« 出没ゴロー | トップページ | 伊集院静、参上(笑)! »

ブルドクター episode11 最終回

ブルドクター」に出演された吾郎さんを始め、江角さん、石原さん、そして共演者の方々、スタッフの皆様、本当に3ヶ月お疲れさまでした。いろいろ頭を捻りたいことや愚痴りたいことがあって、先週はその負の感情は全て出し切らせてもらった。なので、最終回はとにかく関わった全ての方に感謝を贈りたいと思います。

このドラマは、余分なところをさっぴいて二時間ドラマにしておいたほうが良かったぐらい最終回だけで見せてくれましたね。大達先生と知佳の友情は積み重ねてきたものがあったからこそ微笑ましかったけど、名倉先生と知佳はとにかく最後で駆け足状態だったのが残念です。でも、もういいよ(笑) 本当は最終回までの流れに言いたいところがあるけど・・・とにかく、吾郎の演技が素晴らしかったのと、まるで絵のように美しいカットを見せてもらっただけでありがたいです。

最終回の放送前に、今日午後から番宣SP番組がありましたが、出演者の方たちは本当にチームワークができていて撮影が楽しかったんですね。台本も毎回もらうたびに驚くことがあってワクワクしたと言っていました。現場が明るくて雰囲気がいいのが一番です。数字も安定していたし、吾郎が言ったように要望が多ければSPか何かで戻ってくる可能性は多いにあると思います。美しい名倉先生にはまた会いたいので、ここは日テレさんにお願いしていいのではないでしょうか(笑) そうそう、番宣番組で珍しく吾郎のNGを出してくれた日テレさんに感謝します! いつから、ジャニーズはNGがダメになったのか知らないけど、今後も出していくべきだと思う。

ドラマの本筋は、とにかく驚くというよりは個人的には予定調和でした。でも、名倉先生がかっこいいじゃないですか。そうかと思えば、ポロリと綺麗な涙を流したり。吾郎の涙のこぼれ方は女優ですよね(爆) 目じりからじゃなくて、真ん中から綺麗な涙が本当に真珠のように零れ落ちる。それを見ているだけでうっとりです。いいなぁ、いいなぁ、知佳。あんな美しい恋人、私もほしいなぁ(爆) 抱きしめてヨシヨシしてあげて、それであんな風に思い切り抱きしめてほしいよねっ! 朝、目覚めるときに、しっかり今度は隣にいてくれた知佳。寝顔は天使、笑っても天使、そして・・・布団を被って天使とじゃれあえるなんて、ものすごく良い朝を迎えられて・・・あの天使、ほしい(爆)!

いきなりヒーローになるシーンも、泣くシーンも素敵だったのですが、実は個人的に一番グッときたのは、武田教授に「名倉先生らしくないっ!」と諭されて、しょぼ~んとする潤ちゃんにきゅ~んheartときました(笑) 「申し訳ありませんでした」と綺麗に頭を下げたときに前髪がハラリと落ちる様子まで萌え萌えです。

今、SMAPは金曜日の中国北京ライブですでに中国入りをしています。きっと素晴らしいライブになるでしょうね。吾郎が日本に戻ってきたときに、「ブルドクター」の公式に名倉先生への愛がいっぱい詰まったメッセージを皆で残しておきたい(笑) 演じる吾郎は、やっぱり素敵。映画のスクリーンで役者稲垣吾郎が見たいなぁ。スマファンはいろんなことで声を出すことに結束して頑張っています。吾郎ファンも頑張ろう!

|

« 出没ゴロー | トップページ | 伊集院静、参上(笑)! »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。
先週は遺恨が残るような内容でしたが、さすがに最終回。無難にまとめてきましたね。
本放送で1回見て、さらに駆け足で朝もう1回見ましたが、今回もそれは綺麗な名倉先生でした。
大達先生が「今日の名倉先生は、かっこよかったんじゃない?」と言って、知佳が「今日も…ですよ」と言った縄文寺との対決シーン。やっぱり、かっこよかったですね~。いきなり、ボイスレコーダーを取りだしてから立ち上がり「明らかに黒とわかっているものを白ということはできません」と言ったところ。素敵でしたよね。一人で敵陣に乗り込んでこんなことしてたのねと感心しつつも、最後にヒーローにしてくれてありがとうでしたね(笑)
しかし、あのかたくなな性格に、あんなとってつけたような過去のトラウマがあったなんて…。
でも、まあなんだかんだ言ってもドラマはハッピーエンドがいいです!すっきりします。
ただ、本当に歌舞伎のシーンを入れ込んだのは、かなり違和感がありましたが(苦笑)
出演者の皆様には、本当に今年のこの酷暑の中、お疲れ様でしたと言いたいですね。
今日は、お休みなので、まだまだリピしてkazuyo
さんの萌えポイントもチェックしますね。

