« 二人の共通性 | トップページ | 僕はダメね »

「境ガール」募集中!

全国放送にもっていきたい今一番の番組(笑)、「ゴロウ・デラックス」。今回も、マニアにはたまらない放送となっております。是非、もっと多くの人に深夜のマニア感溢れる楽しい番組を見て頂きたい。(アンケートは、今週無事各局に送付させて頂きました。集計結果は、後日サイトにてご報告させて頂きますね。たくさんのご協力ありがとうございました)

今回は、オープニングで吾郎と小島さんの秋らしい衣装。二人ともお似合いでとっても素敵です。

小島 「(吾郎のブラウンのスーツを見て)別珍ですよね、これ」
吾郎 「別珍って・・・(苦笑) コーデュロイです」
小島 「コーデュロイね(笑)」
吾郎 「別珍とは言わないでしょ(笑) 「とっくり」って言っているようなもんですよ」

小島さん、いいわぁ(笑) 美人な方からの「別珍」言葉、違和感がありまくりで(笑)
(気になってちょっと調べてみたのですが、厳密には別珍とコーデュロイは若干織り方が違うそう。別珍は「ビロード」の別称で、コールテンが「コーデュロイ」と同じようなものだそうです)

第二十一回課題図書 『県境マニア!』 石井裕著

Photo_17 日本全国の県境にスポットを当てた、ちょっと変わった旅行記。著者自らが徹底取材した県境の中でとっておきの厳選30箇所を紹介した本です。

すごく緊張していると笑顔でスタジオに来てくださった石井さん(笑) もともとは、普通の会社員でお休みを利用して県境のスポットを旅行するうちに、なんとかガイドブックにしたいと自ら出版社に売り込みをされたとか。この熱さこそがマニアですよね。ものすごく共感しました(爆)

まずは、お二人がこの「県境マニア!」を朗読してくれることに。吾郎さんが選んで読んだのは、沖縄に石井さんが駐在されているときに県境がなくて欲求不満を感じたというところ。確かに・・・沖縄は離島なので県境がないですなぁ。「もう、またぎたくてしょうがない!」の石井さんのコメントにスタジオも大笑い(笑) ここで、MCのお二人の吾郎と小島さんの意見が分かれます。

吾郎 「(団地住まいのときに丁目が細かく分かれていたので)右足一丁目、左足二丁目!みたいな(笑)」 このあとのニコッhappy01の笑顔が激かわで悶死です(笑)
それに比べて小島さんは・・・
小島 「そういう人工的に引かれたものよりも、この風習はどの辺から境目があるんだろうとかそういのは興味があるんですけど・・・」

どちらの言い分も理解できるし興味があるのですが、見て回るとなるとやっぱり県境をまたぐほうが私も実際に試してみたい。ご存知のように、英国はまだしもヨーロッパは陸続きなので、電車に乗っていて途中から国が変わることもあるのが不思議な感覚です。電車の中で入国スタンプ押されたりしますし。時間とお金があったら私は「国境マニア!」を出してみたい(爆)

ここで実際に石井さんが親太朗くんを連れて県境のロケに出てくれることに。沖縄出身の親太朗くんに「ストレス感じませんでしたか?」と聞き、「???」となる親太朗くん(笑) って言うか、君、ものすごい寝起きの頭で眠そうなんですけど? しかも、移動車の中でワクワクしている石井さんの横で爆睡って(苦笑) 

訪れたスポットは、食堂が長野、喫茶が群馬と分かれている建物や、神社が長野、群馬とに分けられ二つの神社名を持つところ(宮司さんはお二人いるけど、祀られている神様は同じだそう)など、なかなか楽しいロケでした。

スタジオに戻って、なんとか県境の魅力を理解しようとコメントする小島さんに、ことごとく毒を放つ吾郎(爆) 今回は、何やら吾郎さんの「Sモード」が発動する回だったみたいです。このあと、石井さんから『週末に行ってほしい県境ベスト3スポット』の発表があり、吾郎から石井さんの今後の野望を聞いてみることに。

石井 「地球で最大の境目である「赤道」ですかね。それと・・・女性のファンを増やしたいので、登山のブームのときに「山ガール」というのがあったので、「境ガール」というのを作ろうかなぁと」

