« SMAP AIDの曲リスト | トップページ | 夏の怪談デラックス »

ブルドクター episode6

ヤバい・・・名倉先生の出番はそう多くはなかったのに、今夜の「ブルドクター」もおもしろかった(笑) これは、嵌ってきたか(笑) 今回も、最後の詰めが甘い、甘すぎます。でも、また親子の愛情で上手く泣かされてしまった。そして、ストーリーのテンポがなかなか良い感じなのものめり込んで見てしまう理由でしょうか。あぁ、もちろん、吾郎が出演する部分は今回も例外なくやられました。今回は甘い潤ちゃんじゃなくて、真っ黒でしたけどね(爆)

三年前に大達先生が解剖を担当した男性の息子が、彼女の息子を誘拐して当時の「自殺」から「他殺」に切り替えるべく脅迫するというストーリーがメイン。そこに、大達親子とご遺族の親子に加え、珠実と知佳の友情まで入れ込んできたのは天晴れでしたね。一話にこれだけ詰め込んだら、普通はぐちゃぐちゃになりそうなところを綺麗にまとめてきたと思います。よって、今回は名倉と知佳の部分が希薄になるのは仕方なし。

先週のあっまい名倉先生はいづこへ(笑)? 法医学チームの面々が仕事も放ったらかして大達先生の息子が無事に戻ってこられるように動き回るさまを、冷めた目で一人黙々と仕事をしながら何かおもしろくなさそうな潤ちゃん(苦笑) 普通は、仕事する名倉先生のほうが正しいんだろうけど・・・当然、ドラマでは名倉のほうが嫌な奴に映っております(笑) 武田教授が手の震えを止めるためにアルコールを飲もうとするところも目撃してしまい、自分が解剖に向かうのはいいのですが・・・最後にはなんだかこれを利用しそうな名倉先生の目が怖いわっsweat01! 吾郎って、やっぱり演じているときに良い表情をしますよねぇ。

今回のオープニングとエンディングでの対比が次週に繋がるような気がします。つまり・・・知佳は、警察の仕事が自分に向いているかどうか悩んでいる。恋人である名倉に聞いてみると、「僕にはわからない」といういつもの常套句しかもらえない。(これも、間違っていないんですけどね) 途中で珠実にも同じことを質問してみる知佳。そのときには、「そんなことを聞く段階で向いていないと自分で思っている」と言われる始末。そして、知佳の協力もあって最後に無事に息子が戻ってきたあとで、珠実が知佳に言うんですよね。「向いているんじゃない?」と。嬉しそうな知佳。

これは、潤ちゃんピ~ンチ(笑)! それでなくても、大達先生と比べられるのが何より嫌い。法医学チームの間では、全員が大達先生のほうを尊敬しているように見えるのに、恋人まで気持ちを持ってかれたら・・・名倉には、何も残っていない。予告のベッドの上で寂しそうに考える名倉先生にきゅ~んheartと。やっぱり、曲者路線で来週はくるのか?! そうであったら、先週の「僕も好きだよ」があまりにも寂しすぎる。切ないねぇ、潤ちゃん。やっぱり、名倉先生目線で見てしまうヲタ心。ドラマ自体を楽しめるようになってきたので、次回の放送もすごく楽しみです。

|

« SMAP AIDの曲リスト | トップページ | 夏の怪談デラックス »

コメント

Kazuyoさん、Kimさんロンドン在住の皆様、今日ロンドンで30代の日本人女性の方が暴徒に襲撃され持ち物を奪われおケガをされたとのニュースをお聞きしました。大変心配です。どうぞご無理はされませんように身辺を気をつけ下さいませ。 ブルドクター第6話、Kazuyoさんがおっしゃるように潤ちゃんびいきしてしまう。だってあんな美しいお顔で冷たい目線で皆を見ているのに悲しげにみえちゃうんですもの。先週のコンプレックスを持った潤ちゃん見てしまうとどことなく弱い部分を隠す為に皆より一歩引いていつでも第三者的にさめて観ている感じがして肩もってしまいますよね。確かに話的には嫌なヤツで最後に武田教授まで脅しているようにも見える感情のない人形のような能面のような表情にゾクってきました。今回もセリフのない目や表情だけの演技がセリフ以上に物語っていて凄かったですね。潤ちゃんの周りの空気だけが温度が違って見える。来週は「真っ黒潤ちゃん」どう話を動かすのでしょうか。橋部さんの脚本って心底嫌なヤツっていないので潤ちゃんキャラどう使うのか興味が出できました。来週も楽しみですね。ベットの潤ちゃんが気になる!!

