« 舞台「泣き虫なまいき石川啄木」開幕! | トップページ | 身体を売る女性たち »

SMAPがすごい理由

今夜、SMAPのファンが放送を楽しみにしていた「プロフェッショナル 仕事の流儀」が73分のSPでNHKさんで放送されました。正直、最初はSMAPのドキュメンタリーはファンになってから数多く見せてもらっているのでこんな感じで進むのねぇと余裕で見ていた。でも・・・番組が進むにつれて、なんだか「これは、もしかしたら今までファンが見たことないスマップが出てくるかもしれない」と期待と若干の不安が心をじわじわと占めてきた。

見終わって、見返すエネルギーも残っていない(笑) 私の中で完結してしまった。被災地には単独SMAPで赴き、小学生の前でトークと歌を披露する様子は、中居くんが言っていたようにテレビでは映してほしくなかったんだと思う。でも、そこはスマップのドキュメンタリーを追っているということでOKが出たと思うのですが、子供たちの笑顔が全てを物語っていた。

番組は、スマップのメンバーがそれぞれグループの中でどのような役割をしているかを見せてくれる。ファンならわかっていたけど、こうやって映像で見てわかるように出してきてくれたのは初めてではないだろうか。2TOPと言われる中居木村が真逆の仕事への取り組み方であるのに、現場をどうやって上手く進めていけるか考えているのが同じなのは興味深い。末っ子となる慎吾がライブの構成を真剣に考えていっぱいいっぱいのときにも、がしっかりいつものように場を和ませる。その年長組みと年下コンビの間で、上手くグループが回るように中間管理職として全員と満遍なく話をする吾郎。(木村さんの「(吾郎は)僕の唯一の話相手(笑)」というのは、ナイスなコメントですがあながち全部嘘ではないですよね)

スマップの危機は、20年一緒にやってきた中で何度か訪れます。森くんの脱退(96年)。このとき、私はスマップにどっぷりと嵌り始めたときだったので信じられなくてものすごく虚無感に襲われました。ファンでさえそうなので、スマップのメンバーが抱えた不安は計り知れなかったと思います。そして、木村くんの結婚(00年)、吾郎の謹慎(01年)、剛の謹慎(09年)とファンが不安になったことは一度だけではなかったです。それでもここまでついてこれたのは、彼らの絆とスマップを続けていくという彼らの信念をそのたびに信じることができたからですよね。

スマップは個々の仕事でもそれぞれ大活躍です。だけど、グループだからここまでやってこれたことも多いんじゃないだろうか。一人ならとっくに諦めるか挫折してしまったことがグループだから続けてこれたことも多々あったと思います。スマップがすごいのは、これが好きなことをするために集まった友人同士ではなく、なんとなく事務所から集められ「YOUたち、今日からSMAPだから」(笑)と言われたグループだということ。どんなに仲が良いバンドメンバーだったとしても、喧嘩別れしたり活動休止をすることがあるのが常な芸能界で20年も第一線で続けてこれたというだけですごいことです。友達でもないし、同僚というのでもない・・・「家族」に近いといのがわかる気がしました。

そして、最後に初の海外ライブとなる中国北京でのライブに至るまでの様子が流れます。大変だとは思っていたけど、こんなに切羽詰まっていたのねぇ・・・スマップってすごいんだなぁとしか今は言えません。吾郎が言っていましたが、「踊りもプロのダンサーではないし、お芝居を一本でやっている人に比べたら僕らは敵わない。でも、下手なりに頑張るしかない」のだと。マルチタレントとして国民的アイドルになったスマップには、立ち止まることもできないし、いろんな仕事をこなしながらひとつひとつの仕事を完璧にやっていかないといけない。個人の仕事だけでなく、スマップ全員の仕事としても妥協は許されないんですよね。見ていて、自分がその立場に立たされているわけではないのに、あまりの過酷さに気持ちが悪くなった(苦笑) 

どれだけの人が、こんなプレッシャーの中であれだけの仕事をやり遂げることができるだろう。テレビの前ではいつも笑顔で、マスコミや世間の勝手な言葉が飛び交う中でどうしたらあそこまで強くなれるんだろうか。わかっていたけど、SMAPってやっぱりすごいプロ集団なんですね。

