« ハングリー! ★8★ | トップページ | 見たい場面が「かくれんぼ」 »

毒舌将軍、徳川「吾郎」

今回は、歴女アイドルと呼ばれるゲストをお呼びしての「ゴロウ・デラックス」。実は、私は歴女とは言わないまでも、西洋、日本を問わず歴史上の人物が大好きでして、歴史小説を読むのは大好きです。学校で歴史を勉強しているときに、このぐらいの情熱で授業を聞いていたらもっと楽しく勉強できただろうなぁと思うぐらい。だから、学生の頃から歴史好きだった女性は羨ましいです。

今回は、しっかりオープニングトークが入りました。「和服美人は好きですか?」という小島さんから吾郎さんへの質問。着物を自分で着れる女性を見るとググッと来るという吾郎さんに、「私、自分で着られるんですけど」という小島さんに「ふっ」と軽く笑う吾郎さん(爆) そこは、「素敵ですね」と言ってあげようよ(笑)

第三十七回課題図書 『TOKUGAWA 15』 堀口茉純著

Tokugawa15_2 徳川の歴代将軍15人と周囲の人間模様をディープに解説した一冊。著者、自らが描いた可愛らしいイラストを交え、ライトな語り口ながらも史実に忠実にまとめられた歴史本。吾郎も小島さんもとても面白かったと言っています。教科書に載っている以外の事が書かれているということで、私もすごく読んでみたいですねぇ。

ゲストに来られた堀口さんは、ご自分でもイラストを描かれるということで額縁付きのイラストをお二人にプレゼント。吾郎さんには「徳川慶喜」をイメージしてインテリジェンスで、顎に手を添える吾郎の癖をつけての傑作です。(ここで、BGMに映画『十三人の刺客』で使われた曲を流してくれるスタッフGJです) そして、小島さんは徳川家光の乳母春日局風イラスト。こちらも、とてもよく特徴を掴んでいて素晴らしいです。吾郎のイラストのモデルになった慶喜は「毒舌将軍」で上から目線らしく、吾郎本人も「役が来るなら、僕、慶喜だろうなぁ」と言っています(笑) 是非、見てみたいですね。

堀口さんは、とにかく歴史好きで好きな将軍を肖像画から笑ってもらったりと妄想しながらイラストを描くのが楽しかったそう。(なんか、その気持ちはわかる気がします(笑)) ご本人は、さらに江戸文化歴史検定一級を最年少で取得されたというからたいしたものです。今回課題図書になった本を出版するために、参考文献を100冊以上も読みこまれたそう。ここまでくると、趣味を超えて立派ですよね。

堀口さん自身が一番好きな徳川将軍は、家茂で「もっちー」と彼女は呼んでいます(笑) とりあえず、親太朗くんに将軍の格好をしてもらうことに。現代風な顔の親太朗くんはちょんまげが似合うのかな?と思っていたのですが・・・これが、案外似合うんですね(笑) 睫が長くて、ちょっと森くんに似ているなぁと思ったのは私だけでしょうか。これで、時代劇のお仕事が来るかもしれないぐらいしっくり来ていました。

吾郎 「(親太朗くんのちょんまげ姿を見て)時代劇、いいんじゃないですか?」
小島 「出たら?」
親太朗 「吾郎さんが出るやつに、ちょっと今度バーターでいいですか?」
吾郎 「Sexy Zoneのほうが先かなぁ」 (いや、すでに今、共演されているのでは(笑)?)

家茂は甘いものが好きらしく、堀口さんは親太朗くん扮する憧れの「もっちー」とスイーツデート。江戸深川資料館や、甘いもの屋さんでのデートVTRは堀口さんが本当に楽しそうでした(笑)

最後に、家光と春日局役を吾郎と小島さんで朗読をしてもらって終了。堀口さんはまだまだ書きたいことがあるそうなので、是非いろんな題材で書いてほしいとお二人からリクエスト。その際には、吾郎さんには慶喜を演じてほしいということで是非よろしくお願いしたいですね(笑) 堀口さんが好きな家茂は親太朗くんで?という流れで・・・

