« ブルドクター episode6 | トップページ | 美男時代 »

夏の怪談デラックス

今夜の「ゴロウ・デラックス」は、リアルタイムで見れなかった吾郎ファンの方もいたのではないでしょうか。

夏休み特別企画 怖い話で涼しくなる怪談ナイトSP

吾郎さんは、「ほんとにあった怖い話」の進行役も毎年務めますが、いかんせん吾郎ファンは怖いものが苦手な方が多い。そんな私は、怖がりなのに大好きなのですごく楽しみにしていました。ちゃんと、企画も成立していましたよ。

しっかり、オープニングトークも健在です。赤坂にあるお寺の墓地からというロケーションも整っています。

吾郎 「『ほん怖SP』やる前にやらないでください」

(笑) 今年もちゃんとやってくれるんですよね。スマスマでもポロリしていたから楽しみにしています。(こちらのVTRは、年々怖くなるので余計に見れないファンの方が多いと思いますが(苦笑))

第十三回課題図書 『怪談和尚の京都怪奇譚』 三木大雲著

Photo_25 現役の和尚さんが書いた怪談。何事かと思ったら、公園などに集まる若者に布教をしようとしても聞いてくれないが、怪談をすると言うと友達を連れてきてまで話を聞いてくれることがきっかけとなったらしい。怪談をすることによって人間はいかにして生きるべきかなどを説いていらっしゃるらしい。

せっかくなのでと、実際に墓地で蝋燭の灯がともる中、いくつか話してくださる三木和尚さん。これ、墓地で聞くとさらにぞぉ~としそうですね。何度か吾郎の目からのUPを撮ってくださるカメラマンが本当にGJ(笑)! 神妙に聞いている吾郎の顔に虫が飛んできて椅子から飛び上がる吾郎。その吾郎のリアクションに飛び上がりそうになったわ(汗)

何か本当に起こったのかと思った。その後、前髪乱れたままで「ごめんなさいね・・・虫が嫌なの、本当に(汗)」と謝る吾郎が素敵(笑)

ここで、「ゴロデラ」スタッフで三木和尚さんにお話を聞いてほしいスタッフがいるということで、手を挙げたのはADの親太朗くん(笑) 親太朗くん、淡々と経験談を語っていたところを見ると、結構他にもいろいろ霊体験がありそうですね。しかし、話の途中で吾郎から言葉の違いの指摘があったのですが・・・

吾郎 「感謝と後ろめたさは違うよ」
親太朗 「後ろめたさって、何?」

おいおい、タメ口かよ(爆) 思わず吾郎も笑ってましたけど、なんか吾郎の隣で犬っころみたいだったな。ちょっと、親太朗くんかっこよくなった? 吾郎が痩せたのもあるけど、ひとまわりガッシリして男らしくなったような気がした。

そのまま、三木和尚さんの最後の話も吾郎の隣で聞いていた親太朗くん。

吾郎 「でも・・・(親太朗くんのほうを向いて)」
親太朗 「うん?」
吾郎 「うん?」
親太朗 「何(笑)?」
吾郎 「何(笑)?」

可愛い(笑)

吾郎 「いつも、すごい、なんか・・・山田くん、いいよ、もうハケてって思うけど、今、横にいてくれてすごい安心note
親太朗 (笑)

このあと二人で顔を寄せ合っちゃって可愛いんですよ。吾郎が親太朗くんに頼る画って、『哀愁探偵』のバッティングセンター以来だな(爆) なんか、すごく癒されたんですけど。

しかし、夏休みSP、なかなか深夜過ぎには嵌ってましたね(笑)

|

« ブルドクター episode6 | トップページ | 美男時代 »

コメント

はじめまして、yuriといいます。今回のゴロウ・デラックス詳しく書いていただきありがとうございます。怪談好きしかも、地元の話かと思えば、どんなお話か知りたかったので、うれしいです。吾郎ちゃんと親太郎君の掛け合い楽しそうですね。

投稿: yuri | 2011/08/12 10:45

深夜のゴロデラ怪談!怖くて観れないかも(笑) 霊感ない方だと思うのですが実際放送されていても録画して昼間に観ていそうです。実際にお墓で怪談って和尚さまにあとからお祓いしてもらったでしょうか(笑)今回は親太朗君との可愛い絡みが多くて楽しそうですね。今までも吾郎ちゃんが親太朗君にツッコミ入れていてもなぜだか癒される不思議なお二人の関係が良いですね。それにしても親太朗君に「今、横にいてくれてすごく安心」って言えてしまう吾郎ちゃんって本当に可愛いですね、素敵な方heart01 だから大好きsign03

投稿: ピカチュウ | 2011/08/13 00:14

moon3yuriさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。貴重な怖い話が好きな吾郎ファンの方ですね(笑) 私も大好きなんで、「ほん怖」すっごく楽しみですね。ちなみに前回の作品はタイトル失念しましたが「赤いイアリング」の天窓ド~ンが一番怖かったです(汗) あれは、映像的にヤバイですね。夢に出そう。今回の「ゴロデラ」は、和尚さんがちゃんと丁寧に人の死というものに真正面から受け止めて話してくださったのでためにもなったと思います。怖がらすための企画ではなかったです。番組は見れない地域にお住まいでしょうか? 地元というのは和尚さんの京都なのか、親太朗くんの沖縄なのか・・・相変わらず、親太朗くんを可愛がる吾郎さんも見れて、最後はゴロデラらしく締めてくれました。


