もう、明日で仕事収めでクリスマスホリデー突入です♪ クリスマスは毎年酔っ払うのでひっそりするかもしれませんが、そのあとはガンガン出てきますのでよろしく(笑) (あぁ、ライブDVDがこの雪のせいか届きません(涙)) 前置き長っ(爆)! ドラマ『流れ星』の修一を演じる吾郎は素晴らしかったですね。私も単純なので、すぐに萌えに脳内変換させて頂きました(笑) 泣いた、泣いた。修一兄ちゃんの切ない想いに泣けたよ。歩けないよ梨沙~詐欺のあたりから、ニヤリとしましたけどね。何がもったいないって、これだけすごい演技を吾郎が見せてくれたキャラが存在感はあったとは言え、毎回数分の出演だったことですね。(なのに、視聴者からはボロクソに言われるキャラで(笑)) 絶対に無理だとは思うけど、修一のスピンオフが見たいぐらいですよ。あぁ、もったいない、もったいない。「さんスマ」は、二時間半を返せ!と豪語したけれど、楽しめるところは萌え満載でしたね(笑) 最後で腹立ったことは事実なので、その怒りと同列に語りたくなかっただけというのが本音でしょうか(笑)


moon3かるさん
最終回ラストの健吾と梨沙が、かわいくハグしあって終わりというのが想定内ですね。でも、場所は私は二人の思い出の海岸だと思った。まさか、マリアと涼太の約束の地であるスカイタワーになるとは思わないじゃないですか(笑) そこで、あまりにも偶然に出くわす二人・・・無理があるなと(爆) まぁ、ドラマですからね。そこはつっこまないでおこうと。なんせ、ここを突っ込んだら他にもいろいろあるんで。修一が飛び降りて「一年後」・・・これはあまりにも唐突。そして、修一の仮病がよく1年の間で医師にも見破られなかったのがおかしいし、さっそうと消えた修一はどうやって入院費払ったんだとか。兄ちゃん、金持ってんのかよ!いくらか通帳に入れてやっておいてくれれば粋だったのに、そこは「クソ兄貴」っぷり発揮なんですねとか(笑) 私の涙を返してちょうだい!状態でした。でも、良かった。本当に吾郎の演技は素晴らしかった。ラスト最終回が一番美しかったですね。ヴィジュ最高でしたわ、ごろーさん(笑) 役者の仕事はやっぱりいいですね。是非、来年早々いいニュースがファンに届いてくれればと思います。


moon3mermaid・T&Kさん
嫌な思いをさせてすみませんでした。言葉を選んでコメントしてくださって恩に着ます。mermaidさんならご理解して頂けると思いますが、決して吾郎ファンが木村くんを叩いているとは思わないでください。ちょっとした「それは嫌」という愚痴だと捉えて頂ければありがたいです。それは、別に木村くんだから向かった感情ではなく、他のメンバーのときもあるし、それこそ吾郎本人にも吾郎ファンはしっかり向けます。まぁ・・・なんと言うか、愛があるからこそ甘えさせてもらって言いたいこと言わせてもらっている感じでしょうか。木村くんがいつも正直でまっすぐでメンバー想いなのは、皆さんわかっていると思います。今後とも、どうぞ生暖かい目で見ていってくださるとありがたいです。苦言はいつでもこちらもお受けさせて頂きます(笑)

そして、つっこみながらも最後まで『流れ星』を見てくださったということで、役者吾郎をお褒め頂いてどうもありがとうございます。ドラマ自体はどうでしたでしょうか? 結構と私の周りのスマップファンではない知人も見ていたみたいで、良かったという報告を聞きます。ドラマとしても嵌れたんでしょうかね。(もう、普通に判断できなくなっています(笑)) いろいろ語り合うのには最適なドラマだったのかもしれませんね。そこに、吾郎が演じた修一キャラありきだったのが嬉しいです(笑)


moon3さおりさん
修一と梨沙がリハビリのときには微笑ましかったんですが・・・私は、なんとなく梨沙の気持ちがまだよくわからなかったなぁ。いくらなんでも、あの状況で入院することになってしまった兄の面倒を放っておけなくて仕方なくだったのか、傍にいてあげたいと思ったのか。修一のほうも、自殺まで考えて離れるつもりだったのに、やっぱり梨沙と一緒にいたかったのかとか・・・まぁ、消化不良のところはありますね。最後の修一が、本当に颯爽と去っていってくれたのが救われたでしょうか。そこで、やっと「やるじゃん、兄貴!」と思えたので(笑) 歩き出したときには、えぇ?!という思いと、はぁ?!という感じでぽか~んでしたよ(爆) 最後まで、ミステリアスな兄ちゃんだったのは、まぁ、あれはあれでアリですかね。なんか、続きが作れそうなという気がしますが、マニアに送る「その後の修一」スピンオフドラマなんか作ってくれたら神ですけどね。主演じゃなかったから、まず無理でしょうが(笑)

