« もっと吾郎のこと | トップページ | 負けず嫌いは男前が条件 »

COMPLETE BOOK ~稲垣吾郎編~

まさかの雑誌ラッシュ(笑) いろいろ取り上げたいところがあるのに、とてもじゃないけど更新できませんけど。とりあえず、月をまたいでしまった「SMAPXSMAP COMPLETE BOOK」 第三弾 BLUEの稲垣吾郎版の感想はあげておかいないとね。グラビアも記事も今回もとっても素敵だったので。表紙は、今回は5人が立って吾郎をセンターにしてピッタリくっついた写真。全員の自然な笑顔がとてもいいです。吾郎のスリーピースがまた可愛い(笑) スマップのイメージカラーで複雑になったものの、日本での暑い夏の時期にはピッタリだったんじゃないでしょうか。

恒例の裏表紙のポスターにもなるソロの写真もいいですよね。今回は、もちろん吾郎さま(笑) 笑顔が王子様のようです。これ、TOPにはすでに出版された中居くん、木村くんに吾郎が加わっていますが、最後に5人揃ってコンプリートという意味もあるんですね。本当にガイドさんは、いろいろ考えてくれているんですねぇ。第三弾は、03年から05年の三年間の「スマスマ」の画像。懐かしいですよねぇ。この頃までが、スマスマ黄金期だったように感じる。まず、コントがどれもこれも優秀だったもの。お仕事罰ゲーム企画もとても面白かったし。(しつこいけど、パリスマを除く。これは、もう抹消です(笑) 楽しめるところもあったと思うけど、こんな酷いことを考えたという事実がありえません)

今回のそれぞれのソロショットは、ロカビリーなどで使われるガイコツマイクをアイテムにしてもらっての撮影。今回もそれぞれが、「スマスマ」の番組に対して思うことを正直に答えていて読み甲斐があります。こうしたいというメンバーの想いは、是非番組スタッフに直接伝えてほしい。どれもこれも、ファンが思っていることなので。スペシャル企画は、メンバーそれぞれにSMAPの曲から5人のイメージソングを答えてもらうという面白い企画。メンバーのドラマの主題歌になったものを選ぶのが案外多いのかな(笑) その中で、この人はあの人へのイメージがこうなんだ・・・と、なかなか面白い。これは、敢えてここで書かないので、買って各自で確認してください(笑) ちょっと、語りたいとこもあるんですけどねぇ。

そして、毎回素敵な2ショット写真(笑) 今回もすご~くいいです。ちょっと、吾郎本なのでここは詳しく書かせてください(笑)

中居吾郎: 2ショットでは自分からあまりくっついていかない中居くんが、吾郎には後ろからそっと抱きしめる感じの写真。(抱きしめるというか・・・隠してあげてる(爆)?) ガイドさんが勝手につけた噴出しの台詞が秀逸すぎて(笑)(笑)(笑) でも、本当に私が好きなナカゴロは、中居くんから吾郎へのメッセージのTOPにあるような写真。これ、構えてなくて自然に撮れた写真ですよね。これこそが、ナカゴロです!

木村吾郎: この二人は、プライベートでも仲良いから(笑) そんな様子が如実に写真に出ている。作ってない。そのまま。プライベートで二人で立ち話しをしていたら、カメラマンさんが「ちょっと、こっち向いてくれますか?」パシャリ! 二人で屈みこんで話していたら、「こっちにポーズお願いします」パシャリ!ってな感じでしょうか(笑) そして・・・やっぱりこの二人はものすごいヴィジュアル度高いわ(爆) クラクラきます。

吾郎: 「熟年夫婦」ですから(笑) 縁側ですから(笑) 和むわ~。これ以上、癒される二人組はいないでしょ。ものすごいα波が、紙面からも出てきちゃいますから。吾郎に絡むメンバーという写真になるはずなのに、なぜか剛に絡む吾郎になっているのがこの二人らしくって(笑) 次の剛本での二人のツーショは同じようなのになるんじゃないかと。どっちがどっちでもいい。細かいことは気にしない。そういう二人の様子が伺えます。

慎吾吾郎: 爆弾キタ(笑)! シンゴロは、たまにどのコンビにも負けないぐらいのすごいのを出してくる。これ、何なんでしょうね。5人全員でいるときは、そんなに吾郎とくっついたりする慎吾ではないのに、二人きりになると思い切りくる。それこそ、身体ごとぶつかるようにくっついてくる。そして、それをまったく気にせず全身で受け止める吾郎。私は、こういうシンゴロをずっとずっとずっと見ていたい。