もしかしたら、ここまで裏側をテレビで放送されるのはスマップとしては不本意だったかもしれないと思った。夢を売る商売をずっとやり続けているスマップにとって、いかに過酷とか大変とかは視聴者やファンには見せたくなかったんじゃないか。それは、きっと彼らのポリシーではないと思う。だから、知らなかったことにしていいですか(笑)? ファンの前で見せてくれるあの笑顔は、努力とか忍耐とかではなくて彼ら全員が言っていたように前を見て進むことだけを考えた「SMAP」だからできたことだと。あなたたちのような人たちは、もう絶対に日本では現れない。

だって、彼らはアイドルじゃなくて、「SMAP」だから。

|

« 舞台「泣き虫なまいき石川啄木」開幕! | トップページ | 身体を売る女性たち »

コメント

kazuyoさん、こんばんは。
さすがNHKというか当然なのですが、CMなしなので濃厚な75分間でしたね。見る方もただ手放しで喜んで見れるものばかりではないので、私もちょっと疲れました。知らず知らずに、肩に力が入っていたのかも。
確かに夢を売る芸能人ですから、あまり裏側を見せるのもどうなのかと思いますが、全体的にチャラチャラしてなくてNHKらしさが出てたと思いますね。
個人の活動の場面で、吾郎ちゃん扮する陰陽師の写真が出た時は思わず「素敵!ぜひ、続編をお願いします」と言ってました(笑)
ああいうドキュメンタリーみたいな番組では、吾郎ちゃんのコメントって結構、的を射ていると言うか的確ですよね。
賛否あるとは思いますが、私は見て良かったと思うし、これからもずっと彼らを、そして吾郎ちゃんを応援していきたいと確信しましたね。

投稿: keiko | 2011/10/11 19:51

吾郎君、拓哉の唯一の話し相手、いつもありがとうございます(笑)
なんて言ったらいいのか自分の表現力のなさにコメントを書くのを躊躇しましたが、これだけは言いたい。
あなたたちを好きなことを誇りに思います。目の前にあることをあなたたちに恥ずかしくないよう、一生懸命やります。仕事がつらくてうじうじしていた自分が恥ずかしくて私も前向こうと思いました。それぞれの役割があってそれをひたむきに頑張る。
木村拓哉のかっこよさに惚れて入ったSMAPの世界でしたが…5人がこんなに素敵なんて!!
唯一無二のSMAPとともに自分も歩いて行きたい。そんなことを思わされ、じっと見いった番組でした。

投稿: まーにゃん | 2011/10/12 01:04

非常に良い番組だったのですが・・・感想あげにくいですよね(苦笑)
語るなら、どこもかしこも拾い上げて言及したいんですよ。でも、それをすると私の場合何週間かこの番組の感想記事につきっきりになるのが目に見える(笑) ならば、概要で出すしかないわけですが、そうなるとこういう形になっちゃうんですね。今までの記事の中で結構語らせてもらったところが多いので割愛させてもらった感じでしょうか。森くんのことも、吾郎や剛の事件のこともそうです。もう一度ちゃんと語っておきたかったけど、とりあえずやめておきました。
中国のライブの件は「カミスン!」で、ファンミーティングは西武園のときの記事でしっかり書かせてもらったので外しました。なので、本当のところを言うとこの番組では各メンバーのそれぞれのインタビューをもう少しガッツリ見せてほしかったのが本音なんですね。でも、この番組だけを見る視聴者の方もいるわけだし、そういう意味ではこれで良かったんだと思います。それに、インタビューの部分がもっとあったらそれこそ割愛なんて無理でした(爆)


keikoさん
CMがないというのは、番組側の編集とか流れがそのまま視聴者にストレートに見せれるのでいいですよね。(まぁ、民放さんはそうしたくてもできないから仕方ないのですが) 思ったよりか、真剣な場面が多くてさすがに見終ったあとは満足感と共に肩の力が抜けたというか(笑) スマップの本気の部分がかなり番組に組み込まれていたんだと思います。だから、最後の中居くん、吾郎、剛の振り合わせや木村くん、慎吾の笑顔にホッとさせられたのはありますね。ちゃんと、個人の仕事として吾郎の場合は、ドラマ「二十歳の約束」や「陰陽師」の画も出してくれたし、舞台稽古の様子も流してくださったのは本当にありがたかったです。インタビューの様子はどのメンバーのものも聞き入ってしまいました。今回NHKさんが見せてくれたのは、実はスマップが真剣に仕事に取り組んでいるほんの一部なんですよね。こういった過程を、全員で毎日やっているのが日本一のエンターテーナーSMAPなんだなぁと実感しました。


まーにゃんさん
それぞれのポジションの場面良かったですね。吾郎のところでは、しっかり木村くんのコメント付きで嬉しかったです。そう言えば、木村くんって唯一スマップのメンバーの中で吾郎のあまり表に出ない彼の良さをいろんな媒体で話してくれる人だなぁって思いました。雑誌でも、何度も「吾郎は優しい」と昔から言ってくれていたのは木村くんだったし、ラジオでも「ライブ構成でメンバーもスタッフもテンパったときに、たったひと言でその場をまとめたのは吾郎だった」とも言ってくれた。世間では(もしかしたらスマップのファンでさえ)あまりそういった吾郎の部分を知らない人に、正直に伝えてくれてすごく嬉しかったのを覚えています。そんな木村くんが、吾郎となら素直に言いたいことを言えるというのはきっと吾郎も嬉しいだろうなぁと思うのです。そして、真剣なスマップのプロの一面を伝えてくれたNHKの番組スタッフも制作のプロでしたね。

投稿: Kazuyo | 2011/10/12 06:16

Kazuyoさん、NHKさんらしいドキュメント番組で本当に見入ってしまいちょっと涙ぐみそうになったりあっと言う間の73分でした。私はこちらにお越しになる皆さんよりファン暦が浅いのでSMAPのこのようなドキュメンタリーは拝見した事がなかったので宝物のようです。そう、つよぽんや中居君の「情熱大陸」の特集の時やスマステで木村君特集の時など吾郎ちゃんのも放送して頂きたいと思っていました。「その道でのプロフェッショナル」を取り上げて下さるNHKさんのスペシャル番組で取り上げて下さった事は本当に嬉しい限りです。Kazuyoさんのコメントに頷いたり納得したり、最後の〆のお言葉「アイドルではなくて『SMAP』だから」にはこの言葉に尽きますね!!(流石!Kazuyoさんピッタリのお言葉です) 萌えツボとしては、やはり木村君が「唯一の話し相手」っておっしゃって下さった事とその時のキムゴロさん達の笑顔と空気感が最高でしたよね!北京公演での素晴らしいキラキラの瞳の笑顔の吾郎ちゃん。アンポンタントリオのフリ練習の可愛い事と言ったらないですね。見ごたえいっぱいなのに私はいつもの笑顔のSMAP君達が心に残りやっぱり一番好きなのかもしれません。NHKさんまだいっぱい未公開映像やインタビュー持ってみえるのですよね。思わず感謝のメールとともに未公開映像付きのDVD発売お願いしちゃいました(笑)

投稿: ピカチュウ | 2011/10/12 23:33

KAZUYOさん、こんばんは。とても充実したドキュメンタリーだったんですが、何から書いていいのか難しいですが、SMAPがいかに素晴らしいグループなのか凄く分かりました。思えば、どんどん解散してしまうグループがいる中、二十年も続いてるグループって本当に凄いことなのに彼らは絶対天狗にならない。精神ができていると思いました。天狗になって、支えられてるのも知らない、周りの人を見下している人間に彼らの爪を煎じて飲ませてやりたいと思いました。十代のまだ何もわからない時期に大人の世界に入り、芸能界の厳しさや、大人の醜さも見てきたと思います。時には傷つき、心が折れそうになったこともあると思います。でもそれを顔には見せない。いつも笑って元気づけてくれている。どんなピンチの時にも前を向いて切り開いていってる彼らを見習いたいです。オートレーサーの道に行った森くんも職業は違えど心はずっと5人と一緒にいると私は思います。私は、今、出来ること、仕事を生半可でやらず真剣に愛情を持って取り組んでいる彼らはとてもかっこいいし、輝いていると思います。ライブを盛り上げる為に、試行錯誤して、意見をいい合ってる様子を見て、わがままはもう言わないと思いました。彼らの真剣な顔まさに「プロ」の顔でした。忙しいなか、ファンの皆さんを楽しませようとしているSMAPに感動しました。吾郎ちゃんが言ってた「人を否定しない」心、これがSMAPなんですよね。そんな純粋な気持ちずっと忘れてました。思いださせてくれてありがとうございます。そしてずっと皆を幸せにしていってください。なんか私感想になってますか(笑)いや、本当に難しいんですよね(苦笑)ただ、SMAPは一人一人個性を大事にしているし、KAZUYOさんが仰るようにSMAPのようなグループはもう現れない。それくらい素晴らしいと言うことが言いたいんです!私も、もっとSMAPの魅力を見続けて行きたいです。今後さらに進化し続けていくSMAPに期待したいし応援していきたいですよね。

投稿: さおり | 2011/10/12 23:43

ピカチュウさん
私は、泣いてしまうかと思ったけど案外堪えれましたねぇ(笑) なんでだろう、ものすごい力入ってたので感情がついていかなかったのかも。ただただ、「スマップはすごい!」と感心してしまったのかな。これ、まだちゃんと見直してないのですが、二度目のほうが泣いてしまうかも(苦笑) あぁ、「情熱大陸」に吾郎も出演してほしいですよねぇ。すごく見たい。これも、お願い出しに行かないとなぁ。すごく真剣なスマップをこんなに見せてもらって、いつもバラエティで騒いでいる彼らの顔からは想像つかないのですが、それでもやっぱり笑顔が最後に印象に残ったというのはよ~くわかります。スマップの笑顔って、やっぱり安心する。いろんな表情を見せてもらえるドキュメンタリーで非常にありがたかったですね。私も、NHKさんにはお礼を出しておきました。


さおりさん
スマップがすごいのは当然なんですけど、彼らを見つけて好きになった自分もすごいなと(笑) 私の場合は、アイドルなんて好きになったことがなく、まったく違う畑の人だったのでどうして今、ジャニーズのタレントを応援しているのかさっぱりわかりません(爆) でも、スマップを好きになって本当に良かったなぁと思います。もし、ジャニーさんが6人選出するときに誰か一人でも違っていたらと思うと怖くなるぐらいです。この番組を見て、日々の自分を見つめなおして頑張れているだろうかと考えた人が、ファン以外にもたくさんいました。ものすごい影響力と説得力ですよね。彼らにしてみれば、それこそ「特別にメッセージを出しているわけではないし、諭したりしているつもりはなく、ただ自分たちを奮い立たせて頑張っているだけ」なんですよね。人が文句も言わず頑張っている姿って、どうしてこんなに多くの人を感動させるんでしょうか。これからも、ずっと彼らを追っていきたいと思った。今、むしょうに「STAY」が聴きたい・・・

投稿: Kazuyo | 2011/10/13 07:16

kazuyoさん、こんにちは。リアルタイムで見ていて、気づいたら正座してました(笑) 私も一度目は圧倒された感じで泣かなかったのですが、昔からのファンの方の感想を読んだらじわ~っと来ました。私が言うのもおこがましいのですが、ファンの方も一緒に20年いろんなことを乗り越えて来たんだろうなぁって。(まさにSTAYですね) でもみなさんほんとに感想が書きにくいとおっしゃってますね。私も番組にはお礼のメールを送りましたが、書きたい事はたくさんあるのになんだかありきたりの短い文章になってしまいました  全編通して素晴らしかったのですが、やっぱり吾郞ちゃんのお仕事をきちんと説明してくれたのは嬉しかったです。舞台稽古の様子が見られるなんて感激です SMAP内でのポジションの件では吾郞ちゃんがニコニコで、それまでずっとぴりっとした雰囲気だったのが、ふわっと肩の力が抜けたようでした。ファンじゃない方にはいまだにカッコつけててしゃべらない気障なイメージみたいなので、一人でも多くの方に見てもらえてたら嬉しいです。草彅くんとのバランスボールなんて、可愛すぎて「一生やってなさい!」って感じです(笑) ファンならたぶん想像できてた、ちゃんと五人で話し合ってる様子も映像で見られて良かったです。吾郞ちゃんもちゃんと言うことは言ってるし・・・ それにしても噂のスタンバイ前の無言のオーラは凄かったですね~画面通してでさえあれですから、目の前だったらどんなにか・・・。 私もkazuyoさんと同じように、若い頃はアイドルにはまるのは別世界の人達だと思っていたクチです(笑)もちろんこれからも吾郞ちゃんとSMAP以外を追っかけるつもりもありません。こういうファンが多いのもSMAPがすごい理由のひとつですか? 

投稿: さっぴぃ | 2011/10/13 12:14

「プロフェッショナル」…良い番組でしたね。私も観ている間ずっと力が入ってしまって。。観終わった後友人達から来たメールを見て、急に力が抜けてウルウルとなりました。実は事前にスマファンではない友人数名に「NHKのプロフェッショナルでSMAPの特集やるからお暇だったら観てね」とメールをしておいたのです。その返信には「今や国民的スターなのに、いろんな葛藤を抱えながら頑張っているのがわかったよ」とか、「コンサートや舞台を観に行ってみたくなったわ。今度誘って~」とか好意的なメールばかり。中には「プロフェッショナルという番組が好きで毎回観てたのよ。その番組に取り上げられるなんてさすがSMAP!!」というのもありました。きっとこの番組はNHKということもありいろんな年齢層が観ている番組で、それに取り上げてもらえたことは素晴しいことだったと思います。スマファンではない人にも凄さをわかってもらえたでしょうし、私たちファンもますます惚れ直してスマファンであることを誇りに思えましたし。
個人的には「二十歳の約束」の写真が出て、当時まだ生まれてなかった子供に「母はこの番組を観て吾郎を好きになった」と説明できたのが良かったです(笑) 舞台の稽古風景も映りましたね。実は今回チケット取れずに落ち込んでいたのですが、親切な方に譲って頂き観に行けることになりました。期待に胸が高鳴ります(←Kazuyoさんごめんなさい。Kazuyoさんの分までしっかり観てきます)。
私もNHKさんにはしっかりメールを出しておきます。地道な活動が大事ですもんね。 

投稿: こまみ | 2011/10/13 23:33

さっぴぃさん
スマップのファンをやっていて厳しいときもあったけど、断然楽しいことのほうが多いしそれだけでファンをやっていられるのならそのほうがいいですよね。確かに、スマップは激動の20年を走り続けてきて、「奇跡のグループ」だと思うことがたくさんあります。でも、ファンからしたら辛いことはないならないに越したことがない。彼らが強い人たちで、辛いことも全部エネルギーに変えてファンに向けて送り出してくれるから「あのときは大変だったけど、それで良かったんだ」と言えるんだと。森くんが第二の人生を歩み出したことにはエールを送りたいし、吾郎や剛の決意も真摯に受け止めています。でも、それでも森くんにはスマップにやっぱりいてほしかったし、二人の事件も起こらなかったら良かったのにと思うので。(特に、吾郎の事件に関しては事実がうやむやにされたままで、いまだに誤解されているのが辛いし悔しいです) でも、彼らはちゃんとスマップであるという自覚と誇りを持っているんですよね。それを見せてもらえたから感動したんだと思います。しかし・・・吾郎さんの仕事人っぷりは惚れますね(笑) 普段は柔らかくてホワホワしているけど、結構この人はものすごく男前な性格だと思います。メンバー全員のことをいろいろ知るたびに、彼らから離れられなくなる。確かに、それもスマップのすごいところですね。


こまみさん
ファンじゃない方から些細なことでもスマップを褒められると、すごく嬉しいですよね。私がよく言われるのは、「スマップって息が長いよねぇ」「なんだかんだ言って、テレビで彼らを見ない日はない」「もうアイドルの年じゃないのに、すごいよなぁ」とか(笑) 特にベタ褒めじゃなくても、第一線でエンターテーナーとして活躍している彼らの話題になるともう本当に嬉しくなります。そして、ご年配の男性の方たちでも、何気にスマップのメンバーは全員フルネームで言える(爆) これはすごいことだと思います。民放ではなくて、NHKさんで一時間強の特集をして見てくれる人が大勢いるというのも素晴らしいです。バラエティのスマップではなくて、仕事に真っ向から向き合う彼らを、たくさんの人が見てくれたというのは本当に嬉しいですね。吾郎の舞台を観に行けることになったようで、楽しんできてください。(えぇ、私の分まで(笑)) 今回は、感想を書けるアンケートが用意されているみたいなので、観劇後ガッツリ書いてきてくださいね。できれば、今回行けない方のためにも「再演」と「DVD化のお願い」はよろしくお願い致します(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/10/14 08:32

kazuyoさんこんにちは。
プロフェッショナル、私はリピが止まらずなかなかコメント入れられませんでした。もちろんポイントは皆さんと同じ場面です
それにしても、グループのドキュメンタリーを制作する場合に、これだけ各メンバー偏ることなくかといって詰め込み過ぎ感もなく番組を編集出来るとはさすがプロフェッショナルスタッフ!どっかのスタッフも見習ってと言いたくなりました。さっそくお礼とDVD化の要望出してきました。
実は私も子どもの頃からアイドルには興味がなく、吾郎以外芸能人のファンになったことはありませんでした。最初はオンリーでしたがこちらのサイトにお邪魔するようになってコンビ萌えを知り、今ではすまさん全員好きになりました。これからもオンリーワンな吾郎とSMAPにどこまでもついて行こうと決めたSMAPの流儀でした。

投稿: みらん | 2011/10/14 13:54

みらんさん
番組を見終わったあと、あまりにもいろんなことが頭の中でグルグルしたので感想がまとめられないですよね(苦笑) とりあえず、すぐに感じたことだけ記事にしたんですけど・・・語れと言われたらいろんなことが語れる。そして、その時間がない(爆) ファンも前に前に進んでいかなければいけないほど、吾郎がいろんな仕事をこなしているので。久しぶりの「ゴロデラ」の感想記事をUPするのが遅れていますが・・・ここ数日英国のサーバーが超トロくて見れなかったのですが、ラジオともども頑張ってあげていきますので、また読んでやってください。吾郎ファンの方にもいろいろタイプはあると思うのですが、できればスマップ全員を好きで嵌ってもらえるのが理想形でしょうか。そのほうが、確実に数倍「スマスマ」は楽しく見れるようになるので(爆) うちのサイトでコンビ萌えに目覚められたとお聞きするのはすごく嬉しいです。きっと、吾郎も自分のファンがスマップとしても応援してくれると嬉しいと思うので。是非、群れスマもご一緒に(笑)

投稿: Kazuyo | 2011/10/16 01:36

NHKさんにDVD化の要望を出しました!
今のところ商品化の予定はないとのことですが、ぜひともカットされたインタビューシーンなどを含む完全版をお願いしました。
電話での要望は敷居が高いなあと最初はどきどきしていたのですが、NHKの方は他局と比べて、そんなに冷たい感じ(笑)がせず、電話しやすかったですよ~。

突然用件のみのコメントですみません。

投稿: susu | 2011/10/17 10:35

susuさん
こちらにもコメント残してくださっていたんですね。見逃すところでした(汗) NHKさんにDVD化の要望を出されてお返事を頂いたのこと。NHKさんは、本当に毎回いつも丁寧なお返事をくださいます。今回、要望を出されたのは「プロフェッショナル」のDVD化ですよね? ツイッターでも、多くのファンが番組放送後にお願いを出したのですが、お返事はやはり「申し訳ございません。今のところ、DVD化の予定はありません」というお返事でした。これも、数ですね。是非、吾郎の舞台のDVD化ともどもお願い出してみてください。

投稿: Kazuyo | 2011/10/18 04:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞台「泣き虫なまいき石川啄木」開幕! | トップページ | 身体を売る女性たち »