« ピンクの王子様 | トップページ | 舞台稽古中につき浮遊状態 »

野獣撮影会

今夜の「ゴロウ・デラックス」のゲストは、もっ○りカメラマンと称される(最近、この番組の感想書くとき伏字が多くなるんですけどぉ(笑))野澤亘伸さんでした。パッと見は、強面の方で思わず吾郎も「えっ(汗)?!」という感じなんですが、前回までの西村先生同様になかなか礼儀正しい方です。どちらかと言うと、野澤さんのほうが緊張されていたような(笑)

今回のオープニングの小島さんとの立ちトークは、初回放送が終わったあとの周りの反響で吾郎も「稲垣くんの素が出てるね」と言われるらしく(笑)、それを受けて小島さんが私たちファンを代弁して、「わ~、吾郎くんの素だぁheart 超、感激ぃ!長い間、ファンやってて良かった~heart」と可愛い声で吾郎の隣できゃぴきゃぴしてくださいました(爆) その様子に、思わず吾郎も照れっ。おぉ、吾郎ファン集めて吾郎の前で実際やってあげたいのぉ(笑) こんな可愛い照れた顔を目の前で見せてほしいわ。そんな小島さんの今夜の衣装に、「今日いいですね。パルメザンチーズみたいな色で」と言い放つ吾郎。今日も調子は良さそうです(笑)

さてさて、ゲストをお呼びしてスタジオトークが始まるわけですが・・・この番組の流れとしては吾郎と小島さんが課題図書を事前に読んで、その作品の著書をゲストにお呼びするという構成でいくらしいです。(やっと決まった(笑)?) まぁ、今後も変化していくとは思いますが、どういう番組なのかある程度は的を絞ったほうがいいですよね。しかし、吾郎さんは今舞台公演前でお忙しい。

吾郎 「僕ね、今日、あんまり段取り覚えてないんですよ。舞台稽古中で、よその活字を(頭に)入れたくないんですよ。今、すごく何万字っていう字を覚えているんで、あまりこういう・・見たくないんですね、字を」

恐縮して小島さんに謝罪をする吾郎ですが、そういうときのために小島さんがいてくださるんですよね。進行は任せてしまっても大丈夫だと思います。しかし、舞台の台詞をものすごく頭に叩き込んでいる最中の録りだったんですね。マルチタレントであるSMAPのメンバーだから仕方ないとは言え大変ですよねぇ。そんな吾郎が真剣に取り組んでいる舞台が二日後に開幕します。本当に楽しみですね。

そんな忙しい吾郎のためにか、今回の課題図書は水着姿のとってもセクシーで綺麗な写真が詰まった一冊の写真集です。

第三回課題図書 熊田曜子さんグラビア写真集 『天照』 撮影 野澤亘伸

Photo_35 まず、ゲストの野澤さんを呼ぶ前に、なぜ彼がもっ○りカメラマンと呼ばれているかという話になり、吾郎は彼が撮影したグラビア女性の写真を見る人間をそういう状態にさせるからと考えたのですが・・・そういうわけではなかったんですよね(爆)

吾郎 「もっ○りへのツールみたいな」

もう、深夜番組だからふつ~に吾郎が何度も言うんですが・・・文章として記事に残すのはやはり抵抗がありますね(汗) そのまま書いたら、また変な自動検索で回ってきたコメントが入っちゃったりするし。なんせ、うちはコメントはOPENにしているので(笑)

野澤さんがカメラマンとして至福のひとときは、被写体の「ノザワ・カーブ」という腰骨のくぼみの美しさと、「ノザワ・レッグス」といういかにモデルさんの脚を長くみせるかというカメラのアングルを駆使した美しい写真が撮れたときとか。ここで、野澤さんがナイスだったのは、小島さんではなくて吾郎に脚が長く見えるというポーズをお願いしたことですね(爆) 野澤さんの細かいポーズの指図にキョトンとしながらも言われるままにポーズする吾郎。

野澤 「そのポーズから上目遣いに僕のほうを見てください」

ぶはっ(吐血)!!!
 野澤さん、ありがとう~(笑) 

実は、いまだに写真を撮られることが苦手だという吾郎。言われるままにとったセクシーな「ノザワ・レッグス」ポーズはファンが普通に見たいものじゃないですかっ! どうせなら、「ゴロウ・デラックス」でいろんなカメラマンの方に来てもらって、吾郎をモデルにした写真集を番組から出してください! すごくセクシーな人なのに、カメラ前でポーズをとったり笑ったりするのが苦手らしいのですが・・・それは、スマップのメンバー全員のグラビア写真で個々の写真を見たときにそう思う。吾郎と中居くんは本当に苦手だよね(笑) 木村くんとかすごく自分を見せる術を知っているもの。そういう意味では、吾郎より木村くんのほうが良い意味でナルシストだと個人的には思います。

このあと、野澤さんが実際にフォトセッションをスタジオでやってくださることに。まずは小島さんから。最初は普通に撮影していたのに、いきなり「もっ○りカメラマン」に変身する野澤さん(笑) つまり、衣服をおパンツ以外全部脱いじゃうんですね。これには、撮られている小島さんも、傍から見ていた吾郎もビックリ! それに、キャラ変わってるし(爆) 怖いよ、こんなの(笑) ところが、自然な笑顔が撮影できるらしく・・・いろいろ撮りかたってあるんですねぇ。

小島さんのあとに、吾郎もカメラ小僧になって・・・なぜか野澤さんを激写(笑)! 吾郎、楽しそうだなぁ、撮る側だと(笑) とりあえず、「じゃあ、僕も・・・」と吾郎がモデルをかって出ると、「い、いいんですか?」といきなり焦る野澤さん。ジャニーズ撮ったことないのね(笑)

野澤 「ちょっと、吾郎さんの色気撮らせてもらっていいですか? 本当に以前から・・・かっこいいお顔されているので

おいおい、ことごとく男性ゲストをおとしていくのか、吾郎(爆)? とりあえず、普通にソファに腰掛けたいつものクールな吾郎さんの撮影。緊張すると言う吾郎に、「逆に僕のほうが緊張しますね(汗)」という野澤さん(笑) 座った位置から真正面に立つ野澤さんのナニのポジションの話をサラリとする吾郎! こういうところから扉を開いちゃうのよねぇ。まぁ、吾郎の座っているだけでかっこいいこと、かっこいいこと! 思わず、野澤さんも「超、かっこいい!」と言ってしまう(笑)

期待したのよねぇ・・・ものすごくセクシーな吾郎を撮ってくれるんじゃないかと。このあと、『野獣編』に様変わりしてなぜか吾郎を叫ばせて下のアングルから撮る野澤さん。そこは、普通に吾郎にも「とろ~ん」とした目をさせれば良かったんじゃないのか? 残念だよ(爆) これが、正直な心の叫びです(笑) まぁ、笑いましたけどね(苦笑) 最後の一ちゃん@笑の大学のような「ちゅ~してください!」の顔はキュートだったし・・・でも、セクシーな吾郎の写真が見たかったよ! 最初に撮っていた数枚も見せてくれたら良かったのに!

次回は、人気グラドルをお呼びしての撮影会だとか・・・普通に野澤さんとトークでいいよねぇ。上手く編集してくれることを期待しておきます。

|

« ピンクの王子様 | トップページ | 舞台稽古中につき浮遊状態 »

コメント

Kazuyoさん、こんばんは。

『ゴロウ・デラックス』は回を追う毎に良くなって来てますよね。
またゲストが深夜番組相応しい濃い方で(笑)、今までの番組では呼ばれることは無かった人達ですよね~。前回も西村先生がかなり凄かったですけど、今回の野澤カメラマンもカメラ持たせて戦闘態勢に入ったら凄いのなんの(笑)、吾郎ちゃん基本的に相手に合わせるタイプだと思うんですが、今回はホントに暴走キャラと化して非常に深夜番組らしい展開になったなと思いました。

この番組は小島アナが出演しているせいか珍しく弟も毎週欠かさずに見ていて、「吾郎ちゃんてこんな面白いキャラだったっけ?」と毎回ウケておりますが、今回の撮影大会では「ジャニーズがここまでするのか?」と馬鹿ウケ状態でしたよ。個人的にはKazuyoさんと同じく色っぽい吾郎を期待していましたが、一般的には最高の展開だったのかもしれませんね。

そうそう、私も野澤カメラマンに「ノザワ・レッグス」を極めた吾郎のグラビアをお願いしたいです。「写真を撮られるのがいまだに苦手」と言っていますけど、的確な指示を出されると直ぐに対応できる柔軟さや感性の良さはあるんですから、野澤カメラマンが真面目にやれば(今回はバラエティ番組というのを意識していたと思うし、色っぽい稲垣吾郎を撮るのに照れていた部分もあったと思うので)吾郎ファンが期待する色気のある稲垣吾郎を撮ってくれそうな気がします。

投稿: ななんぼ | 2011/05/07 00:11

Kazuyoさま

この番組は、見ていると「えっ、もう終り?」というほど時間が経つのを早く感じるのに、中身が濃すぎるせいか文字に起こすのは難しい! Kazuyoさんのレポを読んで「なるほど」とか「そうそう!」とかもう一度、面白さを再確認しています。

Kazuyoさんがおっしゃるように、ゲストが最初大分緊張されていましたね。ただ小島さんとは回を重ねる毎にお互いの遠慮感が少なくなり、いい感じに。弾けた吾郎さんが見られたのは良かったのですが、もう少し3人の会話が欲しかったなぁと思ったりしています。そしてやはり、知的で色気のある若き大学教授や、昭和の文豪の佇まいを感じさせる吾郎さんの写真を野澤さんに撮って欲しいです(写真集を強く希望)

投稿: さやか | 2011/05/07 17:34

今週もKazuyoさんのレポを拝読させて頂いて益々「ゴロウ・デラックス」楽しい深夜番組になってきていますね。今回のゲストの野澤さんもまた深夜にピッタリのお客様(笑)。ある種御自分を確立された方だと普通に見ていても興味が湧きますがプラスアルファ吾郎ちゃんとのやり取りが楽しいそう。吾郎ちゃん、その道で一流の方にことごとく好かれているのは凄いですね!私も「ノザワ・レッグス」ポーズの吾郎ちゃんを早く拝見したいheart01 「野獣編」も良いけどやっぱり「色っぽい」吾郎ちゃんみたいですね!!(早いけど総集編に期待) 番組に野澤さん撮影の吾郎ちゃん写真集企画お願いも良いですね。

投稿: ピカチュウ | 2011/05/08 00:56

cameraななんぼさん
ゲスト選びがなかなか難しい番組だとは思うのですが(今後、著者にこだわるのなら余計に・・・)、深夜番組ということも考えての選択はなかなか優秀ですよね(笑) もともとおもしろいと認識されている方たちより、想像もつかない一面を持っているゲストの方のほうがいいのかもしれない。つまり、吾郎のような(爆) 人間観察が大好きな吾郎の好奇心を揺さぶってくれるようなゲストを今後もお願いしたいですね。小島さんを知っている男性の方がとりあえず見てくださって、番組も面白いのでリピ視聴しているというのが結構あるみたいですね。こういうのも大事だと思います。女性ファンのように、出演者だけで見続けることは少ないと思うのでそれだけシビアな意見だと思うし、面白いと思ってもらえるのは素直に嬉しいですね。動画も落ちていますが、ファン以外での感想も多くなかなか良い傾向だと思います。吾郎の撮影写真は、確かにバラエティ番組としては大正解です。あれで、すかしただけの吾郎の画像を持ってこられてもおもしろくもなんともないですからねぇ。でも、ヲタ的には見たい!やはり、写真集出してもらうしかないですね。これも、皆でおハガキ出しましょう(笑) しかし・・・あの撮影のときの吾郎、また周りが見えてませんでしたね。撮影終わってセットに戻り座ったあとでも「はぁはぁ」になってたよ(爆) そんな吾郎が愛しいですな。


cameraさやかさん
確かに、番組を見ていて30分の時間の過ぎていった速さに毎回驚きます。それほど、集中して普通に番組として楽しんでいるんでしょうね。普通、番組のレポ感想というのは面白かったところをあげればいいわけですが、こう全編通して濃い内容となるとどこも切り取れなくて(苦笑) あぁ、あそこも書いておきたかったなぁというところが結構残ることになるのが残念です。でも、やはり見てもらって楽しんでほしいのでレポで全部書くと楽しみも奪ってしまうので。なるべく、この番組の感想は実際見てから読んでくださるのが一番いいと思います(笑) 未放送地区の方には、とにかくレポだけでも先に見ていかに楽しい番組かわかってもらえたらと思います。小島さんとは、回数を重ねればもっと良い感じになっていく気がします。とりあえず、小島さんにはSMAPの稲垣吾郎さんという認識は、この番組では隅に置いておいてもらってドンドン突っ込んでいってほしいですね(笑) 結構、吾郎のほうも覚悟を持って無礼講で番組を進めているのが見えるので(爆)


cameraピカチュウさん
どうして、こんな面白い深夜番組が全国放送にならないんだろう・・・。見てみたという世間の評判も結構いいので、再度ローカル局に要望を出してみてください。とにかく数が来ないと検討もできないということなので。番組も自由なら、吾郎も小島さんもゲストの方も自由にやっている感じがとても好きです。ただ、トークの部分でもおもしろいものを引き出してほしい。あまりバタバタにはなってほしくないんですよね。その匙加減でしょうか。今までの吾郎の深夜番組のスタッフさんたちは、必ず未公開映像を出してきてくれたのがとてもありがたかった。今回もその流れは引き継いでいってほしいと切に願います。これも、番組にお願いしていきたいですね。

投稿: Kazuyo | 2011/05/08 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクの王子様 | トップページ | 舞台稽古中につき浮遊状態 »