« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

眼鏡キャラ萌え

今夜の「SMAPxSMAP」で、予告が流れ続けた向井理さんとスマップの刑事ドラマがやっと放送されました。たった15分で撮らなきゃいけないわけだから、いろいろおかしなところはあるけどバラエティ番組の一環の流れで出してきたものとして見るのならOKでしょうか。なんせ、向井くんもスマップも本気で演技してましたね(笑) 

向井理プロデュース 『THE BUDDY

配役:
先輩刑事(相棒)- 木村
ライバル刑事 - 中居
上司だけど実は黒幕 - 吾郎
犯人 - 
被害者(死体役)- 慎吾

これが、向井くんがビストロにゲストで来られたときに決めてくれたスマップの配役です。まさかドラマ化されるとは思っていなかったので気軽に考えたらしいですが・・・結構、どの役も嵌っていましたね。慎吾は自虐的に最後VTRを見終わってからもコメントたくさん残して笑いを取っていましたが、これは慎吾しかできないコメントの上手さですね。他のメンバーなら、間違いなく本当に悲惨な役回りで終わっていたと思います。そういう意味でも「適役」だったと思う(笑)

最初は、「スマスマ」なのにあまりにガチで演じている皆さんを見ているのがいたたまれなくなったのですが(笑)、いやぁ、やっぱり何事にも真剣勝負の彼らはかっこいいですね。個人的には、ファンの欲目を省いても今回は吾郎と剛が素晴らしかったと思います。やっぱり、悪役ってある意味「おいしい役」ですよね。楽屋ほのぼのコンビが、二人で嫌な笑いを表情に浮かべて言う台詞が虫唾が走るくらい気持ち悪くて最高でした(笑) もちろん他のメンバーも素晴らしかったですよ。しかし・・・中居くんが最後に吾郎のお尻を蹴っていたのはアドリブだろうか(笑)? 吾郎が中居くんに立たされて、前髪が乱れているのにゾクッときた(爆) あと、眼鏡キャラの吾郎にはハズレなく萌えさえてもらいました。で、吾郎の「ダメ男」のVTRはいつ見せてくれるの?

ビストロは、また大人数だったのでねぇ・・・まぁ、普通に家族と一緒に見ていろいろ突っ込みながら見るのには丁度良いのかも。ビストロって、きっとそういうコーナーなんだろうなぁ。ファンとして一人で見ていたらきっとつまんなかったと思う(笑) しかし、吾郎のヴィジュは絶好調中。向井くんがビストロに来たときの映像が少しドラマVTRの前に流れましたけど、見て一目瞭然で顔がほっそりしてますね。やっぱり、吾郎・・・絞ったほうがさらにかっこいいよ(笑)

そして・・・噂のツイッターBOY(笑) ジャスティン・ビーバーくん。ツイッターで「SMAP、SMAP、SMAP・・・」と呟いて、SMAPというワードを世界中で一躍有名にさせた張本人です(爆) これは、おそらくYouTubeなどで世界中に配信されると思いますね。だから、見ていて冷や冷やしたよ。でも、良かったんじゃないでしょうか。きっと、全世界の人にはジャスティンと同じティーンエイジャーとは思わないにしろ、20代後半ぐらいに思われるんでしょうねぇ。アラフォーのグループだって知ったら、どんなリアクションになるのか興味があるわ(笑)

EDトークは、もうちょっとあっても良かったですよねぇ。中居くんとジャスティンのコントのようなくだりはおもしろかったですが。思わず、「こらこら、ピュアな少年をからかうでない」とは思ったけど、ジャスティンもアメリカンジョークで応えたのかな。なかなか、良いコンビでしたね(笑) 吾郎ファンとしては、吾郎のロングコートにうっとりするということでOKでしょうか。珍しく、キムゴロさんがイエローとグリーンというのも新鮮でしたね。まぁ・・・今回はこんなところでしょうか(笑)

| | コメント (10)

深夜勉強

先週に引き続き、ゲストは女医の宋美玄先生をお迎えして女性の身体を徹底的に掘り下げてくれた「ゴロウ・デラックス」。前回もすごかったですが、今回は違った意味で天晴れでしたね。とにかく、今回の放送は下ネタというくくりで語ってほしくない。宋先生を始め、ちゃんと吾郎と小島さんで女性のオーガズムに関するテーマで番組が進んでいて勉強にもなったんではないでしょうか。まぁ、そこは深夜番組なので、しっかり笑いどころも抑えてくれていて個人的には先週より完璧な流れだったと思います。

とにかく、吾郎がジャニーズの壁を取っ払う、取っ払う。吾郎がここまでやったら、もう性に関することは全てジャニーズ解禁でしょ!って言ってもいいぐらい(笑) ところが、きっと吾郎以外が同じようなことするとなかなか難しいと思いますね。とにかく、吾郎さんはあらゆるところで「紳士」です。これ絶対に崩れないですね。だから、ジャニーズでもこの企画が通るし放送できる。宋先生がしっかり女性の身体について、フリップや模型で真面目にお話してくださったんですが、とりあえず・・・別のところのツボを書いておきますね。(結局、そうなる(笑))

今週も、親太朗くんがADとしていろいろ随所に活躍してくれます。番組が変わっても、やっぱり吾郎の顔しか見て話さない親太朗くんが可愛い。懐いてます(爆) 吾郎もそれがわかるのか、いろいろ弄ってあげて言葉は多少厳しいこと言っても目が優しい、優しい(笑) 「哀愁探偵」で一緒にいた半年ほどの時間は無駄じゃなかったんですね。

しかし、宋先生もスタッフも吾郎に容赦ないです(笑) 

宋先生 「じゃあ、吾郎さん、実際に女性をオーガズムに導いたことあると思います?」
吾郎 「えっ、僕ですか?急に(笑)? あると思うんですけどねぇ・・・自分では、ねぇ」
(と、小島さんに助けを求めるように促すも、小島さんは男前にスルー(爆))

しかし、フリップでは女性の大半は「イッた振りをしている」という回答が出て、「マジで?!マズイなぁ・・・」と吾郎さん(爆) いやいや、吾郎さんが相手ならそれだけで気持ちでイケる女性は多いと思いますよぉ。

ここで、吾郎と小島さんに「セックス偏差値」を調べる小テストが行われます。10個の質問に「YES」か「NO」で答えるだけのシンプルなテストで、AD役の親太朗くんも参加して三人の偏差値を調べることに。結果・・・

小島さん - セックスの達人(爆)!
吾郎 - セックス上級者 (「悔しい」という吾郎(笑))
親太朗くん - セックス初級者(笑)(笑)(笑) (まだ、若いしね)

まだまだ、これで終わりじゃなかった・・・同じ質問を街頭アンケートのVTRで流した後、「実践編」がよもや待っていようとは(笑)! そして、ことごとく試験台にさせられる吾郎。断らない、男前、そして全ての答えが素敵すぎて倒れそうに(爆)

いきなり出てきたリカちゃん人形のような男女のお人形さんとベッドルームの模型。

宋先生 「吾郎さんは、前戯っていうのはだいたいどんな感じで?」

いきなりキタっ(笑)! 男性の人形の髪型が自分のくりんくりんヘアに似ているとプチクレームをするも、しっかり人形を使って自分の前戯の仕方を披露する吾郎さん!!! 指が細くて綺麗なのもあってか、何かちょっとドキドキしてしまったのは私だけではないはず。思わず、宋先生も「想像したらドキドキしますね」と言ってしまいます(笑) 吾郎がどういう風に人形を使って実践してくれたかは・・・とにかく見てください! もう、未放送地域の方には本当に申し訳ないんだけど何とかして見てほしい。人形で「ゴーストポーズ」(映画) オチはお笑いも入れてさすがです、吾郎さん!

実践二つ目は、ADの親太朗くんが持ってきた女性の上半身裸体だけのマネキン。(顔、腕もなく腰から上だけの部分) 

宋先生 「スタッフのほうから、吾郎さんに(女性の)胸の愛撫を普段どおりに実践してくれと・・・」
吾郎 「バカじゃないの(笑)? こんなジャニーズはいないよ」

と、言いながらすでに実践する態勢になっている吾郎(笑) 照れることもなく、ふざけるわけでもなく本当に「普段どおり」に実践してくれる吾郎に惚れ直したファンも多いはず。でも、やはり実際の吾郎の手は毒リンゴのイラストで画面は隠されています。ちょっと、やはりそのまま放送すると生々しいでしょうか。お気遣いありがとうございます(笑)

最後は、女性の秘部の模型で女性の身体の仕組みを学びます。吾郎も小島さんも真剣に先生の説明を聞いていて、視聴者にも勉強になる話でしたね。ただ、思わず好奇心での質問が勢いを増してしまった吾郎は、「助走はいらないんですね」とか、「一回離れたほうがいいんですか?」と聞いてしまい、おや?!っと自分で興奮しすぎたかと気づき笑い崩れる吾郎(笑)

小島 「質問が具体的(苦笑)」
吾郎 「絶対、放送される(汗)」
テロップ 放送しちゃった (笑)(笑)(笑)

吾郎 「皆、聞きたいんだもん、男の人だって。間違いない、間違いない」
宋先生 「皆のためですよね(笑)」
吾郎 「国民を代表してSMAPが聞いているんです

お~い、他の4人のメンバーが聞いたらどう言うかなぁ(笑) きっと、上の二人はこの番組チェックしていると思うよ~。ぜひ、メンバーから感想を聞きたいですね。

| | コメント (13)

パエリアかビビンバか?

