« 吾郎! ガンダム行きま~す! | トップページ | この一瞬のための何千時間 »

仕事のスタンス

先週に引き続き、「ゴロデラ」お休み中(涙) なので、ラジオ「稲垣吾郎のstop the SMAP」で癒してもらおう。

pencil「セブン&アイの夏ギフトの桃太郎トマトゼリーを使って、平目のカルパッチョを作ってみました。(添付写真付き)」
写真を見ると、チーズはカマンベールチーズを使われたみたいですが、吾郎が「合うんだ」と感心していました。吾郎がトマトゼリーを推薦したコメントに「カルパッチョに合う」と書いたのを実践されたみたいで、吾郎も喜んでいました。

SMAPな時間

pencil「8月8日にニューアルバム『GIFT of SMAP』が発売されることも決まり、とっても楽しみにしています。今回も各メンバーそれぞれのソロ曲が収録されているのではないかと思いますが、例年ご自身以外のソロ曲ってどのタイミングで初めて聴くんですか? 収録スタジオにこっそり偵察に行ったりなんてことはしないんでしょうが、リハーサルがスタートするまでにお互いに音源を聴きあって意見を交換したりなんてしますか?」

吾郎 「もうレコーディングも終わってね、あと発売を待つだけ。もう、あと約一ヵ月後に発売されるんですけども。ソロ曲、もちろんありますよ、今回は。5曲、メンバーそれぞれのソロ曲もあるんですけども。これねぇ、タイミングってどうなんでしょうかねぇ。他の曲と一緒にタイミングでいろいろ曲があがってきて、ソロの曲に関しては、ディレクターさんと個人個人が話し合って、いろいろと意見を言い合って作っていくんですけどもね。僕なんかは、そうですねぇ・・・どうなんだろう。他のメンバーはどのぐらい意見を言って、どういう工程を経て完成させているかわからないですけども。中居くんとかは、結構コンサートでやることを前提に曲を収録していますからね、アルバムの中に。中居くんなんかはねぇ、きっと全部自分でほぼ決めているんじゃないでしょうかねぇ。曲の分数まで、たぶん。間奏は何小節とかね。たぶん、音まで全部自分で作ってるぐらいな感じだと思うんですけども。僕なんかは、逆に曲はどっちかって言うとプロのアーティストに提供して頂くので、やっぱりその方の才能というものを信じて・・・まぁ、任せっきりというわけではないんですけども、あまり口出ししすぎないで、イメージだけ言って出来上がってくるのを楽しみにしているって感じですよねぇ。出来上がってきてから、僕もちょっとコンサートでやることとかを考えて、たとえばもう少しテンポだけあげてもらいたいとか、大サビをつけてほしいなぁとか、ちょっとこうやったアレンジを加えてほしいとかっていう、そういう感じかな、僕の作業というのはね」

吾郎の場合は、ソロ曲に限らずあらゆる自分の仕事のスタンスが同じですよね。ドラマにしろ映画にしろ、とりあえずその中でのプロに任せて、必要であれば(求められれば)意見を言うという形だと思います。この辺は、それぞれメンバーによって向き合い方は違うと思うのですが、吾郎は作る人の意見をまず尊重しますよね。ソロ曲に関しては、ただ出来上がったものをなぞるだけでなく、ちゃんと自分がこうしてほしいというところは意見を言っていると聞いて、さらにどんな曲が今回のアルバムに入っているのか楽しみになりました。ちなみに、他のメンバーのソロ曲はライブのリハーサルで「お披露目会」のようになっていて楽しいんだそうです(笑)

吾郎 「あと、レコーディングっていうのも、メンバー皆バラバラでやるので、他のメンバーがどういう感じでこの曲歌っているのかもわかんないですよね。不思議なんだけど、8月1日に発売されるシングルの『Moment』っていう曲の中で僕は歌い始めのAメロのところを歌っているんですけども、二番の歌い始めのAメロは木村くんが歌っているんですね。歌詞が同じところがあるんですよ。一番と二番なんだけど。その同じ歌詞のところでも、同じ音程で同じ歌い方で木村くんだったらこうやって歌うんだぁって思ったりとかねぇ。完成してきて結構面白いものありますよ」