(笑)(笑)(笑) 女性のファンを獲得したいのなら、石井さん、とりあえず今回の番組出演を機に、吾郎さんに宣伝塔になってもらうのが一番の近道だと思いますよ(笑) うん、やっぱりいろんなテーマを扱う「ゴロデラ」は素晴らしいですが、普通に笑えるテーマはやっぱり楽しいと実感した放送でした。

|

« 二人の共通性 | トップページ | 僕はダメね »

コメント

Kazuyoさん、こんばんは~
アンケートの呼びかけ、集計、送付までありがとうございました!
今回の「県境マニア」とても面白かったです。実は前の廃道の方は気持ちはわかるような、でもなんだかちょっと怖いような感じがしたのですが、虫とかいそうじゃないかな?とか。でも今回の県境は興味が持てました。こういうのはやはりロケがあった方が実感できて良いですね。
今までああいう場所を訪れた事がなかったので考えた事もなかったけど、見ていてわくわくしてきました。県境の表示されているを見たら反復横とびとかやりそうです(笑)
吾郎も楽しそうでしたよね~「右足1丁目、左足2丁目」の時の笑顔の可愛さといったら!!子供に帰ったみたいな可愛さで、Kazuyoさんの激かわにも共感です(笑)
親太朗くんはロケの車でも寝てましたけど、舞台に来てくれた時もずーっと寝ていたとか・・・そんなに睡眠不足なんでしょうか??
ロケとスタジオでのトークのバランスも良くて、やはりゴロデラならではの小島さんと吾郎の会話も楽しみたいです。
もっともっと放送される所が広がってほしい番組です。

投稿: 流星 | 2011/10/23 22:31

Kazuyoさん、アンケートの一連の企画から各局への送付お疲れ様でした、そしてありがとうございます。アンケートの集計結果楽しみにしております。 今回のゴロデラまたまた深夜にピッタリなマニアックな内容でスタッフの方々流石ですね(笑)! 流星さんと同じく私も吾郎ちゃん感覚で興味あります。って言うか、私の場合はもっと身近に「市境マニア」です(笑)。クルマで市道や国道走っていると「○○市」って言う看板みると「わ~い」って思うので(笑)。それにしても両県にまたがっている所多いのですね。税金どうしているのかな?なんて不思議な疑問もってしまいます。今回のテーマKazuyoさんのレポ拝読していて楽しそう!!吾郎ちゃんも今回はSモード発動で楽しそうですね(笑)吾郎ちゃんのロケで県境またぎ拝見したかったですね。楽しそうにロケしてくれそうですね。それにしてもヨーロッパは国境またぎできるのですね。やっぱり世界は大きい(実感)

投稿: ピカチュウ | 2011/10/24 01:09

foot流星さん
アンケートは、私は声をかけさせて頂いただけで、集計はballさん、送付はドルチェさんとballさんのお二人がしっかり責任を持って遂行してくださいました。私は、偉そうに頼んでいるだけで本当にお二人には感謝です。来月頭には、恒例の吾郎さんのBD企画も発足しますのでよければご参加くださいね。
今回の「県境マニア!」は、なかなか面白かったですね。私、基本的にオタク思考なんだと思います(爆) 多くの人にはわからない魅力ってすごくよくわかるし興味が沸くんですよね。「ゴロデラ」で稀有なゲストの方をお呼びするのと同じように、他の番組では取り上げられないような本を探してきて番組企画にしてくれるのはとても楽しく拝見しています。本当に全国放送になってほしいですね。親太朗くん、お疲れでしたよね(苦笑) まぁ、しっかり県境の場所ではテンションあげてきてくれたので良かったですが。今回のロケは吾郎が行きたかったんじゃないかなぁと思いました。そうなると、親太朗くんのお仕事がなくなっちゃうのでダメなんですけど、たまには「哀愁探偵」のときのような二人でのロケも見てみたいなぁと(笑) あっ、吾郎のコメントを聞いていて、忙しい中でも課題図書はちゃんとしっかり全部読んでいるんだなぁとわかって、さすが吾郎さんと思いました。


footピカチュウさん
アンケートですが、近日中に頂いたコメント以外の集計結果を公表しますね。本当にこの番組を見れていない人が多いんだなぁとわかって驚きました。現状の放送地域の少なさだとそうなりますよね(涙) なんとか、少しでも多くの局が放送してくれるようになればと思います。あとは、BBSでも書いてくださっていますが、「BS-TBS」での放送は近道のような気がします。こちらも、併せてお願い出していきたいですね。ピカチュウさんは、「市境マニア」ですか(笑) それはたくさんあって楽しそうですね。なんとなく、ここから地域が変わるってわかるのは楽しいですよね。高速に乗っていても多々そういうことがあって、何気に気になってしまうし。石井さんの場合は、それを実際に自分の脚でまたぐというのが醍醐味みたいで。確かに、それは実感が大きいと思います。記事にした以外にもいろいろツボは落ちていますので、放送を楽しみにしておいてください。吾郎さんの笑顔チェックは忘れずに(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/10/24 04:49

kazuyoさん、こんにちは。「県境」に、あんなに興奮する方もいるんですね(笑)一緒にロケに同行した山田くんとの温度差が…(爆)二人の間に見えない壁が見えた気がする(笑)沖縄は、県境がないので、県境に興奮する気持ちは、分かりませんが、でも、県境ではないけど、市町村の境目を車だったり、歩いてまたぐ時なんかは、吾郎ちゃんではないけど、「右足南風原町、左足那覇市だぁ~」みたいにはなりますよ(笑)私は、やりませんが(笑)それを、高島平の~丁目の例えで言った時の、吾郎ちゃんが子供っぽくて、テンション高くて可愛かったです(笑)でも確かに、県境だとスケールが大きい感じしますよね。食堂とかデパートなんかでも、またぐ時「あーここから別の県なんだぁ~」とか、食事をしてる時も、これで遊べたりそういう面では楽しいかもですね(笑)kazuyoさんはやっぱり、境目とか通る時わくわくしたりしましたか(笑)?「境ガール」は、吾郎ちゃんに宣伝してもらえば、簡単につくれますよね。同じ趣味の人は必ずいると思うので、いい相棒見つかるといいですね(笑)それにしても、今回吾郎ちゃん「S」の部分がでたようで、なぜか小島さんにS発言連発してましたが、どうしたんでしょうか(笑)でも吾郎ちゃんの「ドS」結構好きです(笑)私は、結構吾郎ちゃんの「S」な部分にしびれます(笑)吾郎ちゃんに毒舌言われて、突っ込まれたい(爆)でもあんまりきついと嫌っていう(笑)私は結構「М」なのかなと思った今日この頃でした(笑)

投稿: さおり | 2011/10/24 15:12

footさおりさん
マニアとはこうあるべきよ!という典型的な方ですよね(笑) 結構、私は気持ちがわかりますねぇ。まぁ、前述しましたが、私がすこぶるオタク系の感性を持ち合わせているというのもあると思います(笑) とにかく、好きになるととことん嵌らないと気がすまないみたいです。そして、その期間は案外長い。スマヲタ歴は、その中でも一番長いかもしれない。いつか冷めるときがあるのかなってフト思うことがありますねぇ。「あぁ、吾郎ちゃん?そう言えば、昔すごく嵌ってむちゃくちゃ応援していたわ」とか(笑) 県境ならぬ国境またぎに嵌ったら、あり得るかもしれませんよね。吾郎さん、今回は小島さんにグイグイ攻めてましたね(笑) きっと、ちょっと言ってみたら面白くなっちゃったんじゃないでしょうか。吾郎の「S」の部分か、「M」の部分どちらに惹かれるかはそれぞれ皆さん違うと思うのですが・・・基本、どっちもいいですよね(爆) 笑っている可愛い吾郎も好きなんですが、黙って眉間に皺を寄せている吾郎を見るときゅんとするのは止められない(笑) だからって、実際に怒られたいかとなると話は別なんですが、ちょっとキッと見られるぐらいは萌えるかもしれない。逆に吾郎をいじめてみたいかというと、それはまったく持ち合わせてないのよねぇ。スマップのメンバーに弄られてきゅ~んと子犬みたいになっている吾郎は好きだけど・・・なんの話だったっけ(爆)?!

投稿: Kazuyo | 2011/10/25 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二人の共通性 | トップページ | 僕はダメね »