« 迷走と壮大なるロマン | トップページ | 子供の顔と大人の顔 »

殿に乾杯!

今日のブログは、今週のストスマレポをあげますが・・・まず、これだけは書いておきたい。

吾郎、日刊スポーツ映画大賞、助演男優賞おめでとう~!!!

言葉にできないぐらい嬉しいです。映画『十三人の刺客』が素晴らしく、公開後に世間の吾郎の殿役の評判を聞くにつけ、これはもしかしたら・・・とは思っていたけど、吾郎が今まで真摯に向き合ってきた役者というお仕事に結果がついてきてくれたことが何より嬉しいです。正直、ここまで来たら賞をとるとらないとかあまり問題にしてなかったけど、これほどファンとして嬉しいものだとは思わなかった。本当に、本当におめでとうございます!

三池監督が同じく監督賞を獲得されたのもすごく嬉しかったですね。吾郎の助演男優賞を自分のこと以上に喜んでくださったのも嬉しかった。素晴らしい監督に出会い、素晴らしい共演者の方たちと一緒にこの作品に関われたことは今後の吾郎にとって大きな糧になったと思います。今後の活躍も楽しみにしています。


【STOP THE SMAP】

先週から引き続き、吾郎が担当のストスマ。今回もいろいろ語ってくれています。今回はさらに完レポじゃないですが、ツボ拾っておきますね。しかし・・・今週は、先週よりもさらにトークは短い吾郎です(汗)

11月29日(月):SMAPな夜

おハガキ 「『哀愁探偵1756』が始まりましたね。深夜番組らしいまったり感が心地よいです。ナレーションもやられるんですよね?私は、吾郎くんのナレーションが大好きなので、とっても嬉しいです。また機会があったら、ナレーションのお仕事をやって頂きたいです。それから、吾郎くんはこの番組でどんなことを取り上げてほしいですか?先日の駄菓子屋さん、かなり懐かしかったです」

吾郎 「番組が変わりましてねぇ、『マイ・フェア・レディ』から心機一転でですねぇ、変わったんですよね。山田親太朗くんと二人で(笑)、結構グズグズな感じでやらせて頂いているんですけども。これは、昔懐かしいなぁというか、哀愁を感じるようなものをゲストの方が探してきてほしいというものを、思い出の品とか昔懐かしい物とかを・・・ゲストというか依頼人なんですよね。僕の役が一応探偵という役なんで。「イチナナゴーロク イナゴロー 稲垣吾郎」」

イナゴローって言っちゃいますよね。でも、イチナナゴーロクなんだよね。う~ん、吾郎、この新番組はMFLからではなくてGIゴローからだよね(笑)? この辺が、本当に相変わらず適当な吾郎さんです(笑)

吾郎 「逆に懐かしいなぁって思う物をいろいろ募集したいですよね、この番組でもね。なんか、ちょっと協力してほしいですね。いろんな世代があると思うんですけども・・・オモチャとか食べ物とか何でもいいんですけどね。皆さんが哀愁を感じると思う懐かしい物をね、ちょっとひとつ知恵をください!という感じなんですけども」

吾郎さんがファンにお願いしている・・・これは、動くしかないでしょ(笑)! 皆さん、ストスマの吾郎宛に「哀愁探偵1756」の番組で使えるような、昔懐かしいものを見つけておハガキやメールで出してみてください。これ、いいものがあったら、ちゃんと番組のスタッフさんに回してくださいよ~(笑)>吾郎さん


11月30日(火):イケTELスマップ

今週は、音大で音楽業界のビジネスを勉強しているという女子大生のファンの方。電話は絶対にワンコールで取ります!とおハガキに書いていたらしく、本当にワンコールで取って吾郎が「出たっ(笑)!」と驚いていました(笑) 吾郎からの電話に驚いて最初は若干舞い上がっていらしたのに、話し出すとものすごく落ち着いて吾郎と話されていて・・・最近の若い方は皆さんしっかりしてますなぁ(笑) 