今夜の「SMAPxSMAP」は、いったいどうしたんだ!というぐらい面白かったですね。やっぱり、スマは群れてなんぼだなぁ(笑) なんだか、昔のスマップのふざけあいを見せてもらった感覚になって感無量です。今回ばかりは言わせてもらおう。「スマスマ」さん、ありがとう(笑)! もう、全編通して笑えたと思うので、こういうときは群れツボをメインに拾っていくことにします。

【ジャッジ・トーク】 ゲスト:向井理

ビストロに来られたときにスマップのメンバーの配役を自ら決めてくださったのが、来週ドラマとして放送されるわけですが、それを録り終ってすぐのコーナーゲストとなったらしい。なので、なかなか全員で楽しそうにトークが進みましたね。

・ オープニングで特技は耳を動かすこと・・・なのに、稲垣吾郎すべて持っていく(爆) 「上には上がいますね・・・」向井談
・ 向井くんの番で微妙な空気になり(あまり耳が動かない・・・)、吾郎の腕にすがりついて笑う乙女な木村(笑)
・ 【爆弾発言】 吾郎の今までつきあった人は、向井理くんと同じ血液型がO型なので、B型、AB型の人が多かったらしい(笑)
・ あまりの向井くんのかっこよい学歴に、隣の剛の首を絞める中居さん
・  「俺、スマップだよ!」 ラッキー認識一回目
・ 向井くんと同じく「何考えているかわからない人」が自分だと洒落にならないと自己分析の剛・・・そして、「スマップだからラッキー!」 二回目
・ 静電気に触れて驚く女性の仕草が好きな向井くんに、ジムのランニングマシーンを使っている女性は狙い目とアドバイスする変な吾郎(爆)
・ そんな女性にグッとくるのが自分だったらヤバいと被せる剛に・・・ラッキー三回目指摘は全員がスルー(笑)

女性が泣いていてうるんだ瞳を見るとグッとくるという剛。

 「わかったよ。じゃあ・・・結婚だろ?

隣の中居苦笑。「ないよな!そんなこと!」と焦って訂正させようとする慎吾。なんだ、こいつ(笑)という木村。耳まで赤くする剛をじっと見つめる吾郎。この、吾郎の表情で私、語れますが・・・控えます(爆)

【ビストロ】 ゲスト:綾瀬はるか

来たよ、かわいい天然ちゃんが(笑) ここでも、剛が天然で、これまた天然の吾郎をキレさせるというおもしろい画が見れました。三人三様の天然っぷりが、ものすごく良い感じで出てきて大笑いしてしまったわ。ビストロがペア戦に戻った意義は大きいですね。

スマップと大縄跳びがしたい!というはるかちゃんに、一瞬絶句のスマップ・・・なのに、「やりましょう!」と乗っかる剛。吾郎の肩越しから「えぇ?!」という感じだった木村くん、ここはツッコミどころと出てきてくれたのが楽しい。なかなか、今回のペア(木村、剛)は上手く回っているようです(笑)

本当に大縄跳びをするスマップとはるかちゃん(笑) これが、中居くんの言うようにアラフォーの男性には30回連続跳びは結構厳しいと思うのですが・・・やはりスマップだったなぁ。体力とか運動能力とか飛び越えて、気力で成功してしまうのがスマップなので。微笑ましくて笑えるところだったんですが、すごく感動したのも事実。グループのパワーってすごいですね。

試食のコーナーでは、もうツヨゴロの「君たち、子供の口喧嘩かっ!」と言いたくなるほどの言いあい合戦が見もの。

吾郎 「韓国風パエリアです」
 「ビビンバですよね?」 
吾郎 「(パエリアの説明をしたあとに) ばぁかっ!」 (笑)(笑)(笑)

吾郎 「パエリアです」 (サーブしながら)
 「ビビンバじゃん(笑)」
吾郎 「パエリア風ビビンバです」

吾郎 「ここからです」
慎吾 「ビビンバ風ビビンバに変わります!」
吾郎 「味方だろっ(笑)」

剛のひとくち辛口を隣で戒める木村くん。剛のしつこい(笑)難癖に言い返すも面倒になってきて、年下の慎吾に甘えるように「どうにかしてぇ」とすがるような目で訴える吾郎。なんか、いろいろコンビ萌えがあちこちに落ちてましたけど(笑)? ただ、ペア戦になると中居オーナーは、やっぱりちょっと一人だけ蚊帳の外に感じてしまうんでしょうか。何も口を挟まなくなるオーナーが戻ってきてしまった(苦笑) これ、どうしたらいいんでしょうか・・・中居くんも交えて、オーナー交代制にしたらいいのかなぁ。

最後の歌も、スマップの♪not alone♪を違うセットで見せてくれるのも嬉しかったですね。何度見ても素敵。新曲が出ても、すぐにゲストを呼んでスマップだけの歌が見れなくなるのが常だったのを、ちゃんと見せてくれるだけでありがたいです。吾郎の前髪をおろす具合が踊ると右目に落ちる感じなのがすごくセクシー。ソロの途中で唇を舐める様子がグッとくる。以前ここで言及した♪やさしくなりたい♪の部分をちゃんと歌う吾郎(笑) そして、毎回思うけど5人固まって♪ぬくもり抱きしめて♪の画がすっごくすっごく好き(笑)! 最後、少し照明が落ちたときの吾郎の切ない色っぽい表情が素敵です。

しかし・・・今夜のスマスマの殊勲賞は、剛だな(爆)

【お知らせ】
こちら「chateau de l'ange」のお花企画にご参加してくださった方。
大阪千秋楽に吾郎に贈る花束と一緒に渡すメッセージの締め切りを5月30日までに延期にして頂きましたので、是非ひと言でいいので企画されたお二人にメールにて忘れずに送付ください。

詳細は、「ANGEL BBS」 「ぼっちゃま」お花企画のトピをご参照ください。

| | コメント (11)

稲垣吾郎会見不在の理由

週末から続いている一連のSMAP中国公演にもとづく報道に関して、どうしても書いておかなければならないことがあるので記事にさせて頂きます。

『中国の温家宝首相は21日、日中韓首脳会談への出席のため、政府専用機で来日。同日夜に東京都内のホテルで、今秋に北京でのコンサートが予定される人気グループSMAPと交流。「歌で友情の種を植えてほしい」と呼びかけ、日中友好ムードを高めた。』 (サンスポ5月22日付け)

すでに皆さん、新聞記事やテレビ報道で映像を見ていると思いますが、そこに稲垣吾郎の姿はありません。ファンならもちろん知っていますが、21日は吾郎は主演舞台「ぼっちゃま」のためパルコ劇場で昼、夜公演と日程が埋まっていました。なので、温首相との会談には欠席せざるを得なかったわけです。このことは、当然温首相を始め会見の場におられた各関係者には伝えられていると思います。

会見の場でも、木村くんがしっかり吾郎不在のコメントを出してくれています。

『木村は「本当なら5人そろって出席したかったのですが、稲垣の舞台公演があり、4人という形になってしまいました。今日、5人が出席できなかった分は、9月の中国公演でスッキリさせたいと思います」とコメントした。』 (同サンスポ記事)

ところが・・・吾郎不在理由を記事にしてくれたのは引用させて頂いた「サンスポ」と「スポーツ報知」のみ。翌日から延々と流れるテレビ報道や芸能ニュースでも一切触れていません。テレ朝の某芸能ニュースでは「なぜいないのか」と言及するも「草なぎさんは欠席なんですか?」と名前を言い間違えるというアナウンサーにあるまじき発言をしたのには苦笑するしかないです。(この記事をあげる段階で、TBSが木村くんのコメントを使ってくれたみたいですね。)

吾郎が舞台で会見に出席できなかったのは、お仕事なので仕方ないですし気になりません。ただ、不在の理由をどこもかしこもが、まるで「稲垣吾郎がSMAPのメンバーにはいない」ように触れずに報道するのはいかがなものか。世間の声を拾ってみると、ものすごく大勢の方が「どうして、吾郎ちゃんはいないの?」と疑問に思っています。視聴者を無視するような報道の仕方には異議を唱えたいと思います。

あとひとつ。書きたくないけど・・・事務所は、おそらくどのように報道されているか認識していると思います。SMAPは4人だというようなニュースが中国にも報道されていることに何も感じないのでしょうか? 事務所からの対処も早急にお願いしたい。

| | コメント (14)

異色のジャニーズ深夜番組

予告どおりのすさまじい放送回だった「ゴロウ・デラックス」(笑) これは、女性は賛否両論だと思いますねぇ。深夜番組だから路線はOKだと思うのですが、吾郎をどこまでその企画に絡ませるかは重要且つ危険なポイントだと思います。まぁ、ご想像どおり私は先週の放送よりは数倍楽しんでしまいましたが(爆)

今夜のテーマは、ずばり!SEX(笑)

もう、伏字は諦めました。どうあがいても、吾郎が何度となくあの美しい唇に乗せるので・・・いいでしょ(笑)? フォントを大きくする必要があるのかどうかはわかりませんが、もう開き直りですよ、開き直り。ジャニーズの壁を越えて、吾郎がここまで話してくれるのなら、ファンの私が伏字にしてどうするよ!と思った。これが、「異色のジャニーズ、稲垣吾郎」ならファンも「異色のジャニーズファン」で突き進むしかない(笑)!