イギリスは、やっぱりクリスマスが一番大きなイベントですよね。街中だけでなく、普通の家でもイルミネーションがすごいです。家族揃って集まって団欒する、日本でいうお正月ですから。まぁ、うちは・・・クリスマスディナーが出て酔っ払うぐらいで、ボノボノできる長い休暇って感じですが(笑)


moon3ピカチュウさん
修一のエンディングが、とにかくこれで良かったと思えるもので個人的には嬉しかったです。ドラマ自体のラストとしては、いろいろ言いたいこともありますけどね(笑) なんだか、結局兄ちゃんははあまり変わらないんだろうなぁっていう感じがいいですよね。女性にたかってジゴロなんてらしくていいんですが、せめて梨沙には金をせびりに戻ってこないようにしてほしいですね(笑) 吾郎が演じる修一なら、ちょっとぐらいお金せびられても愛してくれるのなら面倒見てもいいな(爆) 嘘なら嫌だけど、本当に自分のことだけを見てくれて優しくて・・・いいじゃん(笑)! こんなバカな女がいるから、ああいう男性が生きていけるのよね。あぁ、でも「吾郎」限定ね。今回の役どころでは、表情の変化も声のトーンの違いも上手く演じ分けていて本当に素晴らしかった。ちょっとした出演だったのも集中して役に入り込めたのかもしれませんね。仕事人の顔を見せてもらった気がします。やっぱり、役者の仕事はいいですね。

スマスマは、気になった人もいればまったく動じなかった人もいたと思います。そのあとのトークは、ちゃんと笑えましたけど持っていくまでがちょっと厳しかったかな(苦笑) いろんな方のご意見を聞かせて頂いて、そうなんだと納得し、そして自分の感じたことは素直にそのまま受け入れてもいいと思いますね。ただ、あまり引っ張るのではなく、楽しめるときは楽しんでいきたいです。年末特番まだまだ続きます。楽しみですね♪

投稿: Kazuyo | 2010/12/23 10:32

あれ?あっさり足直ったの?とか
あれ?重症なシスコンで妹離れできなく
無理難題ふっかけてキープしてたの?
などなど。。
兄ちゃんの行動は不思議でした。
色々ありましたが、随所に萌えもありよかったです。
演技の評価がアチコチでアップが嬉しいですよね。
でも次回は、穏やかな役がいいな~なんて★
そして金田一ゴローはどこへ?カムバック!!
>すいません!超個人的に激しく好きな役なので。

スマスマの未来がみえないけど
何を目指したいのかわからなくて
とはいえ、メンバーが集まる冠番組は貴重なのはヒシヒシ感じます。>後輩君で番組ないのがいますので。

ポジティブダンス!あーゆーのがやっぱり好き♪

投稿: mimi | 2010/12/23 23:52

moon3mimiさん
ドラマのストーリー全般以外にも、修一兄ちゃんのミステリアスぶりはすごかったですね(笑) 主演のキャラじゃないとは言え、あまりにも描いてもらえない部分が多すぎて、正直吾郎の演技に助けられたところが多々あると思います。描写不足のおかげで、今回の神演技だったのかと思うと、結果オーライという感じでしょうか(笑) ドラマ放送中は、あまりにもの言われ方に心痛めることもファンとしてはあったのですが、最終回を迎えてあれだけボロクソだったのが、「もずく兄ちゃんが死ななくて良かった」とか「良いお兄ちゃんになって嬉しかった」とか・・・一般の視聴者ってそんなもんなのねぇと肝に銘じておくことにしました(爆) それとは別に、しっかりドラマを見ている人たちが、稲垣吾郎の演技が素晴らしかったと評価してくださっているのがすごく嬉しかったです。やはり、とことん悪役もやっておくものですね。ただ、しっかり演じることができればという限定ですが。そろそろ、金田一も見たいですね。今のくりんくりんヘアなら、カツラなしで出来るんじゃないかと思うんですが(笑) 結構、世間からも「どうなっただろう」と言う声もチラホラ見かけます。諦めずコンスタントに要望は出していきたいですね。スマスマは、やっぱりスマップの歌で締めてくれると嬉しいです。アルバムからまだまだ良い曲でお披露目していないのがあるので、全部出していってくださ~い!

投稿: Kazuyo | 2010/12/24 05:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼門の番組終了・・・ | トップページ | 君だけに »