« ブルドクター episode8 | トップページ | 疲れているときに観てはいけない映画 »

はい、ど~も(廃道も)

これぞ「ゴロウ・デラックス」!という企画でもって出してきてくれました。この番組は、これでいいんです。これ誰か興味あるの?というテーマを深夜にもっともらしく興味のあるように見せるのが、この番組のいいところではないでしょうか。ちょっと、変わったゲストをお呼びすると確実に嵌りますね(笑)

オープニングトークは、吾郎と小島さんで愚痴のオンパレード(笑)
吾郎 「ここでのオープニングで話すのはいらないから、すぐこっち(スタジオセット)にいってくれって・・・」
小島 「やっと気づいた?」
吾郎 「ず~っと打ち合わせから言っているんですよ。3回ぐらい!」
小島 「過剰なおもしろさとかさぁ、画になるものをとかさぁ、古いっつ~の
吾郎 「コマーシャルいきやすいとかさぁ、テロップだしやすい会話とかねぇ」
小島 「飽きたっつ~の、そんなのねぇ。うんざりだ、もう!」
吾郎 「うんざりだよね~」

(笑) しっかり、面白いオープニングトークになってますよ(笑) 「ね~」と言い合う二人が可愛いです。あっ、お二人が本当のところどう思っているかわかりませんが、オープニングトークは必須です(爆)!

第十六回課題図書 『廃道をゆく 3』 平沼義之監修

Photo_22 全国に数百ヶ所以上あると言われる廃道の中から、厳選された48道を紹介した一冊。なにやら、ゲストの平沼さんが主催される「廃道ナイト」なるイベントも開催されているのだとか。平沼さんは、廃道界の先駆者であるらしい(笑) スタジオには、その廃道を探検する格好のままでご出演。この方が、見かけは普通なのですが、まぁ、廃道ならぬオタク道まっしぐらという感じで(爆) 吾郎も言っていましたが、私もこういうのは嫌いじゃないです(笑) 他人からは理解できないものでも、生涯かけて好きな何かを持っている人はキラキラしている。そして、そのお話を聞くのは面白い。

とにかく、廃道に関しては語る方で天然です(笑) 吾郎も小島さんも、無理に盛り上げて乗っかる人たちではないので、平沼さんの熱さとは反比例に冷静だったり、子供のように大騒ぎしたりという進行がまた心地良い。なんせ、今回は平沼さん自らがご自分の本を朗読するという前代未聞の行動に呆れながらも楽しむ二人。あらゆるジャンルの人を自然に受け入れる彼ら二人の存在は大きいです。やはり、この二人が話してくれないと、この番組は成り立たないですね。

そして、ここで平沼さんが印象に残る廃道ベスト3を発表してくれます。詳しい地図に加え、実際に「ゴロデラ」のスタッフを連れてのロケ慣行となったもよう。

吾郎 「そうなんだ!行きたかったなぁ。見てみよう、見てみようnote

と、本音なのかノリで言ったのかはわからないですが・・・吾郎さんには無理です(爆)! まず、ものすごく厳しい山道(国道なのに、ほぼ獣道)を5時間ほど歩く。これは、もしかしたら吾郎は体力が案外あるのでだいじょうぶかもしれない。でも、小さな木の板だけの吊橋が廃道だったりと案外危険もある探検となっていました。これは、吾郎のみならず小島さんもすごく怖がっていた。「行きたかったなぁ」という吾郎に、渡らせてみたかったけど。←鬼(笑) 絶対に拒否するでしょうね(笑) 思わず本音が・・・

吾郎 「なんで渡ったんですか?!」

(笑) スリルも欲しかったというのもあるということですが・・・

吾郎 「大切にしてくださいよ、自分の命を」
平沼 「私は、この橋を大切にしてほしいですよ」

思わず苦笑して頭を抱えてしまう吾郎さん(笑) 最後に、自分が廃道好きだというのは伝わっているとは思うけど、廃道の良さが伝わったか心配になる平沼さんに吾郎が大きく頷いて「だいじょうぶ、伝わってます」という優しさに感動しました。いえ、番組の面白さも伝わりました。ありがとう、平沼さん(笑)

|

« ブルドクター episode8 | トップページ | 疲れているときに観てはいけない映画 »

コメント

KAZUYOさんこんばんは。今回のテーマは、「廃道」でしたね。私も、吾郎ちゃんや小島さんと同じく、初めて聞く言葉です。どうやら「旧道」と同じ意味みたいですね。吾郎ちゃんも男の子として興味あるみたいで、スタッフと平沼さんが廃道ロケしたと聞いて、行きたがってましたね(笑)(あれ、本当に行きたがってるんですよね?)でもあの吊り橋は恐すぎですよね(汗)あれを普通に渡るなんて冒険心強すぎですよ(笑)普通の人ならまず、渡りませんよね(苦笑)吾郎ちゃんが言うように、命は大切にしてほしいです。冒険心や好奇心も大事ですが(汗)でも色々と廃道のことについて勉強にもなったし、新たな発見もあって良かったです。廃道の映像が流れた時の吾郎ちゃんと小島さんの真剣な顔も良かったです。これが、本当の「ゴロウ・デラックス」ですよね。作者の方の話しを聞いて、興味を持つことも大事な事だと思います。最後の「はい、ど~も」な親父ギャグも面白い方だなと思いました(笑)(まぁ、言われるまで全然気づきませんでしたが(爆)来週はどうやらうつに関することみたいですね。また、どんなトークが聞けるか楽しみです。

投稿: さおり | 2011/08/27 19:37

初めまして〜mariです
いつも楽しく拝見しています・・ 北海道は『ゴロウデラックス』未放送地区なのですが 来月から 『哀愁探偵1756』の後番組として放送されますscissors随分と遅れてますが放送されるだけでもok
です〜
でも放送時間が金曜日の昼間なんです・・あんな事やこんな事 放送大丈夫でしょうかbleah
でも とても楽しみです〜
予習が出来てるのでワクワクしてます〜

投稿: mari | 2011/08/28 20:02

Kazuyoさん、今回の平沼さんをお迎えしての「ゴロウ・デラックス」拝読させて頂いて「これこれ、これがゴロデラ!」って感じなのですね。深夜番組にピッタリなマニアックなゲストの方をお迎えしてお話をお聞きする。そして吾郎ちゃんと小島さんのオープニング・トークがある。やっぱり良いですねhappy01 お二人ともトークがお上手でゲストも方もお二人だから魅力的にお話してくださるのでしょうね。「楽しそうsign03」吾郎ちゃんの廃道ロケ観たいですね(笑)!吾郎さんのロケにハズレはないのでまた「ゴロデラ」でも行って欲しいです。またスケジュールに余裕がでたらお願いするのもいいですね。 あと木村君、ドラマの番宣と本と写真集の宣伝も兼ねてきてくれないかなぁ~(たっての希望)

投稿: ピカチュウ | 2011/08/28 23:43

shoeさおりさん
「旧道」と「廃道」の違いは何なんだろう・・・と考えて少し調べてみたのですが、はっきりした違いがわかりませんでした。イメージ的に「旧道」は新しくできた道と比べて現在使われていない道のことを指し、その道自体が現在は使われなくなった道を「廃道」というのかなとは思ったのですが。こういうテーマは、確かに突き詰めてみたくなりますよね。実際に自分の足で見てきたら、さらに探究心が刺激されそうです。イギリスにも廃道といわれる場所がたくさんあるような気がするので、時間があったら探してみようかな。スマップさんで手一杯でそんな時間見つけられる自信がありませんが(笑) 今後も、いろんなオタク道をいく人たちを紹介していってほしいです。しかし、吾郎はまだしも小島さんも高いところが苦手とは知りませんでした。あれは、高いというより危険性があるので無理そうだと思われたのかな。案外、さっさっと渡れるようなイメージを勝手に持っていましたが(笑) 私は、「絶対安全」という保証が出れば渡ってみたいかなぁと思ったクチです(爆)


shoemariさん
北海道では、「哀愁探偵」に続き「ゴロウ・デラックス」が放送続行決定ということでおめでとうございます! 「哀愁探偵」もロケ中心でいろんな吾郎を見せてもらった素敵な番組でしたが、「ゴロデラ」もとっても面白いですよ。レポを前情報で読まれていたということですが、見てみるとその面白さがさらに理解できると思います。とにかく、天晴れ吾郎さん!なので(笑)楽しみにしていてください。是非、番組にもいろんな感想を送ってくださいね。他にもまだまだ未放送地域があると思うのですが、なんとか全国放送に繋がっていくといいですね。諦めずにメール、電話攻撃頑張ってください!


shoeピカチュウさん
もともと吾郎も少しいろんな趣味がマニアックなところがあるので、結構静かに食いついていたように思います(笑) まぁ、危険な吊橋を見て怯んでいたとは思いますが、探求するというのは「男には堪らない」らしい(笑) 今度、吾郎のマニアックな部分もいろいろ掘り下げてほしいですよね。前番組「哀愁探偵」ではいろいろ見せてもらったけど、もう少し掘り下げて丸ごと30分使ってくれるとありがたい。今、吾郎が死ぬほど忙しいと思うので、それが落ち着いたら考えてほしいかなぁって。木村くんの写真集は、来月末の発売ですよね。ここは、間に合うように頑張ってお願いを出していこうと思います。木村くんには、是非いろいろ吾郎と語ってほしいので。

投稿: Kazuyo | 2011/08/29 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルドクター episode8 | トップページ | 疲れているときに観てはいけない映画 »