吾郎と小島さんの今回のオープニングトークは、まず吾郎の舞台「ぼっちゃま」の宣伝から。(どうもありがとうございます!) 喉を使いこんでるんじゃないかと心配してくださる小島さんに、「声帯が太くなっちゃって」という吾郎がスタジオで舞台のときの発声をしてくれます。なかなかお腹から声が出ているようで、普通に話すと少し声が掠れちゃうとか。ここで、また小島さんが吾郎ファンの気持ちに乗っかって、「吾郎ちゃん、掠れ声もセクシーheart01ってツイッターで呟かれていると思います」と言ってくださいます。さすが、ツイッターをやってらっしゃるだけはある。しっかり、リアルタイムのTLで流れまくってましたね(爆)

吾郎 「なんか、僕のファンの子の真似好きですよね(笑)?」

このコメントにファンとして萌えたのは私だけですか(笑)? 「僕のファン」「僕のファン」「僕のファン」・・・たった、これだけのことが嬉しかったよ、吾郎。

ここで、舞台の疲れを癒してもらおうとティータイム。ADさんがワゴンに乗せてティーセットを持ってきてくれた・・・と思ったら、なんと前番組「哀愁探偵」でご一緒してくれていた親太朗くんじゃないですかっ! 本当に少しだけ絡む程度でもったいない使い方だった感は否めないけど、毎回少しだけでもこうやって絡んでくれると嬉しいかも。過去の稲垣吾郎一座のメンバーがこんな感じでちょっと参加してくれるようになってもいいよね。(あくまで、サラリとオープニングだけ(笑)) そうやって、いつか一座大集合の特番を作ってもらうんだ!

チョイスされたティーは、マリージュ・フレールの『エロス』! 吾郎が大好きな紅茶らしいですが・・・ちくしょ~、これはフランスの紅茶だよ(笑) 確かにイギリスの紅茶とはまた違った繊細さが出ている紅茶ですね。私は、断然『マルコ・ポーロ』が好きです。『エロス』は飲んだことないなぁ。今度試してみよう。吾郎曰く、アールグレイ系だとか。ちなみに、私が毎日飲んでいる紅茶は『アールグレイ』ですので、ちょっと共通点(笑)? 

第五回課題図書 『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』 宋美玄著

Photo_33 これが、またすごいストレートな本で40万部も売れているのに驚きです。女医さんならではのポイントが何かタメになりそうな感じなのかな。私は、イラストが誰が描かれているんだか気になったんですが(笑) スタジオには、もちろん女医である宋さんが来てくださいます。お見かけした瞬間、吾郎が「印象が違う」と思ったらしいですが(もっとエロスな感じだと思ったらしい(笑))・・・私は、ちょっと漫画ヲタさんのような(良い意味で)印象を受けました。話し方も女医さんというよりは、何かオタクっぽさを醸し出す方ですよね(爆)

吾郎
 「おもしろいんですけど、ただ、これ(SEX)をテーマに、この『ゴロウ・デラックス』をやるっていうのは、ジャニーズにとってもハードですよね?」
小島 「ハードですよねぇ。だいじょうぶ? 吾郎さん、今日、肝心なときになったら黙りこむとかやめてね」 (笑)
吾郎 「喋ってもいいんだけど、上手く編集してくんないんだもん。全部使っちゃうんだもん」

テロップ だって、おもしろいんだもん

(笑)(笑)(笑) これは、前番組からずっと続いているスタッフの容赦ない感じが受け継がれているんですね。当然、番組としておもしろいところは使っていくでしょう。ジャニーズとか関係なく、稲垣吾郎のおもしろさを理解しているスタッフが故の選択ですよね。

吾郎 「もう、でもいいですよ、もう。全然、隠さないで話しましょうよ」

こういうところが、私は吾郎が好きなんです(笑) 今回の放送、おそらくファンはまだしも世間一般の方のほうが見ていて驚いたと思います。「いいのか?稲垣吾郎?!」 「スマップクラスになるとOKなの?」とか、いろいろ拾ったぞぉ(爆) 相変わらず、男前な吾郎です。

言ったからには、期待は裏切りません。朗読タイムでは、照明の落ちる中これこそ本当に伏字どころか書けない箇所をサラサラと読む吾郎。女医さんが書かれたということで人体的な面からというのはわかっていても・・・結構、すごい文章なんですが、少し照れた様子でもしっかり読んでましたね。あまりに具体的な箇所を吾郎自身が読むので、すみません・・・思わず吾郎の口元凝視してしまった、ダメダメな私です(汗) 

今から見られる方にアドバイス。今回の放送、絶対に一人で見たほうがいいですよ。間違っても、家族で一緒に見てはいけません! 自滅します(爆)

このあと、小島さんの朗読が終わり、お二人のセックスライフを言及することに。

小島 「吾郎さん、10代20代のときとかSEXに関する悩みとか疑問とかってどうしてたんですか?」
吾郎 「10代の頃とか、僕はデビュー当時なんでSEXはしてないですよね。アイドルはしないんですよね(笑)」

もう時効は過ぎたとは言え、ここは事務所の後輩くんたちのためにもこう言うしかないよね。ですが、リップサービスも忘れません。

吾郎 「突然、最近し始めたみたいな(笑)」

これには、女性お二人とも無言で爆笑(笑) 吾郎さん、攻めてきます。でも、ずっとふざけないところが、こういった話題をとりあげても下品にならないポイント。稲垣吾郎の番組だからできることっていうのを改めて思った。ちゃんと小島さんが最初に質問したことに、真剣に答えている吾郎がいます。そこに、きゃーきゃーとギャル反応をせず、大人な対応で面白く進められる小島さんがいて番組がしまっています。これは、この二人じゃないとこういうカラーは出ないなと思いましたね。

この番組でも言っておりましたが・・・世の男性たちに言っておきたい。AVを見るのはいっこうに構いませんが、それが全て、正しいやり方、女性のリアクションと思わないで頂きたい。たまにいるよね。AVどおりにならなくてキレる男。出直せ!って言いたくなる奴ら(笑) 

最後に吾郎が、また爆弾落としていきます。男性たちの大半が好きなAVを吾郎はあまりいいと思ったことがないらしい。

吾郎 「他の男の人たちと、僕は価値感が違うのかなぁって思うことがありますね」
小島 「じゃあ、何に欲情するんですか?」 良い質問だ(笑)!
吾郎 「そういうビデオの中でも、男女が恋人同士みたいに仲の良い感じで行為が行われるのが結構好きかも!」

・・・それだったら、別にAVじゃなくて普通に映画とかドラマでよくなくない(爆)? 

報告: 吾郎さんは、AVビデオでは別に欲情しないし好きでない(笑)

吾郎の場合は、相手の反応を見ていて自分が上手くなっているんだと自覚するらしい(笑) 自覚させてあげたい(爆) ダメだ、今回の放送は真面目な吾郎ファンには受け付けられないと思います。そして、いかに自分がどうしようもない奴か自覚するので、感想はここまでにしておこうと思います(笑) あっ、ひとつだけ苦言を置いておきます。CM前にクライマックスのカットシーンを流さないでください! 本編見る前に先が見えて、楽しみ半減します! CM前の煽りはある程度必要だと思うけど、そのまま使うのはどうかと思いますよ~。

| | コメント (10)

ナルシストの何が悪い!

今夜の「SMAPxSMAP」は、特に文句があったわけでもなくつまんなかったわけではないのですが・・・どうして、こうテンションが個人的にあがらなかったんだろう(苦笑) こんな風に感じたのは私だけですかね。それなりに、笑えるところもあったんだけど、語れない。なぜ(笑)?