それぞれからの吾郎へのメッセージは、いつもと同じく気に入ったワンフレーズだけ引っ張り出しておきます。

中居 「いつも期待に応えてくれて嬉しい」
木村 「一緒にいると、こっちもフラットでいられるヤツ」
 「醸し出す優しい雰囲気が大好き」
慎吾 「絶妙なバランス感覚を持っていて、ああ見えて結構我慢している」

どのメンバーのメッセージもじ~んときます。本当にSMAPっていいグループなんだね。皆、ちゃんと見えているよね。それぞれのメンバーのことわかっている。テレビではたまに心配になるように映ることがあるけど、虚構の世界で心配しても仕方ない(笑) 「スマスマBOOK」を読んでいると、そう思える。

そして・・・吾郎さまのソロショットとロングインタビュー。そう、吾郎さまですよ。とっても、とっても素敵よ~。私の大好きなマネキンみたいな身体も(笑)、黒目勝ちの瞳も(結構、下睫も長い人)、細くて長い指も全て出してきてくれたという感じ。世間でナルシスト呼ばわりされているわりには、カメラに収まるのが苦手な吾郎。ポーズを取るのもひと苦労と聞く。でも、これだけ素敵なショットを撮ってもらえるんだから、今後もグラビアのときはその色気を出してきてください(笑) 今回、上三人、下三人とのおまけショットがあったのもお徳でしたね。インタビューは、もう吾郎らしく淀みない語りで申し分ないです。否定的なことは言わず、優等生っぽいのも吾郎らしいかな(笑)

|

« もっと吾郎のこと | トップページ | 負けず嫌いは男前が条件 »

コメント

Kazuyoさん、こんにちは。お久しぶりにコメントさせていただきます♪このスマスマ本、初回のPINKから超ハイクオリティでSMAPファンの心をがっちり掴んじゃっていますが、回を重ねるごとに更に良くなっていってる気がしますconfident写真では遊び心があって、インタビューでは各メンバーの番組に対する想いがしっかり語られていて。後半はアルバムをめくっているような気持ちになれますよね。
私は特に、2ショット写真のコーナーがツボ過ぎて・・・heart04
Kazuyoさんの言うナカゴロの写真、すごくいいですよね!中居さん、笑い崩れてますね(笑)かと思えば、中居さんが上から無表情で「じー」と見つめて、稲垣さんが腹筋?をするという謎の写真(笑)こういうのって、2人で「次、どうする?」「こんなポーズにしようよ」とかその場で決めるんでしょうかね?その図を想像したらちょっと萌えます(爆)smile中程の「SPECIAL MAKING SHOT」のページの左上の方に別の角度から撮った写真がありますが、この構図も好きです(笑)
あとはやっぱり、香取さんの爆弾(!)最高です!中居さんに後ろから抱かれてる(・・・と書いたら何か表現がおかしいですが(汗))時はちょっと照れ笑いなのに、香取さんにしがみつかれても動じず凛々しい表情なのがまたいいですね。
ソロショットも、「なぜバランスボール???」と少し思いましたが、光の当たり具合がとても素敵です。
あとは、5人のイメージソング企画、面白かったです。みんなそれぞれ別の曲を当てはめていても、選んだ理由を読むとどれもすごく当てはまっていて、納得。前は「吾郎=雨song」みたいな流れがあったような気がしますが、そういった曲は候補にありませんでしたね(笑)Kazuyoさんが“語りたいところ”というのが気になります♪また、機会があったらぜひお願いします♪
happy01

投稿: ちょこた | 2012/08/05 23:10

ribbonちょこたさん
お久しぶりです。皆さん、怒涛のSMAP祭りで大変なことになっているんじゃないでしょうか(苦笑) そんなときに、コメントを残していってくださる方たちには本当に感謝です。中居くんから、木村くん、吾郎と第三弾まで出版された「スマスマBOOK」ですが、どれもいいですよねぇ。ソロの写真も、ツーショットもグループ写真も本当にいい。そして、記事も読み応えたっぷりで本当にありがたい。最初は、ライブ時ということもあり、5冊全部揃えるのは・・・と思っていたのですが、最初の中居くんのを見た瞬間に5冊コンプリートだなと決めました(笑) ナカゴロの写真は、もちろんメインになっている写真もいいのですが、この二人は素で笑いあっているのが一番、私が癒されるんです。二人とも無邪気にとても素敵な笑顔で笑うので。そこに、信頼とメンバー愛を感じるんですよねぇ。シンゴロも癒されますよね。中居くんと慎吾は、いつも吾郎を弄る側になるので、こういう写真を見ると本当に癒されます(笑) ツーショットの写真でメインに選ばれなかった写真も、たっぷりとお蔵にせず見せてくれてありがたい。本当にいたれりつくせりな作りになっていると思います。

