« 素晴らしき人生! | トップページ | 稲垣吾郎舞台 「ぼっちゃま」お花企画 »

SMAPがんばりますっ!2011 ~フリースロー編~

がんばりますっ!」の感想の続きを楽にUPできると思ったら、萌え続きで嬉しい誤算となりました。今週の「スマスマ」が先週からの二週続きでお休みというのが残念だけどありがたいぐらいでしょうか(笑) それでも、今回だけではまた終わりそうにないのですが・・・とりあえず、番組内一番の群れスマ萌えとなったフリースローの感想をあげておきます。

え~!今回は一人一人のがんばりはないんだ。それもフリースロー?!と思ったのは何だったのか。SMAPをなめてました。忘れていた・・・この人たちは勝手に遊ばせておけば、たとえ「あっちむいてホイっ!」でも萌えを落とせる人たちだったことを(爆) まぁ、どこが面白かったか書こうとしたら感想にならないぐらい全てがツボ。笑えるところも、真剣な表情も、群れるスマップも全てがファンにとってはありがたい映像だった。きっと、皆さん、何度もフリースローの部分はリピしたんじゃないでしょうか。

今年は、何をやらされるかわからずに収録スタジオに向かう5人。まず、しっかりSMAPカラー(音松カラー)のスポーツウェアを着させてくれるスタッフに感謝! ここは、本当に「スマスマ」のスタッフも見習ってほしい。ビストロ以外は、各メンバーのカラーはこれでお願いしたい。それは、森くんがいたときからのSMAPのカラーだからどうしてもこだわってほしいんですよ。ウェアだけでなく、それぞれのコメントのテロップの色まで合わせてきてくれるのは本当に嬉しかった。わかってくれているよな~って。誰が言っているか、顔が映ってなくてもファンにはこれで一目瞭然なんですよ。些細なことだけど、すごく大事です。

『超難関!フリースロー5人連続ゴールさせたら終われまスマップ!』

通常のフリースローの位置から、それぞれ成功すれば50cmずつ下がっていって最後5人全員が成功させたらOKというルールなんですが・・・これは、難しいよねぇ。まず、「連続」っていうのが大変だ。SMAPの「S」はスポーツの「S」だけど、これは難しい(笑) とりあえず、フロアーに記されているカラーに合わせた順番でやることに。つまり・・・ピンク(吾郎)→ブルー(中居)→グリーン(慎吾)→イエロー(剛)→レッド(木村)。

ここで、まず考えないといけないこと。1投目の吾郎が確実に何度もやるはめになることをあまり全員が認識していなかったようで(笑) バスケは得意ではない吾郎がどこまで頑張れるか・・・。

すでに4回目のチャレンジで、「ヤバイ・・・」と一人誰にも聞こえないように呟く吾郎(苦笑) でも、ここで私は思った。吾郎はやってくれるぞと。とにかく、入らなくてもきっとずっと黙々とやり続けてくれると。ま、そのとおりになったんですけどね(笑) そこからも、待っているメンバーはとにかくいろいろ茶々を入れる役割になります。淡々とやるには、画的におもしろくないだろうしそういうのも必要なことなんですよね。中居くんが、やいやい横槍を入れていたのもそういう意味なんだけど、世間の方はわかってくれたかなぁ。

延々と続く中で、吾郎が決められない映像が増えていくのは仕方ないことで、結構最初のほうを見ていると確率的には悪くないんですよね。でも、失敗したら最初の吾郎からなわけだからどうしても集中力は欠けてくるだろうし、心身ともに疲労が出てくる。いや、ほんと吾郎頑張ったよ。そして、同じ球技が苦手な慎吾が結構な確率でシュートを決めていたのも最後の勝利への鍵だったかな。

しかし、茶々を入れるメンバーとフォローするメンバーと、そのときどきでちゃんと役割分担して完璧な流れでしたね。これが長年やってきたスマップの強みなんだろうなぁ。いろいろ言うも、吾郎が入らなくなってきたときの中居くんの囁くような「ちょっと替わろうか?」の声が優しかったですねぇ。「気分転換、気分転換!」とは言っていたけど、見ていてかわいそうになってきたんでしょうねぇ。中居くん、何気に優しいもん(笑)

それでも終わりそうにない様子に、木村くんから「メンバー全員ローテーションにしよう!」と提案が。これが彼らには向いていたようで、いいところまでいきます。何度もここだ!という状況で、プチ小芝居のようなものが入るのも素晴らしいチームプレーでしたね(爆) そして、惜しくも入らないときのワイプのスマップのメンバーが「あぁ~・・・」とリアクションするのが素敵。すでに、自分たちでやってきたことなのに、改めて映像で見ても悔しいんでしょうねぇ(笑)

しかし、茶々を入れるのが専門だった中居くんが4投目に順番が回ってきたときは、さすがに本人も真剣。そして、結構とプレッシャーに弱い中居さん(爆) そこで、パリピアトリオの襲撃(笑)

吾郎 「ちょっと、マジマジマジ頑張ってね」
 「(中居くんは)経験者なんだから!」
慎吾 「大丈夫!うちらと違う。中居くん、できるんだから」

なんて言いながら、隅に吾郎の肩を抱きかかえるように連れ込む慎吾。うまいことやっているなぁ(笑) 思わず、「しっ~」と口に指を当てて暴走しそうなシンゴロをおさえる中居さん。「これで、おつかれ~」と最後をにおわせる木村さん。「これ、キタね~」と決まるよと促す剛。SMAPって素敵(笑) 残念ながらシュートは決まらなかったけど、4投目がこの後もネックになります(汗)

初めて4投目を成功させたのが慎吾。喜びすぎて思わずハイジャンプなのも可愛かったですねぇ。他のメンバーもとっても嬉しそう。最後は、可能性のある木村くんとなれば盛り上がります(笑) 

木村 「はずしたら、ごめんね」 (こういう木村くんも可愛い)
ここで、シュートに集中力を注ごうと思ったものの・・・何やら斜め下方から変なオーラを感じる木村くん。中居さん、一人跪いて祈ってます。上目づかいが可愛い(笑)! これには、木村くんも集中力が保てない。

木村 「お前、なんだ!その、ガチで祈っている感じ、何だそれ!」 (バスケットボールを中居の頭にぶつける)
中居 「木村、本気で!俺、こんなに木村に祈ったことないから!もう、木村しかいない」
そんな中、剛のクールな対応が良かった。
 「いやいや、さっきまで入らなかったじゃん、全然!」
そうだ、そのとおりだ(笑)

ここで残念ながら繋がらなかったので、いっきに集中力がさらに欠けてしまう5人。そして、五十嵐選手から「同じ場所で練習したほうがいい」というアドバイスを、場所を決めてシュートしたほうがいいと捉えてしまったスマップ。それじゃあ、最初のルールに戻っただけですぜ(笑) 1投目がやはり吾郎になってしまい、もう見ているのも辛くなるほど大変そう・・・それでも、文句も言わずシュートし続ける吾郎の姿は美しかった。

最初とは違って、とにかく中居くんが吾郎のはずしたボールを拾って渡してくれたり、「惜しい!」と声をかけてくれたりと甲斐甲斐しい(笑) しかし、吾郎が決めても次の剛が絶対入るというわけではなく、また吾郎からの繰り返し。それを忘れていて、剛に「(次)ごろさん」と言われて、「あっ、そっか(苦笑)」と言う吾郎が可愛い。弱っていく吾郎は、口に手がいってしまうのかな。それがなんか萌えてしまって・・・ごめんね、吾郎(笑) しかし、剛は雑だ!と言われていたけど、ここでいろいろ笑いを落としていってくれたんですよね。私は、ありがたかったよ。

剛が吾郎の次に間髪いれずにシュートするもんだから、それに文句を言う吾郎を除くメンバー(笑) 両手にボールを持っていて、剛がシュートをはずしたボールが上から落ちてきてよけれなかった中居くんの姿に大笑いする吾郎が可愛い。スタジオで見ていてもキャッキャッと笑っている吾郎が、おいおい可愛いぞ(爆) 今日イチの吾郎のツボだったんだね(笑) そして、雑なシュートをする剛にボールをぶつけるサタスマコンビも息が合ってます(笑)

中居 「ボール、落っこってくる前に打つなよ!」
 「なんで~? いいじゃん!今だ!って思うんだもん」
慎吾 「見ろよ!ほら、吾郎ちゃんの顔、見ろよ!」
泣きそうな吾郎の表情・・・全員爆笑だけど、また萌えてしまった私を許してください。弱っていく吾郎・・・好物なんだと知った「S」な私(爆)

しかし、このあとも1投目の吾郎のシュートがなかなか決まらなくなる(涙) ここで、中居くんから「一番、草なぎじゃない?」と剛を一番にしてみると、剛が決まってもやっぱり2投目の吾郎が決まらない。一人で100投も投げている吾郎には2投目でも厳しいよね(汗) 

吾郎が外すと、また剛からなわけで・・・吾郎がちょっともたついてしまったときのひと言がこれ。
 「ちょっと、邪魔!ごろさん!」
吾郎が、また困った顔をしてしまう。おいおい、剛!うっせぇ(爆)! でも、笑ってしまったよ。吾郎さんがさらに弱ってきて萌えたので(笑) ここでも、あれだけ最初は茶々を入れていた中居くんがフォローを入れてくれる。スマップはバランスが取れているねぇ。

でも、メンバー全員がボール拾いをして、吾郎にボールを渡してと本当に優しいです。口ではあまり言わないけど、「頑張れ!」って皆思ってくれているんだよね。本当に良いグループだ! しかし、やはり1投目はしんどいと理解した剛が「ローテーションにしようか(笑)?」と提案。まぁ、そのほうがいいですよね(笑) その前に休憩を提案する周りの言葉に・・・

中居 「いや、あと5分ぐらいで終わるから」
慎吾 「SMAPって休憩しないんですよ」
 「そうそう、俺たち止まることを知らないから」
木村 「うるせ~よ」 (これテロップがグリーンになってたけど、慎吾じゃなくて木村くんじゃないですか?慎吾なのかなぁ・・・誰か教えてください(笑))

なかなか最後まで成功できなくても、延々とシュートし続ける5人。そして・・・297チャレンジのときに奇跡が起こる。

1投目 慎吾が決める
2投目 が綺麗に決める
3投目 中居がこれまた綺麗に決める

そして・・・大事な4投目が吾郎に回ってきた。「俺(汗)?」と若干不安そうに木村くんに聞く吾郎(苦笑) いろいろアドバイスするも、きっと無理だろうというのはメンバー全員思っていたと思うんですね(笑) ところが、「うちの」吾郎はミラクルゴローだったんだな。これが、ワンバウンドで綺麗に決めてくれたわけですよ。最後の木村くんにしっかり繋いだこの瞬間は、かなり大きかったと思いますね。吾郎プレッシャーに強い人。そして、最後の木村くんはプレッシャーを楽しめる人。だから、決めれる。完璧なローテーションの順番でしたね。

木村くんがシュートを決めたあと、ハーフコートを一周して4人が待つ輪の中に入り、ここで5人肩抱きで輪になってグルグルですよ! 皆、すっごい子供のような大喜びの笑顔にちょっとグッときてしまった。奇跡と感動を起こすグループ。それがSMAPなんだなぁ。そして、全員でハイタッチ! スタジオで改めて見ているメンバーの照れた顔も良かったです。所要時間は1時間10分というのもすごいですね。さすが、スマップ!

番組のスタッフがチャレンジしたときは、5時間500チャレンジで一度も成功しなかったと聞かされるスマップのメンバー。
木村 「STAFFでしょ? SMAPだから
かっこいい~!!!