まぁ、それでもツボはやっぱり拾っておこう。寂しすぎるので。スマップのヴィジュは相変わらず、全員絶好調です。これだけでもありがたいか(笑)

ビストロのゲスト北川景子ちゃんが、可愛くてよく食べるのが好感が持てた。以上!じゃダメなんですよね(笑) だから、とにかく絞り出します。景子ちゃんが選ぶスマスマの過去のコントは、もう彼女の個人的なツボどころがわかるチョイスで。本当にVTRを見て一人きゃっきゃっと笑っているところを見ると、コントで「スマスマ」に出演したいというのは本当なのかもしれない。いや、確かに昔の「スマスマ」のコントはおもしろかったよねぇ。なんで、今やらないんだろう。

そこで・・・『もし、北川景子さんとSMAPがコントで共演するなら』

恋人 - 
元彼 - 吾郎
主人公に気がある上司 - 中居
恋愛相談をするお姉キャラ - 木村
恋敵 - 慎吾

これだけ並べると、どれが損な役回りなのかわかりづらいのですが・・・景子ちゃんによると、一番おいしいのは木村くんの「お姉キャラ」らしく、一番絡まないのが「上司」役らしい(笑) 慎吾には、景子ちゃんの中でコント2位だった柴崎コウちゃんのキャラでやってほしいのだとか(笑) そして、吾郎には「ナルシストだけどすべっちゃう、若気のいたりでつきあっていた彼」という設定らしい(爆) いいじゃないですか。役者魂見せてやれ、吾郎! あなたなら完璧に演じることができるし、やりきってくれると思う。

ちょっと流れでこのキャラが吾郎か・・・となったときは若干落ち込みそうになったんですが、景子ちゃんの話を聞いていると、コントが好きな彼女がしっかりそれぞれが演じてくれるだろうと考えての配役だとわかったので浮上したかな。それに、吾郎の水餃子も「おいしい」とたくさん食べてくれてましたしね。

景子 「おいしい。持って帰りたいな」
吾郎 「是非」
中居 「なんでしたら、稲垣さんも持って帰ってよろしいですよ」
景子 (笑)
吾郎 「僕をどうぞ」 プリンスポーズだわぁheart04

どうやら、コントの配役にすでに入ってしまった吾郎(笑) 「もう、(コント)やる気まんまんですから」 (笑)(笑)(笑) これは、向井くん配役のドラマ同様、本当にコントにしてきそうだな・・・スマスマスタッフなら、自分たちで考えずおいしいところ頂きそうじゃないですか(毒) あぁ、なんでこんなに今回スタッフに辛口かと言うと、景子ちゃんの配役決めなんかより一番手の吾郎の料理が、二番手の慎吾の料理より上のまま1位だったことにクスリとも笑わず残念そうな空気のスタジオの雰囲気を私が読んだからです。『TV LIFE』で吾郎が言っていた「何気にスタッフが僕が負けるのが楽しそうなんですよねぇ(苦笑)」に殺意を覚えたので(怒)

『本当にいたダメ男』は、剛の番でレディ・ガガ男(笑) やりきった剛に拍手です。このコーナーは、やっぱりドラマVTR後の全員のトークが最高ですね。なんで、毎回一話分しか流さないんだろう。もっと固めて見せてほしい。吾郎のも楽しみにしていたのに。今回も、吾郎はどっかいってたかほとんど話してない(笑) でも、木村くんの「海外の女性はノーブラ」のくだりで自分の母親を想像して複雑な顔になる中居くんに、「想像してる(笑)」と木村くんにチクる吾郎が可愛かったのと、そのあとの2TOPのやりとりが何とも言えずおかしかったのがツボですね。吾郎が間に挟まれて、困ったように手を額にやって笑っている様子に・・・「君がチクったんだよ(笑)!」とツッコミたくなりました(爆)

『ちょっとだけ会いたい人』は・・・ノーコメントで。これなら、アンガールズの田中さんのときのほうが断然おもしろかったですね。「叩いて被ってじゃんけんポン!」の乱用禁止だわ(苦笑)

そして、最後の歌ですがEDトークがちゃんとあって、慎吾とありさちゃんの過去共演したドラマでのキスシーンで覗きにきた中居くんが一番照れていたという楽しいエピソードが聞けたのは良かったのですが・・・ありさちゃん、ごめんなさい。やっぱり、『not alone』はスマップだけでもっと見たい(笑) まぁ、でもお人形さんのようなスタイルのありさんちゃんを囲んで歌うスマップも素敵でしたけどね。なんせ、スマップさん本当に皆ヴィジュがいいのよ。吾郎の美しさには、うっとりだったわ(笑)

あっ・・・結局、全部書いちゃったよ(苦笑) ツボだけ拾っただけなんですけどね(笑)

| | コメント (14)

ゴスロリ吾郎さん

今週の「ゴロウ・デラックス」は、巷でいきなりテンションが下がったと言われていて見るまでは心配だったのですが・・・確かに、VTRの部分が多く、トークが少なかったのは問題だとは思います。でも、こういう回があってもいいのかなと。先週が、なんせ暴走だったので(笑) 普通に情報番組のようで、そこに吾郎と小島さんのコスプレが入って深夜番組になったという感じでしょうか。まぁ、確かにスタジオトークであまり笑えなかったのは残念ですよね。

オープニングトークは、吾郎の10年ほど前に出版されたエッセイ『馬耳東風』を課題図書にして朗読してくださいという視聴者からのおハガキを紹介。これ送った人、すごく多かったと思いますね。私も同じこと考えたので(笑) ただ、最新の本ではないのでサラリとオープニングだけでひとつのエッセイを小島さんが読んでくださっただけになったのは非常に残念! この本、もう手に入れるのが実は難しくて、これを機会に増刷してほしいとさえ思っているので。

ピックアップされたエッセイは、「唇の記憶」。吾郎が若干24歳のときに書いた文章は、ものすごくセクシー。「男性が女性の唇にキスをするとき」というテーマなんですが・・・

吾郎 「僕は個人的には、上唇(を包み込む)が好きです」

(笑)(笑)(笑) 小島さんが、またまたファンを代弁して、「きゃーheart01 吾郎さん、素敵~heart04」とやってくださいました。いつも、ありがとうございます(笑)

小島 「随分、おませさんですよね?」
吾郎 「ませてますよ。だから、こうなっちゃったんですもん」

お~、お~、開き直りかよ(爆) 24歳にしてこの文章を書いたことに驚く小島さん。それが、稲垣吾郎なんで(笑) そして、そんな吾郎に惚れて十何年ファンやってますよ。また、エッセイ書いてくれないかなぁ。本当にお願いしたいですよね。きっと、現在の吾郎ならではの文章がまた素敵なカラーとして出てくると思いますね。

小島さんのほうは、またもや『週刊プレイボーイ』からでアナウンサー時代のときの理想の男性のタイプ。目と歯が大事という小島さんのコメントですが、最後に「立派な永久歯」という箇所を読んだ吾郎が、口を横に広げて歯を見せてくれるのがかわいい。そのあとの、冷めた目で隣の小島さんを見るのが最高です(笑)

同期の堀井さんのコメントが、アナウンサーとして完璧だと嫌になる小島さん。

小島 「くそっ!堀井!」
(笑)(笑)(笑) これが噂の毒舌小島?! おもしろいので、もっと出してください(笑)

第四回課題図書 『世界カワイイ革命』 櫻井孝昌著

Photo_34 この後、ゲストで作者の櫻井さんが来てくださるのですが、なんと外務省から依頼を受けて世界各地に日本文化を紹介されているそうです。その中で、日本のアニメ、ファッションがとても人気があることに気づかれたとか。なかなか興味深いお話で、世界の様子はまだしも櫻井さんのお話はスタジオでのトークでお願いしたかったですね。それなら、もっと吾郎や小島さんが絡めておもしろくなったと思うのに・・・ここが、残念なところかなぁ。

櫻井さん自身は、オタクの理解者であってタイプは小島さんのような知的な女性が好きであるということで、ちょっと嫉妬する吾郎(爆) そうだよねぇ~、今まで男性のゲストの方が来られても皆さん吾郎にロックオンだったもん(笑) でも、これが普通だから(笑) それでも、「カワイイ」という日本語が世界で人気があるという流れで、大人の男性にも使われるという話から、小島さんに「吾郎さん、言われるでしょ?」と聞かれ戸惑いながらも認める吾郎に・・・

櫻井 「カワイイですね

照れて俯いてしまう吾郎に、「これが日本的ですね。奥ゆかしくて」とさらに乗っける櫻井さん(笑) 今日一番の、吾郎の「カワイイ」笑顔を頂きました。ありがとうございます(爆)

そして、最後に大きな萌えがやってきた(笑) 小島さんが女子高生の制服で、吾郎が「ゴスロリ」(ゴシック&ロリータファッション)の格好をしてくれることに。いやぁ、お二人とも似合ってますよ。吾郎なんて、あまりの違和感のなさに笑ってしまうほどです(笑) 個人的には帽子はなしで、ちょっと椅子に肩肘つけてポーズをとってほしかったなぁ。吾郎って、基本フリルが似合うよね(爆)?

