« パエリアかビビンバか? | トップページ | 眼鏡キャラ萌え »

深夜勉強

先週に引き続き、ゲストは女医の宋美玄先生をお迎えして女性の身体を徹底的に掘り下げてくれた「ゴロウ・デラックス」。前回もすごかったですが、今回は違った意味で天晴れでしたね。とにかく、今回の放送は下ネタというくくりで語ってほしくない。宋先生を始め、ちゃんと吾郎と小島さんで女性のオーガズムに関するテーマで番組が進んでいて勉強にもなったんではないでしょうか。まぁ、そこは深夜番組なので、しっかり笑いどころも抑えてくれていて個人的には先週より完璧な流れだったと思います。

とにかく、吾郎がジャニーズの壁を取っ払う、取っ払う。吾郎がここまでやったら、もう性に関することは全てジャニーズ解禁でしょ!って言ってもいいぐらい(笑) ところが、きっと吾郎以外が同じようなことするとなかなか難しいと思いますね。とにかく、吾郎さんはあらゆるところで「紳士」です。これ絶対に崩れないですね。だから、ジャニーズでもこの企画が通るし放送できる。宋先生がしっかり女性の身体について、フリップや模型で真面目にお話してくださったんですが、とりあえず・・・別のところのツボを書いておきますね。(結局、そうなる(笑))

今週も、親太朗くんがADとしていろいろ随所に活躍してくれます。番組が変わっても、やっぱり吾郎の顔しか見て話さない親太朗くんが可愛い。懐いてます(爆) 吾郎もそれがわかるのか、いろいろ弄ってあげて言葉は多少厳しいこと言っても目が優しい、優しい(笑) 「哀愁探偵」で一緒にいた半年ほどの時間は無駄じゃなかったんですね。

しかし、宋先生もスタッフも吾郎に容赦ないです(笑) 

宋先生 「じゃあ、吾郎さん、実際に女性をオーガズムに導いたことあると思います?」
吾郎 「えっ、僕ですか?急に(笑)? あると思うんですけどねぇ・・・自分では、ねぇ」
(と、小島さんに助けを求めるように促すも、小島さんは男前にスルー(爆))

しかし、フリップでは女性の大半は「イッた振りをしている」という回答が出て、「マジで?!マズイなぁ・・・」と吾郎さん(爆) いやいや、吾郎さんが相手ならそれだけで気持ちでイケる女性は多いと思いますよぉ。

ここで、吾郎と小島さんに「セックス偏差値」を調べる小テストが行われます。10個の質問に「YES」か「NO」で答えるだけのシンプルなテストで、AD役の親太朗くんも参加して三人の偏差値を調べることに。結果・・・

小島さん - セックスの達人(爆)!
吾郎 - セックス上級者 (「悔しい」という吾郎(笑))
親太朗くん - セックス初級者(笑)(笑)(笑) (まだ、若いしね)

まだまだ、これで終わりじゃなかった・・・同じ質問を街頭アンケートのVTRで流した後、「実践編」がよもや待っていようとは(笑)! そして、ことごとく試験台にさせられる吾郎。断らない、男前、そして全ての答えが素敵すぎて倒れそうに(爆)

いきなり出てきたリカちゃん人形のような男女のお人形さんとベッドルームの模型。

宋先生 「吾郎さんは、前戯っていうのはだいたいどんな感じで?」

いきなりキタっ(笑)! 男性の人形の髪型が自分のくりんくりんヘアに似ているとプチクレームをするも、しっかり人形を使って自分の前戯の仕方を披露する吾郎さん!!! 指が細くて綺麗なのもあってか、何かちょっとドキドキしてしまったのは私だけではないはず。思わず、宋先生も「想像したらドキドキしますね」と言ってしまいます(笑) 吾郎がどういう風に人形を使って実践してくれたかは・・・とにかく見てください! もう、未放送地域の方には本当に申し訳ないんだけど何とかして見てほしい。人形で「ゴーストポーズ」(映画) オチはお笑いも入れてさすがです、吾郎さん!

実践二つ目は、ADの親太朗くんが持ってきた女性の上半身裸体だけのマネキン。(顔、腕もなく腰から上だけの部分) 

宋先生 「スタッフのほうから、吾郎さんに(女性の)胸の愛撫を普段どおりに実践してくれと・・・」
吾郎 「バカじゃないの(笑)? こんなジャニーズはいないよ」

と、言いながらすでに実践する態勢になっている吾郎(笑) 照れることもなく、ふざけるわけでもなく本当に「普段どおり」に実践してくれる吾郎に惚れ直したファンも多いはず。でも、やはり実際の吾郎の手は毒リンゴのイラストで画面は隠されています。ちょっと、やはりそのまま放送すると生々しいでしょうか。お気遣いありがとうございます(笑)

最後は、女性の秘部の模型で女性の身体の仕組みを学びます。吾郎も小島さんも真剣に先生の説明を聞いていて、視聴者にも勉強になる話でしたね。ただ、思わず好奇心での質問が勢いを増してしまった吾郎は、「助走はいらないんですね」とか、「一回離れたほうがいいんですか?」と聞いてしまい、おや?!っと自分で興奮しすぎたかと気づき笑い崩れる吾郎(笑)

小島 「質問が具体的(苦笑)」
吾郎 「絶対、放送される(汗)」
テロップ 放送しちゃった (笑)(笑)(笑)

吾郎 「皆、聞きたいんだもん、男の人だって。間違いない、間違いない」
宋先生 「皆のためですよね(笑)」
吾郎 「国民を代表してSMAPが聞いているんです

お~い、他の4人のメンバーが聞いたらどう言うかなぁ(笑) きっと、上の二人はこの番組チェックしていると思うよ~。ぜひ、メンバーから感想を聞きたいですね。

|

« パエリアかビビンバか? | トップページ | 眼鏡キャラ萌え »

コメント

見たい!見たいぞ~~! CBC!><
ちょっとゴーストポーズりかちゃんを画で見ましたが、そういうことだったのね。とここでまた妄想膨らます(爆)助走はいらないとか離れたほうがいいとか見てないものには妄想しかないじゃないですか?!そのうちどっかで見せてもらうぞ!っと^0^/

投稿: キャロリン | 2011/05/27 09:33

まだスマスマの感想書いてないのに、「ゴロデラ」ですよ。いやあ、良かったですね。稲垣吾郎、ほんとにカッコイイ。何度惚れ直せばいいのか!

これは私のアカデミックなバックグラウンドからすると超ストライク企画だったんですよ。TVの教育力を活かして、よくぞこういう企画をやってくれたと感動しました。男性も女性も絶対に知っておくべきことで、誰もが知りたいこと。深夜で、アイドルがやるからこそきっかけは下世話な興味から視聴したとしても、啓蒙活動として100点満点。特に男性の皆さん、勉強になったでしょう?

しかし内容が内容だけに危険すぎ、特に出演者の事務所側はできたらやらせたくないでしょう。そう、昔、バラエティ番組でスタッフに吾郎が女装させたらマネージャーが「ダメダメ」と飛んできたように。

 そこを果敢に、真正面からひるむことなく、臨んだ吾郎も小島さんも宋先生もすごいなと思いました。あ、山田君も(笑)。宋先生がさっぱりしていて、根底に「セックスに対して正しい知識を普及しよう」という使命感をもってらっしゃるし、その意図を汲んで率直に切り込んでいく小島さんもカッコイイ。そして我らが稲垣吾郎ですよ。ジャニーズだけでなく、他の男性タレントでもここまでふつーに女性の体やセックスについて語れる勇気のある人いないんじゃないかな。吾郎だと全然いやらしくならなくて、かといって教育テレビみたいに硬すぎもせず、エンターテイメント性も忘れてないから、すごく面白い。お人形遊びのところなんて、テレビ的にサービスもしてるし、スタッフとの信頼関係も厚いんでしょうね。

それにしても、人体解剖用模型まで持ち出して、細部に渡りものすごい話してるのに、なんでこんなにしっくり見られるのかと思ったら、やはり吾郎があくまでも女性側に近いところにいるからかなあと思ってしまいました。もちろん、女性二人と並んでもまったく違和感がないくらいビジュアルも美しくて、「雄」が匂わないということもありますね。

またセックスの話における男性代表の立場をとっていても、フェミニスト(←日本で使う意味のほう)で「女性の味方」としての気持ちを崩していないから安心できるんですね。女性を喜ばせるための「男性」、こういう男性が少ないからセックスの誤解やトラブルが絶えないのでしょう。最後の山田君の質問は、若い頃の吾郎でもあんな疑問は浮かばなかったと思うのです。昔のラジオか雑誌の記事で確かトイレの隅においてある小箱の話をしている時も、他のメンバーに比べてとても自然に受け入れている吾郎がおかしかったのを覚えています。やはりお母さんやお姉さんの影響が強く、遊ぶ友達もお姉ちゃんとその友達という生育環境が大きいのでしょうか。ふと思い出したけど、剛が生理用ナプキンのCMをしていた時、「吾郎ちゃんにもあげるよ」なんてラジオで言ってたなあ(笑)。

さらに吾郎の話を聞くと、セックスについて肉体面と同時に精神面をかなり重視していることがわかります。そのものよりもムードや愛情や相手に対する心くばりのほうが大切みたいな、、、女性的な感覚、このあたりが即物的な男性と違って女性の共感をよぶのだと思います。

少なくとも96年4月2日に放映された「キスしたスマップ広島トーク後編」でメンバー達に「こいつにだけは抱かれたくない」満場一致(吾郎以外5人)で票を入れられた「稲垣吾郎」とはまったく違うのです。

この番組知らない方のために解説すると、「自分が女だったら、グループ内で誰になら抱かれてもいい?」といったよくある質問をデジタルで表示するという企画だったのですが、例えば「SMAPメンバーの中で“抱かれる”なら木村拓哉だ」に対しては数字が「5(人)」と出ます。では「稲垣吾郎だけには抱かれたくない」に対する答えも「5」で大騒動だったんですが、それについての上二人のやりとりが面白かったんです。
中居「何で吾郎には抱かれたくないの?」
木村「吾郎、冷たそうじゃん」
中「え?気持ち?接し方が…それとも何かこう、体が…」
木「終わったらすぐ寝ちゃいそうなんだもん」
吾「寝ないよ、俺(笑)」

さあ、なにげに吾郎の深夜番組をよく見ているスマップメンバー、やっと「吾郎には抱かれたくない」という意見を撤回してくれるでしょうか(爆)。


投稿: kim | 2011/05/27 20:27

Kazuyoさま

日本もやっとここまで来たかと頼もしく思いましたね。性教育に関しては、欧米諸国と比べたら、日本は相当遅れていると聞いていますが・・・その為に無用に傷ついてきた女性も多いはず。それを分かりやすく、ユーモァを交えて放送してくれた宋先生、吾郎、小島さん、スタッフに拍手!

「ジャニーズが、SMAPが、こういう仕事をしていいの」と驚きをもって語られていますが、SMAP、特に吾郎はジャニーズのパイオニア的仕事をしていますよね。もっと若い時から自分が納得すれば、脇でも悪役でも積極的に取り組む。バラェティーでも同じで、引き受けた以上とことんやり抜く潔さには感動すら覚えます。小島さんもラジオで吾郎のことを褒めていましたが、何をやっても品が良い!あの雰囲気は彼しか出せないもので、本当に稀有な存在です。

ゴロウデラックスは、最初から色々な意味で勉強になることばかりですが、今回は特に世の男性には教訓となり、女性には共感を持って受け入れられたのではないですか。

来週のゲストと吾郎と小島さんの意気の合ったトークを想像するだけでテンションが上がる今日この頃です。

投稿: さやか | 2011/05/27 23:17

先週からのゴロウデラックス是非見たいです。
ここ地区では全然放送されてません。
テレビをみての感想を読ましてもらってたら、見たくて、見たくて、、どなたか見せていただけませんでしょうか

投稿: ふくにゃん | 2011/05/28 00:00

kissmarkキャロリンさん
見たいよね。番組が未放送地域の方は切実だと思います。本当に諦めないで要望出してください! 今回は世間の反応も結構いいと聞いてます。とにかく攻めてください! 吾郎さんみたいに(爆) 人形遊び(笑)のところは、もう必見ですよ。ちょっと人形が吾郎に見えるぐらいかなり具体的に動かしてくれています。聞くだけで妄想肥大化すると思いますが、見てもらったらもっと妄想ワールドに突入できます。なんとかして見てください。見せてもらった方は、ゴロ友さんに、そして知人にも回してあげてください。どれだけ番組が面白いかとにかく見て要望の声を集めてほしい。「Goro's Bar」のように口コミで広げていってほしいですね。


kissmarkkimさん
今回の放送では、いろんな視点から吾郎を惚れ直しますよね。本当に素敵な男性です。番組も、下ネタに固執するわけでなく、ちゃんと深夜ならではの性のお勉強会になっていたのも優秀ですね。あまり、色艶にこだわって暴走するだけになったらどうしよう・・・と少し心配したのも事実ですが、こういった形で持ってきてくれるのなら大歓迎です。私も、男性にこそ今回の放送は見てほしいと思いました。

この番組での吾郎のポジションですが、番組が始まる前にどういう感じの企画なのか事務所も把握していたと思います。SMAPの稲垣吾郎ならと今回はOKが出たんではないでしょうか(笑) 吾郎のことを把握した上でチャレンジャーな番組企画をあげてきたことになりますが、なんでも挑戦することは大事ですよね。そうやって、このTBSの吾郎の深夜枠はずっと長年進化してきてくれたわけですから。同じことしていっても仕方ないですもんね。本当に番組によってカラーがまったく違うものなんですが、吾郎の適応力とセンスは抜群ですね。今後も非常に楽しみになってきました。

吾郎が良い意味であまり「男性」の匂いを感じないのが、こういうテーマに男性が一人入ってもいやらしくならないポイントでしょうね。下手したら、下ネタに走りそうな箇所でもあっさり飛び越えてくれるところに感心しかりです。どんな難題を振られても、まったく動じず照れずやり遂げてしまうところがすごいです。これは、男性としてもかなりの「自信」がないと女性二人を前にして(それも、片方はプロの女医さんですからね)できないと思いますね。どんだけ自分はセックスが上手いと豪語している男性でも、結構と実践は躊躇すると思います。吾郎、まったく気にしてなかったですね(笑) こういうところも、女性同士で話している感覚にしてくれる利点でしょうか。

「キススマ」でのあげてくださったエピソードは、私が思うに他のメンバーは「自分が女性だったら」というお題だったにもかかわらず、中身は男のままで考えるから「吾郎にだけは抱かれたくない」となるんだと思います(爆) これ語ったら長くなるし、ちょっと表では退かれる可能性もあるのでここまでにしておきますけど、kimさんなら私の言いたいことがこれだけで充分ご理解して頂けると思っています(笑) この続きは帰国してお会いしたときにゆっくりと(笑)


kissmarkさやかさん
確かに、日本の教育ではここまでしっかりとは教えてくれないですね。だから、頭でっかちになる男性が多いのかもしれない。って、あまりこうやって書くと、しっかり理解されている男性には顰蹙を買うのであまり大きな声では言えないのですが(笑) セックスに限らず、何事も相手への思いやりですよね。相手のことを本当に愛しく思うのなら、嫌がることはできないし自分の満足だけで事を進めようとは思わないはず。吾郎さんは、その辺がどんなことにも身につけている人なので素敵な性の営みができるのではないでしょうか(笑) なんか、今回、私のコメントぎりぎりでしょうか(爆)? 何度も引用させてもらっていますが、中居くんが吾郎を「異色のジャニーズ」と称したのは、笑いも含めてだとは思いますが、さすがリーダーは吾郎のこと見えているなぁと思いましたね。SMAPは、どのメンバーも特異なキャラクター揃いです。数学で言う、「且つ」の部分をもちつつも「且つ以外」の部分が特出しているグループなんですよね。そして、吾郎の持つ「且つ以外」の部分は、ジャニーズのタレントを勢揃いさせても「且つ以外」なんですよ。わかりにくい喩えを話していますが、わかって頂けるでしょうか(笑)? そこを見抜いて、この番組企画を立てた番組の勝利ですね。今後の放送をおおいに期待したいと思います。


kissmarkふくにゃんさん
初めまして。コメントありがとうございます。ブログを読んでくださって、番組を切実に見たいというお気持ちに感謝と共にお気持ちお察しします。ちょっと、コメントとしてのお願いで直接的な部分は訂正を勝手ながら入れさせて頂きました。すみません。やはり基本的にNGなことなので。(裏では構わないですが(汗)) とにかく、まずはローカル局にお願い出していってくださいね。よろしくお願い致します。

投稿: Kazuyo | 2011/05/28 06:28

私が見たい余り、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。
ネット局にお願いします。
本当にすみませんでした。

投稿: ふくにゃん | 2011/05/28 23:20

こんばんわ、kazuyoさん

私が住んでる地区でも、3週遅れくらいで始まりました\(^o^)/
なので今週のゴロデラは「もっこりカメラマン」さんの回でした。
だんだん内容が激しくなってるようで、ちょっと3週間先までドキドキしたまま過ごせそうです(笑)
小島さんが、すごくいいですね!サバサバしてあるから、吾郎との会話でもやり取りが凄く面白いです。
どうしてこんなに面白い番組、全国放送してくれないんでしょうね~。夜中に無駄な再放送したり、映画したりするなら、入れてくれたら・・・ふくにゃんさんのように、切ない思いする方がなくなるのに~。

投稿: むっちー | 2011/05/28 23:37

相変わらず遅くのコメントすいません。「ゴロウ・デラックス」の深夜番組路線が世間様の評判もよろしいとは嬉しい限りです。ひとつ間違えれば下ネタ路線になる所を吾郎ちゃんや小島さん、ゲストの宋先生に因る所が大きいのですね。Kazuyoさんのレポを読ませて頂いているだけで吾郎ちゃんの本質の男前さがよく解りますね。本当に素敵な紳士だわぁ~heart01(ドキドキ) お人形が何気に吾郎ちゃんに似ているとは・・・でも、実物がお人形の如く美しいので仕方がないですよね!(本当に綺麗だもん) こんな素敵な番組を一部地域限定は勿体ないですよね!! 地方組は頑張ってお願いメールに勤しみます(笑) Kazuyoさん、お帰りなさいheart02 ぼっちゃま大阪公演までお忙しいと思いますが素敵な素敵なぼっちゃま楽しみにしていて下さいねlovely

投稿: ピカチュウ | 2011/05/29 23:49

Kazuyoさんこんばんは。日本に無事に到着したんですね。ゆっくり過ごして、舞台も満喫して行って下さいね。今回の「ゴロウ・デラックス」は、勉強になりましたね。まるで保健の性の勉強みたいでした。(凄く大人っぽいですが(笑)吾郎ちゃんも小島さんも真剣な眼差しで聞いていて、個人授業みたいな感じでしたね。山田くんもこれからADとして出演するみたいですね。山田くんの吾郎ちゃんを見る目がお兄さんと慕ってるような感じでほっこりしました。後、今回は、質問が攻めに入ってましたね(笑)それに逃げない吾郎ちゃんを改めて見直しました。人形を使っての前戯のやり方吾郎ちゃんらしく優しい感じでしたね。指も細くて、あれだけでも女性はクラッとくると思いますよ(笑)私には人形が吾郎ちゃんにしか見えなくて一人でニヤニヤしてました(笑)なんか、危ない人みたいですね私(爆)又、マネキンの胸の部分だけを使った実践、真剣に実践する吾郎ちゃん男前ですね。リアルだったのかぼかしが入ってましたが、あれどんな感じだったんですかね(笑)来週はどんな方が来られるかわかりませんが、楽しい展開になるのを期待しています。後前回のコメントの事なんですが、私も、向井君の事をメンバーが気遣って持ち上げてる感じしました。そんな空気が嫌だった事を書こうと思ったんですが、私だけだったらどうしようと不安だったので止めました。でもKazuyoさんが同じ事を思っていてくれて嬉しかったです。本当は、はるかちゃんの事も可愛いんだけど天然過ぎて、近くにいたら疲れるとか思っていました(笑)なのでKazuyoさんのコメントでスッキリしました。あっ!なんか記事と関係ない事を書いてすみません。明日のスマスマもどうなるか分かりませんが、楽しめるといいですよね。

投稿: さおり | 2011/05/30 00:25

kissmarkふくにゃんさん
いえいえ、私にはまったく迷惑にはなっていないのでそこまでお気を遣わずに(汗) ただ、やはり営利目的ではないにしても「具体的」なワードを避けたほうがコメント残す方に矢が刺さりませんので(笑) 


kissmarkむっちーさん
遅れてでも放送してもらえるのなら本当にありがたいですね。やっぱり、ファンはどうしても見たいと思います。それに、これだけファンのみならず「面白い!」という声も拾える番組なのでもったいないと思うんですよねぇ・・・番組側からももう少し視聴者にプッシュする態勢がほしいところですが。小島さんは、ご自分のラジオで何度となく吾郎の名前を出してくれているようですね。(BBSのらいちさんのレポを参照してください) 社交辞令でもなんでもなく、本当に第一印象と違って吾郎さんは面白い方だとかなり早くから認識してくれて、容赦ないつっこみを入れてくださるのがありがたいです(笑) 同枠で無駄な放送をしているようなら(笑)、是非そこも交えつつ面白い番組を放送してくれるよう皆さん要望出してください!


kissmarkピカチュウさん
深夜番組としては、今回の企画はもちろん狙ってきたと思うんですね。でも、かなり長く打ち合わせを吾郎とスタッフの方たちはしたみたいなので(吾郎さん、ごねてるんじゃないかと小島さんが心配されるぐらい(笑))、思い切りやって頂きたいという意思は吾郎に伝えていると思うし、それにしっかり応えたんだと思います。本当にやばいところはカット編集できると説得したのかな(爆) まぁ、吾郎にしたら放送するのならどうぞしてくださいってぐらいの覚悟だったか、あまり気にしていないか・・・おそらく両方ですね(笑) お人形で実演をしてくれたところですが、まぁ、人形使いがこれまた上手なんですよ。きっと、幼少の頃からお姉さんとそのお友達に交じって遊ぶこともあったみたいなので慣れているのかなぁと思うぐらい・・・動きが現実的でした(爆) 舞台大阪公演はまだまだだと思っていたけど、もう目の前と日本に到着してヒシヒシと感じています。千秋楽が終わったらガッツリ感想UPしますね。


【お知らせ】
何度も申し訳ないですが、お花企画に参加された方は吾郎へのメッセージの締め切りが5月30日までとなっていますので、まだ提出されていない方は是非送ってください。
(詳細は、BBSのお花企画内にて) 
もう、あまりに何を書いていいかわからない場合は、「吾郎さん、大好き!」で充分です(笑)
結構とこれだけでインパクトもあるし、想いは吾郎に伝わると思うので。

投稿: Kazuyo | 2011/05/30 02:09

kissmarkさおりさん
そう、今、日本からレス返しているんですよ。あまり、イギリスにいるときと返す時間帯が変わらないなぁ・・・と自分で思って苦笑していますが。えぇ、ちょっと時差ボケですね(爆) 大阪公演までに直しておかないと(苦笑) 宋先生もまるでレギュラー出演者のように、妙に三人のトークがしっくりきてましたね。結構と長い収録時間だったみたいで、これは未放送部分がものすごくあると思いますね。放送に乗せれるかわからないですが・・・是非、未公開SPを考慮して頂きたいと切に思います(笑) 人形の実演では、もうキスのくだりでちゃんと男女両方の人形の顔を器用に動かしてましたからねぇ。吾郎さんって、結構器用だなってこれを見て思ったという(笑) あと、もうひとつの実演は実際隠されていたのですが、吾郎がご丁寧にすべて口で説明してくれていたので私には透視能力があるのではないかというぐらい非常にわかりやすかったです(爆)

「スマスマ」の前回のゲストさんたちですが、とても素敵な方たちで人気もあると思うのですが・・・私が個人的に苦手なんですね(笑) 嫌いじゃないけど、苦手っていう部類なんですけど。まぁ、また違う面を見たら好きな芸能人になるかもしれません。同じこと思われました? 私と人間の好き嫌いが似ているのかもしれませんね(笑) 今週のスマスマが面白いといいですねぇ。

投稿: Kazuyo | 2011/05/30 02:19

Kazuyoさん、日本を満喫してますか?いきなり台風だったので楽しむのはこれからでしょうか?吾郎の舞台も含め、たくさん思い出作って帰って下さいね。

さて、「ゴロウ・デラックス」…今週もすごかったですね~。前の週よりもさらにパワーアップしたような。。人形やら模型やら、小テストやら実践編やら。もう目まぐるしくて、思わず身を乗り出したり、時にはのけ反ったりしながら観ましたよ(笑) しかし、あんな模型があるとは知りませんでした。もしや今時の性教育はあのような模型を使って各部の名称なんかを保健の先生が説明してくれるのでしょうか?ちょっと子供に確認する勇気はありませんが、少なくとも私の時代は詳しい説明なんてないですから、あらためて今回勉強させて頂きました。まあ、保健の授業では教えないと思われる話の方がためになりましたが。。(爆)もっと若い時に教えてほしかったな~(爆)(爆)(爆)
それにしても吾郎は素敵でした。皆さんおしゃってますが、ホントこれは吾郎だから成り立つ番組&テーマですね。妙に生々しくてもダメだし、照れてしまってもダメだし、経験不足でもダメだし。。その点経験談を交えながらしっかり話す(実演する)吾郎はぴったりです(笑) 惚れ直しました。今後の吾郎の活躍やこの番組がますます楽しみです。

話は変わるのですが、5月25日の読売新聞の夕刊に「ぼっちゃま」の評が出ていました。夕刊を取っていない我が家の為にご近所の剛ファンのスマ友さんがわざわざ届けてくれました。演劇評論家の北川登園さんという方が書かれています。今はネットで新聞も読めるようなので(すみません、ネットやツイッタ―の情報に疎いのでその辺がよくわからないのですが)、もうご存じでしょうか?「ぼっちゃま」を大いに楽しめた私にとっては辛口の評に感じました。最後にちょっと吾郎と白石さんを褒めてくれてるのでいいのですが。。

投稿: こまみ | 2011/05/30 18:03

kissmarkこまみさん
ありがとうございます。すっかり、日本食を堪能してたった一日で太ったかもしれない(苦笑) 日本はおいしいもので溢れているから危険だわぁ。もうひとつのブログにこっそりと日本里帰り滞在記をあげていこうと思っていますので、興味がある方は覗きにいってやってください。

番組のほうは、パワーアップがすごすぎてクラクラに(笑) 吾郎の潔さと覚悟にかかっていると言っても過言ではないと思います。(まぁ、本人は何も気にせず楽しく番組を進めているとは思いますが) あの模型は宋先生持参なんでしょうか? 日本の保健の授業で使ったりするのかなぁ・・・あそこまで掘り下げて教えてくれないにはしても。なんか、吾郎さんなら授業でサラリと教えてくれそうですね。学生たちを相手に実践はやってくれないでしょうが(爆) 舞台「ぼっちゃま」の記事が、読売新聞の夕刊に掲載されたものは拝見させて頂きました。記者の方が苦手な演目だったのかもしれませんが、役者陣はとても褒めてくれてましたね。どうやら、あのレヴューは甘いほうだそうです(笑) 舞台は映画と同じで観る人によって感想もまちまちだと思うので、私が大阪初日を観たときにどんな感想を抱くことになるのか自分で楽しみです(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/05/31 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パエリアかビビンバか? | トップページ | 眼鏡キャラ萌え »