« 身体を売る女性たち | トップページ | 深夜枠がおいしい理由 »

プライベートの時間

先週から「おはスマ」も「ストスマ」も吾郎が担当になっていますが、とりあえずまとめとして「ストスマ」のツボはあげておきますね。あぁ、吾郎の声って本当にいい声だわぁ。以前からそうでしたっけ?←何をいまさら(笑) (結構、今回吾郎さんがすごく話してくれたので、レポはところどころ割愛させてもらってます。)

STOP THE SMAP

10月10日(月):SMAPな夜

おハガキ 「北京から帰った日、スマップ5人でお昼ご飯を食べたそうですね。そのときの様子を教えてください」

吾郎 「北京から帰った日に5人でお昼ご飯は食べてません(笑) 朝方着いて、そのままそそくさと帰りましたけども。北京コンサート終わって次の日帰るときのお昼には食べたのかな。夕方の便だったのでね。そうだ、だから帰ってくる日に5人で食事しましたけれども。ちょっと情報が入り混ざっているんでしょうか。北京にある中華料理みたいな感じでしたけどもね。すごい、楽しかったんですけども。おいしく・・・ちょっと休日というか、コンサート後の疲れを癒すという感じだったんですけれども」

これなんですが、北京で全員で食事をしたという話が出たのを知っておハガキ出されたと思うのですが、吾郎が読み間違えたのかスタッフが書き写すのを間違えたのか(笑) (ご本人は、北京でと書かれたと思いますねぇ)

おハガキ 「稲垣さん、こんばんは。「ブルドクター」お疲れさまでした。名倉先生は「朝、僕が目覚める前に帰ってくれれば」の名言と知佳に「僕も好きだよ」と呟くツンデレシーンが特に印象深いです。番組ではキャストの皆さん、和気藹々としていて、特にフラフープをした番宣は最高でした。打ち上げは最終回放送前日だったとか。北京公演前でしたが参加できたのでしょうか?撮影を終えての、久々のドラマの感想を聞かせてください」

吾郎 「すごいですね。打ち上げの日程がわかってるんですね(笑) おっしゃるとおり、間違ってませんよ。でも、最終回もね、なんかすごい反響もあって、すごいドラマ良かったなぁという感じで。打ち上げっていうのは、大体ドラマが終わってその一週間以内にやっぱりやることが多いので。次の日、北京に行くということもあったんですけども、それでも打ち上げは結構楽しく参加させてもらって。夜10時ぐらいには家に帰ったという感じだったんですけども、次の日もあったんで。でも、すごく楽しい打ち上げで、つまり楽しいドラマだったということですね」

某雑誌に掲載されてましたからね(爆) 本当かどうかわかりませんが、抽選の品物に吾郎が何を持っていったかまでファンは把握しているよ(笑) ドラマが好評で数字も良く、現場が楽しかったから打ち上げも盛り上がったのは想像に難くないです。まぁ、個人的にはスピンオフをやってもらえるのなら、「トライアングル」のほうが断然やってほしいですけどね(笑) でも、何かあるのなら待っていたいと思います。

吾郎 「久々のドラマで、なんかおもしろい立ち居地というかポジションの役でやらせてもらって。まぁ、本当に掴みどころのない役どころではあったんですけれどもね。でも、結構役者としてはやりがいのある役だったというか。やっぱり、普通のヒーローの役とかよりも、ちょっとこう、ねぇ、少し悪い役だったりとか(笑)、ヒーローと敵対するような役とかやっぱりおもしろいですからね。最近、そういう悪役なんかも僕は多いんですけれども。すごい、また役者としても勉強になりましたし。すごくいろんな絆が深まって、心の繋がりができて本当に良かったなぁというか楽しかったなぁという思い出がいっぱいなんですけど」

そうか、そうか(笑) じゃあ、もう何も言わないよ。ドラマが個人的に好きではなくても、吾郎の役者としての糧になるのなら、これからもドンドンいろんな役を演じていってほしいと思います。まぁ、感想はまた正直に書くけど、吾郎の役者として演じている部分はしっかり見せていってもらおうと思います。