投稿: keiko | 2011/09/15 10:53

Kazuyoさま

終わってしまいましたねぇ~。突っ込み所の多いドラマでしたが、最後の名倉先生の綺麗な涙で全てが洗い流された感がします。振り返れば随所に、かっこいい、美しい、演技最高!の吾郎が見られ、幸せな3ヶ月でした。超多忙なスケジュールの中、疲れた顔も見せずドラマ収録に、番宣に望んだ吾郎にプロの根性を見せられた気がします。視聴率が全てでは無いけれど、最終回の16%超えはキャスト、スタッフに対する労いの数字と見て正直、嬉しかったです。

公式のBBSでも名倉先生や吾郎の演技に対する賛辞を読む度にちょっとウルウルときたり、このドラマから吾郎のファンになったというコメント、特に男性のコメントには感慨深いものがありました。きっとこれらの成果が次に繋がることを考えると、色々言いながらも最後まで応援してきた甲斐がありましたね!

日テレには、お礼と感想、要望をこれからも出して行きます。吾郎が良い作品に恵まれ、私達が至福の時を得る為には、ファンは行動有るのみですね。

投稿: さやか | 2011/09/15 12:24

ほんまにゴローちゃん素敵sign03SMAPで演技は草なぎ剛でしたが、稲垣吾郎も13人の刺客からメキメキと素晴らしい演技を見せてくれますよねheart01最終回の生い立ちで涙を流すシーンは萌え〜でした

投稿: ぴよ | 2011/09/15 14:55

またまたお邪魔します。
先週はかなりネガティブなことをはきだして、すっきりさせていただきました。
でもなんだかんだいって、ストーリーが多少予定調和でも、吾郎ちゃんがいい人で良かった。
おいしい悪役もいいけど、やっぱり正義の味方はかっこいい。
そして、まさかの名倉先生の涙。
これにはかなりぐっときました。
過去のトラウマにはとってつけた感がありましたが、あの涙の演技は心を鷲掴みされ、きょう一日名倉先生の幼き日の出来事を妄想していました(笑)。
そして、めでたく名倉教授が誕生して、法医学教室のみなさんもいい雰囲気でハッピーエンド。
これはぜひ続編がみたいですね。

投稿: 星くず | 2011/09/15 20:44

Kazuyoさん、こんばんは~
毎週ドラマの感想ありがとうございました!
読み逃げをしていて失礼しました。
前に「佐々木」の時、かなり脚本に文句をつけていてあのドラマが正直楽しめなかったのですが、Kazuyoさんが、時間が経ってDVDを見たら面白かったという事をここで書かれていて、脚本の出来ばかりを気にしすぎてせっかくの良い所も気付かずに終わっていたのなら勿体ないな、と思って今回はあえて脚本に疑問を持たないようにしようと決めました。
そう決めると正直感想というものが出てこない事になります。
毎回「名倉先生の白衣姿が素敵~♪」くらいしか(笑)
気にしないと言っても多少の愚痴とセリフを聞いていてなんだか背中がむずがゆい感覚に何度もなりましたが、何とか最終回を迎えました。
なんだかな~という所もありますが「黒バラ」5回という番宣はすごく楽しませてもらえたし、吾郎の白衣姿に毎回ウットリして、鹿賀さんとも短いながらも共演できたし、何より、吾郎はこの忙しい中本当にお疲れさまでした!!と言いたいです。
でも本音を言えば、今週NHKで始まった「ラストマネー」というドラマがあるのですが、派手さはなくても人の心を丁寧に描いていて、「一瞬先は闇」のような最近の連ドラではなくて、全部撮り終えてから放送する形のドラマがいいな~と。吾郎にもぜひNHKドラマに出てほしい!!吾郎ファンはどんどん要望出さなくては!ですね。

投稿: 流星 | 2011/09/15 21:33

「ブルドクター」最終回ツッコミ所はありましたが結構楽しく拝見できました。女性ドラマで女性がバリバリ活躍するドラマの枠ですが、今回は女性の暴走を脇の男性達が助けてくれるって感じでよかったです。なんかこのドラマ、やたら脇の男性が頼りない感じに描かれていてあまりその点でも共感できなかったのですがまとめてくれましたね。それにしても珠実のご主人もお子様も名倉先生も人間できていますね(笑)潤ちゃんのカッコイイ活躍ぶりと美しさ。吾郎ちゃんの演技力にやっぱり持っていかれました。kazuyoさんオススメのシーンは本当に謝るお姿が美しすぎる!! あと数ヶ月後の名倉教授がお部屋から研究室の皆が騒いでいる姿を微笑みながら見ている姿も懐の大きさが滲みででいましたね。確かにスペシャルで2時間ドラマでまた見たいですね。やっぱり美しすぎる教授がらみでお願いしたいですね。