moon3ピカチュウさん
こちらは、怖い話が苦手な典型的な吾郎ファンですね(笑) 吾郎さんも、実はすごく怖がっていたと思います。「月イチゴロー」では、慎吾にわざとホラー映画を見させられる吾郎ですが(笑)、作り物と実際にあった話では受け止め方が違うのかもしれません。ツイッターで拾ったんですが、この放送中にロケ地である墓地の卒塔婆が二回動いたとあって確認してみたら確かに動いているんですねぇ(笑) ただ、卒塔婆って立てかけてあるだけなのか、結構夜風もあったみたいなので風で動いただけだと思いますが、この二回だけだったのがちょっと不気味です。すみません・・・怖がらせて(爆) そうそう、ちゃんと和尚さんがお話をする前にお経を読んでくださいました。セットではなくて、本当にお寺の墓地での収録だったようなので。吾郎と親太朗くんは、たまにこうやって絡んでほしいです。小島さんとはトークバトルで、親太朗くんとはボケてくれると癒しになると今回改めて気づきました。あっ、でもオープニングの小島さんとのツーショットはすごく吾郎が近づいていて、番組の回を重ねるうちに仲良くなっているのは感じます(笑) ・・・吾郎さん、怖かったか(爆)

投稿: Kazuyo | 2011/08/13 03:50

KAZUYOさんこんにちは。今回の「ゴロウ・デラックス」恐すぎ(苦笑)でも楽しめましたよ(笑)結構、私は映像では見れないんですが、好奇心かなんかわかりませんが、聞きたくなるというどうも矛盾しているんですが、やっぱり怖いものは怖いですね(笑)明日が迎え盆って時に見たのでムードがあって、しかも音楽も怖くて絵がでてきた時は、「お願い、幽霊の絵だけは勘弁して夢に見ちゃうよ」と思いながら、直視できませんでした(汗)また、急に吾郎ちゃんが立って暴れた時、心臓一瞬止まったよ~(汗)もうーこっちのほうがびっくりだよsign01(笑)今考えたらな~んだ、虫か。まっお墓だもんねって思うけどあの時なにか取り憑いちゃったのかと本気で怖くて、心配しました(汗)「吾郎ちゃんどうしたのsign01何があったのsign01」って思いました(涙)でも虫で良かった、吾郎ちゃんにとっては「虫、嫌~っsign01」て感じだったかもだけど、私も普段は虫嫌いだけと、あの時だけは、虫でほんと~にっsign01良かった~って思いました(笑)そんな大袈裟なと皆言うんですが、本当に泣きそうなくらい怖かったんですsweat02しかも一人で見てたし、後ろに仏壇があって、普段は怖くないのに、怪談話を聞いてる時は後ろ振り向けませんでした。誰かが立ってるみたいで(汗)吾郎ちゃんも本当に怖がってましたね。当たり前ですが、潤くんを演じてる時のギャップが凄い(笑)山田くんにぴったりくっついている吾郎ちゃん可愛いですねheart01山田くんは、怖い話平気みたいですね。案外平然としていて、山田くんが凛々しく見えました(笑)でも最後はやっぱりいつもの山田くんでしたね(笑)山田くんがいたことで、怖いって気持ちから、少し解放されたような気がします。吾郎ちゃんも山田くんがいてくれて、心強かったと思います。そうです、怖い話は一人で聞くものではないです、これは私、強く思いました(笑)でも吾郎ちゃんは実際、墓地のど真ん中であの話を聞いてるわけですから、尋常じゃないくらい恐かったんじゃないでしょうか。吾郎ちゃんあなたは偉いsign01私だったらきっと撮影になってないと思います(笑)でも怖いだけではなく、ちゃんと教訓もあるんですよね。三木さんの話し方、説明の仕方も上手くて、「死」とはなにかを改めて考えさせられました。みんな元々生身の人間だったわけですからね。そういうことを思わせる本でもあると思います。一度勇気をだして読んでみようかなと思います。明るい時間に、人のいるところで(笑)

投稿: さおり | 2011/08/13 17:44

moon3さおりさん
今回、スタジオではなくて墓地で怖い話を聞くというのもまた風情があるというかなんというか・・・(苦笑) 放送時間が真夜中過ぎているのも拍車をかけてましたね(笑) でも、三木和尚さんのお話は、最後にちゃんと生きている間に人は何をすべきかも説いてくださるのが普通の怪談話と違ってよかったと思います。まぁ、吾郎の顔をドUPを通り越して顔上半分の神妙な顔を何度か映してくれてありがたかった。蝋燭の灯にともされる吾郎の顔って綺麗だなぁって、ちょっと違う見方もしてしまいましたが(笑) 親太朗くんは、きっと霊体験が結構あるんでしょうね。和尚さんのお話を聞いている様子からそう思いました。小島さんが、思わず「今日、山田くんがいい顔をして聞いている」と言うのもわかる気がしました。だから、かっこよく見えたのかもしれない。(いえ、もともと男前な方なんですが、どうしてもボケの部分が前に出る子なんで(笑)) 吾郎が怖いからなのか、自然に自分の膝を隣に座っている親太朗くんの膝にくっつけ気味なのも可愛かったです(笑) 親太朗くんが描いたスケッチですが・・・吾郎がすごく男前風なのも笑いました。小島さんより美人じゃないですか(笑)? これ、吾郎が思わず「今日、いいねぇ。では、抽選で一名の方に」と言っていたけど、本当に応募してほしいです(笑) それより、後方に描いた女性のイラストは誰なんだろう・・・見えてたとかじゃないですよね(苦笑)?

投稿: Kazuyo | 2011/08/14 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルドクター episode6 | トップページ | 美男時代 »