« それじゃまた | トップページ | ロック好きだった少年 »

NHKとSMAPの歴史

NHKさんのゲストをお呼びする音楽番組。Perfumeの皆さんがMCをしている「MUSIC JAPAN」に、NHKの朝ドラの主題歌になっている「さかさまの空」を歌っているSMAPがゲスト出演。なかなか、NHKらしい落ち着いた音楽番組で個人的にすごくいいなぁと思いました。Perfumeの三人は、誰かがメインでというより三人がそれぞれゲストに質問をしたりコメントをするのが、バランスも取れていて失礼ながら思っていたより非常に上手なMCでした。

歌の前にトークが入り、メンバーそれぞれのNHK出演ドラマや民放での連ドラでのドラマ作品をピックアップしたりと、企画もなかなか素晴らしかった。座り位置は、向かって左から木村吾郎中居慎吾と「がんばります」と同じゴールデンシートでしたね(爆) ちょっと、木村くんと剛が元気がない気がしましたが、NHKでの出演番組がないので控えていたのかもしれない。スマップもコメントのバランスが非常に良いグループですよね。

朝ドラデビューの吾郎は、スマップのメンバーの中では過去一番NHKでのドラマ出演の数が多いということで、スマップを代表して毎年お歳暮をNHKさんにお贈りしているらしい(笑)←冗談なのか本当なのか判断しにくいところですが。数ではなくて、拘束期間なら慎吾が一番なのかな。なんせ、大河『新撰組』で主演をはりましたからね。

SMAPのNHKドラマ出演抜粋VTR
慎吾: 「新撰組!」(04年)、「腕におぼえあり」(92年)、「マドンナは春風にのって」(90年)

何気に古いドラマも覚えているスマップのメンバー。昔のほうが、他のメンバーがどんな番組に出演していたか見ていたりしたのかもしれない。ここで、木村くんが例の剛の遅刻して森光子さんを10時間待たせたというエピソードを振り(笑)、説明する剛にフォローをする中居くんとダメ出しをする慎吾が優秀でしたね。剛は、NHKドラマの出演はないけれど、慎吾の「新撰組!」でちょっとした友情出演があったんですねぇ。スタジオで流したVTRでは流れなかったけど、ちゃんと入れ込んでくれるNHKさんは本当に良いお仕事をされます。

中居: 「腕におぼえあり3」(93年)

今より細い中居くんの顔がさらに小さく見えて、あ~ちゃんが「顔が小さい!」と説明するくだりと、慎吾の「かつぜつ必死!」に笑いました。確かに、中居くんは顔小さいですよねぇ。背は高くはない人ですが、この顔の小ささでアイドルの優等生だと思います(笑)

吾郎: 「陰陽師」(01年)、「ホシに願いを」(04年)、「青春家族」(89年)

「陰陽師」は、本当に大好きなドラマでした。吾郎が安倍晴明のキャラにものすごく嵌っていたし、お相手役の源博雅を演じた杉本哲太さんと、蜜虫を演じた本上まなみさんの三人を当時ファンの間で「縁側トリオ」と呼んで親しんでいました。このドラマ、また続編作ってほしいなぁ。晴明の台詞「お前は鬼だ!」というところで、隣から「あんたこそ、鬼なのにねぇ・・・」と茶々をいれる中居くんがいたり、「ホシに願いを」の入浴シーンで盛り上がるサタスマコンビ(笑) 先を見たかった慎吾に便乗してぼそっと「終わっちゃったよ・・・」と呟いていた剛の言葉を聞き逃さなくてよ(笑)! そう言えば、入浴シーンが映り込んだすぐに「ぅわっ!」と言ったのは、あ~ちゃんでしょうか(爆) このシーンを持ってきたNHKさんGJだわ(笑) このドラマの吾郎は、私の中の吾郎第二次黄金期ですごく好きなヴィジュアルのときですね。綿棒みたいな吾郎(by慎吾)が出演した朝ドラ「青春家族」は、スマップ全員オーディションを受けに行ったのは知りませんでした(笑) 吾郎が役者をやっていきたいと思った大事な作品です。「でも、いつのまにか芸人さんになったんだよね(笑)?」と言う中居さんの嬉しそうな顔(爆) 吾郎のことは、何でも突っ込みたくて仕方ないんですね(笑) この他にも、吾郎はNHKでは大河ドラマ「炎立つ」(93年)、「さよなら五つのカプチーノ」(98年)に出演しています。コンスタントにNHKさんではお世話になっているので、また今この時期にNHKのドラマに出演してほしいですね。

SMAPが演じたドラマ役柄リスト
吾郎: 知的で専門職が多く、台詞も専門的なことが多くて覚えるのが大変
木村: 憧れの職種、ヒーロー役が多い
:  身近な等身大の普通の人の役が多い
中居: 比較的、いろんなキャラクターを幅広く演じている
慎吾: キャラクター系が多く、台詞も短めで楽(本人談ですが、そんなことないと思うよ~)

吾郎のところで、慎吾が「最近、いやな奴の役が多い。本来の吾郎ちゃん」というお決まりの弄りが入り(苦笑)、中居くんが「イメージダウン・・・」と乗っかるという今回はサタスマコンビがものすごく阿吽の呼吸で連携プレーを見せてくれたような(笑) 木村くんが演じた「総理大臣」に「一生のうちで演じられるかどうか・・・」という吾郎のコメントが素晴らしかった。