10月11日(火):イケTELスマップ

来年二十歳になるという吾郎ファンの方で、「十代最後に吾郎ちゃんとお話をする」というお願いを吾郎が叶えました(笑) いいなぁ、若い子は可愛くって。聞いていて微笑ましいですね。吾郎が「ファンミーティングには行かれたんですか?」と聞くと、「はずれちゃったんです(涙) でも、西武園のファンミーティングで外で何百人ものスマップファンの方たちと音漏れで盛り上がっていました」と話す彼女に、「北京に来たら、ものすごく音漏れしてたよ」とのたまう吾郎。学生さんに、北京公演の経費を捻出するのはきついっしょ(笑) 昨年の東京ドームでのライブで、「吾郎ちゃんから、初めてファンサをもらいました♪」と言われて、「ファンサ???」となる吾郎がかわいい。ファンサービスですよ。お手振りよ、お手振り(爆) 「へぇ~」じゃないよ(笑) 手が震えていると言われているわりには、しっかりお話されていたなぁ。今後、吾郎からイケTELがかかってくるであろう若いお嬢さんたち、頑張っていっぱい吾郎とお話してください(笑)

10月12日(水):パーソナルクローズアップ

おハガキ 「吾郎ちゃん、こんばんは。北京公演お疲れさまでした。北京公演では、前日の偉い人と集まっての会食があったそうですが、その席でお酒を出されてしまい、5人でアイコンタクトとした上で剛以外の4人はリハ前でも飲むことになったと木村くんがラジオで報告していました(笑) しかも、遠方の席に座っている吾郎を見たらできあがっていたと暴露していたんですけど、それは本当ですか?吾郎ちゃんは、お酒が強いというイメージがあったので意外です。かなり強いお酒を出されたそうですが、その後のリハには支障はなかったでしょうか?」

吾郎 「すごい情報を、また・・・これ、でもあれですよね。木村くんが言っているからですよね。お酒飲めるんじゃないかなって僕は思われているので、まぁ、実際お酒強いですし、自分で言うことでもないんですけども。だから、なんとなくこう・・・「お前、飲めよ」みたいな空気が、メンバーはさておき、一緒にいた事務所の人間がそういう雰囲気を醸し出し、もう「頼むから飲んでくれ」みたいな空気になり、はっ(笑) まぁ、別に僕、お酒好きですし全然いいんですけどね。ただ、確かにリハーサルがそのあとあったんで。で、まぁ、本当にテキーラをショットで飲むみたいなのあるじゃないですか。ほんと、小さなグラスでクイッと飲むような。テキーラではないんですけど、中国でのそういう景気づけの一杯とか、そういう伝統的なしきたりとかですね、乾杯をするときに飲むお酒みたいなですね、まぁ、蒸留酒ですよ。53度(アルコール)とか言ってたかな?本当にウィスキーとかヴォッカとかジンとかと変わらないような蒸留酒の度数の高いものだったんですけど」

社交の上で飲まなきゃいけないときに、メンバーの誰かが飲んでくれればということで白羽の矢が当たったわけですね(笑) じゃあ、いいよ、俺飲むよとなる吾郎が男前で、それでいてまったく酔った様子がなかった(「プロフェッショナル」を見た限り)のはさすがですね。私も経験があるんですが(笑)、飲み倒しているときに途中でショットで飲まされることがあるんですね。あまりに強くて一瞬逆にしらふになります(爆) でも、吾郎の場合は、いきなりこのショットだったと思うのできつかったんじゃないのかなぁ。いや、素敵よ、吾郎さん(笑)

吾郎 「まぁ、それをですね、八杯ぐらい飲まされました。でも、木村くんが「吾郎ができあがってた」っていうのは、ちょっと大げさなんじゃないかなっていう、ふっ(笑) できあがってはいないですけど、ちょっとほわ~とほろ酔いみたいな感じにはなってましたけどね。木村くんとかも、皆、一、二杯は飲まされてましたね。中居くんは、でも結構飲んだみたいですよ。彼も、六、七杯は。僕も中居くんも、比較的お酒が強いんでね。ちょっと、二人が飲まされるような、まぁ、飲まされるというのは、せっかく出してくださった中国の偉い方に失礼なんですけども(笑) まぁ、リハーサルまで少し時間があったんでね、少し回復はしたんですけども。でもね、すごく楽しかったですよ」