この番組は、トークは大事。そこは、今後はずさずお願いしたい。それだけは、今回の放送を見て伝えたいですかね。

| | コメント (5)

らいおんハート

何気に今夜の「STOP THE SMAP」の木村くんへのキャッチボールスマップは、吾郎からのメッセージだと聞いていた。今回も、二人の世界まっしぐらか・・・いやいや、毎回そんなおいしいことにはならないよね?なんて思っていた私が大馬鹿者でした(爆) やっぱり、この二人最近おかしいよね(笑)? ということで、しっかりこちらを即レポしておきます。

吾郎 「ど~も、稲垣です。木村くんでしょうか? え~と、この番組でもず~っと、ねぇ、3年ぐらい前から「ゴルフ、行こうよ」みたいな(笑)キャッチボールトークをしつつ、3年ぐらいなかなかそれが叶わずに、ファンの方から「吾郎ちゃんと木村くんがゴルフ行ったお話、まだぁ?」(木村:うん)みたいな感じの(木村:うん)ムードだったのに(木村:うん)、去年の年末から3回ぐらい(木村:うん)行けるようになって!突然!(木村:はい) そうなんですよねぇ、まぁ、良かったなぁと思うし、まぁ、ほんとに、ねぇ、楽しく一緒にプレイさせてもらっているんですけども。(木村:んふふふふ) うん。(木村:プレイさせてもらってるって(笑)) でも、ちょっとあれですよね。ここんとこ、また木村くんが忙しくなってゴルフどころじゃないですよね。ドラマのほうが、ねぇ、入っちゃってるんで。(木村:ふふ) 極寒のロケ地に行ってると思うんですけども。そう言えば!あったかいやつ、見つかった? (木村:なんだ?) なんか、「あったか下着(木村:あぁ!)どこで買えばいいんだよ(笑)!」みたいな感じで、ちょっと(笑)、僕は聞かれた記憶があって。僕がたぶんそういう下着とか、あったかい服とかそういう情報をいっぱい知っているんだなぁって思われていることが、非常に嬉しかった感じだったんですけども。(木村:うひゃひゃひゃ(笑)) ねぇ、あったかい、そういう、なんか(木村:嬉しくなるポイントじゃないと思うんだけど(笑))、ねぇ、最新の技術の下着は見つかったんでしょうか? ねぇ、寒くなく、ちゃんと防寒して撮影のほうに、こう挑むことができているでしょうか。ねぇ、撮影のほういかがですか?」

吾郎、優しいねぇ。でも、最初、またゴルフ話の続き?と思ったら、いきなり「あったか下着」の話題になって驚きました(笑) しかし・・・毎回、木村くんはご丁寧に吾郎のメッセージの合間に相槌打ったり、茶々入れたり楽しそうですなぁ。今回も、吾郎の声が聞こえる前に吾郎って思ってたよね? もう、声弾んでたもん(爆)

木村 「はい、なんか・・・ねぇ。いや・・・ゴルフのなんか話でいくのかなぁと思いきや(私と同じこと言ってる(笑))、そこが入口として、えぇ~、「暖かい下着は見つかったかな?」(吾郎の口真似(笑)(笑)(笑))っていう。これ・・・どういう感じっすかねぇ。そして、その、どこで言っているかっていうのを、「僕に聞いてくれた」っていう、その、吾郎が嬉しかったって、そこ喜ぶポイントじゃないと思うんですけどぉ」

あのぉ~、言っていることと声音が真逆ですぜ、木村さん(笑) 声・・・むっちゃデレデレやん(爆)! もう、このときの木村くんの表情が簡単に想像できるぐらいのデレ声でしたわ、はい(笑)

木村 「あのぉ、改めて、ここで公言させて頂こうと思うんですが、え~、俺と吾郎は別につきあってませんからね! で、吾郎、別にそういう人でもないですし、女の子大好きな人なんで。え~、まぁ、そういう関係ではいっさいないんですけどもぉ」

だから、なぜにいつも言い訳みたいなことをファンにあなたはわざわざおっしゃるんですか(笑)? えぇ、確かにお二人のキャッチボールは萌えて聞かせてもらってます。それは、ファンの勝手だよね? でも、頭の奥の冷静な部分では、吾郎はいつも普通に木村くんのことを気遣ってメッセージを残している優しいメンバーっていうのも認識しているわけですよ。それをですね、木村さんが、毎回毎回わざわざ「俺と吾郎は付き合ってない」「吾郎は、女の子大好き」とか言うからおかしくなるんです(爆) 言わなきゃ、普通の人はそんなこと微塵も思って聴いてないと思う。だって、同じスマップのメンバーでしょ? 言い訳をする=あやしい・・・って思うファンが増えても仕方ないと思うわ(爆)!

このあと、ちゃんと吾郎の聞いた「あったか下着」について丁寧に答える木村くんがいました。ここは・・・私のブログ記事ではすっ飛ばします(笑) 木村ファンの方が、もしこちらのブログを検索で引っ掛けて来られたら、申し訳ないですがしっかり完レポされているまともなブログに訪問し直してください(爆) 

最後に毎回話す『キャッチボールスマップの木曜日、誰と誰にどんなキャッチボールをしてほしいか書いて送ってください』という部分に疑問を持つ木村くん。これは、だいぶ前に私も同じことを思ったので彼の意見を聞いてみましょう(笑)

木村 「でもさ、これ、いつもさぁ、キャッチボールトークの、そのぉ、キャッチボール投げるほうってさぁ、これを参考にしているんですか?ちゃんと。なんか、そのつど、そのときの思いつきで話しているのが若干匂ってくるんですけど。どうすかね? ちゃんと、こういうの参考にしようね。皆からのメッセージね」

疑問に思うということは、木村くんもファンからのおハガキをキャッチボールの参考にしたことがないってことだよね? 確か、以前同じ疑問を持ったとき、キムゴロさんに「それぞれの大好きなところを語ってください」とか聞いたら話してくれるのか?とブログで書いた覚えがある。今なら、そんな生ぬるい質問しないわ。ここで、書けませんけど(爆)! 皆さん、ガンガン送ってあげてください(笑)

| | コメント (12)

5人だけの意義

ビストロから始まる「スマスマ」を見せて頂いて・・・「今回は感想UPしなくていいかな」って正直考えてた(笑) 別にゲストの方たちがどうとかじゃないんです。ビストロは、いろんな分野からのお客様を招くというのでいいと思うので。特に私は日本にいないので、この番組に出演されるバラエティ豊かなゲストを拝見して、日本で誰が話題になっているか認識しているので。私の中では、この「ビストロスマップ」に出て来れる人こそが有名人。つまり、「ビストロスマップ」は芸能界の登竜門なんですよ(爆)

ただ、ビストロコーナーで、「叩いて被ってじゃんけんポイ!」はいらないよね(苦笑) それも、あの面子でやっておもしろいわけがない。途中でスマップが参加してくれて何とか企画ギリギリ成功になったけど・・・普通にトークでいいじゃん? 余計なものを入れすぎなんですよねぇ。まぁ、特に語るところはないけど、ゲームでミッツさんに負けてシェフ帽がはずれ、無造作に前髪がパサリと乱れる様子の吾郎の色っぽさを見れたのは得した気分(笑) セットしていないと、前髪は昔と同じで結構長いんですね。萌えるわ~、吾郎ちゃん(笑)! あとは、最後勝利した木村くんの男前なキスぐらいでしょうか? 端で「木村、やれよ」と目が訴えている中居くんや、他人事で笑い続ける吾郎の可愛さを記録に残しておきたいと思います(笑)

どうするんだよ、今回の「スマスマ」! 語れなくて終わっちゃうよと思ったら・・・後半にやってきた(笑) 「本当にあった恋の話」の変則ヴァージョン、「本当にいたダメ男」。これ自体はどうってことないのですが、なんとゲストを呼ばずにスマップ5人だけでVTRを見てトークするという構成に変わっていた! 「スマスマ」すごいじゃん! やればできるじゃないか! なんで、これを前からやってくれなかったのよと。自然に5人で楽しそうにトークが回る様子に涙が出そうになったわ。やっぱり、これだよね! このコーナーだけで語りつくせるわ(笑)

まず5人の座り位置ですよ。左から、慎吾、剛、木村、吾郎、中居というベストポジション(爆) これは、中居くんもトークが回しやすい。ドラマVTRの収録を済ませたのは、木村くんと吾郎と剛。

中居 「どうでしたか?ダメぶりは」
吾郎 「僕は、結構慣れているんで、このダメ男。僕と思って見ないでほしいですね」
中居 「それは、難しい~なぁ」 (笑顔にっこにこで吾郎を見る中居さん)
吾郎 「オイオイ」 (笑)
(とりあえず、かる~くナカゴロ頂きました)
慎吾 「不思議だよね?吾郎ちゃんだけ、なんか吾郎ちゃんに見えてくるんだよねぇ」
中居 「それぐらい・・・」
慎吾 「上手い、上手いってことですよね」
木村 黙って頷く
 「自然なんだよ」
中居 「自然ってことですよね」
吾郎 「えっ?これは、褒められてるってこと?」

そうだよ、吾郎(笑) あれだけ、「たまには、僕のことも褒めてほしい」とスマップのメンバーへお願いを出していたのに、いざ素直に全員から褒められるとボケちゃう吾郎。やっぱり、吾郎も案外照れ屋だよね(笑)

このあと木村くんに振る中居くんですが、木村くん自身は「ダメですね」との感想。そこで慎吾が、「木村くんはダメなところがないのに」と続き、木村くんが吾郎の真似で「オイオイ」と(笑) 素晴らしい流れが自然にできております。そして中居くんが最後に剛に聞いてみると、「僕もダメでしたねぇ」と言うと、慎吾が「う~ん、ダメだろうなぁ」というお決まりのパターンで流れを作ります。剛は、ここで「オイオイ」と言うべきだったんじゃないの?皆、待ってたよね(笑)?