投稿: ピカチュウ | 2011/08/12 00:58

bombピカチュウさん
お気遣いありがとうございます。ロンドンは、なんとか収まってきました。今朝、雨が降ったんですよ。「結構暴れたし、雨降ってきて面倒くさいし・・・飽きちゃった」ってところでしょうか(苦笑) てめーら、勉強しろよ!って思いますね。こんな若者たちが将来の英国を担っていくのかと思うと情けなくなります。ただ単に、夏休み中暴れたかっただけでしょうね。ものすごく腹が立ちます。日本人女性が襲われたと聞いて驚いたんですが、夜道を一人で歩いていたのはダメですね。自己防衛がまず一番大事だと思います。避けるべきことは、自己管理するのが大事。

まぁ、このドラマでも「君、君。事件よりもまず君は勉強しなさい」というキャラがいますが(笑)、私は前々回ですでにこのドラマでは細かいところはスルーするようにしたので楽しめるようになったんだと気づきました。医療ドラマや刑事ドラマとして見たら、あらゆるところで粗が見えて集中できないです。さらに、あまりに珠実の家族愛に注目しても楽しめない。そうなると、おのずと楽しみ方はひとつ。名倉先生を追っかけるしかないです(笑) そうやってみたら、非常にありがたいドラマであることが先週からわかってきたので。もちろん、まだまだ彼のキャラも掴みどころがないし、下手したら最後に全部綺麗にまとめてくれるのか不安と言えば不安です。大達先生とのライバル心はどう持っていってくれるのか、知佳との関係はちゃんと納得のいくようになるのか・・・さっぱりわからん(爆) でも、役者としての吾郎とヴィジュの素晴らしさで少なくとも楽しさを与えてくれているドラマだと思います。ストーリーも深く考えなければサラリと見れるので、ある意味名倉先生にロックオンしてドラマを追っていくこともできます。来週で、もう少し彼の考えがわかるかもしれませんね。もう、ここだけを楽しみにして見ているので、ここを雑に作られたらまたキレるかもしれない。なんせ、他のところは全て「我慢」を通り越して受け入れるようにしたので(笑) さぁ、最終回、キレずに済むのか楽しみですねぇ(爆)

投稿: Kazuyo | 2011/08/12 06:58

kozuyoさん、こんにちは。
私も細かいところはスルーするように・・・っておもって見てるんですが(笑)「珠実の家族愛」も少し飽きました。だって、毎回結局「Happy end」なんですもの。いえ、不幸を期待してるわけではないんですが、こう何回も続くと浅いというか、軽いんですよね。知佳じゃないですけど、仕事も思うがまま、理想的な旦那様に、いい息子!面白くない!(何が?)リアルに嫉妬してるのかも・・・(笑)刑事ドラマとしても「雑」を通り越していると思いますし・・・あっ、結局引っかかってる・・・(爆)
でも、「知佳は何でこんな男が好きなんだ!」っていうままでの最終回はやめてほしいですね。「黒」か「白」かハッキリして欲しいです。でも、キレたkazuyoさんの語りも、ちょっと楽しみかも・・・っと、と、主旨が違ってきました(笑)

投稿: かる | 2011/08/12 10:35

こんにちわ
医療ドラマとしても、刑事ドラマとしても、真剣に見ちゃいけない!と心掛けても、いろいろツライところがあるドラマで、途方にくれてしまってます。kazuyoさんの心境に早く到達できればいいのですが、なかなか。
ちゃんと仕事してる?!という疑問が湧かずにはいられないのが、ほんとに辛い(笑)
吾郎さんは、只今絶好調なので、その点では、何一つ問題はないのですが、余計に、もうチョット…なんてワガママな欲が出てしまいます。まあ、もう今更ですので、こうなったら、名倉先生にどんなオチが待ってるのか、来るならドントコイ!と構える事にしています。
Kazuyoさんはブラック名倉がお好みですか?
個人的には、大変地道にお仕事をこなしているにも関わらず、教授以下皆さんから、不当な評価を貰っている名倉先生に、是非とも「より良き人」であって欲しいなあと思います。それでは、本文で美しくまとめつつ、コメントの返事で、そこはかとなくブラックなことを答えていらっしゃるkazuyoさんのブルドクター感想、今後も楽しみにしていますね。

投稿: カルニ=マグイッチ | 2011/08/12 19:38

kazuyoさん、こんばんは。リアルタイムでは先週以前に戻ってちょっとイライラしてしまいました。ほんとに先週の可愛いツンデレ潤ちゃんはどこへ行ってしまったんでしょうね?どうも名倉先生のキャラがブレているような気がしてしまって、つらいです。ただkazuyoさんの感想やみなさんのコメントなど読んでもう一度見直してみると、そこそこおいしいから不思議です。kazuyoさんが前にご指摘されたように、美亜ちゃんは視聴者に法医学の事を説明するために必要なんですよね。今回は名倉先生がクールに淡々と(声が渋すぎます!)説明していたので、おいしくいただきました(笑) ただ、学生でしかもまだ1年生なのに授業は?というのがどうしてもひっかかる・・・ せめて藤村君のように大学院生なら気にならなかったのかと。 みんなが大達先生のためにバタバタしている後半は名倉先生の台詞がほとんどなく、とにかくUPが多い(嬉) 台本にはいったいなんて書いてあるんでしょうか? あんなに表情だけの演技をさらっとできてしまう吾郎ちゃん素敵ですheart02  最後に教授に「ご相談」している名倉先生の瞳は「流れ星」の修一のようでした(怖) これで教授の謎と名倉先生と知佳のストーリーがお粗末だったら、ほんとにがっかりですが、このイライラ感も含めて楽しみたいと思います。舞台やイベント、観覧に縁のない地方組には連ドラは番宣も含めてほんとにありがたいお仕事だと今回実感してます。来週は名倉先生のお部屋が楽しみですね。

投稿: さっぴぃ | 2011/08/12 22:08

Kazuyoさん こんにちわ!
このドラマは、多分ですが大達先生目線でみている大抵の一般視聴者の方には普通に見れるようですね。(私のまわりの意見ですが・・・)名倉先生目線でみてしまう私にはひっかかってばかりで疲れます。なのに名倉先生を研究室から浮いた存在にしたり、教授にも何かしかけるようにみせたり、いったい名倉先生をどうしたいの?いい人なの?悪い人なの?どっちなの~!!と叫んでいる私はまんまとドラマにはまってしまっているのかも・・・coldsweats01
これからの展開に期待してます。私には名倉先生は悪い人には見えないのですが、そうあってほしい願望もあるかなwink知佳ともうまくいってほしい。実は名倉先生みたいなキャラ大好きなので・・・happy02
毎回吾郎ちゃんがすごくかっこよくて、今回のドラマ今のところそこだけは大満足ですheart01

投稿: 金ちゃん | 2011/08/12 22:36

bombかるさん
皆さん、「佐々木夫妻」のときはどうやって視聴してらしたでしょうか? 私は、リアルタイムではもう何をしたいのかわからなくてストレスがすごかったんですが、ドラマが終わってDVDで気楽に見てみると結構楽しめたんですよ(笑) その教訓を今回は肝に銘じて見ています。とりあえず、一話完結でサラリと見れるのなら他は目を瞑ろうと。おかしいところを挙げていくと、そこここにありすぎるので。どうして、吾郎が出演するドラマは吾郎のキャラが四面楚歌状態になるのが多いんでしょうね。たまには、ストレートに「かっこいい!」と思えるものも作ってほしいわ。次週が「黒潤ちゃん」になるのなら、それこそ知佳が名倉のどこに惚れたのかわからなくなるし、もしかしたら惚れたのは錯覚だったかもしれないというような流れになるかもしれないと覚悟しています。名倉先生以外はスルーするように努力しますが、彼のキャラが崩壊したらしっかりそこは指摘させてて頂きます(笑)


bombカルニ=マグイッチさん
このドラマは、メインの女性二人のキャラが魅力がないのが最大の欠点ですよね(苦笑) 性格が良いとか悪いとかじゃなくて、ドラマの中で気持ちよく動いてくれない。演じている女優さんは素敵なのにもったいないとしか言いようがないです。それもあって、名倉先生にファンだからというのを差し引いても惹かれてしまう。どう考えても、名倉先生が今のところ一番法医学教室の中でまともですから。自分の仕事に全うしていて、周りに左右されずにぶれない。ものすごく魅力がありますよね。だから、恋人である知佳と上手くいかなくてもいいんじゃないかとか、大達先生とわかりあえなくてもいいという間違った見解になってしまう(苦笑) 魅力のないキャラクターとの関係性に興味が沸かないからです。最終的に名倉先生がブラックなほうがいいかどうかというポイントですが・・・彼の性格がぶれない限りどう転んでもらってもいいですね。この辺は、来週武田教授との絡みで進展があるかもしれません。雑誌で吾郎さんが、このドラマを楽しんで見てほしいと言われていたので、とりあえず本文記事には肯定的に書いているんですけど・・・そろそろ折り返し地点。このままじゃあ、吾郎のお願いがあってもダメ出しはさせて頂きます(爆)


bombさっぴぃさん
イライラしますよね。法医学チームの面々は仕事はどうなっているんだ?!と聞きたくなります。成海も、大達先生が定時過ぎに解剖をしたいと言えば忙しくてそれどころじゃないみたいに言うのに、むちゃくちゃ暇そうに見えるのもすごく違和感です。先週の母親とのエピソードが素敵だったのに残念で仕方ない。名倉先生のキャラがぶれているんじゃないんですよ。謎は多い人だけど、それよりも周りのキャラがぶれているんです(笑) 名倉先生は、最初から一環して自分の仕事には専念しているし、大達先生一人が加わったぐらいで何も変わらないのに、他のメンバーは全員影響されまくり(苦笑) それで、名倉先生一人が悪者のような設定になってブラック潤ちゃんにまっしぐらなら、なんだかなぁって感じですよね。引っ掻き回す悪い設定のキャラなら、それはそれで楽しませてもらいますが、しっかり女性二人のキャラも魅力あるものにしてほしいですね。珠実の弱さも、今まで凛としていた部分が薄れてしまったし、知佳にしても珠実に影響されたのかもしれませんが、たった一回遺言状を見つけ出したぐらいで仕事に自信を持てるだろうか。それも、あれだけおおごとに警察官が押し寄せた事件なのに「誘拐」をなかったことに同意するのが警部としてはどうなの?と聞きたい。あぁ・・・疑問に思ったことを暴露してしまったら、とんでもなくダメなドラマ決定になってしまうのでやっぱり控えます(汗) それでも、テレビドラマは平等にファンが楽しめるというのは同意です。どんなキャラでも設定でも、吾郎が役者魂を見せてくれるのはそれだけでファンとしてありがたいですよね。そういう意味では、「ブルドクター」万歳!です(笑)


bomb金ちゃんさん
珠実目線で見ていると、仕事をバリバリこなし幸せな家庭を持っている素敵な女性。息子のことには普通の母親と同じく悩みもあるし、共感できる部分もあって楽しめるという感じでしょうか。そういう目線で見ると、名倉先生はなんだか陰湿で、珠実のやることなすこと気に食わないし、いざというときにはちっとも医師として役に立たない魅力のない男性ってところですかね(爆) どのキャラの目線で見るかで、ドラマの見方が180度違って見えるという意味では、なかなかおもしろいドラマじゃないでしょうか(笑) ちなみに知佳目線で見ている視聴者にも、名倉先生は愛情薄くて自分勝手な恋人って映っているでしょうね(爆) つまり、名倉先生目線で見ている私たちが、女性二人に魅力を感じないのは当然。片方が好意を持って見ていなければ、相手も同じだという典型的な人間模様になっていることになります。脚本家の橋部さんや、プロデューサー、演出家の方たちは、視聴者にどういう風に見てほしいんだろう。いろんな目線で楽しんでもらうのが本望なのかな。なので、私はこのまま潤ちゃん贔屓で視聴続行させて頂こうと思います(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/08/13 03:18

KAZUYOさんこんにちは。私も、「ブルドクター」どうやら嵌ってきたようです(笑)この系統のドラマは基本的に好きなので見入ってしまいます(笑)今回は、残されたご遺族の気持ちと、珠美と知佳の友情と親子愛の深さがテーマだったように思います。最初は珠美に直接「父は、自殺じゃないんだ!」と抗議すればいいものを、(自分の大切な人が自分達を残して逝くわけないという気持ちはわかりますが…)なんの罪もない子供を誘拐するなんて非道すぎるって思っていました。また、康介を誘拐され、普段は気の強い珠美がどんどん不安定になっていくのを見て、胸が痛くて「犯人めー」って思ってたんですが、話が進むにつれ、確かに、誘拐は許せないことだけど、もし三年前に知佳が言ってたようにちゃんと警察が調べていたらあの兄妹もこんなことしなかったと思うし、それだけ、自分の大切な人が突然亡くなるのは言葉では表せきれないものがあると思います。珠美のお母さんが「犯人じゃなくてご遺族」と言う言葉いいですよね。最終的には、柳田さんのご遺族、珠美の気持ち両方わかるようになりました。今回は、演出も良かったと思います。知佳も刑事としてのやりがいを発見できて良かったでよね。今回の名倉は真っ黒黒すけですね(笑)先週知佳との関係が縮まったかと思ったら、あれ?まだ変わってない?(苦笑)ってくらいクールです(笑)みんな協力してる時も一人場違いな表情(吾郎ちゃんの目が凄く冷めてる(苦笑)していて、吾郎ちゃんの表情の演技がうまいので本当に何かよからぬ事を考えていそうで怖いんですか…(汗)アップになるときの黒目が凄いですよね(笑)やっぱり名倉は何かあると思いますね。武田教授を見る目も「私は、あなたの弱みを知ってる」的な感じに見えるんですが…(苦笑)でもそう見えるだけで本当は、「人と接するのが苦手なだけで普通に良い人」はやめていただきたい(笑)拍子抜けしちゃいますよね(笑)まぁ、あれだけミステリアスで黒い部分を見せてるんだからないとは思いますが。でも私は結構、ミステリアス潤くん大好きです。あの醸し出すふいんきがたまらないです(笑)次回予告のベッドの背もたれにもたれてるシーン、なんかセクシーでしたね(笑)隣にもぐりこみたいです(爆)また、「知佳は僕の味方だよね」のセリフも気になります。潤くん職場では一人ぼっちになっちゃうのかな?でもいつも一人みたいなもんですが(笑)来週の展開も楽しみですね。

投稿: さおり | 2011/08/13 16:33

bombさおりさん
このドラマを見るときに、疑問はあれどすんなり軽く入っていけたら大成功だと思います(笑) 吾郎が出ていると、何かしら細かいところが気になってしまうけど、昔のドラマゴールデン時期にはそんなことまったく気にして見ていなかったなぁって。昨今はドラマは論じてこそ楽しむというのもあるし、視聴者の見る意識も高まったのかもしれません。昔のドラマなんて、もっとシンプルでしたしね。まぁ、そうは言っても、吾郎には質の良いドラマに出てほしいと思ってしまうので複雑になる人も多いんでしょうね。さおりさんのように、出されたものを全て楽しめるようになったらいいんですが・・・なかなか、難しいようです(苦笑) 私は、もう名倉先生しか見ていないから、他は愚痴りたいところがあってもなるべくスルーするようにして見ています。彼の周りで起こることにだけ集中している感じでしょうか。名倉先生の目で、心で一緒に見ている(笑) なんで、皆、仕事を第一にしないんだとイライラし、いつのまに、知佳は大達先生側に立っているんだと嫉妬し、武田教授の秘密をどうしようか・・・と考える。だから、予告の寂しそうなベッドの上の潤ちゃんは、きっときゅ~んとすると共に寂しくなってしまうかも(苦笑) 今後、名倉先生の設定はどう向かうでしょうね。武田教授を脅してブラックになるでしょうか。とにかく、吾郎ならどうなっても「演じる」という姿勢だけは崩さないと確信があるので、そこだけは楽しみにさせて頂こうと思います。

投稿: Kazuyo | 2011/08/14 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAP AIDの曲リスト | トップページ | 夏の怪談デラックス »