木村 「それぞれが繋いだものだったので・・・割とメンバー、クタクタになってきてるし」
 「ちょっと、心折れかけてたんですよねぇ、2分ぐらい前に」
吾郎 「今までにない感覚だね、これ、なんか」
中居 「やっぱり、繋がり感じたね」
慎吾 「もう何年も一緒にいるけど、5人でひとつのことできたのでこんなに感動するとは思わなかった。良かった、SMAPで

感動だよ、うん(涙) そして、私も良かった、SMAPのファンで!
そのあと、成功したあとの喜び方を指摘されると2TOPのお二人が反論。

中居 「いやいやいや、違う。テレビだからでしょ?」
木村 「いやいや、なんですか?そんなに喜んでないっすよ!」

そして、もう一度輪になってグルグルして大喜びのスマップの画が流れる。
テロップ 『結構、大喜びでしたけど・・・
最高っす(笑)

そして、コートを後にする5人の後姿がかっこいい!と思ったのも束の間・・・次回の予告が!

『SMAP vs ボーリング!! 5人連続ストライクで終われまスマップ!!』

呆然とするスタジオのスマップ。これは、もう今から楽しみです(笑) ごめんね、スマップ。しかし、頭から終わりまで萌えまくりのフリースローだったけど、記事にするのは難しいというのが書いてみてわかった。文章にすると、あの感動と面白さが半分も伝わらない(涙) スマップの存在がいかに強大であるか思い知った感じでしょうか。とりあえず、つまんない感想になりましたが神番組になった記録用として残しておきます。

ふっ・・・これで、やっと半分感想終わった感じですか(苦笑) 最終編は、また次回に書きます。すみません、まだ続くみたいです(笑)

|

« 素晴らしき人生! | トップページ | 稲垣吾郎舞台 「ぼっちゃま」お花企画 »

コメント

こんばんわ~kazuyoさん

充分な楽しいレポになってますよ~。
本当にスマさん達、群れさせてたら何より楽しい映像になりますね~。
フリースロー、私も始めはどうなのかな?って疑問に思ってましたが、イヤイヤイヤめっちゃ楽しい!!
私もkazuyoさんと同じで、弱ってく吾郎が・・・めっちゃ萌えて萌えて^^;
でも決して弱音を吐かずに頑張ってるから、他のメンバーからもホローしてもらえるんでしょうが。途中、剛の「吾郎さん、邪魔」にはヘロヘロになってる吾郎相手に言い放つこの言葉、ウケました!中居君の「先輩ファイトー」とかにも、吾郎に対する愛情が見え隠れしててよかったです。
最後はやっぱり木村君、彼はどういう訳かこういう華を持ってますね~。そしてミラクルを起こすのは吾郎。そういうある意味での2topが素晴らしい役割を果たしましたね。5人でグルグル回って喜んでる姿なんて、もう萌えて萌えて・・・スマップ最高だわ~^^
何回でもリピできる、ちょっと素晴らしい番組でしたね~。

投稿: むっちー | 2011/04/10 18:59

初めまして、こんばんは。
いつも楽しく読んでおります。SMAPのファンになったのは、確かスマスマが始まる前位からです。

今回のフリースローが楽しかったので、思わずコメントを書きたくなりました。
5人が群れているのは本当に嬉しいし、楽しいですね。
昔のスマスマはこんな感じで面白かった事を思い出しました(笑)

ちなみにフリースローの決定率の高い順が、年齢の若い順なのに気がついて、ちょっと笑ってしまいました(笑)
そして最後のグルグル喜び最高でしたね!

投稿: sachi | 2011/04/10 22:35

こんばんは~♪
『SMAPがんばりますっ!』フリースロー、凄かったですね!!
SMAPさんって本当カッコイイ!!
改めてそう思いました☆
最初に投げる吾郎ちゃん、凄く凄く大変だったと思います。
でも、全く弱音をはかずに頑張る吾郎ちゃんに感動したし、惚れ直しました♪
メンバーの吾郎ちゃんへの愛も見れて幸せでした☆
私も、吾郎ちゃんがだんだん弱ってくのが可愛くて可愛くて可愛くて…、ゴメンナサイ、萌えちゃいました♪(笑)
本当可愛かったです(爆)
慎吾くんが吾郎ちゃんの肩を抱くところも萌えました☆
中居くんの『先輩ファイトー』にも萌えました♪
剛くんの投げたボールが中居くんの頭にぶつかって笑っちゃう吾郎ちゃん、可愛かったですね☆
スタジオの吾郎ちゃんがVTRの吾郎ちゃんと同じタイミングで笑っちゃうのも可愛かったです♪
そして、ミラクルゴローさんが4番目のシュートを決めた時のスタジオの木村くんの嬉しそうな笑顔がツボです☆(笑)
全員で喜んでる姿、可愛かったし感動しましたね!!
次回のボーリングも楽しみです♪(笑)

投稿: ☆虹☆ | 2011/04/10 22:38

Kazuyoさん、「かんばりますっ!」メインのフリースローレポありがとうございます。拝読していて感動やその他もろもろ映像が目に浮かんで熱くなりますね(感涙) 今年もテレ朝さんはKazuyoさんのお言葉通り、奇跡と感動を起こすグループ「SMAP」を魅せてくれましたね。吾郎ちゃんファンとしては途中黙々と弱音も不満も言わず投げ続ける姿に胸を締め付けられる思いで観る一方で男前な姿勢に改めて見習うべき方だと実感しました。(素敵素敵なお方) 今回は震災もあって内容が急遽変更されてもSMAPは「やってくれます魅せてくれます笑わしてくれます感動させてくれます」カッコイイ!! 何度リピしてもあきませんね。吾郎ちゃんがああいう追い詰められた時必ず一番にフォローする木村君が今回は御自分で告白されていたように体調が絶不調の最中なかなか絡めなかった代わりに中居君がいろいろフォローをしてくれてたり5歳児ツヨポンの爆笑暴走暴言(笑)があったり可愛いシンゴロ絡みがあったり流石SMAP団結力はメガトン級です。それにしても1時間チョットで達成してしまうSMAP、ミラクルゴローちゃんとどんな時も決める男・木村拓哉がいるからとはいえ凄すぎですよね! そしてあの5人でグルグル喜んで回っている姿と笑顔は子供のように皆可愛くて素敵でしたね。震災の後の痛んだ心を癒して元気を頂きました。 感動したあとの「SMAP vs ポーリング・・・」にはメンバーの驚きの顔とともに笑わせて頂きました。SMAPにSなテレ朝さん大好き(笑) 