今回は、木村くんの「ONE PIECE好きすぎる男」のダメっぷりドラマだったんですが・・・これ、メンバーだけで見るのは演じた人は恥ずかしいかもしれませんね(笑) すっごい近い場所で全員のリアクションが見えるのって、見ているメンバーも心地悪いかも。でも、VTR後のトークがスマップだけで盛り上がるのはやっぱり楽しい。ちょっと、昔の歌あとのEDトークを思い出しましたね。男がオタクっぽく嵌る趣味のトークになり、剛はジーパンだという流れで木村くんがいい振りをしましたねぇ。ここで、剛の爆笑「彼女への怒り三段階」台詞が素晴らしかった(笑)

 「お前、何こぼしてんだよ!」
 「お前、何洗ってんだよ!」
 「お前、何こすってんだよ!」

もう、最後のほうは言わなきゃいけない流れになっていたけど、中居くんが「かっけ~」と囃し立て、木村くんが大喜びで、吾郎が足を組んだまま優雅に笑い、慎吾が呆れ顔をするという、SMAPのゴールデントークが蘇ってきて嬉しくなりました。まさか、「スマスマ」でこれをまた見せてもらえる日が来るとは思わなかった。本当にありがとうですよ。

ただ、「神」とまでは言えなかったのは、すみません・・・中居くんと吾郎のコメントのカラーが逆なのが気になって。しつこいようですが、中居くんがブルー、吾郎をピンクにしてもらわない限り満点は出せません(爆)!

そして、最後の歌「not alone」のスマップは文句なしですね。白い衣装で、バックもとても綺麗だったと思います。衣装は、「カミスン!」仕様ですね(笑) 今までの中で、一番吾郎が笑顔が多かった。すっごく可愛い!そして、美しい(笑) もう、最近「美しい」しか言ってないけど、真実だから仕方がない。この曲は、CD化されていないわけですから、もうしつこいぐらい毎回毎回「スマスマ」でかけてもらって構わないです。衣装が大変なら、もう私服でいいよね? ・・・そのほうが萌えるかも(笑)

余談ですが、「本当にいたダメ男」の5人が座っていた椅子ですが、中居くんなめからカメラが撮っているときに、キムゴロさんだけ二人がけソファかと空目しました(爆) 


【お知らせ】
吾郎の舞台「ぼっちゃま」が5月7日から始まりましたが、こちらでお花企画を立ち上げさせてもらい、サイトーさんとaquaさんが舞台初日に素敵なローズピンクの薔薇のアレンジメントをしてくださいました。

参加された方もそうでない方も、是非雑談BBS「ANGEL BBS」までお花の画像を見に行ってください。
とっても素敵ですよ!
素敵なお花を選んでくれたお二人に、そして参加してくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。
大阪千秋楽まで、何度かお花を贈ってもらうようになっています。
最後まで、楽しみにしていてください!

| | コメント (9)

「ほんっとに疲れてるんですけど」

お疲れモードは続きます(笑) 「スマステ」での「月イチゴロー GWスペシャル」。今回は、「Mステ」のような生放送でもないし、二時間も拘束されているわけではないのですが(いえ、放送は短いですが1時間ぐらいはガッツリ語っているとは聞いていますが・・・)、舞台稽古追い上げ時期だったようでお疲れ度MAXです。気心しれた大下さんとで、お疲れな様子を隠しもせず今回は輪をかけてバッサリの吾郎さんでした(笑)

そんな「月イチゴロー」のPVのようなオープニングが、何気にマイナーチェンジしているのがツボ(笑) 冒頭は、薔薇の花びらが舞い落ち、吾郎さんの足組みまで見せてもらえるというもの。このPV・・・じゃない(笑)、オープニング撮影ってまだ未公開の部分あるのかしらん?完全版見せてほしいわ~。

そして衣装は、かなりフォーマルで本当に貴公子のような吾郎さん。大下さんが、しっかり舞台「ぼっちゃま」のことを振ってくださり軽く宣伝を入れてくれた「スマステ」さん、ありがとう。ちょうど、放送日が舞台初日と重なったわけで、ゲストの勘太郎さんから「おめでとうございます」というご親切なコメントが入ります。しかし・・・吾郎はもう疲れまくっていて、声のトーンが低いこと低いこと(笑) そんなお疲れ吾郎に、スタッフが用意してくれたのは癒される筍ごはん。

大下 「稽古で疲れた身体にはピッタリですね」
吾郎 「うん、なんか癒されます」 眉根寄せて、ほんと疲れてる吾郎(汗)
大下 「ぼっちゃま、頑張って!」
吾郎 「(苦笑いで)がんばるよ・・・」
慎吾 「どんだけ疲れてるんだよ!

思わず慎吾が言ってしまうほど、画面から吾郎の疲れが滲み出てくるようです(苦笑) 実は、こういう吾郎は非常に珍しい。どれだけ疲れていても、ほとんど表に出さない人なので、前日の「Mステ」の様子だけで実は結構驚いていたのですが・・・今回はその上をいくほどのお疲れモード(汗) 吾郎がこれだけ出してしまうということは、相当きついんだと見ておいたほうがいいと思います。お仕事とは言え、本当にごくろうさまです・・・ぼっちゃま(笑) と、思わず労って言いたくなるほどのけだるさ全開の吾郎。・・・ごめん、萌えたわ(爆)

それでも、ランキングへと当然通常通り進行します。疲れていたからなのか、加減が効かず結構言いたい放題になっていますが、なんかセクシーなのよねぇ。疲れている吾郎に「S心」出すところではないとは頭ではわかっているんだけど・・・止まらない(笑) まぁ、いつもどおりレポしておきますが。

第5位 「ガリバー旅行記」

こういう映画、あまり好きじゃない (スタジオの勘太郎さん、いきなり爆笑)
主人公がキレイじゃない! 主人公がメタボってダメでしょ
CGは予告で流れているので充分

吾郎さ~ん(汗) 最近、5位のコメントでいつも同じように焦ってしまう。まぁ、きっと吾郎的には、この映画は「飛行機の中で観る映画」のひとつなんでしょうね。慎吾が、一所懸命スタジオからフォローを入れているのもおかしいです(笑)

第4位 「イヴ・サンローラン」
映画の中に出てくるサンローランの美術品が素晴らしい
60年代とか70年代のヨーロッパのカルチャーに興味がある人にはたまらない

第3位 「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」
赤塚不二夫先生は、天国でこの作品を観てくれたら褒めてくれるのではないか
B級映画感を醸し出しているバカな感じがいい でも、笑えない (お~い(汗))
バカを一所懸命演じようとしているのがちょっと伝わってしまった
でも、浅野さんの演技は素晴らしい・・・だから、演出の問題 

最後のコメントの衝撃が大きくて、何も言えません(汗) 話しているうちに、4位の「イヴ・サンローラン」と順位が逆だったか・・・と考える吾郎。適当に編集しておいてとムチャなお願いをする吾郎(爆)

慎吾 「どうした、今日(汗)?!」  (笑)(笑)(笑)

第2位 「SOMEWHERE」
慎吾 「吾郎ちゃん、好きそうだと思って入れたんですよねぇ・・・」 さすが慎吾です(笑)
大人の孤独感、孤立感がすごく伝わる作品
何が起こるわけでもなく、起承転結があるわけでもないが、逆にリアリティがあった
水のようにひっかかりがなく浸透してくるような映画
(ソフィア・コッポラは)本当にすごい監督かも

第1位 「ブラック・スワン」
良かった。堂々の1位
バレエ映画でサスペンス性があり、ホラーとも言えるような新しさ
究極の美と狂気のアンサンブル
ナタリー・ポートマンの堂々の代表作になった

彼女は、この映画でバレエの振り付けをしたベンジャミン・ミルピエと結婚されたそう。

吾郎 「おめでとう、ナタリー・ポートマン」 

棒読みだよ、吾郎さん(爆) 皮肉じゃなくて、こりゃあ相当疲れているんだなとこの最後にきて改めて思った次第です(汗) もう、とにかく今月の月イチゴローは、「疲労感漂う吾郎のセクシーさ」を愛でる回です(爆) 心配ですが、萌えたファンがいたことをどうぞ許してください、吾郎さん(笑)

| | コメント (7)

舞台稽古中につき浮遊状態

吾郎の舞台「ぼっちゃま」の初日が、無事に幕を開けたようですね。ヲタ的にもとても楽しめる舞台になっているようで(笑)、大阪で観るのがさらに楽しみになりました。まだまだ、長丁場の舞台となり吾郎は他のお仕事も並行して大変だとは思うけど、最後の大阪公演までキャスト、スタッフの方が無事千秋楽を迎えられますように!

