« これでいいのだっ! | トップページ | なんて素敵な天パー »

COMPLETE BOOK ~草彅剛編~

先週の「スマスマ」は大阪ライブ後に落ちてしまい(笑)、あとでレポをあげようと思ったのですが・・・そうするほどの内容だったかと問われればそうでもなかったので、すみません!スルーします(笑) まぁ、吾郎の「負けず嫌い殿リーマン」が、個人的に見ているのが苦痛というのもあります。でも、世間の方にはとても好意的に受け取られたみたいでそれはやっぱり嬉しいかな。

ラジオ「ストスマ」のほうは、「ロンドンにまた行ってみたいなぁ」という吾郎の言葉だけで胸熱heart01で、もう言葉がありません(爆) 剛の話とか書いておきたいことがあるにはあるんですが・・・もう、二週もすっ飛んでしまったので、他の方がしっかりレポしてくださっているので割愛させて頂きますね。ただ、これだけは言っておきたい。「スマスマ本」で吾郎の青本が本人は「前二冊に比べると売れないだろうなぁと思った」とか、「僕の写真集なんて誰もほしくないんじゃない?」と吾郎の口から出てくるのがショックdownでした。もっともっと応援していこうと改めて思った。とりあえず、「ストスマ」には聞けない地域の方も読まれるのが前提ではなくて、たくさん吾郎にお便り出してください! こんなにたくさんの人が自分のラジオを楽しみにしてくれていると実感してほしいので。本人が、じゃあ写真集も出したほうがいいのかな?と思わせるほどに(笑)!

吾郎が珍しく消極的なことを発言した「スマスマ本」ですが、ものすごく売れました(笑) 青本発売後に売り上げ総合計90万部ってものすごい数ですよ。もちろん、先月出版された黄本も順調。まだ感想あげていなかったので日が経ってしまいましたが軽くあげておきます

今回は、「SMAPXSMAP COMPLETE BOOK」 第四弾 YELLOWの草彅剛版ということで、表紙もスマさんたちの衣装も黄色で統一されています。衣装のほうはレモンイエローに身を包んだ5人が固まって座っていて可愛い可愛い。え~と、中居さんは吾郎の足の間にすっぽり入っているんでしょうか(笑) ちょっと表紙だけでナカゴロだよねぇ。

5人でのフォトは、剛を4人で抱きかかえる画など、とっても微笑ましくって全員いい笑顔です。そして、ソロショットでは、ヒマワリをそれぞれが持っての撮影と、百面相なんかしたりして。しかし、吾郎って本当に上睫毛も下睫毛にも癖毛が出てお人形さんみたいにくるんとしているんですね。ここは、他のメンバーと比較しても一目瞭然で、ビューラーいらずで羨ましいですよね。一番面白かったと思うコントが中居くんとやった「職人シリーズ」というのはいいとこ突いてますよね(笑) ナカゴロのコントは、ボケと突っ込みが絶妙の「キリヌケトオル」も優秀だった。今の二人で見たいです。印象に残っていることは新宿アルタ前でやらされたCCBゴローだと吾郎本人が言っています。罰ゲーム系はイタイし忘れられないと。吾郎ファンも同じ気持ちだった。吾郎はやっぱり厳しかったんだよね。あのとき、怒り狂って正解だったわ(爆)

スペシャル企画は、毎回ガイドさんがすごくよく考えてくれてますが、今回はメンバー自身、それぞれのメンバーの好きなキャラクターと、全員のコントをプロデュースするならどんなコント?という質問に答えてくれます。それぞれ、「らしい」選択で面白いです。プロデュースするコントは、ここはもうやっぱりサタスマコンビが優秀ですね。ファンが何を求めているかしっかり理解している。ライブ構成だけじゃなくて、スマスマコントも彼らがプロデュースしたらいいのに(ぼそっ)。

そして、恒例ツーショット写真。今回は、もちろん剛と一緒に絡む各メンバーという画ですが・・・吾郎と剛の二人は、想像していたとおり前回の青本での二人と同じ雰囲気が出ましたよね(笑) 同じような笑みをこぼす二人にやっぱり癒されたのであった。それぞれのメンバーからの剛への言葉を一箇所また拾っておきます。

中居 「手を伸ばしたらすぐ手を取ってくれるタイプ」
木村 「吸収したことを持ち帰ってくるヤツ」
吾郎 「言葉を選んでから話すタイプ」
慎吾 「みんなに見えないようにひとつ殻をかぶっている」

メンバーによって関係性が違うのがSMAPの面白いところ。そして、各個人からのメッセージは、いつもそんな部分がしっかり出てくるから興味深い。この人だから贈れる、この人だけしか贈れないメッセージが随所に詰まっている。同じことを言っているようで微妙に違うのはそういう関係性の違いが理由でしょうね。

剛のソロインタビューを読むと、素でいることの大切さを考えつつも、実は何も考えてないわけじゃないことがよくわかる。SMAPはいつもグループの中でメンバーで被らないように考えていて、それが自然に他のグループとは違う持ち味になって出てきているんだろうなぁと感じる。馴れ合いもなければ、遠い存在でもなく、いつまで経っても5人集まるときの緊張感は消えないというプロ意識をそれぞれが持っている。だから、今の地位があるんでしょうね。お互いを尊敬しつつも、一番身近なライバルでもあるんじゃないのかなと思った。今後も切磋琢磨してSMAPは輝き続けると思います。

今回は、売り上げ90万部突破記念として、特別付録が最後についています。『SMAPがゲームで三番勝負しちゃいましたBOOK』! これは、もう手にとって隅から隅までじっくり写真を見て楽しんでほしいですね。これこそ、ファンが「スマスマ」に求めるもの!と声を大にして言いたい。彼らの表情もとっても楽しそうで、これがスマスマスタッフに伝わるといいなぁと思います。

|

« これでいいのだっ! | トップページ | なんて素敵な天パー »

コメント

Kazuyoさん、みなさん、こんにちは。

今日のスマスマの前に先週スマスマについて少し。
「踊る~」のメンバー勢揃いは、さすがに豪華でしたね。でもね。「踊る~」はずっと安定クオリティの楽しい作品で、学生時代からTVやビデオでよく拝見していました。予定のない週末は、とりあえずレンタル屋さんで「踊る~」を数本借りとくか、みたいな。レギュラー俳優さん達は豪華で演技も上手でしたし、旬な方々が次々ゲスト出演されて、フジテレビ・・というかTV界を代表するといってもいいシリーズでしたよね。
今回、トータル15年で最終回ということで、先日SPドラマを拝見したんですが。「踊る~」ってもっと面白くなかったっけ?と思ってしまいました。俳優さんもみんな好きなんだけど、自分が老けたせいか、TV界を含む世の中が変わったせいか・・なんか昔みたいな輝きがない・・15年で潔くピリオドを打つのは正解(というか、むしろ遅い?)かな?と思ってしまったのですが。(「踊る~」ファンの方、ごめんなさい。特に映画は慎吾ちゃんが出ているのに。)
・・って、これってそのままスマスマにも当てはまってしまう危険もあるぞ、と気づいて愕然としました。ドラマ・映画と定期バラの違いやsmapというまとまったグループが続けているという点など、相違点は多々ありますが。どんな面白いコンテンツも時代が変われば容易に過去のものになってしまう危険があるのが芸能界の性。「スマスマって昔は面白かったのに~」にならないために(まあ、ちょっとそういう面もありますが)は本当に不断の努力が必要なんでしょうね。いいところは残して、新しいものも取り入れる。まあ、smapならやって下さると思いますけど。そうだ、smapのいかりや長介、過労死しないように頼みますよ!

負けず嫌い殿リーマン、ちょっと後輩君がなにしに来たのか不明でした。山Pちゃん並の絡みを見せろとは言いませんが(キャリアが違いすぎるし)、「彼って歌も上手いのよ」の振りで「わなびー♪♪」と歌いだし、殿も怪しいシーハーハー♪で対抗、位の絡みはすればいいのに。あれじゃ後輩君ファンも萌えられないでしょうに。今回は、NGで机に脚をぶつけた女優さんに、あのメイクでドアを開けて真顔(なのか?)で「大丈夫?怪我ない?」と心配する殿の優しさが素敵でした。でも、負けず嫌いはなぜホストver.でやらないんでしょうね。木村君に負けまいと必死にアワアワ対抗するイケメン吾郎さんを見たいんですけど。
先週の歌ゲストはビーチボーイズのみなさま。夏らしさとまったり感がなかなか素敵で、パインやらパラソルやらが飾られたカクテルを飲みたくなりました(脳内の自分は8頭身のビキニ姿)。今日の歌はjust go♪!TV前でペンライト持って待機します。

最後に。ストスマでの「青本売れないんじゃ・・」「僕の写真集なんて誰も・・」発言は他所のレポで拝見してちょっとびっくりしました。吾郎さん、この2年ばかりビジュもほぼバッチリ、スマ内でも面白く、13人に月イチにサラネオにハングリーにゴロデラにと、スマファンにも一般にも好感度ウナギ登りなんじゃないでしょうか?「今までいろいろマスコミにひどい目に会わされて、自信を失っているのね」としんみりすればいいのか、「芸能人のくせにどんだけ時流が読めてないんですか!」と突っ込めばいいのか、「ナニそれ、自虐?超趣味悪いんですけど」とつき放せばいいのか、反応に困ります。吾郎さんは、御自分のフェイスラインと高音の声の伸びだけ心配していればいいんです!(髪の毛の心配も許しましょう←何様?)写真集なんかね、ここに喉から5本くらい手が伸びてる人がいますよ!出してくれないから、liveグッズのフォトセット4枚で我慢しているんですよ!

投稿: mei | 2012/09/10 15:04

kazuyoさん、こんにちは。お久しぶりです。
日本での日常にはもどられたのでしょうか?それともまだスマの夢の中?ご帰国は近いのですか?

今さらですが、京セラドームで、吾郎ファン頑張っていましたね。始まるまではほとんど見かけなかった吾郎うちわ、会場内、私の周りではけっこうみました。だから余計に心強く思って叫ぶことができました。ま、いなくても叫ぶけどさ。

スマスマの殿りーまん。今回さらに突き抜けていましたね。もうあれだけされると拍手です。吾郎ちゃんが鼻の穴に指突っ込んだ時には唖然としてしまった。あれだけやって世間の人に何が面白いんだって思われていいたら嫌だけど、(なぜか)受けているようなので、私も嬉しいです。コンサートでも盛り上がっていたし。スマップファン、優しい。というか、楽しむ術を知っている?

コンサートのレポとか拝見していると本当にみなさん、吾郎ちゃんのために頑張っているなぁと心から感動しました。(もちろん、Kazuyoさんの情熱にもいつも頭が下がります。遅くなりましたが、コンサートレポありがとうございました。)それに比べて私は・・・。もっと応援していかないといけませんね。

ストスマの吾郎ちゃんの発言は私もショック。青本のこともそんな風に考えていたんだなんて。きっとこれまでもそういう思いはあったとは思うけど、口に出すなんて。でもそれだけ素直に発言できる番組になってきたんだなと、ファンとしては嬉しいです。写真集は吾郎ちゃんのことだから乗り気じゃないだろうとは思っていましたが、今回「趣味と絡めてだと・・」みたいなことを言っていたので、その線でどんどん押していこうと思います。これまでのお仕事に絡めて、写真いっぱいで出して欲しい企画(?)があるので。エッセイ集も本人はやる気があるようですね。こちらも押します!私はどちらかというとエッセイ読みたい派なので、がんばります。もちろん普通のハガキもがんがん出してます。なかなか読んでもらえないんだけど。

黄本では私も吾郎ちゃんの美しい眉とくるくるまつ毛の瞳にやられました。ほんとうに好きなんです、吾郎ちゃんの目と眉が。特に眉はねぇ。あんな美しい眉の日本人そうそういないですよね。Kazuyoさんの周りにはたくさんいるかもだけど、日本人ではなかなか、ね。今の吾郎ちゃんを見て「今がさらに美しい」って言える吾郎ファンは幸せです。以上

剛君について言及しなくてごめんなさい。
私もこの一連のスマスマ本をスタッフに見てもらって、いい番組にしていって欲しいです。

そしてたくさんの吾郎姐さんたちと同じように吾郎ちゃんをもっともっと応援しようと思います。そういう思いを強くしてくれるKazuyoさんのこのブログに感謝です。

投稿: みやっち | 2012/09/10 15:37

Kazuyoさま

スマスマの「踊る大捜査線」ご一行様は映画の宣伝のための出演でしたが、私のなかではやはりドラマが一番。それも「歳末SP」に勝る物はないと思っています。鏡君、良かったですねぇ~。「殿リーマン」は吾郎の役に取り組む潔さに感服しています。ファンとしてはそれがコントであってもかっこいい吾郎を期待するし、CCB吾郎も殿リーマンも演じる吾郎にとっては厳しいものもあるとは思います。そこを敢えて挑戦することによってきっと何かを得ているはずと信じたい。

黄色本の紹介ありがとうございます。8月の半ば頃から近くに書店がない所での生活をしているので、内容が大体分かり助かります。ピンク、赤、ブルーと内容が充実していて読み応え十分でしたが、黄色も付録まで付いて楽しみです。5人それぞれの人間関係が分かるコメントも、20数年苦楽を共にしてきたメンバーだからこそ解り合える温かさに満ちていました。そして今でも5人集まると緊張するという言葉に、馴れ合いが無いから今までトップを走ってこれたのだろうと納得しました。

最後に、ストスマの青本と写真集の吾郎のコメントについてですが、スマスマ本の発売を5冊に分けて発売すると聞いたときに吾郎ファンの私も一抹の不安を覚えた程ですから、吾郎の気持ちは分かるような気がします。写真集のお願いは、以前から皆さん要望をラジオに出されていて、その度に「ファンの要望が多ければ」という吾郎の対応でした。それを機にKazuyoさんが呼びかけてくださって集まった数多くのファンの要望を、事務所、雑誌社、ラジオに送ってくださったのは確か今年の初めの頃でしたか。ラジオでの吾郎のコメントを聞いて、本人ではどうにもならない難しさもあるのだろうと改めておもいました。雑誌社の編集者は事務所と吾郎がOKを出してくれたら前向きに考えたいと電話で丁寧に応対してくれました。ただある程度発行部数は押さえたいとも。

最近の愛読書がビジネス本とおっしゃる吾郎さん(笑)写真集を出すに当たっては当然発行部数は考えているでしょう。事務所も然りです。テレビは視聴率、映画は興行成績、DVD、雑誌等々。嫌だけれど全て数が物を言う世界です。奇麗事では済まない大人の事情が色々入る世の中、大きいバックを持たないといわれている吾郎さんには一人でも多くのファンが声を上げていって欲しいと切に思っています。先ずは事務所が動いてくれないとですね!

長くなってすみません。拙い所があったら削除してくださいね(汗)

投稿: さやか | 2012/09/10 20:14

Kazuyoさまお久しぶりです。
私の地域ではストスマを聞く事が出来ないのですがレポを拝見して何だか切ない気分になってしまいました。
スマスマ本の事やソロの写真集の事…。
こういう思いをさせてしまうのはファンにも少しは責任があるんじゃないのかなと思ってしまいました。

今年のコンサートでは吾郎ファンの吾郎ちゃんコールが増えているというのはよく見かけるようになりましたし皆さん頑張って下さっているんだと嬉しくなりましたがドラマや出演した番組その他色々な番組の公式への書き込み吾郎ファンはかなり少ないと何年も前から感じております。

以前ツイッターで金田一の事が好きで金田一関連の事に詳しい方が次の吾郎ちゃんの金田一がなかなか実現しないのは前回の視聴率がいまいちだったのと放送終了後の感想や次回作への要望など反響が少なかったからだと書かれていました。書かれていた事が本当の事かは分かりませんがそれまでの吾郎ファンの書き込みの少なさを思うとそれも理由の一つなのかもと納得しました。金田一は他のドラマに比べると製作費もかかりますし反響が少なければ視聴率に繋がらないと判断される事もあり得ると思います。

その他にも今まで吾郎ちゃんが出演していた連ドラでスペシャルドラマがあるんではと思っていたドラマが結局実現しなかったドラマがあると思いますがそのドラマもドラマや吾郎ちゃんへの感想要望反響の少なさで実現されなかったと聞きましたし、あるドラマでは同じドラマに出演していた後輩よりファンが少ないと思われていたドラマもあったみたいです。
確かに私も毎週そのドラマに感想を送っていましたが載ったのは半分以下だったので皆さんが送って下さったけれど投稿が載りにくいBBSだったのかもしれません。それでも吾郎ちゃん、吾郎ちゃんが演じた役への感想が1週間で1つだったり2つしかなかった時何だか寂しさを感じました。本当にたくさんの方が投稿されていたら掲載されにくいとはいってももう少し数があってもいいんじゃないだろうかと…。
色々な事が吾郎ファンがもっともっと頑張れば次の仕事につながっていたのかもしれないのにと思うと何だか悲しくなりました。

こちらを拝見しても頑張っていらっしゃる方は本当にまめに色んな所に意見要望を送って下さっているんですがその一部の方以外はKazuyoさんが情報BBSに書かれているようなストスマへのハガキ、メールでさえも送られていない吾郎ファンの方もかなり多いように感じます。5人でやっていたラジオ番組が一人になってしまいそれだけでもハガキやメールの数が5分の1それ以上少なくなっている状況でハガキだけでなくメールも送らないファンが多いとなると大切なストスマの存続も大丈夫かなって思う時があります。反響が少ない=聞いている人も少ない等で終ってしまってから後悔する前に1週間に1回でも何でもどんな事でもたくさんの吾郎ファンの方が送って下さったらと思います。
今のKazuyoさんが書かれたストスマの件を見てもきっとストスマや番組公式だけじゃなくソロ写真集だったり色んな事に対しての吾郎ファンの要望や反響って少ないんだろうなと思います。
今までのその反響の少なさが今回の吾郎ちゃんの話した不安な思いにつながった要因の一つではないんだろうかって思ってしまいます。

前回のコンサートでの中居君のソロの件、剛君のぷっすま放送地域の拡大、他メンバーファンの要望の数の多さ、速さでどれも実現していますが吾郎ちゃんの番組マイフェアレディの後から放送されていない地域が多いですし今現在何年もたっているのに放送地域がほとんど増えていないような気がします。

本当にドラマや番組の公式への投稿って重要で大切な事なんです。この人がドラマに出れば反響がすごいじゃー次もって続くために大切なんです。
関西ではスペシャル番組の最後に芸人さん達が次回も又やりたいのでその為に感想を沢山送って下さいって言われる事があります。
同じ方が何度も送って下さってもやっぱり数に限りがあると思います。
めんどくさい、何を書いていいかわからなとかで投稿されない方もいると思いますがぜひどんどんとたくさんの吾郎ファンの方に色んな事に頑張って頂きたいって本当に思いました。
私も皆さんに負けないようにまだまだ実行していきたいと思います。

長々すみませんでした。

投稿: megumi | 2012/09/11 00:22

こんばんは。空気を読まず、また参りました。

黄色い本のことを少しお話したいなと思いまして。
黄色って、衣装としては難しい?と思っていましたが、スマさん達のレモンイエローは爽やかでいいですね。加えて5人それぞれが手にしているヒマワリが夏らしさを演出してくれて、集合写真も2shotも柔らかく仕上がっています。このシリーズ、本当に各主役(?)メンバーの持ち味を上手に紙面作りに反映させて下さっていて、スグレモノですよね。今回はコントがメインテーマということで、スマさん達の変顔shotも美味しくいただきました。ちなみに、木村君プロデュースのコントは、どう考えても危険すぎ!怪我人続出ですよ。

つよぽんは。smapの中では吾郎さんとともに地味系と世間では分類されていたのでしょうか。体が細くて顔立ちが優しげなので、ナヨ系と認識している方もいるのかな?でも、脱いだらスゴくて、役者さん仕事での雰囲気と存在感は独特だし、アラフォーなのにバク転しちゃうし、100km走っちゃうし、つわものですね~、と思っていたらスマスマの大喜利で壮絶天然?意味不明ボケ(吾郎さんのボケは場のテンポを壊さないけど、つよぽんは場の流れを破壊するんですよね。これがまた絶妙にいい空気感を作るんだな)をかましたり、正月にタモリさんのお宅に住みついたり、深夜にはユースケさんと大暴れしているらしいし、食べかけの野菜を吾郎さんにあげるし、何なんですかね、この方は。ミステリアスというより、素敵なびっくり箱みたいな存在?吾郎さんが潤滑油なら、つよぽんはバナナの皮?(←誉めています)スマさんみんな、パブリックなステレオタイプキャラ以外に垣間見せてくれる表情(それもメディア用なのかもしれないけど)があるのが素敵なんですけど、特にロハス(地味と言われている組?)はギャップ萌えといいますか、それが顕著に思えます。

つよぽんはバラエティ班ということになっていたようですが、中居君や慎吾ちゃんとは明らかにテイストが違いますよね。お笑いの世界でもあまりいなさそうなキャラですけど、つよぽんは面白い!バラ仕事も役者仕事もきっとさぞ地道に熱心に研究されたのだと思います。つよぽんは、日本男児というか、漢、という真面目でストイックなところが好感度高いです。

ただ・・ストイックは例の事件からですよね(また事件のこと書いてごめんなさい)。当時の私はあまりスマファンでもなかったのですが、ひょうひょうと見せようとしても相当追いつめられていたんだろうなあとは思いました。真面目な人が詰むと、往々にしてああいう事態になるので。幸いきっぱり気分と生活習慣を変えられて(さすがプロ)、心身ともにますます魅力がupしたので、やっぱりつよぽんは漢だなあと思います。
個人的には、お酒は飲まずにいられるのなら、再開されない方がいいのかなと思っています。お酒ってコミュニケーションツールでもあるので、解禁したとなるとお付き合いで自分ペースを守れなくなることがあると思うので。今度お酒絡みで何かあったら、正直あとがないと思いますし。
でも、木村君がおっしゃったように、live終了後には5人でおいしいお酒で乾杯して欲しい気持ちもある・・まあ、そこは賢明なつよぽんが、どう振舞っていくか御自身で決められることと思いますが。

身体能力が高い故にsmap内でも体力勝負系役割を担うことも多いつよぽん。smapにとってなくてはならないたいせつな人なので、くれぐれも怪我には気をつけつつこれからもsmapをどっかんどっかん言わせて戴きたいと思います。

投稿: mei | 2012/09/11 03:24

diamondmeiさん
先週の「スマスマ」の感想を、代わりにコメントに落としておいてくださってありがとうございます(笑) なので、少し便乗させて頂きますね。「踊る大捜査線」ですが、非常に人気のあったテレビドラマだったのも認識していますし、そのあとSPや映画でも大好評だったのも覚えています。吾郎が犯人役で出演した「歳末特別警戒スペシャル」は、ファンの間で今でも一番の傑作だと言われている作品ですよね。それが、今回のビストロで少し映像が流れたのは嬉しかったです。ただ、私はこの吾郎が出演した作品しか見ていない(笑) なので、ちょっと語れなくて感想を飛ばしてしまったのもあります。確かに、長くやっている番組は視聴者に飽きられてくるという悲しい性がつきまといます。この「スマスマ」もそれに悩まされて、スタッフがいろんなことをチャレンジしてくれているんだと思っています。昔のコントや企画のほうが優れていただけでは判断できないところもありますよね。でも、どう考えても、今のスマスマはコントが迷走している・・・寂しいことです。

「スマスマ本」に関しての吾郎の発言ですが、meiさんがあげてくださった理由のどれかではなくて、全部少しずつ当てはまっているような気がします。そうなると、どうしたらいいのか。もう、ファンがいろんなことに要望を出して、吾郎や各所に動いてもらうようにしていくしかない。需要があるんだと認識してもらわないことには、いろんなところが動いてくれないし、吾郎も乗り気になってくれない。私がアホみたいに、何度も何度も皆さんにお願いしているのはそれが理由なので。このままでは、吾郎の写真集やエッセイなんて絶対に出てこないと思います。愚痴っているだけじゃダメなんですよね。なんとか、ここを読まれたファンの方は今すぐ行動に出て動いてください。よろしくお願い致します。


diamondみやっちさん
緩やかに日常に戻ろうとしていますが、まだ日本でのホリデー中(水曜日には日本を発ちます)なので、スマップ以外でのイベントが続き午前様帰宅、それからブログの更新・・・という日々に追われています(苦笑) きっと、あまりにも同じような時間帯に出てきているので、誰も私が日本にいるとは思っていないかもしれないです(爆) 京セラドームでは、吾郎ウチワや声援が増えたと私もすごく感じました。ひとつずつですね。吾郎がいかにコントキャラに躊躇なくできる人なのか、どうやって自分のテンションをあげていくのか、生のライブで見せてもらった気がしました。あれは大変だわ(汗) ファンの方たちが暖かく受け入れてくれる様子に感無量です(笑)

「ストスマ」の吾郎の消極的な発言には、驚きと共にすごくショックでしたよね。確かに、あぁ、こうやってファンに本当はどう思っているのか言えるようになったんだなぁという気持ちが沸き起こったのも認めます。つまり・・・吾郎がファンにもっと応援してほしいという気持ちを吐露したことにもなるんじゃないでしょうか。カメラにポーズをとるのが苦手だと最近よく言うようになりましたが、写真集に乗り気じゃない理由はそれだけじゃないんですよね。出してほしい!という声が、吾郎にまだまだ届いてないんだと思います。写真集やエッセイを出してほしいというお便りがラジオで読まれるたびに、「欲しい人いるんですかね? 要望があれば・・・」と何度も吾郎が言っているのを聞いた。そのたびに、すごく要望出しているじゃん!って思っていたんだけど、もしかしたら声を出している人は限られているんじゃないかと最近思うようになりました。もしそうだとすると、そりゃあ出てこないわと(苦笑) 吾郎の今の美しさを記録におさめてほしい。吾郎ファンなら、誰もが思っていることだと思います。動いてください。


diamondさやかさん
最近、映画「十三人の刺客」の暴君の役でいちやく脚光を浴び、悪役を演じることが多くなった吾郎ですが・・・実は、もう1997年に「歳末特別警戒スペシャル」で、いっちゃている悪役を難なく演じて話題になっていたんですよね。昔から、どんな役でも演じる人だった。結構、吾郎はブレていないと思います。もっと、いろんなキャラを演じていってほしいですよね。「スマスマ本」は、いろいろガイドさんが考えてくださって、グラビアだけでなくて読み物としても非常に充実したものになっていると思います。とりあえず、今まで発行されたものの感想を全部ブログの記事にしましたが、まだまだ読み込んでいないページがものすごくあります。ファンにとっては、本当に宝物のような本ですよね。写真集やエッセイの要望に関しては、おっしゃるとおり吾郎はバックも非常に弱いです。悲しいかな、CMの本数も他のメンバーに比べて少ないのもお察しのとおり。サポートがとても頼りないんですよね。事務所が力を入れていないと言えば語弊があると思うのですが、推してもらっているとはとても言えない状況です。卑屈になっているのではなくて、じゃあファンが動くしかないでしょうとポジティブに考えたいと思っています。ひとりのちょっとした時間で出してみた声が、積み重なって大きくなり実を結ぶものなんです。私一人が出さなくてもいいじゃないと思わず、吾郎が好きなら行動に移してほしいと切に願います。


diamondmegumiさん
ファンが声を出していかないといけない状況を、コメントしてくださってありがとうございます。私一人がここでいくら力説しても、「頑張るよなぁ・・・」で終わると思うので。正直、吾郎ファンは危機感があまりにもなさすぎます。出されたものだけを楽しむのでいいという人も多いと思うのですが、このままではラジオ「ストスマ」の存続も不安になってきました。せっかく、他のメンバーの想いを吾郎が引き継いでくれたのに、お便りが少ないからと打ち切りになったなんてことになったら、他のメンバーのファンの方にも申し訳ないです。「ストスマ」は、いつかまた全員でラジオ放送ができる日まで吾郎が繋いでいかないといけない。それをサポートするのがファンしかいないので。吾郎の「ストスマ」はスポンサーがついていないんですよね。それだけ、ガッツリ吾郎の声を30分聞いていられるのはありがたいのですが、スポンサーがついていないってものすごく怖いです。反応がなければ、すぐに終了という憂き目にあうのは確実なので。

ライブに行っても、吾郎ファンは表ではウチワを出さない人はものすごく多いです(笑) それは、吾郎ファンのポリシーとして嫌いではない。会場の中に入れば、あちこちで吾郎ウチワを見かけたり声援も頑張ってしていたのは大阪でも確認できたので。でも、その奥ゆかしさというか、悪く言えば貪欲に欲しない消極的な吾郎ファンの傾向は、今後の吾郎のお仕事にものすごく左右されていくと思います。極端な話をすると、ドラマ出演の視聴率が芳しくなかったとしても、放送された後のリアクションが視聴者からものすごく来れば制作側はまた動いてくれます。でも、感想もなければ需要がないと思われる。あれだけ、ファン以外でもどうなっているんだという声を拾う「金田一シリーズ」の続編がなかなか出てこないのはなぜ? 見た人には好評だったように思われた「Dr検事モロハシ」が連ドラ化の噂があったのに音沙汰なしになってしまったのはなぜ? 吾郎が、何気に「求められれば・・・」と言っていたのに、声がまだまだ少なかったのではないでしょうか。

こちらのサイトで皆さんに声をかけさせて頂いてアンケートいう形で、「ゴロデラ」の全国放送運動、「金田一シリーズ」の続編や写真集、エッセイの要望を各所に提出させてもらったことがあります。非常にありがたかったし効果はあったと思います。でも・・・そのあとが吾郎ファンは続かない。出てくるまでしつこいぐらいに各自が出さないと、アンケートというだけで処理されます。個人でやるには限度があるので、ファン全員が動くしかないんです。他メンファンの方たちが、まとめてあまりこういった活動をしていないように見えますが、それはひとりひとりの行動力が半端ないからです。誰かが言わなくても、ちゃんと応援サポートを怠らない。そういった地道な行動をせずに、他のメンバーと比べていろいろ愚痴るのはお門違いなんですよね。さらに付け加えさせて頂くと、最近、利用されている方が多いツイッターですが、あそこで「RT」として要望をしても制作側にはまったく届きません。リサーチとして見ていることはあるかもしれませんが、要望としては捉えられていないので、ツイッターをやっている方はそれとは別に今までどおり、メールや電話で要望を出していってほしいと思います。その報告をツイッターでするという使い方に変えていってほしい。

いろいろ偉そうに言葉を並べてうるさく感じる方も多いと思うのですが・・・それだけ、危機感が募ってきたことを察してくださればありがたいです。何様だと叩いてくださってもいいので、本当に動いていってほしいと思います。よろしくお願い致します。


diamondmeiさん
いえいえ、私が「スマスマ本」の前にちょっと「ストスマ」の吾郎の発言のことで書いてしまったので、皆さん、そちらで言っておきたいことがあったんでしょうね。やっぱり別にすればよかったですね(汗) 剛の黄本の感想コメントがほとんど入らなくなってしまったので(苦笑) なので、コメント残してくださってありがとうございます。(もちろん、吾郎への今後の応援の仕方に対するコメントは非常にありがたかったです)

私も黄色い衣装を5人で着合わせるのってどうかな?と思っていたので、スタイリストさんもとても優秀なんですね。最後のグリーンもこれまた難しそうですが(笑) SMAPの中では、吾郎と剛は確実に自他ともに認める「弄られキャラ」でしょうね。世間からも、おとなしめの二人で前に率先して出てこないタイプなので、下手したら地味には映るかもしれません。でも、こういう人たちってグループの中で本当に必要ですよねぇ。5人全員が、我も我もと出てくるタイプだったらうるさくてかなわないし(笑)、さらに言わせてもらうと、ここまでSMAPが存続できたかは甚だ疑問。これ、冗談でもなんでもなくて。(もちろん、5人全員が吾郎と剛タイプだったとしても同じです(笑)) 吾郎と剛の微妙な違いの考察は素晴らしいですね。素晴らしすぎて、私が追記して言うことはほとんどないわ(爆) 敢えて言わせてもらうのなら、中居くんや慎吾が弄って話を振るのは、吾郎と剛には同じなんですが、その後の処理が変わる。吾郎の場合は、最後まで弄り倒して吾郎のリアクションをフォローするのに比べ、対剛になると弄ったあとはある程度放置して終息つかなさそうなときに締めるという、この絶妙なタイミングができるのがサタスマコンビですよね(笑) あっ、木村くんは着火役です(爆)

剛のお酒に関しては、楽しいときに乾杯程度に飲むのはいいんじゃないのかなと思いますね。でも、それでまた自分で線引きができるか自信がないのなら、今のままでいいと思います。以前は、お酒で気分を晴らすこともあったと思うのですが、今、その代わりになるものがあるのなら敢えて飲む必要はないと私も思います。なんせ、今のほうが断然、剛は精悍で生き生きしているので。ずっと笑顔でいてほしいから、自分の思うように進んでいってほしいですね。

投稿: Kazuyo | 2012/09/11 05:10

Kazuyoさま

度々すみません(汗)一言お礼が言いたくて出てきました。私の言いたかった事、胸の中にずっと溜まっていたものをKazuyoさんが語ってくださって感謝です。ありがとうございました!!

休暇でご帰国の中、いつもと変らぬブログの更新には頭の下がる想いです。明日ご帰国とのこと。気をつけてお帰りくださいね。そしてまたイギリスからファンを引っ張り、楽しい話題を発信してください。

投稿: さやか | 2012/09/11 09:05

お久しぶりです。
こちらのコメントを読んで反省しました。


「写真集出して!」要望は、何度か出しているんですが、吾郎ちゃんにそう反響が届いていないなんて。

「数が重要」なのを改めて実感しました。


前に、ブルドクターの番宣で、「続編の要望は日テレまで」と言ってたのに、スマスマで、ドラマの続編をやりたいにノーを出した吾郎ちゃん。

切ないですね…


ここは、頑張るしかないですね!

投稿: なおなお | 2012/09/11 09:43

kazuyoさん、皆さんこんにちは。
こういう話題になると、今までは全くコメントすることが出来ない情けないファンでした。私ごときが出る幕はないって思ってしまって。 今回の吾郎ちゃんの発言は「あ、やっぱり」とは思いました。赤本が出る前の宣伝の時ちょうどAKBの総選挙前で誰かが「smapも総選挙?」って言った時に吾郎ちゃんが、ぼそっと「イヤだなぁ」ってつぶやいて私も心配していたので。
 こちらのブログにお邪魔するようになるまで、テレビやラジオに要望や苦情を出したりする人は別の世界の人だと思っていました。 ネットもほとんど見ませんし、視聴率などもあまり興味なかったので。でも皆さんが頑張ってらっしゃるのを知って、今までsmapだから当然だと思っていたテレビや雑誌などの露出もファンの皆さんが支えてくださってたんだ、と思いいたりました。そしてその人気も何もしなかったらいつまでも続かないということも。かなり遅いですが。
最近少しづつメールを送れるようになって(といってもまだまだですが)、どうして今まで出来なかったんだろう、何が恥ずかしかったんだろう?というくらい簡単だし、吾郎ちゃんにメールを読まれた時にはとても嬉しかったです! 今回もストスマにすぐ写真集とフォトエッセイの要望出しました。  こちらに来られてる吾郎ファンの中には私みたいな方もたくさんいらっしゃると思いますので、「私はこんな事出来ない!」と思っている方もまず、メールから始めてみませんか?(何かの勧誘みたいですが(笑))
メールやはがきを出しても取って食われたりしませんからhappy01
皆さん熱くなってらっしゃるのにゆるくてすみませんcoldsweats01  でもこういうファンも多いのかな、と思ってコメントさせていただきました。
kazuyoさん、いよいよ帰国ですね。遊び尽くしましたか? 気候の変動、時差ボケ等お気をつけて。

投稿: さっぴぃ | 2012/09/11 16:58

kazuyoさん、お久しぶりです。
私も今回の件でショックを受けた一人です。

吾郎さんていつも忙しい時や大変な時には決して弱音を吐かず、過ぎてしまってから「実はあの時ちょっと大変だった」(実際はものすごく大変だったと思うけど・・・)と言うようなことをサラっと言う人ですよね。

だから今回も夢にまで見たほどなら青本が発売前にでも「皆さん、ブルー本ちゃんと買ってくださいね~。」とか言ってくれれば更に売り上げが伸びたでしょうに。
そんな吾郎さんが好きなんですけど、たまに歯がゆく思えてしまう時もあります。

モロハシもシリーズ化を期待していました。でもモロハシの前の週に放送された「鳩村周五郎」シリーズの続編が最近放送されました。
半年に1回ペースで放送されているのかはわかりませんがやはりモロハシも続編希望を頑張らなければと思っていたのに何もしていなかった自分が悔やまれます。

そうなんです。思ってはいてもなかなか行動に移せずに日常として過ぎて行ってしまうのでこれからは思った時に実行に移すを心掛けたいと思います。

私の周りの吾郎さんファンもメールやはがきを送っているとは思われない方が本当に何人もいます。
というより、積極的に送っている方はほとんどいないと思います。
こんなことではいつまでたっても変わりませんよね。

そんな方たちにも少しずつ呼びかけて吾郎さんを応援して行きたいと思います。

テレビガイドさんにもお礼のFAX送ります。

投稿: える | 2012/09/11 17:39

kazuyoさん、何度もすみません。

関係ないのですが、『吾郎さんはピンクで中居さんは青。』私の中ではずっと変わりません。
なんと言ってもショックだったのが、今年のコンサートグッズの吾郎さんのポスターのビニール包装の色がピンクから青に変わったと聞いた時です。
事務所が率先して変えていると受け取っていいのですよね。そこにどんな大人の事情があるのか不思議でなりません。

私の手元にはピンクの袋が6枚あります。
これが今年から青に変わるのかと思うと何ともモヤモヤとします。たかがイメージカラーですが去年のファンファンバーティのうちわの裏には中居君青、吾郎さんピンクで名前が書かれています。
確かに20周年の時までは吾郎さんがピンクだったのに。なぜ、今更変わるのか。ファンの心をないがしろにされている気がするのです。

吾郎さんはどうでもいいと言っていましたが、ファンとしてはどうでもよくは思えません。違和感を感じてる方は吾郎さん、中居さんファンの方以外にもたくさんいると思います。吾郎さんに迷惑のかからないように元の色に戻してもらえるよう何とか努力したいと思います。

長々と失礼いたしました。
差支えがありましたら削除お願いいたします。

水曜日に帰国されるとのこと。
たくさんの吾郎さんとの想い出をお持ち帰り下さいね。

投稿: える | 2012/09/11 18:26

みなさんの貴重なご意見、考えさせられました。
わたしも、毎日いろんなところで吾郎ちゃんに会えたらいいなと思っています。
でも、吾郎ちゃんは吾郎ちゃんらしく、ひとつひとつじっくりやってほしいとも思います。
以前スマスマで、ダンスが複雑なときはメンバーより早くスタジオ入りすると話していましたね。そういうプロとしての彼の姿がカッコいいと思っています。
ファンとしてがんばることもあるでしょうが、稲垣吾郎はほんとにステキだし、ゆっくりでもきちんと評価されていくことだろうと信じています。
さあ、今週は名古屋に行きます。吾郎ちゃんのうちわ、しっかりふってきますね。

投稿: うさぎ | 2012/09/11 21:41

diamondさやかさん
いえいえ、こちらこそいつも吾郎の応援を共に声を出してくださって本当に感謝しています。これからも、吾郎がやりたいことができるようにファンでサポートしていきたいですね。ブログの更新は、とんでもない時間にやっていて驚かれたと思いますが・・・とても楽しかったです。英国に戻ってもこんな感じですから(笑)、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


diamondなおなおさん
反省よりも今後頑張ってさらなる応援をよろしくお願いします(笑) きっと声を出されている人は、ものすごく出していると思うんですよ。でも、数がまだまだ足りない。追いつかないんですよね(汗) ちょっとだけでも、動いてみようかなぁと思ってくださる方が増えてくれたら本当に頼もしいです。私も、もっともっと頑張りますよ~。素敵な吾郎さんをもっと見たいので。


diamondさっぴぃさん
ファンそれぞれの応援というものがあると思うので、のんびり応援するのもアリだと思うんですね。でも、写真集やエッセイが出版されたら嬉しいですよね? 役者の仕事でもっと活躍してくれたら嬉しいですよね? それには、もっとファンのサポートも必要な時期にさしかかってきたということになります。がむしゃらにしなくていいので、時間のあるときに少しずつ皆さん一人一人が動いてくれれば、それが結果的に吾郎の力にもなります。もっと貪欲になってもいいと思いますね。さっぴぃさんが言われるように、案外一度やってしまうと簡単なことだし時間もそんなに取られないことがわかると思います。何より、ラジオへの投稿は吾郎に読んでもらえるかもしれない。そして、名前を呼んでもらえたら、それだけでなんとなく一緒に話したような錯覚にさせられて夢心地になれます。本名が出ることに躊躇する方は、ラジオネームで充分です。たくさん、吾郎にお便りを出していってほしいですね。そして、テレビ出演されたら各局への感想は忘れずに。とても大事なことです。少しずつでいいので、日々のルーティンになっていけば案外楽しいもんですよね(笑) 長かった楽しい日本の里帰りも終わりとなりました。遊びつくしたので社会復帰ができるのか不安ですが、仕事はしなくてはいけない(笑) また、英国から吾郎、SMAPを応援していこうと思います。


diamondえるさん
何事もマイペースで、案外動じない吾郎がチラリと見せた弱さにドキッと心臓が早鐘のように震えてしまいました。いつもどんなに厳しいときでも、何も言わない人なので、たまには愚痴なんかも言ってもいいのにと思うことが多々あったんですが・・・昔は、コンサートで何万人の前で歌っても、自分だけを見ている人はいないだろうから案外平気(笑)なんて笑って言ってたけど、根本にはこういう考えが常に吾郎にあったんじゃないのかとさえ考えてしまいました。そう本人が思ってしまうほど、他のメンバーに比べると、吾郎のことに関してはいろんなところに声があまり届いていないんだと思いました。ドラマ出演されたときは、毎回感想はドラマのBBSには書き込むようにしています。でも、なかなかレギュラーのお仕事のことは、案外後回しになってしまうんですよね。これではいけない!と本当に思った。今以上に出していきたいと思います。「スマスマ」にも「ゴロデラ」にも、そしてラジオ「ストスマ」にも視聴者の声を届ける場所が設置されているわけですから、これを利用しない手はないですよね。

今回のライブで、中居くんと吾郎のカラーが逆になったのは、私も福岡に参加された方たちの報告で知り愕然としました。ファンパーティではそのままだと聞いていたので、オフィシャルでは二人のカラーは昔のまま認識されているんだなと安心していたので。ここにきて、まさかの逆転。とりあえず、「GIFT of SMAP」がこのカラー分けなんだと考えるようにしていますが、FCにはすでにメールしました。「ご意見を受け、今後考慮します」というお返事を頂いた方もいるみたいなので、気になる方は今からでも遅くないので出しておいてほしいですね。中居くんがピンクで吾郎が青でもいいんです。ただ、オフィシャルでは崩してほしくない。もう、本人たちが気にしていないのは明確ですから(笑)、この辺はファンの気持ちの問題ですよね。そこは事務所に伝えておいてもいいんではないでしょうか。


diamondうさぎさん
そうですね。何でもかんでも手を出してほしいわけでは私も決してないです。ただ、吾郎がやりたいのにやれない状況があるときもあるだろうと、そのサポートという形でファンとして応援はやっておきたい。なんと言っても、私が稲垣吾郎の役者の仕事は、もっと見たいのです(笑) 吾郎自身が持っているものが素晴らしいのは百も承知。だから、いい脚本で、いい監督と共演者に恵まれ、充実した役者のお仕事を続けていってほしいのです。そして、「誰もほしくないんじゃない?」と吾郎が口にしてしまった写真集の件は、大きな声で吾郎に「否!」と伝えるべく出し続けます。写真集という形が苦手なら、エッセイ+写真というのが吾郎らしくていいのかなぁとか。そういうことも、ドンドン意見として出していきたいですね。何が実現するかわからないけど、出さないことには何も出てこないので。名古屋のライブが始まるので、素敵な吾郎さんを堪能してきてくださいね。声援、よろしくお願い致します。

投稿: Kazuyo | 2012/09/12 03:47

こんにちは、いつも皆さんの吾郎ちゃんへの愛情たっぷりの楽しいコメントを読ませていただいて、元気を貰っています。今回、kazuyoさんの呼びかけで、ハッとしました。私も、今まで、某テレビ誌の主演男優賞に有り得ないほどの投票数で若い俳優さんが受賞すると、「こんな組織票で撮った賞になんの意味が?」とか、某国営放送さんの好きな歌投票では、印刷された葉書がダンボールで送られた話を聞いて、そこまでして?とか、ドラマのBBSで、若い俳優さんのファンのハートマーク一杯のメールに、うざいと思われてしまうのではと思い、自分は吾郎ファンというより、一般の視聴者のような書き込みをあえてしたりしていました。でも、それは、大きな間違えだったんですね。組織票だろうが、ミーハーコメントだろうがそんなこと、どうでもいいんですよね。吾郎ちゃんには、たくさんのファンがいる!そう思ってもらうことが、この業界では絶対に必要なこと、大切なことなんですね。今日からメール、葉書と出していきます。そして、皆の力で主演映画、ドラマのオファーへと繋げていきましょう。いつも皆さんのコメントを読むばかりなのに、生意気なことを言って、ごめんなさい。でも目が覚めました.kazuyoさんありがとうございました!

投稿: milly | 2012/09/12 09:18

「月いちゴロー」は、来月でちょうどまる10年ですよね?

月いちの本を出してもらいたいので、頑張って投稿します!

投稿: なおなお | 2012/09/12 19:08

kazuyoさん、こんばんは。今回の吾郎ちゃんの青本に対してのコメント聞いて私も、凄く胸が締め付けられ悲しくなりました。と同時にもっともっと応援してあげようと思いました。一応毎回、ドラマや吾郎ちゃん出演の番組(スマステや犯人追跡のナビやほん怖など)には感想は必ず送ってます。(でも何度送っても、掲載されませんけど、特にスマスマは。)でも載らなくても、吾郎ファンが居ることをアピールする事が大事かなと信じてめげずに送り続けたいです。あっ全然別件ですが、負けず嫌い殿リーマン私も、これ別々のコントの方が良いと思ってます。でも、世間的には好評みたいですね。殿リーマン評判で検索したら、後輩くんのファンブログがあって。「後輩くん目当てで初めて殿リーマン見たけど、吾郎さん凄い。突き抜けてる、ファンになった。」とか70人位の人が、吾郎のコントに挑む姿勢に高評価のコメを。こういうのって、伝わるんだなと嬉しくなりました。継続は力なりですねhappy01

投稿: ルナ | 2012/09/12 19:59

diamondmillyさん
コメントありがとうございます。組織票はさすがに退くときがありますけど(署名は別ですが)、応援するのはいいことですよね。言い方が間違っているかもしれませんが、やっぱりやったもん勝ちというか、言ったもん勝ちというか・・・組織票にしろなんにしろ、疑問に思わなければ「あぁ、人気あるんだな」って思ってもらえるだけで世間の関心も変わりますしね。だから、テレビ誌やスポーツ新聞のドラマ投票も頑張って入れこんでほしいんですよね。おっしゃるとおり、それだけ応援している人がいるって思ってもらえるだけでもアピールになります。出てこないことには、本当に話題にもならないので。吾郎のレギュラー番組が関東圏のみの放送なのも、ファンは知り合いの方に頼めても、ファン以外の人はそこまでして見る人は皆無に等しいですから、稲垣吾郎の存在がSMAPの中で薄く感じられる地域がとても多いのが残念なので。やはり、「ゴロデラ」の全国放送は番組が良質ということもあり頑張って広めたいし、ラジオも同じ。ファンのサポートは必須です。


diamondなおなおさん
確か、今年で月イチゴローが始まって11周年になると思うのですが・・・それいいアイデアですね。私もお願いしたいと思います。しかし・・・もう、10年以上続いているんですねぇ。吾郎がこのコーナーのために観た映画作品の数はすごいと思うので、本になったら嬉しいです。


diamondルナさん
「スマスマ」は、なかなか掲載されませんねぇ(汗) これ、投稿している方ならわかると思うのですが・・・番組の愚痴ではなくて、面白かったことを書き連ねても掲載されないことが多い。非常に人気の高かったときならまだしも、掲載されたコメントが10件ぐらいしかないときでもはずされることが多い。なんで(笑)? どちらかと言うと、常連さんのが掲載される確率が多い気がするのでマメに出すことが大事なのかも。殿リーマンに関しては、若い方を中心になぜかすごく好評みたいで(笑) そうなると、自分が苦手とか別の次元で吾郎には頑張ってほしいと思ってしまう(笑) あれだけやって「つまらない」と言われると複雑になりますしね。今回のは、私はリアルタイムでは直視できなかったんですが(苦笑)、好評だということで見直したら、吾郎の藤ヶ谷くんへのつっこみの間が絶妙なんですよね。最近、スマ内ではつっこむ側にもなる吾郎ならではでしょうか(笑) まぁ・・・引っ張らない程度に、世間の皆さんに喜んでもらえればと思います。

投稿: Kazuyo | 2012/09/13 08:15

kazuyoさん、
もう帰国されて日常生活に戻られたころでしょうか。
次は吾郎ちゃんの舞台(来年あると信じて)に日本に帰ってこられるわけですねwww

私も、今回のラジオで、吾郎自身がそんな風に思っていたのかと、すごくショックを受けた一人です。

今までも色々なTV番組やラジオにメールやハガキを出してきましたが、ともすると継続できてなかったりでしたので、今回は大反省しました。

特にストスマはメールで気軽に送れますし。初めて吾郎ちゃんに読んでもらえた時はラジオの前で小躍りしました。本当に嬉しいものですね。思いもしなかったものが採用される時もあるので、何通も何通も出すことが大切ですね。

以前は金田一の素敵な番組公式サイトがあったはずなんですが、今回久しぶりに行ってみたら、いくら検索しても出てきませんでした。これもすごくショックでした。一応お願いメールは出してきましたが、やはりお願いし続けることが重要ですよね。
モロハシはプレステージのサイトに書き込めますので、もう半年経ってますけど、是非次回作の要望希望感想なんでも書き込んでほしいと思います。

ゴロデラの感想要望はヤフーTVの方にも書き込んで欲しいと思います。

私、10数年前に吾郎ちゃんに嵌る前は芸能界なんて全然興味もなかったのに、不思議なもんですね~ww

これからも頑張ります!!

投稿: ミント☆ | 2012/09/13 15:48

diamondミント☆さん
無事、英国に戻りまして通常の生活に戻ろうとしております(笑) なんだか、とっても寒くて日本の夏からの急激な変化にとまどっていますが(笑) 来年は、舞台ですよね?(私もあると信じています(笑)) そのときに、また日本に里帰りしたいなぁと。今回、日本に帰ったときに「ストスマ」にハガキを出したんです。海外にいるのでハガキでは送ったことないんですが、メールよりは心がこもりますね。でも、簡単に思ったときに送れるのは断然メール(笑) なので、メールでいいので本当に皆さんにはたくさん出してほしいと思います。言われて久しぶりに吾郎の「金田一シリーズ」の公式サイトを探してみました。基本情報ページはあるのですが(すでに放送終了済みとの表示あり)、確かに手の込んだ黒い背景の公式サイトはもう存在していないみたいですね。寂しすぎる・・・私は、続編のお願いはフジテレビの公式サイトのお問い合わせから出していたので知りませんでした。「僕のライフワークです」と吾郎が嬉しそうに言っていたのが蘇ってきて、なんとかしなくてはと改めて思いました。制作側は作りたい意思はあることが漏れ聞こえてくるのですが、いろいろ事情があるんでしょうね(涙) ここで要望がなければ、本当に実現しないだろうと思います。どうしたらいいのか・・・正直、頭を悩ませますね(苦笑) 同じように続編を待っている方たちは、出てくるまで根気よく出し続けてほしいと本当に思います。

投稿: Kazuyo | 2012/09/14 04:49

一連のコメントを読んで私も奮起!

コンサート会場で、いつもは買わないフォトセットを買い、いつもはできない「ごろーちゃーん」という掛け声をかけた。(必死で)
今私にできる精一杯のこと。


次のステップアップはTV局(CBC)へのお願いかな。「ゴロデラやって~っ!」(私にとってはハードルが高いんですが)

投稿: JUN | 2012/09/14 22:07

diamondJUNさん
そうそう、自分でできる範囲の応援でいいので少しずつでも奮起してください。吾郎の笑顔を思い浮かべながらだと、案外楽しんでできるものです(笑) ライブ会場から始めてみるというのはいいですよね。なんて言ったって、そこに生の吾郎さんがいるわけですから、「こんな美しい人を私は応援できるんだ!」と思うと楽しさ倍増です(爆) 「ゴロデラ」の全国放送は、本来ならローカル局に電話するのが一番効果的なんですが、始めたばかりだとそりゃあハードルは高いですよね(笑) なので、テレビ局の公式サイトからのお問い合わせで充分です。月に一度でいい。出す癖をつけてしまうのがてっとり早いでしょうか。あっけないほど、すぐに終わりますよ(笑) 見えないものを掴むより、先に出てくる可能性にかけるほうが数倍建設的です。頑張ってみてください。

投稿: Kazuyo | 2012/09/15 04:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これでいいのだっ! | トップページ | なんて素敵な天パー »