とにかく、吾郎がよくしゃべる(笑) このあとも、中国ではお酒をドンドン勧めるのがおもてなしだから経験として勉強になったと言える吾郎が素晴らしいですね。TPOがわかって、自分のペースで飲める吾郎は「大人の飲み方」ができる人だと思います。

10月13日(木):キャッチボールスマップ(木村吾郎

木村 「ど~も、こちら木村です。吾郎でしょうか?え~、舞台があったり、ドラマがあったり、あの撮影があったり、もう本当に個人的時間、個人的な現場がすごく増えていると思いますが。個人的な、ちゃんとプライベートな時間っていうのは取れているでしょうか?なかなか、現場行って、家に帰っての繰り返しになってしまって、え~、家に帰ってからも時間の過ごし方もすごく限られてくるとは思うんだがしかしっ!最近、行ってんのかな?あのぉ、スパとか打ちっぱなしとか。う~ん・・・忙しいとなかなか行けないと思うんだけども、そんな・・・たぶん、吾郎は合間をちゃんとぬえると思うから。え~、ぬっている最中っていうのを、なんかエピソードあったらよろしくお願いします」

(笑)(笑)(笑) この質問自体はまったくおかしくないんですよ。ただ、木村さんが、ところどころものごっつい力入れて聞いてくるのがおかしくって(爆) そして、今回も下から下から吾郎に何気にプライベートの時間を取っているのか聞いてしまうのが可愛くって。最近、きっとお誘いなくて、他の奴とはどっか行っているのか聞きたくって仕方ないのがにじみ出ています(爆)

吾郎 「はい、ありがとうございます。そうですねぇ、確かに木村くんの今の言葉で印象的なのが、忙しい中でもそういう時間を見つけるっていう風に言ってくださったんですけども。そうですね、基本的には、もうちょっとでも時間を見つけてやろうとか、やっぱり一時間でも30分でもあったら何かをそこに埋めたいなぁっていう風に結構思っていくタイプなんで。まぁ、充実はしていますけどもねぇ。ただ、確かになかなかプライベートの時間で、それこそゴルフに行ったりとかっていう結構大きな一日使って何か大きなことっていうのは、ちょっと今なかなか難しいんですけどもねぇ」

この温度差(爆) 相変わらず、淡々と質問に答える吾郎。加えて敬語(笑) 木村さんはね、そんなよそよそしい吾郎の言葉を聞きたいんじゃないわ(笑)! 続きます(笑)

吾郎 「まぁ、スパに行ったりとか言ってましたけどねぇ(笑) スパに行っているんでしょうかねぇ、僕は。まぁ、でもなんだろう、岩盤浴とか溶岩浴とかマッサージとか、そういうのたまに行ったりしますし。まぁ、あとジムですよね、どっちかって言うと、スパとかっていうよりもね。そういうのも、わずかな時間をかいくぐってでも僕は行こうと思ってますね。自己管理、まぁ、見た目だけではなくてね、心身共々に管理というものはやっぱりプロとしてね、大切だなぁと思いやってますけれどもねぇ。最近では、う~ん・・・やっぱり、あとは一人暮らしなんでね、基本的には夜あまり遅いとあれですけれど、帰ってきてからご飯を一緒に食べれる相手を探しますね(笑) まぁ、一人でご飯食べることもあるんですけどね。友達僕も結構多いほうなんで、友達見つけてご飯を食べに行くっていうことは、さほど時間が遅くない限りでは、自分の時間とか自分をリラックスさせる時間とか必要なんでね。そこも、うま~く時間をかいくぐってそういう時間を設けてますけども」

ふ~む・・・ちょっと、木村さんに厭味だわね(爆) ←そんなことはない(笑) まぁ、一人暮らしだからご飯を一人で食べることになるけど、吾郎は一人で食べるのが昔から好きではないのよね。誰か探してでも一緒に食べに行くって言ってたもんねぇ。木村くんがいつもそのときにお時間空いてたらいいけど、彼だってスマップですごく忙しい人ですからねぇ・・・(なぜか、たそがれる私(苦笑)) 木村くん、そういうことなんで、夜、時間がぽっかり空いた日は吾郎に電話して、「吾郎、飯食いに行くか?」って誘ってあげてください。

|

« 身体を売る女性たち | トップページ | 深夜枠がおいしい理由 »