そんな忙しいスケジュールの合間をぬって、吾郎は当然SMAPとしてのお仕事もいろいろやっているわけです。舞台初日前日の「Mステ」二時間はちょっとかわいそうになりましたねぇ(苦笑) 彼らはプロなので仕方ないですが、何も二時間SPのときじゃなくて(それもゲネプロは当日にやるはめに・・・)その前の週に入れることはできなかったんでしょうか? 加えて、「Mステ」ではなんだかわけのわかんない特集でトーク部分も少なく、翌日の舞台の宣伝のひと言もさせてもらえず・・・ちょっと複雑にはなりましたね。でも、吾郎がとにかく頑張っているわけで、ファンとしては歌番組で曲披露してくれるのは非常にありがたいので愚痴はここまでにしておきます(笑)

ミュージックステーション二時間SP

二時間のわりには、出演アーティストの数が少なく、これはいろいろトークで話してもらえるかな?と思ったのが間違いだった・・・いやいや、愚痴はひっこめるんだった(笑) とにかく、舞台前日の稽古中を抜けての生出演だったと思われる吾郎。スマップのメンバーが何気に気遣ってくれているような感じがしたのは気のせいでしょうか。吾郎が本当に疲れていてあまり笑顔も出ず、ごろちゃん大好きのタモさんに振られて慌てて何か気の利いたことを言わなきゃとなっている吾郎を見ていて、SMAPでいることの彼らの大変さをひしひしと感じた。「カミスン!」みたいに歌うとき以外はひっこんでいて、歌い終わったら帰れたら良かったのにとこれほど思ったことはない。中居くんのアイデアが、今回の吾郎を見ていて強く感じた。

関ジャニ∞のトークがすこぶる面白くて大爆笑だったのですが、吾郎はあまり内容がわからないぐらいどっかいっちゃってましたね(汗) これは、相当疲れているんだと認識した。関ジャニの横山くんと村上くんのラジオで「スマップさんたちと共演するMステが緊張する」という微笑ましいトークを聞かせてもらったので、彼らとの絡みも楽しみにしていたんですけど・・・吾郎はそれどころじゃなかったですね(苦笑) しかし、SMAPってオーラがものすごいらしい。ラジオでジャニーズとしての彼らが話しているのを聞くととすごく真実味を感じた。先輩というだけで緊張はすると思うのですが、SMAPはやっぱり別格みたいですね。

そんな関ジャニの二十歳の頃の苦い思い出を大笑いして聞いたあと(私、彼らがジャニーズの中でスマップの次に好きなんです(笑))、木村くんの二十歳の思い出を聞くタモリさん。こちらも実は負けてないんですよね(笑) 周りが成人式で晴れやかな着物やスーツに身を包んでいる中、「俺と中居は音レンジャーの格好でロケ中」だったと(爆) そう、中居くんの番組「大年表」でも中居くんが言っていましたが、スマップには関ジャニに負けないぐらいの苦い思い出がたくさんあるんです。でも、彼らはそれを通ってきたから現在の自分たちがいると常に言ってますよね。だからこそのオーラなんだろうなぁと思う。

スマップの『らいおんハート』が流れたあとの吾郎の「髪型が今と変わらない」コメントは、よく出てくる話ですが・・・今、舞台仕様だもんね。少し前のくりんくりんならまったく違った髪型だったんですけど(笑) 16歳のエピソードでは、朝ドラに出演させてもらっていたという吾郎ですが、なぜかいきなりむっちゃくちゃ可愛い16歳のときの吾郎の写真が披露されます。自分で、「ユニセックス」だの「可愛いらしい少年」とかのたまう吾郎に、隣に座っていた木村くんや剛からツッコミが(笑) いや、二人とも吾郎のお疲れ具合をわかっててのフォローだと思います。メンバー全員ずっとニコニコしてくれてて嬉しかったなぁ。吾郎は自分と中居くんだけが16歳の頃の写真を披露されて、少しご不満(?)の様子でしたけど(笑) 中居くんの写真は・・・「次、かっこつけて歌うんだけどだいじょうぶかね?」というご本人がボケれるほどのギリギリの写真でしたね(爆)

歌前トークは、慎吾が自分のドラマの主題歌になったのはこれが初めてというお話だったわけですが・・・なんか、慎吾かわいこモードだったなぁ。慎吾も、きっと今お疲れ時期ですよね。スマップは、多少疲れるとまた違った魅力が出てくるのが強味でしょうか(笑) 吾郎は、もう気持ちは翌日の舞台に飛んでいるから表情が険しいんですよね。それはそれで・・・萌えたなど(爆)

歌は、「Mステ」さんでもブルーライトに浮かびあがるSMAPのオーラからの始まりです。ちょっと、ゾクゾクするよね、こういうスマップを見ると。どの番組でのスマップの曲披露も素敵なんだけど、やっぱり音楽番組を長く続けている「Mステ」は撮りかたがいいのかな。個人的には、一番いつもこの番組のスマップの映像が好きになります。あっ、UPの部分とか表情はそのときのメンバーのメンタルなことも反映するからまた違うんですけど、全体的な撮りかたですか。やっぱり、素晴らしいなぁと。ライティングの具合なのかもしれないけど、「Mステ」ではいつもスマップ全員の瞳がうるうるで綺麗に光っているのも好きなんです。

当然、こちらも生歌だったわけですが、この曲はあまり大きくはずす心配がないみたいですね(笑) お疲れモードの吾郎のソロも少し心配したんですが、そこはしっかり歌モードに切り替えてしっかり声も出ていたと思います。吾郎の最近のお気に入りの金の結構しっかりしたブレスですが、あれは吾郎の細い手首の上でシャラシャラと音が出るのが聞こえると錯覚するぐらい動くのがツボです(笑) 手首は細いけど、手は男性なので大きいからこそできるブレスでなかなか吾郎に似合っていると思いますね。そして、最後の決めポーズのスマップのかっこいいこと! 毎回、最後のポーズを決める彼らに惚れ惚れします。

本当は、今夜の「月イチゴロー」も一緒にUPしようと思ったんですが・・・結構長くなったので次回に回します。今回は、疲れていたからこその吾郎の色気と毒舌でなかなか素晴らしかったですね(笑) 

| | コメント (9)

野獣撮影会

今夜の「ゴロウ・デラックス」のゲストは、もっ○りカメラマンと称される(最近、この番組の感想書くとき伏字が多くなるんですけどぉ(笑))野澤亘伸さんでした。パッと見は、強面の方で思わず吾郎も「えっ(汗)?!」という感じなんですが、前回までの西村先生同様になかなか礼儀正しい方です。どちらかと言うと、野澤さんのほうが緊張されていたような(笑)

今回のオープニングの小島さんとの立ちトークは、初回放送が終わったあとの周りの反響で吾郎も「稲垣くんの素が出てるね」と言われるらしく(笑)、それを受けて小島さんが私たちファンを代弁して、「わ~、吾郎くんの素だぁheart 超、感激ぃ!長い間、ファンやってて良かった~heart」と可愛い声で吾郎の隣できゃぴきゃぴしてくださいました(爆) その様子に、思わず吾郎も照れっ。おぉ、吾郎ファン集めて吾郎の前で実際やってあげたいのぉ(笑) こんな可愛い照れた顔を目の前で見せてほしいわ。そんな小島さんの今夜の衣装に、「今日いいですね。パルメザンチーズみたいな色で」と言い放つ吾郎。今日も調子は良さそうです(笑)

さてさて、ゲストをお呼びしてスタジオトークが始まるわけですが・・・この番組の流れとしては吾郎と小島さんが課題図書を事前に読んで、その作品の著書をゲストにお呼びするという構成でいくらしいです。(やっと決まった(笑)?) まぁ、今後も変化していくとは思いますが、どういう番組なのかある程度は的を絞ったほうがいいですよね。しかし、吾郎さんは今舞台公演前でお忙しい。

吾郎 「僕ね、今日、あんまり段取り覚えてないんですよ。舞台稽古中で、よその活字を(頭に)入れたくないんですよ。今、すごく何万字っていう字を覚えているんで、あまりこういう・・見たくないんですね、字を」