吾郎 「逆に、僕が山田くんのバーターになっちゃうよ(苦笑)」

うん・・・そうはならないと思う(笑)

追記: 今回から、本の紹介と共に画像とAmazonのリンクも表記していこうと思います。興味を持たれた方は参考までにどうぞ。

|

« ハングリー! ★8★ | トップページ | 見たい場面が「かくれんぼ」 »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。堀口さんの吾郎ちゃんのイラスト素敵でしたね。歴史は学生時代にテスト勉強で苦労しました(苦笑)。堀口さんの本読んでみたいですね。楽しく歴史を知ることが出来るなら私でも大丈夫かな?吾郎ちゃんに関する情報が見たくてアメーバブログで稲垣吾郎で検索したら、偶然今回の堀口さんのがありました。『ほーりーのお江戸へGO!ゴロデラ後日談と堀口のどうでもいい話』のなかで吾郎について以下のコメを。「ゴロデラは30分番組ですが、収録時間は、放送時間の何倍かあって本当に沢山の事を学ばせて頂きました。稲垣吾郎さんとは、映画『十三人の刺客』の話が出来て嬉しかったです。映画は殺陣が楽しみで見に行ったのですが、完全に松平斉韶役のゴロウさんに釘付けでしたね。残酷なんだけど色気があって、死が近付くほど生き生きする。凄い役でした。しかも、斉韶はモデルになったドS藩主がいてTOKUGAWA15の世界にも絡んでくる。吾郎さんの次の時代劇が見たい。」とありました。これは未公開SPを番組にお願いしてもっと話を聞きたいですねhappy01

投稿: ルナ | 2012/03/03 11:21

japaneseteaルナさん
今回のテーマ実に興味深かったです。追記で書いておいたのですが、せっかく「ゴロデラ」でいろんな本を紹介してくれているので、視聴できない方のためにも本の画像とリンクを追加することにしました。(過去の記事もできるものはやっていきますね) というのも、私が個人的にすごく興味を持ったのでつい購入してしまったので(笑) ちなみに画像をクリックすると大きな画像で閲覧できますが、吾郎自身も自分なら慶喜だと思うと言っていたのは最後の15代将軍です。

堀口さんのブログのご紹介ありがとうございます。30分の番組でかなり長い間カメラを回しているというのは、先週の阿川さんもおっしゃっていましたね。深夜番組で全国放送ではないのに(笑)、かなり丁寧に作ってくださっている番組だと思います。TBSでは、4月以降も番組の続行が決定したということなので、さらに全国放送になるように応援と口コミを頑張っていきたいと思います。堀口さんと映画『十三人の刺客』の話で盛り上がったとのこと。どうにかして、未公開放送で流してほしいと思います。これも、公式にお願い出しておいたほうがいいですね。あぁ、吾郎の高貴な役がもっと見たい(爆)!

投稿: Kazuyo | 2012/03/04 04:52

KAZUYOさん、こんにちは。今回のゲストもまた、マニアックな方ですね(笑)でも、堀口さん可愛らしくて、面白いですnote私は、あまり歴史詳しくないんですが、徳川家って色んな方がいらっしゃるんですね←なんか、近所の人みたいな言い方(笑)家康は勿論、私も知ってると言えば、綱吉とか家光名前だけなら慶喜も知ってます。でもなにした人かわからんのです(笑)そうか、吾郎ちゃんに性格似てるんだ(笑)吾郎ちゃんみたいにツンデレだったのかな(笑)あっ、吾郎ちゃんが慶喜演じれば、早いじゃないですかねnote吾郎ちゃん「松平家」から「徳川家」にお引っ越し(笑)←どんな引っ越しだよ(笑)吾郎ちゃんのまた違った時代劇の上様みたいですnote吾郎ちゃんの着物姿って結構堪らないんですよ(笑)あぁ~吾郎ちゃんと堀口さんがやったようなデートしたいheart04そうそう山田くんも似合ってましたね~。イケメン度が上がってました(笑)堀口さんとも、楽しんでいて、この際、江戸にタイムスリップしたら面白いなと思いました(笑)←全くありえないですが(笑)吾郎ちゃんの絵も小島さんの絵も美男美女でいいですなぁ~。似ていましたねnote吾郎ちゃんに性格が似てるという慶喜さんにも、興味が湧いてまいりました(笑)調べてみようかな山田くんと一緒に時代劇いいですねぇ。その前に、sexy ZONEですか(笑)山田くんも入れてあげで吾郎さん(笑)また、吾郎ちゃんで時代劇が、今度はまた違った役柄でみたいなぁ~と強く願った回でした(笑)