SMAP出演作品のドラマで、SMAPの曲が主題歌になったリストがフリップで出されますが、剛の作品は5曲もあってどれもヒットしているんですよね。ここに、もちろん吾郎の&Gも入るのですがリストはSMAP限定なので入っていません。残念(笑)! 剛は、SMAPが現在主題歌を担当している「梅ちゃん先生」を見ていて、そのあとの井ノ原くんの「あさイチ」も続けて視聴しているよう。中居くんが、ジャニーズで初めての帯番組で羨ましいとコメントして、「今、帯できる?スケジュール的に」とつっこむ慎吾と、隣で手を叩いて大笑いしている吾郎が可愛い。吾郎に「帯・・・」と訴える中居くん(笑)(笑)(笑)

新曲「さかさまの空」の紹介で、振り付けが可愛いという剛に、すぐ覚えられますよという吾郎、Perfumeなら10分で覚えられると木村くん。Perfumeの振り付けは日本のアーティストの中で一番難しいらしい。その話を「なっ」というがごとく隣同士で見詰め合うキムゴロさんが(爆) 今回の椅子がソファ系でも動かすこともできにくそうな椅子で残念でしたが(笑)、何気にお互い身体がそれぞれのほうに若干傾いている感じがするのは私のただの願望ですか(爆)? ここで、いきなり吾郎がPerfumeの振り付けをしてみるのですが・・・どう見ても手旗信号(爆) 両隣からそんな吾郎の腕を引っ張って座らせる2TOPのお二人(笑) 息がバッチリ合ってます。吾郎も中居くんが腕を離さない限り、ずっと預けっぱなしなのがもう・・・可愛がられっ子ですよね。

そして、最後に「さかさまの空」の曲披露。いいですねぇ~、テレ朝さんに続いてカメラワークが優秀です。こうでなくっちゃ! 「がんばります」は生放送だったし、ステージが小さいのでフォーメーションの移動も大変だし、観覧の方もいたことからハンドカメラマンの人たちは動きにくかったということを考慮するとかなり素晴らしかったと思います。でも、やっぱり今回のNHKさんが今のところTOPかな。「スマスマ」はちょっとランク外だわね(笑)

振り付けで♪幸せが~♪というところの両手の小指を繋ぐ振りですが、三回披露してもらったところで木村くんと吾郎が毎回正しい振りなんだと認識しました(笑) 「スマスマ」では、中居くんと慎吾が逆合わせをしていて、剛だけは手の甲を両方見せていた。どれが本当?!とずっと思っていたので、今回のNHKさんのを見させてもらってやっとわかった。まず、右手の小指を立てたまますっ~と前方に出すときに、左手の小指を前側から重ねるんですね。ただし・・・中居くんは、今回も逆になっています(笑) これ、ライブできっと「世界に一つだけの花」同様にファンも一緒に振りを合わせると思うので、皆さん正しい振りを覚えておいてください(笑)

この曲では、本当に毎回吾郎がすっごいキュートな笑顔を見せてくるので、それだけで大好きな曲になりました。今回は、それに最後コトンと小首を傾げられたところで悶死(爆) ズルイよ、吾郎さん(笑) 「MJ」はとても楽しませてもらったけど・・・中居くんと吾郎のカラーが逆なのがこれまた違和感(苦笑) TVガイドさんが来月から毎月発売してくれるありがたいSMAPメンバーそれぞれの「SMAPxSMAP BOOKS」のカラー分けの違和感があったばかりで、非常に気になった。事務所側は、どう思っているんだろう・・・ちゃんと中居くんは青、吾郎はピンクに訂正してほしいなぁ。

|

« それじゃまた | トップページ | ロック好きだった少年 »

コメント

吾郎の朝ドラ自慢は、ちょっとしつこいような気がします。で、私もしつこくて申し訳ない…前にも指摘したんですが、purじゃなくってPERFUMEです。

投稿: hiro | 2012/04/23 07:43

hiroさん
私の記事内の誤りを指摘くださるのは非常にありがたいし、毎回助かっていますが、吾郎が朝ドラ自慢をしていると捉えるのはいつもそういう風に見ているからではないですか? 結構、吾郎にはいつも厳しいですよね。厳しいのは構いませんが、空気読んでコメントしている吾郎の空気を読んでください。

投稿: Kazuyo | 2012/04/23 07:59

お久しぶりです。ガイドさんのスマ本のカラーですがガイドさんの方がたくさん意見が来たけど今回はビストロカラーでスマ新ではスマカラーでとツイで言っていました。  NHKさんの並びは最高でしたね。吾郎ちゃんの時中居君がこれ知らないと言った時全部知っているはずなのに悔しいなという感じが、悪役の所で中居君が吾郎ちゃんと言ったのは絶対書いてくると思っていました。  今日はHEYHEYHEYもあるし明日の火曜曲の予告で中居君と吾郎ちゃんがみつめあっている写真を見ました。楽しみです。  皆さん良く働くのでダビングや編集してもいつもぎりぎりです。仕事もしているのに毎回更新有難うございます。いつも楽しみにしています。無理はしないでくださいね。

投稿: michiko | 2012/04/23 08:14

初めまして!ブログ巡りをしていたらここにたどりつきましたスマファンです!(男です)MUSIC JAPANで久々に中居くんが、「吾郎ちゃんって イヤなやつなんだ」と言ってテロップまで出ていたんですが、よく聞くと「稲垣さん」と呼んでたのでちょっぴり残念でした。でもさかさまの空は最高でした!少し個人的な感想を書かして頂きました。それではまたいつか

投稿: ミック | 2012/04/23 09:49

Kazuyoさん、みなさん、こんにちは。
MJ(初めて見たんですけど)、GJでしたねぇ。梅ちゃんの宣伝はまあ当然として、スマさん達の過去のNHKドラマのみならず民放ドラマやその主題歌まで、もれなくフィーチャーして下さって。とにかくsmapの処遇が凄い!NHKの「smapと仕事をしたいオーラ」をものすごく感じました。これは今年の紅白もがっちりロックオンされそうですね。紅白はほどほどにして、CDTVにgo!・・というわけには行かなさそうです。smapの支持層の広さ、安定感(音程除く)、エンターテイナーとしての総合力と個々の仕事の質の良さは、短期的なブームを超えて大変魅力的な素材ですよね。木村君やつよぽんのドラマ(大河?)も中居君の帯も、条件さえ折り合えば、NHK側としてもいつでもgo!なんじゃないでしょうか。慎吾ちゃんの家族バラや吾郎さんの芸術番組(Eテレ?)もnaturalにイケそうだし、NHK×smap、無限の可能性がありそうですね。でも、NHKへの出演が増えても、おバカ曲やフェロモン曲もちゃんとリリースしていただきたいですけど。
昨日のさかさま♪衣装は空にちなんでブルーを入れてきましたね。個人的には、背景が空になることが多いと思うので、ブルー以外のきれい色を刺していただきたいな。スモーキーなピンクや茶系だとnot alone♪と重なるので、ペパーミントグリーンとか透明感のあるオレンジとか。こってり目のサーモンピンクを中居君に着てもらってもcuteかも(全身ピンクはダメ)。布面積の多くなる慎吾ちゃんは、ライトグレーか淡いレモン色とかもいいかな?
それにしても、昨日木村君がインナーに着ていたようなターコイズブルーを、ぜひ吾郎さんに着てみていただきたい。清涼感とノーブルさがマッチすると思うので。そして、春なのでグルグルは控えましょう。一人だけ長袖をロールアップ無しで着るのも控えましょう。ボートネックのターコイズブルーのカットソーに、定置網のカーデガンorジャケットなんていかがでしょう?まあ、昨日はジャケットの下がタンクトップで、腕を上げた時に生腕をチラ見せしていただいたので許しますが(←何の権限があって何を許すんだ?)。
昨日のハイライトはやっぱり混浴露天風呂でしょう(違う)。吾郎さん、デコルテでもいい・・いや、半袖でもいい・・いや、シャツのボタン2個外しでもいい・・いや、せめてグルグル自重からでもいいので、たまにはさわやかsexy&beautyを拝見させてください。
後半、変態風味ですみません。今日も明日も歌番組、衣装(露出だけでなく)とパフォーマンスが楽しみです♪

投稿: mei | 2012/04/23 11:58

MJは時々見ますが、きちんとSPな感じで嬉しかったです  Perfumeとは共演も何度かあり楽しいトークでしたね。
「陰陽師」、私も大好きです。原作を先に読んでたのですが、物語の世界観が丁寧に描かれていて、美しいのに、世捨て人のような達観した安倍晴明が吾郞ちゃんにぴったりで その後映画化されたりしてどんどんキャラも話も派手になって、原作から遠ざかって残念だったので、ビストロに来られた寺尾聰さんが、「吾郞ちゃんの安倍晴明がが一番好き」って言ってくださったのがとても嬉しかったです。 ほんとにもう一度今の吾郞ちゃんで観たいですね。
Perfumeの振り真似をする吾郞ちゃんとそれを止めるお兄ちゃん達、美味しく頂きました やっぱりこの座り位置が最高ですね。
歌のカメラ良かったですね。振りもフォーメーションも良く見えるし(間違いも見つけやすいですけどね)、画面も明るくて爽やかです。衣装も爽やかで良かったです。 吾郞ちゃんの巻物ははずして欲しいですが でもインナーがノースリーブだったので、良しとします(笑) とにかく吾郞ちゃんがニコニコなだけでこちらも楽しくなるのですが、パリピアトリオのコーラス隊可愛いですよね~。草彅君は今回ちょっとお疲れ気味かな、って感じでしたが、シンゴロは今回の曲はとにかく楽しそうですよね。吾郞ちゃんセンターも新鮮だし、間奏でスタンドからマイクをサッと取って、颯爽と前に進み出て来る吾郞ちゃんが素敵でした。もちろん最後の小首かしげにも撃沈です しばらく歌番組が続くので楽しみです。またいろんなツボがあるといいですね。

投稿: さっぴぃ | 2012/04/23 16:07

kazuyoさん、こんばんは。
見ていて楽しい番組でしたね。結構、丁寧に個人のお仕事まで紹介してくれて。席順も良かったですよ(笑)
晴明さま、きれいでしたね~。ぜひぜひ、続編希望です!!
吾郎ちゃんは短編で、いろいろやってるんですよね。「さよなら五つのカプチーノ」も大人な雰囲気ありのドラマで秀作でしたよね。
そして、歌ですが、爽やかな歌とこれまた爽やかな衣装でステキでした。腕を上げた時に、私もタンクトップの腕が見えて、ちょっとドッキリしちゃいました。
首のグルグルは、もう春なので、そろそろいいんじゃないかな~(笑)ないと落ち着かないのかな~。

それより中居君、どんだけ仕事したいんだか(笑)

投稿: keiko | 2012/04/23 18:41

こんにちは。初めてこの番組を見ました。
SMAPさん達だけで、落ち着いた雰囲気が良かったですね。
今回の座り位置が一番良いですね。
私もイメージカラーが違うのが残念でした。正して欲しかったわ。
中居君の帯の仕事の下りも面白かったし、トークが楽しかったですね。
メンバー全員に均等な質問も、スマスマと違って、偏りがない感じが優秀ですね!
確かに吾郎ちゃんの振り付けの真似は、手旗信号ですわ(笑) 中居君が止めながら言っていた言葉が最後まで聞き取れないのが残念。『マネージャーさん、楽屋~』までは聞こえるけど、木村さんの声が大きくて聞き取れない。気になるな~
歌は振り付けも良く見えてカメラワークも優秀ですね!
楽しい番組でした。

投稿: 幸 | 2012/04/23 18:45

Kazuyoさま

MJ良かったですね!さすがNHKと思いました。パフュームの可愛いお嬢さんたちのMCも満遍なく皆に話を振って好感が持てました。吾郎に関して言えば私は「青春家族」で可愛いくて、演技のしっかりした子だなぁと注目した経緯が有り、その頃はJ事務所もSMAPも全く知らず、今改めて見ると懐かしさでいっぱいです。

朝ドラの配役は今も殆どオーディションで決めていると聞きますが、吾郎も他のメンバーも受けていたことを初めて吾郎の口から聞けて嬉しかったですねぇ~。今まで殆ど自身のことを語らない吾郎。他のメンバーの口からも吾郎のお仕事の話は伝わってこないので、こういう場を借りて話してくれるとありがたい。きちんと仕事の実績を上げているのだし、もっと、もっと話して欲しいですね。吾郎さんのさり気無い優しい気遣いはメンバーも認めているところ。もうそろそろこれからは、色々なエピソードをどんどん発信していってくれてもいいのではないでしょうか。そしてまたNHKでドラマに取り組んでくれることを期待しています。

歌はもう言う事無しでした。カメラワークも良かったし、5人の表情が活き活きしていて見ていて気持ちが良かったです。何処とは言いませんが、カメラワークで、たまにはこれぞプロという仕事を見せて欲しいなと思ったのは内緒です(笑)

投稿: さやか | 2012/04/23 19:30

Kazuyoさま

こんばんは☆ この番組のことをアップされているだろうと思ってお邪魔しました。その日外出していて、録画はかけていたもののリアルタイムで見たくてあわてて帰りました。
思っていたよりずっといい番組でした! ちゃんと真面目に?今までのドラマと役柄の傾向を取り上げてくれてすごく良かった! 安倍晴明はやっぱりこれがいい! BSくらいで再放送してくれないかしら? 剛君の「新撰組」ゲスト出演はしっかり覚えていて、あのフィルムは出ないのかしら? と思ってたら出た! とっても嬉しかったです。NHKはスマスマよりファンの心理がわかってる、と思ったのでした[笑] 5人のトークもとっても良かったです。長くはなかったけど濃い時間でした。
今日も明日も番組があるし、剛くんも中居くんもドラマがあるし、HDDはフル回転です[苦笑]

ではまたお邪魔します。

投稿: ちさ | 2012/04/23 22:17

3分のEDトークさえ難しい冠番組より、しっかりスマップのトークを見せてくれて、ドラマもちゃんと紹介してくれて、本当にNHK万歳でした。吾郎はドラマだけでなくナレーションやロボコンシリーズ、宇宙探査機「かぐや」等、NHKのバラエティでも沢山出ているので、お歳暮贈るのは当然かもしれません(笑)。 

  吾郎にとって「青春家族」は、役者でやって行こうと決めた大事な作品なんですね。中学生時代、クラブも続かず、将来の目標もなく、行き詰まりを感じていた時に、お姉さんからの推薦でジャニーズ事務所に入所。それでもなかなかやる気にならず、レッスンもさぼりがちだったところ、朝ドラのオーディションに受かり、「初めていろんな人から役者として褒められ」て、「自分が進むべき道を見出した」のですから思い入れが強くて当然です。全員がオーディションを受けたという話は初出ですね。

88年4月に結成されたスマップですが、当時、「吾郎ちゃんはいなかった」とかよく言われるのは、結成当初より吾郎が一番仕事が多かったせいかもしれません。吾郎が88年7月号の「POTATO」で単独表紙を飾ったのは、「スマップ」よりも早かったんですね。
 朝ドラのオーディションに受かっていて、これから売りだすぞ!という時期だったのかもしれません。これはスマップにとってもCDデビューの準備として、知名度を上げるプロモーション活動の一環であり、メンバーが一人でも大きな仕事を取ってくることはグループにとっても大切なことだったのです。

  人によっては「自慢」と取る方もいるのでしょうけど、最近の吾郎はこうやって自分のことを積極的に話すようになってきたので、以前のようになにかオチに使われても黙りこんで誤解されることが多かったのに較べると、良い傾向だと私は喜んでいます。

「陰陽師」は私的にはベスト3に入るくらい好きなドラマなんですが、原作の夢枕先生にも「実に初々しい、美しい」と絶賛されたくらい若き日の阿部晴明でした。今ならちょうど良い年頃になってきましたから、是非、続編をお願いしたいものです。ところで中居君が「おまえが鬼だ」と言ってた「鬼」ってやっぱりあの「鬼」なんでしょうか(←わけわかんない人は追求しないでください)。

「星に願いを」はまさかあのシーンを持ってくるとは!私も最初びっくりして固唾をのんでしまいました。小窓の中居君の顔が面白かったわ~。スマップ全員が食いついているのも笑えましたね。なにげに木村君は黙ってる? あれをモット見たかったのはしんつよだけじゃなくてファンも同じ。確かあの後、○クビが見えるんですよね(←もう黙れ)。当時必死でコマ送りした記憶が。

Kazuyo さん命名のゴールデンシートは今回も効果をあげていました。上二人が抜群のタイミングで吾郎の腕をとって止めているのを見て、98年か99年頃のスマスマEDトークで同じく吾郎を真ん中にして木村君と中居くんが両側から胸をまさぐるというセクハラをしたことを思い出しましたよ(爆)。
 
 それからこちらのHPの雑談BBS(群れスマトピ)のほうに、2012年の「頑張ります」の感想をアップしました。第一弾は中居→吾郎の「ごめんなさい」、あの時吾郎は何を中居に話したかったのかについて語っています。ナカゴロファンだけでなくスマファンの方もよろしかったらどうぞ。

投稿: kim | 2012/04/23 23:20

みなさんがおっしゃっている通り、とっても5人がさわやかに楽しげに素敵に語っていた優秀な番組でした。次の日のHey3の5人の雰囲気となんだか違って大人な感じがしたのは、20代のPerfumeさんがMCだったからでしょうか。
こうやって5人のドラマを並べて役柄を比べると、5人のキャラがかぶってないことと、この24年間全員がそれぞれ活躍していることのすごさを改めて感じて、良かったです。こんなにすごい5人のに、えらぶってない身近さがまた好きになっちゃいまいした。このところ(去年からかな)、5人の活動が多いのかトークの回しが絶妙でわちゃわちゃぶりが嬉しいです。いわゆるデレ期?
今回は、他の人と立てたのか、拓哉はなんだか大人しく感じたけれど、踊りの振りの所で、吾郎君に話を振られて体ごと向いて目を見て答えてる姿に萌死にそうでした。ひさびさに「吾郎君になりたい。」と思いました。あんな近くで見つめられて話を聞いてもらえるなんて!っていいなあ。でも、もし本当にそうなったら、恐れ多くて耐えられないだろうな・・・

ところで、中居君は「マネージャーさん、楽屋の抗生物質持ってきて~」と言っていたと思います。おかしいから、薬飲ませて落ち着かせてあげてという意味ですよね。(ここまで、説明はいらないかっ)中居君のが鼻声で体調が悪い日が続いていたので、病院で処方してもらったものを持っていたのではないかと・・。この時の吾郎君の手の振りが人形みたいで可愛かったです。もちろん、それをしっかりと押さえる両サイドの2人も可愛かったですけど。

投稿: まーにゃん | 2012/04/23 23:48

michikoさん
いつもお心遣いありがとうございます。とりあえず、番組ラッシュは頑張ってUPしていきますね。私もガイドさんのツイートは拝見しました。スマ本のニュースが流れたすぐにものすごく色分けに関して意見が寄せられたみたいですね。日頃出版されている雑誌では色分けは「中居=ブルー」「吾郎=ピンク」で徹底されていたので、きっといろんなところからの意見を元に今回は逆で出版することになったんでしょうね。この辺はもう一般人の私たちには計り知れないところなので、複雑になったことは事務所にはメールでご連絡させて頂きました。今回は仕方なしと思うことにしたのですが、番組でも逆のときが多くなったのでそれは訂正してほしいので。すみません!中居くんの「吾郎ちゃん」呼びはテロップまで出ていたのに拾い切れませんでした(汗) しっかり言ってますね。たとえ、その前の慎吾に釣られたとしても(笑) 「がんばります」の吾郎へのごめんなさいメッセージでも言っていた中居くん。MCをしていないときはそれでいいんじゃないかな(笑)


ミックさん
どうも初めまして。検索で見つけてくださって、コメントまで残してくれてありがとうございます。男性の方ですか? スマップファンには男性ファンが結構多くいらっしゃるのはライブを参加したときにも感じるのですが、なかなかブログにコメントまでは残してくださる方はいないのでありがたいです。女性特有の「群れスマ」感想が多いブログですが(苦笑)、そこは適当にスルーして頂けるとありがたいです(爆) 男性ファンの方のご意見は貴重なので、是非、お友達もお誘いしてまた遊びにきてやってください(笑) 今回、中居くんが吾郎に「吾郎ちゃん」と呼んだかどうかは、再度しっかり確認したところテロップ同様に「ちゃん」呼びでした。お時間があるようでしたら、もう一度チェックしてみてくださいな。


meiさん
企画も素晴らしければ、どのメンバーも均等にフューチャーしてくれる姿勢は花丸ものでしたね(笑) NHKさんが「プロフェッショナル」で取り上げてくださった辺りから、確かにグイグイと攻めてこられている印象があります。吾郎は、過去にもいろいろお世話になっている局ですが、今後他のメンバーもいろいろ出演してくれるかもしれませんね。特に木村くんと剛は、まだNHKではドラマ出演がないので楽しみですね。とにかく民放さんだけでも、ものすごいレギュラー数を持っているスマップなので(特に中居くんに至っては、もう殺人的なスケジュールです)、帯は難しいとは思いますが(笑)それぞれのメンバーに合った番組の企画をあげてくださるといいなぁと思います。「MJ」での衣装ですが、ブルーで統一されたメンバーの衣装が目にも鮮やかでしたね。今のところ、新曲披露で出演した番組でまったく衣装が被っていないので、今後もいろいろ楽しみです。吾郎さんのストールは、綺麗な鎖骨が見えなくて残念なんですが、綺麗な指でいつももてあそんでいる様子を見るのは結構好きです(笑) 余談ですが・・・meiさんって、文章からとても聡明な方だと想像するのですが、たまに萌えに走られるのがおもしろくて(爆) 今回の「MJ」のハイライトが温泉入浴シーン(笑)(笑)(笑) 確かにあのシーンをピックアップしたのが、NHKさんなんだと衝撃的でした。いつも、皆さんのコメントは楽しく拝見させてもらっています。それぞれ特徴があるなぁと。


さっぴぃさん
「僕らの音楽」でPerfumeの皆さんがゲスト出演されたときに、芸能界でお会いした中で一番緊張したのがSMAPの皆さんだったと話していました。並み居る芸能人がいるこの芸能界で、ひと際すごいオーラだったと。ファンの私たちは、ライブでスマップのそんなオーラを浴びているはずなのに、同じ芸能人の方たちが思わず立ちすくむようなオーラというのはどんな感じなんだろう。また、ファンが感じるものとは別物なんでしょうね。そんなPerfumeの三人が、しっかり今回はMCを回してくれていてありがたかったです。「陰陽師」は、私も夢枕獏さんの原作を読んでいたので、吾郎の静かな佇まいはとても合っていると思いました。確かに、映画などで豪華なCGを入れ込んでみせるのもアリだと思いますが、毎回ストーリーもとても良く出来ていましたよね。私はそれに加えて、この番組で使われていた音楽がとても好きでサウンドトラックを購入したのですが、今でもたまに聴いて「陰陽師」の世界に浸ることがあります。このCDは、本当にお勧めです。歌のときは、吾郎が確かにマイクスタンドの移動が上手くなっていました(笑) まだまだ、いろんなところが発見できそうなので、今後の音楽番組出演も楽しみです。


keikoさん
「MJ」は、民放の歌番組とはまた違った趣向で出てくるとは思っていましたが、想像していたよりずっと良かったです。NHKさんには感謝ですね。それぞれがコメントしやすい座り位置だったのも優秀です。比較的おとなしいメンバーがしっかり突っ込み担当の間に配置され、尚且つ隣同士でいてトークが進む組み分けとなったらこれがベストです(爆) 「陰陽師」は、今の吾郎でも問題なく演じられると思います。これ、皆さん、NHKさんに要望出してください。もちろん、配役は以前と同じ人たちが希望。10年もの間に、またいろんな役を演じてきた現在の吾郎が、安倍晴明をどう演じるのか非常に興味がありますよね。間違いなく、大人の色気と妖気は加算されていると思います(爆) あっ、歌のときの吾郎の「脇チラ」はヤバイです、ヤバすぎます。それだけで萌え死んだファンたくさんいたと思う(爆)


すみません・・・たくさんコメント頂いたので、いったん切りますね。あまりにも長くなるので(汗)

投稿: Kazuyo | 2012/04/24 04:01

幸さん
そうですね、歌番組にもいろんなタイプがあっていいと思うのですが、やはりゲストとして出演しているスマップの話をゆっくり聞こうと思ったら、他のゲストがいるわけでもなく、MCも静かに進んで観覧がないほうが個人的には好みかもしれない。まぁ、盛り上がるのは逆なんですけどね。とにかく、今回の新曲プロモーションでたくさんの歌番組に出演してくれるので、いろんなスマップを見させてもらえるのは嬉しいです。中居くんと吾郎のカラーが逆なのは、ものすごく気になるのですが・・・今回の「MJ」自体がとてもよくできていたので、とりあえず楽しませてもらえました。声出すところは別に出しておきますが(笑) 中居くんが木村くんと一緒に吾郎を止めに入ったところですが、私も今回は何度聞いても聞き取れなくて(苦笑) とにかく、吾郎のところではいろんなメンバーが話すので聞き取りにくいですよね(爆) まーにゃんさんがコメントで残してくださっているので読んでください♪


さやかさん
吾郎が出演した朝ドラ「青春家族」は、リアルタイムでは見ていなかったので、ファンになってから見させてもらったのですが本当に初々しくて、それでいてしっかり演じている吾郎が見れます。このときに、役者をやっていこうと決心したというのがわかりますよね。この朝ドラに出演した話は、吾郎が結構何度も話しているので、いかに本人が大切にしているかわかります。それでも、オーディションの話は今回が初めて聞いたことだったので驚きました。吾郎は、本当に他のメンバーが絡むことは極力自分から話さないようにしているんですね。それがメンバーにとって自分が話してしまっていいことなのか、いつなんどきも考えているすごく慎重な人だと思います。今回は、NHKさんの番組に出演したこともあり、木村くんからお歳暮の話まで出たので乗っかって盛り上げたんだと思います。ちゃんと、中居くんがすぐに食いついたので、さらにそれに乗っかっているのも見れたので(笑) 私も、今後はいろいろ吾郎から話してしまっていいと思いますね。WS的なことはもちろんNGですが(笑)、吾郎がそんな話をするわけがないので。単独ラジオも始まったし、少しずつでも新たにエピソードが落ちてくる気がします。


ちささん
スマップが群れれば、多少は無理しても即日UPします(爆) ちょっと、怒涛のラッシュでその自信も揺らぎ始めていますが(汗) 必ずブログにはUPしますので、読みに来てくださいね。吾郎の「陰陽師」ですが、とりあえず再放送のお願いをしてもいいかもしれませんね。その反響次第で、続編の話もあがってくるかもしれないし。とにかく、吾郎の安倍晴明が激しく見たい!ちょっとしたシーンのワンカットだけで、想いがまた沸きあがってきました。この気持ちがあるうちに、NHKさんにお願いしておこうと思います。私も中居くんと剛のドラマ見続けてますよ~。週末まとめて見させてもらっています。もう、見たいのがあとからあとから・・・ありがたいことですね。


kimさん
吾郎はドラマ以外でもNHKさんには本当にお世話になっています。ナレーションの仕事でも「ロボコン」のMCでも、吾郎らしい演出をしっかりしてくれていたと思います。スポンサーがついていない分、視聴者の声は聞いてくれると思っています。いろいろお願い出していってもいいと思いますね。吾郎の「青春家族」に対する想いを、いろんな媒体からピックアップしてコメント残してくださってありがとうございます。吾郎は、あまり褒められたことも言わない人ですが、この朝ドラに関してだけはいかに当時の自分が嬉しかったかと話してくれますよね。デビューする前に、役者の仕事を楽しいと思えたのは芸能界で今後SMAPとしてやっていく上で本当に大事なことだったんだと思います。逆にこの経験がなければきっとSMAPがデビューしてもモチベーションはかなり違ったものになっていたのではないでしょうか。もっと極端な話をすると、吾郎がいろんなことがあっても「SMAPが僕の全て」と言えるのも、きっとこの時の経験を経て芸能界、SMAPでずっとやっていきたいと思えたからですよね。だから、これだけはあまり自分のことを語らない吾郎でも熱く語れることなんです。その後に、舞台で演じることの楽しさを初めて覚えた「広島に原爆を落とす日」との出会いもそのひとつですよね。この二作品だけは、必ず吾郎は語る。どれだけ、吾郎の役者人生の中で大きい出来事だったのかわかるというものです。でも、サラリと笑いも交えて話していたのは、そこはスマップ全員が出演していた番組だからとちゃんと考えてますよ。「ゴロデラ」でも同じようなことを話していたけど、あの自分の冠番組ではもう少し熱く語っていましたよね(笑) とてもわきまえている人だと思います。


まーにゃんさん
スマップはさすが長年アイドルやってないですよね。歌番組もそれぞれタイプがあるので、それに合うように言動も微妙に変えています。MCの人たちには、とてもやりやすいゲストだと思います。ドラマの役柄というのは、特に意識してどの局もあてているわけではないと思うのですが、やはりそのメンバーのイメージや演出というのは似てくるものなのでしょうか。何気に、ちゃんとカテゴリー分けになっているのに感心しました。今まで深く考えたことがなかったので(吾郎が医師役が多いのは気づいていましたが(笑))、改めてこうやってリストアップしてもらって非常に興味深かったです。なるほど、5人全員で出演のドラマを作っても上手くキャラ分けができるはずだわと思いました。スマップの「デレ期」(笑) つまり、ライブが近いということですね。いい感じでライブに突入できるのではないでしょうか。しっかり、5人で話し合って意見を交換して挑んでほしいと思います。あっ、キムゴロさんは相変わらずでしたね~。ここは安定のお二人で微笑ましくなりました。いつでも変わらない君たちがいるって、ファンとしては嬉しいよ(爆) 中居くんの聞き取りにくいコメント拾ってくださってありがとうございました。「抗生物質」までは聞き取れたんですが、あとがわからなくて・・・なるほど、ご本人が風邪を引いていたのを上手く使ったわけですね。さすが、中居くんだわ(笑)

投稿: Kazuyo | 2012/04/24 04:40

Kazuyoさん、こんにちは。
SMAPの露出が続いている中、どんどん更新してくださってありがとうございます。いつも感謝の気持ちを伝えなくてはと思いつつ、吾郎ちゃんのことを前のめりで書いてしまうので、今回はまずお礼を。

今さらですが、MJ良かったですね。初めて知った番組なのですが、PERFUMEのMCも感じよかったし、演出もやりすぎず、かといって、物足りなくもなく、気持ちよく見ることができました。吾郎ちゃんがNHKのドラマにたくさん出ているということも大きかったですが・・。

過去映像、楽しすぎです。
陰陽師、良いドラマでした。
放送の前日に清明神社に行って「吾郎ちゃんがいい役者になれますように」と絵馬に書いて納めたことを思い出しました。

ホシはあの場面を出してくるとはビックリです。NHKときどきあなどれんなぁと言うことをしてくれますね。これ吾郎ちゃんが舞台でお世話になっている鈴木聡さんの作品ですよね。鈴木さんと言えば、私は「カプチーノ」が好きでした。このときも病気のようにビデオすりへるくらいリピしました。主役じゃないけれど、ドラマを回している役。その立ち位置が好きでした。アイドル俳優ではなく、完全に一人の役者を感じましたし、スマップ吾郎ではなく、役者吾郎から入った私には嬉しい作品でした。そのころから鈴木さんはいろんな役を吾郎ちゃんにやらせたかったのかな?

そして、青春家族。
当時チラ見はしていたと思うし、主人公の弟が大地君という名前なのは覚えていましたが、吾郎ちゃんが演じていたのを知ったのはファンになってまもなくの頃でした。会社の人に「吾郎ちゃんのファンなの」って言ったら「朝ドラに出てた子やね」と言われてびっくりしました。オーディション、メンバー全員が受けていたのはお初の話ですね。「僕だけ受かったんですよ~」のとき、あれ、自慢話?他メンファン不愉快にならない?ってちょっと心配になりました。中居君が少し「なんだよ~」っていう顔をして、吾郎ちゃんもその中居君をちらっと見ていたのでちょっと気になったのかもしれませんね。いえ、自慢していい話だと思いますけど。
同じ事務所の錦戸亮君が朝ドラに出演することになったとき、プロデューサーの方だったかが「稲垣吾郎君も感受性が豊かだった」(ちょっとうろ覚えですが)と言っていることをテレビ誌で読みました。何年も経っているのに、吾郎君のことをそう言って覚えていてくださる方がいることがすごく嬉しかったです。それがその後のお仕事につながったのかもしれませんね。

役者の原点の青春家族。舞台では「ひろげん」。映画は「刺客」になるのかな。そう言える作品があることは吾郎ちゃんにとっても、ファンにとってもありがたいことだと思います。特に「刺客」の後、以前に増してはっきりと役者業に対する思いを口にするようになって、私には嬉しい限りです。

メンバーそれぞれの役の傾向を出してきたのも面白い企画でした。もちろんそれに沿うようにチョイスしたこともありますが。
吾郎ちゃんが「頭のいい役が多い」って言ったとき、また冷や汗が。自分で言うな~って。私、気を使いすぎ?確かに知的な役が多いけど、たいがい変人役も多いよね。そこがまた好きなんだけど。

歌はストレスなく見れました。最後の首傾げには撃沈ですわ。陰陽師よりも、ホシよりも絶対今の方が若いと思ったMJでした。

投稿: みやっち | 2012/04/24 15:00

Kazuyoさん、こんにちわ。
改めて見返すと、本当にカメラワークが素晴らしいですね。
折角踊っているのですから、全員をきちんと映してくれるとそれだけで嬉しかったりします。

「陰陽師」実は唯一買ったドラマDVDだったりします。
私も原作を先に読んでいて、このドラマの世界観もイメージ通りで大好きでした。
あの若かりし頃の清明様も素敵でしたが、確かに今の年齢でも良いですよね! 続編やって欲しいですね。

中居君の「吾郎ちゃん」呼びですが、私も字幕が出たので一瞬喜んだものの、聞き返すとやっぱり「稲垣さん」と言ってる気がします。
ちょっとぼそぼそっと話してるので、聴き取り辛くはあるんですが。

今回も色んなツボどころが満載でしたが、やっぱり歌最後の小首傾げる吾郎が最大の萌ポイントでした。可愛過ぎる

投稿: 緋絽 | 2012/04/25 02:04

みやっちさん
こちらこそ、こんな自分本位なブログに(笑)コメント残してくださってありがとうございます。もう、あげていかないと怠惰な自分が出てきそうなので、見たらすぐにUPするようにしています。まぁ、それでも無理なときはあるので、自分のペースでやらせてもらっています。

NHKさんの吾郎がドラマ出演した中で、「ホシに願いを」と「さよなら五つのカプチーノ」は、舞台でお世話になっている鈴木聡さんの作品ですよね。舞台でも何度も一緒にお仕事をしているので、鈴木さんが吾郎にお声をかけてくださっているのは確実です。鈴木さんの作品は、舞台でもドラマでも群像劇が多いので、いろんな役者さんたちとお仕事ができて吾郎も楽しいのではないでしょうか。「ホシに願いを」では、よく共演する機会がある大杉漣さんをはじめ、西城秀樹さんとご一緒したのはなかなか面白いキャスティングだったと思います。この作品は、本当に一風変わったミュージカル仕立てのドラマで、吾郎自身は今回出てきた入浴シーン(笑)での鼻歌のような歌と、オープニングの軽快な音楽に合わせてこれまた鼻歌っぽい感じで歌っただけでしたが・・・もう、ヴィジュアルが私のど真ん中で(爆) それだけで、ありがたい作品でした。「さよなら五つのカプチーノ」も、舞台のような作品でしたよね。これも、知的でクールな役でした(笑)

朝ドラのくだりで自慢に聞こえなかったかご心配されたみたいですが、問題ないでしょう(笑) あそこで、真顔で話されていたら厭味に取られたかもしれませんが、リップサービスだとわかるので。逆に、「知的な役が多い」というところで半笑いだったら盛りすぎになりますが、ここは吾郎も自分で「そうなんだ・・」と発見した感じでしたので。まぁ、個人的には吾郎はメンバーの中で弄られることが多く、褒めてもらえることなんてほとんどないのでこれぐらい自分で言わせてもらってもいいと思います(笑) そうでなければ、いいところがまったくない人の印象に世間に捉えられることのほうが私は心配です。おっしゃるとおり、ドラマでは「青春家族」、舞台では「広島に原爆を落とす日」、映画では「十三人の刺客」。これらの作品で、吾郎は役者としての自信を身に付けて実力を養いました。そこは、世間の方に知ってもらってもいいと思いますね。


緋絽さん
NHKさんのカメラワーク素晴らしかったですね。吾郎の笑顔が眩しくて、思わず見ているほうも幸せになります。シンプルなセットで見やすかったのも高得点ですね。吾郎のDVDで購入されたのは「陰陽師」だけですか? すごく良い作品ですもんね。でも・・・是非、少しずつでいいので吾郎出演の作品のDVDはコレクションしてください(笑) DVDの売れ行きが良くないと、過去DVD化されていない作品の要望が通らないので(爆) とりあえず、「飛鳥へ」はお勧めです。ディレクターズカットのシーンも素晴らしいので(笑) あとは、作品の趣味によりますが・・・「ソムリエ」は画も綺麗だしワインの種類もいろいろ知れていいかなぁと。個人的にはTBSさんのドラマはあとから改めて通して見直してみると良い作品が多い気がします。中居くんの「吾郎ちゃん」呼びですが・・・言われてみて、再度聞きなおしてみました。すみません!確かに、聞き取りにくいですが「稲垣さん」と言ってますね(汗) 申し訳ありません>ミックさん(笑)

投稿: Kazuyo | 2012/04/25 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それじゃまた | トップページ | ロック好きだった少年 »