« 最後のひとこと | トップページ | はい!・・・ねっ?吾郎さん! »

酔っ払いと紳士

またもや二週空けての「ゴロウ・デラックス」です。今回のお二人の衣装は、どちらも大人っぽいシックなブラウン系で揃えた衣装でとっても素敵。吾郎さんの薄いブラウンのスーツ姿は、この真夏日和に秋を感じるぐらい(笑) 吾郎が、「ちょっと認めなくないけど、(スタジオの)セットとも合っている」と言っていて笑ってしまいました(笑)

今夜のお客さまは、今、注目の女性クリエイターが登場。

第五十一回課題図書 『生きるコント 2』 大宮エリー著

Photo 毎日を真面目に生きているつもりなのに、すべてがコントになってしまう働く30代の女性の日常を描いたエッセイ集。著者の大宮エリーさんは、エッセイだけでなく映画、脚本、ミュージックビデオクリップなど、マルチなジャンルで活躍中のクリエイター。もともとはCMプランナー出身で、20代の頃から数々の大物芸能人とお仕事をされてきたようです。

大宮さんが一緒にお仕事をされた、俳優緒方拳さんとの思い出を吾郎が朗読。緒方さんには、「長い脚本を書いたらどうだ」と言ってくれた初めての方だったそうです。内心は怖い人かもと思っても、臆することなく接していたら心を開いてくれたという感じだったようです。吾郎も10代のときに、初めて一緒にお仕事をしたときは同じようだったと。小島さんから、「この人はここまで言ってしまっていいというのはどう判断するのか」という質問に、大宮さんがとてもいいことを言ってらした。

大宮 「誠心誠意やっている中での延長なので、誠実であることが一番大事かなと

この言葉に、吾郎が大きく同意していました。きっと、吾郎も人と接するときの基本的な考えはここなんでしょうね。お仕事の取り組み方のお話を聞いて、すごく共感を得ました。ここは人それぞれ捉え方が違うのかもしれないけど・・・個人的には好きなタイプです(笑) もし、自分がクリエイターなら、おそらく大宮さんのように、CMであれ映画であれ演じてもらう人によってものを作り出すだろうなと。その人の持っているイメージとの相乗効果ですよね。そのためには、制作するにあたって演じてくださる方とまず話をすることから始めるそうです。

ここで、小島さんが「大宮さんから見た吾郎さんの売るべき魅力は?」とナイスな質問を振ってくれます(笑) 

吾郎 「そうですよぉ。僕、今、伸び悩んでいるんでねぇ」

思わず笑ってしまったのと、真剣に吾郎の言葉を受け止めてしまって複雑になってしまった(汗) 吾郎の魅力は、それこそ一緒に話してみないとわからないですよね。SMAPという大きな肩書きがあるのがまずひとつ。それから、見た目のイメージで世間に作られたギャップがひとつ。ここを偏見を持たず、価値観を固執しないで考えてくれるクリエイターの人に出会うか出会わないかで吾郎の魅力は大きくもなるし半減もする。

しかし、大宮さんの本のネタのセンスは、きっとお母様なんですね(笑) 関西の方でしょうか? ここでも、とっても共感を得てしまったんですが。そうそう、大阪の母親たちって本人はいたって真剣にコントかますんですよねぇ。・・・私も、ああなるのかなぁ(苦笑)

このあと、場所を変えて親太朗くんを交えて4人でアルコールを入れてトークが始まります。一応、大宮さんから「ゴロデラ」に出演している三人のエッセイを書いてもらうための取材ということだったらしいですが・・・とにかく、お酒が好きな大宮さん。そして、ペースが速い(爆) 一人、いい感じになっていく様子がどうやら吾郎のツボに入ったらしく、とってもキュートな吾郎の大爆笑を見せてもらえた。

この様子を大宮さん自身がエッセイにした『アフター ザ ゴロウ・デラックス』は、4週間後に受け取って吾郎が朗読。朗読の合間に、そのときのVTRを入れ込んで楽しいお話を聞かせてもらいました。このエッセイは、「ゴロデラ」の公式サイトに掲載中sign01ですので、番組が見れない地域の方も是非読みに行ってください。吾郎が、とっても吾郎らしいのもわかるので。このあと、吾郎が1時間ではちゃんとお話できなかったので、また4人で一緒に飲みに行こうよと小島さんと話していて、それがしっかり大宮さんに連絡されたよう。いいなぁ、プライベートで吾郎と一緒にワイン。でも、この4人なんだかとってもいい感じでした。バランスがいいのかな(笑)

そうそう、このエッセイを朗読したときの吾郎は眼鏡なしだった! このときの収録は、ずっとはずしてくれていたのかな? やっぱり、「ゴロデラ」は眼鏡がないほうがいいよ~。同意の方は、公式サイトにエッセイを読みに行くときに、番組にその旨のメールを送ってください(爆)

|

« 最後のひとこと | トップページ | はい!・・・ねっ?吾郎さん! »

コメント

Kazuyoさま

2週空けての「ゴロデラ」ですが、魅力的な内容は変らず、時間が経つのを忘れました。立秋を過ぎたので、吾郎と小島さんの衣装も秋が感じられ素敵でした。

大宮エリーさんは失礼ながら存じ上げなかったのですが、コーヒーのCMは覚えていました。あれを作ったのが20代ですか?素晴らしい感性をしていますね。仕事の取り組み方、はっきりした物言いも嫌味が無く納得できるのは、関西人が持っている独特の話に対するセンスもあるのかも知れません。話し方と表情、その内容と、どれをとってもツボにはまりました。ああいう方は私も好きですねぇ。

吾郎と小島さんも相変わらず良いコンビで「伸び悩んでいる」(笑)と言う吾郎に、直ぐにフォローをする小島さん!時々毒を吐きながらも吾郎を立てて番組を進行させる姿は見ていて好感が持てます。

公式の大宮さんのエッセイは読み応えがあり、面白く、楽しかったです。吾郎の周りに負担をかけないさり気無い優しさや、小島さんの女性ならではの気遣いも垣間見られ、こうして文に記されると改めて納得します。飲み会での4人のやり取りや話す表情で、凄くバランスが取れていて良い仲間という印象を受けました。少し毒舌でしっかりとした意見を言う女性2人に対し、常に大人の対応で大らかに受け止める吾郎!芸能界の灰汁に浸からず、自然体で素朴な山田君という男性陣。この4人の飲み会は回を重ねる度に面白くなる予感がします。今度は吾郎がエッセイでその内容を伝えてくれるといいのですが・・・

来週はまたまた吾郎とは長いお付き合いのある凄いゲストとのこと、今から期待でワクワクしています。

投稿: さやか | 2012/08/17 20:56

wineさやかさん
私も、大宮エリーさん自身は存じ上げてませんでした。クリエイターの方たちは、いわゆる裏のお仕事で発揮される方たちですから当然だとは思うんですけど、映画も撮っておられるんですねぇ。いろんな才能がある方なんだろうなぁと。こういうのは、もう本当にセンスだと思うので今後も活躍していってほしいですね。関西の方の感性って好き嫌いがあると思うのですが(笑)、私自身が関西出身なものでどんぴしゃりで(爆) 正直、学生時代からの友人でもっと面白いエピソードを語れる友は大勢います(笑) ところが、それを作品として出せる人がいるかというと、きっとひと握りの才能ある方だけなんでしょうね。有名になる方というのは、そこが凡人とは違うんだといつも思うわけですが、SMAPのメンバーもそうですよね。男前だというだけなら、一般人の中にも見つけようと思えばいるのですが、その魅力を存分に引き出せて多くの人を惹きつけることができるのは選ばれし人たちだけ。やっぱり、SMAPぐらいのレベルにたどり着こうと思ったら、見た目だけではダメなんだというのがよ~くわかります。まぁ、ヴィジュアルだけでも難しいと同じ事務所の方たちを見ても思うのは、別に贔屓目だけじゃないと思うのですが(笑) 大宮さんが「ゴロデラ」に残していってくださったエッセイ、とてもいいですよね。思わずくすっと笑ってしまい、そのときの情景がその場にいなくても想像できるというか。是非、このメンバーでの飲み会が続くといいなぁと思います。来週は、「ゴロデラSP」ならではお客様が来てくださるということで、今からとっても楽しみです。

投稿: Kazuyo | 2012/08/19 07:38

Kazuyoさん、ゴロウデラックスレポいつもありがとうございます。今回は大宮エリーさん、お名前とご活躍はTVでお伺いした事はあるのですがあまり詳しくは存じ上げない方なので実際に放送を拝見したかったです。でもKazuyoさんが教えて下さったゴロウデラックスHPのエリーさんのエッセイ拝読してきました。本当にゴロウデラックスのレギュラーのチームワーク良いですねhappy01 吾郎ちゃんと小島さん・山田君の三人となら一緒にお酒は飲めなくても一緒にお話とかお食事をしたら楽しいでしょうね! それにしても吾郎ちゃん素敵ですねheart04 オトナですねheart02 エリーさんもまたお誘いを受けて下さってエッセイ書いてほしいなぁ~。エリーさん、舞台の脚本も書かれるのでお芝居も吾郎ちゃんと共演してほしいですね。

投稿: ピカチュウ | 2012/08/19 23:42

wineピカチュウさん
大宮さんは、お名前は知っている方は結構多いのですね。私は、今回で始めて存じ上げたのですが。CMはNescafeなどを作ってらして、とても印象に残る映像を作り出す方みたいですね。公式HPに掲載されたエッセイは、そのまま吾郎が朗読してくれたのですが、途中でくすっと笑ったりコメント入れたりして本当に楽しそうでした。小島さんも親太朗くんも、ついそのときのことを思い出したのかニコニコで4人でとっても楽しい飲み会になったんだなぁと(笑) 全員、なんとなくお酒が強そうなので、延々といろんな話ができそうですよね。真面目な話からボケ担当の親太朗くんがいることでリラックスした話と、話題に事欠かないメンバーではないでしょうか。実現したら、また是非番組で報告してほしいと思います。大宮さんの脚本で、吾郎には是非、映画や舞台に挑戦してほしいですねぇ。来週のお客様は、あの(笑)美輪明宏さんで1時間SPです。こちらも楽しみですね。

投稿: Kazuyo | 2012/08/20 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のひとこと | トップページ | はい!・・・ねっ?吾郎さん! »