投稿: さおり | 2012/03/04 17:52

今回のお客様は今沢山おられる歴女様からという事で楽しそうですね。私は父が歴史や古代史発掘物が好きなので小さい頃から本やTV番組を一緒に観ていたので抵抗はない方です。吾郎ちゃんのイラストを書いて下さった堀口さんのイメージの慶喜さんは毒舌家だったのですね。高貴で毒舌、吾郎ちゃんが演じたら面白そうhappy01 でもあの人、官軍の大砲にビックリして早々に軍艦で江戸に逃げちゃった人じゃなかったでしたっけ(案外小心者?) 徳川の将軍さまは沢山いますがほとんど知らないのでこちらの本イラスト付きで楽しそうですね。Kazuyoさんの本のご紹介ありがとうござます。興味があるので読んでみたいと思います。ルナさんの堀口さんのブログ紹介もありがとうございます。来て下さったお客様の感想が読む事ができるのはとても嬉しいです。特に吾郎ちゃんの事が書かれていると嬉しいですね。また吾郎ちゃんに時代物演じて頂きたいですね。高貴な殿様はピッタリですが剣は握らずとも策士・軍師役なんかもあるし、明治大正期の着物姿の文人も良いですよね。堀口さんの原作で吾郎ちゃんと親太朗くん出演楽しみにしたいですheart04

投稿: ピカチュウ | 2012/03/04 23:41

Kazuyoさん、ごめんね、なかなか出て来れなくて。 ハングリー!も最近、面白くなってきたし、スマスマアニメ歌謡祭なども書きたいことあったんだけど、あっというまに取り残されてる。それだけ吾郎もスマップも途切れなく話題や仕事があるわけで、有難いことなんだけどね。特に中居くんのファンはドラマも決まって嬉しいだろうけど複雑な思いもあるのでは?私は心配でしょうがないわ、、、。
 
 今週のゴロデラは私も歴史大好きなので、番組としては面白かったです。私も高校生の頃は「新選組」の大ファンで,土方派(笑)。漫画は木原敏江さんの「天まであがれ」、テレビは「新選組血風録」「燃えよ剣」、小説は司馬遼太郎を中心にと、まあ定番コースですが。ここ20年くらいの大河で唯一観たのは、慎吾の「新選組」だったし。
そんなわけで歴史オタクとしての堀口さんの気持ちがよくわかるだけに、「あんたの夢かなえたろかSP*もっちー編」の作りも微笑ましく観られました。 歴史ものとしては、前の花房さん(バスガイド)くらいぶっとんで視聴者へのサービス精神満載でやってくれたほうが私的には面白いんですが、年の甲?と内容の堅さが違いすぎますしね(笑)。 徳川将軍については「徳川慶喜」を大河でもっくんがやってましたし、草なぎ君が「徳川綱吉」をSPドラマでやりました。この時の番宣番組で剛が「吾郎ちゃんに綱吉についていろいろ教えてもらった」と言ってましたが、思わず「へええ、、吾郎は誰に教えてもらったんだろう」と思った私です。

 埋もれてたモッチーに光をあてたのは新鮮だったけど、他の将軍についてもいろいろ聞きたかったな。あとルナさんが教えてくださったように、「13人の刺客」についての堀口さんの評も放送してほしかったですね。一応、フィクションだけど元の話では、徳川家斉の息子の話ですし。子供が55人もいた将軍の話は面白いと思うのだけど、スタッフにこういうこと提案する人いないのか、どうしてもあのロケがしたかったのかもしれないけど。

 
特に良かったのは吾郎と小島さんの朗読劇っぽくなった家光と春日局のところ。以前のゴロデラでの棒読みダメだししましたが、今回は上手に朗読してくれたと思います(上から~)。さて、朗読面で満足したら、次は「眼鏡」ですよ。ここからは文句なので眼鏡ゴロー好きな人、耐えてください(笑)。今回はちょっと可愛いかなと思うところもあったけど、でももう~やだやだ、眼鏡ゴローだめです。 吾郎さんは上二人みたいに目が大きくないのでまずフレームの大きい眼鏡をかけると表情がとたんにわからなくなるんですよ。眼鏡は吾郎さんの第2の黒ブラとしてガードの役目を果たすのでしょうか(吾郎ファンは黒ブラの意味わかるよね?) 

「目は心の鏡」と言いますが、吾郎が眼鏡をかけた「ゴロデラ」の回って吾郎の印象がすごく薄い。 「あれ、吾郎いたっけ?何話したっけ?」と思ってしまうくらいです。たくさん番組に出てるなら 一個くらい眼鏡でもいいですよ。でもスマスマでさえまともに映してくれないことも多いのだから、せめて冠番組くらいもっとよく見せてくださいよ。眼鏡かけるとオーラが減ります。「ほん怖」はいいのよ、あのキャラだから。でもああいったゲストとの対談みたいな形で眼鏡かけられるとゲストの吾郎さんへの印象も薄まると思うのです。伊集院静氏のように「そんな訴えかけるような眼」と言ってもらえなくなりますよ。まあ百歩譲って、番組の意図として、中居君のカミスンみたいに理知的な雰囲気を出したいのか、それとも眼鏡かけたほうが視聴率が上がるというのなら、我慢するけど楽しみは減りますよねえ。

投稿: kim | 2012/03/05 00:49

japaneseteaさおりさん
さすが歴女アイドルと言われるだけあって、着物を着ても可愛い方でしたね。徳川家茂を本当に愛おしく想っているのがわかって微笑ましかったです。私の友人にドイツのノイシュヴァンシュタイン城を建てさせたルートヴィヒ2世を心底好きになった子がいまして(笑)、彼の歴史を語られ一緒にドイツまで旅行させられたんですが・・・いるんですよねぇ、本当にこういう女性たちが(爆) 私も徳川将軍は名前を知っていても、その人なりはそんなに知らないので興味が沸きました。もともと関西の人間なんで、徳川家より豊臣家のほうに思いいれがあったのですが、吾郎さんが慶喜に似ていると聞けば黙っていられないわ(笑) 「十三人の刺客」では、明石藩主ということで嬉しかったんですけどね(爆) 歴史を紐解くと、あっちもこっちも手を出したくなり時間を費やしてしまうというのもわかります。吾郎さんも、結構と歴史好きなのかな。今回の本を読んでいろいろさらに興味が沸いたみたいですが。忙しい中、本を読む時間が少なくなったと思うのですが、こうやって番組で課題図書とは言えど本に触れていられるのは吾郎にとってすごい良いことだと思います。やはり、吾郎には文学は常に身につけておいてほしいので。彼の持っているものを、さらに広げていってほしいですね。


japaneseteaピカチュウさん
お父様が歴史好きでいらっしゃったんですね。それは、幼少の頃から自然に歴史について興味を持てる環境にあったということで本当に羨ましいです(笑) 番組がそちらで放送されるときに見て頂ければいいのですが、堀口さんが描かれた慶喜風吾郎さまのイラストがとっても素敵なんですよ。髪が長いままなのも歴女アイドルの方が描かれるだけはある(笑) 慶喜さんって小心者だったんですか? 吾郎が小心者というわけではないのですが、うま~く演じる吾郎がすでに脳内で再現されてしまいました(笑) 剣は握らずとも軍師役・・・う~ん、素敵! ちょっと、髪を乱した色っぽい武将なんかもいいですよね。信頼があって周りから守られている美しい武将。あぁ、素敵(笑) 文人は、もうそのまま吾郎でいけますね。どうしても、私が脳内で想像すると、着流し風の色っぽい文人吾郎になってしまうのが申し訳ないのですが・・・いいなぁ、見たいなぁ(笑)

投稿: Kazuyo | 2012/03/05 01:15

japaneseteakimさん
他のレスを入れているうちにコメントが(笑) ここのところ、ずっとレギュラー番組だけでも追いつかないのにまた今月は特番も入ってきますからファンも大変ですよね(汗) どうしても語りたいことがあるときだけでも結構ですので、コメント残していってくださいな。中居くんのドラマに関して心配事とは? 彼の場合はものすごい数のレギュラー番組を持っているので、身体のほうが心配というのはありますが役者の仕事もファンとしては見ておきたいですもんねぇ。中居ファンの皆さんは、どうなんだろう? 私は、やはり役者の仕事はどれだけ忙しくても入れてくれると嬉しいと思いますね。ドラマ自体がどうなるかわからないけど、演じている中居くんを見れるだけで幸せなんじゃないだろうか。なかなか興味深いテーマのドラマとなっていますので楽しみですね。始まる前からこう言うのもなんですが、結果がどう出てきても役者中居正広は期待しておきたいと思います。

「ゴロデラ」は、今回歴史上の人物を個人的な趣味で書かれた本の紹介ということで、私も興味深く拝見しました。もう少し、本の内容に触れてくれるとありがたかったんですが。そういう意味では、私も前回の花房さんの回のほうが楽しめたかもしれない。眼鏡吾郎さんに関しては、たまにはいいですがこれが定番になるとなるとちょっと残念ですよね。私も、この番組は素の吾郎の表情を見たいので「眼鏡あり」では進めてほしくないかな。これも、ちゃんと公式にお願いしないと伝わらないですよね。
私は、実はそんなことよりも深刻なことがありまして・・・「ゴロデラ」の自分の記事に全部本の画像を昨夜入れ込んだんですね。そのときに、サラッと全部読み返してみたんです。番組当初のほうが、私の感想のテンションが高い(爆) それは、新番組が始まった高揚感もあるとは思うのですが、断然始まったあたりのほうが番組自体が面白かったように思うのです。理由としては、まず親太朗くんが絡んでくるのはいいのですがVTRが最近長くないですか? 30分番組の中であれはちょっともったいないというか。それと・・・確実に吾郎の発言が減っています(汗) コメントが減ったのか、編集がそうなってしまったのかはわからないのですが、やはり吾郎がいろいろゲストと絡んで話していたときのほうがこの番組は数段面白かったと思います。小島さんのMCが上手いのは認識しているのですが、最近は小島さんより話しているのが少ない回もあって、正直吾郎ファンとしては不満です。(これ、小島さん批判に捉えられるかもしれないと思って、ずっと黙っていましたがすごく感じるので) 吾郎が敢えて発言するのが少なくなったのであれば、吾郎自身にもちょっと気づいてほしいなぁと思いますね。小島さんも、毎回吾郎に振っていけるわけじゃないと思うので。

この番組が業界でも話題になったのは、課題図書を出してマシンガントークするというバラエティ番組の企画の優秀さと、吾郎がジャニーズのタレントでありながら赤裸々に発言することで評判になったはず。吾郎さんも忙しいとは思うのですが、彼のコメント力は本人が思っている以上に素晴らしいので、せっかく冠番組が続いているので積極的に攻めていってほしいですね。

投稿: Kazuyo | 2012/03/05 02:57

こちらではお久ですみません。
KimさんとKazuyoさんに同感。メガネは本人の希望なのかスタッフから渡されるのかわかりませんが表情が隠れてしまうのでやめていただきたい。ものいうせっかくの美しい瞳がもったいない。襟が高いとかフードが好きとか、どうしても何か隠れたい自衛本能が無意識に働くのかしれませんが、特に冠番組としてやっているからにはちゃんと顔自体も全面に出してもらいたいですね。
 でやはり最近の内容、VTR長いですね。CMとかカットすると20分くらいしかない番組の、その中に吾郎のいないVTRってそこまで必要かなと思います。それから吾郎の発言も少ないような気もしますねえ。実際はオンエアの何倍か収録してるそうなのでもっと喋ってるのかもしれないけれど、放送されてるものはなんだかあまり喋ってる印象が最近薄いですよね。小島さんがメインの番組みたい(言い過ぎ?)
 取り上げてる内容は多岐に渡って面白いし、スタッフも愛ある方たちだとは思いますので、ここはもう少しまた始まったころの勢いを取り戻して欲しいかなあと思います。ということは我々もどんどん要望を伝えていかねばですね。
PS ルードヴィッヒ2世嵌りましたよ。ノイシュヴァンシュタイン城とかの写真集も買ったしw 映画で王を演じたヘルムートが吾郎と重なる部分あるんだよねwww

投稿: ミニラ | 2012/03/05 14:36

japaneseteaミニラさん
コメントありがとうございます。やはり、同じように感じている人はいるんですね。番組はとても楽しませてもらっているし、続行して放送してくださるTBSさんにも感謝しています。でも、どうしても気になるところが出てきて黙っていられなくなりました(苦笑) 番組が一年経ったところで、思ったことを言っておこうと思ったので。全国放送に持っていくのが先なので、本文に書くのは気が引けたので、ちょうどkimさんが少し疑問に思うことを書いてくださったので便乗してしまいました。これが一時間番組なら、VTRも毎回入れ込んでみるのもいいと思うんですね。でも、実質30分もない番組ですからトークで回してもらうほうが数段テンポもいいと思います。放送内容によってはVTRがあって理解できるのもあるので(孤独死や県境の回など)、一概にVTRを撤去してほしいわけではないのですが・・・今回は本の内容をもっとトークで堀口さんからお聞きしたかったです。それと・・・吾郎ですね(苦笑) 結構、カメラを回していると聞いている番組だけに、出てこないのはもったいなくて。小島さんはラジオで活躍されていた方なので、話してこそというのはあると思うのですが・・・やはり、ここは吾郎の冠番組というのをもう少し意識して上手くMCで本領を発揮してほしいのです。吾郎は、あまりグイグイくる人と一緒になると黙ってしまうので(汗) お二人のマシンガントークは気に入ってますので、バランスよく編集して出してきてくれるとありがたいですね。

ここにもいたよ・・・ルードヴィッヒ2世に嵌った人が(爆) 確かに、若い頃から美青年でいろいろ艶っぽいエピソードもある方ですよね。最期がとても寂しくて、悲哀の王というのも拍車をかけるでしょうか。う~ん・・・こういうキャラも吾郎に演じてほしいですね。

投稿: Kazuyo | 2012/03/06 03:59

お正月以来二回目のコメントです。
さっきコメントしたのですが、どうしても送れず…。再挑戦です。
この放送、やっと今日見ました。
うん、私も本を読んでトーク、という原点に戻ってほしいですね。あのVTRは要らないと今回特に思いました。「13人の刺客」の話なら聞きたかったのに。この番組を見ているのがどういう人種?か考えて編集してほしいですよ(苦笑)
徳川慶喜役、絶対に合うと思います。見てみたいな。

今頃間の抜けたころになってのコメントで失礼しました。

投稿: ちさ | 2012/04/10 23:53

japaneseteaちささん
お久しぶりです。コメントありがとうございました。遅れてのコメント全然構わないです。特に、「ゴロデラ」は地域によって遅れ放送のところもあるのでいつでもどうぞ♪ あと、コメントが最初入らなかったとか(汗) なんでだろう・・・先日も、コメントを何度かトライしたけど残せなかったというのを聞いているので心配になってしまいました。ブログやサイトのコンテンツで閲覧できない、コメントが入れれないなどのトラブルがあれば、雑談BBS「ANGEL BBS」のほうでご報告よろしくお願いします。

この回の「ゴロデラ」ですが、ものすごくVTRが長かったんですよね。それも、親太朗くんと堀口さんのデートVTRという・・・微笑ましいけど、本の内容とは関係ないので30分番組でこれをやられると正直厳しいです(苦笑) もう少し、吾郎の慶喜で引っ張ってほしかったですよね。この放送後、同じような感想を送った方が結構いたようなので、心なしかこの後の放送はVTRも短めで吾郎が話している部分が出てくるようになった気がします。堀口さんが書かれた本は、ものすごく面白かったですよ。

投稿: Kazuyo | 2012/04/11 03:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハングリー! ★8★ | トップページ | 見たい場面が「かくれんぼ」 »