投稿: ピカチュウ | 2011/04/11 00:46

Kazuyoさんこんばんは。私も、フリースローの部分何回もリピしています。私も最初はどんな感じになるのか不安だったんですが、さすがSMAPですね!SMAPの底力を改めて感じました。メンバーそれぞれ庇い合い、助け合ってまた盛り上げるために時折茶々を入れてくる中居くんも彼らしい思いやりですよね。吾郎ちゃんバスケ苦手なのに一番沢山シュートして、本当に辛そうでした。と言っても実は、私も疲れ果ててる吾郎ちゃんや、泣きそうな顔を見て「可愛い、もっとそういう顔して、もっと疲れて」と思ってました(笑)ごめんなさい吾郎さん。でも本当に皆さん限界まできてましたね。限界までみんなで挑戦したからこそ成功した時は、言葉に出来ないくらい嬉しかったんですよね。みんな凄く喜んでましたね(笑)これは私が思ったことですが、吾郎ちゃんのボールの投げ方が「ぴょん」って跳ねてる感じで可愛かったです(笑)次はボーリングですか(笑)これも難しそうだけどSMAPならきっと大丈夫だと思います!楽しみにしています。

投稿: さおり | 2011/04/11 01:16

むっちーさん
レポになってますか(汗) ただ、順番に書き連ねたような感じになってしまって、レポという意味では間違っていないんだけど、私のブログの趣旨とはかけ離れてしまったかなぁと思ったんです。ツボ全部おさえられてますかねぇ・・・マジで今回は難産でUPするのやめようかと思ったんですよ(苦笑) 読み直してみると、ちょっと書きたかった部分が抜け落ちてますね。吾郎がトータル100投も投げているという報告があったときに、中居くんが「そんな好きだったっけ?バスケ」と聞いて、吾郎が困った顔で「好きじゃない(苦笑)」と言ったところとか、中居くんが吾郎に「フリースローの練習で俺が後輩みたい」と言ってたり(笑) 他にも落としているところあるんだろうなぁって。剛のひとくち辛口は、ともすれば疲れて無口になっていく状況での緩和剤になりましたね。これが、彼が考えてやったところじゃないところが、剛のいいところです(笑) 彼の持っているものが上手く今回出た感じですね。あれで、ちょっとメンバー全員が元気を取り戻しましたからね。それぞれのメンバーが、自分の持っている良いところを全部出してきた。ひとつのことに向かっているスマップはいつもそう。だから感動する。最高の番組になりましたね。


sachiさん
どうも初めまして。ブログ読みに来てくださっていると聞いてすごく嬉しいです。コメントありがとうございました。「スマスマ」は始まった当初から見ておられるのなら、いかに当時の「スマスマ」が楽しかったかよ~くわかりますよね。確かに、今回の「がんばりますっ!」を見たときに、私もその頃の「スマスマ」を思い出しました。シンプルなことを5人がやるだけで楽しいものになるというのを、毎週見せてくれていたのが「スマスマ」でした。あれほどの神番組はなかった。あのときのような番組作りをしてくれたら、正直一年に一度の「がんばりますっ!」よりも素晴らしいものになるのですが・・・そういうわけにはいかないようで。なかなか難しいですよね(苦笑) フリースローは本当に楽しかったですね。見ていて笑って、感動して心震えて最後に涙してまた笑って・・・素晴らしい編集で出してきてくれたと思います。あっ、シュート成功率が年齢の若い順だったのはおもしろい結果ですね。下になるほど失敗したときの攻撃度が大きいからでしょうか(爆) まぁ、吾郎と剛はそこまで考えていないと思いますが(笑) また、是非コメント残してやってください♪


☆虹☆さん
フリースローの部分だけを見ても、スマップを惚れ直しますよね。本当に素晴らしい企画と巧い編集(テロップの出し方から、映像カットの出し方からBGMまで)だったと思います。吾郎にいたっては、わかっていたけど本当に忍耐力と持久力のある人だなぁと。1投目を吾郎にするのはどうなの?と、ファンも吾郎本人もバスケが苦手なことから感じたとは思うのですが・・・これ、吾郎だったから延々やっていても空気が悪くならなかったんだと思います。スマップ全員が文句を言わない吾郎だからこそ、しっかりとフォローしてくれていましたしね。それに、何度も投げることによって感覚も覚えていたので、ここぞという4投目のときに決めれたんだと思いますし。しかし、終わったあと腕ダルダルだっただろうなぁ(汗) 弱りながらもふにゃふにゃと笑う吾郎がとっても可愛かったですね。この人には不機嫌という言葉は、どういうときに出てくるんだろう・・・と思うぐらい癒されました。ボーリングが実に楽しみです(笑)


ピカチュウさん
「がんばりますっ!」の企画会議ってすごい優秀なんだろうなぁと思いますね。いかにスマップの魅力を出せるか真剣に考えてくれているんだと思います。もちろん、番組自体をどうおもしろくファン以外にも見てもらうかが大事なんだけど、スマップの使い方をよくわかっていますね。そこを見抜いているからこそ、ファン以外が見てもおもしろいものになるんですよね。もともと、「SMAPの~」とついている番組でファン以外の方も見てもらおうと思ったら、ここから攻めていかないとおもしろい番組にはならないですから。いくらゲストを呼んでもダメなんですよ。フリースロー企画、最高でしたね! しかし、文句言わない人ですよねぇ、吾郎さんって。愚痴ひとつ言わない。ものすごい精神力の強い人だと思いました。他人に優しく自分に厳しいのが、このフリースローの中でも垣間見れましたね。そして、スマップの連帯感の素晴らしいこと。確かに、木村くんが体調が悪くて辛そうにしていたので、他のメンバーがちゃんとわからないようにフォロー入っているんですよね。ここは、よ~く見ていないとわからないです。それぞれが、ちゃんと自分の役割をもって、チャレンジ以外にも考えているんですよ。それで、しっかり最後には成功して決めてくれる。SMAPがかっこいいと思うのはあたりまえ! スタジオに戻ったときにも萌えがあったのですが、とても書ききれませんでした。敢えてここで書いておくのなら、次回の企画があがったときに全員がぶーぶー言っている中、プリンス仕様だった吾郎さんでしょうか(爆)


さおりさん
フリースローは、見るまでは未知数でしたね。5人いればとにかくなんかしら萌えは落ちるだろうとは思っていたけど・・・ここまでだとは正直思いませんでした。さすがSMAP(笑)! 吾郎は、文句言わないですからねぇ。マラソンが好きな人なんで、結構自分を極限まで追い詰めるのはそう苦じゃないのかもしれません。とにかく前に進むことしか、やっているときは頭にないんでしょうね。それで愚痴るとか、吾郎の頭の中にはない。毎回シュートを打つたびの真剣な顔に萌え、弱りながら微笑む顔に萌え・・・いやいや、本当にありがたい映像の宝庫でした。辛かったからこそ、最後に全員で繋げたシュートが成功したときの喜びがひとしおだったんでしょうねぇ。あの5人の笑顔は、最近見た中でもピカイチだったと思います! 次回のボーリングですが・・・私も、スマップのことだから結局は決めてくれると思いますね。ただ、スタッフも思いのほか今回が早く終わってしまったので、考えてくると思います。普通に連続ストライクじゃなくて、10フレ全部ストライクとかね・・・う~ん、これはいくらなんでも無理か(爆)

投稿: Kazuyo | 2011/04/11 04:50

kazuyoさん,こんにちは。 シンゴロ,キムゴロからの怒濤の萌えレポとみなさんのコメント楽しんで読ませて頂いてます。それにしてもみなさん吾郎ちゃんの弱った顔大好きなんですね。もちろん,私もです!kazuyoさんのサイトにお邪魔するようになって,吾郎ファンって結構Mっぽい人が多い?と思っていたのですが,ここに来てのS炸裂!ですね。誰も「投げ続ける吾郎ちゃんが可哀相とか,見てられない」とか言わないのが素敵です(笑) みなさんがほとんど萌えツボを挙げてくださってるのですが,少しだけ。最後にみんなで去って行く時に慎悟ちゃんがしっかり吾郎ちゃんの肩に手を掛けてましたね。今回体調不良の木村くんの隙をつくかのように吾郎ちゃんにかまっていた慎悟ちゃんが可愛いかったです。 それと,VTR中の吾郎ちゃんのコメントとかにメンバー同様に観客の方が笑ってくれていたのが,嬉しかったです。編集やテロップの入れ方が優秀なのもあるのでしょうが,(ピンクのテロップのへロヘロな感じ最高です)生放送で反応薄いと寂しいですよね。スタッフの方の吾郎ちゃんへの愛もすごく感じられたし。私は最後の四投目の時なぜか絶対入ると思ったんですよ。吾郎ちゃんはアーチェリーとかボウリングでもここぞという時は不思議と?決めますよね。だから実況の「値千金の一発!」が,そうなのよ~って感じでとても嬉しかった! ぐるぐる回って喜んだ後に輪がほどけて,飛ばされ気味の吾郎ちゃん,プチツボです。 少しだけといいながら,ダラダラと書いてしまってすみません。それくらい楽しかったってことですね~。 次回最終回レポも楽しみにしています。

投稿: さっぴい | 2011/04/11 11:17

さっぴいさん
吾郎ファンって確実に、「S」と「M」の顔を持ってますね。つまり・・・ご本人と一緒だ(爆)! 吾郎さんって、ちょっと黙ってたら冷たい表情を浮かべる人なので、その顔で上から目線で怒られてみたい!と思う反面、儚げな表情で弱っている吾郎さんに萌えてしまう・・・いわゆる変態の集まりですね(爆) すみません・・・夜レスするとこうなるという悪い見本です。最後も、確かにシンゴロが見れましたね。がっしりした体格の慎吾に肩抱きされると、スッポリ収まる吾郎が可愛い。脚の細さの違いにも萌えました。そうそう、何度もリピしていてツボ書きそびれた箇所がまだありました。何度目かのシュートのときにラインを超えている吾郎の足を指摘する剛(笑) 一回目の木村くんの失敗した5投目シュートのあと、さっさっと続行しようとする吾郎に「お前、余韻とかね~のかよ!」と言う中居さん(笑) それを「いいんだよ」と言う木村くん。そして、「そうだ、リアルで行け」と便乗する中居くん。きっと、まだまだあるでしょうねぇ。本当に素晴らしい編集力でした。「がんばりますっ!」のスタッフは、本当に素晴らしい! 最後5人で繋げたシュートの、吾郎の4投目は決まると思いましたか? ミラクルゴローですもんね。私は決まるとは確信はなかったけど、吾郎の落ち着いた様子に安心して見ていたのは確かです。「あぁ、吾郎、緊張してない。集中しているなぁ」って。決めたあとの、両手でガッツポーズと笑顔が良かったですね。もう、この段階で左手結構いうこときかなかったと思うのですが、振り絞ってまっすぐ飛ばした能力はすごいと思います。かっこいいぜ、吾郎さん!とまた惚れ直しました。そして、今夜もリピが止まりません(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/04/12 03:56

Kazuyoさん、フリースローの感想、難産なのわかります。群れスマのツボが多すぎて、全部拾ってたらとてもつもない長さになるから、どれを拾っていくかで悩むんですよね。やっぱりここは吾郎メインでいくしかないか。

  まずはフリースローの会場に入るスマップ。いつものことながら、切り込み隊長の木村君が一番で、その後に吾郎がついて歩く、そしてその後に続くスマシプ。この定番の光景にまず安心します。そして今回も衣装やテロップまでメンバーの「音松カラー」を死守してくれるテレ朝に感謝。しかも5人のインナーと中居君の被り物(笑)は「白」ですよ!(嬉泣)。吾郎はパーカーだけでなくピンクのスニーカーも可愛いうえに、なんとメンバーの中で2番目に露出度が高い!!かつて剛が美脚と讃えてくれた細~い生足が~~(←や、安すぎる)。だってスマスマの「ムービングスロー」だってタンクトップの他メンを尻目に上下ジャージー着てた人ですから。震災以来の中居君の脱帽といい、スマップメンバーの心意気みたいなものを感じますなあ。

吾郎の一投目が失敗したあと、後ろで剛の声で「ごろちゃんよ~」って2回続けて言ってるように聞こえるんだけど正解わかります?。その後も「ごろちゃん、足出てるよ」って言ってたので、出た~久々の「ごろちゃん」呼びだ~~!ってツヨゴロ派としてテンション上がりました。

中居君、剛、慎吾が「大丈夫大丈夫」「いけるいける」「ok」と声をだして励ましているのも萌え。木村君はボールの籠に座ったりして、相当しんどい状態だったようだし、中居君も得意なはずのフリースローが調子が悪かったですね。「ムービングスロー」の時はMCに徹していたけど、今回はいっしょにプレイもしないといけない。ただでさえ画的に面白みにかけるフリースローを、バラエティとして成立させるためにプレイよりもMCのほうに集中力を取られたのかなとも思いました。そんな上二人の様子を見て、下3人もそれぞれの立場で頑張っていたことが嬉しかったですね。

最初の定位置制の投げ方、これは後述しますがスタッフの企画ミスなのか、意図的なものなのかわかりませんが、吾郎が一番目だったのがミソです。後の人がミスすると、当然一番手の吾郎が何度も投げることになって疲れてくる。でも吾郎は誰も責めることなく黙々と続ける。2番手の中居君は自分が成功しないから、吾郎に負担をかけ続けるのが見てられなくて、「稲垣さん、入ったことにしない?」とわざと悪役に回ってずるい提案をする。
するとしんどくてほとんど傍観気味だった木村君がすかさずやってきて、中居君に「(おまえはそんな気をつかわなくていいから。吾郎は頑張れるから)ボール拾え、ボール」と介入するのも萌え~。中居君が「走れメロス」状態になっているのをお見通しだし、吾郎と中居君のことなら、しんつよではなく、木村君が出てきて、しんつよは出て行かない。ああ、ここで萌えずにどこで萌えるのでしょう(笑)。

それでも吾郎が疲れてくるのを見てられない中居君。吾郎に触れて、「替わるわ」と声をかけると、吾郎も素直に替わってもらうんですね。おまけに吾郎を傷つけないように「ちょっと気分転換に」だって、、、。(くぅぅぅ!←ほっといてやってください)。それに対して慎吾が「はいはい(わかってるよ)」って感じで言ってるんですよ。きっと中居君と同じ気持ちだったんだろうと思うのです。今回の慎吾はプレイヤーとしても凄かったけど、それよりもっと感じたのは、中居君を助けて場を動かしていく力。なにげに「俺になにかあったらスマップを任せられるのは慎吾だな」(03リレートーク)と言われる所以を十分に発揮していたように見えました。


 そして吾郎と交替した中居君が一番目に投げますが、やはりうまくいかない。今度は中居君が吾郎と同じように苦境に立たされ、それを見守ることしかできないメンバーは辛くなってくる。そこですかさず木村君がローテンション制の名案を出して、流れができることに。こうなるとスマップの団結力が発揮されるようになります。そして戦力になったのは剛と慎吾。61投目で初めて慎吾が3番目を成功させた時、思わず背後で吾郎をこづく木村君を発見(笑)。

そして44チャレンジ目で4番目に中居くんが回ってきたときのパリピアトリオと中居君のやりとりが良かった。KAZUYOさんが書いてくれてるけど、「がんばってね」と中居君を励ます吾郎を引き剥がして拉致する慎吾は「うたばん」卓球を思い出させます。そうそう、シンゴローの絡みはいつ見ても、可愛くて胸キュンキュンするんですよ。絶対に決めたい中居、でも決めてしまったら後(5番目がゴローになる)のことも気になる、そしてそのあたりを十分に読めている慎吾。中居君がはずして残念なムードを「中居君が入っちゃったら、俺プレッシャーじゃん」とフォローしていく吾郎も、それを笑って聞いている中居君も素敵。


>弱っていく吾郎は、口に手がいってしまうのかな。それがなんか萌えてしまって・・・ごめんね、吾郎(笑) しかし、剛は雑だ!と言われていたけど、ここでいろいろ笑いを落としていってくれたんですよね

 私もこの弱っていく吾郎は萌えました(笑)。実は五十嵐君にアドバイスをさせ、ローテーション制からこの効率の悪い固定制にもう一度戻させたのは、スタッフ側の作戦?とちらっと思ってしまったんですよ。付き合いの長いスタッフだからこれまでの「がんばりましょう」を振り返っても、スマップメンバーの吾郎を見てるときの言動を含めたリアクションが大きいのは明らか。固定制にすれば吾郎はまた一番あたりに戻るはず。そして弱っていく吾郎を見せて、黙っては見てられない各メンバーのそれぞれのリアクションを引き出そうとしたのかなと。吾郎の魅力のひとつは「庇護欲をそそる」ところだと思うのですが、メンバーも上二人は当たり前として、実際に堀越時代の吾郎のナイト(笑)だった剛や、慎吾も年下だけど守ってるんだなと思わせる例はたくさんありました。それゆえ、吾郎が文句も言わず弱りながらもチームのために投げ続ける姿は、他メンバーの心を燃え上がらせたのではないかと推測するのです。

  追い詰められる吾郎に中居君は部活の後輩みたいにくっついて助けているし、慎吾(←はじめのほう)や剛に「雑にすんな」って言いまくっていたのは、吾郎が成功した後がほとんどで、『せっかく吾郎が入れたのに、、、』という中居君の潜在意識を垣間見たようで嬉しかったです。慎吾もボール投げたり、声をかけたり、まるで中居くんの助手かと思うようなさりげないヘルプしてましたね。剛は伝え方がうまくないけど、なんとか閉塞状態を打破しようと必死の結果があれだったんです(笑)。木村君の調子の悪い分、勝負事では負けん気の強い剛が頑張ったわけで、以前の「うたばん」卓球でも、なぜか誰もが組みたがらない吾郎をパートナーに選んで「ごろちゃんは何もしなくていいから」「ゴロちゃん、じゃま」って言ってましたよ(笑)。私は優しい遠慮がちな剛よりも、こういう剛が大好物なので満足。

そして、木村君はいつもの吾郎のピンチにはいそいそと出てくるのに(例「東京フレンドパーク」)、今回は自分もしんどそうで何もできずに後ろから見てる顔がまた辛そうで、、、。でもその気持ちがラストの奇跡につながる原動力になったのかなと妄想させていただきました。

最後のチャンス。4投目の吾郎が投げるとき、木村君は見てられないのか?手すりに持たれて顔を伏せているのですが、吾郎のボールが手を離れたとたん、ガバっと起きてボールの行方を確認、入ったあとの笑顔の素晴らしいこと。これまでも「ミラクル吾郎」を何度も見てきてますものね。剛の「TEAM」の番宣をかねたスマスマで、めちゃくちゃなフォームでフリースローを成功させて木村君とペア旅行券を勝ち取ったこともありましたよ(あの旅行券は結局二人で行ったんだろうか、、、)。 4投目の難関に成功した吾郎、それを見てきっと発奮した木村拓哉、絶対に決めてくれると思いました。そして木村君が投げるときに、一人だけ反対側にいることに気がついて、スマシプの祈りの輪に加わりに行く吾郎。スマップの絆ですね。

>皆、すっごい子供のような大喜びの笑顔にちょっとグッときてしまった。

私も全員のハイタッチと輪になって大喜びの図にちょっと涙出てしまった。でも泣きにもっていかないところがさすが上二人だし、テレ朝のテロップは相変わらずお上手でした(笑)。そしてさっぴいさんが指摘してくださったように引き上げる時、なにげに吾郎と剛の肩を抱いて歩く慎吾にまた萌えました。かなり削除したんでですがやっぱり長いわ。すいません。

投稿: kim | 2011/04/12 07:14

kimさん
こちらも最長記録コメントじゃないですか(笑)? ありがとうございます。そう・・・ツボ全部拾ったらとてつもない長さになります。まとめてこれですからねぇ(汗) もう、読んでもらう方に迷惑このうえない記事の長さになってしまいました(苦笑) 最近、うちのブログをケータイから閲覧している人あまりいないと思います。スマートフォンなら問題ないと思うんだけど・・・本当にすみません(汗)

言われて気づきましたが、吾郎のスポーツウェアは確かに露出が多かったですね。(って言っても、脛の部分が多く出ているってだけなんだけど(笑)) あれだけで、萌えれるヲタもどうなのよ!とは思うけど、普段ガードがものすごい人だから仕方ないですよね。袖は相変わらずまくらない人でしたけど。

探してくださった剛の「ごろちゃん」呼びですが・・・まず、足がラインを越えたときのはテロップがグリーンで「吾郎ちゃん、足出てるよ」なんですね。まず、スタッフが間違えたのはここ。グリーンということは慎吾のカラーですから、「吾郎ちゃん」だと思ったんでしょうね。これは、剛が言ったわけで、私も何回も聞きなおしたのですが・・・他の声と重なって聞こえにくいですが「ごろさん」と言っていたと思います。そして、吾郎が一回目のシュートをはずしたところはまったく意識していなかったので聞きなおしてみました。こちらも残念ですが、中居くんが「(シュート)行っちゃえ、行っちゃえ!」というのが、「ごろちゃん」に聞こえたのではないかと思われます(笑) これ、間違っていたら誰かご教示ください。

そこで思い出したのですが、中居くんが一度「吾郎さん」と言ってますね。「吾郎ちゃん」と「稲垣さん」という、プラベ呼びとテレビ用の呼び方が素になってごちゃごちゃになったんだと思います(笑) これは、萌えたよ。そういえば、「スマスマ」でウエイトリフティングを吾郎があげるときも、思わず「吾郎さん」と言っているときがあったなぁ・・・。もう、「吾郎ちゃん」でいいのに、こういうときは(爆)

しかし、本当に各々のメンバーがそれぞれの役割をしっかりこなしていましたね。5人でいれば、もう自然に出来てしまうところがあると思うのですが、素晴らしい!としか言えません。kimさんが書き出してくれたところ全てに同意! 吾郎が弱っていきながらも、黙々と自分のやるべきことをやっているのを見て、他のメンバーもちゃんとそれぞれにしかできないことをやってますからね。木村くんがちょっと調子悪かったのは残念ですが、だからこそいつもよりも頑張って他のメンバーが回しているのも見れたし。なんと言っても、最後に決めるときは決めるのが木村くんですから、彼が最後全ての力をかけれるように全員がしっかり自分のポジションを把握していたのが素晴らしいです。

あぁ、少し妄想入った見方をさせて頂くのなら、吾郎が最後の4投目を成功させたのも、木村くんがラストを華麗に決めてくれたのも、二人のそれぞれ持っている強さもありますが、二人の絆も多々あっただろうなぁと思いました。辛そうな木村くんを見ていて、「絶対にこれで最後の木村くんに繋げる!」という吾郎の想いと、100投以上も投げている吾郎が繋げてくれたことに対して「吾郎!お前の努力は無駄にしない!」というのもあったと思います。そして、もちろん二人だけでなく疲れが見えてきた全員がしっかり繋げてくれたことで、SMAPの絆を見せてやる!という想いですね。スマップ、かっこよすぎ! そんなSMAPに一生ついていきます!

投稿: Kazuyo | 2011/04/13 05:21

こんばんわ! フリースロー編ですね、またまたツボ押さえてましたね、あのスマスマのスケートボーイズを彷彿とさせるSMAP萌え萌えスポーツチャレンジ物。
そうファンのイメージカラーのこだわりあります。これをしっかり守ってくれる10チャンがんばりますって貴重です。私もフロアーの色はこれで行けって暗に言っているのかなって思ってました。運動神経の悪い順に行ったら吾郎さんの次は慎吾だけど、今回は身長のある慎吾は絶対に有利だからなぁ~、実際ゴール率は彼が一番だったし。とりあえず、5人の絡みはいちいち書いていると本当にきりが無くなってしまうので、個人別に・・・。(笑)
中居君・・・、全然入ってなかったけど、やっぱり身長が低いからかなぁとも思ったんですよ、でもあの人たまにダメな振りするけど、本当にダメだったりするし・・・。「俺って駄目だなぁ」って言いかけて「全然入らない」に言い直した気がしませんか?でもさすがリーダー、吾郎さんの交替とかさりげない気遣いがたまらないぜ、単調になりがちな番組を面白くするコメントも忘れないし(泣)
木村君、やっぱりムキになってる、勝負事はいつもムキになっちゃうね、この人。他のメンバーもその辺が良く分っているから、あんまりずけずけ言わないし・・・。体調もすごく悪かったみたいで、でも決めるところは決めるのが木村くんですぜ、さずがだ!「外したらごめんね」あたりの言い方もメンバーには言える弱音みたいな感じがファンにはうれしい。
吾郎さん、彼って案外ミラクル呼ぶじゃないですか。 玉様ビリヤードだってボールリングだって、ジャニーズの中では運動神経鈍いって言われてしまうかもしれないけど、結構良いとこいつもいってる、しかしながらすごい数投げさせられていましたね(笑)。去年のやつは言い訳がすごく多かったけど、今年は言い訳を言わないって決めたのかな? 少なかったですね、言う時も可愛い感じで良かったっす。(笑)
剛君、本当に自然な感じでマイペース、ポジティブ。SMAPって基本的に皆ポジティブなんだけど、その中でも剛君は前向きさを感じるねぇ~、そして時々でる歯に衣着せないコメントがツボなのです(笑)。「ちょっとごろうさんジャマ!」ってのも受けた! 一人で早く投げちゃうところもなんとも言えないし、「だって今だと思うんだもん!」。中居君にあんた呼ばわりされるSMAP一の自由人。(爆)
慎吾君、彼は今回がんばっていましたねぇ。実際の投球数は少ないですが、この番組ではMCを担当するのと、バラエティ班の性なのか、中居君と番組進行のキャッチボールは見事でした。吾郎さんとかつよぽんをナイスタイミングでいじって、コメント入れるし、「吾郎ちゃん一人で安心しているんですけど」って暴露しちゃうし(笑)吾郎さんが中居君に茶々入れようとすると、さっと連れて行って、「だいじょぶ、だいじょぶ中居君は出来るんだから」とさりげなくダメだしする所が、昔の様にべたべたはしないけど、サタスマコンビの絆をひしひしと感じたわ。(涙)
最後の喜びはファンには至福の瞬間でしたねぇ。4人のお祈りポーズから5人のスクラム、その後で「そんなに喜んでない」って言うのも恥ずかしがり屋のSMAPなんですよね。
ふふふ、やっぱり群れスマ鑑賞はやめられません、今年も良い物見させてもらいました。

投稿: Mayumi | 2011/04/13 11:24

Mayumiさん
「スマスマ」のスケートボーイズも優秀ですが、あれはあくまでコントなのでスマップもそのつもりでやってますよね(笑) あれはあれでおもしろいのですが、こちらはヴィジュもそのままとなると萌えないわけがなく。真剣な表情まで見せてもらえるのはありがたいです。スマカラーって大事ですよねぇ。「スマスマ」を見ていて、中居くんと吾郎のカラーが逆なだけで、最後までそれが気になって楽しめないときがあるので(苦笑)←こうなると重症(笑) 

中居くんがシュートが決まらなかったのは、背の低さは関係ないですねぇ(笑) そんなこと言ったら、バスケの選手で小さい人は入る確率が低いということになってしまう。私、学生時代バスケ部だったんですが、まずそれはないです(爆) 逆に背の低い人はセンターからボールを回すあのポジションになることが多いので、フリースローは得意な人が多いですね。(背の高い人は、ゴール下が多いので) あと、中居くんの場合はあの場を回すことにも気がいっていたので、集中力が散漫になったのかもしれません。木村くんは、やっぱり傍目にわかるほど辛そうだったので、極力あまりトークにも加わってこなかったですよね。後ろでへたっているときもあったけど、座ることもせず、他のメンバーに声かけたり笑ったり・・・プロだなぁと思いますね。吾郎は・・・基本、言い訳とか絶対に言わない人なので。去年のチャレンジは番組企画を彼なりに読んでいたんだと思います。あのカラオケBOXの中で一人歌い続けるって、どう考えても画的につまんないですから(爆) 今回はそういう部分は他のメンバーに任せられたから、本来の自分を出してきてくれたんだと思います。剛は、いつもマイペース。起爆剤にもなれる人で、本当に良い仕事していたなぁと思いますね(笑) 慎吾は、相変わらずいたるところで空気を読んでいたので、つっこんだりフォローしたりと中居くんの補佐に回ってましたよね。ほんと、素晴らしいな、スマップ!!! 

最後の、全員の大喜びはもう宝物の映像ですよね。いつまで経ってもピュアなままで、そしてかっこいい。スマップの場合、友達というよりは「仲間」の絆ですよねぇ。群れスマは、何よりもファンの癒しと好物です(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/04/14 05:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素晴らしき人生! | トップページ | 稲垣吾郎舞台 「ぼっちゃま」お花企画 »