メンバーへのイメージソングですが・・・では、少しだけ(笑) まずは、吾郎から木村くんへの曲。(まだ、じっくり読んでいない人もいると思うのでネタバレ省きますね) 他のメンバーが選ぶ木村くんの曲とはまったく違うところが、キムゴロを感じました(笑) 中居くんから吾郎への曲。そうか、そうか、と(笑) まだ他にもあるんですが、時間があるときに全部レポ部屋に入れ込もうと思うので、そのときに詳しく書きますね。(いつになるかわかりませんが(笑)) バランスボールでの吾郎は、その前のセクシー吾郎さんとは違って、とってもキュートでこちらもとてもお気に入りです。まだまだ読み込めていないので、ライブが終わったら5冊まとめて全部見直してみたいな。

投稿: Kazuyo | 2012/08/06 07:27

今日か明日かと、青本感想を待っておりました。
もう本当に吾郎さんは美しくて、可愛くて綺麗な人ですよね…!どっぷり嵌ってからまだ数ヶ月だと言うのに、過去動画等抜きに今現在の活動を追ってるだけで何度これら形容詞を心に叫んだことでしょう。
表紙裏を見た時なんて、まず手指の美しさに溜息を吐き、ご尊顔を拝見した際にはもう撃沈です…。先週の雑誌ラッシュで財布が痛いにも関わらず、ポスター用にもう1冊買ってしまいました…(笑)我が部屋に王子様が常駐しております。
2ショットも3ショットもそれぞれの関係性や魅力が感じられますし、イメージソングもそれを前提として聴いていると「そうかぁ…」とそれだけで1日過ごせますね(笑)

投稿: のぞみ | 2012/08/06 21:16

ribbonのぞみさん
「スマスマBOOK」吾郎本の感想待ってくださってたんですね。遅くなりました(汗) 早くUPしないとと思いつつ、スマップさんたちの露出がものすごくて。なんとか記事にしましたけど、まだまだ語りたいところが満載です。やっぱり、後にレポ部屋にUPすることにしますね。吾郎に嵌る人って、必ずそのヴィジュアルにまず落ちますよね(笑) もう、これは仕方ない。ものすごく美意識が高い方が多いように思う。その美意識がたとえ他人とは違っていたとしても、そこに固執するのが吾郎ファンです。いいんです。ヲタなんだから恥ずかしくないですよ~。もっともっと、声高に「吾郎綺麗!」「吾郎、可愛い!」と皆さんと言っていきたいと思う(爆) だから、そんなファンを多く持った吾郎は、たとえ何時でもできる限り綺麗でいてもらわないといけないのです。そうでないと、やれちょっと太った?だの、顔がふっくらしてきた?だの、本人が聞いたらウザいことこの上ない言葉がつらつらと囁かれます(爆) いつまでもプリンスのような吾郎でいてほしいんですよね。それでも、人間は年を取っていくものだから、自然に素敵な男性になっていってほしいなぁと。ヴィジュアルだけでなく、中身もとても素晴らしい人なのでファンはついていけると思います。でも・・・いろんな意味で美しい人でいてね、吾郎さん(爆) 

投稿: Kazuyo | 2012/08/07 04:57

お早うございます。もう知っているかも解りませんが火曜曲の事もあるので、8日のめざまし女子アナが5人に話を聞いたので放送するそうです。  サムガでクレージー5を聞いたのですが5人ともなーにの所が30台後半の人とは思えない可愛さで吾郎ちゃんとか本当に可愛かった。  最近スマさんのツイがフォロワー募集とかばかりで見ていなくて先ほど久しぶりに見たらTVガイドさんがスマ本3冊目の売り上げがすごい事になっているそうです。記事は読んでいませんが。 先日も少し書きましたが中居君FANも剛君FANも私が読んだ限りでは吾郎ちゃんが優しいのは皆解っているよと書いていました。中居君もいつもメンバーの中で1番優しいって言っているしだから安心していじっているのでは。吾郎ちゃんを中居君がライヴでPしたら魅力倍増すると思うけれどな。 CDTVでソロを少し聞いたけれど吾郎ちゃんの優しい感じでした。    最近ヨイショの男再放送あったのに見られなかった。来月だったら良かったのに残念でした。

投稿: michiko | 2012/08/07 09:31

Kazuyoさん、みなさん、こんにちは。
何だかんだでやっぱり一番楽しみだった青本、堪能いたしました。

バランスボールを抱える吾郎さんが可愛い!吾郎さん=smapのバランサー→バランスボール?ということなのか、丸い=円満→吾郎さんということなのか?抱える・包み込むっていう所作が、らしさを上手くとらえていると思います。
床に横たわるsexy吾郎さんも、ごちそうさまです。実は先日話題になったTV誌を結局買わずじまいだったので、このshotが本編で拝見できたのは本当にうれしかったです。

さて、今回は吾郎さんが主役ということで。
実は私、以前から「どうして吾郎さんはJ事務所に入ったんだろう」と不思議に思っていたんですよ。「親戚がいつの間にか履歴書を送って~」というのは昭和アイドル定番の動機なわけですが。集団行動が苦手・体を動かすのも苦手?・高所恐怖症・文化系趣味多し・写真に写るのが苦手な少年が、あの事務所に入ってdrop outせずにデビュー(しかもsmapという体育会系のグループで)に至ったのって、ちょっとレアなのかなって。まあ、ルックスは最強レベルだったと思いますが。
で、不思議ちゃんだったり、アンニュイだったり、地味と言われたり、一人だけドラマでバリバリ脱いでみたり、どっちかというとグループ内では控えめな路線だったようですが。
ここ数年の吾郎さんのトークの安定っぷり(生放送対応可)、ビジュのkeepっぷり、醸し出す優しい雰囲気の貴重さ、紳士的な佇まい、エレガントな衣装の着こなし、嫌みでないお茶目な面白さ、健康的で爽やかなprivateのイメージがいかにsmapにとって優美なエレメントとなっていることか!smapは体育会系でhungryかつ面白さにこだわるグループなんだけど、吾郎さんがいることによってある種の品の良さ(他メンが下品だと言っているわけではありません)やしなやかな美麗さが加味されているんですよね。中居君をして「smapの最強兵器」「他のグループにはあり得ないキャラ」と言わしめた奇跡の稲垣吾郎は、やっぱりなるべくしてsmapになったんだなあと思うわけですが。
吾郎さんをsmapに選抜したJさんの炯眼もさることながら、吾郎さんの努力も並ならぬものがあったと思います。
えっと・・ここに書いていい話題なのか自信がないので、不適切なら削除をお願いしたいのですが。

もともと変わり者であったうえに、デビュー早期に不幸な事故で謹慎を余儀なくされた吾郎さんにとって、復帰後も世間の評価に耐えながらトップアイドルグループの一員としてい続けることは、かなりの忍耐と持久力を要したと思います。世間というのは底意地悪い所があり、目立つ人のnegativeネタは無責任にとりあげて、今でも何かあると持ちだしてくる人もいるくらいですから、いろいろな面で辛い思いや理不尽な思いをされたこともあったと思います。Kazuyoさんの過去記事で、吾郎さんがスマスマなどで冷遇されているっっ!としばしば鼻息荒く(失礼)仰っていますが、事務所も吾郎さんの扱いのことになるとつい控えめになってしまうものなのかな~と(当時の番組をよく観ていたわけではないのですが)思ってしまったりもしました。法的に問題なくても、底意地悪い人達は何かと荒らしに来るものですから。
しかし、表面上何気なくsmapであり続けるようにみえつつ自分の役割を地道にきちんと果たし、芸を磨き、時には理不尽さに耐えながら5年10年のレンジで確実にイメージを回復し、今やsmapの一つの核となり、そして同時に自立した稲垣吾郎になったというのは、やはり吾郎さん、強いんですね。マッチョな感じの強さではなく、しなやかなんですよ。体を壊すこともなく、心が折れることもなく(吾郎さんはここが安定しているのが強みだと思う)smapという最速超長距離レースを今も走り続けている彼は、なんで事務所に入ったのかはいまだに謎ですが、正真正銘のsmapです。
それから、変わり種だった吾郎さんをよく理解し、必要なら叱咤激励して一緒に走り続けてくれた他のメンバーも、みんな偉大ですよね。メンバーが吾郎さんに与えてくれたものも多いけど、吾郎さんがsmapや各メンバーに与えているもの~確かなパートナーシップや前述の優美さ、各メンバーへのニュートラルな癒し(表現系がときどき分かりにくいですが)、え~っとあと、マイナスイオンとα波も多分放出していると思う~も多い。smapにとっても、吾郎さんにとっても、我々ファンにとっても、smapという奇跡のグループが存在していることは、本当に素晴らしいことだと思うんです。
で、中居君→吾郎さんのイメージソングがね、私、あの歌好きなので嬉しかったですよ。あれって、smapからのメッセージソングだけど、ファンからsmapにも「いえいえ、そちらこそ」とそのまま送りたい言葉ですよね。・・って、両想い?そうか、中居君はあのメッセージを吾郎さんに贈りたいのね、と、にまにまですね。慎吾ちゃんも、テキト―に選ぶなっと思いましたが、そうか、あれを歌っている時吾郎ちゃんが寄ってきてくれるのが嬉しいのね、と、にまにま。