コメント

Kazuyoさん、こんばんは。

こちらにコメントさせて頂くのは久しぶりなのですが、自分が出したハガキが読まれた回の感想が含まれているので思わずしゃしゃり出て来ちゃいましたっw

北京公演前の晩餐会でのことは木村さんからの情報が主だったので、「ええ、吾郎ちゃんがそういう場で出来上がるだなんて!」と意外過ぎて信じられなかったので勢いでお便りを出した訳ですが、運良く採用されて全ての疑問に答えて下さったのは本当に嬉しかったです。吾郎ってファンからの質問にはかなり細かく答えてくれますよね。うーん、やっぱり、これからも疑問に思ったことはガンガンお便りを出していこうっ♪
ソースが木村さんだと採用される率って上がるかも!?読まれているのを聞きてなんとなく、「木村くんが暴露してました」というコメントが吾郎のツボに入っていたように感じたものででw

しかし、吾郎ちゃんてホントにお酒が強いんですね~…。53度のお酒をショットグラスとはいえ8杯も飲んでほろ酔い程度で済むだなんて、お酒の美味しさを最後までじっくり堪能できる体質で羨ましい限り。
後にリハもあったからお酒を飲むことは抵抗があったとは思いますが、中国側の最大限の御もてなしだと勉強になったと捉えているところなんてさすがですよね。

なんか吾郎は忙しくてもプライベートな時間を充実させているし(健康維持を怠らない!)、仕事の中でも学ぶことはもちろん楽しく過ごすことを心掛けているというか、ベタな表現ですが真面目に生きているな~と痛感します。

あと、私もスピンオフなら可能性がゼロに近いと判っていても『トライアングル』の方を希望したいですっ!

P.S.只今、許容範囲の狭い脳内は啄木ちゃんとご贔屓バンドのコンサートで頭が一杯でして、暫くしたらよこしまな件で泣きのメールが入ると思われます(爆)

投稿: ななんぼ | 2011/10/17 21:31

Kazuyoさん、久々のストスマの吾郎ちゃんは私も沢山お話して頂けたと嬉しがっておりました。(そう、曲をフルかけちゃったりされますから) ドラマやななんぼさんが聞いて下さった「木村君発信の」北京のお酒話、そして期待(私はキムゴロキャチスマ大好きです)の木村君からのキャチスマとラインナップも充実していて夜中お聞きしていても眠気吹き飛んでいました(笑)。ドラマは本当に共演者の方々とも仲良くなりお忙しい中「やりがいのある役」と御自身がおっしゃられる程充実された撮影だったのですね。なんか吾郎ちゃんがこうおっしゃられていたら観ていたファンの気持ちとは別に私もよかったと思います。また来年もドラマのお話聞けると良いですね。出来れば日テレさんで嬉しい番宣があったのでお久しぶりの放送局さんでのお仕事も拝見したいですね。なんか今の吾郎ちゃんは新しい役柄を見せてくれそうに思えます。北京のお酒のお話は、Kazuyoさんがおっしゃられていられるように男前でプロの吾郎ちゃんが素敵ですね。8杯も召し上がれてもしっかりリハーサル出来るなんて強いのもあるけれどプロ意識の強さもあるのでしょうね。キャチスマは木村君のいつものハイテンションが可愛い!!いつも吾郎ちゃんには楽しそうにメッセージ頂いて天下の木村拓哉さんがなぜだか可愛く感じてしまう、不思議さが好きです。でも吾郎ちゃんって行動派なんですね。健康管理もちゃんとされていて美しい吾郎ちゃんを拝見できるのはこの意識の高さなんですね。なんかプロフェッショナルな吾郎ちゃんをお聞きできた週でしたね。