投稿: ピカチュウ | 2011/09/16 00:33

このドラマの続編を日テレが考えてくださっているのなら、二時間SPとかでその後の名倉教授率いる大達ブルドクターとその仲間たちで見たいかな。連ドラで戻ってくると、またストレス溜まりそうなので(苦笑) 最終回でとりあえず丸く収めてくれたので、最後に愚痴を放り込むのが嫌で控えましたが・・・レス内なら構わないだろう(笑)

とにかく、なんでも詰め込んでしまったのでテーマがぶれたのが最大の欠点でしょうか。最終回で16%以上も取ったのが正直驚きなんですが(笑)、それだけリアルタイムであの美しい名倉先生と吾郎の演技を見てくれた人が多かったと思えるだけで嬉しいですね。つまるところ、あの名倉先生の不可思議な要素がなければ最後盛り上がらなかったと思うので、事実上最後吾郎に花を持たせてくれたスタッフには感謝します。公式サイトのBBSでも主演かと思うほど、たくさんの名倉先生への書き込みがあったのも大きかったと思います。いろいろ事情はあれど、最後ぐらいは名倉先生の見せどころを作ってくださったんでしょうね。ドラマスタッフがツイッターで「吾郎さんは本当にかっこよかった。僕もメロメロです」と呟かれていて、今後また日テレで吾郎をドラマに使ってくださる方がいるかもしれません。そういう意味では、このドラマに出演した意義は大きい。吾郎どころかスマップ自体が日テレのドラマからは遠ざかっていたので、これでまた吾郎が架け橋になったのであれば素晴らしいですね。


bellkeikoさん
大達先生と知佳の名倉先生がかっこいいというくだりの翌日に、大達先生が名倉先生に「(釜津田が)昨日もかっこよかったって言ってたよ」と報告するシーンが「ぐるない」の番組内で予告として流れたのにカットだったのは残念ですねぇ。あの、ちょっと照れて驚いたような表情がすごく良かったので。まぁ、最後はこうあってほしいという流れで、ベタな演出である意味安心して見れたのはありますが・・・吾郎の涙に感謝ですね。「もう、どうでもいいわ!」と思わせてくれるほどの美しさだったので(爆)

bellさやかさん
今回、ファン以外の方から「吾郎ちゃん、かっこいい!」という感想をものすごく拾いました。吾郎にはわかりやすいヒーローの役はなかなか回ってこないし、そこが彼の役者の見せどころと思って気にしたことはなかったんですが・・・シンプルなかっこよさを演じるのも大事なんだなと今回の世間の評判で思いました(笑) 「流れ星」で演じたような役をやって素晴らしい役者だと気づいてくれる方たちは、役者自身を見てくれる数少ない層なので。しかし・・・最後に自分の過去のエピソードを語るだけで泣ける吾郎の役者魂には惚れますね。見ている視聴者でさえわけわかんなかったのに(笑) お見事でした。

bellぴよさん
初めましてですよね? コメントありがとうございます。個人的にはドラマ自体は、もういろいろ言いたいことがありすぎて最後は控えたんですけど(笑)、吾郎さんの演じているところはどれもこれもツボでした。忙しいとは思うのですが、また近いうちに役者のお仕事を入れていってほしいと思います。

bell星くずさん
吾郎ファンですから、名倉先生にはきっと何かああなってしまう過去が絶対にあったはず!というところを見せてくれたのは嬉しかったですね。最終回で全部そこをまとめようとするから感動するには難しかったのですが・・・いろいろ想像していましたから。まさか幼少の頃まで遡るとは思いませんでした(笑) そんな大変な生活だったのに、法医学の准教授というだけであんな素敵なマンションに住んでいるのが最後まで謎でしたね(爆) これは、名倉先生のスピンオフをやってもらうしかないです!