どのメンバーと写真に納まっても、お互い気張らず映り心地がよさそうなのが吾郎さんの吾郎さんたる由縁・・って、中居君気張らなさすぎるにもほどがあるっ!
吾郎さんに焦点を置いてsmapを見ていくと(吾郎さんファンはだいたい常日頃そういう作業をしているのでしょうが)ちょっとユニークな構図が見えてきたりして、smapがますます興味深くなる。後2冊、年下組から見たsmapもはやく伺いたいですね。楽しみです。

超独断の知ったかで吾郎さんを勝手に語ってしまって恐縮です。でも、やっぱり吾郎さん魅力的!語らずにはいられないので・・どうかご容赦を。

投稿: mei | 2012/08/08 01:55

ribbonmichkoさん
「めざまし」は、おそらくニューアルバムとライブの宣伝でしょうね。他局でもいろいろ流れるかもしれないから要チェックだと思います。私も、中居くんのラジオ「サムガ」でCRAZY FIVEを初聴きさせて頂きました。おぉ?!なになに?!と聞いているうちに、「○○く~ん(ちゃ~ん)」「な~あ~に~」で全て持ってかれました(爆) それぞれの答えかたもらしくって可愛いですよねぇ。もうアラフォーなのに、すごい破壊力(笑) 吾郎のぶりっ子にはひっくり返りそうになりました(笑)(笑)(笑) テレビガイドさんのツイートも見ましたけど・・・第三弾も先の二冊と同じように好調なようで安心しました。一人一人フューチャーされているとは言え、しっかり5人全員の素敵なショットが入っていても、やっぱり同じぐらいは売れてほしいと思っていたので。この後の、第四弾、五弾も楽しみですね。中居くんや他のメンバーが吾郎を弄るのは理解してますよ~(笑) ちょっと複雑になるときもありますけどねぇ。もう、それも長年の信頼関係があってこそと思うので。それぞれ、自分で役割を全うしているとも思うし。ただ、長く引っ張らないでサラリとやってくれるのが好ましいです(笑)


ribbonmeiさん
今回の吾郎本も良かったですねぇ。本当に5回分いろいろ手を替え品を替えと考えてくれているんでしょうね。バランスボールが吾郎のスマップ内でのイメージという考えは、まったく思いもつかなかったです。素晴らしい! 私なんて、ただバランスボールに戯れる吾郎を見てアホみたいに「可愛い」「可愛い」しか言ってませんでした(爆)

吾郎のことをたくさん語って頂いて本当にありがとうございます。01年に起こったことは事実なので、コメントに記述されるのは全然構いませんよ。そこに、脚色を入れて貶めたり、中傷されると困るだけです。吾郎がジャニーズ事務所に入ったのは、お姉さまが履歴書を出してオーディションに「ゲームソフトを買ってあげる」という口実で連れて行かれたのが発端ですよね(笑) 踊りも苦手意識が強く、楽しめなかったという吾郎は練習もあまり熱心に参加する子じゃなかったようですが・・・ジャニー社長が頑張ってくれたのよねぇ。ここがなかったら、きっと今の吾郎はいなかったと思います。吾郎が何度もNHKさんの連ドラのことを口にするのは、この初めての本格的な役者の仕事をしたことによって、ダンスが苦手でもジャニーズとして自分がやっていける自信がついた大きなお仕事だったからですよね。この仕事に出会ってなかったら、SMAPに入っても少年時代のようにおとなしいだけの子だったかもしれないなぁって思います。演じているときだけは、違う自分になれるのが楽しくて仕方なかったんでしょうね。初の映画出演も、陣内さんのやくざ映画に薬中の少年役で出演したり、次の主演映画ではフランス女性と大胆に絡んだり(笑) 役者モードになると、「NO」がない人だと思います。今後も、ジャニーズのタレントが誰もなしえなかった役柄に挑戦していってほしいと思う。

スマップのメンバーがそれぞれ輝いているのは、個々それぞれがまったく違うタイプであることが大きいですよね。同じようなタイプが一人もいない。被らない。だから、グループでいても個人の魅力を輝かすことができるんだと思います。その中で、吾郎は中居くんの言う「異色のジャニーズ」ですからね(爆) 普段は脱がない、熱くならない。でも、内に秘めた情熱はやっぱりスマップなんですよねぇ。メンバー全員そうだと思うんですけど、諦めない、とりあえずなんでもやってみる。そして、さらに磨きをかけていくスマップのメンバーを見ていると頼もしいですよね。この21年間一緒にやってきた中で、自分のポジションを見つけ出すのに苦労したこともあると思う。ちゃんとそれぞれが自身を確立していったのは本当にすごいと思います。今は、メンバーそれぞれ尊敬しつつも、自分にしかできないことがあると思っているんじゃないのかなぁ。無理に合わせず、無理に逆行せず、自然に自分自身のいいところを出してきていると思います。だから、他のメンバーが大きく取り上げられることがあっても気にならない。それは、彼の得意とするところだからと思える。ところが・・・ファンはまた別で。他メンが活躍しているときに、ひっそりされていると「もっと!もっと!」と思ってしまう(笑) 待っているのも楽しい時間と思わせてくれるように、それぞれが今後も良い仕事をしていってほしいですね。

投稿: Kazuyo | 2012/08/08 07:15

青本、まだ全部は読みきれてませんがKazuyoさんと皆様の感想を拝読して出てきてしまいました(笑)。本当に不思議なのですが同じ固まって撮っている表紙にしても中心になるメンバーによって少しづつ雰囲気が違うのですね(3冊とも好きですが)。なぜだか吾郎ちゃんの青本が一番引っ付き度高くてナカ・ゴロ・シンゴにいたっては可愛さアップしてませんか?それに二人写真もKazuyoさんが挙げて下さった萌え所いっぱいで、個々が密着度高い!!中居君と慎吾ちゃんは完全に大好きなお人形を抱えているようで・・・お顔が満面笑み。木村君とはカッコイイ真剣な眼差しが素敵過ぎる(いい男二人揃うとどんな表情でも素敵ですね)。ツヨポンとは本当に癒される。ただ座っているだけでもホンワカ暖かくなりますよね。そして吾郎ちゃんのドアップ、美しいheart01本当にお人形さんですね。(慎吾ちゃんが抱っこしたくなるの解る気がします)本当にバランスボール持たしてこれだけ可愛い人他にいます?Kazuyoさんが可愛いと連呼される気持ち200%吾郎ちゃんファン解りますよ!しばらくは可愛い青本に浸りたいのですが雑誌ラッシュに目が回りそうですね。

投稿: ピカチュウ | 2012/08/09 01:33

ribbonピカチュウさん
なかなか、内容が充実しているのでこの忙しい時期に読破は難しいですよね(笑) せっかくなので、ゆっくり楽しんで読んでみたいと思います。もう、写真だけで一ページ毎に素敵なので、なかなか進まないというのもあります。メンバーのくっつき度は、確かに今回の第三弾がいまのところ一番高く、そして全員楽しそうですね。さすが、中間管理職の吾郎だわ(笑) ピカチュウさんがコメントしてくださった、吾郎が人形のようなので慎吾がギュッと抱きつきたくなるんじゃないかというのがツボに嵌りました。それも、ものすごい大ツボに(笑) そうか・・・慎吾は、可愛いものも好きだけど、綺麗なお人形さんも好きなんだねぇって、妄想が広がる、広がる(爆) ちょっと、怪しい人間になりかけました(笑) どのメンバーとも、それぞれ良い味が出た写真ですね。これは、今後出版される黄色本も、緑本も楽しみが増えました。そして、その頃にはSMAPの夏ライブが始まっています。スマファンには、本当に大きな「GIFT」を彼らからもらえた気がします。Summer has come!

投稿: Kazuyo | 2012/08/09 05:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっと吾郎のこと | トップページ | 負けず嫌いは男前が条件 »