ライブでは、水着で前から3列目にいたので吾郎さんからチラ見されたと報告したら、吾郎は「自意識過剰だよ(笑)!」と言っていましたが、実はやっぱり気になるらしい(笑) 自信のある若い女性は、皆さん頑張って水着でライブに参加してあげてください(爆) 


12月1日(水):パーソナルクローズアップ

おハガキ 「14歳の頃、大切にしているものは『小さな頃のオモチャ』と答えて、ジャニーさんに褒められたと言っていましたが(笑)、今、大切にしているものは何ですか?」

吾郎 「何だろうなぁ・・・それは、ファンの皆じゃないかなぁ。はっ(笑)」

いつから、そんなファンを喜ばせることを言えるようになったんだよ(笑) 口先だけのファンへのリップサービスとは若干思いつつも、やっぱり嬉しかったですよ、吾郎さん。どうも、ありがとうございます(笑)

おハガキ 「12月8日、37回目のお誕生日おめでとうございます。吾郎ちゃんにとって、36歳はどんな一年でしたか?また、37歳はどんな年にしたいですか?言葉に出すと本当にそうなるとよく言われるので、吾郎ちゃんも叶えたいことをとりあえず宣言してみてください」

吾郎
 「口に出すと夢が叶う。言霊って言いますからね。僕もすごく好きな言葉なんですけれど。37歳、どんな年にしたいかなぁ・・・あっという間に過ぎて焦りますよね、一年間がね、ほんとに。まぁ、年々早く感じてくるって言いますけど、特に今年は早く感じましたね。ライブがあったっていうのもありますよね。結構、忙しかったからでしょうかね。充実してたってこともあって、ほんとに今年はあっという間だったっていうイメージがあるんですけどもねぇ。充実した良い36歳だったんで、うん・・・37歳は、そうだなぁ、新しいことを始めてもいいよね。意外と自分の生活パターンは決まってて。まぁ、増やせばいいってもんじゃないんですけども、僕の場合は何だろうなぁ~。趣味、まぁ、ゴルフをやったり、あとは映画を観たり、本読んだり、おいしいものを友達と食べに行ったり、ワインが好きだったりっていう、なんかもうひとつ加えたいですよね。スノボーとかどうですか(笑)?なんかね、すごく気になっているんですよ、スノボーがね(笑) いまさら?って感じですよね。スノボーやったことないんでねぇ。友達がもうプロを目指していたぐらいのかなりな「自称プロ並みだよ?」(笑)っていう友達がいるんでねぇ、いいかなぁと」

スノボー?! 確かに、スノボーが上手なお知り合いがいるとは以前聞いたことがありますが・・・やめときな(笑) 20代ならまだしもアラフォーでは危険だわ。やったことがあって結構上手な人でも怪我する確率が大きいので、吾郎のような仕事をしている人は自分だけでなく周りの人にも迷惑がかかるので、真面目な話をするとやめたほうがいいと思います。

吾郎 「なんか新しいことで、免許を取るとか資格を取るとか、海外に行って語学を勉強するとか、そういうことって時間がないとねぇ、なかなかできないですよねぇ。映画はまたやりたいな、また。『十三人の刺客』は撮影は去年だったんですけど、今年やって反響が結構あったりしたんで、役者としてこうもっともっとまた磨きをかけたいなぁなんても思いますし、バラエティや歌や踊りのほうも頑張っていきたいし。ライブもまたやりたいですよねぇ。やりたいこといっぱいあるんですけども。また37歳もあっという間に終わってしまうと思うので、一日一日大切に過ごしていきたいなぁと思っております」

時間がないっていうのはわかる気がするんですが・・・本当にやりたいことがあったら人間ちょっとした時間でなんとかできるもんです。中居くんだって、調理師免許を取る(取られたんでしたっけ?)って言ってたしね。スマップのようには忙しくなくても、私たちみたいな下々の人間でも(笑)結構とこれが忙しかったりするんですが、やる気になればできるもんです。時間はできるものじゃなくて作るものだと思うので。外食が好きなのは知っているけど、それをやめて家でバランスの良い食事にしてもらったら、やろうと思っていることもできるし太らないのでファンとしてはお勧めです(爆)