恐縮して小島さんに謝罪をする吾郎ですが、そういうときのために小島さんがいてくださるんですよね。進行は任せてしまっても大丈夫だと思います。しかし、舞台の台詞をものすごく頭に叩き込んでいる最中の録りだったんですね。マルチタレントであるSMAPのメンバーだから仕方ないとは言え大変ですよねぇ。そんな吾郎が真剣に取り組んでいる舞台が二日後に開幕します。本当に楽しみですね。

そんな忙しい吾郎のためにか、今回の課題図書は水着姿のとってもセクシーで綺麗な写真が詰まった一冊の写真集です。

第三回課題図書 熊田曜子さんグラビア写真集 『天照』 撮影 野澤亘伸

Photo_35 まず、ゲストの野澤さんを呼ぶ前に、なぜ彼がもっ○りカメラマンと呼ばれているかという話になり、吾郎は彼が撮影したグラビア女性の写真を見る人間をそういう状態にさせるからと考えたのですが・・・そういうわけではなかったんですよね(爆)

吾郎 「もっ○りへのツールみたいな」

もう、深夜番組だからふつ~に吾郎が何度も言うんですが・・・文章として記事に残すのはやはり抵抗がありますね(汗) そのまま書いたら、また変な自動検索で回ってきたコメントが入っちゃったりするし。なんせ、うちはコメントはOPENにしているので(笑)

野澤さんがカメラマンとして至福のひとときは、被写体の「ノザワ・カーブ」という腰骨のくぼみの美しさと、「ノザワ・レッグス」といういかにモデルさんの脚を長くみせるかというカメラのアングルを駆使した美しい写真が撮れたときとか。ここで、野澤さんがナイスだったのは、小島さんではなくて吾郎に脚が長く見えるというポーズをお願いしたことですね(爆) 野澤さんの細かいポーズの指図にキョトンとしながらも言われるままにポーズする吾郎。

野澤 「そのポーズから上目遣いに僕のほうを見てください」

ぶはっ(吐血)!!!
 野澤さん、ありがとう~(笑) 

実は、いまだに写真を撮られることが苦手だという吾郎。言われるままにとったセクシーな「ノザワ・レッグス」ポーズはファンが普通に見たいものじゃないですかっ! どうせなら、「ゴロウ・デラックス」でいろんなカメラマンの方に来てもらって、吾郎をモデルにした写真集を番組から出してください! すごくセクシーな人なのに、カメラ前でポーズをとったり笑ったりするのが苦手らしいのですが・・・それは、スマップのメンバー全員のグラビア写真で個々の写真を見たときにそう思う。吾郎と中居くんは本当に苦手だよね(笑) 木村くんとかすごく自分を見せる術を知っているもの。そういう意味では、吾郎より木村くんのほうが良い意味でナルシストだと個人的には思います。

このあと、野澤さんが実際にフォトセッションをスタジオでやってくださることに。まずは小島さんから。最初は普通に撮影していたのに、いきなり「もっ○りカメラマン」に変身する野澤さん(笑) つまり、衣服をおパンツ以外全部脱いじゃうんですね。これには、撮られている小島さんも、傍から見ていた吾郎もビックリ! それに、キャラ変わってるし(爆) 怖いよ、こんなの(笑) ところが、自然な笑顔が撮影できるらしく・・・いろいろ撮りかたってあるんですねぇ。

小島さんのあとに、吾郎もカメラ小僧になって・・・なぜか野澤さんを激写(笑)! 吾郎、楽しそうだなぁ、撮る側だと(笑) とりあえず、「じゃあ、僕も・・・」と吾郎がモデルをかって出ると、「い、いいんですか?」といきなり焦る野澤さん。ジャニーズ撮ったことないのね(笑)

野澤 「ちょっと、吾郎さんの色気撮らせてもらっていいですか? 本当に以前から・・・かっこいいお顔されているので

おいおい、ことごとく男性ゲストをおとしていくのか、吾郎(爆)? とりあえず、普通にソファに腰掛けたいつものクールな吾郎さんの撮影。緊張すると言う吾郎に、「逆に僕のほうが緊張しますね(汗)」という野澤さん(笑) 座った位置から真正面に立つ野澤さんのナニのポジションの話をサラリとする吾郎! こういうところから扉を開いちゃうのよねぇ。まぁ、吾郎の座っているだけでかっこいいこと、かっこいいこと! 思わず、野澤さんも「超、かっこいい!」と言ってしまう(笑)

期待したのよねぇ・・・ものすごくセクシーな吾郎を撮ってくれるんじゃないかと。このあと、『野獣編』に様変わりしてなぜか吾郎を叫ばせて下のアングルから撮る野澤さん。そこは、普通に吾郎にも「とろ~ん」とした目をさせれば良かったんじゃないのか? 残念だよ(爆) これが、正直な心の叫びです(笑) まぁ、笑いましたけどね(苦笑) 最後の一ちゃん@笑の大学のような「ちゅ~してください!」の顔はキュートだったし・・・でも、セクシーな吾郎の写真が見たかったよ! 最初に撮っていた数枚も見せてくれたら良かったのに!

次回は、人気グラドルをお呼びしての撮影会だとか・・・普通に野澤さんとトークでいいよねぇ。上手く編集してくれることを期待しておきます。

| | コメント (4)

ピンクの王子様

最近、歌番組だけで記事にしたことがないなぁ~なんてうっすら考えていたら、大体スマップの皆さんがなかなか新曲を出さないっていうのがあるからですね(笑) 「スマスマ」などで歌ってくれるけど他のコーナーも入ってくるし、「カミスン!」は「スマスマ」と同じ月曜日放送なので。と、いうことで、今夜の「CDTV」です(笑)

まずは、歌前トークから。まず、吾郎のピンクのジャケットに目を奪われました。吾郎カラーだよ。とっても可愛い。それも、こんなパステルピンクって珍しいですよね。木村くんと剛も、それぞれパステル調のパープルとブルーでとても春らしい色のジャケットです。なのに・・・なぜか皆さんストール巻き。ま・・・木村さんはなぜかそれを腰に巻いていて、違う意味で目を奪われました(爆) トークでは前列に(左から)慎吾中居くんと座り、後列が木村くん、吾郎だったわけですが・・・吾郎、背伸びた(笑)? 剛とこんなに背の差あったっけ?!・・・靴なのかなぁ。まさか、顔が幼くなってきたのと反比例で今だ成長期とか(爆)?

トーク内容は、新曲「not alone」が着うた配信オンリーというお知らせだったわけですが、ここで吾郎が「配信だから、全国平等に皆さんに聞いてもらえるという・・・」と説明をしていたけど、違うよね(笑) 問題は「着うた」です。これだと、スマートフォンの方はDLできないし、もちろん海外にいる私たちはDLできません。なんとか、iTunesでの配信も考慮してほしいところ。後にアルバムに入るとは思うけど、どうせならダウンロード代の一部が震災の義援金となるものに参加したい。

そして歌に入るわけですが・・・吾郎って、なんか振り付けが全部ちょっと身体が斜めで小首傾げっていうのが多くないですか? むちゃくちゃ可愛いんですけど。今回、衣装がピンクだったため、さらに輪をかけてキュートだったような(笑) オープニングのイントロで前列から後列に移動するとき、振り付けの右手の人差し指を出したままの綺麗な指に目がまず釘付けになり、ソロに入る前に一度空を仰ぐようにする吾郎に美しい!と思った(笑) 毎回、♪悲しみは孤独♪のときに後列にいる吾郎が映りこむんですが、外れなくいつも素敵。

この段階で、すでに歌い方も踊りもアレンジがそれぞれ入るようになりましたね(笑) 特に木村くんはかなりおかずが入るようになって、見ていておもしろい。ソロの部分は、5人それぞれフォーマットが違うのも綺麗なんですよねぇ。吾郎のときのフォーマットはやっぱり「プリンス仕様」だったな(爆) 衣装も、すでに上だけの変化で3パターン見せてもらったわけだけど・・・来週の「Mステ」では下もちょっと替えてほしいところですがどうでしょうか(笑)? 衣装も楽しみですね。

しかし・・・TBSさんは、気持ちが良いぐらい5人平等にメンバーのUPを撮ってくれるなぁ。これ、大事ですよね(笑)


【お知らせ】
吾郎の舞台「ぼっちゃま」のお花企画ですが、とてもたくさんの方にご参加頂いていると報告を受けました。
どうもありがとうございます。
締め切りが迫ってきましたので、参加しようと思われていた方は是非企画者のお二人にご連絡ください。
(詳細は、TOP記事にて掲載中)
すでに参加されている方も、大阪千秋楽に贈るお花と一緒に吾郎に届けるメッセージもお忘れなく。

素敵な舞台に挑む吾郎にファンからの愛が届きますように・・・

| | コメント (9)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »