« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

GIFT of SMAPライブ in 大阪京セラドーム 8月30日

待ちに待ったSMAPの「GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012」の大阪公演が始まりました。このために日本に里帰りしたと言っても過言ではない(笑) とにかく、朝から雨模様で少し心配になったものの、午後からありえない暑さでとりあえずスタート。あとで、詳しいレポはこちらのサイトのレポ部屋に残すとして(とてもじゃないけど、そうしないと4日間乗り切れません(笑))、概要だけ書いておきますね。この感動はすぐに書いておいたほうがいいと思うので。

【注】:かなりのネタバレが入りますので、ご自分が参加されるまで細かいところは知りたくないという方は、この先は回避してください。

とにかく、吾郎が「ほん怖」の番宣で「いいとも」に出たときに、剛と一緒に言っていたとおり、オープニングから度肝を抜かされます。高いところからの宙吊りもさることながら、5人が白い羽をまとったような衣装で両手を肩から水平にあげてのぼっていく様子は、まるで5大天使のようでした。そして、オープニング曲「Just Go!」に続きます。もう、頭からガンガン飛ばしていくSMAP。あとで、「福岡より暑い・・・」by 慎吾という愚痴が出るほどの熱気むんむんの京セラドームでのライブとなりました。

今年のライブはいいです! 行くか行かないか迷っている方は、当日でもスタンド席ならチケットを回して頂ける可能性もあるので、是非参加してほしいと思います。まず、後方アリーナ(本日、私はこちらのブロックで見ました)にも、バクステ近くのスタンドやどこで見ても楽しめるようにステージングが工夫されています。(若干、アリーナ埋もれ席があるもよう) 花道もメインステージからかなり後方まで左右に伸びていて、リフターやトロッコも活用されていました。

そして、衣装がいいっ! 正直、ちょっと微妙になるライブステージ衣装が昨今多かった中で、今年のライブ衣装はどれも萌え度が高く、尚且つ電飾を利用したサプライズ的衣装も見ることができて、ちょっと会場どよめきました。あとは、アルバムの楽曲の良さがすごく効いていた。アルバム評でも書きましたけど、とにかくライブ向けにぴったりの曲だったというのがすごくよくわかった。各個人のソロも、ライブ会場で見て聴くほうが楽しめます。

さらに言っておきたいことは・・・ジャンクションの質の高さ。構成からSMAPのヴィジュアルを活かした映像VTRで、飽きさせず映画を見ているように魅いってしまう。吾郎さんの美しさは、もう言葉がありません。とにかく、DVDにこのジャンクションが入るんだと思うだけで購入決定です(笑) あっ、もちろん生で見たSMAPのかっこよさには改めて惚れ直すし、プリンス吾郎に到ってはため息しか出ないので、今から見に行かれる方は覚悟してライブに出かけてください(笑)

肝心のMCですが、前述したように詳細はレポ部屋に後日落としますが、流れがわかる程度に書いておきますね。

まず、木村くんから「大阪、イエェ~イ!」という掛け声で盛りあがり、暑い、暑いと(笑) 慎吾のお座りくださいのあとに、中居くんから京セラのエアコン設定に対してクレーム(笑) 木村くんが横から低い声で「なかい~!」って聞こえたと報告があり、慎吾の男の人がすごく多いという振りで、中居くんが男性だけ立ってみてと。おぉ、確かにすごく多かったです(笑) そのあとに、男性だけで「うぉ~!」という掛け声をかけさせ、AKBの総選挙みたいだと中居くん(笑)

その後、メインの前半の話題はの100キロマラソンの話で、会場から大きな暖かい拍手あり。しかし、中居くんが「自分から話を膨らませろ」というお達しがありテンションがあがっていく剛に、「大阪の観客は厳しいぞぉ」と木村くん(笑) スベってないのにスベった流れに持っていこうとされが「スベってないよ!」と(笑) なので、慎吾がこの大阪公演からドラマの役作りで短髪になった木村くんの話題へと無理矢理話題を変更します。「いきなりその話(汗)?」と木村くんが聞くも、「だって、今日初めてファンの前で披露したんだよ!」と良いことを言う慎吾

そこで、いきなり今度は中居くんが実は吾郎も少し髪を切ったんだと暴露。「それに気づいてくれたのheart?」と嬉しそうな吾郎。まずはナカゴロ。そのあと、吾郎がとにかく木村くんの短髪を褒めて褒めちぎって、ファンにも「いいよねぇ?」と同意を促し「オリジナルスマイルのときみたい」と言って、木村くんが「お前、何言って・・・(笑)」とものすごく照れていたというキムゴロも落ちました(爆)

そして次の歌に行く前に、慎吾から「中居くん、ひどい顔しているよ!おじいちゃんみたい(笑)!」と指摘があり、マイクセッティングでは吾郎がモタモタしているのが可愛かったです。一人でブツブツ言っていて笑いが起こっていました(笑)

あと吾郎ファンとして書いておくことは、木村くんのソロから吾郎のソロへと続くときに、木村くんが花道からメインステージで待っている吾郎のもとへ行き、バックでギターを伴奏してくれるというおいしい演出があります。その前に必ず、キムゴロでのトークがあるもよう。木村くんはソロで皆が「La~La~LaLaLa」とファンがコーラスを入れてくれたところがすごく嬉しかったらしく、吾郎のもとへ行く前にアカペラでもう一度歌ってファンのコーラスに聞き入ってました。その間、おとなしくセンターで待つ吾郎(笑) 吾郎のソロのあと、たくさんの「吾郎ちゃ~ん」というファンの声援が聞けました。もちろん私も叫びましたけど(笑) その後の全員で歌う「僕の半分」ではアコースティックギターに持ち替えたキムゴロ二人が伴奏となるので、これも新鮮ですごく良かったです。

I Wanna Be Your Man」でのパリピアトリオのわちゃわちゃがすごいです(笑) 吾郎のソロパートのときに、まずは後ろからガッシリ吾郎に抱きつく慎吾。その後ろからシンゴロ二人を抱きかかえるようにする剛。縦に団子になって、吾郎の体が浮きまくって笑って歌えなくなるぐらいすごいことになっておりました(笑) あとは、「エンジェルはーと」でのナカゴロですね。花道に左右分かれて歌うのですが、スクリーンでは二人が向き合って歌っているように映し出され、最後にGood!と親指を立てたりお手振りを互いにする可愛いナカゴロが見れます。

書き出したら、あれもこれもとなって大変なことになるのですが、これだけは最後に言わせて(笑)! 噂の「CRAZY FIVE」では、とにかく一緒に「○○くん~!(吾郎ちゃん~(笑))」と叫んで、5人全員から生で「な~あ~に」が聞けるのは至福の喜びでした。なんか、ファンの間では前回の「FIVE RESPECT」のほうが人気があるみたいですが、私はライブで一緒に歌うという意味でなら断然こっちのほうが好きです(笑)

bell恒例コーナーbell
スロットマシーン思い出SONG:「Major」(1994年)

コントコーナー:慎吾(カツケンマハラジャ)→(映画「任侠ヘルパー」映像の後にチンピラ+助っ人の中居扮するステテコおやじ)→木村(Pちゃん)→吾郎(CCBゴロー)→中居(しょうわ時代)

とにかく、大阪での生コントということでしょっぱな慎吾から「好っきゃねん」の歌詞を間違え「えぇ~?!」と冗談で大ブーイングという中、吾郎のアカペラCCBはものすごく吾郎が緊張しているのが手に取るようにわかった。しいていうなら・・・あの、新宿ゲリラCCBゴローと同じテンションでやり遂げる吾郎に大きな声援とアンコールがかかったことだけは報告しておきます(笑)

とりあえず初日なので、速報で感想あげておきました。まだ大阪公演は3日間残っているので、あとはかる~く萌えだけ即レポあげていきますね。それとは別に詳細は、後日レポ部屋にUPするようにします。明日も楽しみ♪

| | コメント (8)

バランスと絆

SMAPライブ参加のため、関空に降り立ったのが8月27日の朝。そう、「SMAPxSMAP」の放送日。この日は、久しぶりの家族団らんでお食事をして「スマスマ」は気になりつつも流し見となってしまったので、あとでゆっくり見ることに・・・ところが、里帰り中というのはいろいろ楽しいイベントが盛りだくさん(爆) 時差ボケはないんですが、睡眠時間はものすごく短いです(汗) それでも、見たいものは見ますけどね(笑)

今回のビストロのお客様は、ロンドンオリンピック金メダリスト第三弾でレスリング女子48kg級の小原日登美さんと旦那様。オリンピックに向けての日登美さんの辿ってきた道や訓練のお話を、スマップからの質問と共に話してくださったのですが、思わず聞き入ってしまいました。しかし、バランスボールの使い方のレベルの高さには驚き! ここで、スマップ全員から名指しでチャレンジさせられる吾郎(笑) もう、こういうときはお決まりなのねぇ。それでも、しっかり両端から支えてくれる木村くんと慎吾。そして、後ろからそっと手を添えてくれる。座り位置のバランスは、吾郎はあれはウケを狙ったのか天然なのか(中居くんからの指摘に対するリアクションを見ると天然だったと思われます(笑)) 全員から総突っ込みで頭をはたかれて可愛いったらないわ。しかし、座りなおすのに一人でさせればいいのに手首を掴んで引っ張りあげてくれたり、最後まで吾郎の腕をいつでも掴めるように待機している中居くんに萌えました(笑) ナカゴロ、いいなぁ、ナカゴロ!

しかし、とっても素敵なご夫婦でしたね。付き添い(笑)で来られた旦那様もキュートで愛嬌があって、最後の勝利のキスで慎吾の口の横にそのままキスkissmarkを躊躇なくしてくださったり(笑) 慎吾のほうが驚いていたような(爆) 日登美さんが楽しまれていたのでOKだと思います(笑)

SMAP VS さまぁ~ずの未公開は、前回同様ヴィジュのいい吾郎と思わず唸ってしまう分析で堪能させてもらいました。まぁ、未公開になるわな・・・という回答が一目瞭然な質問アンケートだったけど、トークが面白かったので見せてもらえてよかったです。

歌は、今回も「Moment」。オリンピックヴァージョンということで、選手たちの喜ぶカットが合間に入り込むという映像。最初は、う~ん、SMAPだけをここは映してほしいと思ったのですが、結構と歌詞と同調して感動しました。歌の映像自体は前回と同じだったのかな?と思ったら、違ったんですね。最後のエンディングのあとのターンでふらりと足元がふらついた儚げな吾郎王子を見てそう思いました(爆) しかし、本当にあらゆる意味で良い衣装だよなぁ、これ(笑) 最後の義援金の呼びかけの、いつもより低く聞こえた吾郎の声にドキッとして、バランスボールに立てた吾郎と、それを優しい笑顔で見上げる木村くんにほっこりとまさしく「終わりよければ、すべて良し」法則で終了。こうでなくっちゃね(笑)

| | コメント (8)

愛の定義

日本に里帰りする前に、やはり感想入れこんでおきます(笑) 1時間の「ゴロウ・デラックスSP」、お客様は美輪明宏さんでした。1時間の中で、美輪さんなりのいろんな持論をお話してくださりとても興味深く拝見し、そしていろいろ考えさせられたなぁ・・・。

第五十二回課題図書 乙女の教室 美輪明宏著

Photo 質素でおとなしい奥ゆかしい乙女になるにはどうしたらいいか、美輪さんが教えてくれるhow to本。この本の最後のほうにある『美輪語辞典』というのがあり、ここでいろんなテーマで美輪さんが自分なりにコメントを簡潔にまとめているのがおもしろい。今回取り上げられた箇所は、『性別』。小島さんが朗読してくれます。

性別:まったくもってどうでもいいこと

美輪さんは、20代の頃に自分は同性愛者だと告白。今ならまだしも、当時はたとえ芸能界であってもご法度とみなされていた世の中。さぞかし、周りからいろいろ言われたとは思うのですが、知人の方が家族に自分が同性愛者だとカミングアウトしたら家族会議にかけられ自殺されたところを見てしまったという悲しい経験から、自分が有名になったら全部公言してやろう!と決意されたそうです。

このあとも、美輪さんから「同性愛の歴史」を拝聴する吾郎と小島さん。今回、美輪さんはなぜか木村くんと同じように(笑)吾郎の隣に座られて、女優ライトばっちりサイドからあたって神々しいほどでした。その隣でずっと美輪さんの顔を見ながら神妙にお話を聞いている吾郎が、これまた本当に美しかった。吾郎も、おそらく同性愛においては語れるところがある人だと思います。もともと、人を何かの縛りで見ない人なので。でも・・・なかなか、このテーマでは話せないですよね。ハイエナのように飛びついてくる輩がてぐすね引いて待っていると思うので。自分が話すことが全て曲解されて紙面やネットに出る世の中。カミングアウトしたい人がいたとしても、黙ってしまうのは案外今の世の中のほうかもしれません。

第五十三回課題図書 愛と美の法則 美輪明宏著 Photo_2

ここで、美輪さん自身にも朗読をお願いすると、舞台「愛の賛歌」から、シャンソン歌手エディット・ピアフが作詞をした歌で、妻子のあるプロボクサー、マルセル・セルダンと道ならぬ恋をしていたピアフが、恋に終止符を打つために書いた詩を朗読してくださることに。これを、美輪さんご自身が訳詩したものをスタジオでまるで舞台の上で演じているように朗読してくださることに。悲恋と周りは言うかもしれないけど、無償の愛をささげた彼女の詩は感動を呼びます。

第五十四回課題図書 『霊ナァンテコワクナイヨー 』 美輪明宏著

Photo_3 霊能力者でもある美輪さんが、霊とはどんなものなのか、「霊界」の仕組み、霊との付き合い方を教えてくれる一冊。この本からは、吾郎が朗読。なんだか、いつもより朗読がスムーズで聞きやすかった。よく知っている美輪さんの本だからかな(笑) いつも、これぐらいで読んでくれるとハラハラしないんだけど(爆) この番組でも以前、「オカルト」など霊のことを取り上げたことがありますが、霊能力者としての本は初めてですよね。この辺は、私はノーコメントです(笑)

この他にも、親太朗くんを交えて美輪さんから発声練習の直伝や(吾郎は、やはり高い音のほうが出しにくいそうです)、美輪さんから見る吾郎の魅力は、前に出そうで出ないその生き方が賢いと言われ、吾郎がとても喜んでいたり。本当に内容の濃い1時間でした。最後に、美輪さんは親太朗くんを結構気に入ってたとやきもちを妬く吾郎さんが可愛かったとか(笑) いえいえ、美輪さんは吾郎のことはとても気に入ってらっしゃるでしょ? 隣から、ずっと優しい目で見ておられらたのが印象的でした。

本当は、英国では普通に受け入れられている「同性愛」についてもう少し感じたことを書いておきたかったのですが・・・とりあえず、「ゴロデラ」という本の紹介の番組としての感想だけに留めておきます。もしかしたら、また他でこっそり語っているかも(爆)

| | コメント (6)

僕たちからあなたへ・・・

木曜日は、ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」となんと「ゴロウ・デラックス」が1時間のSPでした。ラジオのほうは、前回に引き続きニューアルバム『GIFT of SMAP』からで、今回は各メンバーのソロ曲をコメントを交えて紹介してくれるという内容でした。吾郎のコメントだけ引っ張りだしておきます。

ラジオでかけた曲順のままUPしておきますね。
ねぇ・・・」 中居正広
吾郎 「この曲は、中居くんのバラードですよね。久々ですよね、こういったバラードっていうのは。コンサートでね、演出が楽しみな。ねぇ、このまんまじゃ、きっと普通に終わらないだろうなみたいな。ちょっと、コンサートのパフォーマンスでどうやって表現するのかなぁっていうのが楽しみな曲ですよねぇ」

唐獅子牡丹」 草なぎ剛
吾郎 「いやぁ~、なかなか個性的な曲ですよねぇ。メンバーのソロって何が出てくるのかなぁって、いつもメンバー同士楽しみにしているんですけども。この曲は度肝を抜かされましたね、本当に。まぁ、でも、なんか・・・ね。これ、かなり「任侠ヘルパー」をイメージしていると思うんですけども。草なぎくんのちょっとこう男らしい面も出てていいですよね。高倉健さんが歌っていたんですよね、もともと。「唐獅子牡丹」、うん、また、なんか草なぎ剛の新しい一面が見れる感じの曲で、ライブでのパフォーマンスもこれは楽しみですね」

MONSTERS」 香取慎吾
吾郎 「この曲は、山下くんと香取くんが共作して作ったという。作詞、作曲しているんですよね。すごい、なんか毎日毎日朝までかかって大変だったみたいですよ。でも、本格的に作曲をしたのは香取くんは初めてみたいで、なんか、すごく興奮していましたね。楽しかったみたいで」

La + LOVE & PEACE」 木村拓哉
吾郎 「この曲もすごいかっこいいですよね、木村くんらしい。シンプルなサウンドで、うん。この曲はね、マーティ・フリードマン、ねぇ、木村くんがコントで一緒に(笑)「スマスマ」のほうで共演している、ねぇ。でも、偉大なアーティストですよね、彼はね(笑) MEGADETHでしたっけ?そうですよね。バンドのメンバーで。「スマスマ」のコントで共演して、曲を頼んで・・・そんなこともあるんですね。これもライブで楽しみですねぇ」

Special Thanks」 稲垣吾郎
吾郎 「この曲はですね、大橋トリオさんが曲を提供してくださいまして。「スマスマ」のね、歌のコーナーで大橋さんが来たときに、なんかすごくいいなぁ~、この人の作る曲は。是非、曲を作ってもらいたいなぁっていうラブコールに応えてくれて。すごく素敵な曲を作ってくださいまして。なんか、気持ちいいですね、自分でも。歌っていても気持ちいいですし。これも、もちろんライブでやるので、皆さんに覚えてきてもらいたいなぁと思いますね」

心なしか、私があげた寸評と似通ったところがあるような(笑) まぁ、コメントを少し落とすとなるピックアップするのは同じようなところになりますよね。ここで、少し白状しますと・・・私は、吾郎に嵌る前はバリバリのHR好きだったのでMEGADETHはここロンドンで3度ライブを見ています(笑) なんか、感慨深いわ。まさか、マーティが、こんな面白い人だとは当時思いませんでした(爆) その当時も少し日本語話せたけど、今すごく上手ですからねぇ。日本語は読み書きもできてすごいなぁと。うちのハズも見習ってほしい(笑) いや・・・ある程度わからないほうが都合がいいときもありますけど(爆)

「ゴロウ・デラックスSP」のほうは、私自身がすごくいろいろ考えてしまったので、もう少し時間をかけて感想をあげたいと思います。ちょっと、ライブ時に逆行するかもしれないので(笑) 

| | コメント (8)

SMAPからの贈りもの

日本に到着してからアルバムの寸評をUPしようと思っていたんですが・・・もう、明日から始まるSMAPの今年のライブツアー。なんとなく零れ落ちてくる演出の様子を聞いてしまったら、最初に自分が感じたことが覆されるような感じがしたので(笑)、自分なりの感想をあげるためにぶっこんでおきます(笑) 適当に読み流してください。

2012年のライブに合わせてリリースされた、SMAPの『GIFT of SMAP』。初聴きとしては、前回の『We are SMAP』より非常にキャッチーなメロディラインが並ぶ曲だなぁと思った。どちらが良いとかはないのですが、敢えて言うなら前回の「ういすま」がアーティストっぽく世界観や宇宙観までも想像させる広がりがあったアルバムに比べ、今回の「ぎふすま」はファンも一緒に盛り上がることができるまさしくライブを意識した曲調と、等身大の彼らが紡ぐ歌詞が多い感じを受けました。あと、今回のアルバムのほうが好きなポイントは、それぞれのメンバーの歌割りが細切れでなくしっかりひとりひとり歌うパートが長いこと。歌詞がすんなり頭に入ってきます。このほうが絶対にいい。

【Disc1】
1. Theme of gift -prologue-
今回は、非常に短いプロローグ曲。どちらかと言うと、ゆったりとした曲調でど~んと始まる感じではないですよね(笑) 幻想的な始まりでジワジワくる感じ。ライブ会場で聴いたらオープニングのドキドキ感が増しそう。

2. Just Go!
これ、ライブのオープニング曲にピッタリなんですけど、この曲がくるか「gift」が来るかで意見が分かれているみたいですね(笑) 私は、こっちで来るんじゃないかと思うんですが・・・どうだろうか。「今から始まるよ~!」って感じの歌詞なのよねぇ。吾郎のソロパートの歌詞が、「銀河鉄道999」を想像させて、吾郎は気に入っているんじゃないかな(笑)

3. さかさまの空 
言わずもがな、NHKの朝ドラの主題歌にもなっているひとつ前のシングル曲。やっぱり、いい曲ですよねぇ。思わず、振りを一緒にしたくなる(笑)

4. HIKARI
ある意味この曲だけこのアルバムの中でコンセプトが違うような曲調なんだけど、しっかりはまっているのがSMAPのアルバムです。歌声にエフェクトがかかっていて、特にBメロはすごくて最初誰かわかりませんでした(笑)

5. おはよう 
前山田健一さんが作ってくださったという木村くんと慎吾のデュオ曲。ものすごく優しい歌詞に二人の歌い方がとても嵌っていると思います。ただ、きむしんの曲としては、私はアルバム『Pop Up! SMAP』に収録されている『モアイ』のほうが好きです。この歌が悪いのではなくて、『モアイ』が名曲すぎるのよね。

6. 君とBoogie Woogie 
「スマスマ」の歌のゲストにも来てくださったナオト・インティライミさんが提供してきてれた軽快な曲なのに、歌詞はエロイです(爆) これ、アンコールのステージ走り回り用ソングだよね(笑)? もう、走り回って叫びながら歌っているSMAP5人が目に見えるんですけど(笑)

7. gift
5人のCM「セブン&アイ」のテーマ曲。サビの部分がとっても好き。アルバムのタイトルにも使われている可愛い曲。

8. 真夏の脱獄者
一番、二番を通してAメロを吾郎、Bメロを木村くんが歌い、慎吾のソロが入り剛、そして中居くんの「バイバ~イ」ですよ(笑) この椎名林檎さんが作ってくださった曲ですが、歌詞がいろいろ深読みできるんですよね。一曲の歌を通して、いろいろ解釈は人それぞれだと思うんですが、私にはどう聞いても吾郎が囚われている立場で、同じく囚われている木村くんがその状況を楽しんでいるように聞こえる。確実に二人囚われの身。そこに、慎吾が第三者的な視線で二人の状況を語って、最後に中居くんから最後の審判のごとき「お前らは終わりだよ」って言われているようでゾクゾクします(笑) これ、ライブの演出が一番楽しみかも。

9. イナクテサビシイ
コーラスのあとに、いきなり入る吾郎のAメロ歌い出し。この曲、私、とっても好きです。吾郎って、少し力を入れて歌いだす前に小さく「ん」が入りませんか(笑)? 意味わかる(爆)? この歌い方が、すごくセクシーでエンジェルボイスと相まって大好きなんです。

10. I Wanna Be Your Man 
パリピアトリオの曲。(GAIAトリオでもいい) 案外、この三人で歌う曲は多いのですが、今回はオールディーズっぽくてノリがいい。なんとなく、軽く前髪をオールバックにビッチリかためてジャケットスーツの三人が歌うイメージなんですけど・・・どう出てくるかなぁ。

11. エンジェルはーと 
『らいおんハート』に対して、今度は女性から愛する男性へのラブソングということで(今度は「はーと」がひらがななのね)、今回も野島伸司さんが歌詞を書いてくださった曲。ものすごく好きで好きで仕方ない女性の気持ちが素晴らしいんだけど、共感ができる女性は昨今あまりいないかもしれない(笑) ドラマの中の世界なら素敵かな。でも、一番の中居くんから吾郎へと繋がって二人のハモリが入るのが、聴いていてとっても心地よい。真逆の声質の二人のように感じますが、案外しっかり綺麗にハモるのよね。この一番のとこだけでもう二重丸です(笑)

12. 前に! 
『Moment』がロンドンオリンピックのTBSの応援テーマソングになるときに、この曲も候補にあがったという曲。これは、アルバム曲で正解だったんじゃないのかな。ちょっとアルバム『MIJ』の『ススメ! 』的なポジションなんですよね。シングルカットされてもおかしくない、元気になれる曲。頭からじょじょに気持ちが高揚してきてサビでグッとテンションがあがる曲。サビで胸の前で小さくガッツポーズしたくなるよね(笑)

13. Theme of gift -epilogue- 
そしてエピローグも、静かに終わる感じで、Disc2に行く前にちゃんとリセットされる感じ。

【Disc2】
1. ねぇ… 
中居くんの場合は、アルバムで聴いた段階で50%だからね(笑) 確実に、ライブでの構成を考えての曲選びだと思うので、この曲はライブ会場で楽しませてもらおうと思います。ダンスでガンガン踊る感じにはなっていないんだけど・・・わかんないよね(笑)

2. La + LOVE & PEACE
木村くんが「スマスマ」のコント「ブラックパイレーツ」でご一緒したMarty Friedmanさんに作ってもらった曲ですが、歌詞はなんだか規模が大きい愛になってます。Martyに作ってもらったと聞いたときは、もっとバリバリのロックで来るかと思っていた。(なんせ、元Megadethのギタリストですからね(笑)) コーラスは会場全員では確実ですね。

3. Special Thanks
吾郎のソロは、またバラードっぽいのかぁ・・・と思っていたら、なんとまぁ素敵な曲を大橋好規(大橋トリオ)さんに作ってもらったんですねぇ。すごくいい!吾郎の声にもイメージにも合っているし、吾郎の歌い方もとってもいいです。ラジオではギターを弾くようなことを匂わせていたけど・・・こちらもライブで見るのが楽しみです。

4. 唐獅子牡丹
これは、公開前の映画での「アニキ」を意識して慎吾にプロデュースしてもらったのかな? 任侠の台詞も入り、高倉健さんが歌っていた曲を小西康陽さんにアレンジしてもらった曲ですが、このアレンジがまたすごくて演出はやっぱり任侠でくるのだろうか。

5. MONSTERS 
慎吾が、後輩の山下智久くんと一緒に歌っているという異色のソロ。曲は、今回もかっこいい系(笑) 山下くんが一緒にツアーについて来れるとは思わないので、東京のビデオ撮り以外はどうするのかとそういうことを考えてしまった(笑)

6. CRAZY FIVE 
N.マッピー、今回もドラマ撮影中に頑張りました(笑) 恒例、SMAPのメンバー紹介曲。順番は、前回のアルバム『Drink! Smap!』に入っている『FIVE RESPECT』と同じ。木村くんから吾郎じゃなくて、一度剛でワンクッションはいるパターンですね。ちなみに、アルバム『BIRDMAN』の『Five True Love』では年齢順です。今回は何がいいって、とにかくそれぞれのメンバー紹介のあとに、「○○く~ん(吾郎だけ「ちゃ~ん」(笑))」と呼びかけられたメンバーが「な~あ~に~」と答えるところが、激しく可愛いのが一番の聴きどころと言ったら、中居くんに失礼か(笑) でも、初聴きのこの衝撃度はどの曲にも負けてません(爆) ライブで早く見たい! 

SMAPのライブは、明日8月23日に福岡からスタートします。すでに、SMAPの5人は前日に福岡入りしてリハーサル中ということでテンションがあがってきました。参加される方は、楽しんできてください。そして、今回ライブに参加されない方もアルバムを聴いて一緒にライブ会場にいるつもりで盛り上がっていってほしい。

待ちに待ったSMAPの夏のSTARTです!

| | コメント (10)

WANNA BEEE SMAP!!!

15分拡大SPだった「SMAPxSMAP」。文字通り、ビストロには輝かしい栄光を手に入れられたロンドンオリンピック競泳メダリストの皆さん。それぞれの胸に輝くメダルが誇らしいですよね。まさしく、SMAPが歌う「Moment」にある『この一瞬のために』頑張ってきた人たちに、心からの拍手を贈りたいと思います。

男女あわせて、非常に仲の良いチームのようで、プライベートでも一緒にお出かけしたり、家に泊まりに行ったりされているんですねぇ。なんだか、学生時代の仲良しグループのようで微笑ましかったです。泳いでいるときの顔とは違い、とても愛嬌のある笑顔の素敵な人たちばかりで、運動量が半端ないということで食べっぷりも良く、見ていて気持ちがいいです(笑) やっぱり、お出しした料理はたくさん食べてほしいですもんね。

今回のビストロペアは、前回と同じで吾郎は剛とのチームでしたが、こちらも素晴らしいチームワークでした(笑) とにかく、剛の料理の説明が天然ちゃんで笑った、笑った(笑)

 「豚の骨(コツ)を7時間ぐらい煮込んで・・・すごい濃厚!ねぇ、吾郎さんheart
木村 「ごめん!全員がひっかかったこと聞いていい? そのまま豚骨(トンコツ)でいいだろ(笑)?」
 「あのぉ・・・いろんな骨があるんですよ。ねぇ、吾郎さんheart
吾郎 「そうそう(笑)」
 「マグロのカツオ節を、たくさん使ってダシとってますんで・・・」
吾郎 「マグロのカツオ節も変(笑)!マグロ節」
 「あっ・・・マグロ節。ねぇ、吾郎さんheart

この流れだけで大笑いしたんですが、まず・・・ツッコミを入れる木村くんも笑ってます。さらに、吾郎からもツッコミが入り、それに中居くんが「稲垣さんがつっこんだの初めて見た!」と大喜び(笑) そんな周りの盛り上がりに逆行するように、ひたすら剛は「ねぇ、吾郎さん」を繰り返す、繰り返す。いくら、吾郎が軽く受け流してもリピートの嵐。かわええ、かわええよぉ。さらに、吾郎につっこまれたあとも、「カツオ節」って言っているし(爆) どんだけ、「ねぇ、吾郎さん」に集中してんだよ(爆) もう、ビストロで癒されまくってしまいました。

そんなツヨゴロちゃんたちは、今回は負けてしまったのが残念。このノリで勝っていたら、必ず「良かったね、吾郎さん」が聞けただろうに。あっ、でも「惜しかったね」と言い合う二人も可愛かったか(笑) ネーミングも大事だという中居オーナーの言葉に「スイミング丼」と咄嗟に名づける吾郎のセンスも素晴らしければ、おいしいリアクションの慎吾が、またまたインド人の女性(開会式の謎の女性)だったのも笑いました。

いつの収録分だと思うほどの、「SMAP VS さまぁ~ず」でしたが、吾郎のヴィジュが良くて、女性の気持ちを何気に読んでいる考察も素晴らしかったのでありがたく拝見させてもらいました(笑) どっちが嫌だろうなぁ・・・元カノのメルアドかツーショ写真か。正直、どっちも良い気持ちにはならないとは思う(笑) かなり前の収録というのもあるとは思いますが、たった一問ですんなり進行されたのも良かったか(笑)

そして、歌は後輩となるKis-My-Ft2とのコラボ。どんなもんかと思ったら、案外良かったのではないかと(笑) もともと、私は同じ事務所の先輩、後輩とSMAPが絡んでくれるのを見るのは好きな人なので、ひそかに楽しみにしていたクチです。いろいろ諸事情がありそうな(笑)、嵐のメンバーとも見てみたいぐらいですから。トークは、吾郎ウォッチングは外さない慎吾からの、「久しぶりにピリピリする吾郎ちゃん」報告があって盛り上がりました(爆) 吾郎もノッて最後盛ってきましたけど、踊りが大変そうなときはちゃんと他のメンバーより早い目に入って練習をしているというのを流してもらえてよかった。中居くんの番組で、キスマイくんたちに面白ろおかしく間違った情報を流した(笑)中居くんに複雑になったけど、ここでしっかり彼らにそうじゃないんだとわかってもらえたのは嬉しかったです。

自主練する時間がなかったという吾郎でしたが、ちゃんとそれなりに踊れていたよ。確かに、キレのほうはいまいちだったかもしれないけど(笑)、なんのなんの決めポーズは相変わらず麗しくてかっこよく、柔らかい髪がパサパサ乱れるのも気にせず吾郎なりについていってたと思う。この流れだと、思わず吾郎に注目して「やれ、遅れた」だと目に付くかもしれないけど、他のメンバーもあやしいところあったよ(笑) まぁ、そんな吾郎も可愛いと言ってもらえるのは、もうここまできたらキャラですよね(爆) いいんじゃないでしょうか。

吾郎がキスマイくんたちの曲で歌ったソロパートも素敵だったし、ツーショになったりとなかなか楽しませてもらいました。SMAPって、やっぱりすごい先輩なんだね。なんか、すごく大人だなぁと思った。自分たちが目立つようにしていたわけではなくて、ちゃんとキスマイくんたちと絡み、バックダンスに徹したりとホストの役割を果たしていましたよね。それでいて、しっかり華があって最後キスマイくんたちを従える後光差すSMAPshineは最高にかっこよかったです。結構、リピしてしまいました。吾郎の衣装が、なんか背中から薄い羽が出ているみたいで妖精のようでした。歩くたびに、ひらひらひらひら・・・素敵だったわ。

| | コメント (11)

はい!・・・ねっ?吾郎さん!

皆さん、今年の「ほんとにあった怖い話」は、無事ちゃんと見れたでしょうか(笑) 怖いものが苦手な人が多い吾郎ファン。毎年、吾郎さんと子供たちのやりとりが微笑ましくも再現VTRだけはどうしても見れないという人がいると思うのですが、もう夏の風物詩なんでね。私は、まだVTRは拝見していないのですが、ものすごく楽しみにしています。

しかし、吾郎出演部分だけ見せてもらったのですが・・・時間短いですねぇ(汗) 怖いものが好きでこの番組を見ている人たちにとっては、VTRに時間をとってくれるほうがいいという声を毎年拾うのでそちらに合わせたんでしょうか? でも、この吾郎さんと子供たちのやりとりが好きな人もすごく多いと思うんですよ。怖い再現VTRだけを見たいのであれば、他の番組でいいじゃないかと思ってしまう。それこそ、後からネットで拾ってくださいよと(苦笑) 下先生の解説がなかったのも残念だったような。(下先生は、毎年、この番組で吾郎さんに会えるのを楽しみにされていたので(笑)) ただ、浄霊がなくなったのは正解ですよね。あれは、毎年するほどのものではないと思うので。問題は、吾郎さんと子供たちのフィールドワークなんですが・・・吾郎ファンにしたら、ここはロケということもありとても楽しめたところなのでなくなったのは寂しいのですが、前述したように怖いものが見たい人にとってはいらないところなのかもしれない。難しいですよねぇ(汗)

個人的な希望としては、またシリーズで戻ってきて子供たちときゃーきゃーになる吾郎さんを見たいところ。この番組で、心霊写真とか霊の声が入ったテープとか真剣に怖かったので。「はい!吾郎さん!」もとっても可愛かったし。シリーズにすると、いろいろ続けていくことはまた難しいとは思うのですが。今回も、吾郎と子供たちのやりとりは本当に可愛かった。吾郎は、この番組を始めてから、子供たちへの接し方が変わったような気がする。年齢も関係あるかもしれないけど、すごく自然になりましたよね。それを毎年見せてもらえるだけで、ありがたい番組でしょうか。

そして・・・この番組の番宣のために、吾郎自らがレギュラーの「笑っていいとも!」金曜日にゲスト出演。ほん怖仕様の吾郎さんで黒縁眼鏡で、ギンガムチェックのシャツに蝶ネクタイ、ジャケットにジーンズの裾のロールアップというカジュアルな衣装でとっても素敵でした。オープニングコーナーの「そっくりさんカーニバル」からの登場。そっくりさんが出てくる扉から登場した吾郎に、「思い込み」の札をあげる出演者の皆さん(爆) 「本物です!本物(汗)」と焦る吾郎が可愛い。剛が満面の笑顔なのも癒される。すでに、ここから剛がご機嫌さんです(笑) 吾郎は、今回のそっくりさんの「本元」をあまり知らない人が多かったのではないかと思って、ちょっと笑ってしまったんですが。なんせ、私がわからない人が多かったので(笑) CM前に剛が後ろに引っ込む吾郎を前に促してくれて(観覧席からの「きゃー」が良かったですね(笑))、二人でお辞儀するのが可愛かったです。

次の「行列のまったくできない人生相談所」のコーナーでは、剛先生を交えたアドバイザー三人に悩みを提出する吾郎。それは・・・

吾郎 「もうすぐコンサートが始まるのですが、クレーン装置など高い所で歌うのが苦手です。カッコ良く歌うにはどうすればいいですか?

もう、吾郎が高所恐怖症なのはファン以外でも、だんだん知られているとは思うのですが・・・これは、もうどうしようもないよね。吾郎が悪いのではなくて、恐怖症というのはいろんなものがあるわけですが、それを克服しようと思っても無理なものは無理。そして、それは怖い人にしかわからない切実な悩みなんです。「情けない」とか言う人もいると思うのですが、英国では恐怖症のことを「フォビア(phobia)」と呼び、本当に真剣に悩んでいる人は精神科に通う人もいて、他人がバカにしてはいけない事とされています。

剛が言っていたように、吾郎はリハーサルでは本当にリフターには乗れないぐらい怖いのに、本番では笑顔でこなしているんですよね。これは、本当にすごいことだと思う。高い所が苦手な人は、何をもってしても絶対拒否だと思うので。それだけ吾郎がファンの力に支えられながらも、ファンのことをすごく大事に思ってくれていることがすごくよくわかる。バカにするどころか、私はそんな吾郎に毎回とても感謝しています。剛が「SMAPになれ!」というアドバイスをしてくれたことに、大きく頷いていた吾郎の気持ちはそういうことなんでしょうね。剛が、すごくフォローしてくれていたのも嬉しかった。きっと、リハーサルからの吾郎を見ていてくれているからでしょうねぇ。メンバー皆、いろいろ言ってはいるけど、そこはわかってくれているんだと思います。

今年のライブは、剛曰く「半端じゃない演出」があるらしく、吾郎に何度も「ねっ?吾郎さん!」と確認するぐらいすごいらしい(笑) 吾郎には非常に申しわけないけど、頑張ってもらって最後まで怪我なく全員で素晴らしいライブを見せてほしいですね。なんせ、今までのSMAPのライブで一番すごい、見たことがないような演出らしいので。ライブは、今月23日の福岡からスタートです。本当に楽しみですね。

| | コメント (7)

酔っ払いと紳士

またもや二週空けての「ゴロウ・デラックス」です。今回のお二人の衣装は、どちらも大人っぽいシックなブラウン系で揃えた衣装でとっても素敵。吾郎さんの薄いブラウンのスーツ姿は、この真夏日和に秋を感じるぐらい(笑) 吾郎が、「ちょっと認めなくないけど、(スタジオの)セットとも合っている」と言っていて笑ってしまいました(笑)

今夜のお客さまは、今、注目の女性クリエイターが登場。

第五十一回課題図書 『生きるコント 2』 大宮エリー著

Photo 毎日を真面目に生きているつもりなのに、すべてがコントになってしまう働く30代の女性の日常を描いたエッセイ集。著者の大宮エリーさんは、エッセイだけでなく映画、脚本、ミュージックビデオクリップなど、マルチなジャンルで活躍中のクリエイター。もともとはCMプランナー出身で、20代の頃から数々の大物芸能人とお仕事をされてきたようです。

大宮さんが一緒にお仕事をされた、俳優緒方拳さんとの思い出を吾郎が朗読。緒方さんには、「長い脚本を書いたらどうだ」と言ってくれた初めての方だったそうです。内心は怖い人かもと思っても、臆することなく接していたら心を開いてくれたという感じだったようです。吾郎も10代のときに、初めて一緒にお仕事をしたときは同じようだったと。小島さんから、「この人はここまで言ってしまっていいというのはどう判断するのか」という質問に、大宮さんがとてもいいことを言ってらした。

大宮 「誠心誠意やっている中での延長なので、誠実であることが一番大事かなと

この言葉に、吾郎が大きく同意していました。きっと、吾郎も人と接するときの基本的な考えはここなんでしょうね。お仕事の取り組み方のお話を聞いて、すごく共感を得ました。ここは人それぞれ捉え方が違うのかもしれないけど・・・個人的には好きなタイプです(笑) もし、自分がクリエイターなら、おそらく大宮さんのように、CMであれ映画であれ演じてもらう人によってものを作り出すだろうなと。その人の持っているイメージとの相乗効果ですよね。そのためには、制作するにあたって演じてくださる方とまず話をすることから始めるそうです。

ここで、小島さんが「大宮さんから見た吾郎さんの売るべき魅力は?」とナイスな質問を振ってくれます(笑) 

吾郎 「そうですよぉ。僕、今、伸び悩んでいるんでねぇ」

思わず笑ってしまったのと、真剣に吾郎の言葉を受け止めてしまって複雑になってしまった(汗) 吾郎の魅力は、それこそ一緒に話してみないとわからないですよね。SMAPという大きな肩書きがあるのがまずひとつ。それから、見た目のイメージで世間に作られたギャップがひとつ。ここを偏見を持たず、価値観を固執しないで考えてくれるクリエイターの人に出会うか出会わないかで吾郎の魅力は大きくもなるし半減もする。

しかし、大宮さんの本のネタのセンスは、きっとお母様なんですね(笑) 関西の方でしょうか? ここでも、とっても共感を得てしまったんですが。そうそう、大阪の母親たちって本人はいたって真剣にコントかますんですよねぇ。・・・私も、ああなるのかなぁ(苦笑)

このあと、場所を変えて親太朗くんを交えて4人でアルコールを入れてトークが始まります。一応、大宮さんから「ゴロデラ」に出演している三人のエッセイを書いてもらうための取材ということだったらしいですが・・・とにかく、お酒が好きな大宮さん。そして、ペースが速い(爆) 一人、いい感じになっていく様子がどうやら吾郎のツボに入ったらしく、とってもキュートな吾郎の大爆笑を見せてもらえた。

この様子を大宮さん自身がエッセイにした『アフター ザ ゴロウ・デラックス』は、4週間後に受け取って吾郎が朗読。朗読の合間に、そのときのVTRを入れ込んで楽しいお話を聞かせてもらいました。このエッセイは、「ゴロデラ」の公式サイトに掲載中sign01ですので、番組が見れない地域の方も是非読みに行ってください。吾郎が、とっても吾郎らしいのもわかるので。このあと、吾郎が1時間ではちゃんとお話できなかったので、また4人で一緒に飲みに行こうよと小島さんと話していて、それがしっかり大宮さんに連絡されたよう。いいなぁ、プライベートで吾郎と一緒にワイン。でも、この4人なんだかとってもいい感じでした。バランスがいいのかな(笑)

そうそう、このエッセイを朗読したときの吾郎は眼鏡なしだった! このときの収録は、ずっとはずしてくれていたのかな? やっぱり、「ゴロデラ」は眼鏡がないほうがいいよ~。同意の方は、公式サイトにエッセイを読みに行くときに、番組にその旨のメールを送ってください(爆)

| | コメント (4)

最後のひとこと

今夜の「SMAPxSMAP」は、思いのほか面白かったじゃないか!という感想を持ったファンの方が多かったのでは(笑) ビストロも、コントも歌もそれぞれに面白くできあがっていたと思います。いつも、こうならいいのにねぇ・・・。

ビストロは、ロンドンオリンピックでウェイトリフティング女子48kg級で銀メダルを獲得された三宅宏実さんと・・・そのお父さま(笑) お父さまのほうも、昔、同じウェイトリフティングで銅メダルをとられたという根っからのウェイトリフティング親子。このお父さまが、とてもいいキャラクターの持ち主で(笑)、番組を盛り上げてくれましたね。娘の宏実さんが、真面目なしっかりした方だったのも好感が持てました。

とにかく、お父さまのキャラがどうやら2TOPのお二人のツボに嵌ったらしく、何かと弄ってトークを広げていましたが、そこに同じく弄られキャラの吾郎が加わって楽しい収録となったようです(笑) でも、私が一番笑ったのは、慎吾のおいしいリアクションのインド人の女性のいでたち(爆) おそらくこの状況がわからない吾郎と剛が、ぽか~んと同じような顔していたリアクション込みで笑わせて頂きました(笑) 

吾郎がウェイトリフティングをチャレンジするのに、すぐに両端からサポートに入るサタスマコンビが微笑ましかったですね。慎吾が一人でチャレンジしようとしたときに、真剣に止めていた中居くんはライブ前の怪我が本当に怖いんでしょうね。吾郎が持ち上げる前も、即効で補助にきていたので。中居くんの注意に、素直にきく慎吾にも萌えました(爆) 垂直とびには、背中を押されてまたもやチャレンジメンバーになる吾郎(笑) とりあえず、吾郎にやっておいてもらえば場も和むし正解です(笑) 宏実さんからも「稲垣さんで」というお言葉に、「じゃあ、ご指名が入りましたので、やらせていただきます」という吾郎が、まるで指名の入ったホストshineみたいでかっこよかったわ。

コントは、まさかの三田さんご出演で(もう、コント専属の準レギュラーですか(笑)?)、恋愛シミュレーションゲームを模倣した『ラブスマheart02』。吾郎さんのブレザーの制服姿が思いのほか似合っていて(笑)、とてもアラフォーには見えません。キャラになりきっていたのもさすがです。これ、他のメンバー編もあるんですかね(笑) 「スマスマ」で企画して、『ラブスマ』ゲームソフト本当に売り出せばいいのにって、日本全国のスマファンが思ったと思う(爆) スクウェア・エニックスさんに協力してもらって開発して売り出せば、『ドラゴンクエストX』より売れるんじゃないかと(笑) 本当に発売されたら、まずはやっぱり吾郎と拓哉で始めるよね。だって、わかりやすそうだから攻略しやすいじゃん(笑) その次が剛で、次いで慎吾。で、難攻不落キャラが正広かしらん(笑)(笑)(笑) ・・・本当に売り出してください(爆)!

今回は、最後に歌で締めてくれただけでなく、EDトークも楽しかったですね。この5人のはちきれんばかりの笑顔を見せてくれるだけで、EDトークは成立すると思うのです。ニューアルバムの中から好きな曲で慎吾が選んだのは、椎名林檎さんから提供して頂いた「真夏の脱獄者」。ここで、最後の「ばいば~いpaper」の中居くんの歌い方に言及して物まねをする吾郎。これが、案外似ているところがまた笑える(笑) 「お前、また言ったな、それ(笑)」と言いながらも、満面の笑顔でもう一度させる中居くん。その二人の間で大うけしている慎吾。反対側から、これまた笑っているきむつよ。あぁ・・・癒される、癒される、癒されるよぉ。しかし・・・今度から、この歌聴くとき最後で笑いそうになるかも。吾郎~、恨むわぁ(爆)(爆)(爆)

曲は、「Moment」ですが、これまた全員ヴィジュがすこぶるよくて眼福、眼福。吾郎の衣装は、やっぱり丈の短いジャケットなので、とても形のよいプリッとしたお尻をじっくり見せてもらえたのも良かった。プリプリと振りながらステップ踏んだりとか、ほんっとやめてほしい(笑) (だんだん、オヤジ目線になってきて本当に申しわけない。だって、見せるんだもん。仕方ないよね(笑)) 「スマスマ」の歌のコーナーの照明は、今回のように薄暗いときが多いのですが、そういうときはきまって吾郎の目の周りが西欧人のように影ができるのがすっごく好きheart ところどころ、画面がカクカクするエフェクトが入るのは、最初映像がおかしくなったのかと焦りましたけどね(笑) 

いやぁ、今このヴィジュの5人がライブをスタートさせてくれることに感謝です。本当に楽しみですね。

| | コメント (11)

フライフィッシングの謎

今回、ちょっと変則的なラジオレポをお送りします(笑) 吾郎の前回の「ストスマ」から、吾郎がゲスト出演した鈴木おさむさんパーソナリティの「よんぱち」、そして木村くんの「What's up SMAP」と非常に面白い流れがあったので、そこを取り上げさせてもらいますね。今週の「ストスマ」のレポは、他のところでしっかりレポがあがっていますので確認してください。ニューアルバムとライブのお話が中心でした。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP】(8/2放送分:先週のレポで概要をUPしたので、ピックアップしてあります)

お便り 「スマスマ本で、吾郎くんが「スマスマ収録を抜けて木村くんと釣りに行く」と・・・吾郎くんが釣りに行くなんて初耳でびっくりしました」

吾郎
 「釣りに行きたいなという話をたぶんしたんだと思うんですけどね。(中略) まぁ、ちょっとやってみたいなぁというのはありますし。きっと楽しいんでしょうね。なんか自分にも意外と向いているんじゃないかなぁって思うんですけれども。僕、釣りのことはあまり詳しくないんですけれども、木村くんに言わせると、なんか、「フライフィッシングが、すごい吾郎は似合っている」って言ってたんですけどね」

自分の性格に釣りは案外合っているんじゃないか。時間があればチャレンジしてみたいという吾郎。これを聞いたら、木村くんは即効で吾郎を釣りに連れて行ってくれるんだろうなぁと思ったわけですが・・・これが、その後の他のラジオで繋がっていくわけですね(笑)

よんぱち】(8/10放送分)
鈴木おさむさんがパーソナリティをしているラジオ番組に、吾郎がゲスト出演しました。このときにも、その釣りの話が出たわけです。

鈴木 「あっ!そうだ!吾郎ちゃん。木村くんのラジオで僕やっているじゃないですか?構成で。釣り始めたって本当ですか?」
吾郎
 「いや、始めたいなって言った・・・」
鈴木 「それを、じゃあ、ファンが間違った解釈で吾郎ちゃんが釣りを始めたらしいって」
吾郎
 「たまたま、木村くんと去年番組で「27時間テレビ」で被災地のほうに行ったときに、田舎道を車で走っていたときに釣りをやっている人がいっぱいいて、川で。そんな話をしていて、「俺、釣り始めたいなぁ~、木村くぅ~んheart」なんて話をしていたら、「お前は、絶対フライフィッシングが似合うよ」みたいな感じで」
鈴木 「フライフィッシングってなんですか(笑)?」
吾郎
 「お前はフライだ。お洒落だから、フライフィッシングだ!って。ちょうど、車のロケバスの中で、そんな話をしていたんで。始めたいなっていう話を」
鈴木 「まだ、始めてないんですか?」
吾郎
 「まだ、始めてないです」

アルバムの宣伝のゲストで来たのに、いきなりここだけまったく関係ない話題が出たのは、鈴木おさむさんが木村くんのラジオの構成をしているので、そのときにきたお便りを覚えてらしたからでしょうね。始めたいと木村くんに伝えたら、「誕生日にルアーが山ほど贈られてくる」とおさむさんが言って二人で笑っていましたが・・・ルアーどころか、フライフィッシング一式を木村くんなら難なく吾郎にウキウキでプレゼントpresentされると思います(爆)

おさむさんがわざわざ吾郎に聞いてくれたのは、木村くんのラジオにファンからのお便りでこんなことがあったからです・・・

木村拓哉のWhat's up SMAP】(8/10放送分)

お便り 「スマスマ本第三弾の吾郎さんのロングインタビューの中で、ついに釣りを始められたと知ってびっくり!(木村:えぇぇぇぇぇ?!)キャプテンが誘ったんですか?」

木村 「うそでしょ?あいつ・・・ほんとに始めたの?釣り。いや、今、知ったもん、だから俺。え~~~?!俺、だからあれですよ。今、こんだけ驚いているということは、僕は一緒にやったことないですね、吾郎とは。だって、釣りするってなったらさぁ、空の下に出なきゃいけないんだよ。まさか、日傘さして釣りはしないと思うし・・・えぇ?!マジか(汗)?! これ、知らなかったなぁ。ちょっと、俺、確認してぇなぁ、吾郎に。うん・・・びっくり・・・」

ちょっと、かわいそうになってきた(苦笑) 吾郎のちょっとした冗談がファンどころか木村くんには大ショックだったみたいで。釣りを始めてくれるのは嬉しいけど、あれだけ二人で釣りの話をしていたのに、俺じゃなくて誰かと一緒に行ったの?!っていうのが、公共の電波からものすごく伝わってきたんですけど。釣りを薦めたいけど、吾郎が夏の日差しが苦手なのもよくわかっている木村くんはゴルフとは違ってあまりプッシュしなかったんじゃないのかなぁ。だから、もし他の人と行っているのなら、なんで俺に相談しないの?って思うよね。吾郎に連絡して、ちゃんと「始めたい」という意味だったんだと確認取れているといいなぁ。

木村 「僕は行ったことないんですけども、吾郎とはね・・・いやぁ・・・なんだぁ、これ、ちょっと・・・20年以上一緒にSMAPやっていて、ねぇ、リスナーからこういう情報が伝わってくるってちょっと寂しいですよね。なんだ、マジか・・・。いや、でも、行ってみたいですよね。もし、ほんとに趣味として吾郎が、そのスマスマ新聞本で語っていたのならば。うん・・・行ってみたいなぁとは思いますけど。どういう釣りしてんのかなぁ・・・これ、魚じゃないんじゃないの?実は・・・違う釣りしてんじゃないの?違いますか?んふふふ(笑) そこも確認しよう」

なんとか自分の中で折り合いをつけるために、冗談で笑いに持っていこうとする健気な木村くんに涙が出たよ(笑) これ、本気でショックだったんだねぇ。どうなんだろう・・・同じグループの中で自分以外のところで、自分が好きな趣味を誰かから教わって始めたと聞いたらショックなもんだろうか。木村くんの中では、吾郎はグループの一員というより本当に友人に近い存在なんですねぇ。吾郎、釣りのことは木村くんにちゃんと説明してあげたほうがいいよ。

しかし・・・リスナーから聞くのは寂しいと言っていましたが、ファンは頑張ってキムゴロのキャッチボールの手助けをしていると思うよ(爆) 若干、アホらしいと思いながら、プライベートでも一緒にいる二人とは言え知りたいのに知らないこともあるだろうからとせっせっとお便り出していると思う。ファンがあなたたちの伝書鳩chickになっているのが見えるのでね(笑)(笑)(笑) 今回、裏目に出ちゃったけど、それも吾郎と連絡をとって「なんだ、そういうことか!」と笑顔になれる木村くんがいると思うので、間違ってないと思う。大きな日傘持って行って、本当に吾郎が誰かに連れられる前に誘ってみてください(爆)

| | コメント (10)

夏祭り前・・・

音楽番組出演が続きます。今夜は、「MUSIC STATION」。5人揃っての出演も嬉しければ、衣装が毎回違うのも楽しみのひとつになっています。今回の衣装は、黒と赤の組み合わせで、デザインを変えての登場で、ちょっとスペインの風を感じました(笑) 全員、これまたとっても似合っていましたね。吾郎の赤のボトム・・・非常に珍しくてじっくり見てしまったわ(笑) 首周りの巻き巻きがえっらい重装備だったような気がするのですが、ちょっと暑苦しくないですかね(汗)? 吾郎は顔が守られて安心感があったかもしれませんが。

番組前の「ミニステ」での、端の2TOPの太鼓ドンドンにパリピアトリオがはしゃいでいる様子が、祭りにくりだした5人兄弟のようで微笑ましかったです。SMAP5人で「スマスマ」で夏祭りロケでも行ってくればいいのに~。今、ライブリハーサルでそれどころじゃないかもしれませんが(笑) 中居さん、まだリハーサルにガッツリ入っていけてないんですね。仕方ないよねぇ。連日、あれだけ遅くまでロンドンオリンピックのキャスターのお仕事していたら難しいと思うわ。ラジオでも、自分はひとつの仕事が終わるまで、他のことはできないタイプ。終わってから集中してやるほうだと。きっと、他のメンバーに後追いになってもしっかり調整してくると思います。そんな忙しい中居くんを毎晩テレビで見て、「おやすみheart」と画面に声をかけて寝るという吾郎。リーダー想いのいい子です(爆)

歌前トークでは、ニューアルバムの5人の曲(これが、「CRAZY FIVE」ですね)を作ってもらうよう、慎吾が直々に中居くんにお願いに楽屋に赴いたという、ちょっとしたサタスマ萌えのいい話。「おぉ、いいよ」とドラマ「ATARU」の撮影で忙しい中、ひとつ返事で快く引き受けた中居くんも、弟想いのいいリーダーです(笑) いろんなアーティストの方たちから楽曲を提供してもらったと宣伝部長の吾郎が上手くまとめたら、なぜかここで中居くんがいきなり関係ない話を・・・

中居 「タモさん、稲垣くんのこと好きなんですよね?」
タモリ 「好きですよ
吾郎 「嬉しいです。僕も好きですよぉnote
タモリ 「なんか、ちょっと分かり合えるところあるよな?」 
中居 カカカ(笑))
吾郎 「嬉しいです。僕もずっと昔からそう思っているんで」
中居 「たぶん、草なぎより好きなんだよ」

これは、27時間テレビの「やべっち寿司」のコーナーでも話していたことですよね。なんで、改めて中居くんはここで確認したかったんだろう(笑) そんなに、ツボに入る話題でもないと思うんですけど・・・スタジオでウケるとふんだのかな。同じ弄り方でも、こういのは大歓迎です(笑) 中居くん、ちょっと考えてくれたのかな。そんな様子を生暖かく見ているスマップのメンバーがおかしいです(爆)

歌は、まぁ・・・あぶなっかしいことこの上なかったですけど、「Mステ」での新曲披露はいつもすごく緊張するとメンバー言ってましたね。木村くんからも緊張が伺えて、ちょっと手に汗握ってしまいました(汗) でも、とりあえず歌いこなして慣れていくしかないですからね。それぞれ、自主練して頑張ってください。ライブは、盛り上がると思っていますよ。本当に楽しみにしているからね~!

| | コメント (4)

White Prince

やられた~!ものすごいのキタ(笑)! 今夜の「FNSうたの夏まつり」の吾郎が素敵すぎてリピが止まらない。

どこのスタイリストさんですかっ! 最初のオープニング曲「Moment」で、吾郎に白の燕尾服ジャケットを着させるというものすご~くわかっている優秀なスタイリストさんはどなた様ですか? 拍手!拍手喝采だわ(爆) もともと、吾郎は長めのジャケットがよく似合う。もうウザイぐらい何度も言わせてもらいますが(笑)、吾郎のまっすぐな細くて長い脚と腰の高さ、そしてほどよく男らしい上半身にこれほど合う服はないでしょ(笑) 前身ごろが短めになっているのも、スタイルの良さが強調できるデザインですよね。ライブ前に引き締まった素晴らしい身体に(大竹さんがラジオのゲストに来た吾郎に思わず言ってしまった理由がすご~くよくわかる)、ただただ見惚れてしまった「Moment」でした。

吾郎は、長いジャケットの扱い方が上手い。着こなしは文句なく、元来持っているスタイルに、優雅にジャケットの裾を翻す様は舞台を観ているようだった。断言します。次回の舞台の演目は、絶対に洋物にしたほうがいい。こんな吾郎が板の上に立っているだけで、台詞がなくても何時間でももつわ(爆) ヨーロッパの貴公子shineが絵画から抜け出してきたような吾郎様。正直、ロンドンの街並みに立たせたら、本場英国人にひけを取らないぐらい絵になると思います。是非、写真集の撮影に来てください(笑) 振り付けで前屈みになるところは、吾郎はちゃんと背筋を伸ばしているのでとっても綺麗です。本当に箇所箇所の決めポーズは美しい人ですよね。

いやいや、これ、歌の祭典でしたね。歌の感想も書かないと(笑) 生歌とパクパクのメンバーと混合で披露する複雑なSMAPはいつものとおりなんですが(笑)、もうどうでもいいんじゃないかと思うぐらい、吾郎だけでなくSMAP全員かっこよかったし。白の衣装で合わせて、それぞれデザインの違うジャケットでボトムは黒のスリムというのが色っぽいですよねぇ。全員が、リングとブレスレットのデザインがペアになっているものをつけていたのかな? 吾郎だけがゴールドでしたね。

SMAPは、このあとエンディングに「gift」で再度出演。こちらの衣装は、目にも鮮やかなそれぞれジャケットとボトムがバラバラのカラー合わせで、5人並ぶと目がチカチカするぐらいなんだけど、曲調には合っていたと思います。まぁ、個人的には断然「Moment」の衣装のほうが好きですが、吾郎がピンクのジャケットだったというだけでOKでしょうか(笑) あと、「gift」ではずっと吾郎が笑顔だったのも可愛かった。まぁ、歌のほうは吾郎もここ最近では一番のはずしっぷりでしたけどね(爆) この歌は難しいんですよね(苦笑) 今回の出演は木村くんと吾郎と慎吾が生歌だったでしょうか。あっ、「Moment」は中居くんも生歌でした。まぁ、そのときどきで臨機応変でいいんじゃないかな(笑)

もっと他にもちゃんとした感想を書こうと思っていたんですよ・・・見るまでは(爆) 吾郎のヴィジュがすごく良かったというのは、前情報で聞いていたんですが、これほどとは(笑) ちょっと、久しぶりに崩壊したので許してください(笑) しかし・・・吾郎がナルシストになっても仕方ないというか。(実際、ちょっと違うんだけど) これだけいいスタイルをしていたら、そりゃあ鏡の前から離れられないと思うわ。私が吾郎だったら、ずっと眺めていると思う(爆) 何着ても楽しいだろうねぇ。羨ましいわ(笑) ライブでの生SMAP、衣装ともども楽しみにしておきたいと思います!

| | コメント (12)

負けず嫌いは男前が条件

いろいろと、煮っころがしのような今夜の「SMAPxSMAP」でしたが、最後にEDトークが長く入っただけで楽しめたファンの方が多かったのかな? とにかく、吾郎のヴィジュが本当にすこぶるいいので、ボッ~としますよね(笑) かるーく感想あげておきます。

「しょうわ時代」も「殿リーマン」も、な~んで、こんなにヴィジュのいいときの中居くんと吾郎に・・・もったいないと(苦笑) 今回、この二つのコントが入ると聞いたときものすごくテンション下がったんですが、案外普通に楽しんで見てしまったなぁ(笑)

「しょうわ時代」は、原宿、渋谷観光。(これ、東京の有名な観光二階建てバスなんですか?) 当然、SMAPの中居くんと気づくとワラワラと集まってくる若い女の子たち。普通に照れ(人見知り(?))が入ってくるひろちゃんが可愛くって(爆) 中居くんが、ファンの子にわ~って集まられると傍目クールに冷たく見えるのは、これが原因なのねぇ。な~んだ、吾郎と同じタイプじゃないか(笑)

「殿リーマン」は・・・これ、面白かったのかなぁ(笑) 吾郎がふっきってくれていたからいい気がするんだけど、「負けず嫌い」は男前吾郎で見たかったわ。男前で負けず嫌いだから面白いというプロットじゃなかったのかなぁ。まぁ、世間の皆様には好評だったのならいいですけど・・・今回だけにして(爆)

ビストロのゲストは、以前一度来られたきみまろさんですが、今回は観覧の方がきみまろさんに合わせて中高年ということで(笑) なんだか、いつもと勝手が違うというか番組が違うというか(爆) 本当なら、「スマスマ」じゃないよね・・・と言いたいところですが、私はきみまろさんはなぜか憎めない(笑) まぁ、吾郎のヴィジュが良かったなぁというのと、パスタが美味しそうというのでいいんじゃないかと。

なので、やっぱり「スマスマ」としては、今回は歌のコーナーがスマスマではSMAPの「gift」が初披露だったのと、EDトークがいつもより長かったのが一番良かったですね。衣装も、それぞれの胸に色違いの薔薇のブローチが服のワンポイントカラーに合っていて素敵です。吾郎は、正装が本当にとっても似合う。ライブ前、ものすごく顔が引き締まっているのもとっても素敵heartです。歌っているときの笑顔も最高でした。

EDトークは、「27時間テレビ」の剛のマラソンがテーマだったけど・・・ちょっと、最後に全て吾郎をオチにするのが複雑だったと言えば複雑でした。これ、おそらくほとんどの方は楽しめたと思うのですが、最近こういう流れで笑いに持っていくことが多くて、たまにならいいけど毎回吾郎オチにされると気になってくるんですよ(苦笑) ちょっと、吾郎も何かノリで反論するという形に持って行きたかったみたいなのに、たたみかけるようにあとからあとから全員から弄られて、ちょっと困っていたのが見えてしまったので。

でも、EDトークの時間を長くとってくれたのは嬉しかったので、それは公式サイトのBBSにお礼を書きに行きました。あそこのBBSに書き込みに行ったのは久しぶりで、それだけEDトークの必要性は感じているので(笑) 今回も、ファンの要望に応えてということだったみたいなので、是非、リアクションは返しておいてください。

| | コメント (10)

COMPLETE BOOK ~稲垣吾郎編~

まさかの雑誌ラッシュ(笑) いろいろ取り上げたいところがあるのに、とてもじゃないけど更新できませんけど。とりあえず、月をまたいでしまった「SMAPXSMAP COMPLETE BOOK」 第三弾 BLUEの稲垣吾郎版の感想はあげておかいないとね。グラビアも記事も今回もとっても素敵だったので。表紙は、今回は5人が立って吾郎をセンターにしてピッタリくっついた写真。全員の自然な笑顔がとてもいいです。吾郎のスリーピースがまた可愛い(笑) スマップのイメージカラーで複雑になったものの、日本での暑い夏の時期にはピッタリだったんじゃないでしょうか。

恒例の裏表紙のポスターにもなるソロの写真もいいですよね。今回は、もちろん吾郎さま(笑) 笑顔が王子様のようです。これ、TOPにはすでに出版された中居くん、木村くんに吾郎が加わっていますが、最後に5人揃ってコンプリートという意味もあるんですね。本当にガイドさんは、いろいろ考えてくれているんですねぇ。第三弾は、03年から05年の三年間の「スマスマ」の画像。懐かしいですよねぇ。この頃までが、スマスマ黄金期だったように感じる。まず、コントがどれもこれも優秀だったもの。お仕事罰ゲーム企画もとても面白かったし。(しつこいけど、パリスマを除く。これは、もう抹消です(笑) 楽しめるところもあったと思うけど、こんな酷いことを考えたという事実がありえません)

今回のそれぞれのソロショットは、ロカビリーなどで使われるガイコツマイクをアイテムにしてもらっての撮影。今回もそれぞれが、「スマスマ」の番組に対して思うことを正直に答えていて読み甲斐があります。こうしたいというメンバーの想いは、是非番組スタッフに直接伝えてほしい。どれもこれも、ファンが思っていることなので。スペシャル企画は、メンバーそれぞれにSMAPの曲から5人のイメージソングを答えてもらうという面白い企画。メンバーのドラマの主題歌になったものを選ぶのが案外多いのかな(笑) その中で、この人はあの人へのイメージがこうなんだ・・・と、なかなか面白い。これは、敢えてここで書かないので、買って各自で確認してください(笑) ちょっと、語りたいとこもあるんですけどねぇ。

そして、毎回素敵な2ショット写真(笑) 今回もすご~くいいです。ちょっと、吾郎本なのでここは詳しく書かせてください(笑)

中居吾郎: 2ショットでは自分からあまりくっついていかない中居くんが、吾郎には後ろからそっと抱きしめる感じの写真。(抱きしめるというか・・・隠してあげてる(爆)?) ガイドさんが勝手につけた噴出しの台詞が秀逸すぎて(笑)(笑)(笑) でも、本当に私が好きなナカゴロは、中居くんから吾郎へのメッセージのTOPにあるような写真。これ、構えてなくて自然に撮れた写真ですよね。これこそが、ナカゴロです!

木村吾郎: この二人は、プライベートでも仲良いから(笑) そんな様子が如実に写真に出ている。作ってない。そのまま。プライベートで二人で立ち話しをしていたら、カメラマンさんが「ちょっと、こっち向いてくれますか?」パシャリ! 二人で屈みこんで話していたら、「こっちにポーズお願いします」パシャリ!ってな感じでしょうか(笑) そして・・・やっぱりこの二人はものすごいヴィジュアル度高いわ(爆) クラクラきます。

吾郎: 「熟年夫婦」ですから(笑) 縁側ですから(笑) 和むわ~。これ以上、癒される二人組はいないでしょ。ものすごいα波が、紙面からも出てきちゃいますから。吾郎に絡むメンバーという写真になるはずなのに、なぜか剛に絡む吾郎になっているのがこの二人らしくって(笑) 次の剛本での二人のツーショは同じようなのになるんじゃないかと。どっちがどっちでもいい。細かいことは気にしない。そういう二人の様子が伺えます。

慎吾吾郎: 爆弾キタ(笑)! シンゴロは、たまにどのコンビにも負けないぐらいのすごいのを出してくる。これ、何なんでしょうね。5人全員でいるときは、そんなに吾郎とくっついたりする慎吾ではないのに、二人きりになると思い切りくる。それこそ、身体ごとぶつかるようにくっついてくる。そして、それをまったく気にせず全身で受け止める吾郎。私は、こういうシンゴロをずっとずっとずっと見ていたい。

それぞれからの吾郎へのメッセージは、いつもと同じく気に入ったワンフレーズだけ引っ張り出しておきます。

中居 「いつも期待に応えてくれて嬉しい」
木村 「一緒にいると、こっちもフラットでいられるヤツ」
 「醸し出す優しい雰囲気が大好き」
慎吾 「絶妙なバランス感覚を持っていて、ああ見えて結構我慢している」

どのメンバーのメッセージもじ~んときます。本当にSMAPっていいグループなんだね。皆、ちゃんと見えているよね。それぞれのメンバーのことわかっている。テレビではたまに心配になるように映ることがあるけど、虚構の世界で心配しても仕方ない(笑) 「スマスマBOOK」を読んでいると、そう思える。

そして・・・吾郎さまのソロショットとロングインタビュー。そう、吾郎さまですよ。とっても、とっても素敵よ~。私の大好きなマネキンみたいな身体も(笑)、黒目勝ちの瞳も(結構、下睫も長い人)、細くて長い指も全て出してきてくれたという感じ。世間でナルシスト呼ばわりされているわりには、カメラに収まるのが苦手な吾郎。ポーズを取るのもひと苦労と聞く。でも、これだけ素敵なショットを撮ってもらえるんだから、今後もグラビアのときはその色気を出してきてください(笑) 今回、上三人、下三人とのおまけショットがあったのもお徳でしたね。インタビューは、もう吾郎らしく淀みない語りで申し分ないです。否定的なことは言わず、優等生っぽいのも吾郎らしいかな(笑)

| | コメント (9)

もっと吾郎のこと

今回も、「バンバカ」の軽快な曲で「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」が始まりました。「ゴロデラ」が、また二週間お休みなので木曜日の癒しはこのラジオ。吾郎の声を聴いて癒されたいと思います。

つぶやきメッセージ
pencil「家では、どんな暑さ対策をしているのか教えてください」
冷房をきかせすぎるのも体に良くないので、なるべく冷房を控えながらも「我慢」だと(笑) 運動をしていい汗をかくというのも暑さ対策になるのではないかという吾郎ですが・・・そう言えば、木村くんが雑誌で「吾郎は暑さに弱いのではなく、紫外線に弱い」というものすごく的を射た指摘をしていたのを思い出しました(爆)

SMAPな時間

pencil「27時間テレビで、剛くんの100キロマラソン、木村くんと応援にかけつけて残り数キロを一緒に走ってあげたのは剛くんも翌日「いいとも」で泣きそうになったと言っていました。でも、他のメンバーが走る前に激励してくれたけど吾郎さんだけ何もなかったとも言っていました(笑) 吾郎さん、どう思いますか?」

吾郎 「なるほど・・・いやいやいや、僕と草なぎくんはね・・・確かに、これ草なぎくんが僕だけ何もメッセージがなかったっていう、「いいとも」でも本番の27時間のVTRでも言ってましたけど。僕と草なぎくんの場合は、もう本当に縁側に佇む熟年夫婦みたいなものですから。なんか、そういう会話なしに、お互い通じ合っているんじゃないかなぁって思うし。皆に「頑張れ」「頑張れ」って言われてさぁ、そんな、もうわかってるじゃないですか、本人もね。黙って見守るっていうか、頑張れっていう気持ちは一緒ですから、うん。ただ、意外なのは、木村くんが朝メールで「頑張れよ!」っていうのはビックリですねぇ。木村くんと草なぎくんがメールしているんですね(笑) 僕、草なぎくんのメールアドレス知らないんですけどねぇ。草なぎくんとメールしたことがないんで。しかも、草なぎくんがメールしている姿とか見たことないんですけどねぇ。これ、どうやって木村くんに返信したのか心配なんですけども」

吾郎らしいわ。いつもそう。メンバー内、一番優しいと言われているけど、吾郎の優しさはきっとこういうところなんだろうなぁって。「頑張れ」というのは、頑張っている人に言う言葉ではないというのが吾郎の持論なんだろう。きっと、自分に向けられたときにそう感じる人なんだな。それを、剛も「いいとも」ではなんだかオチのように扱われたけど、わかってて言ったんだよね。だから、吾郎もこの報告を聞いて別になんとも思わなかったんだろう。ただ、木村くんと剛がメール交換しているほうが、結構ショックだった(笑)? 剛は、メールもらっても電話かけたり、会ったときにお礼を伝えているのではないかと。吾郎も剛のメルアドは知らないと言っていたけど、電話番号はお互い知ってますよね。それぞれ、伝授方法は違うんでしょうね(笑)

pencil「吾郎さんは、観客に吾郎さんのウチワを持っている人がいると、照れてそっちを向いてくれないという噂がありますが本当ですか?」
そんなことはない。逆に自分のウチワを持っていると応援してくれていると思うと嬉しいので見る。ただ、会場で自分のウチワを持っているファンの方ばかり見るのはどうなのかな?という思いもあるので、露骨には見ないかもしれないと笑って答える吾郎(笑) 「ライブの主役は、お客さんの笑顔」なので、一人一人が笑顔になれるように平等に見るようにしているという吾郎が素晴らしいわ。

そうですねぇ・・・自分の体験から言うと、私も吾郎が自分のウチワを持っているファンには愛想を振らないというのはないと思います。その話は、結構吾郎ファンからも体験談として聞いたことはあるんだけど(笑) ほんっとに昔から、ちゃんと見てくれている気がする。ライブDVDにもそれがわかるところもあるし。90年代に、花道横のものすごい良席だったことが一度だけあるんですが、吾郎ウチワを持っていたら何度か目の前にきてくれた経験があるので。(周りに吾郎ウチワを持っている人がいなかったのもあるし・・・おまけに必ず木村くんも一緒に来てくれたというおいしい体験でした(爆)) あと、つい最近も、トロッコで外周移動のときに、一緒に行ったゴロ友さんと吾郎ウチワ振って大声で「ゴロー!」と叫んだら、パッと見て笑顔でお手振りをくれた。ちゃんと、自分のファンにもファンサしてくれていると思います。特に最近は、わかりやすいようにしてくれる(笑) そうだ、昔はわかりづらかったんだよ(爆)

noteMomentnote

メンバーとの時間
pencil「スマスマBOOKで、木村くんと釣りに行くと聞いて驚きました。日焼け対策してますか?」
吾郎自身は、「釣りに行きたいな」という話をしたつもりだったらしい(笑) 木村くんは「釣り人」だけど、自分は人生で一度しか釣りの経験がない。ずいぶん昔に釣りが好きな友人に千葉の館山に連れて行ってもらったのがそうだとか。それ、木村くんじゃないよね(笑)? 木村くんに言わせると、「フライフィッシングが吾郎は似合っている」らしい。ブラッド・ピットが出演した映画(『リバー・ランズ・スルー・イット』のことですね)に出てくる釣り方のことですが・・・木村くんの吾郎のイメージが素敵すぎるんですけど(爆) 去年の27時間テレビで木村くんと被災地に向かう車の中で、川釣りをしている人を見てそういう話になったらしい。素敵、素敵よ、キムゴロさんたち(笑) 見ていないのに、情景が浮かびそうです。

五六二三(吾郎文)
pencil「この間、メンバーのコンビの呼び方があるとありましたが、実は顔文字もあるのを知っていますか?」
当然、知らない吾郎さん(笑) 当たり前。これも、コンビ名と同じで、ファンが勝手に盛り上がっていることなので。自分の顔文字はどうやらお気に召されたようだし、剛の顔文字はそっくりだとウケまくり(笑) なので、まぁ、コンビ名と同じく吾郎が楽しんでくれたのなら良かったということで・・・もう、ファンしか知らないようなことはメンバーに伝えるのは控えよう、うん(爆) 吾郎が、ラジオだと顔文字は伝わりにくいので、番組のHPにUPしてくれたらいいんじゃないかなと言っていて怯みました(苦笑) こっそり楽しむのでいいんじゃないかな。

pencil「ジャニーズのファンにも名称があります。KAT-TUNファンを「ハイフン」、関ジャニファンを「エイター」、TOKIOファンを「ウォーカー」、嵐ファンのことを「アラシック」、平成JUMPファンを「ジャンパー」(笑)と言います」
へぇ~とか、そうなんだぁ・・・とか相槌を打ちながら読みつつも、最後に「知らないよ(笑)!」と締める吾郎が素敵すぎ(爆) そりゃ、そうだ。いや、いいんだけど・・・ちょっと、ついていけないんですけど(笑) まぁ、私がどう思おうと吾郎がファンからのお便りで楽しんでくれるのならいいですけどね。お便りにのってあげつつも、SMAPファンの呼び方を募集するという流れに「興味ないですけど(笑)」と言える吾郎が、私は大好きです。そうやって、意思表示してくれるほうがありがたいわ。私も応募には興味ない(爆)

リクエスト曲 noteもっと君のことnote

吾郎の自由時間
pencil「吾郎さんが趣味で撮っている写真を公式HPで公表して頂けないでしょうか」
良いお便りだ(笑) 公式HPがオープンしたことでいろいろお便りがきたらしいですが、私も吾郎さんも何かメッセージを残してほしいと出しました。吾郎もせっかく公式HPをオープンしてもらったのでいろいろとやってみたいと。ジャニーズブログであまりあげていないので、こちらで花の写真をUPするのはいいかもしれないと吾郎自身は乗り気です。事務所に相談してみるというのが、そうか・・・いろいろ諸事情があるのねと思いつつも期待しておこうと思います。木村くんに送ったという写真が興味津々とお便りに書かれていたのですが、木村くんは困ったかもしれないと笑っている吾郎(笑) いや、口では「なんだよ、吾郎(笑)」と言いながら満面の笑顔だと思うよ(笑)

ちょっと、ライブ前アルバム収録やリハーサルでお疲れだったでしょうか。途中で、伸びをしながら話しているような箇所が度々あったような(笑) でも、それが逆に素で語りかけてもらっているようで萌えたなど(笑)(笑)(笑) ファンはライブを楽しみにしているので、暑い夏まっ盛りの中で大変だとは思うけど頑張って乗り切ってほしいですね。

| | コメント (9)

IT'S A PARTY!

今夜も、先週に引き続き「火曜曲」にSMAPが出演。先週の3000人の観覧客から100人に絞ってプレミアムライブshineとなりました。この100人に選ばれた人たちは、本当にラッキーですよねぇ。ライブでもこんな近くの席にはなかなか当たらない(笑) と、いう私は、今朝会社で日本の新聞のテレビ欄を見るまで今週もSMAPが出演するとは知りませんでした(爆)

今週も、オープニングはSMAPから。歌前に5人が横一列に並んでご挨拶。あれ??? 吾郎、やっぱり背が伸びた(笑)? なんか、姿勢が良くなっただけでは説明できない感じが最近あるんですけど。衣装は、「CDTV」に出演したときの黒の上下スーツをカジュアルに着こなした装い。革ジャンより、こっちのほうがこの季節はやっぱりいいかな(笑)

100人だけなのに、歓声を頑張ってあげてくれるファンの方たち。先週の3000人の前で歌うときより、肩の力が抜けて伸びやかに踊るスマップの面々。木村くんの言葉じゃないけど、こういうライブもいいもんですね。歌い出しの吾郎の顔にも笑顔が浮かびます。しっかり、端から端までのお客さんの顔を見渡して笑顔で歌う吾郎がとっても素敵。すっとした立ち姿もスタイルも申し分ないです(笑) 間奏のあとの♪この瞬間~♪のときに額の横にやる手の指の細さと、仕草にずきゅんheart01 ステップを踏む振りでは、毎回いつも吾郎が一番元気にやっている気がする。かわいいなぁ。ラストの前髪乱れ、今回も頂きました(笑)

今回は、何がって歌の間のトークがすごく良かったですね。「火曜曲」らしからぬというか(爆) 今回の幕張メッセだけ指揮していたスタッフが違うんじゃないかというぐらい(笑) ちゃんと、メンバーそれぞれに中居くんが話しが振れる時間を取ってくれて、トークが弾んで面白かったです。ライブ前にリリースされる新しいアルバムに関しては、吾郎が宣伝部長なんでしょうか(笑)? コメントをメンバーに振ったりとMCのように(笑)きびきびしていましたけど。あと・・・今回は、メンバーから弄られる中居さんという画があちこちで見れたような。慎吾の振りから、スマップ内弄られキャラの吾郎、剛からも弄られまくり(笑) たまには、こういう下克上も楽しいものです(爆) ちゃんと、中居くん受け止めてくれてますから。今回の座り位置が、MCの中居くんは別にして、キムゴロ、シンツヨで並んでいたのも上手くバランス取れていましたね。なんだか、テンションが上がってくる吾郎と剛に、それぞれ木村くんと慎吾がお守り役のようで見ていて微笑ましかったです(笑)

ソロ曲を出したことがあるメンバーのくだりで、慎吾が三本、剛が一本、吾郎も&Gとして一本。ここで、観覧の方から吾郎が言う前に「アンジー!」と言われて、「すごい大声援がありましたけど・・・」というコメントに、後ろの剛が頭を思い切り項垂れて笑っているのがツボ。他の二人のソロ曲を「イロモノ」扱いする失礼な吾郎(爆) ライブ前、なかなかメンバー5人のトークのテンポがいいです。打てば響くようなリアクションがそれぞれできてますよね(笑) あっ、吾郎がSMAPの中で泣ける曲で『泣きたい気持ち』を選んだのは、それこそネタだったのだろうか。中居くんの真似付きでノリノリでしたね。似てないけど(笑)(笑)(笑) ファンミーティングで披露した『STAY』の♪れっちゅーのー♪を聞きたかったなぁ。これは、メンバーの間でも「似てる!」と大好評だったみたいなので。

吾郎は、後半ずっと笑いどころを一身に引き受けて頑張ってたなぁ。「GIゴロー」でご一緒したAKBのメンバーのこともいろいろ覚えているみたいで。あきちゃの自己紹介とか、ちゃんと見てたのね(笑) 「吾郎ちゃheart」には笑ったわ。隣の木村くんの顔(笑)(笑)(笑) そこは、木村くんが振ったんだからのってあげようよ(笑) 観覧の方がしっかり言ってくれてよかったね。吾郎の現在の冠番組「ゴロデラ」は、バラエティとは言えどもどこか吾郎らしく知的な感じのするとても良い番組なんだけど・・・たまに「ゴロバー」や「GIゴロー」のようなはじけた吾郎を見たくなる。もう一本何かあってもいいかもね。まぁ、宿題が多い(笑)吾郎は大変なので無理でしょうけど。しかし、最初のあきちゃの真似で「は~い」が殺人的にかわいかった。これを見せてもらえただけでも、あきちゃに感謝(笑) 

【お知らせ】
夏のライブ「GIFT of SMAP」の初日開催場所、福岡の当落結果が発表になりました。
とりあえず、チケット掲示板を例年どおり設置しましたので、必要な方はご利用ください。
本サイトの「BBS」ページからと、こちらのブログのサイドバーにもリンクをライブスケジュールの間は貼っておきます。
ご利用の際は、必ず注意事項を確認してご利用して頂くようお願い申し上げます。

| | コメント (7)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »