« らいおんハート | トップページ | ナルシストの何が悪い! »

ゴスロリ吾郎さん

今週の「ゴロウ・デラックス」は、巷でいきなりテンションが下がったと言われていて見るまでは心配だったのですが・・・確かに、VTRの部分が多く、トークが少なかったのは問題だとは思います。でも、こういう回があってもいいのかなと。先週が、なんせ暴走だったので(笑) 普通に情報番組のようで、そこに吾郎と小島さんのコスプレが入って深夜番組になったという感じでしょうか。まぁ、確かにスタジオトークであまり笑えなかったのは残念ですよね。

オープニングトークは、吾郎の10年ほど前に出版されたエッセイ『馬耳東風』を課題図書にして朗読してくださいという視聴者からのおハガキを紹介。これ送った人、すごく多かったと思いますね。私も同じこと考えたので(笑) ただ、最新の本ではないのでサラリとオープニングだけでひとつのエッセイを小島さんが読んでくださっただけになったのは非常に残念! この本、もう手に入れるのが実は難しくて、これを機会に増刷してほしいとさえ思っているので。

ピックアップされたエッセイは、「唇の記憶」。吾郎が若干24歳のときに書いた文章は、ものすごくセクシー。「男性が女性の唇にキスをするとき」というテーマなんですが・・・

吾郎 「僕は個人的には、上唇(を包み込む)が好きです」

(笑)(笑)(笑) 小島さんが、またまたファンを代弁して、「きゃーheart01 吾郎さん、素敵~heart04」とやってくださいました。いつも、ありがとうございます(笑)

小島 「随分、おませさんですよね?」
吾郎 「ませてますよ。だから、こうなっちゃったんですもん」

お~、お~、開き直りかよ(爆) 24歳にしてこの文章を書いたことに驚く小島さん。それが、稲垣吾郎なんで(笑) そして、そんな吾郎に惚れて十何年ファンやってますよ。また、エッセイ書いてくれないかなぁ。本当にお願いしたいですよね。きっと、現在の吾郎ならではの文章がまた素敵なカラーとして出てくると思いますね。

小島さんのほうは、またもや『週刊プレイボーイ』からでアナウンサー時代のときの理想の男性のタイプ。目と歯が大事という小島さんのコメントですが、最後に「立派な永久歯」という箇所を読んだ吾郎が、口を横に広げて歯を見せてくれるのがかわいい。そのあとの、冷めた目で隣の小島さんを見るのが最高です(笑)

同期の堀井さんのコメントが、アナウンサーとして完璧だと嫌になる小島さん。

小島 「くそっ!堀井!」
(笑)(笑)(笑) これが噂の毒舌小島?! おもしろいので、もっと出してください(笑)

第四回課題図書 『世界カワイイ革命』 櫻井孝昌著

Photo_34 この後、ゲストで作者の櫻井さんが来てくださるのですが、なんと外務省から依頼を受けて世界各地に日本文化を紹介されているそうです。その中で、日本のアニメ、ファッションがとても人気があることに気づかれたとか。なかなか興味深いお話で、世界の様子はまだしも櫻井さんのお話はスタジオでのトークでお願いしたかったですね。それなら、もっと吾郎や小島さんが絡めておもしろくなったと思うのに・・・ここが、残念なところかなぁ。

櫻井さん自身は、オタクの理解者であってタイプは小島さんのような知的な女性が好きであるということで、ちょっと嫉妬する吾郎(爆) そうだよねぇ~、今まで男性のゲストの方が来られても皆さん吾郎にロックオンだったもん(笑) でも、これが普通だから(笑) それでも、「カワイイ」という日本語が世界で人気があるという流れで、大人の男性にも使われるという話から、小島さんに「吾郎さん、言われるでしょ?」と聞かれ戸惑いながらも認める吾郎に・・・

櫻井 「カワイイですね

照れて俯いてしまう吾郎に、「これが日本的ですね。奥ゆかしくて」とさらに乗っける櫻井さん(笑) 今日一番の、吾郎の「カワイイ」笑顔を頂きました。ありがとうございます(爆)

そして、最後に大きな萌えがやってきた(笑) 小島さんが女子高生の制服で、吾郎が「ゴスロリ」(ゴシック&ロリータファッション)の格好をしてくれることに。いやぁ、お二人とも似合ってますよ。吾郎なんて、あまりの違和感のなさに笑ってしまうほどです(笑) 個人的には帽子はなしで、ちょっと椅子に肩肘つけてポーズをとってほしかったなぁ。吾郎って、基本フリルが似合うよね(爆)?

この番組は、トークは大事。そこは、今後はずさずお願いしたい。それだけは、今回の放送を見て伝えたいですかね。

|

« らいおんハート | トップページ | ナルシストの何が悪い! »

コメント

Kazuyoさーん、以前一度コメントさせて頂いただいた後すっかりご無沙汰してしまいすみません。実は何度かコメントを試みたのですが、パソコン操作の苦手な私は、変な(?)キーを押してしまうらしく、一生懸命打った文章が消えてしまうことが何度か続いて、すっかりくじけてしまってました。私は、パソコンと相性が悪いに違いないと思い、読むだけに徹してました。でも、ふと「長い文章を打たなければいいんだ」ということに気づき、再びチャレンジしてみることにしましたぁ(笑)

今回の「ゴロウ・デラックス」は、スタジオトークが少なくてホント残念でした。私としては前回までのような、これぞ深夜番組!!…って感じの展開が好きでした。もう毎回大爆笑で、スマ友さん以外にも宣伝したりして、「いや~、吾郎ちゃん最高!」とお褒めの言葉?をもらってたので、ちょっとテンションが下がってしまいました。「哀愁探偵1756」の時は休みの日に子供とほのぼのと観てたのですが、「ゴロウ・デラックス」は、とても家族とは一緒に観ることはできない、私の密かな楽しみだったのに。。(えっ?)
またゲストを交えての小島さんと吾郎のスタジオトークが復活することを願ってまーす。

そうそう、吾郎の舞台「ぼっちゃま」を観て参りました。席は後ろの方で視力の悪い私には吾郎の顔ははっきり見えませんでしたが、とにかく立ち姿だけでも本当に美しくてうっとりしてしまいました。やっぱり生吾郎は素敵です。そして内容も楽しくて、一緒に行った娘に「お母さん、笑いすぎ」と言われてしまうくらい笑わせていただきました。Kazuyoさんも大阪公演楽しみにしてて下さいね。私は吾郎の舞台観るのは初めてだったのですが、コンサートでの吾郎、映画での吾郎、ドラマでの吾郎、バラエティーでの吾郎といろいろな顔を見せてもらえて、吾郎ファンで良かったと心の底から思いました。今回「お花企画に」参加しそびれてしまたのですが、次回は必ず参加させて頂きたいと思います。素敵なお花にも感激して帰って来ました。吾郎ファンの方々もきっと素敵な方ばかりなのでしょうね。
なんだか思ったより長い文章になりました。消えなくて良かった~(汗)

投稿: こまみ | 2011/05/15 22:00

dramaこまみさん
お久しぶりです。コメントありがとうございました。何度かコメント残してくれようとしたんですね。文章が消えてしまう・・・それは悲劇だ(涙) 私も一度そういう目にあってから、必ずブログ記事もコメントへのレスもメモ帳に書いて保存しながら書き進めています。そうでないと、もう一度書く気力がなくなりますよね。是非、お試しください(笑)

今回の番組構成は決して悪いわけじゃないんですよね。ただ、今までの良い感じの悪乗り深夜番組のカラーが消えていた。それは、やっぱりせっかく「おもしろそうな番組だ」とリピートしてくれようとしていた視聴者を失くすことになります。深夜番組なんて、別にアンテナに引っかからなければ毎回見てみようとリピート視聴してくれません。一回のつまづきが致命傷になることもあるので、慎重に進めてほしいですね。題材もコスプレの流れも良かったと思うので、「やっぱり、編集ですかね」(笑) 小島さんが、またいい感じで吾郎への遠慮がなくなってきたので、やはり吾郎と小島さんとのトークは上手く使ってほしいと思います。結構おしゃべりな吾郎、毒舌の小島、マシンガントークの二人というポイントはぶれないでほしいと思う。

吾郎の舞台観てこられたんですね。あちこちで、笑えて泣けて良い舞台だと聞いています。そして、何より・・・吾郎が美しいと(笑) もう、最終的にはここが一番大事だと言っても過言ではないので(舞台演目は、それぞれ好みがありますからね)、そんな感想を見聞きして嬉しく思っています。大阪公演まではもう少し日があるので、吾郎には是非そのヴィジュの良さを大阪千秋楽までキープして頂きたいと思っています(爆) こちらで企画したお花を見て来てくださってありがとうございます。お花アレンジ班が非常に優秀なお二人なので自信を持ってお薦めできます(笑) 次回は、是非参加してくださいね。

投稿: Kazuyo | 2011/05/16 06:15

Kazuyoさんこんばんは。今週の「ゴロウ・デラックス」は確かにトークはあまり面白くなかったです。先週が凄すぎたのかもしれないですね(笑)オープニングトークの吾郎ちゃん作の「馬耳東風」は私の近所の図書館に置いてあって、何回も借りて読んでいます(笑)とても貴重で表現が吾郎ちゃんらしいですよね。どうしたらあんな風におしゃれな表現が思いつくのか聞いてみたいです。きっと吾郎ちゃんの頭の中に自然と浮かんでくるんでしょうね。小島さんも真似してましたが、女性はイチコロだと思います(笑)現に私も小島さんみたいに「吾郎ちゃんかっこいい!ステキ!」ってなってましたから(爆)でも小島さんも毎回面白いですよね(笑)同期の堀井アナウンサーのコメントが完璧すぎて闘志むき出しの小島さんも可愛いです。その横で冷静な顔をしてた吾郎ちゃんも良かったです。櫻井さんの好きなタイプが小島さんだと言うことに、ヤキモチ妬いちゃう吾郎ちゃん(笑)そういえば、この展開は初めてですよね。でもこれが普通ですね(笑)そして、吾郎ちゃんゴスロリ超可愛い!!似合いすぎっ!!あの格好で秋葉原歩かせたいです。他の女の子と違和感ないと思いますよ。今は背の高い女の子も多いので、女の子と間違われたりして、と馬鹿な妄想をしていました(笑)吾郎ちゃんには、メイドファションとかも似合いそうですよね。あっそういえば、吾郎ちゃんがゴスロリのままリンゴがなんかかじる真似してませんでしたか?あれがとても可愛いかったです。あのままいろんなコスプレ見たかったです。吾郎ちゃんに色んなポーズ撮らせたら、絶対可愛いですよね。来週もどうなるかわかりませんが、楽しみにしていたいと思います。

投稿: さおり | 2011/05/16 18:10

Kazuyoさん、「ゴロウデラックス」第4回目レポありがとうございます(ペコ)。 こちらはまだまだ放送お願い活動進行中です(笑)。いろいろなゲストのお客様がおみえになるので一概にトークで回すのは難しいのでしょうか?スタッフの方には是非編集も頑張って深夜の楽しめる番組にして頂きたいですね。 早速ファンの方からのリクエストで「馬耳東風」を朗読して頂くのは時間を取って数編朗読してほしいですね。私も同じです。 吾郎ちゃんの開き直りの姿も可愛いですね(笑)。今週の「世界カワイイ革命」、大人のカワイイって日本の認識だけでしょうか? 外国では大人がかわいいってあまり聞かないですが英国ではいかがですか? 吾郎ちゃんは正に年々可愛さアップupしてますよね!! 本当に綺麗で可愛いですheart01 コスプレの「ゴスロリ吾郎ちゃん」観たいsign03 何を纏っても絵になりますもん吾郎ちゃん。 早く放送観たくなりました(笑)

投稿: ピカチュウ | 2011/05/17 00:05

dramaさおりさん
トーク部分が少なかったですもんねぇ。VTRを海外の様子を見せるのは仕方ないとして、櫻井さんのコメントはスタジオで聞けば良かったんじゃないかと思います。スタジオトークではあそこまで語れないからVTRにしたんだろうか・・・。それじゃあ、「ゴロウ・デラックス」じゃないですよねぇ。これは情報番組ですよというのであれば納得できたんですが、やはり深夜のトークバラエティ番組だというのは貫いてもらわないと。吾郎と小島さんと櫻井さんのトーク部分は面白かったし、オープニングトークも最後のコスプレも最高だったので、やっぱりその線で進めてほしいですよね。しかし、吾郎のゴスロリ姿は最高でした(笑) 何度も言いますが、帽子はいらなかったわぁ。あれ、必要(爆)? あの帽子がないだけで、数十倍もっと萌えれたと思うと最後にはずしてほしかったぐらいです。最後、リンゴをかじる真似をしていたのは何だったんでしょうか?! お口が小さいからかじれないよねぇ~なんて見てたんですけど(笑) 毒舌リンゴならぬ、吾郎なら「毒リンゴ」をかじる白雪姫でいいじゃないかとか、そっちにどうしても考えが走ってしまって・・・う~ん、やっぱり物足りなかったですね(苦笑)


dramaピカチュウさん
そうですねぇ・・・今回のゲストの櫻井さんの活動をしっかり伝えようと思ったら、スタジオトークだけでは無理があったのかもしれません。もしかしたら、ゲストの方から最低限これだけはテレビに出演するにあたって言っておきたいことというのがあったのかもしれないし。それなら、二週に渡ってじっくりコスプレも品を替えて見せてくれればいいのに。きっと、櫻井さんゲストは今回だけだと思うので。海外で日本の「カワイイ」が大人気だということですが、英国ではないですね(笑) まず、コスプレとか人気あるのかなぁ・・・日本の原宿あたりのファッションが雑誌に掲載されることはあるけれど、それは見るものであって実際に着て歩いている人を見たことがない。それこそ、ゴス系(真っ黒なロックヴィジュアル系ファッション)ならたくさんいますけど(笑) 日本のカワイイアイドル風の女性を英国人の男性が「カワイイ」と思う人が少ないのも原因でしょうか。私が気づいていないだけかもしれませんが、英国ではロリファッションより断然「KONAMI」などのゲームソフト(キャラじゃないですよ)で燃える男性多しです(爆) 日本人のゲーム開発者なんて「神」扱いで、サイン会は毎回大盛況です(爆) だから、吾郎の「殿」のほうが「モー娘」より人気になると思いますね(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/05/17 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らいおんハート | トップページ | ナルシストの何が悪い! »