でも、役者としてもっと磨きをかけたいというのは大賛成! 今も素敵ですが、もっともっと素敵な役者になってください。うん、それが一番嬉しいかな。あっ、もちろん来年のライブは当たり前のこととして思ってますので、よろしくお願いします(笑)


12月2日(木):キャッチボールスマップ(慎吾→吾郎)

慎吾 「オッス!おら悟空!慎吾で~す。ごろちゃん・・・吾郎ちゃんの番組をさぁ、夜中とか見てさぁ・・・終わったわけよ。こないだ吾郎ちゃんにも言ったけど、終わったんだけどぉ、また始まるみたいな感じのが、う~ん、吾郎ちゃんも言ったと思ったら、ついこの間、また違う番組を見たわけよ。吾郎ちゃんの番組を。どれが何で、いつ終わって、いつ始まったのか? この間、俺が見たのは何だったんだっていうのとか。あと、『忘文』みたいなやつ、夜やってたりとか、なんか、ど・・・何なの? はっ(笑)」

(笑)(笑)(笑)
慎吾、かわいい~~~(笑)! って言うか、上二人だけじゃなくて、慎吾も結構と吾郎の深夜番組を見てくれているんですね。しかし、レギュラー番組はまだしも、『忘文SP』を見たとは・・・さすが深夜組ですねぇ。この番組、結構遅い時間だったのでファンでも見てない人いると思うよ(爆)

吾郎 「その前からねぇ、『吾郎の細道』とか『吾郎のソナタ』とか、ねぇ、そして『Goro's Bar』になり、『マイ・フェア・レディ』になり・・・えっ?!それで?今回の?『哀愁探偵1756』?もう一緒でいいじゃない!っていう。ね、コーナーを変えていきゃあいいじゃんねぇ。タイトルを変えなくてもよくない? 『Goro's Bar』1、2、3、4、5とかでいいよ!ねぇ、別に。あぁ、自分で言っちゃあいけないんですよね」

そこで、何でまた『GIゴロー』は飛ばされるわけよ(笑)? ちょっと、これ影のオーナーには聞かせられないわ(苦笑) どれだけ、スタッフが苦労して吾郎の冠番組を趣向を変え毎晩遅くまで作ってくれているか・・・コーナーを変えるとか、それファンがすでに伝えたよ(笑) でも、よんどころない事情が局内ではあるみたいですよ~。そういう裏のゴタゴタしたことは、吾郎さんには敢えて伝えないで面白い番組を作ってくれているのにっ(笑)! ほんと、男爵さまだわ(苦笑)

吾郎 「まぁ、『哀愁探偵』はね、今までとはちょっと形式が違うんで、皆さんにもわかって頂きたいんですよね。今までは、ちょっと友近さんとか、次課長とかいった中での芸人さんと一緒にやる深夜バラエティだったんですけども、今回ちょっとまた変わったんでねぇ。まぁ、慎吾が久々に見る頃には変わっているんじゃないかなという(笑)感じもするんですけどもねぇ。まぁ、こんだけ見てくれているって嬉しいですよね、逆にね(笑)」

そうですよ。同じグループのメンバーのバラエティ番組とか吾郎は見てる? 見てないでしょ(笑)? 慎吾は、スマップの中では見せない吾郎のバラエティの顔を楽しんでくれているんじゃないかなぁ。そういうことを、メッセージで返してください! 私が言ってもしょうがないじゃん(爆)!

そして、また今回もトーク短いっす。吾郎がラジオが苦手なのはわかった(笑) でも、せめてキャチスマのコーナーぐらいはガッツリ語ってください。でも、こうやってレポにすると結構語っているときもあるんですよね。吾郎の場合は、よどみなく言葉がスムーズに出てきてまとめるのも上手いし早口だし(笑)、他のメンバーと同じ量を話しても時間が短くなるときもあるのかもしれないと思った。吾郎・・・ゆっくり話そう(爆) そうすれば、私たち「ストスマ」が曲メインの番組だと思わなくて済むわ(笑)

|

« 迷走と壮大なるロマン | トップページ | 子供の顔と大人の顔 »

コメント

kazuyoさん こんにちは
助演男優賞受賞嬉しいですね♪

ストスマレポありがとうございます。

37才でやりたいこと。
スノボーは骨折とかしちゃうと困るので、あまりやってほしくないな‥
ライブと映画はやって欲しいですね。
なんとなく最近、吾郎ちゃんに追い風が吹いてると感じるので、この勢いに乗って、次は主演男優賞をとって欲しいですね!

投稿: まい | 2010/12/03 08:17

Kazuyoさま

吾郎さんの助演男優賞受賞は、心の底からの喜びを今、かみ締めています。思えば最初の試写を観た友人から吾郎さんの演技の素晴らしさと周りの反響を聞いた時は、これほど各方面から絶賛されるとは想像がつかず、自分の目で確かめて納得!演技の素晴らしさが多くの人達に支持されれば賞には拘らなくてもと思いつつ、やはり嬉しい!!三池監督の監督賞と吾郎に対する優しい心使いにも感動しました。

ラジオレポ・・ありがとうございます。文字にしていただいて読むと、また印象が違いますね。Kazuyoさんのコメントが的を射ていて「クスッ」と笑ってしまうところや、「そう、そう」と頷くところも有りで楽しんでいます。文字に起こすことは大変な作業だと思いますが、これからもよろしくお願い致します。

投稿: さやか | 2010/12/03 09:14

kazuyo様

助演男優賞受賞、評価して下さった方々に感謝です。
ファンの欲目でも、吾郎が素晴らしい役を演じれたことは感じてましたし、周りのファンでない人たちも「吾郎ちゃん凄いね~」って声を聞いたり、通勤時に車で聞いている、ラジオのリスナーの方が「13人の吾郎ちゃん、凄いですよ~」言ってたってDJさんが紹介してくれたりしてたので、すごく嬉しかったですが、まさか賞を頂けるなんて!!
監督さんはじめ色んな方に感謝感謝です\(^o^)/
 さやかさんがおっしゃられてるように、吾郎にいい追い風が吹いてる気がするので、このままいいお仕事してもらいたいですね。

投稿: むっちー | 2010/12/03 19:13

Kazuyoさんこんばんは。吾郎ちゃんやりましたね!!日刊スポーツ映画賞の助演男優賞おめでとうございます!!私は、昨日の朝新聞で見て心臓が飛び出るくらい嬉しかったです。吾郎ちゃんの演技が沢山の方に認められた事はとても誇りに思っていいと思います。三池監督も自分の事のように喜んでくれて、良い監督ですよね。私の周りでも吾郎ちゃんの殿様評価も高かったし、話題にもなっていました。本当に良い作品、出演者、監督、スタッフに出逢いましたね。ストスマでも言ってましたが、これからも役者としてのいろんな顔の吾郎ちゃんを見たいです。どんどん躍進していってほしいですよね。「ストスマ」は、吾郎ちゃん凄く言葉まとめますよね(笑)上手くまとめるのはいいことですが、少し喋るスピードが速いですね(苦笑)たまに聞き逃してしまいます(笑)吾郎ちゃんはラジオ苦手なんですかね?やっぱり一人のラジオは無理ですかね?無性にやってほしいんですが(笑)それと、GIゴローだけ挙げてなかったんですが、最近のことなのでたまには思い出してあげて(笑)でもそんなちょっと適当気味な吾郎ちゃんも好きです。

投稿: さおり | 2010/12/04 00:07

こんばんは~♪
吾郎ちゃん助演男優賞おめでとうございます☆
いやぁ、本当凄いですね!!
本当嬉しいです♪
監督もおめでとうございます☆
吾郎ちゃんが授賞したことを凄く喜んでくれたなんて、凄く優しい方ですね♪
本当お二方が賞がとれて本当嬉しいです☆

『ストスマ』レポ、ありがとうございます♪
吾郎ちゃんは曲長めにかけるんですね(笑)
キャッチボールスマップの内容に萌えました☆(爆)
慎吾くん見てくれてるんですね♪
それだけで何だか嬉しいです☆(笑)
『GIゴロー』は、影の男爵さまが頑張って下さいましたし、芸人さんも好きな方ばかりで楽しくて好きだったのに、飛ばされたのはちょっとショックです(涙)
これからも慎吾くんが見てくれてると嬉しいですね♪

投稿: ☆虹☆ | 2010/12/04 00:51

shineまいさん
スノボーは、危ないですよね。まだ、スキーに挑戦されるのならいいんだけど・・・(なんか、むか~し初めて吾郎がスキーに挑戦みたいな画がテレビであったような気がするんだけど違ったかなぁ)。でも、スケートボーイズでデビューしたグループの一員だったわけだから、コツさえ掴めば案外上達は早いのかもしれないとは思いましたが。と言うか、吾郎いまでもスケボーはできるんでしょうか(笑) 今度、スマスマだかでスマップ全員でやってみてほしいですね。吾郎が『十三人の刺客』の暴君役を演じると聞いたときに、私は役者として波が来たかなとは思いました。良い役が回ってくるときは、運も向いてきた証拠のような気がして。世間では嫌われまくっているドラマのキャラの修一役も、しっかり演技を見てくれている視聴者もたくさんいます。そういう人たちからの反応は押しなべていいので、この役を受けたのも決して間違ってないんですよね。これからも、いろんな役でファンを楽しませてほしいです。


shineさやかさん
助演男優賞の受賞は、本当に嬉しいですね。まだ、これからも映画賞の発表は続きますので楽しみです。これで、後に続く賞も受賞してくれたら泣いていいですか(笑)? 今回、この作品に出演してくれたことは、本当に吾郎にとってもファンにとっても素晴らしいできごとになりましたね。今までも吾郎は素晴らしい演技を見せてくれていたし、賞には縁遠くとも満足していたのですがやはり受賞して頂くと本当に嬉しいです。吾郎の役者のお仕事が大好きな私には、これほど嬉しいニュースはないかもしれません。三池監督の受賞も嬉しいですし、今後作品賞もとってくれたらと期待します。ストスマのレポを楽しんで頂けて本望です。吾郎のラジオは短いなりに楽しませてもらってます。ツッコミどころもあって、レポは苦痛ではないですね(笑)


shineむっちーさん
今回の刺客での殿の役は、ファン以外で映画を見てくださった方たち(それも男性の方が多かったですね)に非常に好評でした。スマップということで、彼らはすでに確立されたイメージで世間から見られるとは思うのですが、それをサラリと覆してくれた吾郎に拍手です。アイドルとかジャニーズだとか、そういうものを全部飛び越えて暴君という役を引き受け、さらにそのすぐあとにドラマでも嫌な悪役を躊躇なく演じてしまえる吾郎がとても誇らしいです。本当に、この役を吾郎にオファーしてくれた三池監督には感謝ですね。監督から聞く吾郎のいろんなエピソードもありがたかったです。やっぱり、できたらこのお二人でも映画の宣伝をしてほしかったですよね。もっといろんな話が聞けたんだろうなぁ~と、この点が非常に残念です。


shineさおりさん
嬉しいですよね。賞を頂かなくとも、どれだけ吾郎がしっかり演じて世間でも好評だったかが、今回はとてもよくわかっていたのですが・・・やっぱり嬉しい(笑) 前日の報知映画賞の結果が残念だっただけに、今回の受賞は本当に嬉しかったです。映画の感想なんて、月イチゴローでもわかるとおり人それぞれなので、審査員の選択次第で結果は変わってくるとは思うのですが、今回の日刊スポーツ映画大賞では「決選なしの圧勝だった」という一文はちょっとチキンスキンになりましたね。ストスマで「役者としてもっと磨きをかけたい」と宣言した吾郎ですが、私はここは「まったく」心配していないんですよ(笑) だって、今回この作品で新境地とか言われたり、賞を頂いたりとかする前から、吾郎は日々役者の仕事は真剣に取り組んでいたし成果も出ていたと思っていたので。変わるとしたら世間の吾郎の役者としての捉え方かもしれませんね。

吾郎の単独ラジオは、かなり前からファンの間では切望する声が多いのですが・・・なかなか、ストスマを聞いていると難しいのかなぁとも思いますね(苦笑) でも、誰か進行してくれる人が一人いれば結構いろいろおしゃべりしてくれるのではないかと。エッセイでもいいし、吾郎がリアルタイムでファンに報告できるようなものが欲しいですねぇ。吾郎の独特な感性は、今後ラジオや執筆でも活かしていってほしいと思います。


shine☆虹☆さん
吾郎のファンになって、役者のお仕事で賞というもので結果が出たのは初めてなので本当に嬉しいですね。今までにも取れてもおかしくなかったときも結構あったのに、タイミングなどの事情で本当に頂けなかったので「やっと・・・」という想いもあり本当に感慨深いです。そして、吾郎の受賞と共に三池監督が監督賞を受賞されたのも非常に嬉しいですね。吾郎が「惚れた」と月イチゴローで断言したぐらい、監督しても男としても素晴らしい方ですね。月イチゴローで『ホステル』を酷評したことに、『ホステル』支持者から叩かれた吾郎ですが、その作品に参加された三池監督自身はそんなこと屁とも思わず役者の吾郎を見て起用してくれた。とっても素敵な漢ですよね(笑) シンゴロのキャチスマかわいかったですねぇ。慎吾は、本当に吾郎には弟気質を出してきますね。しゃべり方もとってもかわいかったんですよ。また、シンゴロでどこか海外に行く特番が見たいです。

投稿: Kazuyo | 2010/12/04 05:30

kazuyoさん・皆さんの吾郎ちゃんの日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞受賞の喜びのお言葉を読みながらまた一報を聞いたときの嬉しさがまたこみ上げてきます。吾郎ちゃんファンにとっても待っていた吉報ですよね。皆で喜び合える嬉しさ、本当に嬉しいです。報知映画賞ではファン投票で高票だったけど頂けなかったので現実は評判だけでは実現しないものだと思いました。賞を取る事が全てではないけど認めて頂けた誉めてもらえた嬉しさがありますよね。三池監督の監督賞も喜びを倍増してくれました。本当に三池監督には吾郎ちゃんに頂けるお言葉やお人柄を知る度に懐の大きな優しい方だと御見受けしていたのですが吾郎ちゃんの受賞を自分の受賞以上に喜んで頂けて感謝以上に男が惚れる男を実感しました。監督のような人でありたいですね。今後何かの賞で作品賞が頂ければこの上ない喜びですね。刺客は値する作品だと思っているので。 ストスマレポ、いつもありがとうございます。私も感謝している一人です。ここでも映画をまたやりたいと、役者として磨きをかけたいとおっしゃてみえますね。また三池監督とお仕事して欲しい。新しい吾郎ちゃんを監督と見せて頂けたらうれしいな!あと深津さんをはじめ優秀な演出家や監督との新しい出会いが楽しみですね。キャチスマ、慎吾ちゃん可愛いし優しいね。ゴロバーの時出演したいとおっしゃっていたけど実現しなかったので探偵さんでは是非ゲストでお招き頂きたいです。シンゴロのSMAP最強可愛いコンビ&シンタロウ君で是非みたいなぁ~(結構慎吾ちゃんが二人に振り回されていたりして面白いかも(笑)

投稿: ピカチュウ | 2010/12/05 00:53

shineピカチュウさん
朝起きるたびに、何度も受賞のことを思って嬉しくなります。今回の「ストスマ」で吾郎の声がご機嫌さんだったのも、きっと映画出演へのリアクションがすごく大きかったのもあるでしょうね。おもしろそうな役だと引き受けたものの、スマップというアイドルグループにいて跳ね返ってくるものも一応考えたとは思うし・・・でも、そこは吾郎自身が新聞記事でコメントしていたように、スマップで他のメンバーがいるからこそ自由にできる部分もあると思う。それが、良い評判だったことは吾郎自身がとても嬉しかったと思いますね。まぁ・・・『流れ星』のほうは、かなり本人への跳ね返りが半端ないので厳しいとは思いますが(苦笑) 助演男優賞がまやかしではないことを証明してくれるような素晴らしい演技で、ファンとしてはそういうものもひっくるめて吾郎のことが好きになります。ストスマのレポを楽しんで頂けて何よりです。最近、吾郎さんラジオでも弾けてますよね。トークは相変わらず短いけど(笑) 三池監督とはまた機会があれば是非お仕事してほしいですね。(まぁ、監督の作品はたまに「えぇ?!」って思うのもありますが(笑)) 他にも、星監督とか中江監督とか落合監督とか・・・キリがないけどまたお仕事してほしい方がたくさんいます。三池監督とは、雑誌でもいいんでじっくり吾郎とトークしてほしいなぁ。きっと、楽しい話ができると思うんですが。

シンゴロですが、ほんと、ほんと!『哀愁探偵』に来てくれないかな。スマップのメンバー全員来てほしいんだけど、慎吾だったら確かに吾郎と親太朗くんのWボケに振り回されて楽しい画になりそうですね。慎吾、そういうの上手いですもんね。吾郎だけでもてんてこ舞いだったので、二人になったら最強におもしろいことになりそうです。『こち亀』の映画が公開されるときには、宣伝も引っさげて是非来てほしいな。

投稿: Kazuyo | 2010/12/05 04:09

はじめましてscissors

二十歳の約束の頃から吾郎ちゃんのファンだったんだけど結婚して子供が出来たら忙しいくてなかなか吾郎ちゃんを応援出来なかったけど、助演男優賞嬉しいですねhappy02
吾郎ちゃんはいつかなんか大きなことやってくれると思ってたけどscissors

これからもっと色々なドラマ映画にでてもっともっと素敵な吾郎ちゃんを見たいですねheart04

ちなみに昔から比べ吾郎ちゃん太ったよねbearing

また減量してるみたいだけどもともと素敵な吾郎ちゃんもっと素敵になって羽ばたいて欲しいですねup

投稿: ママギャング | 2010/12/25 12:33

shineママギャングさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。『二十歳の約束』からの吾郎ファンというのは、かなり年季入ってますね(笑) これからも、ぬる~くでも吾郎を応援していってくれればと思います。映画『十三人の刺客』で、助演男優賞をとれたのは本当に嬉しかったですね。まだ、他にも賞があるのでここは是非あとひとつぐらいはとってほしいと願ってます。ファンとしての願いというより、あの素晴らしい演技を見せてくれた俳優にしっかり賞を与えてほしいんですね。日本の映画の賞というものが、世間に好評だった作品、俳優に賞を渡してくれるのを証明してほしいんです。吾郎の体重の増減につていですが(笑)、私も何度も顔が、顔が・・・とうるさく言っていますが太ったというのはちょっと違うんですよね。でも、顔だけはなんとか気をつけておいてほしいと思ってしまう。あぁ、でも今の年齢であの肌の輝きは半端ないですね。変に減量して肌荒れが起こるぐらいなら、今のままでいい。・・・うん、こうやって甘いこというからダメなのかな(爆)

投稿: Kazuyo | 2010/12/25 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷走と壮大なるロマン | トップページ | 子供の顔と大人の顔 »