投稿: ピカチュウ | 2011/10/18 00:54

barななんぼさん
まずは・・・吾郎におハガキが読まれておめでとうございます!吾郎からの生の声での「ななんぼさん」嬉しかったでしょ? 皆さんも、是非自分の名前を吾郎に読んでもらえるようにたくさんおハガキ出してくださいね。おいしいエピソードを吾郎に振ってくれてありがとう(爆) 確かに、メンバーの名前を使ってのおハガキが読まれる確率が大きいかもしれない。今回は、特に「おしゃべり吾郎さん」の回だったのでラッキーでしたね。(前回は、何かノリがいまひとつだったのかあまり話してくれなかったので(苦笑)) 吾郎がお酒が強いというのはファンなら知っていたはずだったんですけど・・・これは、結構かなりいける人ですね。だから、あの「スマスマ特別編」のフランスでのワイン修行でのおもてなしで、一人違う部屋のソファで寝てしまったのは相当だったんだなぁと思いました。あれは、ファン的にはかなり貴重な映像になるかもしれません。あのときは、まだ20代でお酒のペースがまだ掴めてなかったのかもしれませんね。ワインの利きということでいろいろ飲まざるを得ずだったのも原因か・・・酔っ払う吾郎はセクシーだから、またちょっと見てみたい気はしますけどねぇ(笑)

スピンオフなら絶対に「ブルドクター」より「トライアングル」ですよねっ! これ、また関西テレビさんにお願い出さなくては。(BBS以外は、まだ公式サイト残っているんですよねぇ・・・) 重松Pに直訴したほうがいいだろうか(笑) よこしまな件は、設定までご連絡させて頂いたので「泣き」は認めません(爆) 時間が空いたときでいいので提出するように。←鬼(笑)


barピカチュウさん
今回、本当に吾郎がよく話してくれますよね。もともと、早口で流れるようにラジオを進める人なので、案外話していても曲がガッツリかかるのですが(笑)、今回は本当にいろいろ話してくれています。どのおハガキも優秀でとても楽しい話が聞けたのも嬉しかったですね。「ブルドクター」は、やはり世間一般にはかなり好評だったみたいなので、それはそれで良かったと思います。このドラマを見て吾郎のことが好きになった方もおられるので、役者の仕事はコンスタントに入れておくのは大事だと思いました。「なんで、こんなドラマ引き受けたんですか?」なんて豪語してすみません(笑) でも、このドラマがどんなに結果が良かったと聞いても、私の中では順位はまったく上がりませんが(爆) 吾郎の役どころと演技には毎回楽しませてもらっているので、そういう意味ではドラマ出演はやっぱり嬉しいです。だから、あまり暴言を吐いてはいけない(笑) 数字が良いと現場が明るいので、演じていても全員楽しいんでしょうね。今度は、吾郎が主演のドラマでそういう環境ができればなぁと本当に思います。数字だけが全てじゃないけど、世間も業界も数字でしかその価値を計ってくれないので。「キャチスマ」は、もうキムゴロさんはゴールデンコンビなので(笑)、どこかしら萌えツボを落としていってくれますね。今回も大萌えというわけではないのですが、非常に聞いていて楽しかったです(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/10/18 04:27

Kazuyoさん、こんにちわ。いつも楽しく拝見させて頂いてます。

同じ週に、同じサイトのに来ている同志が採用されるなんて凄い偶然!
と、ななんぼさんのコメントに便乗させて頂いて、初めての書き込みです。


考えて考えて文章を書いてはいるんですが、読まれていると「何であんな事書いたんだろう・・」と凹み部分が合ったりもして。
嬉しくも複雑な気持ちだったりするんですが、吾郎さんが少しでも多く話してくれると、そんな気持ちも癒されるというか。

吾郎さんに名前を呼ばれると、ドキドキします(笑)ホント良い声ですよね^^

北京でのお酒の話は、私もワッツを聞いて気になっていたので、ななんぼさんのハガキで色々聞けて嬉しかったですし、久しぶりの木村さんからのキャチスマは、2人の温度差が面白かったです♪

また読んでもらえる様に、気になる事があったら、出来るだけ早く出す様にしたいと思います。
採用されなくても、吾郎さんに読んでもらえる一番確実な方法な気がします。

投稿: 緋絽 | 2011/10/19 23:14

bar緋絽さん
こちらも、今回おハガキが読まれたクチですね。HNから察するに・・・ドラマ「ブルドクター」のおハガキでしょうか。おめでとうございます。感激で初めてコメントを残してくださってありがとうございます。名前を途中でも吾郎が言ってくれたので二回呼ばれましたね(笑) こちらを覗きに来てくださる方のおハガキが読まれると、まるで自分のことのように嬉しい。たくさん吾郎がドラマのことを話してくれて、何より役者としての彼の語りを聞くのが大好きなのでおハガキ出してくださって感謝、感謝です。吾郎の声は、木村さんから「エンジェルボイス」というファンでも赤面するような命名がつけられていますが(爆)、もう普通に使ってしまうぐらいファンの間では浸透率がすごいです。最近は、その柔らかい声音にしっかりしたベーストーンが加わった気がして、なんか声を聞いているだけで萌えてしまいます(爆) 昔の性別を感じさせない人形のような吾郎も好きですが、最近の男を感じさせてくれる吾郎さんはすっごく好き(笑) 私、結構、吾郎に「男」を求めているんだなと最近気づきました(爆) また、いろんなテーマで吾郎におハガキ出してくださいね。

投稿: Kazuyo | 2011/10/20 03:27

kazuyoさんこんにちは。「ブルドクター」打ち上げ行ってきたんですね。とても盛り上がったみたいで、皆仲の良い、良いふいんきの現場だったんだという事が伝わってきました。吾郎ちゃんにとっても良い思い出になったようで、なによりですね。北京公演のリハーサルの前に、お偉いさん方と会食してる席で、だされたお酒、中国のお酒だと思いますが、度数が53って…、ありえない(笑)私は、テキーラ飲んだことないので、どれくらい強いか分からないんですが、そりゃ、いくらお酒が強くても、ホロッとなると思います(笑)私なんか、ワインでホロッとなりますから、53度なんて未知の域ですね(笑)吾郎ちゃんはお酒で酔うことはないと思いますが、ほろ酔いの吾郎ちゃん見てみたかったかも(笑)吾郎ちゃんって酔うとどうなるのかも見てみたいです。まぁ、絶対見れないと思うけど(笑)あと、「イケ℡smap」可愛らしい感じの方でしたね。皆で音漏れで聞くのも楽しそうですよね。声だけしか聞こえないけど、中の様子とか感じることができるし、想像もできますからね。それにすぐそこにsmapがいるというだけでわくわくしますよね。「キャチスマ」の、木村君と吾郎ちゃんの温度差凄いですよね(笑)そして、なぜに敬語(笑)?これは、突き放しプレイですか(笑)ゴルフは、二人で行ってるので、今度は、二人のオフが合ったら、一緒にスパに行ったりするのもいいかもなと勝手に想像してました。その後に、二人でご飯食べに行ったらいいと思います(笑)そしたら、一人で食べなくても済むし、お友達を探す手間も省けますよね(笑)確かに一人でご飯食べるのは、寂しいですからね。吾郎ちゃんも今、忙しいですが、オフの時にリフレッシュして、また仕事頑張ってほしいですね。

投稿: さおり | 2011/10/20 15:39

barさおりさん
数字が良かっただけでなく、現場の雰囲気が良くて、出演者の皆さんがすごく仲が良かったんでしょうね。女性二人がメイン出演者の中にもすんなり入っていける吾郎が素敵です(笑) 『佐々木夫妻』で共演した小雪さんともいまだに交流がずっと続いているようで、スマップ5人で出演した「いいとも」や舞台にも必ずお花が届いてますね。ファッションや美容のことにも話題にことかかない吾郎なら、女性の中でもきっと違和感ないんでしょう(爆) 中国で飲んだショットは、一、二杯ならわかるのですが八杯はすごいですね。私もお酒はかなり強いほうだと思うのですが、それでほろ酔いでリハーサルに何の支障もない吾郎に驚きます。(中居くんも六杯ぐらい飲んでいたというから、彼もたいしたもんです。やっぱり、ナカゴロでちょっとお酒飲みながら、何か番組で見せてほしいですね(笑)) 吾郎の酔ったところを見てみたいということですが、他の方のコメントにも書かせて頂きましたが、98年9月21日の「スマスマ特別編」で、吾郎がフランスに赴いてソムリエ修行なるものが放送されました。この中で、一日ワインの飲み比べをしたのち夜にまたワインでおもてなしを受けて酔いが回り、ソファで思わず寝てしまったという素晴らしい画が見れます(笑) 未見なら是非見て頂きたいです。

投稿: Kazuyo | 2011/10/21 04:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身体を売る女性たち | トップページ | 深夜枠がおいしい理由 »