« COMPLETE BOOK ~香取慎吾編~ | トップページ | 主張しない人 »

若さを保つ秘訣

吾郎さん! 眼鏡やめたんじゃなかったの?!と叫びたくなったオープニング。いえ、黒縁眼鏡の吾郎さんも素敵なんですよ。萌えるのは萌えるんだけど。こういうのはたまに見せてもらえるからいいのよねぇ。やっぱり、綺麗な瞳は見せてほしいわぁ。ということで、「ゴロウ・デラックス」は今夜も始まりました。

オープニングは、今回もライブの話。ライブをしているときのほうが、一日ちゃんと三食とって健康的という吾郎さん。ライブで運動もしていることになるわけですし、しっかり寝てお肌のコンディションも最高のよう。東京Dでも、きらっきらshineの吾郎報告があちこちであがっていました(笑) アラフォーにして、ますます美しくなる吾郎。とっても素晴らしいわ(笑)

第六十一回課題図書 『「空腹」が人を健康にする』 南雲吉則著

Photo お腹が鳴ると、身体中の細胞が活性化し若返るということをわかりやすく解説した一冊。一日一食の生活を続けると20歳は若返るという。著書の南雲さんは、南雲クリニックの院長先生。確かにスタジオに来られた南雲先生は、とても57歳には見えません。普通に30代後半から40代で通るよねぇ(汗) いや・・・これは、ただ単に南雲先生がもともと若く見える人なんじゃないのか(笑)?

読んでみた吾郎と小島さんの第一声は、疑心暗鬼(笑)

吾郎 「えぇ?!ほんと?」
小島 「一日一食はどうかなぁ(汗)」
吾郎 「一日三食は食べろって、お母さんに言われたもんねぇ」

と気が合うお二人ですが、吾郎が小島さんに「番組が始まってから、日に日に若返ってますよね?」という女性には嬉しい言葉をかけると、小島さんはしっかりと「吾郎さんとご一緒しているからかな」と可愛くお答えしたのに、苦笑いで済ます吾郎。最後までフォローしてあげてください(爆)

南雲先生自身は、実は30代の頃にメタボで最高80キロあったことから、不摂生を正して今のご自分があるよう。自らを実験台に本を書かれたわけですね。食事というのは時間で食べるものではなく、お腹が鳴るという身体からのサインがあったときに食べるべきだと。お腹が鳴ることで3ついいことがあるそう。

1. 若返りホルモンと呼ばれている成長ホルモンが出て、肌も粘膜もすべすべになる
2. 若返り遺伝子が体中の遺伝子を修復してくれる
3. 長寿ホルモンが血管の中を掃除してくれる

ここで、実際にスタジオで南雲先生から、吾郎、小島さん、親太朗くんの三人の血管年齢測定をしてもらうことに。これは、ちょっとドキドキですよね(苦笑) 結果・・・吾郎も小島さんも、実年齢相当との結果。非常に理想的らしいです。しかし・・・26歳の親太朗くんは51歳の血管年齢(笑) 血管年齢が高くなる原因の、暴飲暴食、タバコ、夜更かしを全てやっているという親太朗くん。若いからと油断していてはいけないということですね。親太朗くん、今回ナースの格好までしてきたのにねぇ。(吾郎曰く、「断っていいんだよ」ですが(笑))

このあとに一日のスケジュールもチェック。吾郎、ものすごく健康的な一日(笑) とても、芸能人とは思えない。私より健全かも(爆) 夜の10時から2時が「睡眠のゴールデンタイム」と言われ成長ホルモンがたくさん出るので、この時間帯に睡眠をとるのが好ましいらしい。・・・やだ、私、ガッツリ起きてる(爆)

実は、脳は3時間寝れば充分なので、身体が元気であれば夜更かしではなくて早くに寝てさっさっと早起きしてしまうほうがいいらしい。8時間寝なきゃいけないとういのは医者がつくった迷信だと南雲先生は断言しています。そうか・・・やりたいことがあるのなら、早く寝て早く起きればいいんだ。でも、私、一度寝たらぐっすり寝たい人なのよねぇ(笑) ちょっと、生活のリズムを変えるのは難しそう。

ちゃんと、こちらの本でも朗読タイムが入ります。小島さんが選んだのは「男女の寿命の違い」。男性は生殖をすることによって長生きをし、女性は面倒を見る対象があることによって長生きをするという説。これは、ちょっとなるほどなぁと頷いてしまった。実際に性の営みをせずとも、男性は愛されている、女性は愛していると思うことが長生きの秘訣とか。吾郎は、コンサートのあと家に帰って鏡を見ると普段より自分がキラキラshineしているように見えるらしい。きっと、ファンから愛されオーラheart04をもらっているからだと。そうだと思う。本当に吾郎のライブ後は美しいもの。そして、それをちゃんと受け止めているからだよね。吾郎が選んだ朗読のテーマは、「アルコールの量」。巷で言われる「休肝日」というのを作っても、アルコールの総摂取量が多ければ意味がないので、それなら一日少量を毎日飲むほうがいいそう。う~ん、私の場合は、たまに外出したとき飲みまくるということなんだけど、これはOKなのかな(笑) 吾郎はワイン好きなので、飲みすぎに注意ということでしょうか。

水も一日2リットル飲んだほうがいいというのは嘘で、顔がむくんでいる朝に水は摂らないほうがいいとか。なんか、いろいろ巷で流れている健康法ってどれが正しいのかわからなくなりますね(汗) そんな南雲先生ご推薦の飲み物は、「ごぼう茶」。吾郎は、「僕、結構好きです」とお気に入りのよう。健康茶っておいしいですよね。

今回の放送、ものすごくためになるし面白かったなぁ。「ゴロデラ」は、身体をテーマにしたときは案外いい感じですね(笑) 吾郎の食いつきが違うのもいいのかも(笑) 吾郎曰く、「プライベートで(南雲先生と)お話したい」だそうです。若く見えるけど、南雲先生は57歳。吾郎の大得意の年上の男性だ(爆) プライベートでの交流いいんじゃないでしょうか。見た目も素敵ですしね(笑)

|

« COMPLETE BOOK ~香取慎吾編~ | トップページ | 主張しない人 »

コメント

今回は話の内容にぐっと興味深々でした(^_^)
私は子供の頃から お腹がすくとすぐお腹が鳴ってしまう体質で、
恥ずかしい思いも沢山しましたけど、これってこんなに嬉しい事だったんですねshine
これからはおなかが鳴っても食べないようにしなくちゃ♫ですね。
ゴボウ茶も主人に言われて 1ヶ月くらい作った事があるんですが 
とっても面倒くさくてやめたんですが 売ってるんだったら早く言って欲しかった・・(笑)

吾郎ちゃんはコンサートの後は自分でもキラキラしてるって言ってましたけど、
おじゃマップの ライブ直後のキラキラの美しいお顔は、忘れられませんねheart04

投稿: みこりん | 2012/09/29 01:31

kazuyoサン、こんにちは!「ゴロデラ」レポ楽しく読ませて頂いてます!私もゴールデンタイムにはなかなか寝れません…吾郎ちゃん、楽しそうだなと文字から伝わってきます(笑)
コンサート行った後 友人から 「何か良いことあった?顔つきが違う!」と、ふいに言われて 思い当たる事は コンサートに行ったから?こちらも吾郎オーラをもらえて幸せホルモン?がでちゃうのかと ニヤリとしてしまいました!
そして先日、テレビでイギリス出身バンド ワン ダイレクションが紹介されておりました (SMAP以外CD聞かない私、恥ずかしながら全く初耳…)大人気なのだとか〜確かにイケメン!若い!PVが流れましたがfreebirdのような感じ。(私だけ?)けれどSMAP全然負けてないよと思ってしまいました!歳を重ねていく度に素敵になっていくのってすごすぎます!!なんなんだろう(笑)いつか「スマスマ」で共演してくれないでしょうか??
ブログの更新もすごすぎます! 睡眠とられているのでしょうかと〜けれど、いつも楽しみにしております♪ ありがとうございます!!

投稿: Yayoi | 2012/09/29 18:13

今週もゴロデラレポありがとうございます。また、眼鏡吾郎さんに戻られたのですね。う~ん、Kazuyoさんのご意見に賛同です。キラキラshineの黒目勝ちな瞳拝見したいです!!南雲先生の推奨される事は生きている限り実行不可能ですweep これできるの大金持ちのマダムしかありえませんよね。おなかなったらお仕事に支障でるし睡眠のゴールデンタイムは年金もらってからしか無理ですよね。吾郎ちゃんの美しいキラキラは実証済ですよね。画面から見ても草生活やオジャマップでわかるくらいなので実際の美しさはハンパないです。この美しさに合ったお芝居拝見したいですね。小島さんの若返りは確かに吾郎さんとお仕事されているのも要員の一つですよ。美しいものに囲まれると心も体も癒されますから。吾郎ちゃんの若返りは日ごろの鍛錬となんでしょか?お聞きしたいな。

投稿: ピカチュウ | 2012/09/30 00:50

libraみこりんさん
過去最高にお腹が鳴って困ったのは、学生時代の試験時期です(笑) あの時間だけは、絶対に誰も何も話さないので。そういうときは、テストの問題用紙の裏に落書きとかして集中して紛らわせてた苦い経験が(苦笑) そのときに今回教えてもらった「それは、成長ホルモンが出て綺麗になっていること!」なんて聞いていたら、ぐ~ぐ~鳴らしっぱなしにしていても平気・・・とは思わなかっただろうな(爆) お腹が鳴ったときに食べないようにしないではなくて、鳴ったら食べるようにしましょうということですよね? 私、普通にいつでも腹ペコ野郎ですけど(笑) ゴボウ茶を自分で作られていたことがあったんですね。すごいですねぇ。実際、購入するとなると結構いいお値段みたいなので、また作ってみては? 英国にはまずゴボウがないのが問題です(笑)


libraYayoiさん
睡眠のゴールデンタイムが夜の10時からというのは厳しいですよね。普通に皆さんこの時間は起きている人が多いんじゃないでしょうか。ところがですね、英国人はものすごく早く寝ます。同僚に聞いても、9時過ぎれば就寝するという人がものすごく多く、そしてしっかり8時間は必ず寝ている。私が、真夜中過ぎに起きていると言おうものなら、「それはダメ!」とものすごく言われる。日本だったら、まだ残業している人いますよね(笑)? なので、ハズがうるさい、うるさい(苦笑) 「早く寝ろ!」という攻撃に負けずに更新をすることによって、うちのブログは形成されているわけですね(爆) ライブのときにファンから何かを吸い取っている(笑)吾郎さんは、ライブ後とってもピカピカなんですよね。でも、確かにファンの私たちもテンションがあがって、それこそホルモンが出ているのかも。結構とライブ時はハードスケジュールになっても、終わるまでは顔に疲れが出ないですからね。(あとから、ドッとくるんですけど(汗)) SMAPにもファンにもライブは大事なイベントです(笑) そうそう、英国にOne Directionという米国でも人気のあるBoys Bandがいます。この子たちのファンは、スマファン同様にいろいろとコンビ萌えしている人が世界にものすごくいるのが、「英国のSMAP」と言われている所以なんです(爆) 私からしたら、アラフォーでもSMAPのほうに魅力を感じますが(笑)


libraピカチュウさん
前回の眼鏡なしの吾郎さんは、いったいなんだっただろう?!と考えることしばし。黒縁じゃなくて、一度銀縁眼鏡にしてほしいわ(笑) 一日一食の生活は、普通に生活している人には難しいというのは同意。学校に行っていても、仕事していても動いている限りお腹は減りますからね(苦笑) お昼だけにするというのも、若いうちはあまりよくないと思うので、あまり鵜呑みにしないほうがいいのかも(笑) でも、夜更かしせずに寝るというのはあたっている気がしますね。これが、またなかなか仕事している身分には難しいんですけど。普通に5時定時で帰ってきても、そこから食事してお風呂に入ったら9時にはなりますからねぇ。そこから、自分の時間を使うわけなので無理(笑)! そこを敢えて寝て、朝4時ごろに起きて・・・ということでしょうが、一人住まいならまだしもそうでないのなら、電気代とか経済的な無駄を考えるとできません。やっぱり、マダムになるしかないのかな。すでに、人生の選択を間違えているのでそれも無理(爆) 吾郎さんぐらいの人と結婚しないと・・・もっと無理(爆)!

投稿: Kazuyo | 2012/09/30 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COMPLETE BOOK ~香取慎吾編~ | トップページ | 主張しない人 »