bell流星さん
「佐々木夫妻」のときもいろいろあったのですが、あのドラマは私の中でしっかりキャラ立ちしていたんですね。主演の二人はもちろん、脇を固めてくれていた人たちの描写もちゃんと見せてくれていた。でも、今回せっかく良い役者が揃っていたのに中途半端になったところが多すぎる。法医学の若い二人も、トムさんの片思いもどうなったんでしょうか? これは、やっぱり続編を出してくるつもりで描かなかったのだろうか(笑) 名倉先生にしても、もっとちゃんと描いていてくれたら、視聴者も最後の二人の抱き合うシーンはもっと感動できたと思うのに・・・残念ですね。でも、吾郎はやっぱり素敵だった。それに尽きます(笑) 

bellピカチュウさん
女性がメインのドラマで視聴者も働く女性層をターゲットにしているし、どうしても女性キャラを目立たせなきゃいけないのはわかるんです。でも、その二人のキャラを描くのに周囲の男性を情けない描写にするのがいただけない。そこまで落としておいて、名倉先生に過去の独白をさせても同情できにくいし、知佳が名倉先生に失望した演出の後に「私が守るから」でハッピーエンドって言われてもねぇ(苦笑) もう、名倉先生のシーンは勝手に自分で想像していた彼の孤独を思いながら自分演出で感動しましたから(爆) 吾郎の渾身の演技に拍手ですね。

投稿: Kazuyo | 2011/09/16 05:46

kazuyoさんこんばんは。「ブルドクター」最終回でしたね。最終回でうまく見せてくれたと思います。そして、「ブルドクター」に関わった、すべてのスタッフ・キャストの皆さん三カ月間お疲れ様でした。この三カ月、一緒に同じ時間を過ごして、共に作品を作り上げたことは、きっと良い思い出になってると思います。物語の方は、理解ができないところもあり、不満に思ったこともありましたが、皆さんの、現場のチームワークの良さ、和気あいあいと楽しんでる様子は、とても大好きでした。また、続編やスペシャルできると思います!是非実現してほしいです。(教授になった潤ちゃん、見てみたいです(笑)最終回の、吾郎ちゃんかっこよかった~happy02まぁ、前の週の予告で、吾郎ちゃんが、縄文時に、録音した話を聞かせてるような場面があったので、潤くんが、縄文時の味方のふりをしてるのは、分かってましたが(笑)でも実際見ると、やっぱり潤君かっこいい!潤君が抱えてたトラウマも、とても深い心の傷で、観てるこちらも胸が痛くなりました。人間不信になって、心のシャッターをおろしてずっと苦しんでいたかと思うと目頭が熱くなりました。知佳の「私が名倉先生を守る」と言われた時、彼の重い心の扉が開いたかと思うと、感動して、このシーン潤くんと一緒に私まで、泣いちゃいました。あの場面で、私も、吾郎ちゃんにぎゅーっってされたい(笑)そして腕のなかで思いっきり泣きたい(笑)(病んでますね…私(笑)でも本当に、吾郎ちゃんって綺麗な涙をながしますよね。色白なので、女優さんが泣いてるみたいに、綺麗ですheartそのあとの、ベッドで、見せる潤君の笑顔が、まさに「天使の微笑み」でキュンキュンしました(笑)あの笑顔を、凄く近くで見れた知佳が羨ましいです。布団をかぶっていちゃこらも可愛いですよね(笑)最後に、武田先生に、怒られて、シュンってなっちゃう潤君、子犬が怒られてシュンってなってるみたいでかわいい~heartあんな顔されたら、母性本能くすぐられてなんでも許しちゃいますね(笑)教授になった潤くんも教授らしく威厳があって、優しいオーラもでていて、本来の名倉先生に戻って良かったです。また、潤くんに会える日が来るといいなぁ~と思います。

投稿: さおり | 2011/09/16 17:50

kazuyoさん、三ヶ月レポお疲れさまでした。みなさんのコメントも含めてドラマを二倍も三倍も楽しめました。ありがとうございました。kazuyoさんの「あの天使がほしい!」に激しく同意です!最終回の視聴率が良くて美しい吾郞ちゃんをたくさんの方に見ていただけたのが何よりです。直前SPは相変わらず放送なかったので残念でしたが、公式HPや口コミでも吾郞ちゃんに「かっこいい」との書き込みが多くて嬉しいです。内容的にはこちらのサイトはじめ吾郞ファンはとっても厳しいですが(笑)、口コミの方でもまずまずな感想で・・驚きです。 私は結構ドラマ見ますが、予定調和なホームドラマのような刑事ドラマが意外と視聴率が良くてシリーズ化されたりしてるのが不思議だったんですが、今回なんとなくわかったような気がします。ながら見でもわかるくらいのお話の方を好む人も結構いるんですね。名倉先生のレコーダーのくだりとか、バレバレで笑っちゃいましたし、鹿賀さんのベタな悪役の感じとかもう「悪代官」ですよね(笑)でも刑事ドラマで怪しい人だらけで、最終的には警察内部の身近な人が犯人だった!という最近のドラマには正直飽きて来てたので、むしろ新鮮でした。男性も頼りなくて、小さいっちゃ小さいですが、あれが今の女性の理想の男性像なんですね。もちろん、私も吾郞ちゃん守ってあげたいです!
「流れ星」の時は邪魔者だった吾郞ちゃんが世間から知佳と幸せになってほしい、と思われたのも嬉しかったし、やっぱりかっこいい役もいいですね。ほんとに続編かSP、そして「番宣」強く希望です。 

投稿: さっぴぃ | 2011/09/17 06:19

前回の「来週の予告」にまんまと騙されてしまいました。なんと名倉先生が悪を倒すヒーローになったではありませんか!!大どんでん返しってこういう事をいうのね…と思った最終回でした(笑) 前回おもいっきり文句を言った自分が恥ずかしくなるくらい、とにかく皆がハッピーエンドで丸く収まったなぁって感じです。前回まではなんで吾郎がこのドラマを引き受けたのかわからなかったけど、この最後の脚本まで読んだから引き受けたのでしょうか?以前観た「飛鳥へ…」というドラマで迫真の泣く演技に役者としてもタダ者ではない吾郎を見たけど、今回の取って付けたようなエピソードでも美しい涙を流せる吾郎に惚れ直しました(←褒めてます(笑)) つっこみどころの多いドラマだったけど、最終回の視聴率が良かったということを聞くと、終わり良ければすべて良し…と思う事にします。それにしても…知佳になりたいぞ~!!!(爆)

北京でのコンサート無事に終わって良かったですね。ニュースやWSを見るとちょっと複雑になる部分もありますが、とにかく誇らしくてスマファンで良かったと思います。ファンミーティングからずっとテレビに釘づけです。どんどん編集していかないとHDDが一杯になる~…と嬉しい悲鳴をあげてます。

投稿: こまみ | 2011/09/17 19:36

bellさおりさん
このドラマに出演するにあたって、何が一番良かったかって番宣ですよね(笑) 吾郎単独で出演させてもらった中居くんの番組を筆頭に、メインの出演者三人の和気藹々とした様子は本当にドラマより楽しませてもらいました。これだけ息の合った三人だったのに・・・と思うと、本当にドラマの質が残念で仕方ないです。コメディで通したほうが楽しませてもらえたかもしれない。でも、そうなると最後の名倉先生の涙のシーンもなかったわけで・・・複雑ですね(笑) 大達先生と名倉先生の最後のカットは、実はすごく気に入ってます。お互いを認めた上で、でも自分の信念は貫きますよという二人の笑みが良かった。続編があるなら、そこは今度はじっくり描いてほしいです。

bellさっぴぃさん
私にも労いのお言葉ありがとうございます。ドラマがつまらない・・・悶々としてそれでも盛り上げようと我慢に我慢を重ねどっか~ん!でした(爆) 最終回に愚痴オンパレードは控えたかったので毒抜きを一週前にさせてもらった。おそらく楽しんでずっと見ていた人には不愉快な感想を見させられる羽目になったとは思うのですが、駄作を良作とは言えない(苦笑) こういうサラリと見れるドラマのほうが世間一般には評判であるのならそれもいいと思います。ただ、私が見たいドラマではないので、吾郎が出ているというだけで見続けるのが苦痛でした。でも、吾郎が演じているのは何よりも見ていて嬉しい。それは感謝ですね。「番宣」希望(笑)(笑)(笑) 右に同じ!

bellこまみさん
予告に騙されたクチですか。私は、知佳とのきゃっきゃっベッドシーンで名倉先生は寝返るつもりで近づいたんだなとは思ったのですが・・・あれほど一人で良いとこどりするとは思ってませんでした(爆) 公式への応援メッセージって大事なんだなと、今回ほど思ったことはないです(笑) 吾郎がドラマを引き受けたときは設定と初回の台本ぐらいまでしか知らなかったでしょうね。でも、吾郎にとってはそんなことより演じるのが楽しいと思える人なので気にならなかったんだと思います。映画は別ですが(笑) 自分で演じる上で背景を考えてしっかり演じてくれたと思います。素晴らしかったですね。スマップ5人、今日無事に中国ライブを終えて日本に帰国というニュースを聞いてホッとしました。

投稿: Kazuyo | 2011/09/17 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出没ゴロー | トップページ | 伊集院静、参上(笑)! »