« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

天パー気味の男前な人

今夜の「SMAP X SMAP」拡大30分SPということで、例の楽しいゲームを長く放送してくれるのかと思ったら・・・ビストロでのものまね合戦でしたね(笑) 大笑いできたところもあるので、それはそれで良かったと思いますが、やっぱり少し長かったのではないかと(苦笑)

まず、スマファンとして語るところはございません(笑)

なので、ここは軽くレポしますが、まぁ、スマップのメンバーが素で可愛くじゃれたりしながら大笑いしているところは微笑ましかったですね。ゲストで来られた4人のものまねもすごくお上手でおもしろかったですし。ただ・・・スマスマでやらんでも(苦笑)っていうのは正直あります。まぁ、見ている人が大笑いできたのなら、文句を言うほどではありません。あっ、原口さんの「ひとりスマップ」は、鉄板の中居さんのものまねで爆笑もんでした。全員の特徴捉えてたなぁ・・・吾郎のものまねが一番似てなかった(笑)

オーダーは、「丼」。どのメンバーのもすごくおいしそうだった。丼ってハズレがないですよね。結構、なんでもぶっこんで食べれるというか(笑) 吾郎のすき焼き親子丼がすごくおいしそうだったので最後まで勝ち抜くかと思ったんですが・・・残念でした。慎吾のカレー丼に玉砕(笑)! でも、皆さんが「おいしい!」と食べてくださって良かったですね。

あと、ビストロで特筆すべきは、吾郎のヴィジュ度の良さですか。なんか、顔もほっそりだし、眉毛の形も山形でとっても素敵だったわ(笑) 吾郎の自然な眉毛は本当に綺麗だなぁ。このヴィジュの良いときに、剛とのショートコント『本当にいたAKB AD』なんですが、しょ~もないのになんか笑ってしまったわ。そして、鏡を覗き込んできゅるんきゅるん(by 中居)の髪をいじっているおっとこまえな吾郎さんに悶死! かっこいい・・・。なんで、こんなコントで無駄遣いを(爆) 剛と二人だけのコントって、私が覚えている中では02年に放送された『小林卓球』以来二度目だと思うのですが当たってますか(笑)? あれは、ど~しようもないコントだったので、もう二度とツヨゴロコントが回ってこないのではないかと危惧したしろもんです(爆) いや~、良かったよ、今回は。

そして、待ちに待った「ちょっとだけよ」のコーナーです。ゲストはグラミー賞を4度受賞しているTHE BLACK EYED PEAS。以前、歌のコーナーにも来てくれて、スマップのアルバム「s.m.a.p.」のテーマ曲も提供してくれた自称「お友達」グループです(笑) このコーナーで何をしてくれるかと言うと・・・「叩いて被ってじゃんけんぽん!」(笑) もう、全員で大騒ぎです。吾郎は笑ってばかりだったんだけど、あわや大乱闘?!というときに吾郎を庇って前に出るシンツヨの男前なこと(爆) 『三つ子の魂百まで』ですな! このあと、当然ツイスターが出てくるかと思ったらBEPとはここで終わり。あれ? 次回に回してくれるのかな? 歌収録もしたと思うので、必ず出してきてくれると信じてますよ~、スタッフさん!!! ウィルがツイッターですでに予告出してくれていたんで楽しみにしているんだから(笑)

次のゲスト、女子高生の重量挙げ高校生チャンピオン、八木かなえさん。ごっつい方かと思ったら、かわいらしい女子高校生です。朝のリフティングで100キロ以上のダンベルでリフティングをしていると聞いて驚きです。スマップは、70キロで試してみることに・・・上がらない(笑) まぁ、木村さんあたりは頭上は無理でも上げれたとは思うのですが・・・

中居 「木村さん?木村さん?わかるよね、木村さん」

いつなんどきも100%の木村くん。逡巡しています(笑) しっかり、中居くんの言う意味を理解して途中でSTOP(笑) 中居くんが、超うれしそうでした。そうでなくっちゃね。そして、最後はやっぱり吾郎。本気で持ち上げられない(笑) さらに、フラフラ。それでこそ、我らが吾郎だっ(爆)!

吾郎 「うぅ~ん、ふっ(汗)」

色っぽ~い(笑) それを、思わずマネする中居くん。そうだね、かわいいよね、吾郎って(爆) 剛、笑いすぎ(笑)

最後の歌は、FUNKY MONKEY BABYSとコラボ。とっても綺麗な映像で、スマップ全員かっこよかったですねぇ。吾郎の前髪ストレートが、今だとすごく新鮮に見える。いろいろ役によって使い分けていくといいんじゃないかなぁと思った。そして、スタイルの良さにほれぼれ。EDトークではまったく話さなかったけど、美しい笑顔が素敵でした。

あれ? 結構、楽しめたスマスマだったんだね、やっぱり(笑)

| | コメント (10)

王道のコンビ萌え

今夜の「SmaSTATION」は、月イチゴローが放送される、それも生?! そう、久しぶりに準レギュラーの吾郎がスタジオにゲストとして出演しました。メインは、発売中の「マナスマBOOK」の宣伝も兼ねて日本のマナーがテーマ。できたら、剛がゲストで来たときのように楽しいゲームなどのテーマで慎吾とワイワイやってほしかったのですが、まぁ、月イチゴローもあるので仕方ないでしょうかね。放送内容はためになる話だったと思うし、案外吾郎の回答数が多くて感心したし。(さすが、年上の知人が多い吾郎だけはある(笑))

ただ、慎吾とテンションあがる吾郎が見たかったので・・・その辺は、ちょっと期待していたよりは残念だった感じはあったというのが実は正直な感想です。でも、シンゴロの様子はやっぱり可愛かった(笑) 満面の笑顔で吾郎に対して「S」になる慎吾。それをわかっていて、「なんだよ~(笑)」となる吾郎。あまりにも、期待していた二人の様子が見れて微笑ましかったですね。真剣にマナーに関する質問のVTRを見て考える吾郎。それを隣からじっ~と見ながら「吾郎ちゃん、(VTR)すっごく見てるね」と茶化すも、そんな吾郎の様子をずっと見ている慎吾はどうなの?と慎吾にツッコミたくなるほどガン見でした(爆) VTR中にも大下さんも交えて、いろいろ女の子のようにあ~だこ~だと話している三人がすごく可愛い。シンゴロの女子度って結構高いですよね(笑)

吾郎への質問、メッセージは今回も結構数多くいったのでしょうか。結局、質問は「SMAPのがんばりますっ!」の番宣を兼ねた質問が採用されたのですが・・・採用を考えたらそこに持っていくしかないですよね(苦笑) それでも、皆さん、聞きたいことすごく入れ込んだと思うのに、相変わらずこの点はもったいないなぁと思いますね。まぁ、数多くメールを紹介する時間もないだろうから仕方ないだろうけど。もう、すでに「がんばりますっ!」は来週末には放送なんですね。なかなかスマップ全員で楽しんで収録ができたみたいだし、秘蔵VTRもかなり懐かしいのが用意されているみたいなので楽しみです。あっ、フリースローのときのジャケットが、しっかりスマカラーは中居くん、ピンクは吾郎)になっていたのがテレ朝さん万歳!です(爆)

生放送での映画レビューとなった月イチゴローですが・・・今回のラインナップは、あまり吾郎的には語れる作品がなかったみたいで。そうなると、生放送は毒舌をするよりも厳しいですよねぇ。90秒の枠を持て余す吾郎を見て、ちょっと辛くなってしまいました(苦笑) 相変わらず、自分の思ったとおりにコメントを残す吾郎は健在でしたけどね。ということで、軽くレポしておきます。

第5位 「ツーリスト」
セクシーでゴージャスで大人の映画・・・それだけ (キタッ(笑)!)
二大スターの共演で、綺麗なロケーションがあったのが一番の強味
ストーリー的には少し薄い
ジョニー・デップが(この作品で)あまり格好よくない!
オチも正直読めてしまう

第4位 「わさお」
とっても心癒され、長閑なのんびりとした映画
人間とわさおの絡みがもっと見たかった
寝る前にホットミルクティを飲むみたいな感じの作品
犬好きの方には泣けるし、ホッとできる映画

第3位 「ブンミおじさんの森」

月イチゴロー史上初最高の難解な映画
すごい展開があるわけでもないし、映像で見せるわけでもない
難しい表現や描写が多くて、すごく考えさせられる作品
こういう視点を持って常識に捉われないというのもおもしろいかも
辻褄が合わないような、夢を見たような不思議な世界観を浴びるような映画

第2位 「塔の上のラプンツェル」

とてもシンプルで、ディズニー映画の中でも王道中の王道
映像が綺麗で進化している
吹き替え版のしょこたん(中川翔子)が、すっげぇ上手い!

第1位 「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」
いいですねぇ~、文句なしの1位
心打たれ、今でも感動できる自分にホッとした
助け合い、思いやり、勇気を持って困難に向かってたちむかう姿に「やっぱり」感動する
映画版はポケットや道具が主役ではなく、人間ドラマがメインなのがいい

なかなか、コメントを残すのが今回大変だったみたいで(生放送だからというわけではなく)、吾郎お疲れさまでした。B級映画でも、吾郎が苦手なものでもいいから、もう少し語れる作品のほうが月イチゴローはいいんだなというのが今回のことでわかりました(笑) 

それでも、最後のシンゴロがとっても可愛かったので、やっぱり吾郎がゲスト出演してくれてよかったなぁって。慎吾に「お前!」呼ばわりする吾郎、それに怒ることもなく嬉しそうな慎吾に癒された。しかし、今度はもう少し吾郎がテンションあがるテーマのときに呼んであげてください。オタクっぽいのがいいと思うので、「スマステ」さんよろしくお願い致します。

| | コメント (10)

さらば、愛しき哀愁探偵

ブログに更新したいことが続きます(笑) このときを逃したら、また更新しなくなると思うのでドンドンとりあえず入れていきますので適当に読んでやってください。(なんせ、どれもこれも長くなるので(苦笑)) 明日は、「スマステ」に吾郎がゲストで生月イチゴローですね。今からでも遅くないので、たくさんメッセージを出して、また吾郎を喜ばせてあげてください。今夜は、昨夜大団円で終結した(涙)「哀愁探偵1756」のレポをあげておきます。

最後は、親太朗くんと二人で吾郎が哀愁を感じる団地に赴くことに。最後まで、スタッフは吾郎のことを考えて企画を出してきてくれました。私も、幼少の頃は団地住まいだったのですが、きっと今住んでいた団地に行ったら階段も部屋も小さく感じるんだろうなぁ。番組を拝見して、ちょっと今度里帰りしたときに時間があれば見に行ってみようかと思いました。そんな素敵なことを思わせてくれる、最後にふさわしい哀愁たっぷり感じる放送となりました。

雨がそぼ降る中、親太朗くんと歩いて団地に向かう吾郎。なんだか、こんな姿でも様になる吾郎さんはやっぱりスターです(爆) 訪れた団地は、調布市に建立する「神代団地」。案内図を見て、親太朗くんに団地の良さを伝える吾郎が、これまた素敵。

(余談ですが、吾郎が歩いているときに右足(?)を庇うようにしているのが気になりました。そんなことないですか? こんな歩き方の癖あったかなぁ・・・変なこと言って申し訳ないんですが、ジョギングで膝でも痛めたのかとちょっと気になったので)

吾郎
 「団地の番組とかやりたい! あぁ、今やってるか(笑)」

確かに、そういうマイナーなテーマを扱うのは吾郎に向いている気がしますね(笑) だから、この番組は吾郎らしさが出ていて良い番組だったと思うのよねぇ・・・終わってしまうのが本当に残念です。

11階建てのマンモス団地、高島平に住んでいた吾郎は上から紙飛行機を100機ぐらい飛ばして地面を真っ白にした経験があるとか。(「スマスマ」での紙飛行機合戦で、吾郎オリジナル「団地対応型」をつくってメンバー全員を驚かせてましたね(笑) らせん階段を降りるように飛ぶすごい機能だった!) しかし、画面下には「近所の迷惑になるのでマネしないでください」というもっともなテロップを出される吾郎さん(爆)

団地スペースの公園にて、24歳で新婚ホヤホヤの団地住まいを敢えて好きで選んだという哀愁探偵さんに会い、部屋の中を見せてもらいます。この公園では、映画「団地妻 昼下がりの情事」が撮影されたと聞きテンションが上がる吾郎(笑)

吾郎 「なんか、響きがいいよね~、団地妻って」

吾郎が言うと、団地妻の「情事」というよりは「日常生活」の薫りがするのは何故(笑)? 本人は、いたってセクシーな人なのに不思議ですよねぇ。

部屋の中は、リフォームがされていて小奇麗でなかなか住み心地がよさそうです。天井が低いことを除けば、普通のアパートと何ら変わらないですよね。吾郎は、あちこち見せてもらって「懐かしい~」の連発。そして、哀愁漂う団地に「胸がキュンキュンしました」という吾郎が可愛い(笑) そんな吾郎が懐かしむショットを、この番組のオープニングのPVのように撮ってくれるカメラマンが素晴らしい! 団地の中で佇む美しい男性・・・う~ん、なんかドラマになりそう(笑)

このあと、八王子市にある「集合住宅歴史館」を訪問。ここでは、昔からのいろんなタイプの団地の部屋が移築されて展示されています。木の柱がレトロを感じて、今見ると逆にお洒落に感じるという昭和初期の団地の部屋の数々。以前、日本ではひとつの部屋にちゃぶ台を置いて食事をして、食事が終わればちゃぶ台を片付けて布団を敷いて寝るという兼用型だったのが、団地を建てるときに今で言うDK(ダイニングキッチン)が考案されたのだとか。なかなか、興味深い話でした。

そして・・・エンディングでの二人。

親太朗 「次回はね、僕が哀愁を感じるものを特集しましょう。山田哀愁を!」
吾郎 「山田くん、あの~、言ってなかったっけ? 今日で、この『哀愁探偵』はひとまずお休みなんですよ」
親太朗 「・・・」
吾郎 「山田くんと僕のコンビネーションも、まぁ、ちょっと今回で?」
親太朗 「いやいやいや(汗) ついていきますよ」
吾郎 「いやいやいや(笑) 山田くん、僕はねぇ、とりあえずもっと哀愁を感じるものを求めて、今から僕は旅に出てきます。次のこの番組の構成を練ってきます!」

「わかった?」というようにイタズラっ子のような笑顔を親太朗くんに見せる吾郎。ものすごく不安そうな親太朗くん(苦笑)

吾郎 「山田くん、あとはよろしく」
(右手を軽くあげて、立ち去る吾郎(笑))
親太朗 「あっ、えっ?! えっ、ごろさん? ここ、どうすればいですか?一人でもたないです(汗)」
吾郎 「ふふっ(笑) なんか、適当に締めて」 (階段を降りながら)
親太朗 「ちょっと、ごろさん(汗)! (慌てて、吾郎の後を追いかける親太朗くん) ごろさん(汗)!」

吾郎 「あの沖縄のお店行こうよ♪」 優しい~(笑)
親太朗 「はいっ!」

やっぱり、最後のようには感じさせない、いつもと変わらぬエンディングに「哀愁探偵」らしさを感じました。なんだか、それでもちょっと寂しくて黄昏そうになった(涙) 次回からの予告はまったくなしだったんですが、どうなるのでしょうか。きっと、また吾郎で深夜に何か始めてくれると思っています。そのニュースを早く聞きたいですね。

リエコさんは、この半年で減量12キロの成功! せっかくだから、ダイエットは続けていきたいというリエコさんに心からエールを送らせて頂きます。スタッフの皆さんにも大きな感謝を。吾郎らしさを考えて7年間も共に続けてくださり、深夜に癒される番組を本当にどうもありがとうございました。新番組が始まっても、暖かい思い出いっぱいの深夜番組(「吾郎の細道」「吾郎のソナタ」「Goro's Bar」「マイフェアレディ」「GIゴロー」「哀愁探偵1756」)のことは決して忘れません。

| | コメント (9)

中間管理職の処世術

文化放送の「STOP THE SMAP」放送は、今週吾郎担当の二週目を流してくれたましたが・・・どうやら、来週からは慎吾担当になるみたいなので、地方で放送された分は飛ばすことになったみたいですね。非常に残念ですが、こういう事態なので仕方ないでしょうか。なので、先週の分と一緒にキャチスマだけレポしておきます。


【キャッチボールスマップ 中居→吾郎】

中居 「どうも、稲垣さ~ん。こんばんは。稲垣さんの、あの~、毎日の生活パターンみたいなの教えてもらいたいなぁって。ねぇ、仕事が終わって外に行く人なのか、ま、だいたい外食が多いのか。それとも家でまったり女の子と遊ぶとか。いろいろあるとは思いますけども。だいたいパターンって言うか、ベースみたいなね、レールみたいなのちゃんとあると思いますけども。ま、ときおり脱線したりとかぁ、あると思いますけど。そのベースの部分を教えてくださ~い」

ほう・・・これは、あまり考えずに聞いてきたか、もしくはものすごく考えて聞いてきたか。最近の中居くんの吾郎へのデレ期を考えると、もしかしたら本当に知りたいことなのかもしれない(笑) 何気に女の子のことをサラリと聞いてみたり、交友関係を探るあたりが中居正広ですね(爆)

吾郎 「ねぇ、なんでこんな(笑)、こんななんか、こういうしゃべり方するんだろう(笑) なんかさ~、ふっ(笑)、中居正広のなんか、なんだろう・・・気障な役のときの雰囲気じゃない?なんか、普通にしゃべればいいのに、『稲垣さ~ん、ど~も』(中居くんの口真似(笑)) 『あんまり聞きたくは別にないんだけどさぁ、稲垣さんのこの生活パターンみたいなのを教えてくだすぅわ~い』みたいなさ。ははっ(笑) ちょっと照れ隠しですかね。皆にそうですか?メンバーの。『え~、稲垣さ~ん』みたいな。中居くんっ!んふふふっ(笑) おもしろい」

何なのいったい?!と文句を言っているようで、吾郎がすごく嬉しそうです(笑) 中居くんの照れ隠しってわかっているところが、結構吾郎鋭いよね。これ、中居くんに聞かせてあげたいなぁ。中居くんの口真似する吾郎が面白くて、「中居くんっ!」っていう言い方がすんごくすんごく可愛いですっ! 絶対、聞いたら中居くんデレデレだよっ(爆)! 吾郎も中居くんのこと、すごく好きだよね。

このあと、この中居くんの質問にしっかりそれでも答える吾郎。もう、ファンならすでに何度も聞いていることなんですが、「休みの日でも仕事があっても朝9時ごろには起きる」「時間があるときは、自分で朝ごはんを軽くつくる」「それから、軽く30分ほどジョギングをする」「帰ってゆっくりお風呂に入る」「そのあと、仕事か出かける」「夜は友達と飲みに行って食事をする」「夜も長風呂してストレッチをする」「眠くなったら寝る」というパターンが多いとか。家でまったりすることはあまりない。

キャッチボールは、あくまで私の場合はメンバー同士の話がメインなので吾郎が結構語ってくれたことは概要だけにさせて頂きましたが、吾郎も他のメンバーの生活パターンを聞いてみたいとのこと。「結構良い質問ですね」ということでした(笑) そう言えば、今日発売の「テレビジョン」で中居くんに僕の家で一週間居候して生活してほしいと書いてたのは・・・案外、このメッセージを聞いたからかもしれないですね。いいんじゃない?誰か企画して放送してください(笑)!


【キャッチボールスマップ 剛→吾郎】

 「どうも~、こんにちは。ごろ、ごろさん。ごろごろさん、元気ですか?え~、ごろごろさんですねぇ、え~・・・まぁ、いろいろね。あの~、僕ら、ありますけど(笑) ふっ(笑) 何があるんだって(笑) へっへっへっ(笑) あのねぇ、ごろーさん。あのさぁ、最近、どうですか?最近は。ごろさん、ほら、食通じゃないですか。この間も、ちょっとパンの話なんかもしちゃったりなんかして。『僕らの音楽』でね、ちょっと前だけど。パンを僕が渡したんですけど、普通のパンだったんで、今度おいしいパンを持っていくって言ったきり、持っていってないんで、ほんと、持っていきたいと思ってんだけど。最近、ごろさんが注目している、なんか、食べ物。スイーツとか、パンとか。そこらへんのお洒落な感じの食べ物を聞きたいんですけど。どういうものを食べてんのかな?教えて、ごろさん」

剛は、いつも「ごろさん」へのメッセージの言い方が可愛いんだよねぇ。これ、きっとその場の思いつきで考えたメッセージだとは思うんだけど(笑)、すごく可愛い。でも、最初の「僕らいろいろありますけど・・・」はマズイね(爆) その後の笑い方も、剛らしからぬちょっと下品な笑い方だったよ(笑) きっと、ごろさん、聞きながら眉を顰めていたと思うよ~。また、怒られるぞ~(笑)

吾郎 「そうですね。あの~、草なぎくん、パン持ってきてくれるんですけど、意外と普通のパンを持ってくるんですよね。でも、たぶん身体に・・・健康にいいやつなんだよね。なんか、こう・・・なんて言うのかなぁ・・・レーズンが入っている的な、バケットみたいな、こう切ってあって、ちょっと茶色めの、身体によさそうな、そのなんか、こってりとねぇ、菓子パンみたいなものではなくてですねぇ・・・うん・・・なんかすごくそれに凝って、いっつも同じ種類のパン(笑) 毎回、おんなじパンなんですよねぇ。たぶん、もっといろんなパンあると思うんだけどねぇ(笑) まぁ、でも、持ってくるだけ偉いですよね。お弁当がダメって言っているわけじゃないんですけどもね、やっぱお弁当だと、どうしても、こう・・・揚げ物とかね、こう・・・冷えたものですし、まぁ、うん・・・あんまり、こう健康を考えてって言うよりも、とりあえずは飯食って体力つけるみたいな、がっちり系のね、食材が多いから。まぁ、すごく健康面とかを考えている草なぎくんは、偉いなぁと思うんですけども」

良かった、吾郎さん怒ってない(爆) でも、何気に「同じパン」ばかり持ってくることにプチクレーム(笑)? それでも、健康のことを考える剛を偉いと感心される・・・なかなか、読めない人だ(笑)

吾郎 「僕も、だからパン持っていったんですよ(笑) 草なぎくんになんかもらってばかりいるんでね。まぁ、ちょっと、それ・・・裏のメッセージとしては、『お前、ちょっとこういうお洒落なパン持ってこいよ!』みたいな意味も含めて持っていったんですけどもね(笑) まぁ、それでもまだ、ず~っといつものレーズンが入ったパンを持ってきてるんですよねぇ。で、楽屋のメイク前の、なんか、いつも置いてあってねぇ。たまに、勝手に食べているんですけども、僕もね。たぶん、本人減っていることにも気づいてないと思うんですけども。あと、そら豆を茹でて持ってきているのも、あれも不思議ですよねぇ。そら豆茹でたのタッパーに入れて持ってきているんですよ(笑) や、うまいですよ、確かにね。あとは、イチゴを持ってきてますよねぇ。う~ん・・・あと、リンゴも丸ごと持ってきてますよね。すごい、なんか・・・ねぇ、ストイックと言うか。うん、でも、そういう本当に飾りっけのない、コテコテ、こうオイルとか使ってドレッシング使ったというよりも、なんかこうシンプルに食材をたぶん食しているのが、彼のまたひとつの健康法と言うかスタイルなんでしょうねぇ」

なんか、剛との楽屋での様子をこと細かく話してくれる吾郎が珍しくて語るまま書き出してみました。目に浮かぶようじゃないですか(笑)? いろんな身体にいい食べ物を持ってくる剛。それを、ちょっと頂く吾郎(笑) 「いいけど、たまにはお洒落なのも持ってこいよ!」みたいな、剛にいつも見せる上から目線の女王様吾郎が大好物なので嬉しくなってしまいました。剛に負けないように、自分もスープとか作って持っていこうかなと吾郎。きっと、剛、すご~~~く喜んでくれると思うので、手作りスープ是非持っていってあげてください(笑)

吾郎 「草なぎくんとは楽屋が同じなので、刺激になりますね。楽屋でダンベルとか上げていると、あぁ、ちょっと自分も身体鍛えないとなぁって思ったりしますしね。台本とかドラマの読んでいると、あぁ、俺も、そんななんかぼっ~としてらんないなぁ。ちょっと自分の台本読まなきゃとかね。なんか、こう、彼はすごく真面目なんでね、刺激を受けますね、楽屋でね。食生活もそうですし、仕事のスタイルなんかもそうですけれども、はい。まぁ、その楽屋にですねぇ、まぁ、二人部屋なんで、唯一シャワーがついているんですね。他のメンバー、一人一人の楽屋なんで、たぶんシャワーがついてないと思うんですけどもね。たまに、香取くんがシャワーだけ浴びにきますね。ははっ(笑) たぶん、コントとかで顔に塗ったりとか、髪の毛にね、いろんなものをつけたりとかしているときに、なんか、シャワーだけ浴びにきて、パンツ一丁の香取くんがよく楽屋を歩いているっていう印象もあるんですけどもねぇ。ね、他のシャワー使ってもらいたいなぁって思ってます、はい(笑)」

パリピアトリオ、最高ですね(笑) ここでも、何気に慎吾にプチクレームを可愛くする吾郎さん。吾郎のキャッチボールも生活パターンじゃないけど、ひとつのレールがあるよね。上二人と下二人への真逆な対応の仕方が如実に現れてます。中間管理職の立場としては、大変だと思うのでこうなるのもわかるんですけどね(笑) 上二人にはとにかく可愛い吾郎、下二人にはツンツンする吾郎が見れて、スマップにいる吾郎って・・・おもしろい(笑)

案外、今回のラジオ収録は語ってくれているのも嬉しい。それが、スマップのメンバーのことなら、尚、嬉しいですね。吾郎さん、次回もこの調子でよろしくお願いします(笑)

| | コメント (9)

どうか届きますように

今夜の「SMAPXSMAP」は、緊急生放送ということで、スマップ5人が東北沖大地震において『今僕たちに何ができるだろう』というテーマでじっくり考え、5人だけでトークを展開して視聴者にメッセージを送ってきてくれました。

個人的に、生放送にすると聞いたときは、5人からのメッセージと歌で日本を元気づけてくれるような内容なのかなぁと思っていたので、ニュースで内容の概要を聞いたときは正直若干不安になった一人です。もともと「スマスマ」はバラエティ番組なんだから、スマップが自分たちにできるエンターテイメントでお送りすればいいのではないかと考えたからです。でも、今夜の放送を拝見して、これで良かったのではないかと思った。ファンはまだしも、一般視聴者はやはりスマップ5人がどう考えているか知りたいと思うし、彼らの世間への影響力を考えても今回の内容は見ている人それぞれが「何をすべきか」改めて考えることができたのではないかと思います。

オープニングの異様なまでの緊張感に、見ているこちらが手に汗を握ってしまった(汗) 吾郎は、結構とああいうとき肝の据わっている人なんですが(笑)、木村くんの尋常でない緊張を久しぶりに見た気がして落ち着かなくなったんですね。でも、悪いことではないです。彼らがいつも言っているように「緊張してあたりまえ。緊張感がなくなったら終わり」。その言葉どおり、スマップの想いが心に染みこんできた。それぞれのメッセージのあとに、「世界にひとつだけの花」だったんですが、中居くんが途中でひっかかったのを見て、あぁ・・・彼も緊張しているんだと。(極度の緊張は、喉をカラカラにするので) 案外、下三人が落ち着いてましたね(笑) きっと、上のメンバーは背負っているものがこういうとき大きいんだろう。

メインは、世間の街の声や被災地のために働いている人などの声を紹介したVTR、視聴者からのFAXの紹介をして、スマップのメンバーがそれぞれ自分の思うことを素直に述べていくという流れでした。この、世間の声がもう涙を誘うんですよ(涙) 誰もが、被災地の方たちに何かしてあげたいと思い、どうしていいか正直わからないけど些細なことで実行しているという話に、自分と重ね合わせた方は多いのではないでしょうか。同じ思いで毎日を過ごしている人が、日本にはたくさんいる。皆が、それでも自分にできることを何かしようという想いに胸が熱くなったんです。

スマップそれぞれのコメントもとっても良かったですね。吾郎はあまり言葉多くは話さなかったけど(5人揃ったときのポジションもありますし(笑))、さすがコメント力がありました。木村くんはいつもどおりの自分らしい言葉で語ってくれたし、慎吾にいたっては「泣くんじゃないよ~」という気持ちで慰めたくなった(笑) はストイックな生活をするようになってから確実に変わりましたね。中居くんは、おそらくこの生放送が決まった段階でスタッフとの打ち合わせと台本に目を通して準備してきたと思います。それぞれが、しっかり自分の言葉でメッセージを出してきてくれたことに深く感動しました。スマップだからできること。この突然の生放送1時間20分という企画も、「SMAPだから」できたことだと思います。すごいよ、SMAP! 本当にありがとう。

そして、スマップの歌でアルバム『s.m.a.p.』から「どうか届きますように」。これは、ファンじゃない世間の方は新曲と思われた方が非常に多いみたいですね(笑) これを機会にこの名曲をたくさんの方に聴いてほしい。そして、最後はもちろん「がんばりましょう」! 頑張るという言葉は被災地の方だけへの言葉ではなく、一人一人ができることを頑張ろうというスマップからの応援歌だと思います。毎日、仕事や学校に行くのも、家事をするのもこれからの日本にとって非常に大切なこと。元気を出して頑張ろう!というメッセージに、最後まで感動を与えてくれたスマスマでした。

中居くんが、現状バラエティ番組を通常放送するのは不謹慎なことになるのかどうかさえもわからないと正直なコメントを出していたけど、次週も30分拡大放送なんですね。どういった内容になるのかまだ決まっていないのかもしれませんが・・・いいんじゃないのかな、笑顔を分け与えるスマスマで。それが、あなたたちSMAPの素敵なお仕事なんだと思う。誇りを持って、日本に元気を送り出してほしい。楽しみにしています。


【追記】
それぞれのコメントもとてもいいのがあって明記したかったんだけど、恐ろしく長くなりそうなので割愛しました。でも、これだけは書いておかないと・・・

「がんばりましょう」のナカゴロ(爆)! 頭こっつんこしたり(髪の毛ちょっと絡まってたんだけど・・・それはいいの?中居さん(笑)?)、躊躇なく背中合わせになったりと可愛いんですけど。しかし、中居くんと並ぶと吾郎が体格良く見えるから不思議。5人横並びだと、吾郎が一番スラリとしている感じなんですけどね。あぁ、癒された。

| | コメント (17)

探偵さんへのご褒美

前回の未公開SPに続いて、今回の『哀愁探偵1756』は探偵吾郎さんと助手の親太朗くんだけのロケの続き。ゲストがいなくても、この二人だけで番組が回ることがこの半年間での彼ら二人の信頼と結びつきを深く感じた感慨深い放送でした。地震の影響が続き番組が特番に変更になる中で、しっかり放送してきてくれて深夜に癒されたファンの方も多かったのではないでしょうか。内容も非常におもしろかったのでレポをあげておきます。

今回のロケ一発目は、中野ブロードウェイ。すごいネーミングですが(笑)、いろんな趣味を扱った店舗が並んでいて、オタク心を刺激されるような場所ですね。吾郎と親太朗くんがお店が並ぶ中を歩いているときの距離感が素敵。つかず離れず吾郎の隣を歩く親太朗くんが、吾郎が立ち止まれば止まり、歩き出せば歩き・・・まるで忠実なワンコのようです(爆) 広くはないとは言え、店が並ぶ通路は結構と幅があるのに手が触れ合いそうなぐらいの距離で歩く二人。癒されます(笑)

訪れたショップは、ヨーヨー専門点の『スピンギア』。こちらの店長さん(哀愁探偵「4040」)が非常にイケメンの方で(笑)、いまどき風なのにとてもフレンドリーで優しい話し方をされる素敵なオーナー。吾郎がはしゃぐたびに、嬉しそうにコメント入れてくださるのも素敵です。

陳列棚に並ぶ懐かしのヨーヨーに身体をのけぞってまでリアクションをする吾郎(爆) 本当にキュートな人です。そんな吾郎がよく覚えているヨーヨーは、「コカコーラ オリジナルヨーヨー」。おぉ、世代が同じかぁ(笑) 私も持っててよく遊んだよ。ロサンゼルスオリンピックのマスコットであるイーグルサムヨーヨーにも喰い付く吾郎。そして、当選しないともらえないという「ゴールデンヨーヨー」にも大声で持っていたと喜ぶ吾郎に、店長さんが「すごいですねぇ」と言ってくださる。このあとも、「超電磁ヨーヨー」の主題歌を歌ってみたり、スケバン刑事ヨーヨーに飛びついたり、吾郎さん絶好調です。オタク吾郎の様子はハズレがないなぁ。

第二次ヨーヨーブームは、90年代に入ってからさらに進化したベアリングヨーヨーが主流。吾郎もショップで試してみることに・・・。これが、まぁ、吾郎ファン全員が驚いたと思うのですが、予想に反して吾郎が上手いのよ(爆) エレベーターというテクを店長さんから教えてもらっても一度でできてしまったし。(まぁ、内側から指を入れて・・・と言われたのに、外側から攻める吾郎は相変わらずですけど(笑)) そして、決めポーズは「スケバン刑事」。シャキーン!という効果音をつけてもらっての吾郎さんの決めポーズに惚れ惚れです(笑)

そして、お次は秋葉原にある「スーパーラジコン」。こちらでは、ちょっとしたサーキットがビルの中に作られていて、大人でもラジコンカーが楽しめる場所となっています。ここで哀愁探偵「9800」(最初に買ったラジコンカーが9800円)さんに、コレクションのラジコンカーを見せてもらい、続いての哀愁探偵「0881」(オー早い)さんに実際にラジコンカーをサーキットで走らせてもらいます。これが、最高時速80kmは出るという上に、ドラフト(後輪を滑らせてコーナリングする技)も出来るというからすごいです。

もちろん、吾郎と親太朗くんでラジコン対決が勃発! 親太朗くんが吾郎のラジコンカーにぶつけてくるたびに「おいっ!」と怒る吾郎さん。大人げないぞぉ~、吾郎(爆) 二人の年齢差って結構あると思うのに、精神年齢はほぼ変わりません(笑) 集中して可愛いお口がぽっかり開いているのも愛おしければ、熱中して一人サーキット内に降りて操作している吾郎が映り込んで笑ってしまいました。

最後は、お台場の「ヴィーナスフォート」で、本物のクラシックカーを見せてもらい大はしゃぎの吾郎さん。これって・・・もしかと思うけど、視聴者へというよりは吾郎へのご褒美ですか?スタッフさん(笑) アルファロメオの赤い「ジュリアスパイダー」を見て、「これが乗りたくて、僕(自動車の)免許取ったんですよ」と言うぐらいで、「いいですね~」「きれいだね~」と女性への口説き文句と何ら変わらない褒め言葉に、吾郎の車好きを再認識しました(笑)

ここで、哀愁探偵「0083」(ハッサンというあだ名(笑)?)さんが、スーパーカーの説明をしてくだるということでご一緒してくださいます。外車ばかりではなく、もちろん日本車にも素晴らしいスーパーカーはあるわけで、トヨタ「2000GT」のフォルムと内装の木目に感嘆する吾郎。内装を見せてもらうのに、低い車高の助手席から覗き込む姿が・・・いやん、セクシー(笑) なんて、ファンの邪な視線をよそに、吾郎が言った言葉が・・・

吾郎 「作った人の意思が伝わりますよね

素敵なコメントを、吾郎さん、ありがとう。そして、邪な目線のファンですみません(笑)

最後に実際に吾郎を乗せてくれるというのが、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でおなじみのデロリアン! これ試乗できるんだ?!というのが驚きです。(もともと映画に使われたモデルということで、当然実際にある車なんですね) レーシングドライバーの方が運転する助手席で体感させてもらう吾郎。エンジン音に感激し、結構なスピードに怯えつつも「ぉぉぉおおおおお!」「うわぁぁぁぁああああ!」と雄叫びをあげる吾郎が非常に可愛かったです(爆)

今回の放送・・・やっぱり、吾郎を喜ばす企画だったよね(笑)?

そんな癒し番組も、来週でとうとう大団円だとか(涙) あぁ、やっぱりそうだったんですね。本当に残念です。次週、最終回の予告に親太朗くんのナレーションが入ります。

親太朗 「ごろさん・・・次は発表があるとかなんとか・・・まさか、僕、クビじゃないですよね?! ごろーさ~ん(汗)!

か、かわいい(笑) これだけ、慕ってもらったら吾郎も嬉しいんじゃないのかなぁ。できれば、新番組として二人の姿はそのままで続けていってほしいと思うのですが・・・次週の発表を待ちましょう。

| | コメント (7)

声を聞きたい

関西のゴロ友さんが、今週の吾郎の「STOP THE SMAP」を必死で四国放送で聞いていらっしゃる。今夜の放送では、吾郎が木村くんとのお話をしてくれたということで、「Kazuyoさんにおすそ分けします!」とご親切にわざわざ聞かせてくださった(嬉涙) イギリスにいて何不自由ない私にも、ご親切のおすそ分けをしてくださることに大きな感謝を。そしてその幸せを少しでも多くの方に私からもおすそ分けさせて頂きます。完レポです(笑)!

 このラジオ収録は、地震が起こる前なので吾郎さんは通常と変わらず楽しくお話されてます。そこはご考慮願います。日本全国が大変なときに、なんだこの記事はと思われるかもしれませんが、スマップファンの中にはちょっとでもいいから彼らの姿を見たい!彼らの声が聞きたい!という方も大勢おられます。今週の吾郎の「ストスマ」もとても楽しみにしていた方がたくさんいたのも知っています。そんな方たちに少しでも楽しんで頂けたらと、敢えていつもどおり「萌え全開」の記事になっていますので、現状控えたい方は回避してくださるようお願い申し上げます。

おハガキ 「吾郎くん、こんばんは。去年の暮れ、木村くんとゴルフの帰りに木村くんのお家で食事をした話を(ふっ(笑))木村くんがラジオで話していました。木村くんが作ってくれたのですか?何をご馳走になったんですか?食事をしながらどんなお話をしたんですか?教えてください。木村くんと一緒にいて嬉しそうな吾郎くんの姿が目に浮かぶようです。ふふっ(笑) お礼は、吾郎くんが木村くんを家に招いてご馳走してあげてください。きっと、木村くん尻尾をブンブン振って大喜びすると思いますよ(笑) そのときには、是非、ストスマでご報告を!」

なんと、素晴らしいおハガキだこと(爆)! ここまで、木村くん、木村くんと入れ込んだら他の話にはできないでしょう(笑) それに、このおハガキ書かれた方しっかり萌え目線入ってます。すごい!すごい!花丸もんのおハガキです! もちろん、吾郎のコメントを大きく期待します。

吾郎 「そうなんですよね。この番組でもず~っとキャッチボールスマップとかで一緒にゴルフ行こうとか、練習行こうとか、プライベートな約束をキャッチボールしつつ、まぁ、あの実際は実現できてないという。なんか、こうプライベートなお話を皆さんに届けられてないという状況が3年ぐらい続いてましてねぇ。はっ(笑) ようやくお互いのタイミングが合ってというかですねぇ、行けることができたんですけども」

これは、ゴルフのおそらく打ちっぱなしに行けたということですよね。でもさぁ・・・ゴルフ以外だったら、結構プライベートでいろいろ会ってると思うわけよ。それは教えてくれないのかな(笑)? もう、ファンには「ゴルフ限定」なんでしょうか(笑) いやいやいや、それでも報告してくれるのならありがたいですけどね。

吾郎 「そうですね・・・まぁ、食事もご馳走になりまして、うん、なんか本当にあったかい時間を提供して頂いて。コースのほうにもね、あれから2、3回行っているんですよね。一回初めて練習場に行ったのをきっかけで。まぁ、それから3回行ったのかな? ねぇ、このSTOP THE SMAPやっていないときに3回も行ったっていう(笑)ことになるんですけど。はっ(笑) ねぇ、特に木村くんも年末年始そこまでねぇ、忙しくなかったのか、お互い時間がピッタリ合ったっていうときに、なぜかゴルフにとっては一番大変なこの極寒の時期に、はっ(笑)、ダウンジャケットを着ながらゴルフに行ってもうブルブル震えながらねぇ、やってたんですけども。まぁ、でも、本当に楽しかったですね」

つっこみどころ満載だぜ、吾郎さん(爆)! あったかい時間・・・キムゴロ好きとしてはホロリとくるひと言ですねぇ。しかし、この木村くんの報告のあとちゃっかり二人でコース行ったんじゃん! それ、簡単に報告したけどすごいことなんじゃないの? だって、キムゴロさんのお二人ってなぜかお仕事のスパンが真逆でなかなか一日二人同時オフとかができないんですよね。(どっかの陰謀かよって思うぐらい(笑)) それが3回も行ったって?! おいおい・・・嬉しくて涙出るよ(爆) 寒くて震えちゃった吾郎に優しい言葉をかけてくれる木村くんの姿が、私には目に見えるようだわっ(笑)(笑)(笑)!

吾郎 「僕は本当にもうめちゃめちゃ超嵌っているっていう感じですけども、木村くんも最近よりなんか少しゴルフに嵌り始めたっていうのが、ねぇ、やっぱり好きな人間から見るとわかりますからね。『あぁ、この人嵌ってるな~!』みたいな。まぁ、嵌り度で言ったらたぶん僕はもっと相当嵌っていると思うんですけど。はっ(笑) まぁ、でも、木村くんの場合はね、他にもたとえば海に行ったりとか、釣りをしたりとかいろんな趣味があるんで、こう、その辺を満遍なく趣味をこう楽しんでいるって感じなんですけども。僕はもうほんとゴルフだけですからね。スポーツの趣味っていうのは。まぁ、ジョギングしたりジム行ったりっていうのはありますけどもね、はい」

「好きな人間から見ると・・・」って、違う意味で捉えた萌え目線ですみません(笑) 吾郎、目的語をちゃんと言わないと、私みたいな奴には誤解を招くよ。これは、「ゴルフ」を好きな人間から見たらっていう意味ですよね? 「木村くん」を好きな人間から見たらっていう意味じゃないんだよね。はい?そんな捉え方するの私だけですかねぇ(笑)

吾郎 「まぁ、だから、お互い本当に趣味を一緒にできて、メンバーこうやって20年ぐらいやってきた中で、今こう一緒に遊べるっていうのは、これ素晴らしいことなんじゃないかなぁって僕も思いますしね。木村くんも本当にふつ~にメールとかで誘ってきてくれますしね。す~んごいなんか淡白なメールですけどね。『明日、ゴルフ行くけ?』みたいな感じで(笑) 『行くけ?』って木村くんらしいフィーリングで雰囲気で。こう付き合っていってるわけなんですけども、プライベートご一緒させてもらってるんですねぇ、うん。まぁ、ほんとに、ねぇ、春にかけてまたちょっと時間ができたら、ね、また二人で行きたいなぁって思いますし。木村くんがですねぇ、ちょっとドラマが入って忙しくなるので、『お前、あんまり練習しすぎんなよ!』って言われたりもね。まぁ、言われても僕は絶対練習しますから! はい、ははっ(笑) ぐんぐんぐんぐん上手くなって、ねぇ、木村くんに驚いてもらいたいと思ってます、はい。そんな感じで、最近趣味を一緒にやっているメンバー同士のお話だったんですけども、いかがだったでしょうか?」

いかがだったでしょうか?って最高だよっ(笑)! もう、これからもドンドン報告してください!待ってますから。しかし、このくだりでちょっと真面目な声で話す吾郎がいて、あぁ・・・木村くんとの時間をすごく大切にしているんだなぁと感じた。忙しいメンバー同士でのちょっとした趣味の時間。きっとかけがえのないものなんでしょうね。

あっ、吾郎、木村くんからのメールですが、私はちっとも淡白だとは思わないよ。この一文に、ものすごく吾郎への思いやりを感じる。忙しいのは吾郎も一緒。そこで自分との時間を作ってくれるのか、無理させたくないし・・・っていうのが「行くけ?」というおどけた感じでのお誘いにすごく彼の優しさを感じる。そして、吾郎も木村くんが忙しいときに練習するのは、ゴルフの上達よりも木村くんを驚かせたいからというのに蕩けそうになりました(爆) こんな日本が大変なときになんですが・・・YOUたち、やっぱりデレデレのラブラブだなぁって(笑) 今年も二人とも忙しい日が続くと思いますが、是非、また一緒にゴルフでもお出かけでもいいのでご一緒して、ファンに報告してください。聞いているだけで、癒されパワーゲージ満タンになりました(笑) ありがとう、吾郎。そして、木村くん。

| | コメント (26)

未来の瞳

3月11日に日本を襲った東北地方太平洋沖地震。被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ブログでは敢えて記事にしないつもりでBBSに自分の気持ちを書いておいたのですが、地震が起こってから更新もしていないのにアクセスが変わらない。通常と変わらないブログ更新で気休めをしにきてくださるのか、何か言ってほしくて来てくださるのか・・・わからないまま放っておくことができなくなった。イギリスにいる私には、余震の続く不安と何かと不便な中での皆さんの気持ちとどこまで同じなのかわからないし、偉そうに言うこともできない。でも、少しでも不安を取り除けることができるのなら、何を置いても協力したい。

個人的に、未だに連絡が取れない知人がいて不安もありますが、きっと避難されて無事でいると信じている。イギリスでも連日、日本の地震報道は続いてます。送られてくる映像には、もう言葉もない。阪神大震災を経験した私には、現状を知る上でも見ておかないといけない報道も、当時の自分の辛さとオーバーラップしてかなり厳しい。でも、目の前で起こっているのは映画でも夢でもない。実際に日本で起こっていることはしっかりと把握した上で、自分にできることをやるしかないと思った。

阪神大震災のときに大きな被害はなかったにしろ、ガスがかなり長い間通じなかったり、近隣の都市が崩壊しているのを目の当たりにしました。友人たちと被災地の様子を見に行ったときに崩壊した街並みをただ呆然と立ち尽くすして見ているしかなかった。誰も、何も言葉がでてこなかったあの長い時間は決して忘れない。悲しくて辛くてどうしていいかわからないときに、SMAPがテレビで「がんばりましょう」をメッセージと共に送り出してくれた。あまりにも悲惨な状況で涙さえ忘れていたのが、そのとき堰を切ったように涙が出て止まらなかった。家もなくなり、ライフラインも全部止まり、食糧不足に寒さ。支援物資がとても重要な中で、彼らのメッセージはとっても勇気づけられたことだったと思う。

被災地の方はもとより、余震の中で不安になっている人が日本全国にたくさんいると思います。そんな中で皆が助け合って励ましあっている姿を見て涙が出た。人の優しさって、かけがえのないものなんですね。辛いときはとことん泣いてしまってもいいんじゃないだろうか。そこから、人間は強くなれる気がする。今は、少しでも早く当たり前だと思っていた日常が日本に戻ってきてほしい。

このような状況なので、ブログの更新が次回いつになるかわかりませんが、できるだけ通常通りにゆっくりでも更新していこうと思います。不謹慎と思われても、笑顔はやっぱり忘れてはいけないと思う。それが、今、イギリスにいる私にできる精一杯のことなので・・・。

| | コメント (11)

ぼっちゃま探偵

今夜の「哀愁探偵1756」は、ここのスタッフが毎回自信を持って送り出してくれる未公開映像がメインの30分でした。これをお蔵入りにすることなく、しっかり視聴者に見せてくれるのが非常に優秀な番組です。こんな面白いものを、自分たちだけでなく、ファンや視聴者の方にも見せてあげたい!と思ってくれることが嬉しい。本当に感謝ですね。当然、本放送と同じようにツボ落ちまくりです。全部あげておきます(笑)

吾郎のナレーションから始まった今回の放送。親太朗くんとロケ収録で街を歩く姿さえも麗しい(笑) やってきたのは、東京、代田橋で幕に『沖縄タウン』! (はっ、これはもしかして沖縄ロケができなかった代わり(爆)?) 未公開映像に行くまでの振りを、二人で歩きながら進行するのがいいですね~。

必見!未公開 哀愁

まずは、剛とドラマ「冬のサクラ」で共演されている高嶋政伸さんがゲストで来られたときの未公開。そうそう、ホラー好きの高嶋さんに吾郎と親太朗くんが微妙な顔でつきあったあの回です(笑) ホラー映画好きの高嶋さんは、それでもホラーなら何でも好きというわけではなく、「リアリティのないホラー映画は嫌い」というコメントになんだか納得する吾郎。

高嶋さんは、小学生のときにスピルバーグが27歳のときに監督をした『ジョーズ』を観て、自分も映画監督になろうと思われたそう。それを聞きながら、月イチゴローのような的確なコメントを挟みつつ・・・爪を噛んでいるようにも見える指を手元に持っていく仕草の吾郎が・・・かわいいんじゃいっ(爆)!

『ゴッド・ファーザー』は外せないという高嶋さんに、吾郎も同意。シチリア島に行ったときにどうしても行きたくてロケシーンのひとつであるマッシモ劇場に行ったという吾郎。(これは、スマスマの特別編でパスタ修行に行ったときのことですね) このエピソードを「哀愁探偵」で聞けるとは思わなかった。ありがたい。

そんな好きな映画を紹介する高嶋さんに負けてられないと、自分の好きな映画をチョイスする吾郎の横顔がと~~~っても素敵! そして、ここで「探偵1756が選ぶおススメ映画」なるものが・・・おいおい、本家「月イチゴロー」でもこんなおいしい企画してくれないよ(苦笑) 吾郎が選んだのは『汚れた血』。高校生のときに、このフランス映画を好んで観たという吾郎のまず感性に唸ってしまった。さすがに、未公開集でここを長く使うわけにもいかなかったと思うのですが、語っている様子の吾郎のカットがずっと映っていて、あぁ、本当に吾郎は映画が好きなんだなぁと思いました。

高嶋さんと吾郎で大盛り上がりになったモデルガンショップ。映画『ダーティ・ハリー』でクリント・イーストウッドが使用していたモデルの44マグナムに立ち上がって興奮する吾郎(笑) 「知らね~よ、そんなこと(笑)」という二人のガンヲタトークが続き、結果的にお互いモデルガン好きでもタイプが違うガンヲタだと気づく二人。なんか知らないんですけどぉ、語れるポイントが微妙に違うらしい(爆)

そして、ロケへと画面は戻り・・・沖縄タウンでの年配の沖縄音楽演奏者の方が、なにやら哀愁探偵だと聞かされる吾郎。コードネームを聞くと、「7878(那覇那覇)」だと言われ思い切り呆れて「???」を浮かべる吾郎が可愛いっす(笑) そのあとも、ボケまくる探偵7878に戸惑い親太朗くんにあたる吾郎(爆)

お次のVTRは、藤原紀香さんがゲストの回の未公開。ガチャガチャ(ガチャポン)と言われるオモチャに喰い付く吾郎と紀香さん。紀香さんがGETしたのは「スリンキー」という金具の輪が重なってできた階段を下りていくオモチャなんですが、用意した階段が大きすぎたのか転がるように落ちていく・・・(笑) 吾郎がGETしたのは、「モーラー」という毛虫のようなものをテグスで操ってまるで生きているかのように操るオモチャ。さきほどのスリンキーで使った階段で遊ぶ吾郎が、これまた可愛い(笑) これ、どちらもすごくよく覚えているし買ってもらったけど・・・こんなネーミングだったっけ(笑)? しかし・・・モーラーで遊ぶ二人ですが、やっぱり吾郎は不器用だな(爆) いえ、それも愛おしいですよ(笑)

いやぁ、未公開がまた優秀に編集されていて面白かったですね。そして、「今週のリエコ」の今回のダイエットアイテムはバランスボール。これは、吾郎も使ったことがあると思うのですが、是非、探偵さんにも試してほしかったな(笑) 最後に、スタッフから(「ラブレターかと思った」 by 吾郎)国際哀愁探偵団からの手紙を受け取る吾郎。

助手、山田が哀愁探偵昇格かクビかの通知

吾郎 「指令!哀愁探偵、助手山田殿。この度、助手、山田を「哀愁探偵4610」に任命する」
親太朗 「はい・・・?」
吾郎 「君のコードネームは、哀愁探偵4610だって」
親太朗 「悪くないですね」

親太朗くんに、「その意味がわかるまでは一人で考えていてください」と捨て台詞を残して立ち去る吾郎(笑) いろいろ考え続ける画に吾郎のナレーション、「し ろ う と」が響きます(爆) まぁ、クビにならなかっただけでいいよね。でも、これなら昇格にならずに吾郎に「ごろさん」って言い続けられる助手のほうが良かったかな(笑)?


そして今日はもうひとつ、ファンにとっては嬉しいニュースが流れましたね。吾郎の舞台が決定しました。「ぼっちゃま」・・・なんか、いろいろ想像ができるようなできないような、観るのが楽しみですね。(詳細は、お仕事BBS「ANGEL PLAZA」にUPしておきました) 今年はライブがあるのかないのか、現段階ではまったくわかりません。どちらを選ぶとかではなくて、吾郎に会いたいから確定したものに飛びつく。そして、今年は大阪公演も入ってますので、地元大阪に全てを賭けることにしました(笑) 大阪に参加される方、是非声かけてやってください♪

| | コメント (4)

ゴローの反逆(笑)

今夜の「スマスマ」は、あらゆるところで笑った。先週ずっと固まって見ていたのとは大違い。何が大きいって、まずビストロでの群れスマ。そして、ジャッジ・トークのゲストがトーク上手だったことですかね(笑) もちろん、喜んで意気揚々と感想UPさせて頂きます。

【Judge Talk:堤真一】
堤さんが、関西出身でおもしろい方だとは聞いていたのですが、ここまでトーク上手だとは思わなかった(笑) 好きな俳優さんでしたが、さらに好感度UP! もう、47歳になられるんですねぇ・・・とてもそうは見えないぐらい若く見えます。「モテない」とおっしゃってましたが、女性には好かれるタイプの方だと思います。見た目も素敵ですしねぇ。それが、恋愛まで発展するかしないかは別にして(爆) でも、地元関西にいらしたら大モテだと思うわぁ。間違いなく、大抵の関西の女性はこういうユーモアのセンスがあってトーク上手の男性には惚れます(笑) 結婚相手は、一般女性の方がいいというのもなんだか好印象(笑) あれだな・・・あとは、やっぱりもう少し普段からお洒落に気を遣えば鬼に金棒なんじゃないでしょうか、堤さん。・・・余計なお世話ですが(爆)

スマップのメンバーとは、中居くん、木村くん、剛と共演されたことがありますが、吾郎はまだなんですよねぇ。シリアスもコメディも不気味な役もなんでもこなせる器用な方なので、おそらく吾郎が好きな役者さんだと思うし、是非今後共演する機会があればいいなぁと思います。何気に、堤さんは吾郎のほうを見て話すことが多くなかったですか(笑)? 吾郎は、きっと「あまり周りにいないタイプだなぁ・・・」ぐらいの好奇心もあり、いつもの癖でじ~~~っと堤さんを見ていたのも理由かもしれない。自分に興味を持って話を聞いてくれていると思うと、ついつい見てしまいますもんね。

結婚願望の話題でも、思わず吾郎に聞いてしまう堤さん(笑) サラリと答える吾郎(爆) ほぉ~・・・結婚できると思ってるんだ。結婚というものは、「結婚できる」じゃなくて、「結婚したい」と思わないとなかなか実現しないもんなんだよ。そういう気持ちに吾郎が今後なるかだよねぇ(笑) まぁ、一生独身でもいいと思うし、それこそ吾郎のいうタイミングで良いパートナーに巡り合えばしたらいいんじゃないかなぁ。40歳まであと3年。いろいろ楽しみですね(笑)

【ビストロ】
落ちた、落ちた! 皆さん、群れスマが落ちましたぜっ!!! こうでなくっちゃ(笑)! まずはキッチントークの様子から。吾郎がしっかり、品川さんが監督された映画『漫才ギャング』を観て、とてもおもしろかったと伝えたときの皆さんの喜びよう(笑) 吾郎は、毎回ちゃんと予習をしてきますよねぇ。ほんと偉いわ。ただ観て褒めてくれたからというよりは、「月イチゴロー」の影響力もあって吾郎が「OK」を出したらホッとするのかもしれませんね(笑) 中居くんに「聞いた?聞いた?」と大喜びの品川さん(笑) 剛!(笑)(笑)(笑) いいの、いいの。あなたはその正直さがいいんです。今から観てあげればいいんだからね。

慎吾と石原ひとみちゃんの「恋の始まり?!」のくだりに、入ってくる剛(爆) 慎吾 「うっせぇ、おまえ!」(笑)(笑)(笑) いいよぉ、いいよ、スマップ(笑) シンツヨのこのテの笑いも間違いないですね。しかし・・・さとみちゃん、本当に慎吾のことちょっと惚れてるよね。顔真っ赤でかわいい。最後の勝利のキスでも、庄司さんと?!となったときの心底残念そうな顔(爆) 慎吾にキスできてよかったねと思いました(笑)

今回のオーダーは、「カレー」。これは、どう考えても一番抜けできるよね(笑) 吾郎なんて最後だったもの。そりゃあ、皆お腹いっぱいだわ(苦笑) それでも、3位だったことに本人が一番驚いてましたが(笑) 順番は、慎吾→剛→木村→吾郎。慎吾の料理が大評判で、次の剛への紹介をめんどくさそうにする中居さん(笑) そこで、なんとここで木村さんからの反撃! おいおい、剛を庇ったぞ(爆)! もう、テンション上がりますって(笑)! これには、中居オーナーも計算外だったのか、素が出てしまい2TOP萌えもキタ(笑) そして、やっぱり・・・ナカゴロだったね。

最後の吾郎の料理前のくだりは、なんか以前同じようなのを見た覚えが・・・(苦笑)

中居 「香取シェフ、おめでとうございま~す!」
慎吾、ちゃんと乗っかってガッツポーズ(笑))
吾郎 「ちょっと、ちょっと(汗) まだ、わかんないじゃないですかっ!香取シェフおめでとうございますっていうことは、香取シェフ優勝っていう、今、司会のその仕切りな感じじゃない? おかしいでしょ!それで、また俺のことヘコく紹介するんでしょ(笑)?」

この長い論説の途中に、木村さん苦笑、慎吾若干ビビる、「(吾郎の肩をポンポンして)だいじょうぶ、だいじょうぶ」。本当に、スマップってちゃ~んと役割がありますねぇ(笑) そして、中居さん、もう少し欲張ってみた(爆)

中居 「もう、腹いっぱいだよ、もう・・・」
吾郎 「カレー、だって4連発だったらしょうがないじゃん、そんなの(怒)!」 (笑)(笑)(笑)
(中居さんの笑顔が、とてつもなく嬉しそうです(笑))

嬉しくなって、まだまだ続ける中居オーナー(笑)

中居 「うわっ、重っ! おも~いっすね、最後、これ」
吾郎 「さぁ、ちゃんと食べてもらお~っと♪」
これには、思わず、ひとみちゃんも「かわいい~!」(笑)

そして、中居さん、もうやめておけばいいのに止まりません(笑)

中居 「なんか、ハヤシライスっぽい感じなのかなぁ」
吾郎 「そうですねぇ、ボキャブラリーがないから言わせると、そう表現が・・・」
中居 「ボ、ボキャブラリーってなんだよ、お前(笑)!」 (畳み掛ける吾郎の反撃に思わずどもってしまう中居さん(笑))
吾郎 「わかりやすく言えば、ハヤシライス(笑) 誰でも知っている言葉を使うとハヤシライスと」

中居くんさぁ・・・忘れてたかもしれないけど、吾郎って口では負けないよ。そして、それがすごく逆にむかつくことになるからリピートは危険です(爆) 稲垣吾郎は、「むかつき御曹司」(命名:木村拓哉(笑))なんだから。で、やっぱり、今回も負けちゃったね。

ナカゴロの場合は、中居くんの弄りに実は負けてない吾郎がいきなり出てくるからおもしろい。やられっぱなしじゃなくて、言い返すからこれがまた笑いに繋がる。まぁ、何度も何度もしつこく被せてきたのは、今回吾郎がこのパターンでくると読んだから実はわざとやったんだと思います。中居くん、頭いいもん。ここ最近、吾郎のこと弄り倒して笑いを頂いていたから、今回は自分を落とさせたんだと思う。すごいね、ナカゴロは。

あと、ビストロでもうひとつだけ。最後の慎吾とひとみちゃんのキスのときに、おちゃらける慎吾の頭を思わず隣から突っ込んでしまい焦って謝る品川さんの様子を見て、声を出さずに大笑いしている吾郎がいとかわゆしheartでした。

最後の歌の『STAND BY ME』は、いつの収録?!って思うほどメンバーの様子が今と違います(笑) でも、私にとってこの映画は歴代TOP3に入る作品で思い入れも深く、永遠のMy Dream Boyであるリバー・フェニックスと、最も愛すべき稲垣吾郎が一緒に映り込んだだけで感無量です(涙)

| | コメント (11)

愛情探偵

今週の「哀愁探偵1756」は、ゲストなしで探偵1756の吾郎さんと助手の親太朗くんでのロケでした。ゲストさんがいないと盛り上がりに欠けるのではないかと少し心配したのですが、なんのなんの面白かったですねぇ。もう、この二人のコンビネーションが素晴らしく息が合ってきたのが原因でしょうか。今回の哀愁アイテムのチョイスも優秀だったのもあります。

オープニングは、吾郎と親太朗くんのトークから。吾郎は、親太朗くんを可愛くいぢめるのが好きだなぁ(笑) 今回も、何気に親太朗くん弄りから始まります。

吾郎 「実は、僕が所属している国際哀愁探偵団本部から、『山田はどうなんだ?』っていうようなお話が出ているんですよね」
親太朗 「それは・・・クビってことですか(汗)?」
吾郎 「う~ん・・・まぁ、ちょっと辛い話だけど」
親太朗 「いや~、いやいやいや(汗)」

まぁ、冗談で面白く話したことだと思うんですが、親太朗くんが真剣に泣きそうな顔になっているのを見て苦笑してしまう吾郎(苦笑) これは、もう一緒にやっていってあげるしかないでしょ。番組をクビにされるというのも困ると思いますが、親太朗くんは吾郎と離れるのも嫌なんだと思うよ(笑)

そんなきっつい小芝居から、今回の哀愁を感じるミニカー専門店『アイアイアド・カンパニー』さんへ訪問。店内には、なんと3000種以上のミニカーがぎっしり! 思わず、「おっ~!」とテンションの上がる吾郎。かわいいです(笑) 吾郎は赤ん坊のときに車に乗せてもらうと、隣で並走する車のホイールばかりを見ていた子だったそうです。男の子は車が大好きですが、これは筋金入りかも(笑)

哀愁探偵2315(日産のエースナンバーが現在「23」で昔のハコスカが「15」)の店長さんから、いろんなミニカーを見せてもらう二人。吾郎も昔興味があった頃を思い出している様子。しかし、隣の親太朗くんがなぜか元気がないように感じて盛り上げる吾郎。いや・・・オープニングであなたがあんな辛いこと言うからだよ(笑) 

そして、ここでわざわざ香川から来られたという哀愁探偵0005(一番好きな車がルノーサンクターボ2で、「サンク」はフランス語で5の意味)のスーパーカーコレクターさんが参加。お土産に讃岐うどんを持ってきて吾郎に渡してくださいます。しっかり、立ち上がって受け取る吾郎が素敵。親太朗くんに、「あとで調理してよ♪」という様子が探偵と助手らしくて萌え(笑) しかし、相変わらず商品名などを読むときはグダグダになる親太朗くん(汗)

吾郎 「ボカシ入れるよ! ヘキサゴン見ていると、最近冷や冷やするんだけど。山田くんが映るたんびに」
(テロップ:【調査報告】 助手、山田に哀愁ではなく愛情を感じ始めた1756

テロップが素晴らしいですね(爆) 親太朗くんが、すっごく嬉しそうな笑顔なのが印象的な場面でした。

そして、最後は1977年に実際放送されたというテレビ番組『スーパーカークイズ』として、吾郎を含めた三人の哀愁探偵クイズ対決です。まぁ、このお二人を相手に吾郎が勝てるわけもなく、健闘はしたけど優勝ならず残念!

簡単にレポにしてみたので伝わりにくいと思いますが、今回とても面白かったです。特に、男性の方に見てほしかったんですが・・・どうだったんでしょうか。こういう番組は、やっぱり続けてほしいなぁと思いますね。次週は、ここの深夜番組の十八番「蔵出し未公開」(笑) すごく楽しみです!

| | コメント (6)

タマ友の意味

もう、木村くんの「STOP THE SMAP」のときは、キャッチボールの一人は吾郎からメッセージだと期待してしまうファン。そして、木村くん(笑) 見事に吾郎からメッセージがきましたね(笑)

吾郎 「ど~も!稲垣吾郎です。木村くんでしょうか?こないだね、あのぉ、せっかくゴルフを誘ってもらったのに、ちょっとタイミングが合わずに行けなかったんですよねぇ~、残念だったなぁ。でも、ちょうどそのぉ、ちょっと申し訳なく断ってしまった日に、ちょうどお互いオフだったんで久々に練習に行ったんですよね。ゴルフの練習に・・・ま、僕が誘ったんですけども。3年ぶりぐらいですよね。(木村: ひゃっはっはっはっは!) ちょっと、打ちっぱなしというところに行ってきたんですけど。(木村: ねぇ、こっ恥ずかしいことをハツラツとしゃべってるなぁ、こいつ(笑)) すごい、楽しかったですね。うん、なんか結構、僕の持っている練習器具とかやっている光景が・・・すごく面白かったみたいで、結構面白がってくれてたんですけども。はい、で、なんか、そのときにチラッとね、ゴルフ以外もなんかたまに・・・釣りも最近ちょこちょこやってるみたいな感じの話を。ねぇ、またプライベート暴露系で怒られるかもしれないんですけれども、伺ったんですけども。釣りって、最近もやってるの?」

今回、木村くんがもともとご機嫌なラジオトークなのもありますが、吾郎からのメッセージの合間に本当に嬉しそうな木村くんの茶々が入るんですよ。キムゴロさんは、本当に仲が良いなぁ~と思いますね。結局、吾郎が木村くんに言いたいことは何だったんだろう。ゴルフに行けなかったお詫びと、でも打ちっぱなしに行って楽しかったということと・・・釣り(笑)? それは、木村くんも思ったみたいで。

木村 「えっ?!釣りの話?んふっ(笑) あのぉ~、これ完全に暴露系になってるよね?」

聞かれたことは答えるのが木村くんです。だから、メインは「釣り」の話になってしまったんですよ(苦笑) また、やっちまったね、吾郎(笑) だから、前回あれほど木村くんが吾郎のことで返せるメッセージにしてくれとお願いしたのに。このあと、ちゃんとキャッチボールということで釣りの話を真面目に(おそらく、ファンへというよりは吾郎に(笑))丁寧に語ってくれます。だって、また曲かけられなかったもん。ただ、申し訳ないけど、キムゴロ萌えはできないので割愛させて頂きます。他の方のブログのレポで全容を確認してください(笑)

楽しそうに語る木村くんが可愛かったんですが、ちょっと残念だなぁと思っていたらエンディングでしっかり吾郎のことに話を戻してくれる木村くん。あぁ・・・吾郎ファンとして、キャッチボールは吾郎担当のときより絶対に吾郎がメッセージを残したときのほうが萌えれる(爆)

木村 「ちょっと、今日のキャッチボールは、まぁ、あのぉ、「タマ友達」っていうのも変ですが(笑)、えぇ、稲垣吾郎からのキャッチボールだったんですけども。あのねぇ、ほんとに、あのぉ~、スマップで一緒にパフォーマンスしているときなんか、「なに、トコトコやってんだ、このヤロー!」って、ときどきちょっと思う吾郎なんですけど、ほんとねぇ・・・ゴルフになるとねぇ、あいつ緻密ですね。す~ごい、あの、なんて言えばいいんだろう。「お前、そういう人になっちゃえば?!」っていうぐらいすごいよ! 彼ねぇ・・・向いてる」

「タマ友」って何(笑)? いろいろ考えたよ。ゴルフ関連とか、時期のこととか・・・他にもいろいろ(笑) しかし、木村拓哉を男として唸らせるって、吾郎、すごいよ! 「そういう人」ってどういう人? もしかと思うけど、木村くんが吾郎にきゅんきゅんしちゃった(爆)? まぁ、もともと「やるときはやる男」なんでね。木村くん、これからも可愛く美しいエンジェルのような吾郎とは別に、男前な吾郎とも仲良くしてください。お互い、きゅんきゅんしあって、切磋琢磨してもっともっといい男に二人ともなっていってほしい。

| | コメント (9)

SOMEDAY ~いつか~

お~い、「スマスマ」おもしろくないぞ~(苦笑) 久しぶりに来た、全部スルーできそうな回が(汗) もちろん、楽しめた方もいるだろうし、テンション上がらない中で拾えるところがあったとは思いますが・・・まず、ブログに何を書こうか迷ったのは事実です。感想ならあげれる。こういうことがあって、ああいうことがあって、こうでしたという感想ですね。でも・・・語るところがないっ!

真剣に、「吾郎、ビストロ1位おめでと~!」で終わらせようかと思ったわ(汗)

別にゲストの方が今回悪かったとかではもちろんないですよ。ビストロも盛り上げようとしてくれてたし、クイズのコーナーもこういうものだと思えば悪くはないだろうし、歌も久しぶりに聞く佐野元春さんの「SOMEDAY」に青春時代を思い出しました。ただ・・・語るところがないっ(笑)!

まず、ひとつの要因として、吾郎ファンとして見ていると若干吾郎が元気なかったのも理由かもしれない。せっかく、ビストロで中居オーナーがまた弄りに出てきてくれたのにサラリと返してしまったし。そこは、可愛く喰い付いてほしかった。うん、ナカゴロもっと見たいのよ。ごめんね、吾郎。もしかしたら、すごく疲れていたときの収録だったのかもしれない。サンミュージック所属タレントさん一覧のときも、一人だけ前に乗り出すことなく構えていたのでちょっと心配になったぐらいです。

あとは、どのコーナーも吾郎のヴィジュが良かった! これは、特筆しておくべきことですね。(って言うか、そこしか語れないのよ(涙)) クイズコーナーも歌のコーナーの衣装もどれも素敵だったし、吾郎が非常にかっこよかった。歌に関しては、まずあまりの不協和音にさすがのスマップに寛大な私も冷や汗かきました(汗) 今回は、かなりまずかったんじゃないかと・・・ある程度はやっぱりゲストをお呼びする限り各自もう少し練習したほうがいい。厳しいようで申し訳ないけど、下手とかではなくて自信を持って歌っていないのが見えて辛いものがあったんですよ。極論を言うなら、音程が少しばかりはずれてもいいから気持ちよく歌ってほしい。

これで終わりたくないので、吾郎の素敵なところも書いておきます。歌のときに腰に手を当てて立っている姿が素敵すぎてクラクラになった。上を向く様子も美しかったですね。EDトークでは、最後の佐野さんの楽しいエピソードに手を口にあててくすりと笑う姿が女の子みたいで激かわでした(笑) あぁ、できたら吾郎主演の月9ドラマ『二十歳の約束』の主題歌になった、佐野さんの「約束の橋」を歌ってほしかったなぁ。放送されなかったけど、この話が佐野さんと出来てたらいいなと思いました。

あとひとつだけ入れ込んでおきます。何かと吾郎の顔ばかり見て話す木村くんの様子があちこちで見れたのがツボです(笑) そう、やっぱり群れスマが落ちないとダメだな、スマスマは(苦笑) いつか、1時間まるごとスマップだけのSP放送やってください! 一度でいい。いつか必ず・・・。

| | コメント (13)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »