« 2TOPからの優しさ | トップページ | ヘビー ローテーション! »

ひっつき虫で遊ぼう!

今回の「ゴロウ・デラックス」は、少しひと休みという感じで、前回までの怒涛の深夜放送のノリとは少し違った趣で展開されました。リアルタイムで見ていると、そのギャップに少しテンションが下がった感じを受けたのですが、見直してみると結構笑えるんですよね(笑) とにかく、ゲストの方の濃いキャラと、吾郎の投げやりなリアクションが見事にマッチしてなかなか面白くなっていたのではないかと思います。

オープニングで、「こんばんは」と静かにご挨拶をする吾郎と小島さん。

吾郎 「ローテンションで、また始また★x○%ましたね」
小島 「だいじょうぶですか? 今、噛みましたね(笑)」
吾郎 「あのね、ベロの先に口内炎ができて。舞台でしゃべりすぎて、しゃべるとベロって歯にあたるじゃないですか。あまりにも二時間半しゃべっている芝居なんで。あたるから、ここ(歯)に」
小島 「まぁ、力半分でもいいですから、がんばりましょう」
吾郎 「半分でやっても、番組が楽しくなればいいんでしょ?別に」
小島 「いいですよ(笑)」
吾郎 「さぁ~、始まりましたぁ!(ハイテンション)って言わないでしょ?あったほうがいいの?」

(笑) いきなり言い訳マンになっている吾郎ですが、口内炎ができて大変なんですねぇ。でも、きっと疲れているのもあるんだと思うと、笑ったけど頑張れ!って思ったよ。

ここで、AD役の親太朗くんが登場! 小島さんのラジオ「キラ★キラ」が本になったようでそれを持ってきてくれます。「どうやって、山田くんを(番組で)活かせばいいの?」と優しいコメントをする小島さんですが、捨てられた子犬のように親太朗くんが見る先は・・・やっぱり吾郎さん(爆)

そして、吾郎が小島さんの本を朗読。チョイスした箇所は、ウ○コ連発(苦笑)

吾郎 「何ですか、コレ?

オープニングが、回数を重ねるごとにおもしろくなるのは、吾郎と小島さんの二人の息が合ってきているからですよね。お互いがお互いをそれぞれのラジオで「とてもおもしろい方」と尊敬を込めて話されているので、すごく良い関係なんでしょうねぇ。

第六回課題図書 『ひっつき虫観察便利帳』 岩槻秀明著

ゲストとして出演された岩槻さんを見た瞬間・・・

吾郎 「ウソ~(笑)」

とのたまう失礼な吾郎さん(爆)
まぁ、私も一瞬、山ちゃんが出てきてくれたのかとは思いましたが(笑) 見た目の風貌といい、話し方といい、なかなか強烈な個性を持ったキャラクターです。

しばらく、「え~・・・」「うそ~」を繰り返す吾郎(笑) 小島さんが、何かと隣で世話をやいている間、また不思議な生き物観察タイムを続ける吾郎さん(爆) そのじっ~と見る癖やめて!かわいすぎるから(笑)

「何とお呼びすればいいんですか?」という吾郎の質問に「わぴちゃん♪」と応える岩槻さん。若干固まる吾郎がたまらん!かわいい(笑)! 吾郎と小島さんにお土産としてかわいいウサギ(?)のぬいぐるみを持ってきてくれるわぴちゃん。吾郎のには、かっこよくと眉毛をわざわざフェルトペンで描いてきたというマメさ。

わぴちゃんが自分の帽子にムササビ(?)のぬいぐるみをつけているので、良かったら同じようにと促され、自分の頭の横にウサギのぬいぐるみを持っていく小島さん。「吾郎さんもね」とナイスな振りをする小島さんに、仕方なく自分の頭につけてみる吾郎。うわっ!激かわですぅ!!! 「かわいい、かわいい」という小島さんをチラリと見て、その綺麗な長い指で持っていたウサギをわざと床にボトリと落とす吾郎(笑)(笑)(笑) 「ちょっと!人の真心を!」とそれを拾いにいきながら、笑って吾郎に諭す小島さんに、「だって、使わないも~ん」という子供のような吾郎。うぅ・・・かわいさ百連発状態でした(笑)

Photo_32 このあとは、ADの親太朗くんがわぴちゃんと一緒にひっつき虫探索に外ロケをしたVTRが流れます。この時間がちょっと長かったかなぁ。少し寝そうになっていたら、案の定、舞台でお疲れの吾郎も眠そうです(笑)

VTRのあとは、親太朗くんがわぴちゃんのプロフィールをフリップにして持ってきます。こう見えても、わぴちゃんは17歳で気象予報士試験に合格しているつわもの。そんな中、わぴちゃんが親太朗くんにひっつき虫を投げたのをきっかけに、吾郎や小島さんも同じように親太朗くんへと・・・自由すぎるやろ(笑)!

そのあとも、トークしながらわぴちゃんが吾郎にひっつき虫を投げて「なんだよ~(笑)」となったり、小島さんが今回はキレキャラに決めて突き進む吾郎と独特なキャラのわぴちゃんの間でフォローしながら番組を進めていたり、「オヤジのようなダジャレ」をかますわぴちゃんにプチッとなる小島さんを逆に吾郎がフォローしたりと、なかなか見直すと見どころが落ちてますね(笑)

わぴちゃんの『好きな草ベスト3』を紹介したあと、『わぴちゃんと野草で遊ぼう!』と称してスタジオでお待ちかねの実践コーナーです。金田一さんのような帽子に頂いたウサギのぬいぐるみをつけ、三人で子供のようにはしゃぐ様子が微笑ましい。ひっつき虫を投げあいっこしたり、野草をかじったり匂ってみたりで大きなリアクションをする吾郎。ベロの先の口内炎が若干、いつもの「利き」が振るわない様子でさえも笑いになっていたのはさすがです(笑)

いろんなことをさせられて少々退きそうになりながらも・・・

吾郎 「でも、気をつけて。虫とかに刺されないように」

と優しい言葉をわぴちゃんに最後にかける吾郎に、あぁ、これが本音。やっぱり優しいと、また惚れ直してみたり(笑) ゲストの方を気持ちよくおもてなしするのが「ゴロウ・デラックス」。ここだけは、どんな企画が来てもきっと変わらないんだろうなぁ。面白くて素敵な番組だと思います。

|

« 2TOPからの優しさ | トップページ | ヘビー ローテーション! »

コメント

Kazuyoさんこんばんは。今回のゲストの方は、植物に詳しくて、少しインテリ風の方かな?と思っていたんですが、本当に「オタク」って言葉が似合う方でしたね(笑)登場した時の吾郎ちゃんのリアクションが分かりやすくて面白かったですw私はあまり植物とか草には興味ないんですが、色んな種類の草があるんですね。そこは、勉強になりました。トークの時に岩槻さんから渡されたぬいぐるみをさりげなく床に落とすチョイ悪吾郎ちゃん(笑)あのぬいぐるみって何か意味があるんですかね?でも吾郎ちゃんぬいぐるみ似合ってましたね。途中から帽子にぬいぐるみを付けてトークしていましたが、あれちょっと恥ずかしかったかもしれないですね(苦笑)ひっつき虫は懐かしかったです。私もよく子供の頃友達と吾郎ちゃんたちみたいに遊んでいました。岩槻さんにひっつき虫を投げつけまくるいたずらっ子みたいな吾郎ちゃんが可愛かったです。岩槻さんに投げ返されて「なんだよぅ~」って子供みたいに言う吾郎ちゃんも本当に楽しそうでしたね(笑)「ゴロウ・デラックス」は、結構個性の強いゲストの方が多くて毎回どんな展開になるのか楽しみですよね。話は変わるんですが、「ぼっちゃま」無事千秋楽終わりましたね。Kazuyoさんは、いつ行かれるんですか報告楽しみにしていますね。

投稿: さおり | 2011/06/05 21:48

kazuyoさん、こんばんは。前回まで深夜勉強の刺激にドキドキしながら見てたので、今回はホントに
まったりした内容でしたね。ちょい、物足りなかったかも。
吾郎ちゃんは虫とか河川敷とか苦手そうだから、親太朗君が来てくれて、ロケもやってくれて良かったですね。
以前ここで「ゴロデラ」の面白さを絶賛してしまいましたが、深夜番組って見れない方もたくさんいるんですね。気遣いなく面白いを連発してしまい、反省しました。ぜひ全国放送になってほしいと思います。

投稿: keiko | 2011/06/05 23:19

Kazuyoさん、ゴロウ・デラックスレポありがとうございます。 先週・先々週の宋先生の回がインパクト等強かったので今週は舞台でお疲れ度が高い吾郎ちゃんには良い内容のテーマだったのではないでしょうか(笑)
お子ちゃまのように自由度高くはしゃぐ吾郎ちゃん達のユルさが良さそう!疲れている時は癒されますね。今回、吾郎ちゃんが可愛さ120%のようで37歳でうさぎのぬいぐるみが似合う男性なんていないですよね(想像できる自分がこわい(笑)) ちなみに「ひっつき虫」ってどんなのだっけ~っと全国いっしょのみどりの植物かな?と想像してました。ゴロウ・デラックスはスタッフの方もいろいろ考えてゲストの方をお呼び下さっているのがわかるし、小島さんとの息もピッタリで、親太郎くんも可愛いので半年・1年と続けていって全国放送してほしい番組になってきていますね。

投稿: ピカチュウ | 2011/06/06 00:50

cloverさおりさん
思わず吾郎が「うそ~」と言ってしまうほどの、濃いキャラでしたね(笑) なんと言うか・・・お魚ちゃんの植物ヴァージョンというか(爆) 声だけ聞いていると女性かと思うほどの、うきうき度がすごい方でした。なかなか前回までが濃い内容だったので、肩透かしをくらった感じがあり初見はテンションあがりきらなかったのですが、なかなかこれはこれで興味深いテーマでおもしろかったですよね。吾郎の確信犯的な「黒吾郎」勃発が非常に楽しいものとなっています。これが、わかっててのキャラ設定なら、やはり吾郎はかなり頭の回転が良い人となりますが、おそらく天然も入っているでしょうね(笑) ぬいぐるみのくだりは全部おもしろかったですね。「かわいい」ものに興味がない吾郎。とても正直です。私もまったくと言っていいほどキャラクターとかに興味がない人なのでわかるのですが・・・床に落とすようなことはできないなぁ(笑) 小島さんの「こらこら」というリアクションにちらちらと様子見している吾郎がかわいかったです。あっ、やりすぎたかどうかチェックしているなぁって。基本的に、クールと世間では言われている吾郎ですが、実は無邪気な人なので実践は楽しんでましたね。面倒くさくなっているところもあるにはあるんですが(笑)、番組のことをちゃんと考えてます。うん、やっぱり賢い方ですね。

大阪の舞台は、初日、千秋楽を含め3回の観劇に絞りました。(これ、皆さんに驚かれるのですが(笑)、もう無茶はしないことにしたんです) 経済的な面もありますが、数少なくじっくり濃く今回は観劇させてもらおうと。その分、しっかり感想はUPしますね。そのときは、読んでやってください。


cloverkeikoさん
私も、リアルタイムで見ているときは、正直「えぇ?!せっかくリアルタイムで視聴できるのに、これ?!」って思ったんですけどね(笑) ところが、落ち着いて見直してみると笑えるところもしっかりあったし、なかなか興味深いテーマだったんだなと気づきました。艶っぽいのを期待しすぎて見る番組ではないということを認識しておかないともったいなことをします。いろんなテーマを取り上げていくというのでいいと思いますね。まだまだ全国放送にならなくて、見れない方も大勢いらっしゃるんですが、是非「おもしろい!」と叫んでいってください。そうすることが口コミになり、全国放送に繋がります。未放送地域の方が知人にいらしたら、どうにかしてできるだけ見せてあげてください。そして、地元局に要望をたくさん出してもらってください。それしか方法がないんで(苦笑)


cloverピカチュウさん
お疲れですね、吾郎さん(苦笑) いきなり噛んでしまったり、声も掠れているところもあったので。でも、もともとハイテンションで番組を進行する方ではないので、怠けて仕事をしていたということではなく、いい感じで力が入ってなくて深夜番組には案外向いている人だと思います(笑) 小島さんが、オープニングでおっしゃってましたが、そういう部分は他の方がやってくれるので。それはゲストであったり、スタッフの編集であったり(笑)、小島さんのフォローであったり。吾郎は、いつもと同じように吾郎ワールド全開でいいと思います。それが、この番組の良いところなので。ひっつき虫の投げあいでは、いきなり子供になる吾郎。むきになっちゃってかわいいのぉって思って見てました(笑) 何気に立ち姿も惚れ惚れできて、ヴィジュもいいので立っているだけでファンとしては楽しませもらえる番組です(爆)

投稿: Kazuyo | 2011/06/06 01:46

こんにちは、kazuyo様。
「ひっつき虫」面白そうですね。安心して娘といっしょに見れる!?(笑)
kazuyo様が感想をあげてくいださるんのを読んで三週間後の放送を楽しみにしています。感想を先に読んでいても、吾郎ちゃんのリアクションとかかわいくて十分楽しめるというか、三週間後でも見れて良かったと思える番組ですね。地元TV局に感想とともに、追いつくようにお願いしたいと思います。
今回、こちらで放送があったのが「ロスゴリ」の回ですが、最後の吾郎ちゃんの衣装で盛り上がってしまいました。これって、女性用ですか?娘が「黒執事」で○○(男性)が来ていたようだ。とか言っていたのですが。あのコミックでは、ありかも・・・それにしても吾郎ちゃん、スレンダーで小島さんより違和感なかったような・・・(毒apple・笑)

私も、驚きました(笑)3回ですか。でも、同じ千秋楽を見ても目の付け所が違うんでしょうねぇ~。感想楽しみにしています。

投稿: かる | 2011/06/06 10:07

前々回、前回と全力疾走したような凄さがあったので、今回は適度なインターバルで一息つけた感じですね(笑) こんな回があってもいいですね。あんまり飛ばしすぎても長続きしないでしょうから。。お疲れな吾郎さんにとってもホッとできる企画だったと思いますし(笑)
しかし、この番組を観る度に世の中にはいろんな人がいるんだなぁ…と思います。今回のゲストの岩槻さんはKazuyoさんのおっしゃる「お魚ちゃんの植物ヴァージョン」という表現がぴったりで、吾郎にひけをとらないKazuyoさんの生き物観察の素晴しさに脱帽です(爆) もうあまりにぴったりで大ウケしてしまいましたよ。いつも番組を観てからKazuyoさんの文章を読むと二度も三度も楽しめます。ありがとうございます。
口内炎のできてる吾郎。本当にお疲れモードなんでしょうね。「ぼっちゃま」の東京公演も終わり、次はいよいよ大阪。もう少し頑張ってもらわないとですね。Kazuyoさんは3回観るんですね。羨ましいなぁ。。感想楽しみにしています。


投稿: こまみ | 2011/06/06 12:59

cloverかるさん
そうですね、今回の放送は娘さんと一緒に見て楽しめる放送になっていると思います。前回の保健授業のようなものも娘さんとなら一緒に見れるかなぁ。旦那様とのほうが難しいかも。(ある意味、リアクションが面白いかもしれませんが(笑)) そちらでは「ゴスロリ」吾郎さんの回だったんですね。ああいう衣装は、本当に吾郎によく似合います。ちょっと貴公子っぽいのは間違いないですね(笑) 舞台中で痩せてきている吾郎ですが、回を重ねるごとにもっとほっそりされてきているので次回放送も楽しみにしていてください。舞台ですが、3回しか観ないのはやはり驚きますか(笑)? 以前、「魔法の万年筆」で地元大阪だからと全公演制覇したのですが、合間に入るオフ会などを挟み千秋楽まったく集中して観れなかったんですよ(苦笑) なので、それなら数減らしてじっくり楽しんだほうがいいかなぁと思って。高い航空券払って日本に来るわけだから、もう少し観たほうが・・・とも考えたんですけどね。自制しました(爆) 感想はしっかりあげようと思っていますので読んでやってください。


cloverこまみさん
いろんなテーマを取り上げていくことで、この番組はいいと思います。深夜放送で好評だったとは言え、お色気ばかりでは吾郎の番組としてはもったいないとも思うので。ちょっと、もう少し・・・と思っている段階で、新しいテーマなどを取り上げていくのは間違ってないと思います。今後も、どんなゲストの方をお招きして、どんなテーマで企画されていくのか楽しみですね。必ずおもしろいツボを落としてくれる番組なので、この番組の記事はとても楽しくあげさせてもらってます。「Goro's Bar」のように長く続いていってくれる番組になるといいですね。スマップのメンバーが本を出したら、是非ゲストで呼んでほしいですね。だから、スマップさんたち本を出してください(笑)! 「ぼっちゃま」の東京公演が無事終わったと思ったら、いきなり秋からの吾郎の舞台が発表されて驚きました。役者の仕事をがっつりしてくれるのは嬉しいので、秋の舞台も楽しみですね。私は観れませんが(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/06/07 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2TOPからの優しさ | トップページ | ヘビー ローテーション! »