これ、皆さん『Moment』聴いてもらったらいいのですが、吾郎と木村くんが同じ歌詞というのは「僕は見ていた」なんですけど・・・確かに、微妙に違うんですよねぇ。どちらも優しい感じが溢れているんですが、吾郎はあま~くて木村くんは爽やかな感じ。是非、皆さん聴き比べするためにシングル買ってください(笑)

メンバーとの時間

pencil「先日、中居くんの日の『いいとも』を見てきました。中居くんが吾郎ちゃんの話をたくさんしてくれて嬉しかったです。吾郎ちゃんの物まねもしていました。あんなに笑ったのは久しぶりです。やっぱり、吾郎ちゃんは面白いなって思いました。たまに見せる吾郎ちゃんの少年のような顔が大好きです。夏のライブでも少年な5人に会えるのがとても楽しみです」

吾郎 「結構『いいとも』で、僕のネタっていうのむかっしからやられていますよね(笑) ウケるんでしょうね、僕のネタね。言ってましたよ、僕のネタ、ウケるって。全然、勝手に使ってくださいって感じなんですけどねぇ。たぶん、意外と事実に反することもたまに言ってたりするんでねぇ(笑) たまに、チェックしてないと危ないですよねぇ(笑) でもねぇ、よく見てますよね、皆ねぇ、本当に。でも、木村くんのネタとかも面白いと思うんですけどもねぇ。木村くんのネタを言いづらいんですかねぇ、メンバーねぇ。ネタになることも、そんなにあれなのかなぁ・・・隙がないからねぇ、彼もねぇ。でも、『いいとも』ねぇ、後説、結構放送しますからねぇ、あれね。侮れないですよねぇ」

「スマスマ」でも中居くん言ってたもんね。慎吾と「吾郎のネタは必ずウケるんだ」って。吾郎、そのときも「いいよ、別に、言っても」って笑って言ってたわ(笑) 吾郎の見ている人が楽しんでくれればいいというのが、ここでも発揮されるわけで・・・なんというか、勝てないなぁと。吾郎も言っていますが、たまに事実に反することも確かにメンバーは言っています(笑) それで、吾郎ファンが複雑になったことも過去何度かある(笑) でも、吾郎本人はたいして気にしていないんですよね。これって、きっとスマップメンバー限定の許容だと思うわ。「信頼」なんだろうなぁ。なんか羨ましい。

吾郎の自由時間
pencil「『anan』のシネマナビ、いつも楽しみにしています。月イチゴローと違って知性が感じられる」
お便りには、映画評と毎回ついてくる一枚の吾郎の写真がいつも素敵だという言葉に、ちょっと吾郎のいつもの照れた「ありがとうございます」が聞けました。褒められると嬉しいのに、ストレートに褒められると照れる人なんですよねぇ(笑) 吾郎自身もこのお仕事は楽しんでやっているそうです。「月イチゴロー」は慎吾が選ぶ作品だけど、『anan』は正真正銘の吾郎セレクトらしい。だから、月イチゴローとは案外被らないと言っていました。慎吾が選ぶからお勧めではないというわけではないけど、こちらは自分が好きな作品を選ぶのでより個性を感じてもらえるとのこと。毎回読ませてもらっていますが、よ~くわかります。別に辛口批評にする必要ないしね(笑) でも、吾郎・・・今は、4人交代制じゃなくて、あなた一人に『anan』さん任せてくださっているんですよ~。誰か伝えてあげて~(笑)

イケTELスマップ
まったく吾郎からかかってくると期待されていなかったみたいで、「稲垣吾郎ですけど・・・」と言ったあとの超ハイテンションに急激にUPupされた様子が可愛い、可愛い(笑) ものすごく、吾郎が好きなんだと伝わりすぎるぐらい伝わる(笑) 単独ラジオになってイケTELは吾郎ファン(吾郎からかかってくるのを期待しているファンの方)にかかるので、以前の「イケTEL」より聞いていて楽しいです。

他のメンバーファンの方たちも聴いてもらえるように、たくさんメンバーのこと話しているんだけどと伝える吾郎(笑) いや、むちゃくちゃ毎回面白いですよね。このファンの方もちゃんとそれを吾郎に伝えてくれていました。吾郎に言いたかったことは、西武園でのファンミーティングで吾郎に「ずっと好きでした」と伝える前に、吾郎から先に「ありがとね」と言われて「はい・・・」としか言えなかったと愛あるダメだしに吾郎もスタッフも大ウケ(爆) 「言う前に心が通じたんだよnotes」と言える吾郎が素敵。「オーラは一番半端なかったですよ」と伝えるも、聞こえたのか聞こえない振りしたのかスルー。そこは、リアクションとってほしかったわぁ(笑) 話が弾んでいたなぁ。弾んでいたというか、なんか友達と話しているみたいな感じですごく羨ましかったです。きっと、これ電話切ってからテンパるよね(爆)

お便りのあて先
〒105-8002 文化放送 「稲垣吾郎のstop the SMAP」
メールアドレス: smap@joqr.net (画像添付でのメールもOK)

|

« 吾郎! ガンダム行きま~す! | トップページ | この一瞬のための何千時間 »

コメント

Kazuyoさま

「SMAPな時間」を聞いていて、変らぬ吾郎の仕事のスタンスに、いいなぁ~と思いました。同じ作曲家の曲でも指揮者によってこうも違うものかと吃驚します。その中でオーケストラの団員は、自分の曲に対する解釈があっても指揮者に全てを委ねますよね。その時点でその曲は指揮者のもので、その評価は観客、視聴する人達が決める事!吾郎も以前、作品はそれを手がける監督、演出家のもので、求められて初めて自分の意見を出すというようなことを語っていたことがありました。この一貫した考え方は素晴らしいことだと感心しています。

「メンバーとの時間」・・吾郎「ネタ」も、もう古い古い話の繰り返しで、いくらウケるといっても話をしているご当人達は自分の話したことを忘れているのでしょうか(笑)他愛ない「ネタ」なら許容範囲で「またぁ~」と笑っていられるのですが、「ダンスが下手なのに練習をしないで直ぐ帰ってしまう」というような真逆の話は止めて欲しいです。ファンでも新しくなった人は信じてしまいますから、一般の人はなおさらです。人一倍早くスタジオ、会場に入り、放送直前まで練習をしている吾郎、納得がいかなければ残って練習をしている吾郎の姿を見かけている多くのスタッフがいると聞きました。「ネタ」も、もう少しお手柔らかにお願いしたいです(笑)

今回、シネマナビの話しも、「イケTELスマップ」の可愛いお嬢さんの電話でのトークも心から楽しく、気持ち良く聞けました。ファンの想いもきちんと伝わってくるし、丁寧に応える吾郎の気持ちもストレートに伝わってきますね!ストスマにも出来る限り多くのお便りを届けたいですね。吾郎に読んで貰える、貰えないではなく、ラジオは吾郎ファンの要望、思いを番組スタッフ、事務所関係者にも知ってもらう最適の場だと思うので・・・

タレント事務所が一タレントの売り出しに力を入れると、それはとてつもない大きい波になって押し寄せてくるものだと、このコンサート日程発表前後に感じ、複雑な心境になりました。吾郎ファンも色々な考え、応援の仕方も夫々だと思いますが、声だけは出して行って欲しいですね。私もささやかながら吾郎が関わった番組には欠かす事無く感想を送ったり、意見をメールしたりしています。継続は力なりでいつかそれらの事が実を結ぶと信じて。Kazuyoさんが「吾郎!ガンダム行きま~す!」で進言してくださっているように、ファン一人一人の力を集結させて、大きい波に飲み込まれないように頑張りたいですね。

投稿: さやか | 2012/07/14 22:03

airplaneさやかさん
きっと、吾郎の中でプロとの仕事をするときの自分なりの考えがあるんでしょうね。もともと、自分がその中に入っていくというときは、作った側の人のものとして尊重するというのが基本的な考え方なのかな。さやかさんが言われるように、自分は指揮者ではなくてイチ演奏者というスタンスなんでしょうね。監督や作曲家の方たちにもよると思いますが、作る側の人には一緒に仕事をしやすい人だと思います。(もちろん、もっと自分から意見を言ってほしいという人たちもいるとは思いますが) 中居くんや慎吾が吾郎ネタを何度も同じこと繰り返してしまうのは、ウケるのもあってファン以外は初めて聞く人もいるだろうから「鉄板」としての最終兵器なんでしょうね(笑) 私もあたりさわりのないことなら微笑ましいと思って、同じことでもOKとしています。でも、嘘はダメ!絶対にダメです。特に、吾郎の印象が悪くなるようなことは勘弁してほしいですよね。案外、ファンが思っているより世間の人は「吾郎ちゃん、面白いなぁ」と見てくれるものだというのも理解しているのですが、ネタによっては本当に複雑になるのでその辺は気をつけてほしいなぁとは思います。「ストスマ」でのイケTELって、以前はあまり好きなコーナーではなかったのですが(笑)、単独のラジオになってからは結構楽しく聴かせてもらっています。やっぱり、以前は自分のファンじゃない人に電話するときもあって複雑になったことが多いので(苦笑) 吾郎がイチ推しじゃなくても、やっぱり吾郎とすごく話したい!というファンの方に電話をかけるのはいいですよね。ちゃんと、ファン側からの言葉を吾郎に伝えてくれる人たちばかりだし。

ライブ日程正式発表に続き、アルバムの曲目なども発表されました。個人的には、やっと飛行機の確定ができてひと安心というところです。本当にギリギリな感じでした。来週になっていたら、真剣に今回参加できなかったかもしれないので(苦笑) で、締め切りが一週間後って・・・やっぱり、ちょっとおかしいですよね。いかんともしがたい事情がいろいろあるのだとは思いますが、一度その理由もちゃんと事務所からファンに伝えてほしいと思います。そうでないと、「なんて勝手な事務所なんだ」って思っているファンの人は多いと思うのですよ。(実際、勝手すぎると思いますけど(笑)) その中で、吾郎のことはしっかり応援していきたいですね。そこはブレないでいきたい。そして、事務所にも強くお願いしたいと思います。

投稿: Kazuyo | 2012/07/15 03:06

またまた遅くにスイマセン。ストスマは吾郎ちゃんメインラジオになってイケTELも安心してお聴きできるようになりましたね。Kazuyoさんがおっしゃる事すごく解ります。ファンの方たちも始めはテンション高くてでもきっちりお話されて凄いなぁ~って思ってます。単独になってからいろんな今までお話されていない詳細もお話下さって30分番組の有り難さを実感しています。アルバムのソロなどはどういう流れで作られていて吾郎ちゃんのスタンスとかお聴きできて今までの曲を思い浮かべています。吾郎ちゃんの仕事の取り組み方がよく曲にも伺いできますね。なんか今まで吾郎ちゃんもっと自分の好きな曲ソロですれば良いのにと感じていましたが今年のソロ曲はお聞きするのが楽しみになりました。Kazuyoさん、無事にコンサ参加できそうで何よりです。でも相変わらずファンに冷たい事務所には困り物です。あ~私にはいつ幸せの青い封筒が届くのでしょうか?(届かないか今心配で・・・、まだかなぁ~?)

投稿: ピカチュウ | 2012/07/17 00:04

airplaneピカチュウさん
ファンの方いつもテンパるんだけど、そのあとしっかりいつも吾郎とお話されますよね。本当に偉いというかすごいなぁと思いますねぇ。若いっていいな(笑) ちゃんと吾郎に伝えたいこともしっかり話していますしね。たまには熟女のお姉さまたちにもかけてほしいなぁ。スタッフが選ばないんでしょうね(爆) 中居くんとかはラジオで年齢関係なくかけているのを聞いて、いいなぁと思いましたけど。吾郎は「年齢関係なくかけますよぉ」と言っていた気がするんですが・・・たてまえ90%が出たかもしれない(爆) 実際、まったくかけてないしな(笑) 今回のアルバムの詳細が公表されましたけど、今回も本当に素晴らしいアーティストの方々が提供してくださったみたいで楽しみですね。吾郎のソロに関しては、また他のメンバーとのバランスを考えて選んだみたいですが・・・たまには、真っ先に選んでしまってもいいと思うのですが。でも、大橋トリオさんの曲は、「スマスマ」で吾郎の歌声が一番合っていたので楽しみにしています。日本は三連休中だったので、青い封筒の配達が遅れている地域もあると思うのですが、明日にはしっかり届くのではないでしょうか。それで、締め切りが週末って・・・ふざけてますよね。本当に、そこは今後改善してほしいと思います。

投稿: Kazuyo | 2012/07/17 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾郎! ガンダム行きま~す! | トップページ | この一瞬のための何千時間 »